アリビラ グローリー 教会。 費用・見積もり・相場

特長|アリビラ・グローリー教会|TUTUリゾートウエディング沖縄

アリビラ グローリー 教会

現地に行ってきました! アリビラグローリー教会の特色 ホテル日航アリビラには、2つのチャペルがあります。 こちらは、「スパニッシュコロニアルスタイル」の、赤い屋根が特徴のアリビラグローリー教会。 外観も内装も、女の子なら誰でも夢に見るような、可愛らしい教会です!! 天井や壁に嵌め込まれたステンドグラスが素敵! 赤と白のヴァージンロードも、外国のようですよね。 祭壇の向こうはもちろん、一面の海が広がっています。 チャペル内にはパイプオルガンがあり、挙式のときには聖歌隊の方が賛美歌を生演奏してくださいます。 ゲスト席も、木製で可愛らしく、ヨーロッパの教会のような雰囲気! また、こちらの教会では、挙式を上げた方のお名前を刻めるメモリアルプレートをチャペル内に保管していただけます。 ブライズルームも、お姫様の部屋のようで本当に可愛い!! ゲストルームは白い家具が清潔感のあるお部屋。 廊下も雰囲気があって可愛いのです。 パーティー会場 パーティーは、ホテルのレストラン「ブラッスリー ベルデマール」で行います。 ホテルの朝食会場に使われている広いレストランですが、ランチの営業はしていないので、レストランの一角を人数によってパーティー仕様にして使用するそうです。 個室もあるのですが、ちょうどこの日は挙式後のパーティーで使用されていて、見学はできませんでした。 「ベルデマール」に行くまでの階段とシャンデリアも素敵で、ここでもドレスで写真を撮りたいですね! レストランの窓は一面ガラス張りなので、海が見渡せます! 個性的なライトや天井の形がとっても可愛い。 また、大人数の場合はバンケットルームも2つあるそうなので、人数によって相談してみてくださいね! チャペルセレモニープランの料金 挙式のみのプラン、パーティーがセットになったプランなど、色々あります。 お二人に合った挙式プランを相談してみてくださいね。 ホテル「日航アリビラ」の特色 宿泊したことがありますが、本当に館内からお部屋まで素敵なホテルです!! ロビーや廊下のインテリアも凝っていて、美術館のよう。 色とりどりのお花が咲くパティオで挙式が出来る「アリビラ ガーデン ウエディング プラン」もあるのだそうです! 階段を降りたところのガーデンプールからビーチに出られるのですが、この白い手摺の階段もとっても素敵なんです。 階段で写真を撮るのもすっごく絵になりますよ~! 以前、宿泊した時にお部屋から撮ったガーデンプールの写真。 左側に見えるのが階段です。 立地は読谷村の中でも海辺にあり、ホテルの周りはサトウキビ畑などがある自然豊かな環境。 その分、徒歩圏内にレストランなどが無いのが少し難点ですが、少し車で行けば「御菓子御殿読谷本店」や「体験王国むら咲むら」などがあります。 素敵なホテルなので、宿泊料金は少々高め。 ご予算と相談してくださいね!.

次の

<アリビラ・グローリー教会>ファミリー挙式+ビーチフォトプラン(お子様と一緒に撮影): ブライダルハウスTUTU沖縄

アリビラ グローリー 教会

アリビラ・グローリー教会で できること• ナイトウエディング• マタニティ婚• 2人挙式• パパママ婚• ワンちゃんと一緒• 祭壇から海が見える• 提携ホテルでのパーティ• 50名以上のパーティ• ビュッフェメニュー• 海の見えるパーティ会場• 卓盛りメニュー• ビーチ撮影• ホテル内ロケーション撮影•

次の

アリビラ・グローリー教会|沖縄フェア|沖縄結婚式|HISウェディング「アバンティ&オアシス」

アリビラ グローリー 教会

去年ウミガメが産卵をしに来たことでも有名な二ライビーチ。 木製の荘厳な扉を開け、赤と白の神聖なバージンロードの先には、大きな窓があり、そこからは息を呑むほどの美しい海が!! 天井が高く声が響き、教会内が木のぬくもりで包まれているので、とても静かで厳かな気持ちになります。 ピンっ。 と張りつめた緊張感がありました。 日常とはかけ離れた雰囲気と教会内の美しさ、そして窓から見える絶景にしばし見とれる私たち。 その美しさは言葉になりません・・・。 プランナーさんによると、アリビラ・グローリー教会は、式を挙げる時間帯、季節によって雰囲気が変わるとのこと! 午前中は、バージンロードにステンドグラスが写りこみ、海のグラデーションが最も引き立つ時間帯です。 午後は、カーペットに十字架が写り、海がきらきら輝きだします。 冬場ですとだいたい17時30分ころ、夕日が海に沈んでいく様子も見られるそうです。 どの時間帯でも素敵な式になるに違いない!私だったら・・・と考えると本当に迷ってしまいます! 夜は、琉球ガラスのキャンドルスタンドに水を張り、キャンドルを浮かべて幻想的な演出ができるそう。 「こんな感じですよー!」と プランナー さんがキャンドル受けを設置してくれました。 教会の祭壇の横には、シルバーのトンカチ(?)が、、、。 なぜ? 「何に使うんですか?」 そこには二人の名前だけが書かれた金色のプレートがそっと置かれていました。 結婚式を挙げた教会に、二人の名前が刻まれて、足跡が残っていくので、結婚式を終えた後にまた沖縄を訪れて見るという楽しみが増えます! 記憶だけではなく、形になって二人の思い出を残すことができるのでアリビラ・グローリー教会が一生特別な場所となるのですね。 新垣と和田が二人で何回も鳴らしたことは言うまでもありません。 そして今回の最大の目的である、この日に挙式をあげるお二人のリハーサルを拝見させていただいただきました。 まず、新郎様が扉の中央に立ちます。 扉の前では、もうひとりの聖歌隊からレクチャーを受け、新婦様とお父様がバージンロードの歩き方を練習しています。 再び扉が開き、新婦様とお父様が入場します。 私たちも教会内に入らさせていただきました! 聖歌隊から式進行の説明を受けているところでした。 アリビラ・グローリー教会では、挙式中、プランナーの方はチャペルに入らず聖歌隊2人とオルガニストと牧師さんの4人だけで進行されるそうです。 やはり、白と赤のバージンロードを歩く姿は、正統派の教会というイメージで、これから二人で人生を歩んで行くんだと決心する気持ちが高まりそうです。 一生思い出に残る特別な日にピッタリな教会だなと、リハーサルを拝見させていただき感じました。 リハーサルの後に本番が始まったので、少しだけ雰囲気を味わわせて頂いたのですが、これがもう何とも言えない感動だったのです! 本番の式が始まったとき、新婦様がお父様と腕を組んで、扉が開く前に、新婦様が「お父さん、右足からだよ」と歩き方を確認すると、「、、、、うん。 」とぶっきらぼうにお答えするお父様の言葉。 お父様の手を離れ、新郎様のもとへと歩いて行く新婦様の姿を想像しただけで、寂しい気持ちと幸せな気持ちが混ざって・・・!涙が止まりません!!! 取材日に初めて会った新郎新婦様ですが、これほど感情移入して感動するとは思いもしませんでした。 想像以上にとても良い式になりました。 Q:どうして沖縄で式を挙げようと思ったのですか? A:一年前に沖縄に旅行で来た時にプロポーズして、思い出の場所で結婚式をしたかったからです。 Q:アリビラ・グローリー教会を選んだ理由は? A:まず、海が見えて、格式のある教会がいいと思って。 色々考えましたが、天井が高くて教会自体もとてもきれいだったのでここに決めました。 Q:遠い沖縄での式で心配なことはありませんでしたか? A:特にありませんが、式の時間帯は西日が強くなるということで心配でしたが、思ったより大丈夫で、逆に西日が差し込んで、シルエットがきれいに見えて良かったと思います。 鳴呼・・・憧れます。。。 結婚という儀式がすごく神聖なものだということを改めて実感しました。 <ママ目線> いつも暴れん坊の子供も、厳かな雰囲気で少しはおとなしくなると思います。 お子さんは待ち時間などは、天使を数えてみるのはどうでしょうか。 私も数えてみましたが、案内していただいた部屋だけでも、47人の天使が。 なんだか、うちの息子にムチムチ感が似ています。 おむつ替えマットなどはありませんでしたが、隣接したホテルもありますし、控え室が広いので大丈夫だと思います。 また、バリアフリーですので、車いすやベビーカーも持ち込み可能です。 思わず乗ってみました。 子どもも喜びそうなので、休憩時間などに遊べるアイテムの一つです!! トイレの鏡が全身鏡で大きくて、さらに鏡の隣には、バックを置くスペースもありました。 併設しているホテル日航アリビラと同様、スパニッシュ・コロニアル様式の赤瓦屋根と白壁が秋のどこまでも澄み渡る空と青い海によく映えます。 外観同様、教会内も伝統的なスタイルで、厳格な雰囲気でした。 普段見る機会のない結婚式リハーサルにお邪魔して、興奮気味に帰社したサンネットスタッフでありました。

次の