クタ の 里 オート キャンプ 場。 ひだまりの里オートキャンプ場(山北町) トイレ、シャワーが非常にきれいな穴場キャンプ場

オートキャンプ場 予約状況カレンダー|オートキャンプ場ご案内|総合案内|新潟県立紫雲寺記念公園【公式サイト】

クタ の 里 オート キャンプ 場

自然の中というよりは温泉街の中にあるキャンプ場でして、ベテランキャンパーの中にはこんなのキャンプじゃないと感じる方もきっといるはず。 ただ、住宅街の中で手軽にキャンプができるというのは、初心者キャンパーやファミリーキャンパーには嬉しかったりします。 最寄りのセイコーマートや大型スーパートライアルまでは車で約3分。 セイコーマートの横には、朝里川温泉を代表する名湯 があります。 朝里川温泉オートキャンプ場からさらに少し奥に進むと、朝里スカイループという写真撮影スポットもあります。 是非立ち寄って、SNS映えする写真を撮影しましょう。 特におすすめは南樽市場で、魚介だけでなくバーべーキュー用のお肉もまとめてここで購入可能です。 サイトそれぞれの特徴や料金を紹介していきます。 広いキャンプ場ではないので、どこのサイトになってもトイレや炊事棟まで距離がほぼ変わりません。 なお、車の出入りは19時以降できないので要注意です。 テントハウス(朝里川温泉オートキャンプ場) 朝里川温泉オートキャンプ場の入り口にあるテントハウスは、広さが24畳のバンガロータイプで定員は6名。 料金は平日が13,000円、土日祝日や休みの前日・夏休み期間は15,000円 室内は畳敷きになっていて、照明や電源コンセントはもちろん、冷蔵庫や暖房も完備(暖房使用料 1泊 1,800円) 流し台やトイレはついていないので、共用のものを使います。 外にタープやライトが常設されているので、外でバーべーキューも気軽に楽しめるのが嬉しいポイントです。 料金は平日が10,500円、土日祝日や休みの前日・夏休み期間は12,500円 室内の中心に囲炉裏があるのが特徴で、窓や天井が開放できるので焼肉をしても煙たくなりません。 電源コンセントや冷蔵庫・照明が付いていて、寒い時は暖房器具もレンタル可能。 テントハウスと同じく流し台やトイレはついていないので、共用のものを使います。

次の

小樽キャンプなら朝里川温泉オートキャンプ場がおすすめ!魅力や注意点を詳しく紹介

クタ の 里 オート キャンプ 場

久多の里オートキャンプ場の3ポイントまとめ ポイント1:9時に入場できる 出典: チェックインは11時ですがサイトが空いていれば9時から入れます。 アーリーチェックインの料金ナシでこの時間に入れるのは嬉しい。 お昼までに設営を終えることができます。 ポイント2:木陰が涼しい林間サイト 杉林の中にあるキャンプ場なので、ほぼ常に木陰の中で過ごせます。 影の多いサイトを選べば夏でもタープ無しで過ごすことが可能です。 ポイント3:川で遊べる キャンプ場のすぐ裏に針畑川という川が流れています。 浅瀬で小魚を捕まえたりできて子供は大喜びです。 林間サイト、かつ川に隣接しているキャンプ場は涼しげで夏場にピッタリです。 久多の里オートキャンプ場の天気 現地の10日先までの天気予報がコチラです。 久多の里オートキャンプ場の基本情報 料金の詳細 泊まり:11時~翌日10時• 施設利用料1人(3歳以上):500円• 電源サイト:3,500円• 通常サイト:2,500円• 車(1台):500円 日帰り:10時~17時• 施設利用料1人(3歳以上):500円• 通常サイト:1,000円• 車(1台):500円 料金体系はシンプルです。 日帰りは通常サイトの料金が1,500円安くなります。 電源サイトは泊まりのみ。 我が家の場合は家族4人(全員3歳以上)なので通常サイトの場合、泊まりだと5,000円、日帰りだと3,500円です。 宿泊は11時~翌日10時ですが9時から入れば実質24時間以上滞在可能なので、5,000円ならそんなに割高感は無いかな、と思います。 キャンセル料金 WEBにキャンセル料のルールは記載されていませんが、1サイトの単独予約なら前日までに連絡すればキャンセル料は発生しません。 グループで複数サイトを予約している場合は3日前までに連絡。 期限がいつであっても、もし行けなくなったらなるべく早く連絡するのは常識ですね。 予約 ネットから予約可能。 電話での予約もできます。 満員の場合もキャンセル待ち希望の旨、メールで連絡すると空いたら予約できる場合があります。 チェックイン・チェックアウト• チェックイン:11時~17時• チェックアウト:10時 営業時期 たぶん通年営業な気がしますが詳細は不明。 冬期の営業状況は要確認です。 久多の里オートキャンプ場の設備 管理棟 赤い屋根にとんがり帽子のセンターハウス。 ここが管理棟です。 ここでチェックインして料金を支払います。 料金は前払い。 初めて利用する場合、チェックイン時に各サイトの特徴を丁寧に説明してくれます。 その後「どのサイトを選ぶか実施に見てきてから決めてくださいね」と非常に親切です。 こんな時期なので、密を避ける為に順番に入館するよう案内が貼ってあります。 売店 センターハウス内に売店があります。 薪・炭だけでなく必要最低限のものは揃います。 トイレ トイレは管理棟の横、東区画、西区画それぞれに1棟ずつ設置されています。 管理棟横と東エリアは和式トイレ。 西区画のこのトイレだけは洋式があります。 どのトイレも掃除が行き届いていて綺麗です。 不快感はありませんでした。 洗い場 東区画、西区画それぞれに炊事棟があります。 トイレ棟と隣接しています。 シンクはとても綺麗。 残飯・ゴミは持ち帰りです。 洗い場の裏には炉があります。 炭を洗う為の流し台もあります。 川が近いこともあってかシャワーも設置されていました。 ちなみに、どの水道施設も温水は出ません。 ゴミ捨て場 ゴミは持ち帰りです。 炭捨て場はありますが、ゴミ捨て場はありません。 お風呂 お風呂はありません。 コインシャワーがありますが、3分200円なのでちょっと利用をためらいますね。 車で20分ほどの場所に「くつき温泉てんくう」があります。 こちらは夜9時まで。 ランドリー 写真を撮り忘れました。 センターハウス前に洗濯機が置いてあった気がしますが、コインランドリーは無かったと思います。 遊具 センターハウス前に芝生の広場があります。 本当の「遊具」と言えるものはこれくらい。 ですが、バスケットのゴールがあって時間帯によってはボールを貸してくれたり、すぐ横を流れる川で遊んだり、子供が遊ぶ道具・場所に困ることはありません。 ちなみに、この芝生広場は時期によってはヒルが居る場合があるので注意! 久多の里オートキャンプ場のサイト 出典: 久多の里オートキャンプ場は全て車の乗り入れ可能なオート区画サイトです。 どこも林間サイトですが、西区画はファミリー客が多く、東区画はベテランキャンパーや若者が多い感じかな。 西区画 西区画は川沿いの林間サイトです。 すぐ川遊びに行けるので、恐らく子連れファミリーキャンパーが多いゾーン。 その中でも2番~12番は1段高い位置にあり、ちょっと奥まったゾーン。 西区画の中では比較的プライベート感の高いエリアです。 13番と14番はツリーハウス下のグループ向けサイト。 この日はソロキャンパーの皆さんがテントを張ってました。 17番~30番が川沿いの林間サイトです。 子供が多く賑やか。 車道沿いにこんな間隔で区画サイトが並んでいます。 車道は一番奥まで進むと行き止まりです。 17番が川沿いサイトで最も奥に位置するサイトです。 プライベート感がアップしますがトイレや管理棟までの距離はちょっと遠いかも。 我が家は28番を利用しました。 グルキャンの場合は29番と隣接できるような配置のサイトです。 狭くはないですが切り株があってちょっと制約があります。 車を入れてテントを張ったらタープを張るのはちょっと厳しそうな感じ。 でも、ほぼ常に木陰なのでタープは必要ありませんでした。 東区画 東区画はプライベート感の高いエリアです。 サイトの隣接が少ないレイアウト。 小上がりになった一段上にサイトがあったり。 ここが東区画の1番と2番になります。 ちょっと車を駐車し辛そうですが、プライベート感は抜群ですね。 エリアの中央に3連の池があります。 予約すると、ここで魚掴みができるようです。 6番~12番は団体用。 この日もグルキャンらしき団体が色々と賑やかに楽しんでいらっしゃいました。 そこから更に奥にぐるっと回ると3番~5番のサイトが木立の中にあります。 池を越えて進んでいくと、東区画の入り口から見えた小上がりのサイト 東区画の1番のサイトに戻ってきます。 電源サイト 電源サイトは2番~7番。 電源サイトがあるエリアは陽が射す時間が多そうでした。 林間サイトならではの「木陰」の恩恵が少なそう。 センターハウスから近くて人通りも多そうだし、通常サイトと比べて広いかと言えばそうでもない感じです。 「どうしても電源が必要」という場合以外、この場所を選ぶメリットは少ないかな~と思いました。 久多の里オートキャンプ場の周辺施設 針畑川 テントからすぐの場所にこんな河原があるのは嬉しいです。 小学校の低学年くらいの年齢になれば網で小魚を捕まえることも可能。 漁協が卵から孵化させた稚魚を放流しているそうで、釣り目的でこのエリアを訪れる人も多いそうです。 キャンプ場の宿泊客は遊漁券を半額で購入することができます。 道の駅 くつき新本陣 「くつき温泉てんくう」に向かう途中にある道の駅です。 個人的にここのバイキングが好きです。 アットホームな「THE 食堂」的な雰囲気。 アジフライは子供に大人気。 まとめ 久多の里オートキャンプ場は木陰が涼しい林間サイトのキャンプ場です。 すぐ横を流れる針畑川で川遊びも満喫できますし、「涼」を感じる場面が多いので夏場でも過ごしやすいと思います。 サイト空いていれば朝9時から入れるのは大きな魅力。 9時にキャンプを始めることができれば、1泊2日でも初日からキャンプを満喫できます。 チェックアウト時間が早いと「もうちょっとキャンプを楽しみたいな~」と後ろ髪を引かれるものですが、案外そうなりません。 しっかり初日を満喫できれば、翌日10時チェックアウトでも平気なんだ、というのは新たな気付き。 久多の里オートキャンプ場、これからもリピートすると思います。 オススメ度は最高ランクです! 以上、久多の里オートキャンプ場の紹介でした!!.

次の

星の降る里 久多の里オートキャンプ場

クタ の 里 オート キャンプ 場

インデックス• 久多の里オートキャンプ場へのアクセスは? 久多の里オートキャンプ場は、久多キャンプ場から川を挟んで向かいにあるオートキャンプ場です。 久多キャンプ場の前を通り、そのまままっすぐ進むと、このような案内板が見えてきます。 すぐ先の橋を渡り、道なりに1kmくらいまっすぐ進むと、入り口が見えてきます。 道はくねくねしていますが、さらに1kmくらい進むと、管理棟センターハウスが見えてきます。 センターハウスでは、まきなども売られています。 センターハウスには、シャワー室もあります。 こちらが、センターハウスで入手した案内チラシ。 久多の里オートキャンプ場の施設概要は? 施設内は、このようになっています。 赤字の2~7番は電源付きサイト。 かなりきれいに整地されたところにテントを張ることができます。 こちらは電源付きサイト。 電源がないサイトも、かなりきれいに整地されています。 こちらはセンターハウス前の広場。 ちょっとした遊びはこちらで。 センターハウス前にはゴミ捨て場もあります。 川向かいに久多キャンプ場がある、有名な川遊びスポット キャンプ場のすぐ横は川。 河原へ簡単に降りられます。 美しい川です。 川遊びにはぴったり。 こちらはキャンプ場にある炊事場。 屋根付きはありがたいです。 トイレ事情は? 久多の里オートキャンプ場には多目的トイレもあるので小さな子連れでも安心です。 「久多キャンプ場」はトイレ事情があまり良くないので、トイレが気になる方には、こちらの「久多の里オートキャンプ場」がおすすめです。

次の