小説家になろう 薬屋のひとりごと。 漫画版「薬屋のひとりごと」の作者が妬ましくてしょうがない

【薬屋のひとりごと】小説の違いは?

小説家になろう 薬屋のひとりごと

この記事では、薬屋のひとりごとの漫画の違いを比較しています。 薬屋のひとりごとのコミックは2種類あります。 スクエニから出版されているビッグガンガンと、小学館から出版されているサンデーGXです。 2つある漫画の特徴についてまとめているので、どっちを読むか迷ってしまう悩みを解決するための参考にしてみてください。 薬屋のひとりごととは? 薬屋のひとりごとは、「小説家になろう」で日向夏さんによって、現在も連載が続いている作品です。 ヒーロー文庫からライトノベル版。 スクエニと、小学館からそれぞれ漫画版が出版されています。 中世の中国をモデルにしたような舞台ですが、フィクションであり、史実とは無関係です。 原作になっている小説のストーリーがとてもよくできていて、ミステリーとして読んでも十分面白いですが、漫画になることで、主人公2人のラブコメなど、キャラクターの魅力が最大限に引き出されています。 2種類の漫画の違いを紹介する前に、原作、ライトノベル、漫画それぞれの概要について紹介しておきます。 【2011年10月】 「小説家になろう」で原作が掲載開始。 【2014年】 「ヒーロー文庫」から、ライトノベルの第一部「後宮編」が出版。 【2017年】 スクエニと小学館の2つの出版社から漫画版が刊行。 薬屋のひとりごと・・・ビッグガンガン(スクエニ出版) 薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜・・・サンデーGX(小学館出版) 原作〜「小説家になろう」で掲載中〜• 後宮編(全35話+登場人物紹介)• 宮廷編1(全19話+登場人物紹介2)• 宮廷編2(全45話)• 市井編1(全27話)• 市井編2(全20話)• 砂欧編(全30話)• 任氏編(全26話)• 任氏編2(全24話)• 西都編(18話まで掲載中) 2019年9月からしばらく更新が止まっていましたが、2020年3月から更新が再開しています。 ライトノベル版〜「ヒーロー文庫」から出版〜• 1巻・・「後宮編」• 2巻・・「宮廷編1」• 3巻・・「宮廷編2」• 4巻・・「宮廷編3」• 5巻・・「市井編1」• 6巻・・「市井編2」• 7巻・・「砂欧編」• 8巻・・「任氏編」• 9巻・・「任氏編2」 ラノベ版は、原作にほぼ追いついています。 9巻では、初めて通常版とは別に「ドラマCD付き限定特装版」が発売されています。 漫画版〜「ビッグガンガン」「サンデーGX」から出版〜 薬屋のひとりごと(ビッグガンガン版)• 1巻・・「後宮編」• 2巻・・「後宮編」• 3巻・・「後宮編」• 4巻・・「後宮編」• 5巻・・「宮廷編1」• 6巻・・「宮廷編1」 薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜(サンデーGX版)• 1巻・・「後宮編」• 2巻・・「後宮編」• 3巻・・「後宮編」• 4巻・・「宮廷編1」• 5巻・・「宮廷編1」• 6巻・・「宮廷編1・2」• 7巻・・「宮廷編1」 漫画版では、ビッグガンガン版より、サンデーGX版の方が、物語の進みが早いです。 2種類の漫画の違いと特徴 「百聞は一見にしかず」 まずは、2つの漫画を実際にご覧ください。 「薬屋のひとりごと(ビッグガンガン版)」は、マンガUP! をダウンロード(無料)するだけで、1話〜26話まで読めます。 ラストは「 〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」より、お仕事のご褒美に高級酒貰って喜ぶ猫猫さんです。 薬屋のひとりごとは校了してるとお腹減ったりするのですが今回は酒も欲しくなり…というわけで飲む! 以上、編集Tがお送りしました! …神保町なんだから中華で紹興酒にすりゃ良かった… — サンデーGX編集部 SundayGX セリフの違いと特徴 セリフはビッグガンガン版の方が、原作に忠実なところが多いです。 キャラクター描写がデフォルメされている分、セリフは原作と同じにすることで、登場人物の個性が別物になったりしないように調整されています。 たとえば、原作の「もう三か月かあ、おやじ、飯食ってんだろうか」というセリフ。 ビッグガンガン「おやじ」「ちゃんと飯食ってんだろうか。 」 サンデーGX「おやじ・・・、ちゃんと飯食ってるかなあ。 」 前者は、ため息混じりに青空を背景にしています。 猫猫の表情も後ろ姿なので見えません。 後者は、後宮の建物を背景に、猫猫が心配している表情が描かれています。 わずかな言葉尻の違いなどからも、猫猫の性格に微妙な違いが生まれています。 サンデーGX版の猫猫の方が、人間味を感じるように描かれているよ。 逆に、ビッグガンガン版の方の猫猫を表すのに、ぴったりな言葉が中々見つからないのですが、「素直じゃない」というのが一番近いニュアンスです。 例えば、「好きなんだけど、そっけなくしてみせたり、いたずらしたり。 」といった感じです。 言ってみれば「猫っぽい」性格なのがビッグガンガン版の猫猫なのかもしれないですね笑。 演出の違いを比較 2種類の漫画は、両方とも同じ原作を元にしているため、当然ながら内容はほとんど同じです。 ストーリーの進み具合もほぼ一緒。 どちらかといえば、 サンデーGX版の方が、ストーリーの軸に関わるところだけを抜き取っているため、全体的なストーリーの進み具合も早い印象があります。 ただ、ストーリーにおける重要なシーンの説明は、セリフの順序を入れ替えたり、原作にないセリフが付け加えられているので、なぜそうなったのかがわかりやすいです。 たとえば、玉葉妃と梨花妃に布に書いた文字で、おしろいに毒があることを伝えた人物を、任氏が探し出すシーン。 猫猫と任氏が初めて会話するシーンです。 顔にソバカスがあって、文字が読めない下女ばかりを集めた部屋で、「そこのソバカス女。 お前は居残りだ。 」と書いた紙を一同に見せて、「解散」と告げます。 文字の読める猫猫だけが、紙に描かれた言葉の意味を理解して、居残ってしまうというシーン。 」と原作にない任氏のセリフが付け加えられています。 ちなみにビッグガンガン版では、「・・こりゃハメられたな。 」のセリフだけです。 原作を知らない人だと、このシーンの理屈を理解するのに、少し手間取ってしまいますね。 薬屋のひとりごとの漫画を読むならどっち?おすすめは? 2種類の漫画の違いと特徴を、「キャラクター描写」「セリフ」「演出」について比較して紹介しましたが、結局のところどっちがおすすめかと言われると、個人的にはビッグガンガン版をおすすめします。 その理由は、ストーリーの軸にあまり関係ないシーンで、「登場人物の意外な一面」が見れるからです。 私は、薬屋のひとりごとの原作を全部読んでいないため、「なぜこうなったのか」がわからないシーンがたまにあります。 しかし、そのシーンだけサンデーGX版を読んでみたり、原作を調べて読んで見ることで、「あ〜、なるほど。 」と理解することができます。 というわけでまとめです。 また、原作を読んだことがあっても、原作では文字だけであるため、猫猫や任氏がどういった表情で、このセリフを言っているのか想像するしかないですが、「こんな表情だったんだね。 」と共感することができます。 参考までに、私は、PayPay残高が使えて、Tポイントが貯まるebookjapan(Yahoo Japanが運営)で漫画を揃えています。 会員登録は必須ではないですが、yahooプレミアム会員に登録( 6ヶ月無料)すると、 13,000冊以上の漫画が読み放題になりますよ。 また初回購入なら 半額です。

次の

【薬屋のひとりごと】小説の違いは?

小説家になろう 薬屋のひとりごと

「薬屋のひとりごと」という作品をご存知でしょうか? 「小説家になろう」というサイトで連載されている中国の後宮をモデルに描かれたミステリー作品なのですが、この作品、読み出すと止まりません。 「小説家になろう」に掲載されている作品の大半を占めるのは、いわゆる「異世界モノ」が多いのですが、「薬屋のひとりごと」には当てはまりません。 この独特の世界観と登場するキャラクターの魅力、そして作者の高い筆力で描かれる文章は、読んでいてとても心地良いんですよね。 その中でも主人公の猫猫(マオマオ)の存在感は私の中ではとても大きく、楽しく読みすすめるおおきな原動力でもあったりします。 そんな「薬屋のひとりごと」の主人公・猫猫(マオマオ)の感想について書いてみました。 毒が大好き! 猫猫は好奇心が旺盛で、日頃から薬や毒に対する研究にとても熱心。 特に毒に対しては異常なまでの執着を見せ、自ら被検体になることが多く、何度も死の淵に陥ってしまうことも。 そんな猫猫の左腕は毒の実験による痕跡がありありと残っているため、常に包帯で隠しているんです。 誰しも嫌がる毒味のしごとを嬉々としてこなす猫猫の様子は、まわりからは異様な光景として映るようですが、本人からすれば毒を摂取できる可能性がある至福の時間だったりするんですね。 自ら進んで毒を摂取しようとする猫猫は、まわりに羽交い締めにされて制止させられることもあり、なかなか主人公としては珍しいタイプのキャラクターになっていると思います。

次の

薬屋のひとりごと/漫画最新刊4巻の発売日いつ?単行本を電子コミックで読む方法!

小説家になろう 薬屋のひとりごと

(露天の串焼きが食べたいなあ) 曇天を見上げて 猫猫 ( マオマオ )は溜息をついた。 周りは自分が今まで見た中で最も美しくきらびやかな世界、そして 瘴気蠢 ( しょうきうごめ )く濁った 澱 ( おり )の中だった。 (もう三か月かあ、おやじ、飯食ってんだろうか) 先日、薬草を探しに森に出かけてみれば出会ったのは、村人その壱、弐、参という名の人さらいだった。 まったく強大で迷惑極まりない結婚活動、略して婚活、宮廷の女狩りである。 まあ、給金はもらえるし、二年ほど働けば市井に戻れなくもないので、就職先としては悪くないのだが、それは個人の意思で来た場合である。 薬師としてそれなりの生活をしていた猫猫にははた迷惑な話なのだ。 人さらいどもは、妙齢の娘を捕まえては宦官に売り酒代を稼いだか、それとも己の娘の身代わりにさせたのか猫猫にはどうでもいい話である。 どんな理由があれ、とばっちりを受けたのは変わらないのである。 でなければ、後宮なる場所に一生関わりたくなかった。 むせ返る化粧と香、美しい衣を 纏 ( まと )った女官の唇には薄っぺらい笑みが張り付いていた。 薬屋をやってきて思うこと、女の笑みほど恐ろしい毒はないと。 それは殿上人の住まう御殿も城下の花街も変わらないのだと。 足元に置いた洗濯籠を抱え、建物の奥に向かう。 表とは違い、殺風景な中庭には石畳の水場があり、男とも女ともつかない召使たちが大量の洗濯物を洗っていた。 後宮は基本男子禁制である。 入れるのは、国で最も高貴なかたとその血縁、あと大切なものを失った元男性だけである。 もちろん、そこにいるのは後者である。 歪 ( いびつ )だと思いつつ、それが利にかなっているからやっていることなのだろうと猫猫は考える。 籠を置くと、そばの建物の中にある並べられた籠を見る。 汚れ物ではなく、日の当たった洗濯済みのものだ。 持ち手にかけられた木札を見る。 植物を模した絵と数字が書かれている。 女官の中には字が読めないものもいる、なんせ人さらいのごとく 攫 ( さら )われたものさえいるのだから。 宮廷に連れ込まれる前に最低限の礼儀くらいは教えられるが、文字となると難しい。 識字率は田舎の娘で半分越せばいいほうなのである。 大きくなり過ぎた後宮の 弊害 ( へいがい )といえる、量は増えたが質が悪い。 先帝の花の園には到底及ばないものの、妃、女官合わせて二千人、宦官を加えると三千の大所帯だった。 猫猫はその中で最下層の下女であり、官職すらもらっていない。 特に後ろ盾もなく、攫われて数合わせにされた娘にはそれが妥当なところである。 まあ、牡丹のような豊満な肉体や、満月のような白い肌でも持っていればまだ、下妃の位につける可能性もあったかもしれないが、猫猫の持つのはそばかすの浮いた健康的な肌と枯れ枝のような手足くらいである。 (はやく仕事終わらせよう) 梅の花と『壱七』と書かれた札の籠を見つけると、小走りに歩く。 重く曇った空が泣き出す前に部屋に戻りたかった。 籠の洗濯物の主は、 下級妃嬪 ( かきゅうひひん )である。 与えられた個室は他の下妃に比べ調度の質が豪華だが派手すぎる。 部屋の主は、豪商の娘かなにかと予想される。 位持ちともなれば自分専用の下女を持つことができるが、位の低い妃はせいぜい二人までしか置くことができない。 ゆえに、猫猫のような特に仕えるべき主人のいない下女がこうして洗濯物を運んだりするのである。 下級妃嬪は後宮内で個室を持つことを許されているが、場所は宮内の端にあり、皇帝の目につくことはめったにない。 それでも、一度でも 夜伽 ( よとぎ )を命じられれば部屋の移動ができ、二度目の御手付きは出世を意味している。 一方、 食指 ( しょくし )を動かされることなく適齢を過ぎた妃は、よほど実家の権力がない限り位が下げられるなり、最悪、 下賜 ( かし )されてしまう。 それが不幸かどうかは相手にもよるが、 宦官 ( かんがん )に下賜されることを官女たちは一番恐れているようだ。 猫猫は扉を軽く叩く。 「そこにおいといて」 扉を開け無愛想な返事をするのは、部屋付の侍女だった。 中では、甘ったるい匂いを漂わせた妃が酒杯を揺らしている。 宮内に入る前は誉めそやされた美しい容姿であるが、所詮、井の中の蛙だったのであろう。 絢爛 ( けんらん )の花々に気圧され、鼻っ柱を折られ、最近は部屋の外にも出ようとしなくなった。 (部屋の中じゃあ、だれも迎えに来てくれないよ) 猫猫は隣の部屋の洗濯籠をもらうと、また洗い場に戻った。 仕事はまだたくさん残っている。 好きできたわけではないが、お給金はいただいているのでその分の働きはするつもりである。 基本は真面目、それが元薬屋猫猫である。 大人しく働いていればそのうち出られる。 まさか、御手付きになることはありえないだろう。 残念なことに猫猫の考えは甘かったといえる。 何が起こるかわからない、それが人生というものだ。 齢十七の娘にしては達観した思考の持ち主であるが、それでも抑えられないものがあった。 好奇心と知識欲。 そして、ほんの少しの正義感。 この数日後、猫猫はある怪奇の真相を暴くことになる。 後宮で生まれる乳幼児の連続死。 先代の側室の呪いだと言われたそれは猫猫にとって怪奇でもなんでもなかった。

次の