小泉元伸 経歴。 検診マンモグラフィ読影認定医師リスト

【技術系専用】2016年度地方公務員入庁スレ3

小泉元伸 経歴

静岡県に奉職以来、チャの育種分野を中心に研究を行い、これまで「おくひかり、さわみずか、山の息吹、香駿、つゆひかり、ゆめするが、しずかおり」などの品種育成に携わりました。 また、バイテクやポット育苗などの増殖なども行ってきました。 さらに、 独 科学技術振興機構 JST の地域結集プログラムでは白葉茶の開発に携わってきました。 現在、静岡県立大学食品栄養環境科学研究院の附置センターとしての茶学総合研究センター長として茶の生産・加工、機能性、マーケティングなど幅広く活動しています。 氏名 中村 順行(なかむら よりゆき) 最終学歴(年月日) 岩手大学農学研究科修士課程修了 昭52年3月31日 略歴(主だったもの) 昭52. 3 岩手大学大学院修士課程修了 昭53. 4 静岡県中遠農業改良普及所技師 平17. 4 茶業試験場富士分場長 平19. 4 農林技術研究所企画部長 平20. 4 茶業研究センター センター長 平25. 5 静岡県立大学 食品栄養環境科学研究院 茶学総合講座 特任教授 平26. 4 静岡県立大学 食品栄養環境科学研究院 茶学総合研究センター センター長 特任教授• 村松敬一郎編 1991 中村順行;茶の科学;朝倉書店発行、茶の品種と栽培、pp. 11-20• 岩浅潔編 1994 中村順行;チャの栽培と利用加工;養賢堂発行、バイオテクノロジ-の利用、pp. 217-223• 中村順行 1999 ;お茶 せん茶 の香りと品種,香料,• O-CHA学構想会編 2000 ;中村順行;お茶なんでも小辞典;講談社• 小国伊太郎編 2001 ;中村順行;緑茶革命;女子栄養大学出版部• 武田善行監修 2003 ;中村順行;茶の品種;静岡県茶業会議所発行• 中村順行 2003 ;日本茶の起源を探る;茶学の会、お茶の郷博物館発行• 小国伊太郎編 2004 ;中村順行;心と体に効くお茶の科学;ナツメ出版• 中村順行 2007 ;やぶきたのすべて;静岡産業大学O-CHA学研究センターフォーラム論文集• 静岡県茶業試験場富士分場の軌跡 2007 ;静岡県茶業試験場編• 富士のお茶天下一品茶の再現 2007 ;静岡県茶業試験場富士分場編• 農山漁村文化協会編 2008 中村順行;茶大百科;農文協発行、茶の増殖法の種類と方法など• 静岡県茶業試験場100年のあゆみ 2008 :品種の育成、増殖技術など、牧の原会編• 中村順行 2009 ;天下一から変貌する茶業界のイノベーションを学ぶp. 42;手揉保存会50年の歩み、 社 静岡県茶手揉保存会発行• 中村順行他 2010 :国産紅茶を語る「日本における紅茶品種の系譜」;世界緑茶協会発行• 中村順行他 2011 :茶の文化 10号• 森田明雄編 2013 :中村順行;茶の機能と科学;朝倉書店• 農文協編 2013 :中村順行;地域食材大百科;農文協• 衛藤英男他編 2013 :中村順行;新版茶の機能性;農文協• Japan Tea Central Public Interest Incorporated Association 2015 ;SCIENTIFIC EVIDNCE FOR THE HEALTH BENEFITS OF GREEN TEA• 熊倉功夫・程啓坤編 2017 :中村順行;徽宗「大観茶論」の研究;宮帯出版社• Yoriyuki NAKAMURA 2017 ;Health Benefits of Green Tea 「Characteristics of Japanese Green Tea」CAB International• 大森正司他編 2017 中村順行;茶の事典「茶のバイオテクノロジー」朝倉書店• エヌ・ティー・エス編 2017 中村順行;発酵と醸造のイロハ「発酵茶の歴史と製造技術」 エヌ・ティー・エス• 中村順行 2017 :和菓子と日本茶;思文閣出版 中村順行:国際銘茶品評会評茶委員 中村順行:日本茶アワード審査委員長 中村順行:日本茶新評価運営委員会委員 中村順行:ふじのくに茶の都運営委員 中村順行;ふじのくに茶の都ミュージアム客員研究員 中村順行:日本茶インストラクター認定委員 中村順行:日本茶アワード実行委員会委員 中村順行:茶産地確立支援事業推進委員 中村順行:日本茶アドバイザー専任講師 中村順行:全国手もみ保存会全国手もみ茶品評会審査委員 中村順行:静岡県茶手揉保存会審査員 中村順行:静岡市茶輸出推進協議会委員長 中村順行:掛川市茶振興計画策定委員長 中村順行:静岡市お茶の学校講師 中村順行:Asia-Pacific Tea Expo 2019 in 静岡 学術会議実行委員 中村順行:茶新需要検討委員会委員 中村順行:農水省普及指導員資格試験試験委員 中村順行:産地活性化総合対策事業アドバイザー 中村順行;加工用原料茶開発促進協議会委員 中村順行:掛川市茶振興計画策定委員長• Ziyin Yang, Kazuo Mochizuki, Takaya Watase, Eiji Kobayashi, Tsuyoshi Katsuno, Kensuke Tomita, Akio Morita, Toshihiro Suzuki, Yoriyuki Nakamura, Naoharu Watanabe 2010 ;Influences of light emitting diodes irradiation and shade treatment on volatile profiles and related metabolites of leaves of tea Camellia sinensis plants and freshly picked tea leaves. 佐田康稔、中村順行、石田均司 2010 :"ウーロン茶中の強力な抗炎症作用成分chafuroside A の生成機構 その2 各種茶品種の茶葉中のchafuroside A 前駆体isovitexin 2-sulfate 含量"、日本農芸化学会2010 大会• Takeshi Ogawa1, Eiji Kobayashi, Yoriyuki Nakamura, Hirokazu Kobayashi 2010 :Polyphenol biofortification of tea leaves by exposure to light-emitting diode LED , Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka. Eiji Kobayashi, Yoriyuki Nakamura, Toshikazu Suzuki, Tetsuya Oishi, Kiyofumi Inaba, Yumiko Kaneko 2010 :Influence of Strong Shading by Direct Covering on the Color and the Ingredients of Tea Leaves. Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• Aya Kunihiro, Takashi Ikka, Toshikazu Suzuki,Yoriyuki Nakamura, Akio Morita 2010 :Chemical composition of the first crop of "white leaf tea" plants in Japan. Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• Akio Morita, Yusuke Toba, Toshikazu Suzuki, Takashi Ikka, Yoriyuki Nakamura 2010 :The effect of light condition on ascorbate content of tea plant Camellia sinensis L. Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• Takeshi Ogawa, Shoko Watanabe, Eiji Kobayashi, Yoriyuki Nakamura, Hirokazu Kobayashi 2010 :Mechanism of accumulation of taste constituents in tea leaves by light shading, Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• Tetsuya Oishi, Eiji Kobayashi, Akio Morita, Yoriyuki Nakamura, Yumiko Kaneko 2010 :Effects of photo-selective sheets covering culture on growth and catechins content of tea plant Camellis sinensis L. Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• Toshikazu Suzuki, Yumiko Kaneko,Eiji Kobayashi, Takashi Ikka, Yoriyuki Nakamura, Akio Morita 2010 :Effects of light period and intensity on photomorphogenesis and constituents in new shoots of tea plant Camellia sinensis L. , Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• Ziyin Yang, Kazuo Mochizuki, Takaya Watase, Eiji Kobayashi, Tsuyoshi Katsuno, Toshimichi Asanuma, Akio Morita, Toshihiro Suzuki, Yoriyuki Nakamura, Naoharu Watanabe 2010 :Regulation of volatile formation in tea Camellia sinensis leaves by light conditions, Proceedings of 2010 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• 小林栄人・中村順行・鈴木利和・大石哲也・稲葉清文 2011 :光強度がチャ新芽の生育に及ぼす影響、茶業研究報告、No. 112 別 ,pp. 36-37.• 小林栄人・中村順行・鈴木利和・大石哲也・稲葉清文 2011 :光強度がチャ新芽の葉色及び成分に及ぼす影響、茶業研究報告、No. 111,pp. 39-50.• 一家崇志・鳥羽佑典・切岩祥和・森田明雄・鈴木利和・中村順行 2011 :光照射がチャ培養細胞のアスコルビン酸含量及び抗酸化系酵素活性に及ぼす影響、茶業研究報告、No. 111,pp. 51-62.• 森田明雄・一家崇志・国広彩・鈴木利和・大石哲也・小林栄人・中村順行 2011 :日本で栽培されている白葉茶の一番茶新芽の化学成分含量、茶業研究報告、No. 111,pp. 63-72.• 稲葉清文・中村順行・小林栄人・金子由美子 2011 :強遮光処理によるチャ新芽白葉化技術の各品種への適用、茶業研究報告、No. 111,pp. 77-82.• 国広彩・一家嵩志・鈴木利和・中村順行・森田明雄 2012 :日本における白葉茶品種の一番茶新芽の成分特性、第27 回茶学術研究会講演会、pp. 45-46. Yasuo Niwa, Shoko Watanabe, Takeshi Ogawa, Hideki Nagasaki, Yasukazu Nakamura, Hideki Nishimura, Takashi Hirayama, Eiji Kobayashi, Yoriyuki Nakamura, Hirokazu Kobayashi 2013 : Establishment of a tea custom array based on EST data obtained with next-generation sequencing, Proceedings of 2013 International Conference on O-CHA tea Culture and Science in Shizuoka• Ai Yoto, Hidehiko Yokogoshi, Tsuyoshi Moriyama, Yoriyuki Nakamura, Tsuyoshi Katsuno, and Tsutomu Nakayama, 2013 :Effect of smelling green tea rich in aroma components on EEG ativity and memory task performance、International Conference on Biometrics and Kansei Engineering CD proceedings, 2013 IEEE DOI 10. 2013. 15, 76-81• 中村順行 2013 :白い芽のお茶、茶学術研究会公開シンポジウム、pp. 9-12. 中村順行 2013 :茶の品種改良とその増殖技術~新品種に期待する大きな可能性~、第28 回茶学術研究会講演会、pp. 61-65. 中村順行 2013 :食生活 緑茶消費 とがんとの関係を統計学的に考える、茶学術公開シンポジウム• 近藤貴英、渡邊綾香、設楽紘史、蕪木康郎、柴田雅久、神田典子、黒川千恵子、井上豊、宮崎元伸、外側正之、小澤朗人、内山徹、小泉豊、中村順行、増田修一、米谷民雄 2013 :茶の加工工程および熱湯浸出時における農薬の消長、食衛誌、Vol. 54,No. 4、PP259-265. 1、pp16-20. 原文音、石井直人、井口和明、武田厚司、林美智子、中村順行、海野けい子 2014 :玉露の抗ストレス作用に関する検討、第29 回茶学術研究会講演会、pp. 23-24. 中川愛美、高橋由、武田厚司、中村順行、海野けい子 2014 :緑茶カテキンの抗老化作用;寿命延長および脳機能低下抑制、第29 回茶学術研究会講演会、pp. 25-26. 中村順行、小林栄人 2014 :「静岡発世界を結ぶ新世代茶飲料と素材の開発」事業から開発された白葉茶、食品と開発、Vol49,No. 9、pp. 82-84.• Yoto, A. , Moriyama, T. , Yokogoshi, H. , Nakamura, Y. , Katsuno, T. , Nakayama, T. 2014 : Effect of Smelling Green Tea Rich in Aroma Components on EEG Activity and Memory Task Performance. Int. Affective Eng. 13 4 , 227-233. Yoto, A. , Sato, M. , Nakamura, Y. , Yokogoshi, H. 2014 : Intake of green tea inhibited increase of salivary chromogranin A after mental task stress loads. Physiol. Anthropol. 33 20 , 1-8• 中村順行、小林栄人 2014 :「静岡発世界を結ぶ新世代茶飲料と素材の開発」事業から開発された白葉茶、食品と開発、Vol49,No. 9、pp. 82-84.• 中村順行・小林栄人 2014 : 静岡発!! 白葉茶の開発、ソフト・ドリンク技術資料、No. 174. Vol. 3、pp. 43-56. 中村順行、森田明雄、一家崇志、大塩 恵、西野鋭一、佐次本金義、大石久泰 2014 : 熱水シャワー方式によるカフェインの溶出特性、茶業研究報告、第118 号、pp114-115• 大塩恵、一家崇志、小林栄人、鈴木利和、小泉 豊、中村順行、丹羽康夫、小林裕和、森田明雄 2014 : 白葉茶系統・品種の葉位別化学成分特性とアルギニン集積機構の解明、茶業研究報告、第118 号、pp112-113. 海野けい子、住吉 晃、野中博意、小西智一、原 文音、中川愛美、井口和明、武田厚司、川島隆太、林 美智子、中村順行 2014 : 社会心理的ストレスによる脳の老化促進とその予防, Biological Gerontology, 38 2 , p. 海野けい子、中川愛美, 高橋由, 原 文音, 井口和明, 武田厚司, 林 美智子, 中村順行 2014 : 緑茶カテキンの抗老化作用 第14 回日本抗加齢医学大阪会(大阪)• 海野けい子、住吉 晃、野中博意、小西智一、原 文音、中川愛美、井口和明、武田厚司、川島隆太、林 美智子、中村順行 2013 : 社会心理的ストレスによる脳の老化促進とその予防 日本基礎老化学会第37 回大会(大府)、抄録集、p. 原 文音、住吉 晃、野中博意、小西智一、中川愛美、井口和明、武田厚司、川島隆太、林 美智子、中村順行、海野けい子 2014 : 社会心理的ストレスによる脳の萎縮とテアニンによる予防 第29 回老化促進モデルマウス SAM 研究協議会(東京)、抄録集、 p. 28.• 海野けい子、中山 勉、石井剛志、井口和明、山本博之、石田均司、高林ふみ代、小西智一: 高齢者の脳の健康増進における緑茶成分摂取の有効性に関する検討. US フォーラム2014(静岡)p. Hara, A. , Sumiyoshi, A. , Nonaka, H. , Konishi, T. , Iguchi, K. , Kawashima, R. , Hayashi, M. , Nakamura, Y. , Yamada, H. , Unno, K. The 2nd International Conference on Farma and Food Shizuoka , p. 107,• 斎藤貴江子,亀谷秀樹,古江健二,池田雅彦,佐野満昭,中村順行 2014 : 茶樹の水耕栽培による根の抽出物が老化ラットの脳機能を改善する効果について, 第21 回日本未病システム学会(大阪)• Saito K. , Ikeda M. , Kametani H. , Nakamura Y. 2014 : Effect of the extract of tea roots Camellia sinensis hydroponically cultured on the recognition memory of a rat. The 2nd International Conference on Pharma and Food, Shizuoka, Japan, Nov 6. Saito K. , Ishikawa M. , Nakamura Y. 2014 : Development and function of post-fermented tea. Shizuoka Forum on Health and Longevity, Nov 7. 原 文音,石井直人,井口和明,武田厚司,林 美智子,中村順行,海野けい子 2014 :玉露の抗ストレス作用に関する検討、茶学術研究会第29回プログラム講演要旨、pp23-24• 中川愛美,高橋 由,武田厚司,中村順行,海野けい子 2014 : 緑茶カテキンの抗老化作用:寿命延長および脳機能低下抑制、茶学術研究会第29回プログラム講演要旨、pp25-26.• Saito K. , Nagahashi R. , Ikeda M. , and Nakamura Y. Honeybee Apis mellifera L, Hymenoptera: Apidae produce honey from flowers of tea plants Camellia sinensis L. , Theaceae. Exp. Agri. published online, Nov. 10, 2015. Monira Pervin, Yu Koyama, Mamoru Isemura, Yoriyuki Nakamura: Plant Lectins in Therapeutic and Diagnostic Cancer Research. Monira Pervin, Yu Koyama, Mamoru Isemura and Yoriyuki Nakamura. Plant Lectins in Therapeutic and Diagnostic Cancer Research. Intern. Plant Biol. Res. , 2015• Noriyuki Miyoshi, Monira Pervin, Takuji Suzuki, Keiko Unno, Mamoru Isemura and Yoriyuki Nakamura. Green tea catechins for well-being and therapy:prospects and opportunities. Botanics: Targets and Therapy, 5, 1-12 2015• Noriyuki Miyoshi, Monira Pervin, Takuji Suzuki, Keiko Unno, Mamoru Isemura, Yoriyuki Nakamura: Green tea catechins for well-being and therapy: prospects and opportunities. Botanics: Targets and Therapy 5, 85-96 2015. 中村順行:静岡茶の現況と新たな取り組み、ジャパンフードサイエンス、Vol. 54、No. 3、pp. 16-22. 2015. Eds. Hideo Eto, et al. 14-24 2015 Nobunkyo Production Ltd. , Tokyo, Japan• 海野けい子、住吉 晃、野中博意、小西智一、原 文音、井口和明、井之上浩一、宮崎康人、豊岡利正、川島隆太、林美智子、中村順行:脳の老化促進における社会心理的ストレスの関与ならびにその予防. Biological Gerontology, 39 2 , p. 54 2015• Keiko Unno, Hiroshi Yamada, Ayane Hara, Kazuaki Iguchi, Yoriyuki Nakamura: Anti-stress effect of low-caffeine green tea. Functional Foods, Bioactive Compounda and Biomarkers: Longevity and Quality of Life, Edited by Danik Martirosyan and Yasuhiko Shirai, p. 160-162 2015. Monira Pervin, Aimi Nakagawa, Aya Hara, Fumio Nanjo, Shinjiro Imai, Yoko Kimura, Yuriyuki Nakamura, Keiko Unno: Suppression of cognitive dysfunctionby green tea catechin. Functional Foods, Bioactive Compounda and Biomarkers: Longevity and Quality of Life, Edited by Danik Martirosyan and Yasuhiko Shirai, p. 240-242 2015. 斎藤貴江子、石川美智子、中村順行:低カフェイン茶を用いた後発酵茶の開発と機能性 茶学術研究会 静岡 2015 年3 月17 日• 海野けい子、山田 浩、井口 和明、石田 均司、岩尾康範、原 文音、中川愛美、林 美智子、中村順行:低カフェイン緑茶の抗ストレス作用に関する検討, 第30 回茶学術研究会(静岡)、講演要旨集、p. 9-11、2015 年3 月17 日• モニラ・パービン、中川愛美、原 文音、今井伸二郎、中村順行、海野けい子:脳の老化抑制作用における緑茶カテキン分子の違いに関する検討 第30 回茶学術研究会(静岡)、講演要旨集、p. 33-35、2015 年3 月17 日• パービン モニラ、中川愛美、今井伸二郎、中村順行、海野けい子:緑茶カテキン成分による脳の老化抑制作用の機構解明. 日本薬学会第135 年会(神戸)、講演要旨集3、p. 170、2015 年3 月28 日• 海野けい子、住吉 晃、野中博意、小西智一、原 文音、井口和明、井之上浩一、宮崎康人、豊岡利正、川島隆太、林美智子、中村順行:脳の老化促進における社会心理的ストレスの関与ならびにその予防, 日本基礎老化学会第38 回大会(横浜)、抄録集、p. 54、2015 年6 月14 日• 海野けい子、住吉 晃、野中博意、川島隆太、井之上浩一、宮崎康人、豊岡利正、井口和明、林美智子、中村順行:社会心理的ストレスによる脳の萎縮ならびにその予防, 第30 回老化促進モデルマウス SAM 研究協議会(岐阜)、抄録集、 p. 30、 2015 年7 月5 日• 海野けい子、中村順行、井口和明、林美智子、モニラ・パービン:緑茶カテキンの血液脳関門透過に関する検討.US フォーラム2015(静岡県立大学学術フォーラム)(静岡) p. 2015年9 月29 日• Keiko Unno, Hiroshi Yamada, Ayane Hara, Kazuaki Iguchi, Yoriyuki Nakamura: Anti-stress effect of low-caffeine green tea. 19th International Conference of Functional Food Center Kobe, Japan , p. 160-162, 2015 年11 月17 日• Monira Pervin, Koyama Y, Isemura M, Nakamura Y. :Plant lectins in therapeutic and diagnostic cancer research. Int J Plant Biol Res. 2015, 3:2:1030 Monira Pervin, Aimi Nakagawa, Aya Hara, Fumio Nanjo, Shinjiro Imai, Yoko Kimura, Yuriyuki Nakamura, Keiko Unno: Suppression of cognitive dysfunctionby green tea catechin. 19th International Conference of Functional Food Center Kobe, Japan , p. 240-242, 2015 年 11 月17 日• 康美玲,丹羽康夫,小林京子,閔悛哲,豊岡和正,中村順行,小林裕和:チャCamellia sinensis におけるフラバン-3-オール還元酵素群の解析、日本農芸化学会(岡山大会)(2015)• Saito K. , Ikeda M. , Kametani H. and NakamuraY. Effect of the extract of tea roots Camelliasinensis hydroponically cultured on the recognition memory of a rat . Pharm-Nutrition 2015, Philadelphia USA, Apr. 12 2015• 斎藤貴江子,石川美智子, 佐野満昭,中村順行: 乳酸菌を用いた後発酵茶の開発と機能性。 第22回日本未病システム学会 北海道 2015 年10 月12 日• Saito K. , Ishikawa M. and Nakamura Y. Property of low-caffeine green tea and the preference survey.静岡健康・長寿学術フォーラム 静岡 2015 年10 月30 日• MireiKou,YasuoNiwa,Kyoko Kobayashi1, Jun Zhe Min, Toshimasa Toyooka,Yoriyuki Nakamura, Hirokazu Kobayashi : lsomer-specific conversion of flavanols by reductases derived from the tea plant Camellia sinensis. THE 20th SHZUOKA FORUM ON HEALTH AND LONGEVITY p. 54 2015. Keiko Unno, Ayane Hara, Aimi Nakagawa, Kazuaki Iguchi, Megumi Ohshio, Akio Morita, Yoriyuki Nakamura: Anti-stress effects of drinking green tea with lowered caffeine and enriched theanine, epigallocatechin and arginine on psychosocial stress induced adrenal hypertrophy in mice. Phytomedicine. 23, 1365-1375 2016• Monira Pervin, Keiko Unno, Yoriyuki Nakamura, Shinjiro Imai: Luteolin suppresses ultraviolet A- and B-induced matrix metalloproteinase 1- and 9 expression in human dermal fibroblast cells. J Nutr. Food Sci. , 6, 6 2016• Suzuki Takuji, Miyoshi Noriyuki, Hayakawa Sumio, Imai Shinjiro, Isemura Mamoru and Nakamura Yoriyuki: Health Benefits of Tea Consumption. Eds. Ted Wilson and Norman J. Temple, pp. 49-67 2016 Springer, Cham, Switzerland• Sumio Hayakawa, Kimie Saito, Noriyuki Miyoshi, Tomokazu Ohishi, Yumiko Oishi, Noriyuki Miyoshi, and Yoriyuki Nakamura: Anti-Cancer Effects of Green Tea by Either Antior Pro- Oxidative Mechanisms. Asian Pac J Cancer Prev. , 17, 1649-1654 2016• Saito, K. , Nagahashi, R. , Ikeda, M. and Nakamura. : Honeybee Apis mellifera L, Hymenoptera: Apidae produce honey from flowers of tea plants Camellia sinensis L. , Theaceae. Exp. Agri. 10 4 : 1-4, 2016. Tomokazu Ohishi, Shingo Goto, Pervin Monira, Mamoru Isemura and Yoriyuki Nakamura. : Anti-inflammatory Action of Green Tea. Antiinflamm Antiallergy Agents Med Chem. , 15, 1-17 2016• Takuji Suzuki, Monira Pervin, Shingo Goto, Mamoru Isemura and Yoriyuki Nakamura. :Beneficial Effects of Tea and the Green Tea Catechin Epigallocatechin-3-gallate on Obesity. Molecules, 21, 1305 2016. 陽東藍, 中村順行, 横越英彦: 大脳半球優位性による色刺激の情動効果の検討, 日本生理人類学会誌 21 4 159-165 2016• Keiko Unno: Prevention of brain aging by green tea components: Role of catechin and theanine J. Phys. Fitness Sports Med. , 5 2 , 117-122 2016• 斎藤貴江子,石川美智子,佐野満昭,中村順行、乳酸菌を用いた後発酵茶の開発と機能性. 日本未病システム学会誌 22 1 :68-70,2016. 斎藤貴江子, 佐野 満昭, 中村順行, 新規に開発した低カフェイン茶の特徴と抗酸化活性. カテキン学会・茶学術研究会合同学会(静岡)2016 年10 月27 日• Saito, K. , Sano, M. , and Nakamura, Y. : Development of a post-fermented tea and its physiological effects. Toronto, USA Jun. 2016• 斎藤貴江子、中村順行、低カフェイン茶の開発 茶学術研究会 (静岡)2016 年3 月14 日• 斎藤貴江子、佐野満昭、中村順行, 低カフェイン茶の開発とその特徴、および嗜好調査 第23 回日本未病システム学会 福岡 2016 年11 月5 日• Saito,K. and Nakamura, Y. : Development of low caffeine green tea and its properties. The 3rd International Conference on Pharma and Food. (Shizuoka) Nov. 2016• 中村順行、岩崎邦彦、西川博、内野稔、佐藤真紀、鈴木麻子、秋山麻子:海外市場に対応した粉末茶のマーケティング戦略の構築、茶業研究報告、122、27-30 2016• 高木知芙美、Teerawat Chaiwoot、中村順行:台湾の若者における日本茶の消費動向と嗜好調査、茶業研究報告、No. 122、54 2016• Yuto Yoshikawa, Yoriyuki Nakamura, Keiji Wakabayashi, Noriyuki Miyoshi : Development of LC-MS method for green tea catechin metabolites. 1Sch. of Food and Nutri. Sci. , 2Grad. Program in Food, Nutr. and Envr. Sci. , Univ. Shizuoka, Shizuoka 422-8526, Japan. JCPF• 吉川祐人1、中村順行2、若林敬二2、三好規之1,2: 緑茶カテキン腸内細菌代謝物のLC-MS分析法の開発 JSoFF• 古川一実1,加藤美知代1,青島洋一2,中村順行3. 1 静県大・食品栄養、2 静県大院・食品栄養環境科学研究院, チャ(茶樹:Camellia sinensis)の培養・形質転換技術の歩み. 植物細胞分子生物学会• 野田誠紀、海野けい子、川崎洋平、井口 和明、中村 順行、山田 浩:低カフェイン緑茶による高齢者の睡眠ならびにストレスへの影響に関する検討, 茶学術研究会30 周年記念大会講演会(静岡)、講演要旨集、p. 3-4、2016 年3 月14 日• パービン・モニラ、中川愛美、原 彩、高垣晶子、南条文雄、今井伸二郎、中村順行、海野けい子:EGCG とその代謝物の血液脳関門透過性ならびに培養神経細胞に対する作用, 茶学術研究会30 周年記念大会講演会(静岡)、講演要旨集、p. 67-68、2016 年3 月14 日• 海野い子、原 文音、中川愛美、井口和明、大塩 恵、森田明雄、中村順行:緑茶の抗ストレス作用に関する検討, 茶学術研究会30 周年記念大会講演会(静岡)、講演要旨集、p. 79-80、2016年3 月14 日• 海野けい子、原 文音、井口和明、林美智子、中村順行:緑茶の抗ストレス作用に関する検討:テアニン、カテキン、カフェインの相互作用, 日本薬学会第136 年会(横浜)、講演要旨集3、p. 98、2016 年3 月• Monira Pervin, Aimi Nakagawa, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Shinjiro Imai, Yoriyuki Nakamura, Keiko Unno:緑茶カテキンの血液脳関門透過性と培養神経細胞に対する作用, 日本薬学会第136 年会(横浜)、講演要旨集3、p. 138、2016 年3 月29 日• 海野けい子、野田誠紀、川崎洋平、山田 浩、大塩 恵、森田 明雄、井口 和明、中村 順行:高齢者の睡眠に対する緑茶成分の作用, 日本基礎老化学会第39 回大会(伊勢原)、抄録集、p. 40、2016 年5 月27 日• 海野けい子、原文音、中川愛美、井口和明、大塩 恵、森田 明雄、中村 順行: 緑茶の抗ストレス作用における成分間の相互作用, 第16 回日本抗加齢医学会総会(横浜)、プログラム・抄録集、p. 193、2016 年6 月11 日• パービン・モニラ、中川愛美、原 彩、高垣晶子、南条文雄、今井伸二郎、中村順行、海野けい子:Preventive effect of green tea catechins on cognitive dysfunction, 第16 回日本抗加齢医学会総会(横浜)、プログラム・抄録集、p. 236、2016 年6 月12 日• 石野真悠、北澤秀文、陽東 藍、海野けい子、目黒真一、時光一郎、三浦進司:老化に伴う筋萎縮への茶カテキンの効果? SAMP8 マウスでの検討? , 第31 回老化促進モデルマウス SAM 研究協議会(岐阜)、抄録集、 p. 9、 2016 年7 月9 日• 海野けい子、Monira Pervin、中川愛美、井口和明、原 彩、高垣晶子、南条文雄、中村順行:緑茶カテキンによる脳の加齢変化抑制の機構解明, 第31 回老化促進モデルマウス SAM 研究協議会(岐阜)、抄録集、 p. 45、 2016 年7 月10 日• Monira Pervin, Keiko Unno, Aimi Nakagawa, Yuu Takahashi, Kazuaki Iguchi, Hiroyuki Yamamoto, Minoru Hoshino, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Akira Minami, Shinjiro Imai, Yoriyuki Nakamura: Blood brain barrier permeability of? -epigallocatechin gallate, its proliferation-enhancing activity of human neuroblastoma SH-SY5Y cells, and its preventive effect on age-related cognitive dysfunction in mice. Biochem. Biophys. Rep. 9, 180-186 2017. Keiko Unno, Hiroshi Yamada, Kazuaki lguchi, Hitoshi lshida, Yasunori Iwao, Akio Morita, Yoriyuki Nakamura: Anti-stress effect of green tea with lowered caffeine on humans: A pilot study. Biol. Pharm. Bull. 40 6 , 902-909 2017. Keiko Unno, Shigenori Noda, Yohei Kawasaki, Hiroshi Yamada, Akio Morita, Kazuaki Iguchi, Yoriyuki Nakamura: Reduced Stress and Improved Sleep Quality Caused by Green Tea Are Associated with a Reduced Caffeine Content. Nutrients, 9, 777 2017. Keiko Unno, Shigenori Noda, Yohei Kawasaki, Hiroshi Yamada, Akio Morita, Kazuaki Iguchi, Yoriyuki Nakamura: Ingestion of green tea with lowered caffeine improves sleep quality of the elderly via suppression of stress. J Clin Biochem Nutr, 61, 210-216 2017. Monira Pervin, Keiko Unno, Yuya Nakayama, Hiroyuki Ikemoto, Shinjiro Imai, Kazuaki Iguchi, Akira Minami, Yoriyuki Nakamura: Improvement in Cognitive Function with Green Soybean Extract May Be Caused by Increased Neuritogenesis and BDNF Expression. J Food Process Technol, 8, 695 2017. Keiko Unno, Monira Pervin, Aimi Nakagawa, Kazuaki Iguchi, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Akira Minami, and Yoriyuki Nakamura: Blood-brain barrier permeability of green tea metabolites and their neuritogenic activity in human neuroblastoma SH-SY5Y cells. Mol Nutr Food Res, 61, 1700294 2017. Hiroki Tanabe, Monira Pervin, Shingo Goto, Mamoru Isemura and Yoriyuki Nakamura: Beneficial Effects of Plant Polyphenols on Obesity. Obes Control Ther, 4 2 : 1-16 2017. 斎藤貴江子 ,佐野満昭,中村順行、低カフェイン茶の特性とその機能性. 日本未病システム学会誌 23 3 :41-44,2017. Kieko Saito and Yoriyuki Nakamura : Development and Properties of Green Tea with Reduced Caffeine. Exp. Agri. Internal. 17, 1-6 2017• Keiko Unno, Monira Pervine, Akira Minami, Kazuaki Iguchi, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Yoriyuki Nakamura:Suppression of Decline in Cognitive Function by Green Tea Catechin. Biological Gerontology, 41 S , p. 88 2017. 中村順行:お茶と健康. 日本体育学会、第68 回大会 静岡 、2017 年8 月• 堀江秀樹、江間かおり、中村順行:抹茶・粉末茶の化学成分、平成29 年度日本茶業学会 埼玉 、2017年11 月. 伊藤圭祐、石井剛志、中村順行、河原崎泰昌:茶殻の有効利用を目指した機能性ペプチドの探索、第32 回茶学術研究会 静岡 p. 5-6. 2017• 斎藤貴江子、中村順行:茶の花のハチミツ採取とその分析、環境化学会(静岡) 2017 年6 月. Kieko Saito、Yoriyuki Nakamura: Development of a post-fermented tea with reduced caffeine and its physiological effects.Advianced in tea Sri Lanka 2017. 斎藤貴江子、佐野満昭、中村順行: 茶根抽出液の飲用による老化促進マウスの脳機能に与える影響、日本未病システム学会 (横浜)2017 年11 月.• 海野けい子、モニラ・パービン、中川愛美、井口和明、原 彩、高垣晶子、南条文夫、中村順行:加齢に伴う認知機能低下:緑茶カテキンによる予防のメカニズム. 日本薬学会第137 年会(仙台)、26X-pm15、 2017 年3 月26 日. Keiko Unno, Shigenori Noda, Yohei Kawasaki, Hiroshi Yamada, Akio Morita, Kazuaki Iguchi, Yoriyuki Nakamura:Improved Sleep Quality of the Elderly via Suppression of Stress: Effects of Green Tea Components. Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology: Aging and Mechanisms of Aging-Related Disease Yokohama , p. 51, 2017 年5 月18 日• Monira Pervin, Keiko Unno, Aimii Nakagawa, Kazuaki Iguchi, Aya hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Akira Minami, Yoriyuki Nakamura: Prevention of age-related cognitive dysfunction: Mechanism of action of green tea catechins on mouse brain. 30, 2017 年5 月29 日. 海野けい子、Monira Pervin、中川愛美、井口和明、原 彩、高垣 晶子、南条 文雄、中村 順行:緑茶カテキンによる脳の老化抑制機構の解明. 第17 回日本抗加齢医学会総会(東京)、プログラム・抄録集、p. 195、2017 年6 月3 日. Keiko Unno, Monira Pervine, Akira Minami, Kazuaki Iguchi, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Yoriyuki Nakamura:Suppression of Decline in Cognitive Function by Green Tea Catechin. 日本基礎老化学会第40 回大会(名古屋)、抄録集、p. 88、2017 年6 月16 日. 海野けい子、Monira Pervin、井口和明、中村順行:緑茶カテキンによるSAMP10 の寿命延長ならびに脳機能低下抑制. 第32 回老化促進モデルマウス SAM 学会学術大会(岐阜)、抄録集、 p. 6、 2017年7 月22 日. 海野けい子、小西智一、住吉 晃、野中博意、井口和明、井之上浩一、豊岡利正、川島隆太、林美智子、パービン・モニラ、中村順行:社会心理的ストレスによる脳の萎縮とその後の回復. 第12 回臨床ストレス応答学会大会会(東京)、抄録集、p. 38、2017 年11 月5 日. 海野けい子:緑茶カテキンの脳機能低下抑制作用における機構解明. 第14 回日本カテキン学会年次学術大会2017(大阪)、抄録集、 p. 15-16、 2017 年11 月16 日. Monira Pervin、Keiko Unno、Aya Hara, Akiko Takagaki,Fumio Nanjo, Kazuaki Iguchi、Akira Minami、 Yoriyuki Nakamura:Role of Green Tea Catechin Metabolites: A Study of the Blood-Brain Barrier Permeability and the Neuritogenic Activity. 第14 回日本カテキン学会年次学術大会2017(大阪)、抄録集、 p. 33、 2017 年11 月17 日. Keiko Unno, Monira Pervin, Aimi Nakagawa, Kazuaki Iguchi, Aya Hara, Akiko Takagaki, Fumio Nanjo, Akira Minami, Yoriyuki Nakamura: Mechanism of action of green tea catechins on the brain: Blood brain barrier permeability, cognitive function and nerve cell differentiation. 65, 2017年12 月5 日. 熊倉功夫・程啓坤編 2017 中村順行;徽宗「大観茶論」の研究、「大観茶論」の白茶;宮帯出版社• 大森正司他編 2017 中村順行;茶の事典「茶のバイオテクノロジー」朝倉書店• エヌ・ティー・エス編 2017 中村順行;発酵と醸造のイロハ「発酵茶の歴史と製造技術」 エヌ・ティー・エス• 中村順行 2017 :和菓子と日本茶;思文閣出版• Yukihiko Hara etc 2017 Yoriyuki NAKAMURA; Health Benefits of Green Tea 「Characteri stics of Japanese Green Tea」CAB International• Monira Pervin, Keiko Unno, Tomokazu Ohishi, Hiroki Tanabe, Noriyuki Miyoshi, Yuriyuki Nakamura: Beneficial Effects of Green Tea Catechins on Neurodegenerative Diseases. Molecules. 23, pii: E1297 2018. Keiko Unno, Daisuke Furushima, Shingo Hamamoto, Kazuaki Iguchi, Hiroshi Yamada, Akio Morita, Hideki Horie, Yoriyuki Nakamura: Stress-Reducing Function of Matcha Green Tea in Animal Experiments and Clinical Trials、Nutrients, 10, 1468 2018• Shogo Nakano,Shin-ichi Megro,Tadashi Hase,Takuji Suzuki,Mamoru Isemura,Yoriyuki Nakamura and Shhei Ito. Computational molecular docking and X-ray crystallographic studies of catechins in new drug design strategies. Molecules, 23, 2-28 2018• Hideki Horie,Kaori Ema,Hiroshi Nishikawa and Yoriyuki Nakamura. Comparison of the chemical components of powdered green tea sold in the US. JARQ. 52 2 ,143-147 2018• Kieko Saito, Yoriyuki Nakamura : Change of Main Components and Physiological Functions of Post-fermented Green Tea with Reduced CaffeineJ. Exp. Agri. Internal. 28, 1-6 2018• Keiko Unno, Shigenori Noda, Yohei Kawasaki, Hiroshi Yamada, Akio Morita, Kazuaki Iguchi, Yoriyuki Nakamura:Ingestion of green tea with lowered caffeine reduced stress and improved sleep quality. Biological Gerontology, 42 2 , p. 68 2018• 浜本伸吾、古島大資、仁井寛彦、井口 和明、中村 順行、海野けい子、山田 浩:抹茶の飲用がストレス軽減に与える影響:ランダム化比較試験による検討. 第33 回茶学術研究会講演会(静岡)、講演要旨集、p. 4、2018• パービン・モニラ、海野けい子、井口 和明、寺脇 彩、高垣晶子、南条文雄、中村順行:緑茶カテキンによる脳の老化抑制の機構解明. 第33 回茶学術研究会講演会(静岡)、講演要旨集、p. 10、2018• 海野けい子、浜本伸吾、古島大資、井口和明、山田 浩、森田明雄、堀江秀樹、中村順行:抹茶のストレス軽減作用:成分組成の違いの影響. 第33 回茶学術研究会講演会(静岡)、講演要旨集、p. 12、2018• Pervin Monira、Keiko Unno, Yuya Nakayama, Hiroyuki Ikemoto, Shinjiro Imai, Kazuaki Iguchi, Akira Minami, Yoko Kimura, Yoriyuki Nakamura:Green soybean extracts increases neuritogenesis in SH-SY5Y cells and BDNF expression in mouse brain. 日本薬学会第138 年会(金沢)、PROGRAM 26PA-am350、 2018• 海野けい子、Monira Pervin、井口和明、南 彰、原 彩、高垣晶子、南条文雄、中村順行:緑茶カテキンによる認知機能低下予防のメカニズム. 日本薬学会第138 年会(金沢)、PROGRAM 27T-am02、 2018• 海野けい子、パービン・モニラ、中川愛美、井口和明、寺脇 彩、高垣晶子、南条文雄、中村順行:緑茶カテキンによる脳の老化抑制作用における機構解明. 第18 回日本抗加齢医学会総会(大阪)、プログラム・抄録集、p. 205、2018• 海野けい子、浜本伸吾、古島大資、井口和明、山田 浩、森田明雄、中村順行:抹茶の抗ストレス作用:成分組成の違いの影響. 第18 回日本抗加齢医学会総会(大阪)、プログラム・抄録集、p. 208、2018• Keiko Unno, Shigenori Noda, Yohei Kawasaki, Hiroshi Yamada, Akio Morita, Kazuaki Iguchi, Yoriyuki Nakamura:Ingestion of green tea with lowered caffeine reduced stress and improved sleep quality. 日本基礎老化学会第41 回大会(東京)、抄録集、p. 68、2018• Monira Pervin, Keiko Unno, Akiko Takagaki, Aya Terawaki, Fumio Nanjo, Kazuaki Iguchi, Akira Minami, Yoriyuki Nakamura:Role of Green Tea Catechin Metabolites on the Brain: A Study of the Blood-Brain Barrier Permeability and the Neuritogenic Activity. Neurovascular and Neurodegenerative Diseases 2018(Narita)、Abstract book p. 11-12, 2018• 斎藤貴江子, 中村順行:茶根の抽出液の飲用が老化促進マウスの認知機能と生存率に及ぼす影響 2018. Kieko Saito、Yoriyuki Nakamura: Development and property of a post-fermented tea with reduced caffeine. 19th IUFoST World Food Science and Technology Congress Indonesia 2018• Kieko Saito, Yoriyuki Nakamura: Property of post-fermented green tea with reduced caffeine. The 4th International Conference on Pharma and Food. Shizuoka 2018.

次の

課長級以上の女性が最多26人 茨城県人事、1729人異動

小泉元伸 経歴

ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。 入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。 さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。 新土木部長には伊藤敦史水戸土木事務所長が就く。 総括技監は大山登志彦技監兼道路維持課長。 新設の営業戦略部長には堀江英夫総務部次長を起用。 企業局では、次長に茅根継雄技監兼施設課長が就く。 企業局長、総務部長、産業戦略部次長、土木部都市局長は調整中。 ( 面~ 面に建設関連の異動一覧) 18年度の人事異動の規模は1757人。 所属間の業務移管に伴うものを除いた実質的な異動は1622人で、昨年(1634人)よりやや小さい規模となった。 幹部職員では、本庁正部長に7人を登用。 土木部長の伊藤氏、営業戦略部長の堀江氏のほか、県民生活環境部長に齋藤章理事兼政策審議監、防災・危機管理部長に服部隆全生活環境部次長、産業戦略部長に小泉元伸商工労働観光部次長兼観光局長が就任する。 また、保健福祉部福祉担当部長には関清一生活環境部参事兼原子力安全対策課長、会計管理者に角田英樹企画部次長を登用。 新土木部長となる伊藤氏は、東北大学工学部を卒業後、1982年に入庁。 土木部企画監、港湾課長、土浦土木事務所長などを歴任。 2017年4月から水戸土木事務所長に就いていた。 土木部の部長級を見ていくと、次長に小室昌彦保健福祉部子ども政策局子ども家庭課長、技監兼検査指導課長に横田喜一郎技監兼河川課長、技監兼道路維持課長に柳澤晃宏竜ケ崎工事事務所長、技監兼河川課長に小林一洋技監兼都市計画課長。 技監兼都市計画課長には渡辺紀之都市整備課長、技監兼建築指導課長には海老沢和雄住宅課長が就く。 二川浩港湾課長、大野谷祐二下水道課長は技監を兼ねる。 また、水戸土木事務所長に肥髙孝之技監兼潮来土木事務所長、技監兼常陸大宮土木事務所長に松橋秀広道路建設課長、技監兼潮来土木事務所長に鯉渕宏一土浦土木事務所つくば支所長。 課長級では、企画監に久家良和港湾課技佐兼課長補佐(技術総括)、検査指導課首席検査監に横田弘紀県西水道事務所長、木村忠夫県北県民センター建築指導課長、道路建設課長に仙波義正企画監、営繕課長に小圷達也鹿行県民センター建築指導課長が就く。 都市整備課長には池田久検査指導課首席検査監、都市整備課市街地整備室長には飯村信夫常総工事事務所長、住宅課長には足立信幸建築指導課県央建築指導室長。 このほか、大子工務所長に清代英明流域下水道事務所次長兼工務課長、土浦土木事務所つくば支所長に内木二三男常陸太田工事事務所長、常陸太田工事事務所長に石川博章水戸土木事務所次長兼道路整備第一課長が就任。 鉾田工事事務所長に土子浩之道路維持課技佐兼課長補佐(技術総括)、竜ケ崎工事事務所長に茂田義巳流域下水道事務所長、常総工事事務所長に園部浩久土浦土木事務所次長兼道路整備第一課長、流域下水道事務所長に原部修一大子工務所長が就く。 農林水産部を見ると、次長に大朏徹農業政策課長、次長兼林政課長に佐藤信聡林業課長、県北農林事務所長に小倉一夫県北農林事務所次長兼企画調整部門長、県央農林事務所長に潮田元男生活環境部参事兼生活文化課長、鹿行農林事務所長に飯岡輝夫農地整備課長、理事兼県南農林事務所長に佐藤明彦次長が就任。 企業局では、施設課長に山中博施設課首席検査監、山中氏の後任に高田浩幸鹿行水道事務所長が就く。

次の

課長級以上の女性が最多26人 茨城県人事、1729人異動

小泉元伸 経歴

歴代教育長 氏名 在職期間 1 西野正吉 S23. 1 ~ S28. 31 2 神谷四郎 S28. 1 ~ S33. 31 3 加藤貞 S33. 1 ~ S35. 24 4 佐藤睦治 S35. 25 ~ S40. 19 5 軍司直次郎 S40. 20 ~ S42. 12 6 後藤勤治 S42. 13 ~ S45. 31 7 山本満男 S45. 1 ~ S48. 12 8 成瀬孟男 S48. 13 ~ S51. 31 9 大金新一 S51. 1 ~ S54. 31 10 古橋靖 S54. 1 ~ S58. 14 11 川又友三郎 S58. 15 ~ S61. 31 12 礒田勇 S61. 1 ~ S63. 31 13 小林元 S63. 1 ~ H3. 14 14 角田芳夫 H3. 15 ~ H6. 31 15 小林秀文 H6. 1 ~ H8. 31 16 齋藤佳郎 H8. 1 ~ H10. 31 17 川俣勝慶 H10. 1 ~ H18. 31 18 稲葉節生 H18. 1 ~ H20. 31 19 鈴木欣一 H20. 1 ~ H23. 31 20 小野寺俊 H23. 16 ~ H27. 15 21 小野寺俊 (制度改正による選任) H27. 16 ~ H29. 31 22 柴原宏一 H29. 1 ~ R2. 31 23 小泉元伸 R2. 1 ~.

次の