軽減 税率 デリバリー。 消費税10%:飲食店、デリバリーに注力 軽減税率「8%」追い風 「リピーターが重要」

ケータリングは標準税率10%?軽減税率8%? | 東京・横浜エリアのケータリングやデリバリー|PartyTimes

軽減 税率 デリバリー

市場規模 外食・中食市場情報サービス「CREST」を展開するエヌピーディー・ジャパンの調査によると、2018年の日本のレストラン業態(小売店、自販機、社員食堂、学生食堂を除く、宅配ピザを含む)における出前市場は4,084億円となっています。 市場規模は年々増加しており、2015年の3,564億円から3年間で14%以上成長している計算です。 一方、日本の外食産業におけるデリバリーの比率は2017年時点で3%となっており、韓国(10%)や中国(8%)、イギリス(8%)など世界各国と比べると、いまだ少ないのが現状です(エヌピーディー・ジャパン株式会社)。 逆にいえば、今後まだまだ市場は拡大する可能性を秘めているといえるでしょう。 世界的にもフードデリバリーサービス市場の成長が見込まれており、モルガンスタンレー社は「2022年までに、世界のフードデリバリー率は11%まで拡大する」とも予測しています。 利用者実態 リサーチ会社マクロミルが1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に住む人を対象に行った調査(2018年)によると、1年以内にフードデリバリーサービスを利用した人は59%にも上っています。 オーダー方法は「電話」と「インターネット(PC、スマートフォンなど)」のいずれも60%以上という結果に(複数回答可)。 利用シーンとしては「料理が面倒な時」(34%)、「忙しく、食事の準備ができない時」(27%)などの回答が多くなっていました。 また、MMD研究所が2019年に行った別の調査によると、インターネットのフードデリバリーサービス利用率が年代別でもっとも高かったのは、男女ともに30代で4割弱とのこと。 また、未婚の人よりも既婚の人のほうが利用率が高い(未婚23. 8%、既婚42. 5%)ことがわかっています。 仕事もプライベートも忙しい30代の男女が、スマートフォンなどのデジタルデバイスを駆使して家事を時短する……そんなイメージが浮かんできますよね。 国内主要サービスの動向 日本のフードデリバリーサービス市場におけるひとつの転機になったのは、2016年9月のUber Eats参入だといわれています。 Uber Eatsは、評価制度をはじめとした配車サービスUberのノウハウを活用し、ユーザー・飲食店・配達員をリアルタイムでマッチングするシェアリングエコノミーのサービス。 登録店舗数は全国1万店以上で、利用者の半数以上が20~30代の若年層という調査結果もあります。 また、同年には、夢の街創造委員会による出前館も「シェアリングデリバリー」(自社配達を行っていない飲食店がデリバリー機能をシェアできるサービス)を開始。 朝日新聞の販売店ASAなどと提携して確保して配達拠点・配達員を確保し、2019年4月末時点でアクティブユーザー数は288万人以上、加盟店舗数は1万9,122店舗となっています。 同社はさらに、NTTドコモのフードデリバリーサービス「dデリバリー」の運用や、LINEが展開する「LINEデリマ」のシステム開発や店舗開拓なども手掛けており、国内フードデリバリーサービス市場において中心的な役割を担っているといえるでしょう。 先述したMMD研究所の調査によると、直営店のものを除くインターネットのフードデリバリーサービスでもっとも利用されていたのは出前館(21. 1%)、次いでUber Eats(12. 0%)となっています。 市場拡大の2つの要因~フードデリバリープラットフォームを可能にする技術とニーズを高める社会的背景 smart phone on table food delivery content. フードデリバリーサービス市場が国内で拡大している主な要因として考えられているのは、次の2つです。 テクノロジーを駆使したフードデリバリープラットフォーム Uber Eatsや出前館など、テクノロジーを活用したフードデリバリープラットフォームの登場により、ユーザーがサービスを利用しやすくなり、飲食店もデリバリーへの参入が容易になっています。 Uber Eatsを例に、注文受付から支払いまでの流れと、ユーザー・飲食店のメリットを見てみましょう。 ・ユーザーからスマートフォンアプリなどを通じて飲食店への注文を受け付け アプリの画面には、ユーザーの自宅や職場に配達が可能な飲食店とメニューが一覧で表示されており、ユーザーはタップするだけで注文が可能。 自分で飲食店を探したり電話したりする手間が省けます。 飲食店側も注文を電話で受け付ける手間を削減できます。 ・プラットフォームから提携配達員(配達パートナー)へ配達指示を送信 配達指示は、各配達パートナーの実績や評価、現在の位置情報(GPSデータ)などをもとに、AIを利用して行われます。 飲食店は配達管理の業務を効率化できるだけでなく、配達員を雇用したり、配達用車両を確保したりするコストも削減することが可能です。 ・配達情報はプラットフォームを通じてリアルタイムで確認 正確性の高い配達時間を把握できるため、ユーザーはストレスなく受け取りできます。 ・支払い(集金)はアプリを通じたキャッシュレス決済 配達時における金銭の受け渡しが不要になり、ユーザー・飲食店双方の手間を削減できます。 実際に、筆者もこれらのサービスをよく利用していますが、デリバリーに対するハードルが一気に下がったと感じました。 現在ではスマートフォンなどのデジタルデバイスが広く普及し、インターネット環境の整備も進んでいるため、ユーザーのすそ野は広がっているといえるでしょう。 飲食店側については、調理以外の注文受付・配達・集金というプロセスをプラットフォーム側で行ってくれるため、低コストでデリバリーサービスに参入できるようになっています。 個人経営の小規模な飲食店もUber Eatsや出前館に登録されているのは、この理由からなんですね。 共働き世帯の増加など社会的背景 労働政策研究・研修機構によると、国内の共働き世帯数と専業主婦世帯数は1995年~2000年頃に逆転し、2018年には共働き世帯数が専業主婦世帯数の約2倍になりました。 こうした状況で、料理をはじめとする家事の時短ニーズが高まっていることも、フードデリバリーサービス市場拡大の背景にあるとされています。 さらに今後は、高齢化の進展により、交通網の整備が遅れている地方部を中心に外出困難な高齢者が増加する可能性が指摘されており、高齢者におけるフードデリバリーサービスの需要が高まるのではないかという意見もあります。 より短期的な視野では、2019年10月以降の消費税増税と軽減税率の導入に関連して、フードデリバリーサービスが軽減税率の適用対象となっていることも市場に影響を与えそうですよね。 おわりに フードデリバリーサービスは飲食業界だけでなく、IT、物流など、さまざまな業界が関連しているのが特徴です。 市場が一層拡大すれば、今後、ほかの業界が参入する可能性もあります。 ユーザーとして便利に利用できるようになるだけでなく、ビジネス面でも多くの人が無関係ではなくなってくるかもしれません。 引き続き、市場の動向を見守りたいところです。

次の

そばの「出前」や宅配ピザの「配達」は、軽減税率の適用対象か?

軽減 税率 デリバリー

市場規模 外食・中食市場情報サービス「CREST」を展開するエヌピーディー・ジャパンの調査によると、2018年の日本のレストラン業態(小売店、自販機、社員食堂、学生食堂を除く、宅配ピザを含む)における出前市場は4,084億円となっています。 市場規模は年々増加しており、2015年の3,564億円から3年間で14%以上成長している計算です。 一方、日本の外食産業におけるデリバリーの比率は2017年時点で3%となっており、韓国(10%)や中国(8%)、イギリス(8%)など世界各国と比べると、いまだ少ないのが現状です(エヌピーディー・ジャパン株式会社)。 逆にいえば、今後まだまだ市場は拡大する可能性を秘めているといえるでしょう。 世界的にもフードデリバリーサービス市場の成長が見込まれており、モルガンスタンレー社は「2022年までに、世界のフードデリバリー率は11%まで拡大する」とも予測しています。 利用者実態 リサーチ会社マクロミルが1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に住む人を対象に行った調査(2018年)によると、1年以内にフードデリバリーサービスを利用した人は59%にも上っています。 オーダー方法は「電話」と「インターネット(PC、スマートフォンなど)」のいずれも60%以上という結果に(複数回答可)。 利用シーンとしては「料理が面倒な時」(34%)、「忙しく、食事の準備ができない時」(27%)などの回答が多くなっていました。 また、MMD研究所が2019年に行った別の調査によると、インターネットのフードデリバリーサービス利用率が年代別でもっとも高かったのは、男女ともに30代で4割弱とのこと。 また、未婚の人よりも既婚の人のほうが利用率が高い(未婚23. 8%、既婚42. 5%)ことがわかっています。 仕事もプライベートも忙しい30代の男女が、スマートフォンなどのデジタルデバイスを駆使して家事を時短する……そんなイメージが浮かんできますよね。 国内主要サービスの動向 日本のフードデリバリーサービス市場におけるひとつの転機になったのは、2016年9月のUber Eats参入だといわれています。 Uber Eatsは、評価制度をはじめとした配車サービスUberのノウハウを活用し、ユーザー・飲食店・配達員をリアルタイムでマッチングするシェアリングエコノミーのサービス。 登録店舗数は全国1万店以上で、利用者の半数以上が20~30代の若年層という調査結果もあります。 また、同年には、夢の街創造委員会による出前館も「シェアリングデリバリー」(自社配達を行っていない飲食店がデリバリー機能をシェアできるサービス)を開始。 朝日新聞の販売店ASAなどと提携して確保して配達拠点・配達員を確保し、2019年4月末時点でアクティブユーザー数は288万人以上、加盟店舗数は1万9,122店舗となっています。 同社はさらに、NTTドコモのフードデリバリーサービス「dデリバリー」の運用や、LINEが展開する「LINEデリマ」のシステム開発や店舗開拓なども手掛けており、国内フードデリバリーサービス市場において中心的な役割を担っているといえるでしょう。 先述したMMD研究所の調査によると、直営店のものを除くインターネットのフードデリバリーサービスでもっとも利用されていたのは出前館(21. 1%)、次いでUber Eats(12. 0%)となっています。 市場拡大の2つの要因~フードデリバリープラットフォームを可能にする技術とニーズを高める社会的背景 smart phone on table food delivery content. フードデリバリーサービス市場が国内で拡大している主な要因として考えられているのは、次の2つです。 テクノロジーを駆使したフードデリバリープラットフォーム Uber Eatsや出前館など、テクノロジーを活用したフードデリバリープラットフォームの登場により、ユーザーがサービスを利用しやすくなり、飲食店もデリバリーへの参入が容易になっています。 Uber Eatsを例に、注文受付から支払いまでの流れと、ユーザー・飲食店のメリットを見てみましょう。 ・ユーザーからスマートフォンアプリなどを通じて飲食店への注文を受け付け アプリの画面には、ユーザーの自宅や職場に配達が可能な飲食店とメニューが一覧で表示されており、ユーザーはタップするだけで注文が可能。 自分で飲食店を探したり電話したりする手間が省けます。 飲食店側も注文を電話で受け付ける手間を削減できます。 ・プラットフォームから提携配達員(配達パートナー)へ配達指示を送信 配達指示は、各配達パートナーの実績や評価、現在の位置情報(GPSデータ)などをもとに、AIを利用して行われます。 飲食店は配達管理の業務を効率化できるだけでなく、配達員を雇用したり、配達用車両を確保したりするコストも削減することが可能です。 ・配達情報はプラットフォームを通じてリアルタイムで確認 正確性の高い配達時間を把握できるため、ユーザーはストレスなく受け取りできます。 ・支払い(集金)はアプリを通じたキャッシュレス決済 配達時における金銭の受け渡しが不要になり、ユーザー・飲食店双方の手間を削減できます。 実際に、筆者もこれらのサービスをよく利用していますが、デリバリーに対するハードルが一気に下がったと感じました。 現在ではスマートフォンなどのデジタルデバイスが広く普及し、インターネット環境の整備も進んでいるため、ユーザーのすそ野は広がっているといえるでしょう。 飲食店側については、調理以外の注文受付・配達・集金というプロセスをプラットフォーム側で行ってくれるため、低コストでデリバリーサービスに参入できるようになっています。 個人経営の小規模な飲食店もUber Eatsや出前館に登録されているのは、この理由からなんですね。 共働き世帯の増加など社会的背景 労働政策研究・研修機構によると、国内の共働き世帯数と専業主婦世帯数は1995年~2000年頃に逆転し、2018年には共働き世帯数が専業主婦世帯数の約2倍になりました。 こうした状況で、料理をはじめとする家事の時短ニーズが高まっていることも、フードデリバリーサービス市場拡大の背景にあるとされています。 さらに今後は、高齢化の進展により、交通網の整備が遅れている地方部を中心に外出困難な高齢者が増加する可能性が指摘されており、高齢者におけるフードデリバリーサービスの需要が高まるのではないかという意見もあります。 より短期的な視野では、2019年10月以降の消費税増税と軽減税率の導入に関連して、フードデリバリーサービスが軽減税率の適用対象となっていることも市場に影響を与えそうですよね。 おわりに フードデリバリーサービスは飲食業界だけでなく、IT、物流など、さまざまな業界が関連しているのが特徴です。 市場が一層拡大すれば、今後、ほかの業界が参入する可能性もあります。 ユーザーとして便利に利用できるようになるだけでなく、ビジネス面でも多くの人が無関係ではなくなってくるかもしれません。 引き続き、市場の動向を見守りたいところです。

次の

そばの「出前」や宅配ピザの「配達」は、軽減税率の適用対象か?

軽減 税率 デリバリー

たとえばどこにも出かけない休日のお昼。 「ランチは何にする?」と家族で話しているときによく登場するのが食事の宅配サービスや出前ですよね。 「私、ピザが食べたい!」とか「今日はお寿司にしよう!」とか、そんな話題で盛り上がります。 最近はピザだけではなく、釜飯や丼専門店、お弁当の宅配サービスなども増えており、さて何にしようかとチラシを探すことも楽しいものです。 もちろん、そういった宅配専門のお店に加えて地元のお蕎麦屋さんや中華料理店、お寿司屋さんなどの出前も健闘しています。 そして宅配サービスも出前も軽減税率の対象となります。 ケータリングサービスは軽減税率の対象外 宅配サービスとよく似たサービスにケータリングサービスがあります。 これはご存知の通りシェフが指定された場所に出張して料理を作ってくれるサービス。 ケータリングをホームサービスで利用すればけっこう豪華なパーティになりますが、ではこのサービスは軽減税率の対象になるでしょうか。 その答えはやはり「いいえ」です。 お店で食べるわけではありませんが、プロの料理人が作るできたての料理をその場で食べられるサービスを味わえるという点では外食とまったく同じ。 軽減税率の対象外になります。 宅配サービスと比べて分が悪いテイクアウト この宅配サービスや出前と、お店まで出かけていって持ち帰るテイクアウトとを比べてみましょう。 たとえば雨が降っていたとします。 雨の中お店まで出かけいってテイクアウトして持ち帰るのと、電話一本でわざわざ家まで届けてくれる宅配や出前は同じ軽減税率の対象です。 テイクアウトは混雑時には並ばないといけないこともあるでしょう。 もちろん宅配や出前も混雑時には時間が掛かるかも知れませんが、待っている間、自分の家ならゴロンと横になってテレビを見ることだってできます。 どちらも軽減税率の対象なのに随分、差があるように感じます。 ただ宅配サービスのデメリットを挙げればオフィスでは一人で利用しにくいところ。 たとえ一品から届けてくれるサービスであって一人だけピザやお弁当を届けてもらうのはちょっと気がひけるかも知れませんね。 今後、伸びていく可能性を持つ宅配サービス この宅配サービス、高齢化が進む中で徐々に勢いを増してきました。 軽減税率の対象となることもあってますますは加速していくと思われます。 先日、一部の地域でドローンによる宅配サービスが実用化されたニュースは皆さんもご覧になったことと思います。 もちろん千葉の幕張でビジネス創出のために規制が緩和された特別区域の みの話ですが、近い将来、ベランダからドローンに乗せられた料理が届けられる・・・そんな時が来る可能性は十分にあります。 2016年7月.

次の