納豆 レシチン。 納豆

納豆はなぜ肝臓にいいのか?レシチンのはたらき

納豆 レシチン

脳神経や神経組織を構成します。 レシチンなどのリン脂質が不足すると、細胞膜が正常に働かなくなったり、コレステロールが蓄積することもあります。 またレシチンの働きは水と油を混ぜ合わせる乳化作用、酸化防止作用、保水作用などがあります。 コリンとは ビタミンではないが、ビタミンに似たような働きやビタミンを助ける働きがあります。 体内に入ると細胞膜や神経組織を構成するレシチンの材料になります。 レシチン・コリンの効果 レシチンの効果 アルツハイマー型認知症を予防 アルツハイマー型認知症の原因の1つに脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減ることです。 アセチルコリンはコリントアセチルCoAからできていますが、コリンはレシチンからできています。 材料であるレシチンやコリンが不足すると、神経伝達物質が生成されなくなってしまうため、徐々に記憶力の低下や認知症などを引き起こします。 動脈硬化の予防 動脈硬化の原因はLDLコレステロールが血液中に蓄積したことによっておこりますが、レシチンの性質である乳化作用によって、血液中のコレステロールが溶け、余分なコレステロールが血管壁に溜まるのを防ぎ、血液中のコレステロールの量をコントロールします。 さらにレシチンが多いと、HDLコレステロールが増えるため、LDLコレステロールコレステロールが減ります。 肝臓の機能を高める レシチンは細胞膜を活性化する働きもあるので、肝臓の細胞も活性化させ、肝機能を保護する働きがあります。 脂肪肝は肝臓に脂肪が蓄積された状態なので、レシチンによって脂肪の代謝がアップすると肝臓の機能も高まります。 脂質の代謝を活発 レシチンの構成成分であるコリンは肝臓で行われる脂質の代謝に必要です。 肝臓での脂質が蓄積されるのを防ぐため、脂肪肝などを予防します。 美肌効果 レシチンの乳化作用によってコレステロールが血液中から排泄されるため、血流が良くなり、酸素や栄養素が全身に行き渡るため、肌に必要な栄養素がいき美しい肌が維持できます。 また、レシチンの乳化作用は脂溶性ビタミン 油に溶けやすい性質 である、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの吸収も助けてくれます。 コリンの効果 2 コリンは、脂質代謝を促して体脂肪の分解を助け、コレステロール値を減らす働きがあります 3。 高血圧の予防• 脂肪肝の予防• コレステロールの抑制 レシチン・コリンが多く含まれる食品 レシチンは大豆レシチンと卵黄レシチンの2種類があり、大豆レシチンは大豆や大豆製品、卵黄レシチンは卵黄に多く含まれています。 大豆レシチンの特徴は必須脂肪酸 体内で合成されないので、食品から摂取する必要がある脂肪酸 が多く、コレステロールを含んでいません。 卵黄レシチンは神経系に関与するホスファチジルコリンが多く含まれ、神経伝達にかかわるアセチルコリンの前駆体であるコリンを含んでいます。 コリンは牛、豚、鶏のレバーや卵、大豆、ささげに多く含まれています。 レシチン・コリンの摂取量 4 レシチンの摂取量は食事摂取基準2015では摂取量は決められていません。 大豆レシチンは大豆から抽出しているので、大豆アレルギーの方は摂取を控えます。 食事から大豆レシチンを補う量は問題ありませんが、サプリメントや健康食品から摂取するさいは、表示に記載されている1日当たりの摂取量を守ります。 コリンは脳の発育に必要な栄養素であるため、日本の食事摂取基準では摂取量は決められていませんが、海外では目安量が決められています。 参考文献• 新しい栄養学と食のきほん事典 監修者 井上正子 発行所 株式会社西東社•

次の

納豆の栄養素

納豆 レシチン

成人の約6. 4人にひとりが糖尿病患者もしくは糖尿病予備軍とされる現代日本において、血糖値のコントロールは多くの人々の重大な関心事となっています。 血糖値が急激に上昇するのは食事の後。 ミツカンでは、納豆に食後血糖値の上昇を抑制する効果があり、かつ、納豆のほうが大豆に比べその効果が強い傾向にあることを、研究により確認、発表しました。 食物繊維に食後血糖値の上昇抑制効果があることはすでに報告されており、その中には大豆の食物繊維も含まれています。 しかし、納豆や大豆のかたちで摂取した場合の抑制効果については、これまでに報告例がありませんでした。 納豆のもつ食物繊維に血糖値の上昇抑制効果があれば、納豆にも血糖値の上昇抑制効果が期待できるのではないか、納豆が発酵により大豆にない新たな有効成分を生み出しているのであれば大豆以上のはたらきをもつのではないか、そう考えたところから研究は開始されました。 糖尿病が怖いのは、高血糖の状態が続くことより、合併症を起こすからです。 毛細血管の損傷によって起こる網膜症、腎症、神経障害は、糖尿病の三大合併症といわれています。 なかでも、糖尿病の合併症で網膜症になり、視覚障害になった人は年間3000人にも及びます。 糖尿病になると、医師も患者も血糖値を下げようとします。 これは当然のことですが、そこに落とし穴があるのです。 実は、網膜症は血糖値を急激に下げた場合に起こりやすいのです。 血糖値が急激に下がると、網膜の中の微妙なバランスが崩れ、新しい毛細血管ができてきます。 しかし、この新しい血管を構成する細胞膜のレシチンが不足すると、とても脆い毛細血管になり、また小さな動脈瘤もできやすいのです。 そのため、ちょっとした刺激でも破れて出血を繰り返しやすくなり、網膜症の引きがねにもなりかねません。 しかし、不思議なことに、高血糖の状態が長く続いても、網膜症などまったく血管に合併症の出ない患者もいます。 そういう人は往々にして血中にレシチンが多く、毛細血管の壁を破れないように強力にガードしているのではないか、と考えられているのです。 納豆に多く含まれるレシチンは、糖尿病の合併症を未然に防いでくれる効果があるのです。

次の

レシチン・コリンの効果と摂取量

納豆 レシチン

血栓を予防し血液をさらさらにする効果があります。 血液がさらさらになると、動脈硬化や心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ効果があります。 さらに、免疫力を向上させる効果もあります。 ナットウキナーゼは他の食品からは摂取できないため、納豆のブランドとも言えますね。 高齢になっていくほどポリアミンを作り出す能力が落ちていきますので 納豆などのポリアミン含む食べ物を食べる必要があるのです。 細胞の再生がしっかり行われることで、肌のシミ・そばかすなどを防ぐ効果があります。 また納豆レシチンには排毒作用があり、 ニキビやシミを防いで肌荒れの改善などの効果が期待できます。 さらに納豆菌の働きで、腸はきれいになり便秘もなくなり若々しい体が保てます。 腸内が健康で正常な働きをしていると、消化吸収作用も効率よく行われるため、 老化防止の効果もあります。 大豆に含まれている成分、大豆サポニンには、がん予防や肝機能障害の改善、 老化防止などの効果も期待されています。 またコレステロールや中性脂肪を抑えますので、 血管がさらさらになり血圧を下げてくれます。 また、免疫細胞の白血球やリンパ球を増やす働きもありますので免疫の向上にも効果的です。 納豆菌は、生きたまま腸までたどり着く強い微生物です。 腸に到達した納豆菌は、有害物質をだす悪玉菌を減らしてくれるので、がん予防になります。 腸内環境が良くなると、便通もよくなります。 また納豆には、食物繊維も豊富なので、腸内を綺麗に保つ効果があり、 それにより便秘の予防や便通を良くする効果があるのです。 また、カルシウムは吸収されにくい成分ですが、 納豆には消化のよいたんばく質がたっぷり含まれていて、 それがカルシウムの消化吸収を助けてくれるのです。 骨の健康のため、高齢者に多い骨そしょう症を防ぐ効果があります。 イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする栄養で、 更年期障害や骨粗鬆症の予防などの効果などがあります。 さらに、イソフラボンには老化を防止する効果や コレステロール値の抑制する効果などもあります。 レシチンには、記憶に関係した神経伝達物質の生成を促す作用があり、 記憶力の向上や認知症の予防に効果が有ります。 レシチンは、神経伝達物質の合成に重要な役割をになっていて脳細胞を活性化するので、 頭も良くなります。 タンパク質は肉、魚、乳製品など動物性の食品に多く含まれている栄養ですが、 納豆に含まれているタンパク質は大豆タンパク質ですので 植物性のタンパク質で動物性の食品に比べて脂質をほとんど含みません。 筋トレやダイエットにもおすすめです。 また納豆には、アミノ酸化された、たんぱく質やビタミン群が多く含まれており、 体力強化に役立ち仕事やスポーツ、 勉強の持続力が増します。 また疲労が減少されやすいのです。 さらに納豆に含まれるサポニンは血行をよくする働きがあるので、 疲労を取り除いてくれます。 納豆を食べ過ぎると副作用 食べ過ぎると吐き気を引き起こしたり嘔吐する可能性があります。 これは納豆に含まれるセレンという成分のせいです。 セレンは抗癌作用や細胞の老化を防ぐ効果があると言われている成分です。 しかし、過剰摂取すると下痢や腹痛、吐き気、嘔吐などの様々な副作用を 招く原因になりますので食べ過ぎには注意しましょう。 プリン体が多いので納豆を食べ過ぎると痛風になりやすいです。 納豆1パックのプリン体 の量は約57mgです。 痛風の方のプリン体摂取制限は1日400mgですので、食べ過ぎなければ問題ありません。 実はかなり高カロリーな食材です。 納豆のカロリーは1パックで100kcalもあります。 食べ過ぎに注意しましょう。 一日、1パックくらいがちょうどよいのかもしれませんね。 あとからしも入れます。 簡単でシンプルで美味しいですよね。 納豆にはビタミンB1が含まれているので、 ネギと一緒に食べることで、効率よくビタミンB1を摂取することができます。 キムチは血栓をできにくくする効果があります。 納豆とキムチを一緒に食べることで、血液系の病気を予防する効果がさらに高まります。 しかし卵白との相性が良くないので 卵を混ぜるときは卵黄だけを使うようにしましょう。 出典:.

次の