ドルチェ グスト アイス コーヒー。 ドルチェグスト×薄い|味が薄い理由がついに判明│ドルチェグスト研究会

ドルチェグストでアイスコーヒーは作れる?美味しくできる作り方

ドルチェ グスト アイス コーヒー

アイス専用カプセル ネスレが発売している「アイス専用カプセル」の種類は次の3つです。 ・アイスカプチーノ ・アイスコーヒーブレンド ・アイスバラエティ(アイスカプチーノ、アイスブレンドコーヒー、宇治抹茶) 「アイスバラエティ」は夏にアイスで飲むのがピッタリな 3種類(アイスコーヒー、アイスカプチーノ、宇治抹茶)が楽しめる 夏季限定のカプセルボックスです。 宇治抹茶はホットというイメージですが、アイス宇治抹茶(ノンシュガー)も旨みが凝縮されていておいしいですよ。 3つとも氷を入れるのは同じですが、 「アイスカプチーノ」は水だしコーヒー、他の2つはホットで抽出するという違いがあります。 このアイス専用カプセルを使えば、水だしですぐにアイスメニューが飲めちゃいます。 それでは、実際にアイスカプチーノを作ってみよ~! 「アイスカプチーノ」カプセルの使い方 1.カプセルを用意。 2つ使うよ! ラテメニューなので、白(ミルクのカプセル)と、銀色(コーヒーのカプセル)の2つのカプセルを使います。 アイスカプチーノの場合は「銀色」がコーヒーカプセルでしたが、他のコーヒーメニューは茶色の場合が多いです。 2.氷を用意 氷は必須ではないけれど、キリッと引き締まったアイスコーヒーが飲みたいときは、やっぱり氷を入れるのがオススメ! 3.クリームのカプセルからセットする。 クリームのカプセルを最初に入れます。 間違えないでね! 4.水を入れる。 水だしコーヒーなので、水を入れます。 マシンがピッコロプレミアムの方は、左側にバーを倒しますよ。 間違ってお湯を入れないでね。 ホットになっちゃうよ! 5.コーヒーのカプセルをセットする。 白いカプセル(クリーム)を120ml入れたら、次は銀色のコーヒーカプセルをセット。 また120mlの水を注ぎます。 お湯は入れないでね!!左側にレバーを倒して「水」を入れますよ。 6.出来上がり! はいどーぞ、召し上がれ!! アイスカプチーノの味はどんな感じ? 言葉にすると単純ですが、美味しいです。 一口飲んで、 「アイスカフェラテってこんなに美味しかったっけ?!」と思ってしまいました。 表面にできる泡泡がいいですよね。 ドルチェグストを買う前は、普通にインスタントコーヒーに牛乳と氷を入れて、アイスコーヒーを飲んでいたけれど・・ ドルチェグストでこんなにクリーミーで美味しいアイスカプチーノが飲めるなんて!! 全く想像していませんでした。 もう別世界です!! 是非一度飲んでみませんか? 今なら 「カプセル定期便」の申込で、ドルチェグストの最新マシンが無料でレンタルできる企画が公式サイト限定で実施中です! 通常は15000円するマシンが 無料で借りれるのは公式サイトだけですよ。 <参考>無料レンタル契約の流れ 「定期便でカプセルを買うと最安値だけど、定期的に届くから飲みきれなくて 余っちゃったら困るなぁ」という心配もありますよね。 実際、ネスレの公式ページには、アイスで飲むのに適した商品として、下の4つのカプセルが紹介されています。 というわけで、 ロースト ブレンドでアイスコーヒーを作りました! ホット用のカプセルでアイスコーヒーを作るときの注意点 ホット用のカプセルでアイスメニューを作るときのポイントは2つ。 まずは氷をたくさんいれます。 このくらい。 ローストブレンドの場合、通常だと目盛り3つ分のお湯を入れますが、 氷が解けることを考えて、目盛りを1つ減らして2つ分のお湯をいれます。 できたっ! アイスコーヒーができるまで、たった25秒。 とっても簡単に出来ました。 「ローストブレンド」の特徴は、キリリと引き締まる苦さ。 アイスコーヒーにするとソリッドな旨味も引き立つから、コンビニコーヒーよりもずっと美味しいのに 値段は一杯あたりたった50円。 作ったのは、 アイスカフェオレ。 コップに牛乳と氷を先に入れてから、その後にドルチェグストでコーヒーを注入! とっても美味しいです。 しかも、 アイス専用カプセルは一杯あたり100円ですが、この裏技なら1杯50円で作れちゃいます。 「いいなぁ。 ドルチェグストマシン買っちゃおうかな・・」という方、 前述のとおり、 今なら「マシン無料レンタルカプセルお届け便」の申込で、ドルチェグストマシン本体が無料でレンタル出来ちゃいいます! 一万円近くで購入するよりも、無料レンタルの方が断然お得ですよね。

次の

【レビュー】ドルチェグスト専用カプセル「アイスコーヒーブレンド」を飲んでみた

ドルチェ グスト アイス コーヒー

量は少ないけど、氷を入れるからある程度量が入るコーヒーカップを使おう! 200ml程度入るカップであれば、ちょうど良い感じで抽出されます。 事前に、コーヒーカップには氷を入れておきます。 氷が少ないと、コーヒーを淹れた瞬間解けてなくなってしまうので、目一杯いれます。 カップの量にもよりますが、 7~9個くらいは入れても溢れることはありません。 ドルチェグストのカプセルホルダーにアイスコーヒーブレンドをセットします。 ドルチェグストの目盛りも、3に調整しましょう。 ここで間違えてはいけないのは、ドルチェグストは ホットで抽出しましょう。 アイスメニューだからといって、水で出してはいけません。 必ずお湯で出して下さいね! カプセルをセットしたらロックを下ろし、いざ抽出です! 20秒ほどで出来上がるよ! 淹れたてのアイスコーヒーブレンド 淹れたてのアイスコーヒーブレンドはこんな感じです。 ホットで抽出しますが、氷もたくさん入れていますし、淹れて数十秒すると冷えた美味しいアイスコーヒーになります! アイスコーヒーブレンドを実際に飲んでみた これを飲む前までは紙パックのアイスコーヒーを中心に飲んでいましたが、このカプセルを飲んだ時は別次元の美味しさで感動しました。 一般的にアイスにするとコーヒーの風味は弱くなると思うんですが、これは違います。 ちゃんとコーヒーの風味が口いっぱいに広がります。 酸味は少なめなので、後味がとてもすっきりとしています。 喫茶店で飲むようなアイスコーヒーを手軽に飲む事が出来ますよ。 夏の時期はこれが毎日欠かせません。 クセが無いので、目盛りを2にして牛乳と一緒にいれるとアイスカフェラテとしても楽しめます!.

次の

ドルチェグストは夏でも楽しめる!アイスアレンジレシピ一覧

ドルチェ グスト アイス コーヒー

私はドルチェグストの定期お届け便を利用しているので定期的にドルチェグスト専用カプセルが自宅に届きます。 自宅に届いたダンボールをいつものように開封しようとすると「」のパッケージデザインがリニューアルしていました。 新しくなったパッケージには レギュラーブレンドをアイスコーヒーにしてもおいしいとのこと。 作り方も書いてあるので実際に試してみました。 レギュラーブレンドをアイスコーヒーにしてみた レギュラーブレンドのパッケージには 「レギュラーブレンド アイスメニューの作り方」と書いてあるので、本来ホット専用のレギュラーブレンドをアイスコーヒーにして飲むことにしました。 作り方は 「氷4個(110g)をカップに入れ、目盛り4つ、ホットで抽出する」と書いてあるのでそのまま何のアレンジも加えずに作ってみます。 レギュラーブレンドのアイスコーヒーをさっそく作り終えました。 レギュラーブレンドは酸味のあるコーヒーだからアイスコーヒーにすると酸味が強くなりすぎてまずくなるのではと思いましたが、そうでもないですね。 さっぱりした清涼感があります。 一般的なアイスコーヒーのように苦みは強くなく、ほぼ感じない程度の苦みなので苦すぎるアイスコーヒーが苦手なら飲みやすいと思います。 あと、写真の氷の量だとちょっと少なかったです。 ぬるくはないけどキンキンに冷えないので氷の量を増やして2杯目を作ってみましたが、味わいも対してぼけなかったので気持ち氷多めが良いです。 レギュラーブレンドのアイスコーヒーは普通においしいので試す価値ありです! ローストブレンドもアイスコーヒーにしてみた 最近はカプセルの「」をドルチェグストの定期お届け便で頼んでいないのですが、過去にローストブレンドを頼んだときにアイスコーヒーにして飲んだことがあります。 そのときはローストブレンドのアイスコーヒーは一口飲んだら「うまっ」って感じでした。 ホットで作ったローストブレンドはあまり好みではないのですが、アイスコーヒーのローストブレンドは風味に独特の深煎り豆を感じて非常に相性が良く感じます。 ドルチェグストの数あるコーヒーの中で一番アイスコーヒーに合うと思うのでおすすめです。

次の