横浜fc ジュニアユース セレクション 2020。 「なぜ成績上位ジュニアサッカーチームはいつも同じなのか?」川崎・横浜編

東京都 強豪ジュニアユース(U

横浜fc ジュニアユース セレクション 2020

「なぜ成績上位チームはいつも同じなのか?」 という疑問や質問をよく受けます。 今 回は、チームの戦績を毎年見てきて、ある共通点を見つけたので紹介しよう。 今、チームをお探しの方は、是非参考にしてください。 「成績上位チームの共通点」 1. セレクションを実施しているチームである 下記の6チームは川崎市・横浜市内で唯一セレクションを実施しているクラブチームである。 この5チームはセレクションを行い、能力の高い選手を集めているので、成績が上位にいって当たり前のチームである。 川崎フロンターレU-12、U-10 横浜F・マリノスプライマリー バディーSC SCH FC JFC FUTURO 横浜ジュニオールSC しかし、この6チームでも知名度、立地条件などには違いがあるため、下記のようなことが考えられる。 川崎フロンターレU-12、U-10、横浜F・マリノスプライマリーはJ下部組織のため、知名度はダントツのため、人は集まります。 知名度は、下記の順番になるだろう 1. 川崎フロンターレU-12、U-10 2. 横浜F・マリノスプライマリー 3. バディーSC 4. SCH FC 5. 横浜ジュニオールSC 6. 小学2年生までに子供の育成に特化した環境で、しっかりと練習を行っていれば、基礎技術が身につき、その後のお子様のサッカー人生の糧になり、更なる高みを目指すことが可能になるでしょう。 有名チームで人数が多く集まるチームである 下記のチームはセレクションは行っていないため、誰でも入会できるチームです。 そして、有名なチームのため、とても多くの人が集まるチームでもあります。 FCパーシモン FC中原 中野島FC あざみ野FC セルジオ越後杯の開催、たくさんのプロサッカー選手を出している 横浜深園SC(元日本代表・中村俊輔選手を始め、Jリーガー4名) NPO YSCC(J3チーム) 大豆戸FC 原FC FCカルパ 横浜すみれSC この中でも下記の3チームは練習日数が週1回にも関わらず、毎年優秀な成績をおさめている。 でも、なぜ、週1回の練習しかしていないのに、成績が上位なのでしょうか? そ れは、 『地域性』 にあると考えられます。 有名チームなので、能力の高い選手が集まりやすいが、練習が週1回では、さすがに厳しいでしょう。 では、週1回の練習しかない子供たちはどうしているのでしょうか? それは、 有名なサッカースクールに通い、技術力を向上しているのです。 地域の有名サッカースクールで毎日練習をしている子供が多く、場合によっては、1時間も、2時間も掛けて、都内の有名サッカースクールに通っている子供もいる。 特にジュニア世代はボールに触っている時間の多さと技術力の高さが比例します。 をしなくても、練習を毎日できる環境を与えられている子供たちの技術力は自然と向上します。 基 本技術をしっかり習得している子供たちが集まっているチームであれば、週1回の練習でも十分です。 週1回でもチームメイトと話しをしたり、練習ができれば、試合では個々の技術力の高さで好成績をおさめることができるでしょう。 そして、好成績をおさめられれば、子供たちには自信がつきます。 自身がつけば、もっとサッカーが好きになり、もっと練習するようになるでしょう。 もう1つの共通点は、 3. プロを目指している という意思表示をはっきりしているかどうかである。 ここは、考えているよりはるかに大きな影響を与えるのだ。 まず、「プロを目指している」チームに入る子供は、自分もプロを目指しているという意識がさらに強く芽生える。 そして、チーム活動を通して、サッカークラブの全員が同じ意識なので、1つ1つの練習への取り組み方が自然と変わってくるのだ。 また、親御さんの意識の違いもでる。 両親がプロを目指しているという意識があると、子供へのサポートも手厚くなる。 練習に、試合に連れていく。 どこかで練習がしたい。 土日祝祭日も子供のサッカーを優先してくれる。 ここは子供にとって大きな違いになる。 子供がサッカーが大好きで、サッカーを沢山やりたいと思っていても、両親が休みの日はゆっくりしたいとか、別の事をしたいなどの理由で、やりたくてもできない子供は、少しずつ他の子供と差がひらいて行ってしまうのが現実だ。 しかし、 では、そのように親御さんが忙しい家庭のお子様にも、「いつでも、どこでも、ひとりでも」簡単に、楽しんでサッカーに取り組めるように自主トレーニングコース を提供しています。 ほかの子に差をつけませんか? 詳しくは さて、本題に戻りますが、セレクションを実施していなくても、 有名チームは「ここに入れば、僕も、私もプロになれるかもしれない!」という期待を持つことができるのです。 この期待感を持ってプレーするのと、しないのでは大きな差が出るでしょう。 「の考慮」 あともう1点考慮に入れてほしいことがある。 それは、の有無である。 上記16チーム中、を有するチームは下記の8チームのみである。 これらのチームは関東、神奈川県サッカーリーグの1部、2部リーグに所属している。 そのうち、セレクションを実施している強豪の4チームがなぜ、になると神奈川県サッカーリーグの1部、2部に停滞してしまうのか? それは、 ジュニア世代で上手な選手のほとんどがJ下部組織のに移籍してしまうからである。 の補足情報だが、神奈川県では、毎年前期、後期のリーグが開催され、前年度の順位により、次年度の開始所属リーグが決まる。 例えば、前年度後期のU13の成績が1部リーグ残留なら、次年度のU13は1部リーグからスタートする。 前年度が2部リーグなら、次年度も2部リーグのスタートとなる。 これもジュニアユースを選ぶ上で、重要な1つの要素になる。 川崎フロンターレ 横浜F・マリノス バディーSC SCH FC JFC FUTURO 横浜ジュニオールSC NPO YSCC 大豆戸FC 多くの親御さんは、小学生の低学年の時点でチームを選ぶ時に、ジュニアユースまで考慮して選ぶことは稀だが、実際に、お子様が6年生になった時の中学生での進路に悩む親御さん、お子様が増えるのも実情である。 チームを選ぶ際に、ジュニアユースまで考慮していると、 ジュニアユース選びは比較的簡単に、スムーズにいくケースが多いと考えられる。 以上、今日はここまでにしましょう。 チームを選ぶ上で、参考になれば幸いです。 そして、ジュニアサッカーチームを選ぶ事も大切ですが、 それより大切なことがあります。 それは君が、あなたが、お子様が成長することです。 ただコーンやマーカーをやっていれば、 サッカーが上手になると思っていませんか? 日本の多くのサッカースクールやサッカーチームでは, たくさんの子供が集まっているのにずーっとコーンやマーカーをやっている所が多いのです。 子供が5人、10人と複数人いる時にしかできない練習をするべきなのです。 コーンやマーカーはひとりでもできることです。 ひとりでできる練習はひとりでやればいいのです。 そして、 「いつでも、どこでも、ひとりでも」 できる方法を早稲田ユナイテッド川崎アカデミーの でたくさん紹介しています。 早稲田ユナイテッド川崎アカデミーの1番の目的は、 「自分のイメージ通りに動くカラダにすること」 イメージ通りにカラダを動かせることで、選択肢が増えるのです。 そして 「何かをしながら、次のプレーをイメージしてその通りにプレーする」 ことができるようになるのです。 それが習得できるのが、早稲田ユナイテッド川崎アカデミーのです。 日本ではこれができる子供よりも、 ドリブルがうまい、足が速い、たくさん得点する選手 ばかりがJ下部組織に入り、日本代表になっています。 何かの能力が飛び抜けていれば、考えなくても、 何かをしながら次のプレーをイメージしなくても、 それなりに、出来てしまうのです。 し かし、彼らが子供の頃から、飛び抜けた身体能力だけに頼らずに、 何かをやりながらでも、頭で考えて、イメージしたことを、 表現できるような練習を続けていたとしたら、 今の日本サッカーは変わっていたに違いない。 小学生、中学生、高校生でも、遅くはないのです。 身体の使い方が上手くなったら、 で操作系を磨きましょう! 早稲田ユナイテッド川崎アカデミーで君の、あなたのサッカーを変えるチャンスです。 そして早稲田ユナイテッド川崎アカデミーではサッカーだけでなく、学業も充実して行うことができます。 早稲田ユナイテッド川崎アカデミーは、文武両道アカデミーです。 スポーツだけでなく、学業も、効率よく行えるのが早稲田ユナイテッド川崎アカデミーの大きな魅力です。 早稲田ユナイテッド川崎アカデミーでは、文武両道をご提供するために、下記のクラス、コース、イベントをご用意しています。 : 自主トレーニングコース 1. :ボールの置き所や身体の使い方に拘ります! 3. : 『現役ストライカーが直接指導するストライカースクール』 4. :とにかく英語を「話す」回数が圧倒的に多くなります! 5. :状況判断力の強化と広い視野を養えます! 7. :セレクション合格に必要なことお教えします! 8. :GKゴールキーパートレーニングを一緒に楽しくやりましょう! 是非、ご検討ください。 是非お申し込み・お問い合わせください。 まだ会員でない方も、ご気軽にお問い合わせください。 さらに会員になるとJリーグチームや海外挑戦など可能性が一気に広がります! 【社会人】 ・ ・ ・ ・ ・ 【トップ・大学生】 ・ ・ ・ ・ ・ 【高校生】 ・ 【小・中学生】 ・ ・ ・ 【文武両道】 ・ きみの、親御様のご入会を、心よりお待ちしております。 早稲田ユナイテッド川崎アカデミー.

次の

東京都 強豪ジュニアユース(U

横浜fc ジュニアユース セレクション 2020

横浜F・マリノスでは2020年度、中学校1年生(2019年度、現小学校6年生)を対象としたジュニアユース合同一般セレクションを実施致します。 お手続きにお間違えのないよう、要項を必ずご確認下さい。 皆様のご応募を心よりお待ち申し上げます。 (他の団体の迷惑とならないようくれぐれもご注意下さい) ・日産自動車追浜総合グラウンド クラブハウス付近。 【2次セレクション】 日程 6月20日(木 会場 しんよこフットボールパーク(予定) 受付 公式HPで掲載致します 合否通知 公式HPで掲載致します 参加希望日・希望校について ・横浜F・マリノスジュニアユース加入希望の方も追浜会場で、横浜F・マリノスジュニアユース追浜加入希望の方もしんよこフットボールパーク会場にてご参加いただくことも可能です。 ご都合の良い日をお選び下さい。 ・希望日を優先致しますが、定員に達した場合にお子様のグラウンドまでのアクセス等を参考とさせていただき、しんよこフットボールパーク会場をご希望される方でも追浜会場にてご参加いただく場合がございます。 予めご了承下さい。 ・希望校とは、セレクションに合格した際にどちらでの活動を希望されるのか事前にリサーチするためのものです。 共に希望の場合は両方希望を選択下さい。 任意ではありますが、当クラブスタッフから声をかけた際、進行に影響が出る場合もございますので可能な限りご協力下さい。 なお、FPでのプレー時間確保は保障致しますのでご安心下さい。 GK・FPと同様に、怪我に関する責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 申込み方法 必ず下記2つの手続きを行い、当日受付時にご持参下さい。 捺印が確認されない場合はセレクションに参加できませんので、予めご了承下さい。 注意事項 ・上記のフォームのみの応募となります。 郵送、電話での受付はできませんのでご注意下さい。 ・上記のフォームからのお申込みおよび受験チケットの購入とお支払いのふたつの手続きが必要となります。 どちらかひとつだけでは受付できませんので、くれぐれもご注意下さい。 ・当日はセブン-イレブン、ぴあ店舗で発券した受験チケットをお持ち下さい。 セレクションの受験には本チケットの提示とは別に、参加承諾書を提出いただく必要がございます。 参加承諾書につきましては上記URLよりダウンロードの上、ご記入下さい。 ・お申込みの際のアンケートには正確な情報をご記入いただくよう、お願い致します。 ・受験チケットの購入にはJリーグIDの取得 無料 が必須です。 ・購入手続き完了後、セブン-イレブン、ぴあ店舗で受験チケットを発券下さい。 ・受験チケット1枚の発券につき、108円(税込)の手数料が発生致します。 ・お申込みはおひとり様1日程のみとなります。 複数日程のお申込みはできませんのでご注意下さい。 ・会場には時間に余裕を持ってお越し下さい。 ・手数料は各ご家庭でご負担下さい。 ・如何なる理由におきましても、返金手続きは一切受付できませんので予めご了承下さい。 左記、駐車場の確保は特別に行っておりません。 予めご了承下さい。 当クラブは一切の責任を負いませんのでご注意下さい。 当グランド敷地内はご利用になれません。 当クラブは一切の責任を負いませんのでご注意下さい。 ただし、お子様の所属されるクラブ代表者様には当セレクションに関連する内容の確認等でご連絡させていただく場合もございますので、ご理解下さい。 ご理解・ご協力、お願い申し上げます。 SNS;ソーシャルネットワーク・ビデオ・写真撮影について ・「2020年度加入者対象 横浜F・マリノスジュニアユース/ジュニアユース追浜合同一般セレクション」におきまして、当セレクションに関わる一切の情報をSNSにて、投稿・公開しないことをお約束いただきます。 ご署名にご協力いただけない場合は、参加をご遠慮いただく場合がございますので、予めご了承下さい。 ・当セレクションにおける、撮影等に関しまして、以下をお約束下さい。 予めご了承下さい。 ご理解・ご協力、お願い申し上げます。

次の

神奈川県のユース・ジュニアユース・ジュニア セレクション情報

横浜fc ジュニアユース セレクション 2020

中学校の部活ってどうなの? 中学校における「部活」は中体連(東京都中学校体育連盟)と呼ばれる連盟に属しています。 学校の先生が顧問や監督となることが多いので、 専門的な指導がなされるかという点は正直難しいと思います。 然しながら、中体連でも強豪校はあります。 2020年度高円宮杯U-15サッカーリーグ東京(通称:TリーグU15)では、2部相当であるT2リーグ(東京都でおおよそ120チーム程ある中で上位40チームに入るレベル)に以下チームがエントリーしています。 東海大菅生高等学校中等部(あきる野)• 暁星中学校(千代田区)• 多摩大目黒中学校(目黒区・練習場所はあざみ野)• 修徳中学校(葛飾区) 暁星中学校は2018年度高円宮杯U15全日本サッカー大会において、東京第一代表として関東大会にも出場しています。 高校は最近はぱっとしませんが、一昔前の暁星高校は都内有数の強豪校でした。 ジュニアユースってどうなの? ジュニアユースチームはJリーグの組織や民間企業、NPO法人、地域などが主体となって運営しいるチームです。 実績と経験のある専属の監督・コーチ(いわゆるプロコーチ)がおり、専門的な指導の下でしっかりとした育成と大きな成長が期待できます。 ジュニアユースの分類 ジュニアユースのカテゴリは大きく2つに分かれます。 J下部(Jリーグの下部組織)• 街クラブ いずれのジュニアユースもセレクション(場合によってはスカウトを経て)を受ける必要があるケースがほとんどであり、入るには相応のハードルがあります。 強いジュニアユースってどこなの? 東京都には概ね120程度のジュニアユースチームがあります。 その中でもいわゆる強豪と呼ばれるジュニアユースチームをチェックしていきましょう。 Jリーグの下部組織(通称:J下部) Jリーグの下部組織としてのジュニアユースチームです。 東京都並びに東京都近辺で名だたる小学生が集まってくるため、J下部は当然強いです。 J下部は東京都に4チームあります。 FC東京U-15深川、 FC東京U-15むさしはTリーグU15の上位リーグである「関東リーグ」に所属し続けています。 この2チームはこれまでの実績から東京都ジュニアユースの最上位チームと言って良いでしょう。 東京ヴェルディジュニアユースは2019年度はT1リーグU15に降格してしまいましたが、2020年度は主戦場である関東リーグで戦います。 町田ゼルビアジュニアユースはT1リーグU15が主戦場ですが、下の年代で実績をあげてきているので、近いうちに関東リーグにいくことは間違いなさそうです。 J下部に入るにはどうすればいいの? J下部のジュニアユースチームについては、一般のセレクションから入るのは難しいと考えて下さい。 それぞれJ下部組織の一環として、スペシャルクラススクールや小学生年代のジュニアチームがあるので、 少なくとも小学4年生から5年生に上がるタイミングでスペシャルクラスの スクールやジュニアチームに挑戦しておきたいところです。 スペシャルクラススクールや小学生年代のジュニアチームはいずれもかなり狭き門ですが、 まずはこのスクールやジュニアチームからジュニアユースに進級する昇格選手を決めていくので、これらに入ることがJ下部組織のジュニアユースに入る近道であることには違いありません。 そして、 通常低学年であればあるほど、これらのスクールやジュニアチームは入りやすい傾向にあります (当然、そのレベルに見合った技術等は必要です)。 以下は、ジュニアユースに近道であるスクール・ジュニアチームです。 三菱養和調布ジュニアユースは関東リーグ常連でしたが、ここ数年は東京都1部リーグであるT1リーグが主戦場です。 いずれのチームも専用の人工芝グラウンドがあり、スポンサーもしっかりしていることから活動環境は抜群に良いです。 これらのチームもジュニアチームまたはスクールに入っておくことが近道です。 三菱養和はまずはジュニアチームからジュニアユースへ昇格する選手を決め、次にスクール生限定の内部セレクションを実施し、最後に一般セレクションという順番でジュニアユース選手を決めていきます。 東京武蔵野シティU-15はジュニアチームとスクール生からの内部昇格のみとなり、外部からのセレクションによる採用はない模様です。 その他の強豪街クラブは? その他の街クラブでも関東リーグに所属している強豪チームが2つあります。 他にも強豪街クラブはあります。 T1リーグ常連の以下チームも強豪と言って良いでしょう。 セレクションの時期と練習会 ジュニアユースチームのセレクションは、概ね9月から始まるところが多いので、気になるチームは7月頃からホームページをチェックし、日程を随時チェックしましょう。 練習会 ジュニアユースチームのほとんどが、セレクションの前に練習会を実施しています。 この練習会は必ず参加した方が良いです。 公にはしていないと思いますが、 練習会で内定を出すチームもたくさんあります。 セレクション日が複数ある場合 セレクションが複数ある場合、大抵は1次セレクション、2次セレクションに分かれている場合が多いかと思います。 普通に考えれば1次セレクションが 全て終わってから2次セレクションへ進むと思いがちですが、いい選手は1次セレクションで内定が出ます。 従って1次セレクションに受かって喜んでいたら、その裏で内定を貰っている選手がいることも認識しておきましょう。 ウォーミングアップの後、複数チームを分かれて試合やミニゲームとなります。 テクニックはもちろんのこと、判断力やストロングポイントを見られます。 その他に50m走があると考えおきましょう。 足の速さは非常に重要な要素です。 セレクションで何名位合格するの? ジュニアユースは、スカウト・内部昇格・練習会・セレクションなど様々なルートで合格者が決まりますが、概ね合格人数は以下の通りです。 ジュニアユースの費用 実は費用が一番気になったりしますよね。 ジュニアユースのセレクション費用は無料のチームもありますが、有料の場合でも概ね1,000円から3,000円程度です。 めでたくジュニアユースに入団となると、 初期費用(ユニフォームやジャージ等)で10万円前後かかります。 月謝は1万円から1. 5万円程度が多いです。 その他遠征費や合宿費がありますので、 トータルして年間30万位かかると考えおいた方が良いでしょう。 ジュニアユースの練習時間 平日のうち3日間、土日2日の週5日が多いと思います。 平日は夜練習となるため、21時頃に練習が終わり、帰ってくるのが22時。 そこからお風呂、補食などで寝るのは毎日23時過ぎなんてことも。 従って、やはり1時間以上もかけて練習に通うのは、よほどのチームでない限り現実的ではないのではないでしょうか。 ちなみにJ下部のジュニアユースはここまで遅くないようです。 J下部ジュニアユースでは練習後に体を作るための食事も出ていると思います。 ジュニアユースの合格率 J下部ジュニアユースの場合、何百人と受けるので 合格率は「3%程度」です。 三菱養和や東京武蔵野シティも 「数%程度」だと思います。 一方、その他街クラブの場合、「ジュニアユースを希望するレベルの選手であること」を前提に、概ね 「30% 〜40% 前後」の合格率かと思います。 街クラブの場合は、ジュニア(小学生)チームでレギュラーを張っていた選手のうち、3人程度がジュニアユースチームに合格しているイメージです。 どうやって適正なチームを見つけるか? 選手の実力、通える地域から数チームを候補とし、その中で実際に試合をみて、選手にあったチームを見つけていきましょう。 以下は東京都のジュニアユースチーム一覧です。 特に気になったジュニアユースチームの U13の試合を見ることをおすすめします。 ホームページを見れば公式試合や練習試合の日程が掲載されていることが多いので、そこから情報を得て行きましょう。 試合を見れば選手のレベル感が分かりますし、チームカラーもわかります。 丁寧にビルドアップするチームもあれば、フィジカルとスピードを活かして縦に速いサッカーをするチームもあります。 特性を見極めて候補を絞っていきましょう。 ジュニアユースセレクションナビのまとめ• まずは部活なのか、ジュニアユースチームに行きたいのか決める。 J下部や三菱養和、東京武蔵野シティに行きたい場合は、小学5年生に上がるタイミングまでに、ジュニアチームかスペシャルクラススクールのセレクションを受ける。 その他のジュニアユースに行きたい場合は、1時間以内で通えるチームをピックアップし、実際に試合を見てみる。 希望チームのホームページを7月から随時チェックし、セレクションや練習会の日程を把握する。 練習会には必ず参加する。 複数回のセレクションがある場合、早めのセレクションを受ける。 費用は年間30万円程度。 進路はその後のサッカー人生に大きく影響します。 本記事が悔いのない進路選択の一助になれば幸甚です。

次の