フィニアス と ファーブ 声優。 フィニアスとファーブ/ザ・ムービー

フィニアスとファーブ/ザ・ムービー

フィニアス と ファーブ 声優

世界167ヶ国、35の言語で放送されている「ディズニー・チャンネル」のオリジナルテレビアニメ『フィニアスとファーブ』。 米国では2007年8月から、日本では2008年2月から放送開始し、放送中のシーズン4をもって完結。 そのファイナルエピソード「フィニアスとファーブ/夏休み最後の日」が、13日(後8:30)に日本初放送される。 米テレビ界で最も権威のあるエミー賞の受賞実績もあり、人気のみならずそのクオリティも評価されている。 ほとんどのエピソードでミュージカルシーンがあるのもこのアニメの特徴の一つだ。 最後のアフレコを終えたばかりの、フィニアス・フリン役の声優・、ファーブ・フレッチャー役の、エージェントPと宿敵の関係にある自称悪の科学者、ハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士役のを直撃した。 【宮田】終わった実感は…まだないですね。 彼らの夏休みは終わらないものだと思っていたので、信じられない気持ちです。 来月になればまた台本をいただけるんじゃないかと思っているくらい、実感が湧かないです。 【増田】僕は感慨深いですね、非常に。 7年半前に出演が決まった時、『フィニアスとファーブ』という作品のファーブ役だよ、と言われ、タイトルになるくらいのキャラクターだから頑張ろうと意気込んで台本を読んだら、容赦なくせりふがなくて(笑)。 無口で1、2言しかしゃべらない設定でも、いずれはだんだんしゃべることもあるのかな、と思っていたらきょうまでほとんどせりふがなくて(笑)。 無口を貫けたことがむしろ感慨深いです。 【多田野】僕のキャリアの中では一番大きな役でした。 45歳の時に始まった作品でしたが、50歳を過ぎて初めてファンレターが来るようになったんですよ。 この作品のおかげでファンクラブまでできました。 【宮田&増田】えー!! 本当ですか? 【多田野】本当、本当。 それと、去年(14年)、忘れもしない8月8日。 謎のカモノグルメ評論家として顔出し出演した特別編成『フィニアスとファーブの35時間テレビ カモノグルメ博覧会』が放送された後、「多田野さん」というワードがトレンド入りしたんですよ。 いろんなことを僕に経験させてくれた作品。 収録が終わって感無量というか、放心状態ですね。 これから、何を楽しみにしていったらいいのか…。 定年退職する時ってこんな感じなのかな? 余生をどう生きるか、模索中です(笑)。 【宮田&増田】余生って…(爆笑)、そんなこと言わないでください! 【宮田】でも、多田野さんの気持ちもわかります。 僕も声優でデビューして22年になりますが、目標の一つとしてディズニーのキャラクターを演じてみたいというのがあったので、ディズニー作品のフィニアス役には思い入れがあります。 徐々に人気が出てきた作品でしたし、純粋にこの作品を面白いと思ってもらい、そこから声優にも興味を持ってもらったり、キャラクターを好きになってもらったり、特別な経験をさせてもらいました。 【増田】皆さん、どんどん本国のオリジナルキャストの声に似てきましたよね。 【宮田】それはうれしいな! 【増田】宮田さんは最初からフィニアスみたいな声でしたけど、多田野さんも。 僕の声も…1、2言でしたけど、だんだん寄っていったような気がします(笑)。 【宮田】『トークしまショー』ではサッカー選手のデビッド・ベッカムさん、グラミー歌手のテイラー・スウィフトさんをはじめとするスーパースターたちと共演させてもらいました。 皆さん『フィニアスとファーブ』のことが好きで出て下さっているので、改めてすごい作品だと思います。 日本の独自制作で、渡辺直美さん、COWCOWさん、フェンシングの北京五輪銀メダリスト・太田雄貴選手らと共演した時は、日本での作品の浸透ぶりが実感できてうれしかった。 【増田】アニメのキャラクターがスーパースターを招いてトークショーをするアイデアが斬新でびっくりでしたよね。 『スター・ウォーズ』やマーベル・ヒーローたちともコラボレーションしましたねぇ。 【多田野】『スター・ウォーズ』とのコラボエピソードが、製作順では1〜3作目の『エピソード4・5・6』の物語に沿っていたので、『フィニアスとファーブ』を楽しむために『スター・ウォーズ』を初めて観たという人もいたと聞きましたよ。 それで『スター・ウォーズ』にハマったって(笑)。 『スター・ウォーズ』から紹介料をもらいたいくらいですね、あっ、どっちもディズニーか。 【増田】そこ、突っ込もうと思っていました(笑)。 【宮田】キャラクターデザイン的な魅力もありますし、緻密に構成されたストーリー、センスのいい音楽、小気味良い展開を観て笑っていただけたらと思います。 【増田】いずれのキャラクターも超個性的なので、彼らを観ているだけで面白いと思いますよ。 それと、日本語吹き替え版のアフレコ現場は7年前からきょうまでずっと、キャストのチームワークも良く、皆、同じように高い意識を持ってキャラクターに命を吹き込んできたので、そういうことも含めて作品の良さが多くの方に伝わるといいなと思います。 ディズニーにはヴィランズ(悪役)ファンも多いと思いますが、僕が演じたドゥーフェンシュマーツ博士はおすすめです。 disney. html.

次の

フィニアスとファーブ

フィニアス と ファーブ 声優

世界167ヶ国、35の言語で放送されている「ディズニー・チャンネル」のオリジナルテレビアニメ『フィニアスとファーブ』。 米国では2007年8月から、日本では2008年2月から放送開始し、放送中のシーズン4をもって完結。 そのファイナルエピソード「フィニアスとファーブ/夏休み最後の日」が、13日(後8:30)に日本初放送される。 米テレビ界で最も権威のあるエミー賞の受賞実績もあり、人気のみならずそのクオリティも評価されている。 ほとんどのエピソードでミュージカルシーンがあるのもこのアニメの特徴の一つだ。 最後のアフレコを終えたばかりの、フィニアス・フリン役の声優・、ファーブ・フレッチャー役の、エージェントPと宿敵の関係にある自称悪の科学者、ハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士役のを直撃した。 【宮田】終わった実感は…まだないですね。 彼らの夏休みは終わらないものだと思っていたので、信じられない気持ちです。 来月になればまた台本をいただけるんじゃないかと思っているくらい、実感が湧かないです。 【増田】僕は感慨深いですね、非常に。 7年半前に出演が決まった時、『フィニアスとファーブ』という作品のファーブ役だよ、と言われ、タイトルになるくらいのキャラクターだから頑張ろうと意気込んで台本を読んだら、容赦なくせりふがなくて(笑)。 無口で1、2言しかしゃべらない設定でも、いずれはだんだんしゃべることもあるのかな、と思っていたらきょうまでほとんどせりふがなくて(笑)。 無口を貫けたことがむしろ感慨深いです。 【多田野】僕のキャリアの中では一番大きな役でした。 45歳の時に始まった作品でしたが、50歳を過ぎて初めてファンレターが来るようになったんですよ。 この作品のおかげでファンクラブまでできました。 【宮田&増田】えー!! 本当ですか? 【多田野】本当、本当。 それと、去年(14年)、忘れもしない8月8日。 謎のカモノグルメ評論家として顔出し出演した特別編成『フィニアスとファーブの35時間テレビ カモノグルメ博覧会』が放送された後、「多田野さん」というワードがトレンド入りしたんですよ。 いろんなことを僕に経験させてくれた作品。 収録が終わって感無量というか、放心状態ですね。 これから、何を楽しみにしていったらいいのか…。 定年退職する時ってこんな感じなのかな? 余生をどう生きるか、模索中です(笑)。 【宮田&増田】余生って…(爆笑)、そんなこと言わないでください! 【宮田】でも、多田野さんの気持ちもわかります。 僕も声優でデビューして22年になりますが、目標の一つとしてディズニーのキャラクターを演じてみたいというのがあったので、ディズニー作品のフィニアス役には思い入れがあります。 徐々に人気が出てきた作品でしたし、純粋にこの作品を面白いと思ってもらい、そこから声優にも興味を持ってもらったり、キャラクターを好きになってもらったり、特別な経験をさせてもらいました。 【増田】皆さん、どんどん本国のオリジナルキャストの声に似てきましたよね。 【宮田】それはうれしいな! 【増田】宮田さんは最初からフィニアスみたいな声でしたけど、多田野さんも。 僕の声も…1、2言でしたけど、だんだん寄っていったような気がします(笑)。 【宮田】『トークしまショー』ではサッカー選手のデビッド・ベッカムさん、グラミー歌手のテイラー・スウィフトさんをはじめとするスーパースターたちと共演させてもらいました。 皆さん『フィニアスとファーブ』のことが好きで出て下さっているので、改めてすごい作品だと思います。 日本の独自制作で、渡辺直美さん、COWCOWさん、フェンシングの北京五輪銀メダリスト・太田雄貴選手らと共演した時は、日本での作品の浸透ぶりが実感できてうれしかった。 【増田】アニメのキャラクターがスーパースターを招いてトークショーをするアイデアが斬新でびっくりでしたよね。 『スター・ウォーズ』やマーベル・ヒーローたちともコラボレーションしましたねぇ。 【多田野】『スター・ウォーズ』とのコラボエピソードが、製作順では1〜3作目の『エピソード4・5・6』の物語に沿っていたので、『フィニアスとファーブ』を楽しむために『スター・ウォーズ』を初めて観たという人もいたと聞きましたよ。 それで『スター・ウォーズ』にハマったって(笑)。 『スター・ウォーズ』から紹介料をもらいたいくらいですね、あっ、どっちもディズニーか。 【増田】そこ、突っ込もうと思っていました(笑)。 【宮田】キャラクターデザイン的な魅力もありますし、緻密に構成されたストーリー、センスのいい音楽、小気味良い展開を観て笑っていただけたらと思います。 【増田】いずれのキャラクターも超個性的なので、彼らを観ているだけで面白いと思いますよ。 それと、日本語吹き替え版のアフレコ現場は7年前からきょうまでずっと、キャストのチームワークも良く、皆、同じように高い意識を持ってキャラクターに命を吹き込んできたので、そういうことも含めて作品の良さが多くの方に伝わるといいなと思います。 ディズニーにはヴィランズ(悪役)ファンも多いと思いますが、僕が演じたドゥーフェンシュマーツ博士はおすすめです。 disney. html.

次の

マイロ・マーフィーの法則

フィニアス と ファーブ 声優

ディズニー・チャンネルの人気アニメーションシリーズ「フィニアスとファーブ」が6月13日の放送でいよいよファイナルエピソードを迎えます(リピート放送は継続予定)。 今回、ウレぴあ総研では、最終エピソードの収録を終えたばかりの日本語版声優の皆さんにインタビューを行いました。 フィニアス役 宮田幸季さん ファーブ役 増田裕生さん ドゥーフェンシュマーツ博士役 多田野曜平さん 現場でも仲が良いというフィニアスとファーブ吹き替えチームの皆さん。 インタビューというより、ファン同士の楽しい会話といった印象でした。 フィニアスとファーブ製作の舞台裏、7年半にわたる収録の思い出に迫ったインタビューの模様をたっぷりお伝えします。 最終エピソードを迎えての心境 宮田:まだ実感がわいていないのが正直なところ 宮田さん:数時間前に最終話の収録を終えたばかりですが、まだ実感がわいていないのが正直なところです。 本当にこれで終わってしまったのならば、あと数か月後にじわじわと実感がわいてくるのかなと思うんですけれど。 今の段階ではまだ来月辺りに収録がしれっと入るんじゃないかなという感覚で、終わるっていうイメージがないんですよね。 それこそ最終話は昔を振り返ったりだとかそういったエピソードも入っていたんですけれど、フィニファに関しては何でもありなので、これは実は「終わらせネーター」でそれでしれっと復活しちゃうんじゃないの、という淡い期待もあったりします。 今は信じたくないというのが強いんだと思います。 増田さん:実感はわかないですよね、全然。 フィニアスとファーブというのもまだ世の中にぐるぐる回っているので。 いまだにファンの方からご当地ペリーが日本各地から送られてきますし。 (宮田さん:僕も今携帯につけているのは富士山ペリーです) 収録自体も毎週確実にあった現場ではなく、けっこう間が空いたりしていたので、今日終わってもまた次が始まるような心境でもあるし。 最終シーンのことを思い浮かべるとちょっと寂しい感じもあるんですけれど、いやいやそんな馬鹿な、と思っているところが6,7割ですね。 多田野さん:僕が演じた中でドゥーフェンシュマーツ博士が思い入れの深い役なので。 何せこの役をやったおかげでディズニー・チャンネルに顔出しで出演したり、ファンレターが来るようになったり、ファンクラブまでできましたので、本当に今は定年退職を迎えたおじさんのような感じで、第二の心境をどう送ろうかという心境です。 全てやり切りました。 最終回はちょっと力が入りすぎているかもしれません。 あぁ悲しい。 フィニアスとファーブの人気 増田:某有名アニメのキャラに「勝ったぜ! 」 と 増田さん:この作品をやって、子供ミュージカルに出たときに、某有名子供アニメのキャラクターをやっている声優さんがいたんですけれど、そっちよりもファーブの方に子供たちがみんなきて、勝ったぜ! となりました。 多田野さん:一時期地上波にかかったとき(テレビ東京系『ディズニータイム』にて2010年〜2012年の間放送されていた)、えらく喜んだよ。 日本のアニメに対抗したい気持ちがどこかにあって、地上波いったじゃん! といった喜びがあったね。 これでもうちょっと知名度広がるかなっていうね。 増田さん:確かにあの時ですよ、すごい広まったの。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の