ジョンソン 首相。 ボリス・ジョンソン英新首相はどんな人?経歴、性格、政治志向、家族、恋人

ジョンソン英首相容体悪化!死去志村けんさんと同じ?今現在の顔画像は痩せた?|消えた有名人今現在の画像管理システム

ジョンソン 首相

来歴 [ ] 生い立ち [ ] ()(、議員)と最初の妻シャーロット・フォーセットの長男としてで生まれた。 のちに家族とともにイギリスに戻った。 、を卒業。 専攻は(と)。 大学ではに所属。 末期の内務大臣だった ()の子孫である(父方の祖父であるオスマンは、中にイギリス国籍を取得、自らの母親の旧姓であるジョンソンを姓に定めた)。 父方の先祖にはイギリス王がいる。 ジョージ2世の玄孫である王子が女優である愛人との間にもうけた庶出の娘が、ジョンソンの高祖母にあたる(ド・プフェッフェル de Pfeffel は高祖母の嫁いだ男爵家の家名である)。 ただし庶子を通じての血筋を引くに過ぎないため、は認められない。 母方の先祖には、ユダヤ系で、でとなった ()がいる。 彼は多国籍にわたる先祖(、徒、からなる)についてふれ、自らを『るつぼからなる人間』(one-man melting pot)と称している。 同年にするが、退屈のあまり1週間で 、家族のコネで系紙『』で働き始めるが、の宮殿を巡る関係の記事で学者の発言をでっち上げたため、すぐされている。 続いてやはり保守系紙の『』記者となり 、1989年から1994年まで同紙のEC特派員となった。 ブリュッセルに駐在していたジョンソンは反EC色の強い記事を書き続け、特に欧州統合の強力な推進者であったを厳しく批判、ECの首都たるブリュッセルの地にあって、数少ないのジャーナリストとして知られるようになっていった が、当時の彼を知る記者たちの多くは、彼の記事はECの信用を傷つけるために虚偽の事実や誇張を交えていたと批判的に振り返っている。 こうした記事によって、彼は欧州懐疑派の代表的な人物として知られるようになる。 また以前はによって主張されることが多かった欧州懐疑主義を、にとって魅力的なものに変貌させるのに大きく貢献した。 その影響は現実政治の世界にも及び、1990年代前半のの出現に一役買ったとされている上 、保守党内における親欧州派、懐疑派の軋轢を刺激することにもつながったという。 首相としては欧州と距離を置きがちであったもジョンソンの記事の愛読者であったとされるが、の締結に尽力するなど欧州との関係修復に尽力した後任首相のにとっては、ジョンソンは煙たい存在であり、当時のではジョンソンの記事に対応する特別チームが設けられるほどであった。 1997年総選挙における保守党大敗、転落の大きな原因の一つは党内における欧州懐疑派の台頭に伴う混乱とされているが 、ジョンソンの記事はそうした混乱の一因とみなされたため、その後しばらく保守党の政治家たちの不興を買うことになった。 1993年にアレグラと離婚、同年幼馴染のマリーナ・ホイーラーと結婚し、4子をもうけた。 1994年にロンドンに戻ると政治コラムニストとなり、ユニークなスタイルで評価を得る一方、、への差別的な記事や支配を賞賛する記事で物議を醸した。 『 ()』誌の政治コラムニストを経て、1999年から同誌の編集者となり、政界入り後、2005年にの高等教育大臣に任命されるまで務めた。 庶民院議員 [ ] 2001年からはを2期務めた。 2004年にはタブロイド紙によって、2000年以来『スペクテイター』の記者と恋愛関係にあり、2度妊娠(1度は流産、1度は中絶) させていたことを暴露された。 ジョンソンは当初否定していたが、事実と判明した後、党の役職を解かれた。 ロンドン市長 [ ] 2008年5月にに就任した。 市長就任後、ジョンソンは『デイリー・テレグラフ』紙においてウィークリー・コラムを再開することを発表した。 『』紙は、彼がコラム執筆を年俸25万で同意したと報じている(年俸のうち2万5千ポンドずつ、ジャーナリズムを学ぶ学生の奨学金、古典学を学ぶ学生の奨学金に寄付している)。 同年8月のでのの閉会式でを引き継ぎ 、の準備を行った。 に、芸術コンサルタントのヘレン・マッキンタイアとの間に女児をもうけていたことが後に暴露された。 2012年5月3日に投票が行われたロンドン市長選挙においてケン・リヴィングストンを破り、再選を果たした。 2期目在任中の2015年5月7日、再び庶民院議員に当選した。 市長は2016年5月9日まで務めた。 2014年11月に、「イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドは同じ国家元首を共有している」としてこれらの国とのようなものを結ぶ構想(俗に ()、 ()と呼ばれるもの)を提唱して物議を醸した。 EU離脱を主導 [ ] 議員としても、かねてから「(EU)の規制で経済的関係が強いとのが結べない」と発言 するなどに批判的な言動で注目を浴びており、2016年6月23日に実施されるにおいてどのような立場に立つか、注目を集めていたが、2月21日に「ずいぶん頭を悩ませたが、他の余地はない」として離脱を支持することを表明、以後は(Brexit)推進派で離脱の旗振り役として積極的に活動した。 のが英国のEU残留を求めた際には、「オバマには人の血が入っており、反英感情がある」と発言、人種差別的であるとして物議を醸した。 外務・英連邦大臣 [ ] その国民投票にて離脱派が勝利したことによって、が首相及び保守党党首を辞任することを発表した際にはポスト・キャメロンに期待されたが、ジョンソンはには名乗りを挙げなかった。 その後、保守党党首に選出されたが新首相に任命されて、新内閣()を組閣するに当たり、ジョンソンがに起用された。 ジョンソンの外務・英連邦大臣就任を中に知らされたアメリカのマーク・トナー報道官は失笑した。 初の対外公務となったでのレセプションでは招待客からブーイングで迎えられ、さらにフランスのからは「嘘つき」だと名指しで批判された。 、メイ首相の穏健なEU離脱方針に反発したためを辞任した()。 後任には、が就いた。 保守党党首及び首相就任 [ ] 2019年6月7日にテリーザ・メイが党首辞任を表明したことを受けたに出馬し、5回の議員投票では一貫して1位を保ち、ジェレミー・ハント外相との決選投票に進出。 党員投票の結果、9万2153票を獲得し、4万6656票のハントを下し、7月23日に新党首に選出された。 翌7月24日、で女王に謁見し組閣の大命(首相の任命)を受け、正式にとなった。 の首相官邸前で就任演説を行ったジョンソンは、「この国をもっと良くしたい」と宣言した。 また、10月31日に欧州連合(EU)離脱を実現する予定については、「『たられば』はなしだ」と強調し、「決定権は私にある」と表明した。 その上で、期日までのブレグジット(イギリスのEU離脱)について「疑う人、悲観的な人、悲しみに暮れている人」は間違っていると述べた。 ジョンソン内閣 [ ] の後継政権として成立したの主要ポストにはブレグジット(イギリスのEU離脱)強硬派を置く新内閣を発表し、7月25日朝に初閣議を開いた。 いっぽうでこの組閣に際して、11名もの閣僚を解任し、他の6名の辞任を受けた。 ジョンソンの同盟者であるナイジェル・エヴァンスは「夏の大虐殺に値するほどの改造ではない」とした。 親中内閣 [ ] 香港Phoenix TVとのインタビューで、ジョンソン内閣は非常に「親中内閣」になると述べた。 ジョンソンは中国の国家主席のインフラの投資努力、への「熱狂的な支持」を表明し、英国を中国の投資のため「ヨーロッパでもっとも開かれた経済」を維持することを約束した。 議会閉鎖処置 [ ] 2019年8月28日、ジョンソンは9月12日から10月13日までのあいだ(14日に再開)英国議会を閉鎖する要請をエリザベス女王に提出し、承認された。 これにより新法可決もしくは不信任投票を行うことで強硬離脱防止を狙う反対派は議論の時間がより制限されたものとなった。 庶民院議長のはこの決定を「憲法違反」だと述べ、強く非難した。 また労働党党首のは、「議会を中断することは容認できず、それは不可能だ。 首相がやっていることは、民主主義を強引につかんで合意なしへと引きずり込むことだ」と述べた。 ウェストミンスターに集まったデモ隊は反離脱のプラカードとEU旗を携え、「クーデターは止めろ!」と連呼した。 彼らは、内閣初の重要な投票でジョンソンを敗北させ、政府だけが新しい法律を提案できるとする庶民院の規定を無効とした。 また、野党とともにEU離脱期限(デッドライン)を既定の10月31日から2020年1月31日まで延期するよう求めるとした。 21名もの追放処分は前例のない処置とされ、その動機に関してエリザベス女王を誤解させたことも併せてメディアに非難された。 ジョンソンの強行路線は逆に反対派の抵抗を強める結果となった。 9月24日、英国最高裁はさきのスコットランド高裁での判決同様、議会閉鎖は「違憲」で「無効」である旨の判決を下し、議長ジョン・バーコウは25日の議会再開を宣言した。 これにより強行離脱も辞さないとしたジョンソンの目する10月末までの離脱はより見通しづらい状況となった。 しかし12月ので保守党は圧勝し、2020年1月31日をもってイギリスはEUからの離脱を果たした。 「」も参照 新型コロナウイルスの流行への対応 [ ] のにかかる危機が、首相に就任して一年足らずのジョンソン首相にのしかかることとなった。 当初、イギリスは集団免疫の獲得を目的とした独自の対応策を採用していたが、最終的に数十万人が死亡する予測だったことから批判を浴び、方針転換を余儀なくされた。 2020年3月27日、新型コロナウイルス感染症の検査を行ったところ、陽性反応であったことを明かした。 その後は自宅に自主隔離を行い 、会議にはテレビを通じて参加。 高熱などの症状が続き、4月5日には念のため検査入院したが 、翌6日に、意識はあるものの容態が悪化し、人工呼吸器が必要になった場合に備えて集中治療室に入った。 その後持ち直し、9日夕方に集中治療室から出て一般病棟に移った。 12日、退院した。 27日、公務に復帰した。 人物 [ ]• イギリスにおいてもっとも人気のある政治家の一人である。 通常イギリスのにおいて政治家は姓で呼ばれるが、ジョンソンのみは親しみを込めて「ボリス」のファーストネームのみが用いられる。 ロンドン市長選挙時にの ()はジョンソンの親しみやすさが彼への好感度につながるのを危惧し、自分の陣営の選挙スタッフがジョンソンについて「ボリス」と言ったらを払うとしていた。 ジョウェル自身はこれを否定している。 の調査では回答者の約半数がジョンソンの発言を信用しているという。 ジョンソンはしばしば政治風刺の的にされている。 隔週で発行される時事雑誌『 ()』はジョンソンを4回表紙に選んでいる。 2016年3月下旬のによれば、ジョンソンはポスト・の保守党の次期党首の筆頭候補であった。 ORBの調査では回答者の約4割がジョンソンが保守党の次期党首になることを望んでいる。 YouGovの調査でも約4割がジョンソンの党首就任を支持しており、(22パーセント)やその他の議員を大きく引き離していた。 一方でジョンソンは、差別()、的なコメントを繰り返してきた。 これはのにおいて、コメディアンのエルドアン批判スキャットを差し止める法的決定が下されたことに抗議して雑誌が主催したもので、ジョンソンは優勝し1000ポンドを手に入れた。 ジョンソンは好きで知られ、自ら通勤している。 数回自転車盗難にあっており、『イズリントン中におとりの自転車を配置し、窃盗犯にはを送り込んでほしい』と希望を表明している。 2010年7月、をモデルとした自転車共有システムをロンドンに導入した。 の新聞紙は「ボリス・ジョンソンはしばしばと比較される。 また、からそれほど遠くない」と評している。 タイの元首相とは、イートン校時代の同窓である。 二重国籍 [ ]• にアメリカので出生してからイギリス外相に就任したまでの52年間、この間に下院議員に3回、ロンドン市長に2回、それぞれ当選し、また、を主張するブレグジット・キャンペーンのリーダーでもあったが、その間、ずっととのであった。 になり、により、2016年にアメリカ国籍を離脱した人物のリストに掲載されたことから、アメリカ国籍の離脱が明らかになったが、このリストは、あくまでも「離脱した」という事実を事後的に明らかにするだけのものであるため、イギリス外相に就任した時点で、まだ二重国籍だったのか、既にアメリカ国籍を離脱していたのか、については、明らかになっていない。 コカイン・大麻使用歴 [ ]• 2007年、誌上のインタビューの中で、ジョンソンはとの使用歴を認めている。 インタビューによれば、大学在学中にコカインを試したものの「くしゃみ」をしてしまい、なんの効果もあらわれなかったという。 大麻は大学入学前に試し、とても「楽しく素敵だった」が、子供たちにはドラッグは試させたくはないと述べている。 2008年、誌とのインタビューにおいて、再びジョンソンはコカイン摂取を尋ねられ、以下のように答えた。 「まあ、それはわたしが19歳のときでした。 時には何も言わない方が良いでしょう。 わたしは完全に薬物に反対します。 子供に薬を飲ませたくはありません」。 2005年、BBC関連の番組に出演したジョンソンは「実際、わたしは粉砂糖をやっていたのかもしれない」とも語っている。 家族 [ ]• 妹のレイチェルはジャーナリスト、長弟 ()は国会議員、次弟レオは起業家である。 ジョーは何度か閣僚の経験があり、2019年発足のジョンソン政権では大学・科学担当の閣外相を務めていたが、兄ボリスのEU離脱強行の姿勢に反発し辞任している。 幼少時代から家族ぐるみの付き合いがあったマリナ・ホイーラー(。 父は特派員チャールズ・ホイーラー)と、1993年に再婚し4子がある。 2018年9月、マリナとの離婚が報じられた。 離婚後、ジョンソンはキャリー・シモンズ(『』紙の共同創業者、マシュー・シモンズの娘)と交際していたが 、2020年2月29日に婚約を発表。 シモンズが妊娠中であることも明らかにした。 2016年3月下旬のによれば、ジョンソンはポスト・の保守党の次期党首の筆頭候補であった。 ORBの調査では回答者の約4割がジョンソンが保守党の次期党首になることを望んでいる。 YouGovの調査でも約4割がジョンソンの党首就任を支持しており、(22パーセント)やその他の議員を大きく引き離していた。 2020年4月29日朝、婚約者 キャリー・シモンズが 2人にとって第1子となる男の子を出産した。 著作(日本語訳) [ ]• 『世界同時中継! 朝まで生テロリスト?』 訳、ミステリー、2006年10月。 スラプスティック作品• 『チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力』 ・訳、、2016年4月 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• "Boris Johnson". Who Do You Think You Are?. BBC. Boris Johnson. 2008年5月8日閲覧。 ニューズウィーク日本版• The Daily Mail. 2010年6月12日. 2010年9月27日閲覧。 Will Woodward, chief political correspondent 2007年7月17日. London: Guardian. 2010年7月7日閲覧。 , p. 46; , pp. 94—95; , pp. 87—88. , pp. 100—102; , pp. 90—96. , pp. 115—116. , pp. 121, 126; , pp. 98—99, 100—101. , p. 102. , p. 115. , pp. 118, 124. James Landale,BBC,2016年7月15日• 菊川智文、British Politics Today第3巻9号 2014年9月1日• , p. 124. SIMON WALTERS 2016年5月15日. London: Mail online. 2017年2月7日閲覧。 , p. 47; , pp. 265—267; , pp. 222—223. Stephen Brook, press correspondent 2008年5月15日. London: The Guardian. 2010年7月7日閲覧。 Stephen Brook, press correspondent 2008年8月28日. London: The Guardian. 2019年6月4日閲覧。 The Daily Telegraph London. 2013年5月21日. 2016年3月6日閲覧。 時事ドットコム、2012年5月5日閲覧• 2014年11月4日. 2019年6月22日閲覧。 2016年6月17日. 2016年6月26日閲覧。 2013年10月18日. 2016年6月26日閲覧。 2012年2月21日. 2012年2月21日閲覧。 Stone, Jon 2016年4月22日. London. の2016年4月24日時点におけるアーカイブ。 2016年6月30日閲覧。 2016年7月1日. 2016年7月14日閲覧。 2016年7月14日. 2016年7月14日閲覧。 RT, 13 Jul 2016• 2018年7月10日閲覧。 AFPBB News. 2019年6月21日. 2019年6月21日閲覧。 BBC News. 2019年7月23日. 2019年7月23日閲覧。 BBC News. 2019年7月25日. 2019年7月26日閲覧。 BBC News. 2019年7月25日. 2019年7月26日閲覧。 2019年7月25日. 2019年8月29日閲覧。 Kate Devlin, Steven Swinford, Deputy Political Editor Matt Chorley 2019年7月25日. The Times. 2019年8月29日閲覧。 news. yahoo. com. 2019年8月30日閲覧。 2019年8月28日. 2019年8月29日閲覧。 Vanity Fair. 2019年9月13日閲覧。 Newsweek日本版 2019年9月6日. 2019年9月12日閲覧。 2019年9月13日閲覧。 Sky News. 2019年9月12日閲覧。 The Independent 2019年9月11日. 2019年9月12日閲覧。 2019年9月13日閲覧。 Bloomberg. com. 2019年9月25日閲覧。 BBC News. 2020年2月1日. 2020年4月7日閲覧。 Stewart, Heather; Walker, Peter 2020年3月20日. The Guardian. 2020年3月20日閲覧。 BBC News. 2020年3月23日. 2020年4月7日閲覧。 BBC News. 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 BBC News. 2020年3月27日. 2020年4月7日閲覧。 BBC News. 2020年4月6日. 2020年4月7日閲覧。 BBC News. 2020年4月7日. 2020年4月7日閲覧。 BBC News. 朝日新聞デジタル. 2020年4月7日. 2020年4月7日閲覧。 AFPB News 2020年4月13日. 2020年4月13日閲覧。 AFPB News 2020年4月13日. 2020年4月13日閲覧。 サンスポ 2020年4月27日. 2020年4月27日閲覧。 Philip Hensher , The Independent, 7 April 2008. Retrieved on 15 April 2008. Bennett, The Daily Telegraph, 22 Feb 2016• Hughes, The Daily Telegraph, 31 Mar 2016• BBC News Website London. 2010年7月30日. 2010年9月17日閲覧。 2019年8月29日閲覧。 www. youtube. com. 2020年6月2日閲覧。 British GQ. 2019年8月29日閲覧。 HuffPost UK 2019年6月14日. 2019年8月29日閲覧。 AFPBB News. 2019年9月6日. 2019年9月6日閲覧。 Gimson, Andrew 2006 [2007]. Boris: The Rise of Boris Johnson. 11-12, 26-27, 71, 118, 119, 254. Wheeler, Brian 2008年5月4日. BBC News. 2008年5月13日閲覧。 ITV Report, at itv. com dated 22 June 2019. Retrieved 24 June 2019• CNN. 2020年3月1日. 2020年3月1日閲覧。 参考文献 [ ] Crines, Andrew S. 2013. Public Policy and Administration Research 3 9 : 1—7. Edwards, Giles; Isaby, Jonathan 2008. Boris v. Ken: How Boris Johnson Won London. London: Politico's. Gimson, Andrew 2012. second ed. Arcadia Books. Johnson, Stanley 2009. Stanley I Presume. London: Fourth Estate. Purnell, Sonia 2011. Just Boris: Boris Johnson: The Irresistible Rise of a Political Celebrity. London: Aurum Press Ltd. Ruddock, Andy 2006. Social Semiotics 16 2 : 263—282. Yates, Candida 2010. Rising East Essays 2 1. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ロンドン市公式サイト• 先代: () 選出議員 2001年 - 2008年 次代: () 先代: () () 選出庶民院議員 2015年 - 現職 公職 先代: 第77代:2019年7月 - 現職 2019年 - 2019年 - 先代: 2016年 - 2018年 次代: 先代: 第2代:2008年 - 2016年 次代: 党職 先代: 第28代:2019年7月 - 現職 メディア 先代: () 『』誌編集者 1999年 - 2005年 次代: ()• 1782-1783• 1782-1783• 1783• 1783• 1783-1791• 1791-1801• 1801-1804• () 1804-1805• 1805-1806• 1806• 1806-1807• 1807-1809• 1809• 1809-1812• 1812-1822• 1822-1827• () 1827-1828• 1828-1830• 1830-1834• 1834-1835• 1835-1841• 1841-1846• 1846-1851• 1851-1852• 1852• 1852-1853• 1853-1858• 1858-1859• 1859-1865• 1865-1866• 1866-1868• 1868-1870• 1870-1874• 1874-1878• 1878-1880• 1880-1885• 1885-1886• 1886• 1886-1887• 1887-1892• 1892-1894• 1894-1895• 1895-1900• 1900-1905• 1905-1916• 1916-1919• 1919-1924• 1924• 1924-1929• 1929-1931• 1931• 1931-1935• () 1935• 1935-1938• 1938-1940• 1940-1945• 1945-1951• () 1951• 1951-1955• 1955• () 1955-1960• 1960-1963• 1963-1964• () 1964-1965• () 1965-1966• () 1966-1968• () 1968.

次の

ジョンソン英首相、30日にインフラ計画発表 経済再活性化へ(ロイター)

ジョンソン 首相

ロンドン(CNN) 新型コロナウイルス感染で入院していたジョンソン英首相(55)が12日に退院し、ツイッターに動画を投稿した。 ジョンソン氏はこの中で病院スタッフ一人ひとりの名前を挙げ、感謝の意を表した。 特にニュージーランド出身とポルトガル出身の看護師2人は、生死の瀬戸際にあった48時間ずっと付き添ってくれたと述べ、病院で命を救われたことは「間違いない」と強調。 「言葉にできないほどの恩」を受けたと語った。 首相府の報道担当者によると、ジョンソン氏は医療チームの助言に従ってすぐには公務に復帰せず、ロンドン郊外の公式別荘、チェッカーズで療養を続ける。 ジョンソン氏の婚約者キャリー・シモンズさんも同日ツイッターを通し、病院の素晴らしい対応に恩返しと感謝の気持ちが尽きることはないだろうと述べた。 また、同じような状況にある人々に心から同情すると書き込んだ。 英国ではこれまでに8万4000人以上の新型ウイルス感染が確認され、1万612人の死者が出ている。 米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は、英国の死者が8月初めまでに欧州で最多の6万6314人に達するとの試算結果を示している。 国内でこれに反論する専門家もいるが、英医学研究支援団体ウェルカム・トラストのジェレミー・ファーラー代表は12日のインタビューで、英国が「欧州最悪ではないにせよ、特に被害甚大な国の一つとなる可能性は高い」と指摘。 近いうちに新たな感染者や入院を必要とする患者の数が減少に転じることを願っていると述べた。

次の

【画像】ジョンソン首相の婚約者が美人すぎる!年の差婚で馴れ初めは?

ジョンソン 首相

声明の全文は以下の通り。 多くの人にとって驚くべき希望の瞬間、決して実現しないだろうと考えていた瞬間だ。 もちろん不安や喪失感を覚えている人は大勢いる。 政治的な争いが終わらないのではないかと心配し始めた人々も当然いる。 おそらく最も多いだろう。 全ての人の思いを理解している。 政府としての私たちの仕事、そして私の役目は、今この国をひとつにまとめて前に進めることだ。 今夜伝えるべき最も重要な点は、これは終わりではなく始まりだということだ。 夜が明け、私たちの偉大な国家的ドラマの新たな幕が上がる瞬間だ。 取り戻した主権という新たな力を、国民が支持した変革を実現するために行使していくことでもある。 移民の管理、自由港の創設、漁業の解放や自由貿易交渉によって。 もしくは単純にこの国の人々の利益になる自分たちの法律やルールをつくることによって。 私は当然、それが正しく健全で民主的なことだと考えている。 なぜならEUには強みや称賛される性質はあるが、50年余りにわたる進化の過程で、我が国にそぐわない方向に発展してきたからだ。 それはみなさん国民が投票を通じて、1度ではなく2度示した判断だ。 この瞬間はそれよりはるかに重大だ。 単なる法的な離脱の話ではない。 国家の真の再生と変革の瞬間となりえる。 これは新たな時代の夜明けだ。 あなたや家族の人生の可能性が、どの地方で育ったかに左右されることは受け入れない。 私たちが本当に団結し、レベルアップしていく瞬間だ。 犯罪の撲滅、NHS(国民医療制度)、より良い教育、卓越した技術、そしてビクトリア朝以来で最大のインフラ再生とともに、英国のあらゆる場所に希望と機会を広げていく。 もし正しくできれば、国内だけでなく外国でも私たちは自信を毎月つけていけると信じている。 外交、気候変動との闘い、人権や女性の教育向上の運動において、私たちは何十年も使ってこなかった力を再発見できるだろう。 独立した思考と行動の力だ。 EUの友人が行ってきたことをおとしめたいからではない。 もちろん違う。 EUと意欲的な英国との間の、友好的な協力関係の新時代の始まりにしたい。 英国は欧州の偉大なひとつの力であり、同時に視野と野望に関しては真にグローバルだ。 この国のとてつもない資産、科学者、技術者、世界に冠たる大学、軍事力を考えたとき。 解き放たれるのを待っているこの国の可能性に思いをはせたとき。 私たちはこの可能性を素晴らしい成功に変えていけると私は確信する。 この先の道にどんな障害があっても成功するだろう。 私たちは国民の皆さんに従ってきた。 私たちは自治の手段を取り戻した。 今こそ、この素晴らしい国の全ての可能性を解き放ち、私たち連合王国のあらゆる場所のあらゆる人々の生活をよりよくするために、それらの手段を使う時だ。

次の