成田 ツアー。 成田空港周辺 観光 ちょっとバス旅 定期観光バス「ウエルカム成田セレクトバスツアー」

2020年 成田レインボーツアーへ行く前に!見どころをチェック

成田 ツアー

沖縄本島への旅行日数のおすすめは? 那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。 また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。 その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。 沖縄離島への旅行日数のおすすめは? 沖縄本島から台湾の間に連なる沖縄の離島。 離島それぞれに、豊かな自然と独自の伝統文化が受け継がれており、本島とはまた違った魅力に溢れています。 離島への旅行は、飛行機で行くことができる、久米島・宮古島・石垣島がメイン。 羽田空港からは宮古島と石垣島へ直行便も出ていますが、便数が少ないので予約がとりづらいことも。 多くの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継ぎ、各離島を目指します。 そのため、各離島での滞在時間を考えると最適でも3日間は必要です。 八重山諸島の玄関口として人気の石垣島の場合は、竹富島、小浜島、西表島などの離島観光も加えると4日間は必要でしょう。 年間で最も旅行代金が安くなる時期は、GW期間を除く4~5月、年末年始を除く12~1月となり、2万円台後半から3万円台前半で行くことができることもあります。 この時期は、繁忙期には高くて泊まれないようなリゾートホテルもお安くなるので、おすすめです。 沖縄の離島については、沖縄本島のツアーと比べると、久米島はほぼ同額、宮古島は2,000~6,000円増、石垣島は3,000~8,000円増が目安(エコノミークラスホテル利用の場合)となります。 年末年始やお盆期間、直行便の利用や宿泊ホテルのランクによって旅行費用は上がります。 沖縄のおすすめのアクティビティは? 青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。 その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。 久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。 宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。 日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。 沖縄旅行に適した服装は? 沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。 1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。 1年中で最も寒いのは12~2月です。 コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。 逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。 紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。 日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。 とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。 そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。 5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。 服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。

次の

成田空港発 (千葉県) 鹿児島空港着 (鹿児島県)

成田 ツアー

沖縄本島への旅行日数のおすすめは? 那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。 また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。 その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。 沖縄離島への旅行日数のおすすめは? 沖縄本島から台湾の間に連なる沖縄の離島。 離島それぞれに、豊かな自然と独自の伝統文化が受け継がれており、本島とはまた違った魅力に溢れています。 離島への旅行は、飛行機で行くことができる、久米島・宮古島・石垣島がメイン。 羽田空港からは宮古島と石垣島へ直行便も出ていますが、便数が少ないので予約がとりづらいことも。 多くの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継ぎ、各離島を目指します。 そのため、各離島での滞在時間を考えると最適でも3日間は必要です。 八重山諸島の玄関口として人気の石垣島の場合は、竹富島、小浜島、西表島などの離島観光も加えると4日間は必要でしょう。 年間で最も旅行代金が安くなる時期は、GW期間を除く4~5月、年末年始を除く12~1月となり、2万円台後半から3万円台前半で行くことができることもあります。 この時期は、繁忙期には高くて泊まれないようなリゾートホテルもお安くなるので、おすすめです。 沖縄の離島については、沖縄本島のツアーと比べると、久米島はほぼ同額、宮古島は2,000~6,000円増、石垣島は3,000~8,000円増が目安(エコノミークラスホテル利用の場合)となります。 年末年始やお盆期間、直行便の利用や宿泊ホテルのランクによって旅行費用は上がります。 沖縄のおすすめのアクティビティは? 青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。 その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。 久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。 宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。 日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。 沖縄旅行に適した服装は? 沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。 1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。 1年中で最も寒いのは12~2月です。 コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。 逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。 紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。 日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。 とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。 そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。 5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。 服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。

次の

スペイン旅行・スペインツアー|東京(羽田・成田)発|海外ツアー【JTB】

成田 ツアー

東京ディズニーリゾート(R)• ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)• テーマパーク• 世界遺産• 季節の花・紅葉• 果物狩り• グルメ• ゴルフ• ダイビング• 海水浴• 山登り・ハイキング• スキー・スノーボード オンライン予約できるツアー 旅行代金 円以上 円未満 添乗員• 指定しない• 同行する• 同行しない 宿泊施設• ホテル• ホテル• 民宿・ペンション 食事条件• 朝食付き• 昼食付き• 夕食付き その他• カード決済可能• 1人参加可能• 子ども料金あり• 搭乗・乗車便選択可• マイル加算対象• レンタカー付き• ホテル選択可能• 延泊可能• 食事あり 各コースのアイコンについて• オンライン予約可能・・・オンラインで空席照会して、予約できます。 カード決済可能・・・クレジットカードでの決済が可能です。 1人参加可能・・・1人で参加できます。 子ども料金あり・・・子ども料金があります。 食事あり・・・コースの内容に食事が含まれます。 搭乗・乗車便選択可・・・飛行機または列車の便を選べます。 旅行会社によって手続きが異なりますので、詳しくはコース詳細にてご確認ください。 予約の際は必ずツアー詳細ページの情報をご確認ください。 Copyright C 2020 Tavigator, Inc. All Rights Reserved. 情報提供:.

次の