スマート ウォッチ 最強。 最強スマートウォッチ「Amazfit bip」レビュー!

スマートウォッチのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

スマート ウォッチ 最強

スントをロードバイクのサイコンとして使う場合は、ハンドルに巻きつけて使用する方法もおすすめされています。 別売りの心拍計バンドもあります。 自転車芸人でおなじみの安田大サーカスの団長もトライアスロンでスントのウェアラブルを使っていますね。 デザインがよくて軽量な「SUUNTO 9」は、スポーツウォッチだけでなく大人も普段使いできるスマートな印象があります。 「SUUNTO 9」と「SUUNTO 9 BARO」の違い 「SUUNTO 9」は高度をGPSベースで計測するスリムモデルで、「SUUNTO 9 BARO(バロ)」は気圧計が搭載されていてより正確な高度が測れます。 登山メインでなければ、SUUNTO 9で自転車乗りは大丈夫です。 どちらも、ガーミンコネクトのようなスントのスマホアプリ&ウェブサービス「ムーブスカウント 」で走行データのログ確認や解析ができます。 ガーミンと「SUUNTO 9」と迷っている人は、「電池持ちの長さ、充電回数の少なさ」をポイントに選んでみてはいかがでしょうか。 ARGON18(アルゴン18)• ANCHOR(アンカー)• BIANCHI(ビアンキ)• BMC• BOARDMAN(ボードマン)• BOMA(ボーマ)• CANYON(キャニオン)• CANNONDALE(キャノンデール)• CENTURION(センチュリオン)• CERVELO(サーヴェロ)• CHINELLI(チネリ)• COLNAGO(コルナゴ)• CORRATEC(コラテック)• CUBE(キューブ)• DIAMONDBACK(ダイアモンドバック)• DE ROSA(デ・ローザ)• EDDYMERCKX(エディメルクス)• FELT(フェルト)• FOCUS(フォーカス)• FUJI(フジ)• GARNEAU(ガノー)• GIOS(ジオス)• GT(ジーティー)• JAMlS(ジェイミス)• KESTREL(ケストレル)• KHODAA BLOOM(コーダブルーム)• KOGA(コガ)• KUOTA(クォータ)• LAPIERRE(ラピエール)• LOOK(ルック)• LOUISGARNEAU(ルイガノ)• MARIN(マリン)• MASI(マジィ)• MERIDA(メリダ)• NEILPRYDE(ニールプライド)• ORBEA(オルベア)• PANASONIC(パナソニック)• ASAHI(あさひ)• PINARELLO(ピナレロ)• RALEIGH(ラレー)• RHIDLEY(リドレー)• GIANT(ジャイアント)• SCOTT(スコット)• SPECIALIZED(スペシャライズド)• TIME(タイム)• TREK(トレック)• YONEX(ヨネックス)• WILIER(ウィリエール)• その他• CARRERA(カレラ)• GUERCHOTTI(グエルチョッティ).

次の

【2019年イチオシ!】スタイリッシュな最強おすすめスマートウォッチ25選

スマート ウォッチ 最強

身体に着けて利用されることを想定された機器を指す「ウェアラブルデバイス」の一種である「スマートウォッチ」。 スポーツ時の脈拍測定、歩数計測などができるだけでなく、iPhoneやAndroid端末と連携してデータを管理することも可能です。 高いモデルだけでなく、数千円で購入できる安いモデルも揃っており、多くのモデルで充電ケーブルなどもセットになっていますので、電池交換の必要がなく使い勝手が良いと人気を博しています。 ビジネスシーンにも違和感なく溶け込む腕時計や、高級感溢れるモデルも揃っていますので、ビジネスパーソンにもおすすめの次世代型機器になります。 ビジネスマンに人気のハイブリッドスマートウォッチとは スマートウォッチを使用したいユーザーの中では、睡眠計測や通知機能だけが欲しいという方も多くいらっしゃいます。 普段は腕時計として使えて、SWの一部の機能だけを使用したい方におすすめが 「ハイブリッドスマートウォッチ」と言われる種類です。 スマートウォッチと聞くとどうしてもApple Watchのような全面タッチディスプレイを想像しますが、ハイブリッド型は文字盤は普通の腕時計と遜色がなく、専用アプリで様々な計測ができます。 また、ハイブリッドスマートウォッチは 電池残量が少ないモデルが沢山あり、充電回数が減るという利点もあるためおすすめです。 そのため、普段は数字がついた文字盤を使用したい人や、スーツに合わせた腕時計を選びたい方はハイブリッドスマートウォッチをチョイスしてみて。 文字盤全体が画面になっているモデルでは、 LINEやメールのメッセージの確認やお気に入りの楽曲再生、物によってはSuicaなどのICカードが使えるなど、機能面でも充実しています。 スマホやパソコンのように多機能ではありませんが、メールやメッセージの通知を受け取れたり、限定的ながら、様々なサービスと連携できる点も魅力ですね。 物によってはハンズフリーの通話も可能と、まだまだ発展途中ですが様々な機能が付随しております。 一台一台でできることが変わってくるので、自分が使用する用途をしっかりと確認して選んでくださいね。 音楽を持ち運べる機能がついているものも スマートウォッチはパソコンやスマホ同様にOS オペレーティングシステム が搭載されています。 人気のスマートウォッチの対応OSは、主にが開発している「watchOS」、Googleが開発している「Wear OS by Google」、サムスンが開発している「Tizen」の3種類になります。 普段お使いのスマートフォンと連携させるために、対応OSをよく確認してから購入しましょう。 iPhoneの場合はApple Watchと互換性がとても良くおすすめですが、Andoroidのスマホをお使いの場合は様々なモデルがあるため、自分が欲しい機能やデザインを考慮して選ぶようにしましょう。 今記事ではAndroid Wearではなく「Wear OS by Google」で記載する箇所も多くあります。 OS「Wear OS by Google」の特徴とは Andoroid端末対応のスマートウォッチを購入する場合の強みは、 Googleのサービスとの親和性の良さです。 「Google Play Music」を契約すれば、音楽が聴き放題になりますので、ワークアウト時の気分転換に最適ですね。 また、YouTubeなどGoogleが提供するサービスをよく利用するという方は、Android端末対応のモデルを選ぶと満足度も高くなるでしょう。 アップルウォッチと比べて最大のメリットは多くの会社が参入しているため、豊富なデザインと機能性を兼ね備えています。 そのため、Androidユーザーの場合はスマートウォッチを選ぶのは少し悩んでしまいますね。 「Wear OS by Google」で注意すべき点 スマートウォッチで重要なのは、やはり対応OSです。 いくらデザインや価格面で納得できても、使えなくては意味がありません。 スマートウォッチの搭載OSは「watchOS」、「Wear OS by Google」、「Tizen」の3種類ですが、 使用しているスマートフォンの対応OSは主に2種類「iOS」or「Android OS」が重要になります。 iPhoneでは使えるけど、Androidでは使えないということになると、買っても機能は半減以下になってしまいます。 iPhoneかAndroid端末どちらを所有しているかによって、購入すべきモデルも変わってくるので、搭載OSよりは 対応しているOSに注目していきましょう。 SWの選び方2. Suica機能の有無 2020年Androidのスマートウォッチを出してる「ガーミン」が、 Suicaを対応した「Garmin Pay」を発表しました! スマホがAndroidユーザーの方はどうしても「Apple Watch」は避けたいけど、Suica機能は欲しいというニーズにガーミンが道を切り開きました。 つまりAndroidスマホを使っている人はやはりスマートウォッチはAndroidに揃えたいという気持ちもあったため、そのニーズにしっかりと答える結果になりました。 ガーミンの中でも一部の端末だけ対応しているので注意して選ぶようにしましょう。 SWの選び方3. センサーの種類 普段使いのスマートウォッチを選ぶ時、気になるのはサイズですね。 複数のサイズを用意しているモデルもありますので、 着用する方の腕の太さや性別など比較して、モデルを選ぶと良いでしょう。 同じモデルでも幅、画面サイズが異なると印象も変わってきますので、サイズ選びが重要に。 腕が細い男性の場合は、レディースモデルの方がしっくりきたりと、想像より大きかった!なんてことがないように気をつけていきましょう。 また、画面の大きさを重視する方は、 文字盤の大きさは要チェック。 意外と通知や予定を確認する時に画面が小さいと、見にくい…なんてことも陥りやすいポイントになります。 サイズでも腕か画面か、など着目することが重要になります。 SWの選び方7. Bluetoothのバージョン iPhoneを使用しているなら言うまでもないのが『AppleWatchシリーズ』。 Appleが出している人気スマートウォッチシリーズです。 iPhoneとの互換性も良く、LINEやメール、通話の通知はもちろん、心拍測定や睡眠計測まで何でもできてしまう一台です。 設定すればSuicaも使えてしまうのは、アップルウォッチならでは。 また、 iPhoneならではの「Siri」も対応しているため、Appleユーザーには欠かせないスマートウォッチになります。 2019年発表の「Apple Watch Series 5」まで出ており、series3以降のモデルはBluetoothモデル以外にも、iPhoneが無くても使用できる独立型モデルもあり 月の通信料かかります 、AppleWatchだけを使いたいという方にもおすすめの一台になります。 個人的にはシリコンラバーのスポーツバンドが使いやすいのでおすすめです。 2018年9月21日発売の「Apple watch series 4」 最新はseries5ですが、充分な機能を兼ね備えている2018年9月21日発売の「series4」。 series4は見た目に関しては、画面サイズが大きくなるだけでなく、余分なベゼルを削ることで腕時計本体を無理に大きくしなくても、 視認性が良い一本になることに成功しました。 機能としては、ヘルスケアウォッチとしての機能が大幅にアップグレードされました。 心電図機能など、本当に腕時計?と思われるような機能も搭載されましたが、 日本では法律の関連で使用するのが難しい…という少し残念な結果になりました。 しかし、 転倒検知機能を搭載しており、万が一ユーザーが転んで、 60秒反応がない場合は自動的に緊急連絡に繋がるという仕組みに。 元々のアップルウォッチユーザーはもちろん、両親が心配という方はプレゼントとしても選ばれます。 その他にもゴールド+ピンクバンドで女性向けの一本を欲しい方にもおすすめの一台になります。 2019年9月20日発売の新作「Apple watch series 5」 日本時間2019年9月20日のアップルの新製品発表会にて「アップルウォッチのシリーズ5」の発売が決まりました。 今までと 大きく変わったポイントとしては「常時ディスプレイ表示機能」。 通常のアップルウォッチの場合は、動きが止まると節電のために画面がブラックアウトします。 しかし、シリーズ5では常時「時計の文字盤がみれる」ため、常に時間を把握したいビジネスマンには欠かせない一台に。 その他のチェック機能としては、 女性の周期記録を管理してくれたり、 騒音が大きすぎるとアップルウォッチが知らせてくれるといった機能もついています。 通常の腕時計としての機能のUPだけでなく、ヘルスケアにも使える一台を手にとってみてくださいね。 様々なトレーニングを行っているけど、自分の体に最適な方法で運動できているか不安を抱いている方も多いと思います。 HUAWEIのスマートウォッチは、ランニングや登山などの陸上トレーニングから、水泳などの水中トレーニングまで、 多種のスポーツに取り組む方に嬉しい15種類のワークアウトモード搭載。 長時間トレーニングでの酸素消費量の最大値計測により自分がどれくらいの持久力を持っているのか確認できるので、体への過度な負荷を防止し最適なトレーニングを行えますよ。 幅広いトレーニングを記録し計測してくれる心強いトレーナーのようなスマートウォッチを手に入れて、今まで以上に効率的にトレーニングを行ってみませんか。 「フォルスター」同様に通知機能はもちろん、心拍計測や音声検索もできるSWになります。 iPhone&Androidにもアプリが対応しているため、スマホを選ばないのも人気の秘密。 今回のフォルスター2からは心拍機能やGPSトラッキングはもちろん、泳げる程の防水機能が追加された一品。 今まで難点だった、充電の早さにも対応しており、使いやすさも パワーアップしました。 SKAGENシリーズの魅力は、自分好みの文字盤とSKAGENの別売りのベルトを買うことで 様々なスタイルを楽しめる一本になります。 他のスマートウォッチにはないおしゃれな一本を探している方は選んでみてくださいね。 商品ステータス 「Nokia」から「Withings」にブランドチャンジを行った一本。 このスマートウォッチのポイントはなんと言っても、 通常の腕時計とデザインが非常に近いため、洋服とのミスマッチを防げる一本です。 通常タイプとハイブリッドタイプの間くらいと言ったところでしょう。 あまりメカニックなゴツゴツ感を出したくない人には最適でしょう。 デザイン面だけでなく機能面についても申し分なく、睡眠計測やスマホ通知などの基本機能だけでなく、海外旅行時は自動で時間を調整してくれるハイテク仕様。 1度の充電で最大25日間は平気なため、オフィスからジムまで幅広いシーンに対応してくれるスマートウォッチになるでしょう。 商品ステータス 「Galaxy」シリーズで有名なサムスンのスマートウォッチ。 腕時計に比べ、ウェアラブルウォッチはカジュアルな印象で、少し腕時計の文字盤に寄せたいという方におすすめの一台になります。 過去に「Galaxy Gear S3」などを排出してきましたが、年々機能性が改善されており、今回の 『Galaxy Watch』は特に普段使いが特化されています。 見やすさや睡眠計測はもちろん、運動計測が39種類以上あったり、自動で6種類の運動を検知できたりと、スポーツウォッチとしても使えます。 何より一番の魅力は 電池の持ちが改善したため、2日〜3日間は一度の充電で平気にになりました。 AppleWatchは便利な分、1日1回の充電は必須なため、めんどくさがりなビジネスマンにとってはおすすめのスマートウォッチと言えるでしょう。 アプリ 「Navigation Pro」では、Google Mapsと連携しており、時計が道案内をしてくれたりと、様々なシーン使える一本になります。 商品ステータス レディース、メンズ共に腕時計やバッグ等を展開している「FOSSIL」のスマートウォッチ。 革小物のイメージがある同社らしく、渋い色のバンドがアクセントになっており、 雑誌で掲載された人気モデルの新作。 スマートさはもちろんのこと、心拍センサーや防水機能がついてハイテクな一台になります。 バンドも様々な種類があり、おしゃれができるのも大きなメリットに。 ブランド「FOSSIL」が好きな人はもちろん、彼氏・彼女さんへのプレゼントして お揃いのペアウォッチにおすすめですね。 ステンレス製で高級感があり、ウォーキングやダイエットにも最適な機能も備えています。 また、安心の2年保証ですので、長く安心して使いたい方にも向いているモデルですね。 価格は約3万円。 商品ステータス 活動量計をはじめとしたヘルスケア系に強い「ガーミン」が2019年10月に発売した最新の一本。 睡眠などはもちろん、身体情報のデーター収集や分析には強いスマートウォッチに。 パーソナルランニングモードを搭載しているため、次の5キロ、次の10キロと適切なアドバイスを手首からもらえる優れもの。 また専用のアプリをダウンロードするだけで、 「Amazon Music」、「Spotify」などの人気の音楽ストローミングサービスが腕時計だけで楽しめます。 スマホを持たずに、ワイヤレスイヤホンとガーミンウォッチだけで、アウトドア活動中に音楽を聞けるのは最大の特徴です。 今後も大きな成長を続けるガーミンのスマートウォッチを手にしてみてはいかがでしょうか。 そして2020年にSuicaに対応しました! 商品のステータス Gショックでお馴染みの「CASIO」から展開するのは『WSD-F20-RG』。 見た目の通りアウトドア派の男性におすすめの腕時計になります。 タフなボディに見やすい文字盤など、山登りやサイクリングを好む方に、ぴったりのかっこいいルックスが印象的ですね。 防水性能は「5気圧防水」で、日常生活強化防水というカシオ独自の基準になっています。 GPSを3観測点から計測するという、 精度の高いGPS機能も見逃せませんね。 また、独自の機能も充実しており、日の出・日の入り時刻、位置情報の共有機能、デコーダーの操作などもできます。 また、 ゴルフを利用している方にも人気のアプリを搭載しており、SWのGPS機能を使うことによって、残ヤードの情報も手元で確認できちゃいます。 スポーツはもちろんのこと、ゴルフをする方にもおすすめのスマートウォッチになります。 商品のステータス 2019年1月に発売した『WSD-F30』は先程紹介しいた『WSD-F20』シリーズの一つ上のモデル。 大きく変わった点としては以下4点。 バッテリー寿命に合わせた機能の改良• 縦横「3. 9mm」、厚さ「0. 4mm」のサイズダウン• 新色ブルーが登場• 細かい調節ができるようにバンドの穴の増加 特にWSD-F20は様々な機能が付いている反面、バッテリーが弱点でした。 そこを主に改良することで、様々な人に合わせたバッテリーの持ちを実現しました。 「通常利用」の場合は1. 5日、「エクステンドモード」の場合は約3日、「マルチタイムピースモード」は約1ヶ月と液晶をモノクロやカラーに切り替えたり、BluetoothやWi-Fiを切ったりできます。 2泊3日の登山にGPS機能付きのスマートウォッチが欲しかった人にとっては、かゆい所に手が届くような一台です。 お値段は上がりますが、登山や運動を目的にした人におすすめのスポーツスマートウォッチになります。 商品のステータス 「水泳中もトレーニングの記録をしたいけど、スマートウォッチは水に弱い気がする」主に水泳トレーニングを行っている方は、耐水性に優れたスマートウォッチが欲しいですよね。 Fitbitの『Fitbit Charge3』は、水深50mまでの耐水性能付きで水泳のワークアウトが測定可能。 身に着けるだけで24時間連続して心拍数を測定してくれるので、最適な心拍数ゾーンを維持しながら安全に水中トレーニングができますよ。 なかなか水中トレーニングが続かなかった方も、毎日の計測データが「見える」ことでモチベーションUPすること間違いなし。 ぜひ試してみてくださいね。 励まし合える仲間がいればやる気もグッとUPしますよね。 Fitbitの『Fitbit Charge4』は、前モデル『Fitbit Charge3』には無かったFitbitユーザー同士でのリアルタイムの歩数競争やメッセージの送り合いが可能に。 人との関わりを感じながら、今まで以上に楽しくトレーニングができますよ。 世界最大規模のデータベース量で、同性・同年齢の平均値との比較もでき、よりリアルな自分の状態を客観的に見られるのも注目ポイントです。 仲間の存在を感じられるこのアイテムを手に入れて、「今日はトレーニングやらなくていいかな」という怠け心とお別れしませんか。 商品のステータス これまで多くの「Huawei」のスマートウォッチを紹介してきましたが、手軽な価格帯でおすすめなのが、バンドデザインの『Huawei Band 3 Pro』。 このモデルは1万円以下でありながら、 AndroidとiOSにも対応し、カラー展開もオレンジ、ゴールド、ブラック、ブルーの4色。 プレゼントやペアルックのアイテムとしてももぴったりなアイテムになります。 全モデルに比べて、カラーディスプレイになり視認性が上がっただけでなく、携帯探索やシャッター機能を搭載。 前モデルに比べて、カラーディスプレイになり視認性が上がっただけでなく、携帯探索やシャッター機能を搭載。 複数本購入したい場合や、まずはスマートバンドを試してみたいという方におすすめしたいですね。 機能も沢山あり、 スマートウォッチ初心者の方でも大満足できる一台になります。 価格は約6,000円。 商品のステータス 毎年発売しているファーウェイのバンドシリーズから今作は『Huawei Band 4』。 Huawei Band 4の在庫がなくなってきているのは、シリーズ4が発売しているのもあります。 今までは専用のケーブルやMicro USBなどの別ケーブルが必要でしたが、最新作はバンド部分を外すとそのままUSBポートに充電できます。 今までの煩わしさをスッキリとしたのは特に嬉しいポイント。 また機能ついてはシリーズ3の機能は問題なく使えて、充電も一回で6日間以上とロングで使用できる使い勝手の良さも健在です。 5,000円以下のスマートブレスレットで悩んだ時には、新作『Huawei Band 4 Pro』を選んでみてはいかがでしょうか。 商品のステータス 後ほど紹介する商品など、様々なSIMフリーモデルを紹介しますが、現状のSIMフリーモデルで満足がいく一本は「Apple Watch」一択と言えるでしょう。 冒頭でも説明したため、AppleWatchの概要については割愛しますが、アップルウォッチはseries3〜series5までは「Sellerモデル」が販売されており、このモデルがSIMカードが対応となっています。 そのため、契約を進めれば、アップルウォッチがスマホなしで通信できるため、通話やメールの返信、地図がスマートウォッチ一台で使用できます。 常に技術が進化しているため、SIMフリーモデルで失敗したくないという方は、アップルウォッチを選んでみてくださいね。 SIMフリーのおすすめスマートウォッチ1. Diggro DI07 単独で様々な機能を搭載している『Diggro DI07』。 スタイリッシュな外観の一台は、メールの通知はもちろん、電話の呼び出しや応答、地図のGPS機能、音楽プレーヤーといったまるで スマホと同等の機能が使える一台になります。 また、SIMフリーであることはもちろん、Wi-Fi機能も付いているのも嬉しい点ですね。 但し、SIMカードは『3G NANO』のみ対応なので注意が必要です。 価格は1万円以下で購入できるため、少し試してみたいという方にもおすすめの一台になります。 商品のステータス ビジネスシーンやスポーツ時にぴったりなスマートウォッチをカテゴリー別に紹介しました。 価格帯も様々なので、最初は手が届きやすいモデルからはじめ、高額モデルを購入するというのも良いですね。 また、自分がAndroidスマホ or iPhoneを使用しているかどうかでも変わってきますよね。 プレゼントとしても喜ばれるアイテムですので、ぜひこの記事を参考に素敵なスマートウォッチを選んでみてください。 ブランド、機能性、防水性能、対応OSの4点から選ぶと、お好みのモデルを見つけやすいので、自分の生活にあった一台をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

次の

【2019年イチオシ!】スタイリッシュな最強おすすめスマートウォッチ25選

スマート ウォッチ 最強

Apple Watchで知られる「 Watch OS」• Googleが開発した「 Wear OS by Google」• サムスンやインテルが中心となり開発した「 Tizen」• 独自OS OSが異なると自分の使用しているスマホと連動できないため、まずは スマホと同じOSのスマートウォッチを選ぶことが重要です。 「Watch OS」のように iPhoneでしか連動できないスマートウォッチもあるため、最低限確認しておく必要があります。 バッテリーがどれぐらい保つかで選ぶ スマホ同様、スマートウォッチも バッテリーの持ちがキーポイントになってきます。 端末により違いがありますが、 大体のスマートウォッチは 1日程度持続するため1日の終わりに充電しておけば問題なく使用できます。 現在は、 何日間もバッテリーが持続するタイプの端末も登場しています。 充電が面倒な方や寝ている間も使用したい方、GPSなど電池を消耗しやすい機能をよく利用する方は、要チェック項目です。 防水・防塵性能があるかで選ぶ 日常的に腕に身に着けるため、 水や汗に耐えうる防水・防塵性能をチェックすることも大切です。 特に、 ランニングなどのスポーツをする方は確認しておいた方が安心して使用できます。 防水・防塵性能の確認はを参考にしましょう。 数字は大きいほど性能が高く 防水「7」以上であれば 汗や雨を気にせず安心して使用できます。 例えば 「50m防水」であれば50mの水深で静止した状態でも防水性があるということです。 Suicaや電子マネーの電子決済で選ぶ 通勤時などの移動中、 コンビニでちょっとした買い物をするときもスマートウォッチだけあれば スムーズに決済が完了! 電子マネーの種類によっては対応していない場合もあるため、 よく使用する電子マネーを考えた上で選び ましょう。 健康管理機能で選ぶ 健康維持やワークアウトをメインで使用するなら、 心拍数測定や加速度センサーなどに対応しているかをチェックしましょう。 身体の動きを計測する機能があれば、ウェアラブル活動量計として 1日の動きを計測することが可能です。 勿論 活動時だけでなく 睡眠の記録ができるものもあります。 Appleユーザーから根強い人気!オールマイティに役立つ高性能ガジェット 商品価格(税込):52,700円 OS Watch OS バッテリー稼働時間 最大18時間 防水・防塵性能 雨の日でも安心の耐水性能50m 電子決済 Suica、Apple Pay こんな人におすすめ iPhoneユーザーにオススメ Apple Watchシリーズの最新 おすすめモデルです。 ディスプレイは従来モデル(series3)から30%以上大きくなり、 圧倒的に機能性が向上! 「 カレンダーの表示もサクサクで動作が軽くなった」との口コミが多数あります。 SIMカードの挿入ができないため端末単体では使えませんが、 常にiPhoneを持ち運ぶ方であれば此方のスペックで十分。 価格も含めた総合点の高さがポイントです。 時計にスケジュール表示されるのが気に入ってます。 家族はseries3ですが少し重いのと時計にカレンダーが表示されないので私はseries4に。 通知もわかりやすく必需品です。 スマホが近くになくても通信を必要とする 電話やLINEの送受信ができます。 実はiPhoneを持たず格安SIM回線を契約して Apple Watchだけで生活するライフハックもあるそうです。 3位:フィットビット Fitbit Charge 3 FB410GM カジュアルなデザインと高性能GPS!フィットネス愛好者にオススメ 商品価格(税込):20,871円 OS Wear OS by Google バッテリー稼働時間 約2〜3日間(モード変更で最大3週間) 防水・防塵性能 IP68の高い防塵性能 電子決済 なし こんな人におすすめ フィットネス愛好者の方にオススメ ファーウェイの中で iPhone向けスマートウォッチとして人気の高いモデルです。 ワンタッチで起動するトレーニングアプリ機能などを搭載しており フィットネス愛好者にオススメ。 モード変更で 約3週間のバッテリー持続も可能です。 日常使いとスポーツの両方で使えます。 スポーツは、 ランやバイクの屋外スポーツのほか、 ヨガやスイミングなどの屋内スポーツ15種類以上のアプリに対応。 SIDE SWIPE操作により 素早い操作が可能です。 有酸素運動インジゲーターにより、 有酸素運動や 運動負荷をLEDインジゲーターで 一目で確認する事がきます。 他社APPである Apple HealthKit、Google Fitにも 自動同期することが可能です。 電子マネーや通知、計測機能に対応。 ヘッド部分を変えれば、様々な時計をスマートウォッチとして楽しむことができます。 Google assistant搭載で「OK,Google」と語りかければ知りたい情報をすぐにナビゲーションしてくれます。 3位:SKAGEN 腕時計 FALSTER 2 TOUCHSCREEN SMARTWATCH SKT5104 ミニマルでスタイリッシュなスカーゲンのスマートウォッチ! 商品価格(税込):40,800円 搭載OS Wear OS by Google バッテリー稼働時間 1日〜2日間 防水・防塵性能 入浴、水泳のできる防水性能 電子決済 Google Pay搭載予定 本体重量 54g カラー シルバー、ゴールド、ブラック 内臓ストレージ 4GB こんな人におすすめ ファッションを楽しみたい方にオススメ 発売以来数々の賞を受賞してきた「 Falster1 」のデザインを継承したモデルです。 ミニマルでワンポイントにもなるシャレたデザインに、 内臓GPSや防水などの機能も追加。 ワンタッチで付け替え可能なストラップでカスタマイズも可能です。 4位:CASIO スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート GPS 搭載 WSD-F20-RG 日本が誇る国産時計!ゴルフプレイヤーにもオススメのスマートウォッチ 商品価格(税込):34,990円 搭載OS Wear OS by Google バッテリー稼働時間 1日〜2日間 防水・防塵性能 日常生活強化の5BAR防水 電子決済 なし 本体重量 91g カラー ブラック、オレンジ こんな人におすすめ ゴルフをプレイする方にオススメ アウトドアを楽しめる多彩なアプリに対応しており、特に ゴルフプレイヤーにオススメのモデルです。 低消費電力のGPSも搭載。 スマホがなくても 現在地や残ヤード数などの情報を把握する事ができます。 ファッションブランドのおすすめスマートウォッチ4選 1位:DIESEL FULL GUARD 2. 5 DT2011 遊び心のあるファッショナブルなタッチスクリーンスマートウォッチ 商品価格(税込):55,080円 搭載OS Wear OS by Google バッテリー稼働時間 約24時間 防水・防塵性能 生活防水の3気圧防水 電子決済 Google Pay 本体重量 74g カラー グレー、ブラック、シルバー、ブラウン こんな人におすすめ 遊び心のある時計が欲しい方にオススメ デニムをはじめ幅広いコレクションを展開する ディーゼル。 時間帯によって色が変化するネオンフリッカーダイヤルや、 水の波紋のようなアニメーションに変化する 心拍モニタリングダイヤルなど 遊び心満載のスマートウォッチです。 2位:MICHAEL KORS ACCESS 腕時計 GAGE ハイブリッドスマートウォッチ MKT4000 ビジネスシーンにも最適!最大6ヶ月充電不要のハイブリッドスマートウォッチ 商品価格(税込):17,315円 搭載OS iOS、Androidに対応 バッテリー稼働時間 最大6ヶ月 防水・防塵性能 日常生活防水の3BAR 電子決済 なし 本体重量 200g カラー ゴールデン、シルバー、ブラック こんな人におすすめ フォーマルな格好が多い方にオススメ 世界中のセレブリティから人気を得る アナログ時計のビジュアルに、ハイテクノロジーを融合したモデルです。 リモートシャッターや 音楽再生機能などはボタンで操作可能。 最大6ヶ月充電が不要のため、バッテリーを気にせず使用できます。 3位:Diesel onフルガードタッチスクリーンガンメタルステンレススチールSmartwatch dzt2004 ダイヤルエフェクトやストラップ生地などディーゼルらしさを詰め込んだスマートウォッチ 商品価格(税込):49,800円 搭載OS Wear OS by Google 電子決済 なし 本体重量 227g カラー メタルグレイ、ブラック、ブラウン、レッド こんな人におすすめ 個性のある時計が好きな方にオススメ 7種類のダイアルを元に、 数百にも及ぶ タッチフェイスのカスタマイズができます。 通知や表示に合わせてフェイスが変更されるなどのユニークな機能も。 また、 レザー・シリコン・デニムなど8種のオプションから ストラップのセレクトも可能。 4位:Michael Kors アクセスハイブリッドSmartwatch Reid ブラックとゴールドでラグジュアリーなスマートウォッチ 商品価格(税込):35,895円 搭載OS iOS、Androidに対応 バッテリー稼働時間 最大6ヶ月 防水・防塵性能 水しぶきに強い最新30m防水 電子決済 なし 本体重量 141g カラー ブラック こんな人におすすめ ゴールド好きな方にオススメ ブラックとゴールドで ラグジュアリーなデザインの高級感あるスマートウォッチです。 フォーマルでもカジュアルでも、 ファッションのアクセントとして取り入れることができます。 最大6ヶ月の充電持続で毎日充電する必要がありません。 5D曲面カラーディスプレイ 商品価格(税込):4,680円 搭載OS iphone、Android対応 バッテリー稼働時間 8日〜12日間 防水・防塵性能 IP68の高い防塵性能 電子決済 なし 本体重量 118g カラー ブラック、レッド こんな人におすすめ 5,000円以下で購入したい方にオススメ この価格で手に入ることに加え、 心拍計測や移動距離など多機能搭載の コスパ最強なスマートウォッチです。 Apple Watchにもある 長座注意や スマホ探しなどの機能も付いています。 ブレスレットでの計測・操作も可能なのもポイント。 2位: HUAWEI Band 2 Pro スマートウォッチ 運動後までトレーニングの見える化ができるスマートウォッチ! 商品価格(税込):8,525円 搭載OS iphone、Android対応 バッテリー稼働時間 最大21日間 防水・防塵性能 水泳時着用可の5ATM 電子決済 なし 本体重量 21g カラー ブラック、ゴールド、オレンジ、レッド、ブルー こんな人におすすめ トレーニングをする方にオススメ 軽量コンパクトで邪魔にならないスリムなデザインに、 水泳時でも安心の5気圧防水。 独立したGPSを搭載することで 正確な位置情報の記録が可能です。 トレーニング中はもちろん、コーチのように トレーニング後の効果測定まで行なってくれます。 3位:Risorea スマートウォッチ B07NC5897B 日常使いと健康管理の両方ができる!ファッションスポーツウォッチ 商品価格(税込):5,699円 搭載OS iphone、Android対応 バッテリー稼働時間 約15日 防水・防塵性能 IP68の高い防塵性能 電子決済 なし 本体重量 59g カラー ブラック こんな人におすすめ 常に時計を着けて楽しみたい方にオススメ LINEやSNSの通知や電話の通知、音楽再生、睡眠時の自動計測など日常使いに便利。 腕を傾ければ自動点灯するため、煩わしさを感じません。 スポーツ時にもデータの自動同期・分析をしてくれます。 バッテリーも約5日〜7日とスタミナ満点。 4位:Helius スマートウォッチ B07M5V3C2P 高級感のある本革ストラップでビジネスシーンにもオススメ! 商品価格(税込):7,497円 搭載OS iphone、Android対応 バッテリー稼働時間 7日〜14日間 防水・防塵性能 IP68の高い防塵性能 電子決済 なし 本体重量 200g カラー ブラウン、シルバー、ブラック こんな人におすすめ ビジネス使いの方にオススメ 1万円以下でありながら、ストラップは 本物の牛革を使用。 3インチの大きなスクリーンでスケジュール管理もバッチリです。 活動量計の機能や、長座や水分補給などの注意通知もしてくれます。 また、 日本語のほか12の言語にも対応。

次の