ヤマダ電機 つくば。 【エアコン取り付け 茨城県つくば市】ヤマダ電機テックランドつくば研究学園店

よくある質問

ヤマダ電機 つくば

まず初めに、ヤマダ電機の家電回収サービスをわかりやすくご紹介していこう。 ヤマダ電機で家電を回収してもらうには? ヤマダ電機の家電回収サービスは、公式通販サイトである「ヤマダウェブコム」から申し込みが可能。 回収サービスの申し込み対象となっている商品は、 テレビや冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機・エアコンと 大型家電が中心だ。 ヤマダ電機で新しい大型家電を購入すると同時に回収サービスを利用する場合は、 リサイクル料金と収集運搬料がかかる。 費用は、新しい商品の配送・設置時に現金で支払おう。 ただし、郵便局で事前にリサイクル券を購入しておけば、ヤマダ電機には収集運搬料のみで回収してもらうことができる。 リサイクル券の購入時には別途、郵便局への手数料が必要なので注意が必要だ。 新しく購入した家電の搬入当日、購入したリサイクル券との引き換えで回収をおこなってもらえるので、余裕があれば事前に準備しておくといいだろう。 また、回収してもらいたい家電を、最寄りのヤマダ電機の店舗への持ち込みでもリサイクルの申し込みができる。 ここでも、リサイクル料金と収集運搬料が必要になるので、事前に費用の目安を確認しておこう。 良品買取サービスを活用しよう! ヤマダ電機では、国内メーカーの製造品に限り 7年未満の正常稼働品(冷蔵庫・洗濯機・薄型テレビ・エアコン)に対して特別に、良品買取サービスを実施している。 これは通常の家電リサイクル回収サービスとは異なり、 条件を満たす良品に対して買取査定をおこなってくれるサービスだ。 しかし、査定の結果、条件を満たしていなかったり、商品に問題があって買取ができないという場合には、通常の家電リサイクル回収の扱いとなる。 また、その日にリサイクル券の用意が無ければ回収してもらうことはできず、別日の訪問回収費として2500円(税抜)がかかるので注意が必要だ。 良品買取サービスを検討する場合は、条件や商品の状態を事前にチェックしておこう。 ケーズデンキの家電回収サービス それでは次に、ケーズデンキが提供する家電回収サービスについてご紹介していこう。 あらゆる家電に幅広く対応 ケーズデンキでは循環型社会の構築に貢献するため、不要になった家電製品の回収やリサイクルを積極的におこなっている。 リサイクル回収の対象となる商品は「家電リサイクル法」で特定されているテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目を中心に、それ以外の家電の回収もおこなうなど幅広いのが特徴。 4品目以外の家電は、 小型・中型・大型とサイズで分別され、それぞれの回収費用も異なる。 大型家電の配送・設置のタイミングにあわせて、不要になった小さなサイズの家電から大きく運搬が困難な家電まで、まとめて回収してもらうのもひとつの手だ。 環境に配慮した活動や取り組み 回収の対象となっている家電製品は、今までは家庭から出るゴミとして破砕処理を施し、有用な金属だけが再利用されるという処分方法であった。 しかし、改めて廃棄物の減量と資源の再生を図り、消費者と量販店・小売店、さらに各家電メーカーが協力することでそれらの実現を目指しているのだ。 さらに2005年5月に一般社団放任家電製品協会により、 家電リサイクル券取り扱い優良店の制度がスタートした。 この制度は、家電リサイクル法に従った家電リサイクル券の適正な運用及び、管理をさらに促進し、利用者が安心して家電リサイクル品を引き渡せるお店として推奨されているものである。 ケーズデンキでは、2005年5月に一般財団法人家電製品協会により 家電リサイクル券取扱優良店の制度がスタートした。 この制度は、家電リサイクル法に従った家電リサイクル券の適正な運用及び管理をさらに推進する為、利用者が安心して家電リサイクル品を引き渡せるお店として推奨されているものである。 2社のサービス内容に違いはある? どちらの会社でも「家電リサイクル法」で指定されているリサイクル家電の回収(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機)の回収を主体におこなっていることがわかった。 サービス内容にあまり差はない! どちらの会社でも、 基本的には新しい大型家電を購入した際の配送・設置のついでに利用できる付帯サービスとなっている。 新品の家電を購入せずに、リサイクル回収のみを依頼する場合、別途、出張費がかかることも同じだ。 ヤマダ電機は、ヤマダウェブコムで宅配回収の申し込みができ、ケーズデンキでは店舗にて申し込みの手続きをすることができる。 ヤマダ電機のヤマダウェブコムでは、申し込みが可能となる商品を事前に選択することができるので比較的利用しやすいのが特徴だ。 さらに、両社は パソコン・ 携帯電話の回収も行っている。 しかし、これらの商品は基本的に店頭でのみ引き取りとなる。 携帯電話には、金・銀・銅をはじめとした希少金属が多く含まれていて、資源の有効利用の面からも、回収・リサイクルを促進している。 安全性を強化し、メモリやデータなど個人情報に関しては、回収時に物理破壊やデータ消去を必ず行っているので、安心して利用することが可能だ。 ただ、両社が違うことは、ヤマダ電機の場合、リサイクル回収の対象となる商品が テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・エアコンのみに対し、ケーズデンキは それ以外のリサイクル回収も行っている点だ。 この事から、ケーズデンキでは小型家電のリサイクルに力を入れていると言える。 その為、大型商品だけではなく小型商品の取り扱いも充実しているが、料金は無料の物から 4,000円ほどとそこまで高価な買取は行っていないのが特徴的だ。 一般の回収業者と異なる点は? 一方で、 他業者のリサイクルショップは、大型家電の買取を受け付けていなかったり、リサイクル料金がかなり高い場合もある。 また、サービスを利用するための会員登録や入会金・年会費などを要するなど、手軽な料金と安心のサービスで回収をおこなってくれる業者が少ない。 個人情報の流出や、環境への配慮など様々なトラブルを心配している利用者にも安心してリサイクルに協力してもらえるよう、2社では厳しい指導のもと、専門知識のあるスタッフが 信頼を持てるサービスを徹底しているのだ。 リサイクルをなぜおこなっているのか、回収した後の家電はどのように扱われるのかなどのくわしい情報は、各HPに掲載されている。 一般的な不用品回収業者では回収後の商品の利用に関して不安ということであれば、ヤマダ電機・ケーズデンキの回収サービスを利用を検討しよう。 回収費用を比べてみよう 以下では、主にリサイクル家電として指定されている大型家電の回収にかかる 費用を比較してみた。 家電別の費用の比較 以下の料金はリサイクル料金と収集運搬料の合計である。 また、以下の金額はすべて税別だ。 なお、これは2019年12月17日時点での情報なので注意してほしい。 テレビ(ブラウン管) 15型以下/16型以上• 同じ製品で比べてみても、 ケーズ電機のほうが数百円安い傾向にあることが分かった。 参考になるだろう。 また、収集運搬料とは量販店~自宅間での運搬のことではなく、量販店~リサイクルセンター間の運搬料であることを理解しておこう。 そのため、 新しく購入した大型家電の配送を伴わない場合の回収であれば、別途、出張費や訪問費がかかってしまうことがほとんどだ。 さらに、ヤマダ電機とケーズデンキでは費用の設定が若干異なる部分があったり、海外製の家電は回収料金が異なる場合があるので、回収を検討している製品の回収はいくらかかるのか、今一度確認してみてほしい。 家電はRentioでそろえよう! 余談ではあるが、最後に 家電レンタルサービスのRentio(レンティオ)をおすすめしよう。 家電製品の購入は、大きな買い物だ。 大型の物が増えると置き場所にも困るし、高機能製品は金額も高くつくだろう。 それでも、生活の必需品となれば満足できるだろうが、せっかく購入した家電の使い勝手が良くなければ生活のストレスになってしまう。 そんな時に、家電のレンタルサービスRentio(レンティオ)をぜひとも有効活用してほしい。 Rentioは、ダイソンなどの人気家電やオーディオ機器、ガジェットなどを、簡単にネットでレンタルできる新しいサービス。 実際に購入する前に、 レンタルで製品をお試ししてみることで購入時の失敗を回避し、より、 自身の生活にマッチした価値のある体験ができる。 レンタルの際の送料、ならびに、返却時の返送料は 無料で、製品の動作確認・クリーニング・充電もされた状態で届けてもらえる。 また、レンタル期間は、1日単位から便利な月額プランも用意されているので、急な引越しや短期の単身赴任でも柔軟に利用できるのが魅力でもある。 家電回収後、新しい家電の購入に迷っているのならば、Rentioの家電レンタルで気になる家電の使い勝手を確かめてみるのはいかがだろう。 2社の回収サービスを比較してみて 本コラムでは、ヤマダ電機とケーズデンキの家電回収サービスを徹底的に比較した。 どちらの会社でも 「家電リサイクル法」に基づいた大型家電の回収を主体におこない、料金も比較的安価であることがわかった。 冷蔵庫やテレビなどの大型家電を新しく買い替え、自宅まで運送してもらう際には、今まで使っていた家電製品とあわせ、収納に眠っていた小型家電なども一緒に回収してもらうと手間を省くことができる。 新品の大型家電を購入する予定があれば事前に処分したい電化製品を集め、回収費用がいくらかかるのか調べるなど準備を万端にしておこう。 また、調べてもわからないことや不明な点、アクシデントはそのままにせず、利用者自身が店舗や指定のコールセンターへ連絡し、きちんと対処してもらうことが大切だ。 家電を売るならヒカカク!で賢く一括査定申込み オークションサイトやフリマアプリなどを使うのは面倒、取引の際のトラブルも不安。 「 ヒカカク!」は楽に高く売りたい時、様々な買取業者の買取価格を比較できる相場情報サイトだ。 家電などは最新機種が出れば、市場における価値も変動する。 古いものから価値が下がるのならばいいが、それほど単純ではない。 かつての買取金額の目安が変わってしまっては、何を指針に買取をしていいかわからない。 「ヒカカク!」ならそんな問題も解決できる。 から無料で査定依頼が可能だ。 まとめ 不要になった 家電を回収するサービスは、すぐに費用品の処理ができるため役立つものだ。 ヤマダ電機とケーズデンキでそれぞれ取り組み方に違いがあるため、自身に合った方を選択してほしい。 ケーズデンキは家電であれば、幅広く対応している。 回収してもらう品の幅が大きい場合におすすめだ。 またヤマダ電機は場合によって買取もしてくれるため、負担を軽減できる。 2つとも大きな差はないため、考えて気になった方を選択すれば問題ない。 迷ったときは本記事を参考にしてもらえれば幸いだ。

次の

ヤマダ電機とケーズデンキの家電回収サービスを徹底比較

ヤマダ電機 つくば

茨城県つくば市から絞り込み• 吾妻 0• 天久保 0• 上野 0• 上ノ室 0• 梅園 0• 大 0• 岡村新田 0• 上境 0• 上広岡 0• 吉瀬 0• 倉掛 0• 栗原 0• 金田 0• 妻木 0• 栄 0• 大角豆 0• 柴崎 0• 下広岡 0• 松栄 0• 千現 0• 竹園 0• 天王台 0• 中根 0• 並木 0• 花室 0• 東岡 0• 古来 0• 松塚 0• 横町 0• 赤塚 0• 新井 0• 新牧田 0• 飯田 0• 市之台 0• 稲岡 0• 稲荷前 0• 今泉 0• 榎戸 0• 大白硲 0• 大わし 0• 鬼ケ窪 0• 小野川 0• 小野崎 0• 面野井 0• 梶内 0• 春日 0• 片田 0• 葛城根崎 0• 上萱丸 0• 上河原崎 0• 上原 0• 上横場 0• 苅間 0• 観音台 0• 北郷 0• 北中島 0• 北中妻 0• 高野台 0• 小白硲 0• 西郷 0• 境田 0• 境松 0• 島 0• 島名 0• 下萱丸 0• 下河原崎 0• 下平塚 0• 下別府 0• 下横場 0• 平 0• 高須賀 0• 高田 0• 高良田 0• 館野 0• 手代木 0• 中内 0• 中野 0• 中別府 0• 長峰 0• 鍋沼新田 0• 西大沼 0• 西大橋 0• 西岡 0• 西栗山 0• 西原 0• 西平塚 0• 二の宮 0• 根崎 0• 八幡台 0• 花島新田 0• 羽成 0• 原 0• 東 0• 東新井 0• 東平塚 0• 東丸山 0• 藤本 0• 古館 0• 真瀬 0.

次の

お近くの展示場|ヤマダホームズ / 公式サイト|くらしをシアワセにする、ぜんぶ。

ヤマダ電機 つくば

茨城県から絞り込み• 土浦市 0• 結城市 0• 下妻市 0• 常総市 0• 常陸太田市 0• 高萩市 0• 笠間市 0• 取手市 0• 牛久市 0• 潮来市 0• 守谷市 0• 那珂市 0• 稲敷市 0• かすみがうら市 0• 桜川市 0• 行方市 0• 鉾田市 0• 小美玉市 0• 東茨城郡茨城町 0• 東茨城郡大洗町 0• 東茨城郡城里町 0• 那珂郡東海村 0• 久慈郡大子町 0• 稲敷郡美浦村 0• 稲敷郡阿見町 0• 稲敷郡河内町 0• 結城郡八千代町 0• 猿島郡五霞町 0• 猿島郡境町 0• 北相馬郡利根町 0.

次の