キングダム 637話 ネタバレ。 キングダムネタバレ最新話637話確定速報!!兵糧は一体どこへ!?

【キングダムネタバレ637話】黄河を利用し兵糧を鄴へ届けられるのか?|ワンピースネタバレ漫画考察

キングダム 637話 ネタバレ

Contents• 李牧は趙国の王に急遽呼ばれ、仕方なく邯鄲に戻ることに。 果たして、王翦は兵糧を運ぶ別の策を用意してたのか?? 王翦が昌平君にしていた頼み事とは 昌平君がかなり動揺するほどの頼み事であったため、おそらく読者がひっくり返るほどの奇想天外な策にちがいはありません。 おとり作戦はだめ、黄河の運搬船も全滅、はたして李牧や舜水樹を欺く策が王翦にはあったのか。 答えはYesです。 多くの読者が予想していたのはひとつは、列尾の北側にある山脈をこえて閼与に兵糧隊を送るよう頼んだ可能性です。 列尾、黄河も閉ざされたとするの残すはこの山脈ルートだけになるのではないでしょうか。 楊端和たちの様子 楊端和たちのいる遼陽にも、鄴の様子は伝わります。 鄴は陥落し、見事に秦軍が入城したという知らせです。 一方で、兵糧が完全に尽きもう兵士たちの気力・体力ともに限界で決して有利な展開であるわけでもないことも一緒に、です。 どうにかして動きたい楊端和たちですが、もちろん李牧が先手をうち唐利軍に包囲されていることで身動きが取れません。 黄河の水路を塞がれてしまった今、残すところはもう遼陽のみなのか? 王翦の戦略であえてこの包囲されている遼陽すら活用するのか、非常に見どころなところです。 李牧の命の行方は…? 趙の王都 邯鄲から招集された李牧ですが、朱海平原での大敗を咎められることで間違いありません。 というのも悼襄王 趙の国王 に以前、鄴を失ったらお前を切り刻むと宣告されていたからです。 事実戦いに敗れ、秦軍は飢餓状態にあるとはいえど城は奪われている状況。 まず間違いなく重い処罰がなされることでしょう。 実際に史実を見ていると、この戦いのあとに李朴は暗殺されてしまうとあります。 実際に今回の李牧に対する処遇も、ひどいものとなることは間違いありません。 舜水樹の油断 李牧同様に、列尾を攻めるのはおとりである可能性が高いと読んでいた舜水樹は、おとりとわかった瞬間に黄河から攻めてくることを確信していました。 そして、黄河の軍が秦軍を壊滅させたことを耳にした舜水樹は、これで鄴にいる秦の兵士たちが飢え死にするまで待つのみと高をくくります。 李朴が王都 邯鄲へ招集され、その後の指揮官を任された舜水樹は、李牧ですらそれ以上のことはないと思っているので油断しているんですね。 ここが、趙国の落とし穴となることはまだ誰もしりません、、、 何か嫌な予感を感じていた李牧でしたがこのときにはまだ気づかず、趙国へ帰ってしまったのが運のつきでした。 兵糧は結局どこから? 誰もが予想しなかった食料の補給先、それは 斉国です。 実は同盟を結んでいた斉国から兵糧を入手していた王翦、これはさすがにだれも思いつかないですし、昌平君が驚くわけです、、、 つまり、列尾、黄河の両方がおおりで、第三の矢である本命をしっかり準備していたということになります。 先の先を読む、これはもう王翦が李牧を上回ったことを確信にかえる大逆転劇です。 この斉国からの兵糧のおかげで、秦軍の兵士たちは一気に活力をとりもどします。 そして、鄴を巨大なる拠点として趙国の王都 邯鄲を攻め落とす準備を着々とはかるのです。 これで秦国の完全勝利、李牧の完全敗北が決定するのです。 キングダムネタバレ最新話638話の確定速報について読者の予想・考察・感想は? 鄴(ぎょう)への食糧運搬の本命は黄河でした。 秦が水軍の大補給船団を派遣しましたが、しかしさすがに李牧もこれを読んでいましたね。 水軍に関しては秦よりも趙に軍配が上がりそう。 ツイッターだけでなく、キングダムの専用掲示板の情報も一緒に掲載していきます。 ツイッターによる最新話637話の予想・考察は? 638話 趙軍が包囲してるギョウ城に兵糧が!? 638話に目が離せません! キングダムのコミュニティによる最新話の予想・考察は? スポンサーリンク キングダムネタバレ最新話638話の確定速報!決定内容がこちら 鄴を囲んでいる李牧も他に何か手があるのではないか?と考えを巡らせていますね。 王翦の打つ手がこれから明らかになってくるはずですが、李牧にとっては王翦が鄴を兵糧攻め合戦に持ち込んだのも予想外のことなら、そもそも列尾を越えてきたことも予想外のこと。 この先は完全にネタバレとなりますのでご覧いただく方は注意してくださいね! ついに兵糧がとうちゃく?いったいどこから!? 餓死も直前の状態で城内に横たわる秦国の兵士たち。 もう限界が近づいています。 いつそのまま死んでもおかしくない状態、ですがそこについに城の門が開かれました。 そう、兵糧が到着したのです、しかも尋常じゃないほどの大量の兵糧。 空腹が限界であった兵士たちは、みな完成をあげて涙を流しながら大喜び! これを見張っていたカイネたちの趙軍でしたが、完全に焦っています。 いったい、どこから兵糧は運び込まれたのでしょうか? 斉国から兵糧を調達 そうです、秦国と同盟を結んでいた斉国から、兵糧を倍の値段で購入し運び込んでもらったのです。 李牧たちが黄河の水路を使うことを読んでくるであろう、ということを読んでいた王翦がそれを利用して誰も考えもしない斎国へ兵糧のお願いをする。 完全に相手を欺く戦略、秦国の王都すら欺く王翦の先を読むちからは、おそらくこれまでの大将のなかで1番なのではないでしょうか。 【キングダムネタバレ最新話638話確定速報!】まとめ 鄴を囲んでいる李牧も他に何か手があるのではないか?と考えを巡らせていますね。 王翦の打つ手がこれから明らかになってくるはずですが、李牧にとっては王翦が鄴を兵糧攻め合戦に持ち込んだのも予想外のことなら、そもそも列尾を越えてきたことも予想外のこと。

次の

キングダム637話の完全ネタバレ!638話で王翦の進軍前の依頼が炸裂か!

キングダム 637話 ネタバレ

2020年4月2日 木 発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム637話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 前話 では、朱海平原に残されていた8割の兵たちが到着しましたが、兵糧問題は解決せず、軍議が開かれました。 秦国の昌平君は兵糧問題を察して介億を列尾に送りますが、李牧はあらかじめ予測して舜水樹が兵糧を奪おうとします。 しかし、介億が持っていた兵糧の俵の中身は空であったことが発覚し、焦る舜水樹と笑みを浮かべる介億がとても印象的でした。 637話以降はどんな展開が待ち受けているのでしょうか? 今回は「【キングダムネタバレ637話最新話確定速報】介億の偽物の兵糧は誰の策で李牧は処刑される?」と題し紹介していきます。 キングダム637話ネタバレ最新話考察 キングダムで好きなキャラは介億です — えーすけ aceke1234 前話では介億の兵糧が空であることに驚く舜水樹と、それに笑みを浮かべる介億の姿がとても印象的な回でしたが今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 偽物の兵糧の策は誰の考案? 前話の636話では、列尾に兵糧を持ってやってきた介億に対し、舜水樹が攻撃をしかけて兵糧を燃やしました。 しかし、その介億が持っていた兵糧は、中身がない偽物であったことが判明します。 介億は得意げにニヤリと笑みを浮かべていましたが、これは一体誰が考えた策なのでしょうか? ナレーションには「介億の策」と記載されていましたので、やはり介億が考えた策なのでしょうか? それとも昌平君があらかじめ予測していて、介億に策を授けたのでしょうか? 「王翦からの指示なのではないか」という考えもできますね。 この考察に関しては、次回のキングダムで明らかになりそうですので、期待して待つことにしましょう。 アッサリし過ぎです今回のジャンプ!!笑 あーーんな簡単に鄴を取られるとは趙季泊にはガッカリです。 まぁ普通の人ならああなってしまうのでしょうね。 そして!王翦が昌平君に頼んだことが次回でようやく分かるはずです! リキさんの考察はどうなったのか楽しみに待ってます! リキ隊長 ご武運を — ゆうた 0xxJAZkF6i2gtmR キングダムの地図を改めて見てみると、秦よりも楚の方が大きな国ですし、趙もなかなかの領土の大きさ。 今の時点ではまだ秦はどの国も滅ぼすことはできていませんが、李牧が倒れて趙が滅びるなど一定の成果をあげてからは、一気に秦の統一に向けて物語が進んでいくでしょうね。 彼はどうやって兵糧欠乏問題を解消するのだろうか? 個人的には朱海平原に残った8が鍵を握っているものと予想しておく。 桓騎だったらもっと早く戦いを終わらせていたという自信の表れかもしれませんが、王翦が来ることに対しては桓騎も大きな信頼を寄せていた感じ。 この信頼関係は見ていて良いもんだなぁ。 多少無理はあるけど確かにそれっぽい複線はある。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 黄河を利用して兵糧を届ける秦国 俵の中身が空であることに驚いた趙兵たちは、他の俵も中身が空であるかどうか確認します。 そして中身が全て空であったため、趙兵たちは焦って舜水樹(しゅんすいじゅ)に報告をします。 そのころ、本物の兵糧は大量の船が積んで黄河を渡っており、秦国は水路を利用して兵糧を運んでいました。 舜水樹は介億の運んでいた荷物が空であったため、黄河から運んでいることを察します。 そして李牧もその策を予想しており、列尾から持ち込まれる可能性も考慮して念のために列尾に向かっていたのです。 これで本物の兵糧の運搬方法が黄河であることが確定しました。 黄河での兵糧争い 李牧は秦国が黄河を利用することを予想して水軍を向かわせていました。 そして兵糧を運ぶ秦国軍の前に、圧倒的に数の多い趙軍が現れました。 突然目の前に趙軍が現れたことで驚く秦国軍ですが、もしここで本命の兵糧を奪われてしまったら鄴にいる兵士たちが餓死してしまいます。 秦国軍は兵糧を死守するために応戦しようとしますが、水上戦は趙軍の方が経験値が高いため、大量に放たれた矢を防ぎきることができません。 そして趙軍は船を秦国軍に近づけ、直接攻撃を仕掛け始めます。 こうして水上での激戦が開始されたのです。 不安になる鄴の秦国軍 一方鄴の城内では、立つことすらままならない兵たちが倒れ込み、瀕死状態でした。 そして座り込む信のもとへ、兵士が震えながらもわずかな食料を持ってきました。 しかし、信はそれを兵士に譲って鄴にそびえる旗を凝視していました。 このまま兵糧が届かなければ、鄴にいる兵たちは全員餓死してしまいます。 もしここで李牧が攻めてくれば確実に全員倒されてしまうほど、鄴にいる秦国軍は疲弊していたのです。 戦陣を去る李牧 秦国軍に対して次の策を練っていた李牧ですが、そこへ王直属の兵がやってきて、王命により邯鄲へ召集される旨を伝えられます。 秦国軍を追い詰めている最中で引き下がりたくない李牧は、拒否すればどうなるかを兵に尋ねるとカイネは剣を構えました。 しかし素早い動きでカイネたちは人質にとられ、側近を殺して強制的に連れ帰ることを示したため、李牧は不本意ながらも戦陣を立ち去りました。 馬車に乗せられた李牧の両手には手錠が付けられており、罪人の扱いになっていました。 秦国軍を餓死させて鄴を取り戻そうとした李牧ですが、少し遅かったようです。 水軍の勝利を見届けるという李牧の望みは叶わず、雷伯へ軍を任せて邯鄲へと向かいました。 追い詰められた秦国軍 李牧が馬車へと乗車しているころ、趙国の水軍は秦国軍を次々と沈めていきます。 兵士はどんどん倒れていき、大切な兵糧が水中へとどんどん沈んでいきました。 そして秦国軍は、とうとう趙国の水軍に完全に抑え込まれてしまいました。 秦国では昌平君が焦りの表情を見せていて、絶体絶命のピンチを秦国軍は迎えてしまったのでした。 キングダム637話ネタバレ最新話確定速報まとめ キングダム本誌では、前話からの兵糧問題が続き、ついに軍議が開かれました。 そして秦国からは兵糧を持った介億が列尾に向かい、舜水樹率いる趙軍が妨害しますが、その俵の中身は空だったので趙軍は衝撃を受けていました。 そしてキングダム本誌637話では、秦国軍は黄河を利用して兵糧を届けようとしたことが判明しましたね。 しかしそれは李牧も予想をしており、黄河には大量の趙国軍が待ち構えていたことで秦国軍は絶体絶命のピンチを迎えてしまいました。 果たして秦国軍はここからどのような対応を見せるのか? そして邯鄲へ連れ戻された李牧はどうなってしまうのでしょうか? 638話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。 以上「【キングダムネタバレ637話最新話確定速報】介億の偽物の兵糧は誰の策で李牧は処刑される?」と題しお届けしました。

次の

キングダム637話の完全ネタバレ!638話で王翦の進軍前の依頼が炸裂か!

キングダム 637話 ネタバレ

キングダム【第637話】のネタバレ 鄴へ兵糧を! 泰軍が運んでいる俵の中は全て空だとバレてしまいました。 想定より早くバレてしまいましたが、本命は他にあるため介億達は余裕の笑みを浮かべます。 一方秦軍青忠水軍大補給船団、黄河では、霧に紛れて鄴まで爆進中。 かんようでは青忠水軍大補給船団が列尾横を超えて趙国の水域に侵入したと報告が入っていました。 しゅんすいじゅは空の俵を見て、黄河の水路を使って兵糧を鄴へ運ぼうとしているはずと伝えられたことを思い出します。 逆にさらに裏をかく可能性を考え危惧したものの要らぬ心配だったと納得しました。 既に水路から鄴を救う術は封じていたのです。 敵襲 大量の船が前方から来てしまい敵襲に為す術がありません。 鄴の命を繋ぐこの兵糧ごと水底に沈めてくれるというこうきおうの言葉そのまま、船は囲まれてしまいました…。 鄴城内 一方鄴城内では飢餓に苦しんでいました。 李牧は鄴を見つめながらどうしたものかと胸騒ぎを感じていました。 その時、王印の騎士団から王都かんたんへと王命により同行を求められます。 断れば側近達の皆殺し。 李牧はまるで罪人扱いのごとく側近と共に馬車に乗せられ王都に向かうことに。 どうやらしゅかいはいげんの敗戦の咎のようです。 李牧はせめて黄河の水軍の勝報まで確認して去りたかったのですが致し方ありません。 しんすいじゅを信じる李牧。 そこさえ止めてしまえばおうせんぐんは飢え死にします。 一方海上では次々と兵糧が海に捨てられていきました…。 そしてかんようでは、水軍壊滅の急報が入ります。 また、おうせんでは出撃前のかんようにて交わされた会話がありました。

次の