中国 製 の マスク。 中国産マスク「基準満たしていない」「使用する意味がない」と返品相次ぐ。検査キッドの精度30%以下|チエタビ

中国製マスク粗悪品の見分け方は?偽物のマスクマークに要注意!

中国 製 の マスク

スポンサーリンク マスク不足が続いている中、とある場所ではマスクが大量入荷され値崩れも起きているなんてニュースが! 近所のドラッグストアには全然入荷されないので羨ましいな〜なんて思っていました。 しかし、よくよく見ると値崩れしているマスクは中国製の粗悪品っ! マスクの紐がちぎれたり、そもそも紐が付いてなかったり、なかなかひどい品物のようです。 安いからといってよくパッケージを見ないで買うと、こういった粗悪品をつかまされてしまうこともあるようですね。 マスクを買う時には気をつけなければ・・・! そこで今回は、「 【画像】ダメナマスクに注意!中国製の偽物マスク・粗悪品はコレだ!」と題して、 いま出回っているダメナマスク(偽物マスクや粗悪品)について、画像付きでご紹介していこうと思います。 偽物をつかまされないように、マスクを購入するときの参考にしてみてくださいね。 【ダメナマスクの特徴】• ヒモが切れている• ヒモがつながっている• ヒモが無い• ヒモが縫い込まれている• ヒモの位置がおかしい• マスクがシワシワになっている• 日本製マスクを模造した偽物• 表記の枚数が入っていない このような売れるからといって雑に作られたマスクが市場に出回っているようなので、気をつけなければなりません。 では、実際にどんなものが粗悪品として出回っているのか画像付きでご紹介していきたいと思います。 ダメナマスクはこれ! 偽物マスク 「PITTA」マスクの偽物として、「 PINNA」・「 PTTGY」・「 PITTE」といった商品名で売られているものがあります。 自分も楽天で買って1ヶ月以上掛かって中国から届いたマスク、PINNAだったわ。 購入する際には商品名をきちんと見て買う必要がありそうですね。 粗悪品マスク ヒモがちぎれていたり、ヒモがなかったり、マスクとしての機能を果たさない粗悪品マスクも出回っています。 コロナウィルス発祥の地、中華製のマスク。 日本が何十年も前から作ってるものより品質の悪いものを作るとか中国おかしいやろ。 — きたき kitakin700 今 テレビでダメナマスクやってたからこの間買ったマスク確認してみたらダメナマスクだった 50枚全部耳にかけるゴムないやん… — 無形工房こっへん 中野千恵美 butamesilunci 「ダメナマスク」 職場で配布する50枚入りのマスクを仕分けていたら3箱とも49枚だった の思い出す 流石中国!と盛り上がったけど😷 — きのし k1n8sh1 箱の中身を確認するまで、粗悪品のマスクなのか分からないところが痛いですよね。 そこで、外箱からでも判断できるマスク選びのポイントをまとめてみました! 【マスクを購入する際のポイント】• 箱や袋に輸入元と販売者の表記があるもの• 日本製のもの 必ずしもこれが粗悪品では無いことを証明するものではありませんが、この選び方を意識すると粗悪品を買ってしまう確率は少なくなると思います。 最後に マスク不足がなかなか解消されない中で、このような粗悪品が流通してしまうと消費者としては買い物が難しくなってしまいますよね。 マスクは入荷自体が珍しい地域もまだたくさんありますので、売っていたら飛びついて買ってしまうこともあると思います。 ですが、偽物マスクや粗悪品マスクが存在するということを意識して、落ち着いて買い物をするようにしてくださいね。

次の

【画像】ダメナマスクに注意!中国製の偽物マスク・粗悪品はコレだ!|もちっとぷらす

中国 製 の マスク

目次(もくじ)• 【前日譚】購入までの経緯 マスクについては、実店舗で国内パッケージ品の確保に努めていたのですが、さすがに備蓄分が乏しくなってきたため、通販での確保を行うことに…。 という流れは前回ご紹介した通りです。 現時点で、通販でマスクを通販で購入する場合の注意点などについては、詳しくは前回記事を参考にしてください。 マスクの製品評価についての前提 最初に、マスクの製品評価についての前提となる部分ですが…。 『お金節約. com』編集部にて考えていることをお伝えさせて頂きますね。 【注意事項】製品の『性能』評価は不可能 基本的な姿勢をお話しておきますと、『お金節約. com』編集部としては、マスクのような製品のクオリティに、生産国によって大きな差があるとは考えておりません。 とはいえ、 「実際のところ、どうなの?」ということが気になる人が多いことは、肌感覚として理解できますので、今回の記事はそのことにお応えしてみようという取り組みです。 また、性能評価の手段を持ち合わせていないことも合わせてお伝えしておきます。 マスクは特別に高度な製造技術を必要とする製品では無く、マスクの品質は結局のところ、使用されている『素材』に依存しています。 『素材』、つまり使用されている不織布の性能(どこまで微粒子を防ぐことができるか)については、当編集部ではまったく評価する手段を持ち合わせていません。 この点はご理解いただければと思います。 一般的な不織布マスクと同程度ならOKと考えています そもそものお話ですが、マスクでウイルスの侵入を防ぐことはできないとされていますし、『お金節約. com』編集部としても、そう理解しています。 マスクの着用は、自分がうつす側に回る可能性を低くすることに意味があるという理解で、具体的には自分が口から発する唾液の飛沫が防げれば良いはずです。 布マスクという製品もあるぐらいですから…。 突き詰めて考えれば、一般的な不織布マスクと同じぐらいに「造り」がしっかりしていればそれでOKだろうと。 そういう考えでいるのですね。 ここまでのところ、念のため、お話させて頂きました。 注文:4月2日• 連絡:受注確認、出荷準備、発送完了と3度連絡• 到着:4月4日 商品購入後のメール連絡から配送までは、 ほぼ即納状態でした。 全く文句のつけようが無い状態であり、率直に非常に素晴らしかったです。 【価格】現在の相場から見て十分納得できる水準 枚数 販売価格 1枚単価 10枚入り 1,000円 100円 50枚入り 3,000円 60円 販売価格の調査などから、このぐらいの相場観と考えています。 国内メーカーの加湿タイプマスクが単価150円程度ですので、上限としてはその辺りかと。 今回の商品は、現在の相場から見て 十分納得できる水準でした。 【包装】個別包装されていないのはマイナス点 「耳ひも」には、特別な付加価値は付けられていません。 一方、国内パッケージ品の付加機能としてあるような「長時間かけても痛くない耳ひも」とか、そういう配慮はありません。 率直に言うと、国内パッケージ品よりも ごく僅かに耳ひもの締め付けはきついように感じられました。 【総合判断】問題なく使用可能と判断 当製品に限らず、現在通販で入手可能なマスクの多くが抱える課題は「個別包装が実施されていない」ということかと思います。 製造メーカーの衛生環境はどうやっても正確につかむことはできませんので、受け入れるか否かは消費者ひとり一人が自分で判断するしかありません。 当編集部では、受け入れるという判断です。 (一応、数時間日向に置いて日光消毒を行うなどの事後的な配慮はしたのですが…) これらの諸点を前提としまして、 総合的に問題なく使用可能と考えています。

次の

中国製マスク合格証は信用できない?見分け方を紹介!

中国 製 の マスク

スポンサーリンク マスク不足が続いている中、とある場所ではマスクが大量入荷され値崩れも起きているなんてニュースが! 近所のドラッグストアには全然入荷されないので羨ましいな〜なんて思っていました。 しかし、よくよく見ると値崩れしているマスクは中国製の粗悪品っ! マスクの紐がちぎれたり、そもそも紐が付いてなかったり、なかなかひどい品物のようです。 安いからといってよくパッケージを見ないで買うと、こういった粗悪品をつかまされてしまうこともあるようですね。 マスクを買う時には気をつけなければ・・・! そこで今回は、「 【画像】ダメナマスクに注意!中国製の偽物マスク・粗悪品はコレだ!」と題して、 いま出回っているダメナマスク(偽物マスクや粗悪品)について、画像付きでご紹介していこうと思います。 偽物をつかまされないように、マスクを購入するときの参考にしてみてくださいね。 【ダメナマスクの特徴】• ヒモが切れている• ヒモがつながっている• ヒモが無い• ヒモが縫い込まれている• ヒモの位置がおかしい• マスクがシワシワになっている• 日本製マスクを模造した偽物• 表記の枚数が入っていない このような売れるからといって雑に作られたマスクが市場に出回っているようなので、気をつけなければなりません。 では、実際にどんなものが粗悪品として出回っているのか画像付きでご紹介していきたいと思います。 ダメナマスクはこれ! 偽物マスク 「PITTA」マスクの偽物として、「 PINNA」・「 PTTGY」・「 PITTE」といった商品名で売られているものがあります。 自分も楽天で買って1ヶ月以上掛かって中国から届いたマスク、PINNAだったわ。 購入する際には商品名をきちんと見て買う必要がありそうですね。 粗悪品マスク ヒモがちぎれていたり、ヒモがなかったり、マスクとしての機能を果たさない粗悪品マスクも出回っています。 コロナウィルス発祥の地、中華製のマスク。 日本が何十年も前から作ってるものより品質の悪いものを作るとか中国おかしいやろ。 — きたき kitakin700 今 テレビでダメナマスクやってたからこの間買ったマスク確認してみたらダメナマスクだった 50枚全部耳にかけるゴムないやん… — 無形工房こっへん 中野千恵美 butamesilunci 「ダメナマスク」 職場で配布する50枚入りのマスクを仕分けていたら3箱とも49枚だった の思い出す 流石中国!と盛り上がったけど😷 — きのし k1n8sh1 箱の中身を確認するまで、粗悪品のマスクなのか分からないところが痛いですよね。 そこで、外箱からでも判断できるマスク選びのポイントをまとめてみました! 【マスクを購入する際のポイント】• 箱や袋に輸入元と販売者の表記があるもの• 日本製のもの 必ずしもこれが粗悪品では無いことを証明するものではありませんが、この選び方を意識すると粗悪品を買ってしまう確率は少なくなると思います。 最後に マスク不足がなかなか解消されない中で、このような粗悪品が流通してしまうと消費者としては買い物が難しくなってしまいますよね。 マスクは入荷自体が珍しい地域もまだたくさんありますので、売っていたら飛びついて買ってしまうこともあると思います。 ですが、偽物マスクや粗悪品マスクが存在するということを意識して、落ち着いて買い物をするようにしてくださいね。

次の