サイパン ホテル。 ハイアット・リージェンシー サイパン (Hyatt Regency Saipan)

サイパンとグアム、日本人が消えた楽園の今

サイパン ホテル

ホテル アメリカーノの予約を無料でキャンセルして、全額返金を受けられますか? ホテル アメリカーノは、チェックイン日の数日前までにキャンセルした場合に全額返金可能な部屋を提供しており、弊社サイトでご予約いただけます。 宿泊施設のキャンセルポリシーで詳細な利用規約をご覧ください。 ホテル アメリカーノにパーキングはありますか? はい、無料のセルフパーキング、バレーパーキングがあります。 ホテル アメリカーノはペットを同伴できますか? 申し訳ございませんが、ペットおよび介助動物の同伴はできません。 ホテル アメリカーノのチェックインとチェックアウトの時刻を教えてください。 チェックイン可能時間は 15:00 ~ 05:30 です。 チェックアウト時刻は、正午です。 ホテル アメリカーノの施設内か周辺にレストランはありますか? はい、あります。 近くにはHiro 徒歩 2 分 、CHUNJI 徒歩 2 分 、Dakeyi Chinese Restaurant 徒歩 3 分 などのレストランがあります。 ホテル アメリカーノ周辺のおすすめスポットを教えてください。 おすすめスポットにはマイクロ ビーチ 徒歩 3 分 やマニャガハ島 2. 7 km のほか、サイパン カントリー クラブ 7. 1 km やキングフィッシャー ゴルフ リンクス 11. 5 km があります。 海沿いにあるリゾートホテルから徒歩数分、数百メートルの場所に位置し、ロビーを出て右にカジノ、左の通りには口コミ評価のいいステーキハウスがあります。 こちらのホテルは、新築で小綺麗なこともありリネン、水廻り、シャワーの水圧やWiFiなどストレスなく完璧でした。 ただ、中国からのゲストが多いようでテレビ番組は中国番組で唯一NHKの配信がひとチャンネルだけありました。 快適なホテルライフを過ごすには予約の際に静かな部屋をリクエストするといいです。 またチップにおいては朝食やベッドメイキングで気持ちを示すことで格段にサービスがアップしました。 ちなみに朝食はケータリングで用意したものをワンプレートで提供されるため男性では足りないかと思います。 また、3泊しましたが毎日日替わりで飽きることなく楽しむことができました。 なおホテル専用のキッチンがないため栓抜きの用意がありません。 スーパーなどで購入した瓶ビールやアルコールを飲むさいは、事前準備が必要です。

次の

子連れ海外旅行はサイパンがおすすめ!3つの理由&観光スポット5選

サイパン ホテル

この記事の目次• 小さな子供がいる場合は、 長時間の飛行機移動ではグズってしまったり、体調も心配ですよね。 また、多くの航空会社では 2歳または3歳から航空運賃が必要になります。 サイパンは、経由便を利用して 東京から飛行機で最短5時間半ほどでアクセス可能。 他の人気のビーチリゾートの中でもグアムに次ぐ近さで、子供にとっても大きな負担になりません。 サイパンはアジアでも人気の南国リゾートですが、 島の規模が小さいために 観光客数が少ないことが特徴。 2018年の 観光客数は5万人を下回る数でした。 似たような旅行先として グアムや ハワイと比較されますが、観光客数が1000万人規模のハワイ、150万人程度のグアムと比べると、サイパンのローカル感がわかりますね。 そのため、中心地のガラパンの街でもそこまで騒がしくなく、 自然豊かで素朴な雰囲気を味わうことができるのがサイパンです。 また サイパンは比較的治安の良い地域として知られているので、子連れでいろんな観光スポットを巡るときも安心。 家族みんなで南国ならではのスローな空気感を感じながら素晴らしい旅行時間が過ごせるでしょう。 サイパンのシュノーケリングについて詳しく知りたい方は、「」をご覧ください。 おすすめの観光スポットでもご紹介した ウォーターパークの「ウェーブジャングル」に併設しているホテルです。 宿泊客が 無料で利用できる大規模なプール施設以外にも、 ホテルの目の前のビーチではシュノーケリングやカヌーなどの マリンアクティビティを無料で楽しむことができます。 その他、卓球やビリヤードなど屋内での遊びも充実。 海で泳ぐのが苦手な子供でも安心です! 各国の料理を楽しめる ビュッフェ形式のレストランでは、なんと 6歳未満の子供は料金が無料!どうしても費用がかさむ子連れの家族旅行において、とても嬉しいポイントですね。 シュノーケリングやカヤック、パターゴルフにビーチバレーなど、 宿泊客が無料で利用できるアクティビティーが充実しています。 キッズプレイルームも完備なので、小さな子供を連れての旅行でも安心です。 ベビーベッドや ベビーバギーなどのレンタルサービスがあるのも嬉しいポイント。 また、 敷地内にコインランドリーがあるので、子供が服を汚してしまって持ってきた服が足りなくなったときも安心です。 リゾートホテルにも関わらず、他のホテルと比べて 料金がリーズナブルなのも魅力。 サイパン・ワールド・リゾート同じく敷地内に ウォーターパークが併設されています。 メインプール以外にも流れるプールやキッズプールなど種類豊富で子供か大人まで家族で楽しめる アクティビティが充実しています。 特に子連れ旅行のお父さんお母さんに嬉しいのが、 キッズクラブのサービス!宿泊している 4歳〜12歳までの子供が対象で、ホテルのスタッフが引率する様々なアクティビティが実施されています。 いろんな国の子供たちと交流するのは、子供にとっても貴重な体験になるでしょう。 PICサイパンでは、メンバーシップカードの制度があります。 「PICカード」は、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階のシステムで、食事やアクティビティなどランクによって受けられるサービスが異なります。 最も良いランクの「ゴールド」になると、 朝昼夕の食事が無料になるというサービスも。 利用する状況に合わせて選びましょう。 PICホテル周辺には何もありませんが、ホテルではアクティビティや、遊べる道具のレンタルが充実しています。 サイパンでは ホテルでアクティブに過ごしたいという家族に人気のリゾートホテルです。 さらにベビーベッドやベビーガードの無料レンタルもあり。 さらに ベビーシッターを手配してくれるサービスもあるので、赤ちゃんを連れての旅行にもおすすめです。 Pacific Islands Club Saipan 所在地 San Antonio Street, Afetna, Saipan 96950 アクセス サイパン国際空港から車で約7分 ウェブサイト サイパンのホテル情報について詳しく知りたい方は、「」をご覧ください。 子連れ家族で楽しめる!サイパンの観光スポット5選 サイパンは 子連れで楽しめる観光スポットがたくさん!ビーチではのんびり家族でくつろぎの時間が過ごせることはもちろん、子供達が喜ぶ 巨大なウォーターパークのあるプールや、 潜水艦ツアー、 クルーズ体験など 海でのアクティビティが充実しています。 5kmほどの小さな無人島。 「 マリアナブルー」に輝く透明度の高い海と真っ白なビーチが広がる 地上の楽園と称される 人気の観光スポットです。 ダイビングスポットとしても人気がありますが、子連れでも ビーチでのんびり過ごせる島として整備されています。 サイパン島から 船で15分ほどというアクセスの手軽さが魅力。 子供達も物足りないと言うほどあっという間に着いてしまいます。 行き方はスピードボートとクルーズ船の2つがありますが、子連れの場合は 揺れの少ないクルーズ船がおすすめです。 マニャガハ島は無人島ですが、 シャワー、トイレ、更衣室、コインロッカーを完備。 簡単な食堂 レストランや お土産店も営業しています。 ビーチボールや 道具など各種遊び道具も レンタルできるので子連れでも気兼ねなく楽しめますね! 子供と一緒にアクセスするなら、サイパンの主要なホテルから車と船で 送迎してくれるオプショナルツアーを利用するのがおすすめです。 ゲームやスポーツで遊べるプレイプール、さまざまな種類の波を生み出すウェーブプール、流れるプールのアマゾンリバーなど、多種多様なプール設備は一日遊んでも飽きない規模。 もちろん キッズプールも完備しているので子連れでも安心です。 また、ウェーブジャングル最大の魅力は絶叫の ウォータースライダーエリア。 楽しい 仕掛けや大掛かりなウォータースライダーは、日本では味わえないスケール。 子供も大人も大興奮です! ウェーブ・ジャングル 所在地 P. BOX500066, SAIPAN MP. 96950 アクセス サイパン国際空港から車で約8分 営業時間? それでも、サイパンの美しい海を子供たちと一緒に体験できるのが、 サブマリンツアー。 サブマリンツアーは、 サイパンで唯一の潜水艦「ディープスター」に乗って海底探検をするツアーです。 潜水艦は水深15メートルほどの海底へ。 海の中は生き物たちにとっての楽園! 色とりどりの熱帯魚や 大きなサンゴが目の前に現れれば子供たちも大興奮!また戦時中に 沈没した船や、 戦闘機なども見られるので、子供達にとっても 大人にとっても貴重な体験になります。 注目ポイント なおサブマリンツアーには年齢制限があり、 3歳未満の子供、または 身長76センチ未満の子供は参加できません。 小さい子供を連れてサイパンに行く方は注意してくださいね。 沈みゆく太陽とオレンジ色に彩られたサイパンの海、 マジックアワーの贅沢な時間を過ごせるクルーズ体験です。 あるいは、 ディナーがセットになったオプショナルツアーで、船上で夕食まで済ませてしまうのもアリですね。 ディナーのあとは、船の上で エンターテイナーたちによるパフォーマンスが繰り広げられます。 小さな子供でも退屈せずに楽しめるプログラムになっています。 サイパンでのリゾートバカンスを締めくくるなら、サンセットクルーズで決まり! サイパンの観光情報について、より詳しくは・・・「」をご覧ください。 他にも バードアイランド、 グロット展望台、そして バンザイクリフなどサイパンの特徴的な自然を体験できる観光スポットがたくさんあります。 しかし、サイパンは 公共交通機関が発達していないため、島内を動くには レンタカーが必須になります。 海外での運転には 国際免許証の取得が必要だったり、日本と 交通ルールが異なる土地で車を走らせるのは何かと不安がついて回りますよね。 子連れ家族のサイパン旅行で自然の中にある観光スポットを見に行きたい時には、 島内観光のオプショナルツアーを利用するのがおすすめです! 専用車で観光スポットに連れて行ってくれるツアーや、 日本語ガイドが案内する安心の現地ツアーも催行しているので、子連れの海外旅行に慣れない方も楽しく観光が楽しめます。 ホテルへの送迎もついているので楽々です! サイパンのいろんな魅力に触れられるのも、島内観光ツアーのメリットです。 子連れ家族の旅行先比較!《サイパン・グアム・セブ島・ハワイ》 ここでは、子連れ家族の旅行先としてサイパンと検討される人気の南国リゾートを比較! グアム、 ハワイ、 セブ島、どこが良いか悩みどころですよね。 サイパンよりも南に位置していますが、直行便が就航しているので東京からの移動時間は 3時間半ほど。 サイパンよりも短い飛行時間で移動することが可能です。 3連休でバカンスを満喫することも現実的です。 グアムはサイパンよりも 面積が5倍も大きい島なので、訪れる観光客も多く、繁華街はとても 賑やか。 ショッピングも楽しめます。 また、米軍基地があるためにサイパンよりも アメリカ文化が強いことが言えます。 利便性や経済面ではグアムに軍配が上がりますが、子連れで のんびりとリゾートを楽しみたい場合には、 サイパンの方が旅行先に良い選択だと言えます。 直行便が就航しているので、東京から 飛行機で5時間程度でアクセスが可能です。 サイパン島のように海に囲まれたセブ島ですが、実は ビーチに乏しい島。 海沿いのリゾートホテルには 人工のプライベートビーチが作られていますが、美しいフィリピンのビーチを楽しむには近くの 離島へ行く必要があります。 それに比べて、 サイパンには天然のビーチがたくさんあるので、ビーチ散策の楽しみがあります! また、セブ島の魅力は ショッピング施設が充実していること。 セブの街にはブランド品が揃う巨大ショッピングモールが複数あるので、買い物が楽しいことは大きな利点です。 また、日本やサイパンと比べて 物価が安いことも嬉しいポイントです。 セブ島も時差が1時間なので、 3連休でも海外旅行が可能。 そして、セブ島の最も大きなメリットは、日本の主要空港から LCCが就航していること!格安航空券は、子連れ家族旅行の強い味方ですね。 しかし、セブ島の難点としては 治安の問題が挙げられます。 セブ島はフィリピンの中では治安は良い方ですが、やはりそこはフィリピン。 スリや窃盗の被害もあるので、あまり呑気に街歩きができません。 リゾートホテルにこもるのであれば、ゆったり過ごせるのがセブ島です。 サイパンの治安情報について詳しく知りたい方は、「」をご覧ください。 主要4島はそれぞれ違った魅力を持ち、さまざまな楽しみ方があります。 ハワイは アメリカで50番目の州。 ワイキキの街は本国同様に 商業化しているので、ショッピング施設は圧倒的な規模です。 買い物天国なので、海外ではショッピングは一つの目的だという方は、迷わずハワイを選びましょう。 アメリカ文化が根付いていますが、ポリネシア人による オリジナルのハワイ文化が今も色濃く継承されていることが魅力です。 湿度も低く過ごしやすいなど、魅力いっぱいのハワイですが、子連れ家族にネックなのは移動距離。 日本から 直行便でも7時間以上の飛行時間になります。 そして、日付変更線をまたぐために 時差は19時間!最低でも3泊5日は欲しいところですね。 したがって、サイパンへの旅行と比較して 旅費が割高になってしまうことは避けられません。 資金と時間がある場合にはおすすめですが、気軽に子供を連れて週末海外!というわけにはいきません。

次の

サイパンとグアム、日本人が消えた楽園の今

サイパン ホテル

正式名称 北マリアナ諸島自治連邦区 Northern Mariana Islands 首都 サイパン (SAIPAN) 言語 英語、チャモロ語、カロリニア語 宗教 キリスト教(カトリックが中心) 気候 熱帯性。 時差 日本との時差は+1時間。 サイパン(北マリアナ諸島)の方が進んでいる。 サマータイムはない。 水事情 水道水や生水は飲めないため、ミネラルウォーターを飲むこと。 通貨、チップ 【通貨】 米ドル 【チップ】 習慣がある。 【海水浴について】 ビーチをはじめ公共の場で裸になることは禁じられている。 また、サンゴや貝殻の採集、持ち帰りは禁止されている。 違反者には罰金が課せられる。 VISA (観光査証および渡航認証) 不要 180日間で90日以内の観光は査証不要。 目的別の楽しみ方• きれいな海に囲まれたマニャガハ島で思いっきり遊ぼう!追加代金なしでのツアー参加も可能!• 家族みんなが楽しめる海外旅行はサイパンがおすすめ!2歳未満の幼児は旅行代金100円、12歳未満のお子様は半額のツアーもご用意!• 卒業旅行におすすめのツアーをご紹介!嬉しい価格がたくさん!ビーチアクティビティ満載のサイパンへ、みんなで行こう!• バードアイランドやシュガーキングパークなど、海以外にも楽しい場所がいっぱい!島内観光で巡ってみよう!• 新婚旅行など、2人っきりでのんびり過ごすのにピッタリのツアーもあり!予算に合わせて、おすすめのプランをご紹介します!• 憧れの海外挙式!真っ青な海や緑豊かな自然に囲まれた、サイパンの素敵なチャペルをご紹介!船上ウェディングができるプランも。 サイパンの注目情報!.

次の