みずほ 銀行 システム 統合。 「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史」が普通に称賛案件だった件について

みずほシステム統合、20年の格闘

みずほ 銀行 システム 統合

みずほ銀行は、2019年10月以降、順次、旧みずほコーポレート銀行のEBサービスを旧みずほ銀行のEBサービスに統合しております。 上記統合による変更点や、サービス統合後のご利用開始手順やサンプルデータ等を各サービス毎にご案内しております。 大変お手数をおかけいたしますが、貴社の業務やシステムへの影響等をご確認のうえ、サービス統合までに必要な対応をお願いいたします。 旧みずほ銀行のEBサービスへ統合するサービス サービス統合にかかるご案内 みずほe—ビジネスサイト• ホストコンピュータ・パソコンサービス<一括伝送> パソコンサービス(ANSER—SPC) ホームユースANSERサービス ファクシミリサービス テレホンサービス 共同CMS• みずほビジネスWEB• 2020年4月17日 「ホストコンピュータ・パソコンサービス<一括伝送>、パソコンサービス(ANSER—SPC)、ホームユースANSERサービス、ファクシミリサービス、テレホンサービス、共同CMS」のページのEBサービス統合に関するご協力のお願いを更新しました。 「みずほe—ビジネスサイト」のページのEBサービス統合に関するご協力のお願いを更新しました。 2019年10月4日 「統合後のサービスのご利用開始にあたり、よくあるご質問」を追加しました。 2019年7月17日 「みずほe—ビジネスサイト」のページの各種明細照会の変更点、仕向送金依頼、輸入信用状発行・条件変更依頼における引き継ぐ情報の編集内容、サンプルデータ(CSVフォーマット)、サンプルデータ(帳票)を更新しました。 「ホストコンピュータ・パソコンサービス<一括伝送>、パソコンサービス(ANSER—SPC)、ホームユースANSERサービス、ファクシミリサービス、テレホンサービス、共同CMS」のページのEBサービス統合に関するご協力のお願い、各種明細照会の変更点を更新しました。 「みずほビジネスWEB」のページのEBサービス追加 統合に関するご協力のお願いを更新しました。 2019年5月28日 本ページと「みずほビジネスWEB」のページを開設しました。 また、「みずほe—ビジネスサイト」「ホストコンピュータ・パソコンサービス<一括伝送>、パソコンサービス(ANSER—SPC)、ホームユースANSERサービス、ファクシミリサービス、テレホンサービス、共同CMS」のページを更新しました。 2018年12月3日 「みずほe—ビジネスサイト」「ホストコンピュータ・パソコンサービス<一括伝送>、パソコンサービス(ANSER—SPC)、ホームユースANSERサービス、ファクシミリサービス、テレホンサービス」のページを開設しました。 Q1統合後サービスに切替ができているのか確認したい。 A1みずほAdvancedバンクをご利用のお客さまは以下の確認方法にてご確認をお願いいたします。 みずほAdvancedバンク以外をご利用のお客さまは、お手数ではございますが、ソフト提供元にご確認いただきますようお願い申しあげます。 なお、EBサービス統合以前に旧みずほ銀行でご契約いただいた場合は「03572535610001」以外でも統合後サービスに接続されている場合もありますが、その場合は、今回のご案内の接続先銀行の変更は不要です。 ご利用開始時のサイクル番号が「01」以外の場合、エラーとなりお取引ができませんので、現在ご利用中のサービスで設定したサイクル番号を引き継がないようご注意ください。 Q3統合後サービスの利用を開始したが、現在利用しているサービスから取引明細照会を取得するのを失念しました。 取得を失念した取引明細照会を取得できますか? A3 統合後サービスのご利用開始日当日であれば、現在ご利用中のサービスから以前の取引明細照会を取得することができます。 しかしながら、統合後サービスのご利用開始日の翌営業日以降は、取得することができません。 未取得明細が必要な場合は、お手数ではございますが、上記「EBサービス統合お問い合わせ窓口」にご相談いただきますようお願い申しあげます。 Q4統合後のサービス切替後、総合振込、給与・賞与振込を行い、ANSER—FAX方式でのデータ承認・取消を行ったところ、「間違った番号が届きました、もう一度、委託者番号をどうぞ」のアナウンスが流れ、承認・取消ができない。 A4 総合振込、給与・賞与振込の振込データ承認・取消が「ANSER—FAX方式(お客さまのFAX操作による確認)」の場合、センター接続先番号が以下の通りに変更となります。 つきましては、以下の接続先番号にて、再度総合振込、給与・賞与振込の承認・取消を行ってください。 なお、振込データ承認・取消における暗証番号は変更ございません。 札幌:011—271—3220• 青森:017—775—1721• 秋田:018—832—2159• 盛岡:019—625—8345• 仙台:022—291—2424• 福島:024—522—2600• 山形:023—624—6200• 千葉:043—246—6481• 横浜:045—312—4884• 浦和:048—834—1431• 前橋:027—269—8110• 宇都宮:028—632—8770• 水戸:029—231—5777• 甲府:055—231—1199• 新潟:025—223—1322• 長野:026—226—6491• 金沢:076—233—2468• 富山:076—432—3881• 福井:0776—52—5264• 静岡:054—286—7676• 名古屋:052—937—1439• 岐阜:058—262—4102• 津:059—222—4160• 大阪:06—6453—6810• 京都:075—682—5120• 神戸:078—371—8484• 大津:077—521—0305• 奈良:0742—62—6072• 和歌山:073—422—3913• 松山:089—922—1730• 高松:087—834—6556• 徳島:088—656—0065• 高知:088—824—0215• 広島:082—253—8023• 下関:0832—31—2131• 岡山:086—243—8300• 鳥取:0857—23—2965• 松江:0852—28—0168• 福岡:092—481—0901• 長崎:095—828—3466• 宮崎:0985—31—3709• 大分:097—547—0029• 熊本:096—384—7780• 佐賀:0952—26—4387• 鹿児島:099—226—2044 Q1統合後サービスに切替ができているのか確認したい。 A1みずほAdvancedバンク、みずほAdvancedシューターをご利用のお客さまは、以下の確認方法にてご確認をお願いいたします。 上記ソフト以外をご利用のお客さまは、お手数ではございますが、ソフト提供元にご確認いただきますようお願い申しあげます。 (統合後サービスのご利用開始日以前は、いずれの接続先設定の銀行コードの場合も、現在ご利用中のサービスとなります Q2統合後サービスで振込・振替ができない、資金移動暗証番号がロックされました。 A2(現在ご利用中のサービスで資金移動暗証番号を標準方式【固定4桁+可変3桁】(「振込振替暗証番号」欄に可変部を含めた7桁を入力)でご利用の場合) 統合後サービスはB方式【固定7桁+可変2桁】に変更となります。 お手数ですが、 固定7桁は「000+現在ご利用の固定4桁」を"振込振替暗証番号"欄 可変2桁は「01」を振込振替内容確認画面の"承認暗証番号"欄 に入力し、ご利用いただきますようお願いいたします。 また、振込振替取消時の暗証番号入力方法も、 "振込振替暗証番号"欄に固定7桁+可変2桁に変更となりますので、合わせてご確認ください。 (現在のサービスでB方式【固定7桁+可変2桁】をご利用の場合) 固定7桁は「現在ご利用の固定7桁」、 可変2桁は「01」からご利用を開始いただきますようお願いいたします。 資金移動暗証番号がロックされた場合、お手数ではございますが、上記「EBサービス統合お問い合わせ窓口」にご連絡いただきますようお願い申しあげます。 なお、資金移動暗証番号が固定暗証方式の場合、資金移動暗証番号の変更はございません。 Q3振込・振替の照会、取消ができません。 A3現在のサービスで依頼された振込・振替については、統合後サービスで照会、取消ができません。 お手数をおかけいたしますが、統合後サービスのご利用開始日以降に、現在ご利用中のサービスで依頼された振込・振替を照会、取消を行う場合には、接続先設定の銀行コードを「0016:みずほコーポレート銀行」に変更してから、改めて照会、取消を行っていただきますようお願いいたします。 みずほAdvancedバンク、みずほAdvancedシューターの接続先設定の銀行コードの変更は、以下のマニュアルにてご確認をお願いいたします。 上記ソフト以外をご利用のお客さまは、お手数ではございますが、ソフト提供元にご確認いただきますようお願い申しあげます。 の5~12ページをご参照ください の4~7ページをご参照ください Q4統合後サービスの利用を開始しましたが、現在ご利用中のサービスから入出金明細照会を取得するのを失念しました。 取得を失念した入出金明細照会を取得できますか? A4統合後サービスのご利用開始日以降であっても、接続先銀行「金融機関コード0016:みずほコーポレート銀行」であれば、現在ご利用中のサービスから以前の取引明細照会を取得することができます。 取得いただくタイミングやご契約状況により操作が異なりますので、以下をご確認ください。 ただし、取得可能な取引明細は当日含む10営業日の明細に限られますので、お早めに取得いただきますようお願いいたします。 (統合後サービスのご利用開始日 当日に、現在ご利用中のサービスから入出金明細照会を取得する場合)• 上記ソフト以外をご利用のお客さまは、お手数ではございますが、ソフト提供元にご確認いただきますようお願い申しあげます。 の5~13ページをご参照ください Q1統合後のサービスのご利用開始手順について教えてください。 A1「」より手順をご確認ください。 Q2統合後サービスの電子証明書の取得方法を確認したい。 A2電子証明書を取得する際は、必ず以下2種類のみずほ銀行からの送付物をお手元にご用意ください。 「統合後のサービスの契約番号、各種初回パスワード等のご案内」(A4サイズの冊子)• 「登録完了報告書」(シークレット葉書)• 次に、より[電子証明書取得]ボタンを押してください。 電子証明書取得は、適宜「 」を参照しながら行ってください。 ご自身のユーザー区分に応じて、以下の項目を入力してください。 「統合後のサービスの契約番号、各種初回パスワード等のご案内(管理者ユーザー)」に記載の「統合後のサービスの契約番号(2から始まる10桁の番号)」「ユーザーID」「統合後のサービスの初回ログインパスワード」を入力してください。 「登録完了報告書」に記載の「証明書取得用パスワード」を入力してください。 「統合後のサービスの契約番号、各種初回パスワード等のご案内(一般ユーザー)」に記載の「統合後のサービスの契約番号」「ユーザーID」「統合後のサービスの初回ログインパスワード」「統合後のサービスの電子証明書取得用パスワード」を入力してください。 Q3統合後サービスの利用権限等の設定方法を確認したい。 A3管理者ユーザーの方は、初回ログイン後、ご自身の利用権限を設定いただく必要があります。 別途お送りした「統合後のサービス契約番号、各種初回パスワードのご案内(管理者ユーザー)」と「 」をお手元にご用意し、利用権限等の登録を行ってください。 一般ユーザーの方は、統合前のサービスの利用権限を引き継いでおります。 利用権限の変更が必要な場合は、管理者ユーザーへご依頼ください。 Q4統合後サービスのログインページを確認したい。 A4「」よりログインをしてください。 なお、統合後サービスへ初めてログインされる方は、事前に電子証明書を取得してください。 Q5統合後サービスのワンタイムパスワード利用開始登録方法を確認したい。 A5「 」と、現在のサービスでご利用いただいているカメラ付きハードトークンをご用意いただき、統合後のサービスで利用開始登録を行ってください。 新しいカメラ付きハードトークンが必要な場合は、お手数ですが「 」を取引部店へご提出ください。 Q6入出金・振込入金明細を「前回照会以降」として明細をダウンロードしているが、統合サービスでの明細の取得方法を確認したい。 A6「」より手順をご確認ください。 Q7仕向送金依頼の「作成中データ」「受取人・振込先銀行情報」の修正方法を確認したい。 A7「 」より手順をご確認ください。 Q8輸入信用状発行・条件変更依頼の「作成中データ」の修正方法を確認したい。 A8「 」より手順をご確認ください。

次の

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

みずほ 銀行 システム 統合

「みずほのシステム開発がヤバい」の何がヤバいのか詳しく知らなかった人に最適 「みずほ銀行のシステム開発が終わらなくてヤバい」 銀行やシステム開発業界以外の人間でもなんとなく噂に聞いたことがある人は多いだろう(2019年7月26日に新しい勘定系システム「MINORI」はようやく稼働開始)。 あるいは第一勧業銀行、日本興業銀行、富士銀行が合併して2002年4月1日にみずほ銀行が誕生してすぐ大規模システム障害を起こしたことや、2011年3月11日の東日本大震災後の義援金振り込みがあまりに大量になったためにやはりシステム障害を起こした際に被害にあったみずほユーザーも少なくないはずだ。 日経コンピュータの記者たちによる『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』は、なぜ合併から統合システムの構築まで19年、4000億円もかかったのか、なぜ二度の大規模障害が発生したのかを辿った著作である。 「ぼんやり聞いたことはあるけどあれなんだったの?」くらいの知識しかない読者が読むのにちょうどいい本になっている。 というのも、関わった人間がネットで漏らしてきたような現場の阿鼻叫喚、死屍累々ぶりは業界誌記者によるものということもあって極めて控えめだ。 「みずほ本」「みずほの本」などでSNSや書評サイトを検索すると、そこの手薄さに対する批判が目立ってはいる(批判者の多くは自分が関わって大変な目に遭ったからこそ「おいおい、そんな簡単にまとめんじゃねーよ」という怒りがあるのだと思われる)。 ただもうちょっとネットを掘っていくとこのプロジェクトに関わってきた方々による呪詛のような言葉はある。 システム開発に明るくなくてピンとこなかった部分も、関わった人以外も含めたネットの感想と合わせて読むと「ああ、そういうヤバいことなのね」とわかってくる。 だから、この本でおおよその全体像を把握した上で掘っていくことをオススメしたい。 さらっとした記述だがぎょっとすることの連発 本書は業界誌の記事をまとめたゆえに、ことさらに煽るような書き方はしていないが、それでもぎょっとするような記述はたくさんある。 たとえばそもそも合併直後になぜ大規模障害が起こったのかについての理由の分析だ。 これはそもそもシステム部門の言葉を経営陣が理解できず、口では「戦略的IT投資」とか言っていたが何もわかっておらず、情報システム部門に丸投げしていたことが大きな原因だ。 ではなぜそんなにやる気がなかったのか? 企業の資金調達が90年代以降、間接金融(銀行から借りる)中心から直接金融(株や社債を発行して調達)中心に移り、銀行が間接金融を行うための元となる資金(=われわれがふだん日常的に銀行に預けている普通口座のお金)の獲得、リテール業務は巨大ではあるものの収益性が下がっていったからだ。 それでいてリテール業務に関わる勘定系システムを改修するには莫大なコストが見込まれる。 だから手を付けなくていいならなるべく長い間、手を付けたくなかったのである。 そんな背景のもと、旧第一勧銀、旧日本興業銀行、旧富士銀行の三行とそれらの勘定系システムを作ってきたコンピュータメーカー各社は合併後もそれぞれが自分たちのことを中心に考え続けた結果、泥仕合になった。 ITのことが皆目わからず、さらに三行は勢力が均衡していたがために経営陣はトップダウンで決められず、「基盤は日本IBM、その上で走るアプリケーションは富士通」といった、システム開発に詳しくない人間が聞いただけでも「絶対それトラブル起きるでしょ?」という事態が現実に発生してしまった。 ほかの産業と比べても事故が起きてはいけない金融機関であるにもかかわらず、合併=新システム稼働の日付を優先し、見切り発車した結果、案の定トラブったのである。 筆者は2000年春に大学入学したタイミングで富士銀行の口座を作っていたが、2002年4月に合併したときキャッシュカードでお金を下ろそうと思ったらたしかATMの前に張り紙がしてあって「旧富士銀行のキャッシュカードは旧富士銀行の店舗以外では使わないでください」みたいなことが書いてあって「は???」と思った記憶がある。 それをやるとお金は引き出せないのに口座の金額だけは減るというとんでもないことになったのだ。 そのときは「合併って大変なんだなあ」くらいにのんきに思っていたが、「それはうまくいかないでしょう」という背景があったわけだ。

次の

【エンタメよもやま話】異例のベストセラー みずほ銀行システム統合本の凄さ

みずほ 銀行 システム 統合

営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。 営業する場所は変更となる場合があります。

次の