炭 治郎 受け。 【鬼滅の刃203話ネタバレ】炭治郎が鬼化し人間に戻るカギは禰豆子かカナヲ?|ワンピースネタバレ漫画考察

炭治郎の好物は何?おでこ固さはどれだけ?【鬼滅の刃(きめつの刃)】

炭 治郎 受け

その後、炭治郎はカナエから説明を受けた。 鬼は、ほとんど不死身であること。 生きている限り、どれだけ身体が欠損しようと再生する。 普通の人間よりも、身体能力が上がっていること。 それに対抗するため、鬼殺隊は独自の呼吸というものを使って、身体能力を上げて対抗している。 「えっ、呼吸って……疲れない呼吸のことですか?」 炭治郎は小さな頃、父さんに聞いた呼吸をずっとやっている。 そう、ずっと。 寝ているときも、無意識で出来るようになっていた。 「そうね。 炭治郎くんが鬼だったから気づかなかったけど、それは確かに私たちが使っている呼吸。 それも難易度の高い、全集中の呼吸・常中という技。 それをすれば、他の人とは格段に身体能力が上がるの」 「ああ、だから俺は人よりも運動が出来たんですね」 カナエはそれを聞いて苦笑いをした。 常中をやっていれば、「人よりも少し優れている」程度では必ず収まりきらない。 普通の人の何倍、何十倍もの身体能力を得ているはず。 それに加え、今では鬼となっている炭治郎の身体。 鬼殺隊の中でも、身体能力で炭治郎に勝てる人はいないかもしれない。 「……炭治郎」 「はい? なんですか、冨岡さん」 隣で話を聞いていた義勇が、いきなり割って入ってきた。 カナエは義勇が自分から喋り出したことに驚いたが、その後の言葉にも同じように驚く。 「おにごっこをしよう」 「……はい?」 炭治郎も、カナエと同じように目をまん丸にしていた。 その後、説明もほとんどなしで日が差している外に出て、数メートル離れたところで炭治郎と義勇が対峙する。 それを周りで炭治郎の家族、それにカナエが見守っていた。 「お兄ちゃん、頑張れー! 冨岡お兄ちゃんに負けるな!」 「兄ちゃーん、次は俺ともやろうぜー!」 花子と茂が炭治郎にそう声をかけて、炭治郎は「わかった」と言うように笑顔で手を振る。 「まったく、冨岡くんったら……すいません、葵枝さん。 同僚が炭治郎くんとおにごっこしたいって」 「いえいえ、大丈夫ですよ。 炭治郎も冨岡さんと遊ぶのは、楽しいと思いますから」 炭治郎の母親の葵枝や、兄弟達は楽しそうに二人のおにごっこを見ようとしている。 しかしカナエ、それに当人の炭治郎と義勇は真剣である。 カナエの邸宅は「蝶屋敷」と言って、鬼殺隊の隊士の治療所として開放されている。 そこで度々行われる「機能回復訓練」という、負傷して固まった隊士の身体をほぐす訓練。 その訓練の中に、おにごっこがあった。 義勇も何度もやったことがある。 「じゃあ行くよ。 お兄ちゃんが逃げる方で、冨岡さんが鬼。 よーい……」 禰豆子が声を上げ、始まりの合図をする。 「えっ!? あれ!? 兄ちゃん達、どこ行った!?」 「な、なんか雪がすごい舞ってるけど……!」 炭治郎の家族の中で、二人の姿を捉えている人は誰もいない。 ただ地面にある雪が、爆発でもしたかのように舞っていることしかわからない。 葵枝と禰豆子、それに竹雄も声を出せずに二人がどこに行ったか辺りを見渡している。 唯一、花柱であるかなえだけが、二人の姿を追えていた。 (どっちも全力……それで、冨岡くんが勝てないなんて……) 一対一でやるおにごっこは、普通なら追う方が有利である。 手を伸ばせば当たる距離にさえ持ち込めれば、勝てるはずなのだから。 しかし柱である義勇でさえも、炭治郎にその距離まで持ち込めていない。 その距離になったとしても、圧倒的な反応速度で躱されている。 数分やってから、義勇が止まる。 それに伴って炭治郎も止まるので、ようやく二人の姿がしっかりと見えた。 「あっ、兄ちゃん達いた!」 「どこまで行ってたんだろう? いつ帰ってきたんだろう?」 家族全員は二人が遠くまで行ってしまったのかと思っていたが、二人はずっとこの近辺でおにごっこをしていた。 ただ速すぎて、見えなかっただけだ。 「……胡蝶、二対一だ」 「えっ? 私も入るの? しかも鬼側で?」 「ああ、いいだろう、炭治郎」 「はい! すごく楽しいですね!」 義勇は一人では捕まらないと確信したのか、カナエも呼ぶ。 少し戸惑いながらも、カナエは楽しそうに入ってくる。 「久しぶりにおにごっこするわねー。 炭治郎くん、全力で行くね」 「はい! お願いします!」 そして、また炭治郎の家族には見えないおにごっこが始まった。 「またどっか行っちゃったね……」 「うん……近くですごい、風を切る音みたいのが聞こえるけど、それだけ」 「花子、茂。 暇なら薪になる木の枝でも拾ってきてくれ」 「はーい」 竹雄が二人にそう言って、二人も逆らうことなく自分の仕事をする。 その際に二人は、炭治郎と義勇とカナエがおにごっこをしている範囲の中に入ってしまうが、全くそれに気づかない。 二人がおにごっこの範囲の中に入ってくるが、炭治郎達とぶつかることはない。 そんな失敗をするような三人ではなかった。 しかしやはりというべきか、カナエが鬼側に加わっても炭治郎には勝てなかった。 炭治郎の長い髪の毛一本すら触れない。 鬼殺隊の柱である二人が、本気を出しても。 完璧に連携が出来ているわけではないが、それでも一人よりも二人の方が強いはずなのに。 そして十分後、カナエと義勇が諦め、炭治郎の勝利で終わった。 三人とも全力でやったが、十分程度本気で動いたところで汗一つかいていない。 柱である二人はもちろん、炭治郎も息を荒げてすらいない。 「すごい楽しかったです! 初めて、本気でおにごっこしました!」 「ふふっ、よかったわ。 だけどやっぱり、炭治郎くんって強いのね」 炭治郎は謙遜するが、柱二人が本気でやっても追いつけないのは驚きだ。 鬼としては、下弦の月では収まらず、上弦の月の強さと同等か、それ以上だろう。 (本当に、炭治郎くんが理性を保っていて、人間の心が残っていてよかったわ……) 「炭治郎くん、鬼の説明を全部説明してなかったわ」 どこかの誰かが、いきなりおにごっこをしようと言い始めたから。 その誰かは、全く表情が読めない顔でたたずんでいる。 「あっ、はい」 「鬼は不死身なんだけど、弱点があるの。 それが、太陽の光。 浴びると鬼は例外なく、燃え尽きてしまうわ」 「えっ? だけど、俺は……?」 義勇やカナエに鬼と言われている自分は、現在日の光に当たってもなんともない。 「そう、今まではそうだった。 「そして原初の鬼である、鬼舞辻無惨の目的は……太陽を克服すること。 つまりあなたのことを知られれば、おそらくあなたは鬼舞辻無惨に狙われることになってしまうわ」 カナエは炭治郎の境遇に、心を痛める。 呼吸を使えるという以外は、普通の子だ。 家族思いで、すごく優しい男の子。 それなのに鬼の血を浴びたことによって、鬼となってしまい。 理性を保っているにもかかわらず、このままでは鬼殺隊に狙われてしまう。 そして太陽を克服する存在であるために、鬼舞辻無惨にも狙われることになるだろう。 人間からも、鬼からも仲間がいない。 そう考えると、カナエは胸が張り裂けそうだ。 「あっ、兄ちゃん! おにごっこから帰ってきたんだ!」 そのとき、茂と花子が木の枝を拾って帰ってきた。 炭治郎は二人に近づき、多く抱えてきた木の枝を持ってあげる。 「お兄ちゃん、ありがとう」 「ああ。 二人も、拾ってきてくれてありがとう」 「兄ちゃん、あとで俺ともおにごっこしよう!」 「ああ、いいぞ」 楽しそうに三人は、笑いながら家まで歩いていく。 家の中から、家事をしていた禰豆子と母親の葵枝が出てくる。 そこに木を切っていた竹雄も来た。 カナエはその幸せな家族を見て、少し勘違いしていたことに気づいた。 炭治郎が鬼なのは、間違いない。 そして太陽の光を克服したので、これから鬼舞辻無惨から追われることになる、ということも。 しかし仲間がいないなんてことは、なかった。 むしろ炭治郎には仲間なんかよりも大事な、家族がいる。 絶対に切れないであろう、家族の絆があった。 炭治郎の家族を見て、カナエは殺された両親を思い出し、そして蝶屋敷にいる妹のことを想って会いたくなった。 カナエと義勇は、また来るということを炭治郎に伝えてその山を下りた。 「冨岡くん、このあとどうする?」 「……どうする、とは」 「お館様に、どう報告する?」 「……俺には関係ない」 「えっ、どういうこと?」 すでに自分達の鎹鴉が、お館様に報告しているだろう。 それに報告をするにしても、手紙が下手な俺よりも胡蝶カナエがやった方が、必ずしっかり詳細をお館様に伝えてくれる。 だから、「俺には関係ない」 そう言って義勇は、カナエを残して次の仕事に向かった。 「はぁ……やっぱり冨岡くんは、何を言っているのかわからないわ……」 次の話はこちらです。

次の

鬼滅考察!炭治郎右目は失明?左腕シワシワ元に戻らない?痣代償は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

炭 治郎 受け

2020年4月27日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌203話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では鬼化した炭治郎が伊之助に攻撃しますが、禰豆子が間に入り伊之助は助かりました。 禰豆子はどうにか炭治郎を止めようとしますが、自我を失った炭治郎は見境なく暴れまわります。 そんな中カナヲが登場し、しのぶから託されたという薬を炭治郎に注入しました。 炭治郎の攻撃を受けてしまったカナヲはその場に倒れますが、果たして死んでしまったのでしょうか? 今回は「【鬼滅の刃 きめつのやいば ネタバレ最新話203話本誌確定速報】鬼化した炭治郎が人間に戻るカギは禰豆子にある?」と題し紹介していきます。 203話となり話も転換点となっています。 これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 鬼滅の刃の人気はさらに上がって最新刊19巻は 初版150万部を突破! 売り切れている店舗もあるようですね。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに 無料で読むことができます。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 鬼滅の刃203話ネタバレ カナヲ死んでないよね? カナヲ死エンドはやめてくれよ~ 汚い高音 w 鬼滅の刃203話より — rikito. ここからネタバレを含みますので注意してください。 禰豆子の呼びかけ もう帰ろう…。 そう泣きながら語り掛ける禰豆子の声は、炭治郎にしっかりと届いていました。 しかし、無惨が残した細胞が炭治郎に覆いかぶさり、かろうじて頭と腕が出ている状態。 何度もヒノカミ神楽を繰り返したことにより、炭治郎は身も心も疲れ切っていました。 そんな炭治郎は禰豆子の声を聞きながら、自分自身も疲れ果て、家に帰りたいと願っていました。 炭治郎に願いを託す無惨 死してもなお、無惨は炭治郎の体を自らのものにしたいと考えていました。 炭治郎を鬼の王にし、この世界を永遠に支配し続けたい、そう願いながら血液や細胞すべてを炭治郎に注ぎ込んだ無惨。 このまま炭治郎を吸収し、炭治郎の意識を抑えることが出来れば…。 そう考える無惨は、お前の手によって仲間は全員殺された、妹の禰豆子も死んでしまったと嘘をつき、生きようという炭治郎の精神を抑え込もうとします。 しかし炭治郎は禰豆子の呼びかけを聞いていたため、無惨の言葉が嘘であることを知っていました。 そして、禰豆子や他の仲間の声がする方へと、かろうじて出ている右腕を伸ばし始めたのです。 仲間たちの想い ついに炭治郎の体が浮き始めた時、信じられない光景が! なんと、杏寿郎や玄弥、悲鳴嶼、しのぶ、時透、伊黒、甘露寺、これまで無惨との戦いで亡くなった隊士や炭治郎の家族が炭治郎の体を支え、上へ上へと押し上げていたのです。 炭治郎の腕に縋りついた無惨は炭治郎を支えるかつての柱や隊士の姿を睨み、そんなことをしても無駄だと呟きました。 そして、お前が殺した者たちの血の匂いがするだろうと、またも嘘をついて炭治郎の心を揺さぶります。 しかし炭治郎は、そんな無惨の言葉をだまされることはありませんでした。 なぜなら炭治郎は、鬼殺隊は自分以外の人のためならば自分の命を懸けることが出来ると知っていたからです。 自分たちが経験した苦しみや悲しみをほかの誰かに味わってほしくないからこそ、鬼狩りになることを選んだ人たち、それが鬼殺隊なのだと…。 そのことを知っている炭治郎は、無惨の嘘を信じることはありませんでした。 そして、炭治郎の生きたいと願う意志が、炭治郎を現実の世界へと引き戻そうとしていました。 そんな炭治郎にしがみつき、お前なら完璧な究極生物になれるのだぞ!と必死の形相で炭治郎を説得する無惨。 しかし無惨の説得に応じるわけもなく、炭治郎は現実世界へと戻っていきました。 それを見たカナヲがしのぶから託された薬を炭治郎使うことを決意し、彼岸朱眼で炭治郎に接近。 カナヲはなんとか炭治郎に薬を注入することに成功しますが、その直前に炭治郎の攻撃を受けてしまいました。 今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 カナヲは死亡せず両目の失明だけですむ? 彼岸朱眼を使って炭治郎に薬を注入したカナヲ。 炭治郎の攻撃をかいくぐって薬を注入することに成功しましたが、その直前に炭治郎の攻撃を受けてしまいました。 このままカナヲが死んでしまえば、なんとも後味の悪い展開となります。 カナヲは炭治郎、善逸、伊之助の同期であり、炭治郎に対して恋心を抱いていたはず。 そのため、鬼化した炭治郎がカナヲを殺してしまったとすれば、かなり後味の悪い展開となってしまいます。 両目を失明してしまうのは避けられないと思いますが、炭治郎のためにも死なずに生き残ってほしいですね。 炭治郎は完全に人間に戻れるのか? カナヲに注入された薬ですが、禰豆子に使われた珠代開発のものではなくしのぶ開発の薬でした。 禰豆子は珠代開発の薬で完全に人間に戻ったようですが、しのぶ開発の薬の効き目のほどはまだ不明です。 これまでのしのぶと珠代の関係から推測すると、しのぶは珠代の研究技術を認め、自分より優れた存在であると考えている様子。 そのため、鬼を人間に戻す薬も珠代開発の方が優れている可能性があります。 203話の最後のシーンから炭治郎の体の中で何らかの変化は起きたようですが、しのぶ開発の薬で完全に人間に戻れる保証はありません。 もしかしたら炭治郎の中に無惨の細胞が残ってしまう可能性も…。 炭治郎が完全に人間に戻れなかった場合は、今度は禰豆子たちが炭治郎を救う展開が始まるかもしれませんね。 炭治郎と禰豆子の兄妹の絆 炭治郎と禰豆子は強い絆で結ばれています。 その証拠に、炭治郎は鬼になってしまった禰豆子を守り、禰豆子も炭治郎を決して食おうとせず、むしろその鬼の力を炭治郎のため、人間のために使ってきました。 現在も目の前に血の滴る禰豆子がいるにもかかわらず、炭治郎は決して禰豆子のことを食べようとはしません。 元々は炭治郎と禰豆子の兄妹の絆がテーマとなっている作品なので、禰豆子の行動がきっかけで炭治郎は人間に戻るはずです。 今は炭治郎にぶら下がって声をかけるしかできない禰豆子ですが、炭治郎を人間に戻すカギは禰豆子にかかっているでしょう。 伊之助と善逸は炭治郎と戦うことができるのか? 伊之助は炭治郎に刀を向けられ、防戦一方でした。 今までずっと一緒に過ごしてきた仲間だった炭治郎を自分で殺すことは出来なさそうな感じでしたね。 善逸も優しいのでなかなか炭治郎に刀を振るうことは難しいかもしれません。 しかし、自分たちがやらなければ義勇が言っていたように炭治郎が人を殺してしまいます。 そんなことになることは炭治郎が一番嫌なはずです。 そう思いなおして炭治郎に立ち向かうことができるのでしょうか? 伊黒と甘露寺はこのまま死んでしまうのか? おばみつ最高。 炭治郎との戦いに参加しないということは、やはり二人とも死んでしまったのでしょうか? ついに結ばれた2人でしたが、2人とも自分が長くないことを悟っていました。 結ばれたと思ったら死んでしまうなんて悲しすぎますよね。 このまま幸せに過ごしてもらいたかったところですが、そうはいかないのでしょうか? 伊黒が死んでしまうというフラグが過去を描かれてから立ったままでしたが、こんな悲しい最期にしてしまうのでしょうか? はっきりとした死は描かれていないので、望みはまだありますが、どうなってしまうのでしょうか? 無惨戦が終わりどうなる? vs無惨って、無惨編とかいうわけじゃないよね??これからさらに延ばすとかだったら嫌だな…しかしジャンプならありえる… — ののの osakeganomenai 以前の予告で「VS無惨クライマックス」とありました。 これは無惨との戦いが終わるだけで、鬼滅の刃は続くということでしょうか? 先日ゲームが発売することも決まり、このタイミングで最終回ということはないと思っていたので、無惨を倒した後また新たなる敵が出てくるかもしれませんね。 無惨は死んだようですが、全ての血液を炭治郎に注ぎ、鬼の王になるよう希望を託していました。 また、カナヲに薬を注入されても完全に人間に戻れるかはわかりません。 以前のこの予告からは終わりそうにないかと思われますが、今後どのような展開になってくるのか想像ができませんね。 203話への感想・予想ツイート 今週の鬼滅の刃 カナヲの想い 片目が残ってた意味 炭次郎を助けだせるのか? — 銀時 a5y2u9m6i 以下が鬼滅の刃203話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 「青い彼岸花」とか出てないしこのまま薬で止めるとかはあまりにも兄弟の絆のテーマの漫画としてはいけない気がする… — 狼霧リョーカ nosufweratwu まとめ 鬼滅の刃 きめつのやいば 本誌 ではついに禰豆子が到着し、カナヲがしのぶから託された薬を炭治郎に使います。 最新話確定速報として203話のネタバレをお届けしました。 ついに炭治郎が意識を取り戻し、無事人間に戻ったことが確認されました。 精神世界では無惨との攻防もあったようですが、かつての仲間たちが登場し、炭治郎を現実世界へ戻そうとする姿には胸が熱くなりました。 しかし、このシーンから悲鳴嶼、伊黒、甘露寺の3人は死亡が確定してしまいました。 薬を打ち込むために彼岸朱眼を使って炭治郎に近づいたカナヲは、重傷ではあるものの命は無事のようです。 炭治郎が人間に戻ったことで、物語はいよいよクライマックスへ向かっていますね。 204話ではどんな展開が待っているのか楽しみです! 以上、「【鬼滅の刃 きめつのやいば ネタバレ最新話203話本誌確定速報】鬼化した炭治郎が人間に戻るカギは禰豆子にある?」と題しお届けしました。

次の

【鬼滅の刃】202話考察|炭治郎だめだよ。早く戻ってきて。禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…【きめつのやいば】203話

炭 治郎 受け

『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎の名言・名シーンを振り返る! 竈門炭治郎は、 『鬼滅の刃』の主人公で、年齢は現在15歳、額左側の痕と、日輪が描かれた花札風の耳飾りが特徴的な、家族思いの優しい少年です。 母や弟、妹たちと炭を売って生計を立てていましたが、炭治郎が家を離れていた時に 家族を殺されます。 唯一生き残った 妹・禰豆子も鬼へと変えられてしまい、炭治郎は禰豆子を人間に戻すべく、人知れず鬼と戦う組織 「鬼殺隊」へと入隊し、鬼と戦う日々を送ることになりました。 しかし、一方で鬼に対しても非常になりきれない心の優しさを持っています。 てかねづこ可愛いもんね — HAMA2 hamakouzi 炭治郎は、自分を助けてくれた珠世の家に向かうことになり、愈史郎と共に待ちぼうけを喰らっていた禰豆子と合流しますが、禰豆子を一目見た愈史郎が 「醜女じゃないか」と侮辱してきました。 始めは「しこめ…しこめ?醜いってことか?誰が?」と何を言っているか理解できない炭治郎でしたが、禰豆子のことだと理解した途端 「醜女のはずないだろう!!よく見てみろこの顔立ちを 町でも評判の美人だったぞ禰豆子は!」と激怒。 家に案内される途中も 「もう少し明るい所で見てくれ!ちょっとあっちの方で!」と力説し、家に着いてからも 「この口枷のせいかもしれない!これ外した禰豆子を一度見てもらいたい!」となおも食い下がりました。 炭治郎の シスコン具合がよく分かる名場面です。 炭治郎や善逸のように五感 視力 がすごいタイプ?そして全集中の呼吸を四六時中。 柱とカナヲは既に習得済み。 超サイヤ人の維持修行とジョセフの呼吸修行を足して二で割った感じか。 — ちぇき checkit4 敵との戦いを終えた炭治郎は、蝶屋敷で修行を行うことになりますが、中々修行相手であるカナヲに勝つことができません。 そこで蝶屋敷で働くきよ、すみ、なほの3人に 全集中の呼吸を1日中するといいとアドバイスを受けます。 苦しんでいるシーンでもユニークな演出になってしまうのが、『鬼滅の刃』の特徴であり、ワードセンスの高さが際立ちます。 蝶屋敷の修業編はこの他にも、 女の子と触れ合える喜びで、激痛の走るほど体を揉みほぐされるのに笑顔を浮かべる善逸など、ユニークな演出が多い回となっています。 「具体的には何を司る神ですか?」 鬼滅の刃71話 ジャンプ34号 猪子は化粧不要だと思うんだ… でも鬼滅の刃のこういうとこ好きです 笑 そのほか ・久しぶりに伊之助の顔が見れて嬉しい限りです ・「荻本屋」さん…アンタやりおる…! ・ぜ、善一だって可愛いよ…! 震え声 — 黒月舞 kuroduki2016 音柱・宇髄天元と共に鬼を討伐するため、遊郭へと向かうことになったかまぼこ隊ですが、天元は炭治郎たちに 「俺は神だ!お前らは塵(ごみ)だ!猫背で揉み手をしながら 俺の機嫌を常に伺い全身全霊でこびへつらうのだ」と指図します。 この傍若無人な振る舞いに対し、炭治郎は冷静に手を挙げ、真顔で 「具体的には何を司る神ですか?」と質問し、善逸に (とんでもねぇ奴だ・・・)と呆れられてしまいました。 しかし、天元には「いい質問だ お前は見込みがある」と褒められました。 ちなみに天元はこの質問に対し、真面目に 「派手を司る神・・・祭りの神だ」と答えています。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第9位 「味方してくれる人なんていない だからせめて二人だけは お互いを罵り合ったらだめだ」 堕姫ちゃんの衣装のカラーは赤黒でした!!びっくり!! 妓夫太郎鬼ぃちゃんはまさかのツートンカラー! 堕姫ちゃんと同じ色だね!! — 格式高い桜餅 chiwaponko 遊郭編では、天元や炭治郎たちかまぼこ隊の活躍もあり、全員が重傷を負いながらも、何とか上弦の陸である二人の鬼の首を切ることに成功しました。 しかし、その後妓夫太郎と堕姫は首だけの状態になりながらもお互いに 鬼殺隊に負けたのはお前のせいだと罵り合いを始めます。 兄である妓夫太郎は、罵り合いの末に妹である堕姫に 「お前さえいなけりゃなあ!!」「お前なんて生まれてこなけりゃ良かっ・・・」と言いかけたところで、炭治郎が妓夫太郎の口を塞ぎ 「嘘だよ 本当はそんなこと思ってないよ 全部嘘だよ」と話しかけました。 それぞれの立場が違ってもおかしくなかった。 妓夫太郎が言った「虫けらボンクラのろまの腑抜け」は、やっぱり人間のころ自分が言われた言葉だったんですね。 妓夫太郎は、人間時代に妹だった梅(堕姫)を侍に殺されています。 また人間時代も、さらに鬼になってからも妹を守るために行動してきており、炭治郎と 似た境遇を持っています。 炭治郎が妓夫太郎の過去を知っているわけではありませんが、この言葉は、やり方は違えど 大切な妹を持つ兄同士であるからこそかけられる言葉であり、また炭治郎が 最大限の優しさを持って鬼に接していることが分かる名シーンです。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第8位 「逃げるな卑怯者!!逃げるなァ!!!お前なんかより煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!強いんだ!!」 血で隠れてるだけで実は煉獄さんほ額にも痣ができてたんじゃないかと、読み返してふと思った! — 黒の召喚士 HeiHei381 列車と一体化した鬼を何とか退けた炎柱・煉獄杏寿郎とかまぼこ隊でしたが、そこに上弦の参である猗窩座が急襲し、煉獄に致命傷を与えて逃げ去りました。 この時に炭治郎が 「逃げるな卑怯者!!逃げるなァ!!!お前なんかより煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!強いんだ!!」と叫びます。 煉獄はこの時列車と一体化した鬼との戦いの後消耗した状態で猗窩座と戦い、 全ての戦いを通して誰一人死なせずに守り抜くという偉業を成し遂げました。 このセリフでは、煉獄に対する尊敬と、猗窩座との戦いで全く手出しすることができず、取り逃がしてしまった自分への悔しさが滲み出ています。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第7位 「アオイさんの想いは俺が戦いの場に持って行く」 【鬼滅の刃】 炭治郎に『俺を手助けしてくれたアオイさんはもう俺の一部だから アオイさんの想いは俺が戦いの場に持って行くし』と言われた時のアオイの表情が美しい。 束ねた髪を風に流され一人ぽつんと。 — 織田蘭世ZZ シャア専用 ODARANSE 蝶屋敷での治療と修業を無事に終えた炭治郎たちは、蝶屋敷を離れることになりました。 その際、炭治郎はお世話になった蝶屋敷の人々に挨拶をします。 炭治郎はアオイにも挨拶をしましたが、アオイは最終餞別の後に戦いから逃げた過去があり、 「私なんて大したことない」と言い切りました。 しかし、それを聞いた炭治郎は 「そんなの関係ないよ 俺を手助けしてくれたアオイさんはもう俺の一部だから アオイさんの想いは俺が戦いの場に持って行くし」と言ってアオイのコンプレックスをあっさりと吹き飛ばし、笑顔で去っていきました。 炭治郎が 天然タラシであることが発覚したセリフです。 なんて長男力。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第6位 「俺と禰豆子が必ず!!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!」 単行本読み返してたらお館様やしのぶさんでさえ笑った炭治郎の「鬼舞辻倒す」宣言を真正面から受けても笑わなかったのは煉獄さんだけだということに気づいてしまった 煉獄さん — 春日 elorap 炭治郎が鬼の禰豆子を連れていることがバレ、柱合会議へと連れられた炭治郎はお館様に「十二鬼月を倒しておいで」と言われ、 「俺は…俺と禰豆子は鬼舞辻無惨を倒します!!俺と禰豆子が必ず!!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!!」と叫びました。 お館様には「無理だからまずは十二鬼月ね」と諭されてしまい、炭治郎は柱たちには笑われ、恥ずかしい思いをしてしまいましたが、 炭治郎の強い決意を感じると共に、 自体のワードセンスが高い『鬼滅の刃』の中でも 特にそれを感じるセリフでもあります。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第5位 「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」 『すごい痛いのを我慢してた!! 俺は長男だから我慢できたけど 次男だったら我慢できなかった』 — 素直な炭治郎BOT ganbaretanzirou こちらはファンの間でも人気のセリフ。 炭治郎が善逸と出会った際に女の子に追い縋ろうとする善逸を炭治郎が引き剥がしましたが、炭治郎は その前の鬼との戦いで骨折しており、それが治っていませんでした。 その後もずっとその痛みを我慢していた炭治郎は 「すごい痛いのを我慢してた!! 俺は長男だから我慢できたけど 次男だったら我慢できなかった」と、長男だからこそ我慢ができたのだと強調しました。 炭治郎は元々3人の弟と2人の妹の兄であり、長男としての責任感の強さを思わぬ形で知らされるセリフとなりました。 このセリフ以外にも、激痛を耐えるために 「俺は長男だ・・・・・・長男だ!!」と自分に言い聞かせるなど、何かと長男であることを強調し、 兄であることを誇りに思っていることがよく分かります。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第4位 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」 『頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!』 — 素直な炭治郎BOT ganbaretanzirou こちらも蝶屋敷での療養と訓練が終わり、蝶屋敷の人々との別れのシーンです。 炭治郎は訓練の相手をしてくれたカナヲにもお礼を言いましたが、カナヲは自分の意志で自分の行動を決めることができず、 命令されるか、コインを投げることで行動の全てを決定していました。 それを炭治郎は「君は心の声が弱いんだね」と考え、カナヲの銅貨を借り、「これからカナヲが心の声をよく聞くこと」と言って銅貨を投げ、 「表が出たらこれからカナヲは心のままに生きる」と宣言、見事表を出し 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」と励ましました。 圧倒的長男力を見せる炭治郎 鬼滅の刃 70話 人攫い 遂にカナヲちゃんがコインじゃなくて自分の心で決めた超感動伝説回なので額縁に入れて飾っておきます —? ムルフ? 前述したように、この回ではアオイのことも励ましており、 1話で二人の女性の心を颯爽と奪っていく長男力にはルパンも真っ青です。 また、この後天元に攫われそうになったアオイを、カナヲが炭治郎の言葉を思い出し、指令に反しながらも助けようとする場面もおすすめです。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第3位 「家族も仲間も強い絆で結ばれていれば どちらも同じように尊い」 【 】 今週の表紙最高すぎない? それはそうと、累の攻撃により刀が折れた炭治郎を庇ったのは、最近出番がなかったねずこちゃん!! 炭治郎の悲痛な表情が控え目に言って最近 そしていらない子宣言されたお姉さん、もしよければ私が養って……あっ、ダメだ、これは死ぬ流れ — カンタリス@愛犬ベルちゃん cantharis00 下弦の伍である累が姉役の鬼にお仕置きをしているところに遭遇した炭治郎は、 「仲間じゃないのか」と怒りを見せます。 累は「仲間なんて薄っぺらなものじゃない、家族の絆で結ばれているんだ」と反論します。 これに対して炭治郎は 「家族も仲間も強い絆で結ばれていれば どちらも同じように尊い 血の繋がりが無ければ薄っぺらだなんてそんなことはない!!」「こんなものを絆とは言わない!紛い物・・・偽物だ!!」と否定しました。 炭治郎は元々家族思いの少年であり、禰豆子と二人きりになってからよりその想いは強くなりました。 また、炭治郎は 家族だけでなく仲間も大切にしているからこそ出る言葉であり、普段の振る舞いからとても説得力があります。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第2位 「燃やせ 燃やせ 燃やせ!!心を燃やせ!!!」 『負けるな 燃やせ 燃やせ 燃やせ!!心を燃やせ!!!』 — 素直な炭治郎BOT ganbaretanzirou 遊郭へと潜入した炭治郎は、その嗅覚で鬼が出現したことを察知し、堕姫と遭遇しました。 これから鬼の中でも最強である上弦の鬼と戦うという中で、炭治郎は体への負担が強く、これまで連続で使えなかった ヒノカミ神楽を、連続で使うことを決意しました。 この時に修行を思い返し 「俺はやれるはずだ、いや やる!」と覚悟を決め、自身の心を鼓舞するために 「燃やせ 燃やせ 燃やせ!!心を燃やせ!!!」と煉獄の顔を思い出しながら気持ちを高めていきました。 炭治郎は以前の戦いで煉獄に 「今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ 俺は信じる 君たちを信じる」と言われました。 この煉獄の意志を継ぎ、目の前で成すすべなく煉獄を殺された悔しさを晴らすために、上弦の鬼に立ち向かっていく炭治郎の姿には胸を打たれます。 竈門炭治郎 名言&名シーン 第1位 「今日も!これからも!折れていても!俺が挫けることは絶対にない!」 『頑張れ炭治郎頑張れ!!俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!!そして今日も!!これからも!!折れていても!!俺が挫けることは絶対にない!!』 — 素直な炭治郎BOT ganbaretanzirou 前回の鬼との戦いで肋骨を折ってしまい、その怪我が治らないまま次の鬼と戦うことになった炭治郎は、心も折れた状態の自分を鼓舞するために、 「頑張れ炭治郎頑張れ!俺は今までよくやってきた!俺はできる奴だ!そして今日も!これからも!折れていても!俺が挫けることは絶対にない!」と叫びました。 炭治郎は心がとても強い少年ですが、それでも戦いの中で挫けそうになることが多くあります。 しかし、炭治郎は自分の心を何度も励まし、鼓舞することで 絶対に挫けずに立ち向かっていきました。 そんな炭治郎の姿に勇気づけられたというファンも多いのではないでしょうか? ちなみに、この鬼との戦いではこのセリフ以外にも「骨折していようが何だろうが俺はやれる!!戦える!!」 「折れてる炭治郎も凄いんだというのを見せてやれ!!」など、骨折を引きずっているセリフが多くあり、かなり我慢してることが分かります。 偉いね長男! 今後益々増えていく炭治郎語録に期待! 今回は、コミックス11巻までのセリフを準拠としてTOP12をランキングしましたが、本誌では見逃せない展開次々と起こっており、 炭治郎の名言も続々と新しいものが生まれ続けています。 また、『鬼滅の刃』は非常に ワードセンスやシリアスギャグのセンスの高さが人気の作品です。 そのため、今回は12位までしか選出していませんが、これ以外にも胸を打つセリフや、思わずくすっと笑ってしまうよなセリフがたくさんあります。 それは他のキャラクターに関しても同様です。 是非自分でもコミックスを読み返して、 お気に入りのセリフやシーンを見つけてみてはいかがでしょうか?また、 2019年4月からはアニメの放送が決定しており、そちらにも期待していきたいと思います! 関連記事をご紹介!.

次の