競馬 ドーピング。 【ドーピング】競馬界での禁止薬物の正体が「カカオ」|真相解明でJRAが保証金提示へ

No.31 ドーピング(01) ~ その歴史

競馬 ドーピング

概要 [ ] (木曜日)に、レース後の理化学検査で「ディープインパクトの体内から禁止薬物イプラトロピウムが検出された」とフランスの競馬統括機関であるフランスギャロが発表した。 この発表を受けて、(JRA)の高橋政行理事長は「栄誉ある凱旋門賞に汚点を残す結果となり、誠に残念でなりません」という趣旨の内容の発言をした。 この発言はJRAのサイト内にある2006年10月19日のJRAニュースに、18年10月19日付けの発表として掲載されている。 ディープインパクトは前年の2005年に1984年の以来となる無敗での制覇を達成し、当年も、を優勝。 JRAとしては人気と実力を兼ね備えたスターホース候補が久々に出現したということで同馬のPR活動にはかなり力を入れており、当日にはレース前にもかかわらず同馬の銅像を展示したり、凱旋門賞の前にはJRAが主催するレースでないにもかかわらず、「 凱旋門に衝撃が走る」「 世界のディープを見逃すな」というキャッチコピーを使った同馬の も頻繁に流していたという経緯もあったのだが、そのディープインパクト自身から禁止薬物が検出されて、日本中が注目したレースで失格になると言う皮肉な結末となってしまった。 事件が発覚した際、同馬の調教師であるがフランスギャロに提出した弁明書は「ディープインパクトはからせき込むようになり、21~25日にフランス人の処方によりイプラトロピウムによる吸入治療を行った。 その間2度、吸入中にディープインパクトが暴れ、外れたマスクから薬剤が飛散し馬房内の敷料(寝ワラなど)、干し草に付着。 それをレース前日から当日の間に同馬が摂取し、レース後まで残留した可能性が高い」という内容だった。 その後、フランスギャロはに同馬に失格の裁定を下した。 なお、凱旋門賞で禁止薬物による失格馬はディープインパクトが初めてであった。 同馬を管理する池江には15,000(日本円換算約230万円)の制裁金を科した。 また同年にJRAは同馬に同行した開業獣医師に対し、JRA診療施設の貸し付けを同年から翌まで6カ月間停止する処分を行った。 イプラトロピウムについて [ ] ディープインパクトの体内から検出されたイプラトロピウム は、人間への使用 だけでなく、馬に対しても呼吸器疾患に使われる薬物である。 競走馬に対する使用自体はフランスでも日本でも認められている(後述)が、フランスではイプラトロピウムが体内に残留した状態で競走に参加することは禁じられている。 他に禁止薬物として指定している国に、、 等がある。 日本では動物用のイプラトロピウムがあまり市場に流通していないので、当時JRAは禁止薬物に指定していなかった。 しかし2007年1月に行われた全国の競馬主催者で構成される「禁止薬物に関する連絡協議会」で、JRA馬事部の伊藤幹(もとき)副長は「イプラトロピウムは競走能力に影響を及ぼす明らかな禁止薬物である」という見解を述べ、また「これまで日本では使われていなかったが、今後使われる危険性が非常に高い」と判断した事を発表し、から日本でもイプラトロピウムが禁止薬物に指定される見込みであると発言した。 実際に対策が早急になされた模様で、2007年3月1日付けで発表された日本中央競馬会競馬施行規程の一部改正による禁止薬物規定の整備で、イプラトロピウムは禁止薬物に追加されることとなった。 なお「フランスでは 体内に自然に存在し得ない物質は全て禁止としているが、日本では競馬法で定める必要があるため禁止薬物を逐一指定しなければならないこと」「イプラトロピウムの気管支治療薬としての使用自体はフランスでも日本でも認められている(レース時に体内から抜けていればよい)こと」等の点に留意する必要がある。 人間の陸上競技では禁止されていない薬物であり、「2006年1月1日発効の世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が定める2006年度版禁止リスト中の禁止物質を含まない薬剤」に気管支炎用の気管支拡張薬として掲載されている。 これを受けて「ドーピング検査が実施される大会期間中でも使用可能な処方薬」としている製薬会社や薬剤関係のHPも多数ある。 もっとも、これらのHPでも「2006年度は使用が認められているが、今後禁止薬物に指定される可能性があるのでその度に専門家に相談すること」といった類の注意書きはなされている。 その後の影響 [ ] この事件は、日本競馬界の期待を背負って凱旋門賞に挑んだディープインパクトの事件とあって大きく報じられることとなった。 この問題について、JRAが真相究明に関しては最後まで毅然とした態度を取らなかったことについても批判の対象となっている。 また、池江調教師は、薬を投与しなければならない状況だったにも拘らず、ディープインパクトの正確な状態について何ら言及せずそのまま凱旋門賞に出走させたことや、薬物疑惑が発表されてからも口を閉ざし続けたことに関し、説明責任を果たしていない点及び説明責任を果たそうとする態度や対応が無い点について批判の対象となっている。 東京競馬記者クラブ内からは、ディープインパクトについて凱旋門賞で禁止薬物のために失格になったことなどを理由に「記者クラブ賞にふさわしくないのでは」といった意見が出され、2006年度の東京競馬記者クラブ賞をに贈ることを決定した。 2006年度においてディープインパクトは最優秀4歳以上牡馬および年度代表馬に選出されたが、最優秀4歳以上牡馬の記者投票ではダイワメジャーに1票、年度代表馬の記者投票ではダイワメジャーと該当馬無しに1票ずつ入ったため、満票での選出とはならなかった。 記者の浜木俊介は2007年付の報知新聞で両部門ともダイワメジャーに投票したと言明し、ディープインパクトに投票しなかった理由について「凱旋門賞で失格となったことでフェアプレーを守ることができなかった。 そのため、ディープインパクトを最初からJRA賞の候補として考えていなかった」と述べた。 参考文献 [ ]• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 以降ではにプラントゥールが進路妨害により失格となり、日本馬の着順が繰り上がった。 禁止薬物の検出による失格馬はディープインパクトのみである。 抗薬であり、の働きを弱め、気管平滑筋の弛緩による気管支収縮抑制作用がある。 ドーピングとしては、主にこの気管支収縮抑制作用による呼吸機能の上昇が目的とされる。 その他、副交感神経の働きが弱まることによりの働きが相対的に優位となるため、軽い興奮作用やそれに伴う運動機能の上昇なども挙げられる。 人間に対してはや、などのの維持療法などに使用される。 禁止薬物5段階中3段階目に指定• これはイギリスにおいても同様で、は「私達が禁止薬物のリスト形を持っているというのは誤解であり、実際は体組織に影響を与える全ての成分が禁止されています。 成分は人工のものであるか天然のものであるかに関係なく何れも禁止されています」と説明している。 出典 [ ].

次の

【速報】サウジカップ優勝のマキシマムセキュリティにドーピング疑惑

競馬 ドーピング

競馬での禁止薬物の正体がカカオ!? 先月競馬界で禁止薬物 ドーピング 騒動があり、大変話題となったため記事として以前紹介しましたが、からその原因特定についての説明があったので現役薬剤師が紹介します。 禁止薬物「テオブロミン」が検出された飼料添加物の 「グリーンカル」を競走馬が摂取した可能性があるとして、6月15、16日ので156頭がレースから除外された問題で、()は5日、六本木本部で記者会見を開き、発生原因と今後の対応策を示した。 騒動の原因となった「グリーンカル」はが生産。 今回、その製品から カカオなどに含まれる 興奮作用のある禁止薬物 「テオブロミン」が検出されたが、混入原因については「同じ建屋内にある別の製造ラインでカカオ豆副産物が粉砕されており、この粉塵が(グリーンカルの材料となる)ミールに混入した」とした。 薬物検査の結果を待たずに問題となったグリーンカルが流通したことに関しては「検査の申請、受検状況について正確な情報を有する態勢が十分に取れていなかった」と責任を認め、ファンや関係者に謝罪。 今後の対応策についてはが販売業者、薬物を検査する競走馬、小に チェックを入れる態勢をつくると発表。 また、 競走除外となった 全馬については、出走予定だったレース 3着賞金相当の保証金に加え、 特別出走手当が与えられる。 総額4~5億円の保証金はが負担することになる。 ちなみにテオブロミンとは、キサンチン誘導体のひとつでカフェインの仲間とも言われています。 ひとまずこの話題も一区切り着いたということですね。

次の

薬物(ドーピング)検査

競馬 ドーピング

気になるトピックをClick!• 禁止薬物検出!JRA出走馬152頭出走停止!ドーピング成分とは! 日本中央競馬会(JRA)は15日、東京、阪神、函館の各競馬場で15、16の両日に出走する予定だった156頭を競走除外にした。 禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性があるためで、これだけ大量に除外されるのは異例の事態。 JRAは飼料添加物の生産業者に対して指導などをする方針で、生産業者は商品の販売を停止するとともに回収を始めた。 対象馬を含む馬券は払い戻される。 JRAによると、14日夕、競走馬理化学研究所の検査で該当馬が摂取した飼料添加物から興奮作用のある禁止薬物「テオブロミン」が検出されたことが発覚した。 個別馬の検査には時間が足りなかったため、競走の公平性を期すため摂取の可能性のある28厩舎(きゅうしゃ)の競走馬を対象に除外した。 次週については、28厩舎所属で出走を予定している馬の血液検査を行い、陰性だった場合は出走を認める。 禁止物質が出た添加物は、横浜市内の生産業者が取り扱っているもので、長年、使用されてきた。 商品を販売する際には、事前に研究所の検査を受ける必要があるが、生産業者は検査結果が出る前の昨年12月~今年5月に卸売業者に納入し、計28厩舎が購入した。 この添加物から禁止薬物が見つかったのは初めてという。 JRA広報室は「事実と経緯を調査した上で、生産業者にしかるべき対応を検討する」と語った。 生産業者はホームページに「多大なご迷惑、ご心配をお掛けしたこと、深くおわびする」などとした文書を公開。 毎日新聞の取材に対して、原因などについて「現在調査をしている」と述べた。 15日の売り上げは、東京競馬が前年比2. 9%増だったが、阪神競馬は同10. 6%減、函館競馬は20. 7%減と大きく下げた。 また、帯広、金沢の地方競馬でも同様に競走除外とする処置をとった。 【真下信幸】 出展:毎日新聞 スポンサーリンク 馬たちから検出された禁止成分テオブロミンとは テオブロミンと言うのはカカオとかチョコレートに含まれているカフェイン成分です。 あなたもご存知だと思われますが、カフェインには眠気覚ましに使ったりと興奮作用があると知られていますよね! これを聞くと 『は?馬にドーピングしたって事??』 ってなりそうなんですが、今回の事件の問題部分はJRA認定の飼料(エサ)からテオブロミンが検出されたと言う点なのです! テオブロミンの効果は強心作用や気管支拡張などレースを優位に進める成分だと言う事が知られています 競走馬に与えるカイバに混ぜるサプリメント「 グリーンカル」というサプリメントは主に馬の疲労回復に効果のあるサプリとして一般的に使われているものなんだそうですが、今回はそのグリーンカルから禁止成分が検出されたとの事。 欧州食品安全機関によると、一定量以上のテオブロミンを動物が摂取すると、過剰な興奮や呼吸心拍数の増加があるらしいのです。 その中でも馬が摂取した時には特に顕著に症状が出るらしく、肝臓や甲状腺に影響が出る事も・・・ そう言った事から、動物の餌としては不向きであると言われていたそうです。 JRAによると通常製造するごとに、製造するごとに競走馬理化学研究所の検査を受けて、禁止薬物が検出されなかったことを確認してから出荷することになっているらしいのですが、 この日本農産工業は検査結果が出る前に出荷して、時間差によって発覚したと言う事です。 これに対してJRAは 『厳正な処分を検討している』 といっていました。 しかし、これは製造会社だけのせいではないですよね。 JRAから販売されいる飼料を買って馬に与えたらドーピングになるから出場停止。 これはJRA側にも責任があり、検査された証明書があるかどうか確認していなかったからこそ起きた問題だと思います。 しかしこの問題、更なる疑惑が湧いています。 製造元の日本農産工業は 『原材料にテオブロミンは含まれていない』 と言っています。 これはさすがに飼育する側では防ぎようのない出来事。 一度失った信用は取り戻すことが難しい。 として、トカゲのしっぽ切りを実施することは想像が容易です。 しかし、この競走馬のドーピング問題は使用者には法的処罰が待っています。 【競馬法】 第31条次の各号の一に該当する者は,3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する. (2)出走すべき馬につき,その馬の 競走能力を一時的にたかめ又は減ずる薬品又は薬剤を使用した者 これがまた表面化して問題になる可能性がありますよね。 処罰の対象は 使用した者です。 日本と言う国はちっさい割にはいちいち法律の微修正がされない国です。 今回厩舎の人たちには全く罪はありませんが、それでも事件として立件され、型にはめられると立派な容疑者になてつぃまいますよね。 『ダメだとわかってて使ってたんじゃないの?』 なんてゲスい捜査が入る可能性だってあります・・・.

次の