寝過ぎ 背中の痛み。 【体験談】急な背中の痛み!ぎっくり背中の症状と治し方と原因について

【危険?】肩甲骨に寝違えたような痛みが起こる3つの原因と予防策

寝過ぎ 背中の痛み

寝過ぎと片頭痛の関係 朝、しっかりと寝たのに頭が痛い・・・、こんな時の頭痛は片頭痛であることが多いです。 片頭痛は経験したことがある人には馴染み深いけど、経験したことがない人にとってはどんなものか想像がつかないのではないでしょうか?まずは片頭痛がどんな種類の頭痛なのか見ていきましょう。 1-1. 片頭痛とは? 片頭痛は主に頭のこめかみのあたりに現れる頭痛です。 ズキズキとした痛みで、一度現れると数時間から数日ほど持続することが特徴です。 こめかみの片側に頭痛が起こることが多いため、片頭痛と呼ばれています。 とはいうものの、両側に頭痛が起きることもあります。 片頭痛は繰り返されることが多く、多い人だと週に数回現れることもあります。 動くと痛みが悪化することもあるので、暗く静かなところで安静にすることが大切です。 個人差はありますが、ギザギザしたような閃光が視界に現れる閃輝暗点という状態が片頭痛の起きる数十分前に起きることもあります。 女性に多く、中でも30代女性に最も多く見られると言われています。 片頭痛の原因自体ははっきりと解明されていませんが、生理の始まりや終わりの時期に片頭痛が起きる人が多いことから女性ホルモンも関与していると考えられています。 1-2. 片頭痛の原因は脳の血管拡張 偏頭痛は何らかのトリガーによって脳の三叉神経という部位からサブスタンスPという物質が脳血管内に放出されます。 この時のトリガーは後述しますが、サブスタンスPには血管を拡張させる働きがあります。 脳血管が拡張することで、三叉神経が刺激され痛みの原因となるペプチドが放出されズキズキとした偏頭痛の痛みとなります。 片頭痛のトリガーとして、以下のようなものが考えられます。 ・ストレス ・過労 ・過度の飲酒 ・喫煙 ・高血圧 ・寝過ぎ ・女性ホルモンのバランスの変動 1-3. 寝過ぎと片頭痛の関係 リラックスしている状態と頭痛は相反するイメージがあります。 どうしてリラックスしているはずの 睡眠が過剰になると、片頭痛が起こるのでしょうか?それはリラックスしている時に働く「副交感神経」に理由があります。 人間は自律神経が働くことで、生命を維持しています。 自律神経は心臓や消化器、呼吸器、ホルモン分泌、精神状態などに関係しており、24時間働いています。 自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、日中の活発に活動しているときは交感神経、夕方から夜間のリラックスしている状態のときは副交感神経が風位になります。 自律神経は血流量に影響を与えています。 日中は活発に活動するために、血流量が多くなければいけません。 そのため、交感神経が血管を収縮させ血圧を上げ、血液循環を高めます。 反対に睡眠時などリラックスしている時には副交感神経が血管を拡張し血圧を低下させることで血流量抑えています。 しかしこの血管拡張によって三叉神経が刺激され、片頭痛を起こすことがあります。 そのため 寝過ぎで過度に副交感神経が働いた状態が続き、片頭痛が起こることがあるのです。 寝過ぎによる頭痛時の対処法 寝過ぎ時の副交感神経が優位になったことによる片頭痛への対処法のポイントは、拡張した血管を収縮させることです。 以下でその具体的な方法を解説します。 2-1. 安静にする 片頭痛は動くと痛みが強くなってしまうことがあるので、外出などはできるだけ控えて、室内で安静にしていましょう。 動くと痛みが強くなる理由は分かっていませんが、血流量が増えることで三叉神経への刺激が大きくなるからと考えられています。 また、必ずしも偏頭痛の人全員が動くことで症状が悪化するとも限りません。 また、 安静にするときは低めの室温に設定するとよいです。 室温が低いと拡張した血管が収縮しやすくなります。 2-2. 頭を冷やしてみる 頭を冷やすのも効果的です。 水で濡らしたタオルや冷却ジェルシートを使うのがおすすめです。 体温が下がると血管は収縮し、状態の軽減が期待できます。 患部である頭部を直接冷やすことで、片頭痛の原因となっている部分の血管が収縮しやすくなります。 首や太もも部など大動脈がある部位を冷やすことでも体温は下げられますが、全身の体温が下がってしまいます。 暑いわけではないのに全身を冷やしてしまうと、風邪の原因にもなってしまうのであまりおすすめはできません。 空調を効かせて多少涼しめにする程度がいいと思います。 反対に入浴などで体温が上がると血管が拡張して、状態が悪化することもあります。 2-3. お茶やコーヒーを飲む お茶やコーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる働きがあります。 起床時に片頭痛が起きていたらお茶やコーヒーを飲むとよいでしょう。 ホットのものよりアイスコーヒーや冷茶などのほうが体温を下げて、血管を収縮させる働きが高いためおすすめです。 2-4. 市販の頭痛薬を飲んでみる 市販の頭痛薬には鎮痛作用のある成分が含まれています。 どうしても痛みがひどい場合には頭痛薬を飲んでから安静にするとよいでしょう。 ただし市販の頭痛薬は痛みを抑えるためのもので、拡張した血管を元に戻す作用はありません。 頻繁に片頭痛に悩まされているならば、医療機関で診察を受けて、トリプタン系薬剤のような血管を収縮させる働きのある薬を処方してもらうとよいでしょう。 寝過ぎないようにするためには 片頭痛を予防するためには寝過ぎないことも大切です。 寝過ぎないようにするためには以下のポイントに気を付けてみましょう。 3-1. 睡眠負債を溜めないようにすることが大事 睡眠不足は借金のように溜まっていき、睡眠負債となります。 睡眠負債が溜まっていると、つい休日などに遅くまで眠ってしまって、寝過ぎてしまうこともあります。 まずは 睡眠負債を溜めないように、しっかりと普段から睡眠時間を確保することを意識しましょう。 関連: 3-2. 休日の寝だめは逆効果 睡眠不足を解消するために、休日に寝だめをすればいいのではと思うかもしれません。 しかしそれは逆効果になります。 寝過ぎが片頭痛を引き起こしやすいのは本項で解説した通りですが、睡眠負債自体も寝だめでは解消することが難しいのです。 睡眠負債を解消するには普段からきちんと自分の適切な睡眠時間を取ることです。 朝、熟睡感がありスッキリと目覚められれば睡眠時間が取れていると言えるでしょう。 寝だめよりも毎日の睡眠時間の確保を大切にするのが睡眠負債蓄積の防止と片頭痛の予防に大切です。 まとめ ・片頭痛はこめかみの片側(稀に両側)にズキズキとした痛みが生じる頭痛 ・脳の血管が拡張して、三叉神経を刺激することで生じる説が有力 ・寝過ぎると副交感神経が亢進して、血管拡張が生じる ・体を動かすと痛みが強くなる可能性があるので、安静にすること ・血管を収縮させ痛みを軽減させるにはカフェインや頭を冷やすことが有効 ・痛みに関してのみ言えば市販の頭痛薬も大事 ・寝過ぎは片頭痛を引き起こすので休日に寝だめはしないこと.

次の

背中が痛い寝れない原因と対処法とは?

寝過ぎ 背中の痛み

睡眠&起床時以外に感じる「背中の痛み」は、軽視してはいけないもの。 しっかりとその要因は見極めておきましょう! 「背中の痛み」は、多様な要因によって、引き起こされる痛みのひとつです。 一般的に「肩こり症状」と呼ばれる要素の中にも、 背中痛として感じられるものも存在しています。 腰痛同様に、原因がはっきりとはわからない背中痛も多く、痛みは感じている ものの、具体的な対処はしていないという方も少なくないのではないでしょうか。 ただ、日中活動時に感じる「背中の痛み」の場合、その症状を軽視するのは禁物です。 背中の痛みの中には、内蔵の重大疾患によって引き起こされているもの(内蔵の疾病を示す兆候)も存在しているからなんですね。 基本的に、「睡眠」に関連して発症する背中の痛みの場合には、日中活動をし始めると痛みが解消されていく傾向があります。 睡眠時 及び起床時(起床後数時間も含む。 )に痛みを感じるものの、その後は痛みが解消されていくのが特徴となっています。 「睡眠&起床時における背中痛」のお話をする前に、まずは、背中の痛みを 引き起こす要因と考えられる5つの要素をご紹介しておきたいと思います。 外傷による背中の痛み!「骨折」「打撲」「捻挫」など まず、背中の痛みを引き起こす要因として、『外傷による背中の痛み』があります。 これは、主に外的作用によって、骨折・打撲・捻挫 などがもたらされ、その外傷に関連して背中に痛みを感じるというものです。 基本的には、外傷の場合、転倒するなど何かしらの原因と なる出来事が思い浮かぶことも多いことから、判断しやすい背中の痛み要因となっています。 ただし、具体的な出来事を伴うことなく、知らないうちに発症する骨折(疲労骨折など)が存在しています。 特に高齢者の中で骨粗しょう症 を有している方の場合、疲労骨折を生じやすく、骨折とならないまでも、骨にひびが入った状態となっているケースも。 日中、身体を 動かしたときに、背中の痛みを感じることが度々あるようなら、骨折など外傷要因の可能性も疑ってみていただければと思います。 内蔵疾患に伴う背中の痛み!「心臓」「腎臓」「肝臓」など 長き期間にわたって、背中の痛みを感じることが続いているというときに、注意しておきたいのが、「内蔵疾患に伴う背中の痛み」です。 隠れた内臓疾患の存在を示す予兆として、背中に痛みを感じることがあるんですね。 具体的に、どの内蔵と定まっているわけではなく、 「心臓」「腎臓」「肝臓」「胆嚢」など多様な内蔵疾患の症状が対象となります。 このケースでの痛みは、活動時には、動いていることによって、痛みを感じにくい(痛みはあっても、それを自覚しにくい)ということ もあり、睡眠時(安静時)や起床時に背中の痛みとして、感じることも少なくありません。 それゆえに、単純に睡眠に関連した背中の痛みと 勘違いしてしまうこともありますので、注意が必要です。 基本的には、継続的に長きにわたって背中痛が続くようなら、内蔵疾患の可能性 を念頭に、検査を受けるようにしてみていただければと思います。 骨の変形による背中の痛み!「変形性脊椎症」「椎間板ヘルニア」など 外的作用(事故など)や生活習慣(姿勢の悪さなど)によって、引き起こされる『骨の変形』が背中の痛みの要因となります。 検査によって 痛みの原因が明確になる「椎間板ヘルニア」などの症状の他、多少の骨の変形は認められるものの、痛みの直接的な原因がわからない、もの も含め、骨の変形症状には多様なものが存在しています。 基本的に、背骨・脊柱の歪みや歪・ズレが周囲の神経及び血管を圧迫することによって、痛みが発生。 それが、背中の痛みとして感じられる ケースがあるのです。 このケースでは「背骨の歪みを改善すること」が一番大切な要素となります。 ただし、背骨の歪み が二次的な結果として生じていることも多いもの。 例えば、「骨盤の歪み」「立ち姿勢の悪さ」がもともとの要因と なって、背骨の歪みを引き起こしているケースなどです。 ただ、火を使用することから、臭いなどの問題もあって、手軽に自宅 で活用することは難しいものです。 とはいえ、鍼灸院に通い続けるのは、費用的な負担が大きいもの。 そんな中、今話題となっているのが、こちらのです。 直径1. 臭いも煙もなく、灰なども生じないことから、どんな場所でも手軽に湿布感覚で利用できます。 不適切な寝姿勢及び寝返り不足による背中の痛み! 基本的な仕組みとしては、前項(筋肉疲労)と同じなのですが、背中や肩・首周辺の筋肉疲労を生じさせる主な要因が、 「不適切な寝姿勢」 「寝返り不足」が要因となっています。 不適切な寝姿勢であったり、寝返り回数が少ないと、背中周辺の筋肉が 常に緊張状態となってしまいます。 緊張している筋肉は、疲労物質が蓄積し、柔軟性を失うことに。 また、寝返り回数が少ないと背中周辺の圧迫によって、血流が阻害されることになります。 血流不足は筋肉の疲労を促進させてしまい ますので、起床時に、首や背中周辺の筋肉が疲労困憊な状況に。 それが起床時の背中の痛みとして襲ってくるのです。 筋肉疲労の他に、もうひとつ睡眠時の課題が要因となっているのが「寝違い」「筋違い」といったもの。 枕の高さが不適切であったり、 寝相が悪いと生じやすいのが、首周辺の筋肉をつってしまうことです。 起床時に「背中が痛い」と感じる時の大半が 「不適切な寝姿勢」「寝返り不足」が要因となっているものと考えられます。 ですから、「寝返り回数」と「自分に適した寝具を使用しているかどうか」は密接な関係性があることに。 寝返り不足を解消して、睡眠&起床時の背中の痛みを軽減するためには、「自分の体格に適したマットレス・敷布団・枕の使用」 が効果的な対策となるのです。 睡眠時に背中の痛みを生じさせる「睡眠姿勢&寝具の課題」! ここからは、睡眠時の「睡眠姿勢」と「寝具」に関する課題が要因となって引き起こされている背中の痛みに関する 話をしたいと思います。 睡眠中に生じる背中の痛みは、「首周辺・背中周辺の筋肉疲労」によって起きています。 睡眠姿勢が不適切であったり、自分の体格と寝具機能が不釣合いだと、首や背中の筋肉が睡眠中緊張状態が継続する こととなります。 この筋肉緊張が継続することによって、筋肉疲労が蓄積するとともに、背中周辺の筋肉の血流が滞ること となります。 その結果、首周辺や背中の筋肉疲労が増大し、起床時に、起き上がることがとてもつらい ほどの背中の痛みを感じることにも繋がるのです。 そんな背中の筋肉疲労(血流不全)を引き起こす具体的な 課題(睡眠時)となるのが、『不適切な枕の高さ』『少ない寝返り回数』『硬い敷布団による圧迫』 の3要素です。 体格に適切していない枕利用が、首・背中周辺の緊張状態を作る。 身体部位の中で「頭部」はとても比重が大きな要素です。 そんな重い頭を支える「枕」は、睡眠時の姿勢を保つ上 でとても大切な要素となるもの。 体格に適していない枕を使用していることによって、首及び背中周辺の筋肉を 緊張させ、筋肉疲労及び血行不全を招いているケースが案外多く存在しています。 具体的に枕利用上の課題には、5つの要素があります。 1).機能的な構造を持っていない枕(昔ながらの枕)の利用。 単純な袋形状の中に、枕材(もみ殻、ビーズなど)が入れられている一般的な枕は、機能的な構造は有していません。 そんな枕は、形が自由に変形するのが特徴です。 それゆえに、仰向け時には、首元が低く、頭先が高くなる傾向が あります。 そうなると、本来適度な曲線(頸椎カーブ)を有している頸椎(首)が直線形状となりやすく、頸椎神経 への刺激や首周辺の筋肉の緊張を作ることとなります。 これは横向き寝姿勢となったときも同様で、首が横方向に曲がった形となり、頸椎神経の圧迫や首・肩周辺 の筋肉疲労を創出する要因となりやすいのです。 (上図の上段左及び真ん中イラスト状態)首・肩・背中の痛み をもたらす、大きな要因のひとつとなっています。 2).枕を使わずに寝ている状態。 時折、枕を使用せずに寝ているという方もいるようですが、この寝姿勢は首や背中への負担が大きなものとなります。 枕を使用していないとどうしても、頸椎(首の骨)が敷布団から浮いた状態となります。 これは、常に首を持ち上げて おくための力を加えていることであり、特に首周辺の筋肉を活用していることを意味しています。 肩こり・背中の痛み をもたらす他、腕の痺れを引き起こしやすい姿勢となります。 (上図上段右のイラスト状態) 3).体格と比較して、高さのある枕を利用している。 自分の体格に対して、高すぎる枕を利用していると、首及び肩周辺が敷布団から浮いた寝姿勢となってしまいます。 (上図下段左のイラスト状態) この状態は、最も肩周辺・背中周辺の筋肉(僧帽筋など)に負担をかける姿勢となります。 背中から首周辺までの 広い範囲の筋肉を常に緊張状態としてしまいやすく、慢性的な筋肉疲労をもたらす要素に。 肩周辺は、きちんと 敷布団に支えられている状態を作ることが求められます。 4).敷布団が柔らかすぎると、高い枕を利用しているのと同じ状態に。 「敷布団」に関する項でも、お話いたしますが、適切な高さの枕を利用していたとしても、柔らかすぎる敷布団を 使っていると、肩から背中部分が敷布団に沈み込んでしまい、その結果、「高過ぎる枕」を利用しているのと 同じ状態となってしまいます。 (上図下段の真ん中イラスト状態)。 このケースでは、体格に対して、敷布団が 不適切であるということ。 「適度な固さ」と「反発力」のある敷布団の利用が求められます。 5).枕の首元部の高さが体格に適していない。 枕の首元部位は、頸椎を支えられる程度に適度な高さがあることが望まれます。 しかし、首元部位の枕高さが 高すぎると、首の過度な湾曲をもたらすとともに、頸椎に沿った神経を圧迫する要因となってしまいます。 (上図下段の右イラスト状態) 背中の痛みに加えて、腕の痺れや頭痛などを感じるときには、枕の首元高さの見直しをしてみてはいかがでしょうか。 * いびき対策専用枕「クビックス」 いびきの原因となる「気道閉鎖」は舌が喉へと落ち込むことが一番の要因と言われています。 そんないびきを もとらす要因を生じにくくさせるためにと、開発された、いびき対策の専用枕が「クビックス」です。 いびき に悩んでいる方は一度試してみる価値はありそうですね。 寝返り補助高反発枕「めりーさん」 睡眠時の首・肩・背中の痛みなどを軽減するためにと、オーダー枕と同様な機能性と配慮を有した、高反発枕 です。 素材の高反発力や枕形状によって、寝返りが上手に促されるだけでなく、オーダー枕でしか実現しにくい 高さの調節を「高さ調節シート」により可能としています。 背中もカバー「Sドクターズピロー」 背中の痛みを解消することを考えると、首周辺だけでなく、肩から背中全体にかけてしっかりと支えてくれる 枕が効果を発揮することに。 こちらは、背中もカバーするほどの大きさを持った「スーパー ドクターズピロー」。 つなぎ目の無い特殊3Dカット加工が特徴です。 寝返りをしやすい六角形状の安眠枕! スムーズな寝返りが、安眠に繋がるもとの考え、開発されたのがこちらの六角形状の安眠枕「六角脳枕」です。 中央部と両サイドの高さが異なることで、力を入れなくとも自然と左右に寝返りが行える仕組みが特徴。 各種メディアにも取り上げられ、長く支持を得ている枕です。 睡眠姿勢などを要因として背中の痛みに効果的な機能性敷布団! 睡眠中の背中の痛み(睡眠姿勢による痛み)を解消するためには、「高反発力機能」及び「体圧分散機能」を有している敷布団(マットレス)が対象となります。 ただ、同じ背中の痛みであっても、「骨の変形」「内蔵疾患」など を要因した痛みの時は、「低反発力機能」を有している敷布団が有効となる場合があります。 ここで、お話するのは、 睡眠姿勢などを要因とした背中の痛みを解消するための、要素ですので、お間違いのないように。 基本的に、日中背中の痛みを感じることはほとんどなく、睡眠時(就寝中)に背中の痛みを感じるという場合の 大半が『敷布団に問題が存在している』ものです。 寝具の中でも、敷布団が最も寿命が短く、 快適な睡眠を得るためには、『5年』程度を目安にして買い替えが必要なものなんですね。 睡眠時に体の痛みを感じている方の多くは、買い替え時 を過ぎている敷布団を活用しているとも言われています。 実際に、機能性敷布団に買い替えただけで、 睡眠中の身体の痛みが劇的に和らいだ 痛みがなくなった と感じる方が多いもの。 あれこれと、身体の痛み要因探しをしているよりも、 まずは「敷布団の買い替え」をしてみること・・そこから、始めて みるといいかと思います。 それがとても効果的な手順となるものです。 高反発力を有したマットレス・敷布団の活用がおすすめです。 人は、体格特性がそれぞれ異なることから、人によって、「硬めのマットレス(敷布団)」のほうが、心地よく寝返りが 出来る人と逆に「軟らかめでクッション性の有るマットレス(敷布団)」の方が、寝返り促進に効果的となる人が 存在しています。 硬さが選べる高反発マットレスはほとんど無いのですが、こちらのモットンは 3種類の硬さ(柔らか、普通、硬め)から選ぶことが出来ます。 この中から、「硬め(170N)」を選ぶといいかと。 硬めといっても、高反発マットレスならではの、弾力性が 感じられます。 体を優しく包み込んでくれるような癒しの感覚が好みの方におすすめの機能性敷布団(マットレス)です。 敷布団感覚で活用したい人に適しています。 【素材】アルファマット、高反発スプリングマット 【厚み】17cm 機能性マットレス「モットン」:高反発力+体圧分散機能 しっかりと体を支えてくれる感覚が好みの方に適した高反発マットレス。 どちらかというと、通気性良く すっきりとした寝姿勢を好む方におすすめ。 【素材】高反発ウレタンフォーム(高発砲構造) 【厚み】10cm 機能性上敷きマットレス「エアウィーヴ」:高反発力機能。 基本的に他の敷布団・マットレスと組み合わせての利用が条件となる「上敷きタイプ」のマットレスです。 仰向き寝姿勢の人が対象となります。 【素材】エアウィーヴ素材(網目繊維構造) 【厚み】3cm・5cm 機能性マットレス「マニフレックス」:高反発力機能。 ベッド用の単体マットレスを探している人に適した機能性マットレス。 やや日本の生活環境適正に 欠けますが、寝返りを補佐機能の高いマットレスです。 特に「1~3」が要因と なっているのかどうかは、最初にきちん専門の病院にて見極めておくことが重要。 きちんと見極めをする前に背中の痛みを感じるからと、 安易にマッサージなどを行ってしまうのは危険も含んでいます。 疲労骨折や骨の変形などが存在しているときに、マッサージなどを してしまうと、逆効果を生むこととなってしまいますので。 「1~3」の要素が排除出来たら、背中周辺の筋肉疲労・血行などの 改善に取り組むようにしていただければと思います。 これは、一般医療機器として開発されたもの。 安全性と治療効果が期待されます。 下記記事にて内容を記していますので、ご参考に していただければと思います。 いびきを生じることで、 「睡眠時無呼吸症候群」までとはならなくとも、日々軽度の 酸欠状態が引き起こされているような状況となるものです。 いびきを侮ることなく、少しでも症状を軽減する工夫をしておきたいもの。 そんないびき改善に役立つ情報を下記記事で記しています。 自重を活用して、ゆらゆらリラックスしながらコリほぐせるのが特徴。 力を必要と せず、癒しを楽しみながら背中の痛み改善に繋がります。 慢性的な背中の痛みの改善プログラム 頑固で慢性的な背中の痛みは、背骨の歪みと体の使い方(筋肉疲労)の課題が蓄積した結果と考えられ ます。 この2つの要素を同時に改善していくことの重要性を唱えているのがうえだ整骨院 院長の上田康浩氏。 上田氏が開発した自宅で行える背中痛改善プログラム。 自宅で活用!本格医療マッサージ機 もともと、医療用として開発された技術を応用。 自宅で使える本格医療マッサージ機として誕生したの が「モミマー」です。 マッサージ機としての機能性はもちろんのこと、折りたたんで収納でき るコンパクトさとインテリア性が人気の要素となっています。 背中を手軽に解すストレッチコットン 背中のこりをほぐすためのストレッチをより機能的・効率的に行えるようにと開発されたストレッチアイテム です。 コットン素材を活用したナチュラル感が単なる器具としての印象を無くしているんですよね。 コリを 解すために必要な強すぎず、弱すぎずの適度な張力がポイント。 睡眠&起床時の腰痛! 睡眠時に腰の痛みで、目が覚めてしまったり、起床時に腰痛を感じて、なかなか起き上がることが出来ない ・・そんな方も少なくないのではないでしょうか。 ここでは、「睡眠と腰痛」に関した、各種情報をご紹介 いたします。 睡眠時の背中の痛み! 睡眠時の背中の痛みを感じるときには、「身体的疾病」によるものと「敷布団との相性悪さ」に起因するも のの2種類があるようです。 ここでは、睡眠時に感じる背中の痛みに関した各種情報をご紹介したいと 思います。 起床時の手先・腕の痺れ 起床時に「腕全体の痺れ」や「手先の痺れ」を感じることが時折あるという場合には、早々に寝具( 枕・敷布団)の見直し・買い替えが必要となることも。 ここでは、起床時に感じる手先の痺れ&腕の痺れ に関する情報をご紹介。 睡眠による肩の痛み! 慢性的な肩の痛みは、睡眠姿勢の悪さによってもたらされているケースもあるものです。 特に、敷布団の 硬さ(追随性の有無)や枕の高さが不適切となっていることも。 ここでは、起床時に感じる方の痛みに 関する情報をご紹介。。

次の

息を吸うと背中が痛い5つの原因は?対策方法はあるの?

寝過ぎ 背中の痛み

寝過ぎと片頭痛の関係 朝、しっかりと寝たのに頭が痛い・・・、こんな時の頭痛は片頭痛であることが多いです。 片頭痛は経験したことがある人には馴染み深いけど、経験したことがない人にとってはどんなものか想像がつかないのではないでしょうか?まずは片頭痛がどんな種類の頭痛なのか見ていきましょう。 1-1. 片頭痛とは? 片頭痛は主に頭のこめかみのあたりに現れる頭痛です。 ズキズキとした痛みで、一度現れると数時間から数日ほど持続することが特徴です。 こめかみの片側に頭痛が起こることが多いため、片頭痛と呼ばれています。 とはいうものの、両側に頭痛が起きることもあります。 片頭痛は繰り返されることが多く、多い人だと週に数回現れることもあります。 動くと痛みが悪化することもあるので、暗く静かなところで安静にすることが大切です。 個人差はありますが、ギザギザしたような閃光が視界に現れる閃輝暗点という状態が片頭痛の起きる数十分前に起きることもあります。 女性に多く、中でも30代女性に最も多く見られると言われています。 片頭痛の原因自体ははっきりと解明されていませんが、生理の始まりや終わりの時期に片頭痛が起きる人が多いことから女性ホルモンも関与していると考えられています。 1-2. 片頭痛の原因は脳の血管拡張 偏頭痛は何らかのトリガーによって脳の三叉神経という部位からサブスタンスPという物質が脳血管内に放出されます。 この時のトリガーは後述しますが、サブスタンスPには血管を拡張させる働きがあります。 脳血管が拡張することで、三叉神経が刺激され痛みの原因となるペプチドが放出されズキズキとした偏頭痛の痛みとなります。 片頭痛のトリガーとして、以下のようなものが考えられます。 ・ストレス ・過労 ・過度の飲酒 ・喫煙 ・高血圧 ・寝過ぎ ・女性ホルモンのバランスの変動 1-3. 寝過ぎと片頭痛の関係 リラックスしている状態と頭痛は相反するイメージがあります。 どうしてリラックスしているはずの 睡眠が過剰になると、片頭痛が起こるのでしょうか?それはリラックスしている時に働く「副交感神経」に理由があります。 人間は自律神経が働くことで、生命を維持しています。 自律神経は心臓や消化器、呼吸器、ホルモン分泌、精神状態などに関係しており、24時間働いています。 自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、日中の活発に活動しているときは交感神経、夕方から夜間のリラックスしている状態のときは副交感神経が風位になります。 自律神経は血流量に影響を与えています。 日中は活発に活動するために、血流量が多くなければいけません。 そのため、交感神経が血管を収縮させ血圧を上げ、血液循環を高めます。 反対に睡眠時などリラックスしている時には副交感神経が血管を拡張し血圧を低下させることで血流量抑えています。 しかしこの血管拡張によって三叉神経が刺激され、片頭痛を起こすことがあります。 そのため 寝過ぎで過度に副交感神経が働いた状態が続き、片頭痛が起こることがあるのです。 寝過ぎによる頭痛時の対処法 寝過ぎ時の副交感神経が優位になったことによる片頭痛への対処法のポイントは、拡張した血管を収縮させることです。 以下でその具体的な方法を解説します。 2-1. 安静にする 片頭痛は動くと痛みが強くなってしまうことがあるので、外出などはできるだけ控えて、室内で安静にしていましょう。 動くと痛みが強くなる理由は分かっていませんが、血流量が増えることで三叉神経への刺激が大きくなるからと考えられています。 また、必ずしも偏頭痛の人全員が動くことで症状が悪化するとも限りません。 また、 安静にするときは低めの室温に設定するとよいです。 室温が低いと拡張した血管が収縮しやすくなります。 2-2. 頭を冷やしてみる 頭を冷やすのも効果的です。 水で濡らしたタオルや冷却ジェルシートを使うのがおすすめです。 体温が下がると血管は収縮し、状態の軽減が期待できます。 患部である頭部を直接冷やすことで、片頭痛の原因となっている部分の血管が収縮しやすくなります。 首や太もも部など大動脈がある部位を冷やすことでも体温は下げられますが、全身の体温が下がってしまいます。 暑いわけではないのに全身を冷やしてしまうと、風邪の原因にもなってしまうのであまりおすすめはできません。 空調を効かせて多少涼しめにする程度がいいと思います。 反対に入浴などで体温が上がると血管が拡張して、状態が悪化することもあります。 2-3. お茶やコーヒーを飲む お茶やコーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる働きがあります。 起床時に片頭痛が起きていたらお茶やコーヒーを飲むとよいでしょう。 ホットのものよりアイスコーヒーや冷茶などのほうが体温を下げて、血管を収縮させる働きが高いためおすすめです。 2-4. 市販の頭痛薬を飲んでみる 市販の頭痛薬には鎮痛作用のある成分が含まれています。 どうしても痛みがひどい場合には頭痛薬を飲んでから安静にするとよいでしょう。 ただし市販の頭痛薬は痛みを抑えるためのもので、拡張した血管を元に戻す作用はありません。 頻繁に片頭痛に悩まされているならば、医療機関で診察を受けて、トリプタン系薬剤のような血管を収縮させる働きのある薬を処方してもらうとよいでしょう。 寝過ぎないようにするためには 片頭痛を予防するためには寝過ぎないことも大切です。 寝過ぎないようにするためには以下のポイントに気を付けてみましょう。 3-1. 睡眠負債を溜めないようにすることが大事 睡眠不足は借金のように溜まっていき、睡眠負債となります。 睡眠負債が溜まっていると、つい休日などに遅くまで眠ってしまって、寝過ぎてしまうこともあります。 まずは 睡眠負債を溜めないように、しっかりと普段から睡眠時間を確保することを意識しましょう。 関連: 3-2. 休日の寝だめは逆効果 睡眠不足を解消するために、休日に寝だめをすればいいのではと思うかもしれません。 しかしそれは逆効果になります。 寝過ぎが片頭痛を引き起こしやすいのは本項で解説した通りですが、睡眠負債自体も寝だめでは解消することが難しいのです。 睡眠負債を解消するには普段からきちんと自分の適切な睡眠時間を取ることです。 朝、熟睡感がありスッキリと目覚められれば睡眠時間が取れていると言えるでしょう。 寝だめよりも毎日の睡眠時間の確保を大切にするのが睡眠負債蓄積の防止と片頭痛の予防に大切です。 まとめ ・片頭痛はこめかみの片側(稀に両側)にズキズキとした痛みが生じる頭痛 ・脳の血管が拡張して、三叉神経を刺激することで生じる説が有力 ・寝過ぎると副交感神経が亢進して、血管拡張が生じる ・体を動かすと痛みが強くなる可能性があるので、安静にすること ・血管を収縮させ痛みを軽減させるにはカフェインや頭を冷やすことが有効 ・痛みに関してのみ言えば市販の頭痛薬も大事 ・寝過ぎは片頭痛を引き起こすので休日に寝だめはしないこと.

次の