セフ カ ペン ピボキシル 塩酸 塩 錠 副作用。 フロモックス(セフカペン ピボキシル)の副作用や効果について!

セフカペンピボキシル塩酸塩錠の効能と副作用を解説!

セフ カ ペン ピボキシル 塩酸 塩 錠 副作用

セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「マイラン」/セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「マイラン」 【マイラン製薬, キョーリンリメディオ】• セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「YD」 【陽進堂, 富士フイルムファーマ】• セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「YD」/セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「YD」 【陽進堂, 富士フイルムファーマ】• セフカペンピボキシル塩酸塩小児用細粒10%「サワイ」 【沢井製薬】• セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「サワイ」/セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「サワイ」 【沢井製薬】• セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用100mg「TCK」 【辰巳化学】• セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「TCK」/セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「TCK」 【辰巳化学】• セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「CH」 【長生堂製薬, 田辺製薬販売】• セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「CH」/セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「CH」 【長生堂製薬, 田辺製薬販売】• セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「トーワ」 【東和薬品】• セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「トーワ」/ セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「トーワ」 【東和薬品, シー・エイチ・オー新薬】• セフカペンピボキシル塩酸塩細粒10%小児用「日医工」 【日医工】• セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg「日医工」/セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「日医工」 【日医工】• セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「JG」 【日本ジェネリック】 2. 日本における発売年 1997(平成9)年 3. グラム陽性菌から陰性菌まで広い抗菌スペクトルと強い抗菌力を示す.• ペニシリン耐性肺炎球菌,アンピシリン耐性インフルエンザ菌にも強い抗菌力を示す. 4. 承認済有効菌種• セフカペンに感性のブドウ球菌属• レンサ球菌属• 肺炎球菌• 淋菌(錠剤のみ)• モラクセラ ブランハメラ ・カタラーリス• 大腸菌• シトロバクター属• クレブシエラ属• エンテロバクター属• セラチア属• プロテウス属• モルガネラ・モルガニー• プロビデンシア属• インフルエンザ菌• ペプトストレプトコッカス属• バクテロイデス属• プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)• アクネ菌 6. 用法・用量• 通常,成人には塩酸セフカペンピボキシルとして1回100mg 力価 を1日3回食後経口投与する.なお,年齢及び症状に応じて適宜増減するが,難治性又は効果不十分と思われる症例には1回150mg 力価 を1日3回食後経口投与する.• 作用機序• 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分によるショックの既往歴のある患者 原則禁忌• 本剤の成分又はセフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者 慎重投与• ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者• 本人又は両親,兄弟に気管支喘息,発疹,蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者• 高度の腎障害のある患者[血中濃度が持続するので,投与量を減らすか,投与間隔をあけて使用すること]• 経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者,全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので観察を十分に行うこと]• 高齢者 相互作用 併用注意 臨床検査値への影響• テステープ反応を除くベネディクト試薬,フェーリング試薬,クリニテストによる尿糖検査では偽陽性を呈することがあるので注意すること• 直接クームス試験陽性を呈することがあるので注意すること 13. このデータは、主として発売時のデータであり、必ずしも現時点に適合するものではありません。 最新データについては、各種サーベイランスデータをご参考ください。 025 0. 10~0. 39 0. 78 0. 39 0. 39 0. 78 0. 78 0. 39 0. 006~0. 78 0. 39 0. 1 0. 006 0. 39 0. 05 0. 78 0. 006~0. 13 3. 13 3. 39 50 6. 006 3. 13 0. 39~0. 78 3. 13 1. 13 50 12. 2 25 3. 78 25 1. 56 25 12. 2 12. 5 3.

次の

セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「サワイ」の添付文書

セフ カ ペン ピボキシル 塩酸 塩 錠 副作用

フロモックスの効果 フロモックス(セフカペンピボキシル)はどのように効く? フロモックスの有効成分セフカペンピボキシルはセフェム系抗生物質です。 このセフェム系抗生物質は 細菌の細胞壁の合成を阻害することで効果を発揮します。 人の細胞には細胞壁という構造はありませんが、細菌には細胞壁が存在します。 よって、フロモックス(セフカペンピボキシル)は 人には作用せず、細菌だけに効くのです。 ちなみにフロモックス(セフカペンピボキシル)の効果は 殺菌的効果という強いものです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の抗菌スペクトル 抗菌スペクトルとは抗生物質がどういった種類の細菌に有効かということを指します。 抗菌スペクトルが広い抗生物質は幅広い細菌に有効であることを指し、逆に抗菌スペクトルが狭い抗生物質は有効な細菌が限られます。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の抗菌スペクトルは中程度と言えるでしょう。 グラム陽性菌、グラム陰性菌ともに有効ですが、どちらかと言えば グラム陰性菌の方が効果が出やすい抗生物質です。 フロモックス(セフカペンピボキシル)は時間依存性の抗生物質 抗生物質の効果を予測する上で、その抗生物質が時間依存性の薬か、濃度依存性の薬かを知ることは重要です。 抗生物質は血液中の濃度が一定以上になった時から抗菌作用を発揮します。 これをMICといいます。 時間依存性の抗生物質の場合は血液中の抗生物質の濃度がこのMICを超えている時間を長くすることでその抗生物質の効果を最大限発揮させることができます。 一方、濃度依存性の抗生物質の場合は血液中の抗生物質の濃度を高くすることでその抗生物質の効果を最大限発揮させることができます。 フロモックスは 時間依存性の抗生物質に該当します。 よって、抗生物質を服用する期間が薬の効果と深く関わっています。 つまり、 フロモックスは医師が処方した期間は飲み続けた方がよい抗生物質なのです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の組織移行性 抗生物質の効果を知る上ではその抗生物質の組織移行性も重要な材料となります。 組織移行性とは、薬が体内に吸収された後に、血液の流れに乗った後、鼻、耳、肺、膀胱などの末梢臓器に入っていきやすさの度合のことを指します。 組織移行性が高ければあらゆる末梢組織に起こる感染症に効果が出やすいことを意味します。 逆に組織移行性が低ければ、末梢組織に薬が届きにくいことを意味するため、薬の届きにくい組織の感染症では使えないことを意味します。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の有効成分の組織移行性は 中程度といったところです。 特別組織移行性が悪いわけでもなく、かといって組織移行性が著しく優れているとも言えません。 こういう人は飲めない。 フロモックスの禁忌 今までフロモックス(セフカペンピボキシル)を服用したことがあり、その際にを起こしたことがある場合には、フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用することができないこととされています。 (禁忌 ショック) ショックとは、血管拡張による血圧低下によって末梢組織に血液が送られなくなり、酸素を送ることができず、頻脈、呼吸困難、意識消失といった症状が現れることを指します。 薬物アレルギーでは、ヒスタミンによって血管が拡張し、ショックが起こることがあります。 また、 フロモックス(セフカペンピボキシル)や他のセフェム系抗生物質で過敏症(薬物アレルギー)を起こしたことがある場合には原則としてフロモックス(セフカペンピボキシル)が使用できないこととされています。 (原則禁忌) セフェム系抗生物質には以下の薬が代表例として挙げられます。 薬品名 有効成分名 ケフラール セファクロル ケフレックス セファレキシン バナン セフポドキシムプロキセチル セフゾン セフジニル トミロン セフテラムピボキシル メイアクト セフジトレンピボキシル フロモックス(セフカペンピボキシル)の副作用 下痢 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用することで下痢が起こることがあります。 下痢が起こる理由としては、フロモックス(セフカペンピボキシル)が 腸内に常に存在する腸内細菌も殺してしまい腸内環境が崩れてしまうことによって起こります。 もしフロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中に下痢が起こった場合には医師の診察を受けるようにしましょう。 その場合、ビオフェルミンRなど抗生物質投与中でも有効な 整腸剤が処方されることが多いです。 また、抗生物質が処方された際に副作用の下痢が起こることを見越して予防的に整腸剤が処方されることも多いです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)服用中に起こる下痢とその対処法に関しては、詳しくは、「」をご参照下さい。 また抗生物質による下痢も場合によっては 偽膜性大腸炎や 出血性大腸炎といった重篤な副作用である可能性もあります。 ですから医師の診察を受けることが適切です。 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中に起こる重大な副作用 薬物アレルギー あらゆる薬で起こり得ることですが、フロモックス(セフカペンピボキシル)服用中に 薬物アレルギーが起こることがあります。 薬物アレルギーでは、じんましん、皮膚の赤みや腫れ、頻脈、嘔吐といった症状が現れることがあり、場合によっては顔色が悪くなったり、呼吸困難、意識消失といった症状が現れたりします。 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中にこういった症状が現れた場合には早めに医師の診察を受けるようにしましょう。 特に呼吸困難や意識消失を伴う場合は処置が遅れると死に至ることもあります。 低カルニチン血症による低血糖 フロモックスの有効成分セフカペンピボキシルは抗菌力を有するセフカペンにピバリン酸という物質を結合させてあります。 セフカペンピボキシルが小腸から吸収されるとセフカペンとピバリン酸に分かれます。 ピバリン酸には血液中のカルニチンという物質の尿への排泄を促進する効果があります。 これによって血液にはカルニチンが不足した状態となります。 カルニチンは脂肪から糖を作る(糖新生)際に必須の物質であり、カルニチンが不足することで糖が不足して低血糖になります。 低血糖になると脳がエネルギー不足となり、 意識消失、けいれんが起こってしまうことがあります。 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中に実際に低血糖を起こし、意識消失、けいれんを起こした事例もあり、 場合によっては麻痺、てんかんなどの後遺症が残ることもあります。 特に 1歳未満の小さな子供にはこの副作用が起こりやすいため注意が必要です。 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸 フロモックス(セフカペンピボキシル)服用中に肝機能の異常が起こることがあります。 肝機能障害が起こると、 体のだるさ、黄疸(肌が黄色っぽくなる)といった症状が現れます。 こういった症状が出た場合には医師に相談するようにしましょう。 その他フロモックスの服用で起こり得る重大な副作用 ここまで紹介してきた副作用以外に急性腎不全、無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンジョンソン症候群)、間質性肺炎、好酸球性肺炎、横紋筋融解症といった重大な副作用が起こることがあります。 併用薬との飲み合わせ フロモックス(セフカペンピボキシル)はそれ以外の併用薬の作用を強めたり弱めたりすることはありません。 同じセフェム系抗生物質が併用薬になければ飲み合わせは問題ありません。 フロモックス(セフカペンピボキシル)は生後28日以降から服用可能 フロモックス(セフカペンピボキシル)は 生後28日以降から服用が可能な薬です。 よって小さな赤ちゃんにも処方されることのある抗生物質です。 こんな小さな赤ちゃんが抗生物質なんか飲めるの?と感じる方もいらっしゃるでしょうが、生後28日以降であれば処方することは可能な薬とされているのです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の妊娠、授乳中の使用 妊娠中の使用 妊娠中のフロモックス(セフカペンピボキシル)の服用については「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 」と定められています。 つまり、使用できないことはないが、それは本当に必要な時に限られるということです。 特に妊娠後期(妊娠8か月以降)にフロモックス(セフカペンピボキシル)を服用した場合には、妊婦、および胎児に前述の低カルニチン血症に伴う低血糖が起こることがあり注意が必要です。 授乳中の使用 フロモックス(セフカペンピボキシル)は授乳中に服用しても特に問題はない薬です。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の粉薬はイチゴ味の薬だが苦みもある フロモックス(セフカペンピボキシル)には子供用に細粒という粉薬が存在します。 この薬の表面は イチゴ味の甘いコーティングが施されています。 しかし、あくまでも甘いのは表面のコーティングだけで、 内部の有効成分は苦みがあります。 このことからフロモックス(セフカペンピボキシル)は 水やお茶などの水分に溶かしてしまわない方法が推奨されています。 ただし溶かさなければ問題はありません。 粉薬は水分と一緒にしないと飲めないというお子さんもいらっしゃるでしょう。 そういった場合には水分に粉薬を入れて軽くかき混ぜたら、溶けてしまう前に口に運ぶようにしましょう。 すると溶かしてしまう場合よりも苦みが軽減されます。 また、フロモックスは オレンジジュースなど酸味のあるジュースと混ぜると苦みが出やすいです。 水、お茶、牛乳に混ぜる場合は比較的飲みやすくなります。 ちなみに フロモックスの粉薬を水分に混ぜた場合は速やかに服用するようにしましょう。 水分に溶けると徐々に有効成分が分解していって効果が弱くなってしまいます。 関連ページ アレグラ(フェキソフェナジン)は主に抗ヒスタミン作用によってアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの症状を改善する薬です。 アレグラ(フェキソフェナジン)は眠気や痙攣といった抗ヒスタミン薬によくある副作用を起こしにくく安全性の高い薬です。 アレロック(オロパタジン)は第2世代抗ヒスタミン薬でアレルギー性疾患に使用されます。 アレロック(オロパタジン)は第世代抗ヒスタミン薬の中ではアレルギーを抑える効果は強力ですが、眠気や口渇といった副作用は比較的起こりやすいです。 ナウゼリン(ドンペリドン)は吐き気止めとして使用される薬です。 胃の中の内容物を腸へと送るのを促し、さらに下部食道括約筋を収縮させることで胃内容物の食道への逆流を防ぎます。 副作用は起こりにくいですが下痢、眠気、めまいを起こすことがあります。 アスベリンは咳止めとして古くから使用されている薬です。 そのため安全性も確立しており、0歳から使用が可能です。 副作用は起こりにくい薬ですが、まれに眠気、めまい、意識障害、吐き気、嘔吐、下痢といったことが起こることがあります。 イナビルはインフルエンザウイルス感染症の治療、及び予防のために使用される吸入タイプの薬です。 一度吸入すると持続的効果が得られるため、薬を1回使用するだけで済むことが特徴です。 タミフルやリレンザ同様に異常行動への注意は必要となります。 アモキシシリン(サワシリン、パセトシン、ワイドシリン、アモリン)はペニシリン系抗生物質で細菌感染症に用いられます。 アモキシシリンは古くからある薬で小さな子供や妊婦、授乳中の母親にも使用されることがある抗生物質です。 リレンザはインフルエンザの治療、感染予防に用いられる吸入薬です。 5歳から使用可能な薬で副作用も比較的起こりにくい薬ではありますが、場合によってはアレルギーや嘔吐、下痢などの副作用が現れることがあります。 異常行動にも注意が必要です。 オノン(プランルカスト)はロイコトリエン受容体拮抗薬で気管支喘息、アレルギー性鼻炎の治療に用いられます。 オノン(プランルカスト)は予防的効果に優れている薬ですが、出てしまっている症状を抑える効果は比較的マイルドです。 タミフルはインフルエンザの治療、予防に用いられる薬です。 内服タイプの抗インフルエンザ薬で、誰にでも使用しやすいというメリットがあります。 ただタミフル服用中に異常行動を起こす例が報告されており、注意が必要な薬でもあります。 ツロブテロール(ホクナリン、セキナリン、ベラチン)は気管支平滑筋を弛緩させることで気管支を拡張させ、呼吸困難、ぜんそく、咳といった症状を改善します。 内服薬の他、テープ剤もあります。 副作用として手足のふるえ、動悸、吐き気等に注意が必要です。 モンテルカスト(キプレス、シングレア)は気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる薬です。 副作用が出にくく予防的使用に適した薬ですが、出ている症状を速やかに抑えることには適さない薬です。 トスフロキサシン(オゼックス)は小児にも使用できるニューキノロン系抗生物質です。 幅広い細菌感染に効果が出やすい抗菌薬で、他の抗生物質が効きにくい場合によく使用されます。 トスフロキサシン(オゼックス)服用中には副作用で下痢が起こりやすくなります。 セチリジン(ジルテック)は花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる抗アレルギー薬です。 抗ヒスタミン薬といってヒスタミンの働きを抑える薬です。 抗ヒスタミン薬の中で効果は中程度で、副作用で眠気、口渇、めまいが起こることがあります。 レボセチリジン(ザイザル)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみを改善する抗ヒスタミン薬の一種です。 この薬は生後6か月から服用することができます。 レボセチリジン(ザイザル)服用中には眠気、口の渇きなどの副作用が起こることがあります。 エピナスチン(アレジオン)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 エピナスチンは脳に影響を及ぼしにくい抗ヒスタミン薬で眠気、痙攣等の副作用が起こりにくいです。 さらにエピナスチンは1日1回の服用で済む持続力の高い薬です。 メキタジン(ニポラジン、ゼスラン等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる第二世代抗ヒスタミン薬です。 メキタジン服用中には比較的副作用は起こりにくいものの、眠気、口渇、吐き気が起こることがあります。 ケトチフェン(ザジテン、ジキリオン等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いる抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬の中ではけいれんを起こしやすい薬なので小さな子供やけいれん性疾患を起こしたことがある方は注意が必要です。 オキサトミド(セルテクト、セルトミド等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、かゆみに用いる抗ヒスタミン薬です。 ドライシロップは甘く飲みやすいですが、小さな子供では副作用が起こりやすいので注意が必要です。 クロルフェニラミン(ポララミン)は第一世代抗ヒスタミン薬で、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみ、咳などの治療に用いられます。 緑内障を悪化させるリスクや尿閉のリスクがあるため注意が必要で、その他の眠気等の副作用も起こりやすい抗ヒスタミン薬です。 シプロヘプタジン(ペリアクチン)はアレルギー性鼻炎、感染症に伴う鼻水や咳、じんましん、かゆみの治療に用いる第一世代抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬の中では珍しく抗セロトニン作用をも併せ持っており、これはかゆみに有効です。 ロラタジン(クラリチン)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いられる第二世代抗ヒスタミン薬です。 眠気、口渇などの副作用が起こりにくいと言われている第二世代抗ヒスタミン薬の中でも最も副作用の起こりにくい薬の1つです。 ペミロラスト(アレギサール、ペミラストン)はアレルギー性鼻炎、気管支喘息の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 副作用が出にくく安全に使用できますが、効果は比較的弱く予防的な治療に用いられることが多いです。 トラニラスト(リザベン)は気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 抗アレルギー効果は比較的弱いものの副作用が起こりにくい薬です。 また、ケロイドや肥厚性瘢痕の治療に用いられる唯一の内服薬でもあります。 オラペネム(テビペネム)はカルバペネム系抗生物質で唯一の内服薬です。 肺炎、副鼻腔炎、中耳炎の治療に用いられます。 オラペネム(テビペネム)は各種耐性菌を含むあらゆる細菌に抗菌作用を発揮する薬で、主に他の抗生物質が効かない場合の最終手段的に使用されます。 セフジトレンピボキシル(メイアクト)はセフェム系抗生物質であらゆる細菌感染症の治療に用いられます。 セフジトレンピボキシル(メイアクト)はセフェム系の中では効く細菌の種類が多いです。 ただセフジトレンピボキシル(メイアクト)服用中は下痢が起こりやすいです。 セフジニル(セフゾン)は様々な感染症に用いるセフェム系抗生物質です。 セフジニル(セフゾン)は鉄、アルミニウム、マグネシウムと一緒に服用すると体に吸収されにくくなり効果が弱まります。 また、セフジニル(セフゾン)服用の影響で便や尿が赤色になることがあります。 セフテラム(トミロン)は様々な細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セフテラム(トミロン)はセフェム系の中では多くの種類の細菌に抗菌活性を発揮するタイプの薬です。 トミロン細粒小児用10%は抗生物質の中では比較的飲みやすい薬です。 セフポドキシムプロキセチル(バナン)は感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セフポドキシムプロキセチル(バナン)服用中に起こる主な副作用は下痢です。 またセフポドキシムプロキセチル(バナン)は妊娠中、授乳中でも服用でき子供は生後1か月から服用できます。 ファロペネム(ファロム)は様々な感染症に用いるペネム系抗生物質です。 ファロペネム(ファロム)はセフェム系やペニシリン系の抗生物質と同様に細菌の細胞壁合成を阻害する薬ですが、これらより多くの菌種に抗菌作用を発揮します。 またファロペネム(ファロム)は下痢を起こしやすい抗生物質です。 ホスホマイシン(ホスミシン)は細菌感染症に用いられる抗生物質です。 ミノサイクリン(ミノマイシン)は細菌感染症の治療に用いられる抗生物質です。 ミノサイクリン(ミノマイシン)は特にニキビ(ざ瘡)やマイコプラズマ肺炎の治療に用いられることが多いです。 ただ、歯や骨の形成に影響があるため、小さな子供や妊婦はほぼ使用されません。 バラシクロビル(バルトレックス)は単純疱疹(ヘルペス)、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹、性器ヘルペスの治療に用いられる抗ウイルス薬です。 バラシクロビル(バルトレックス)はアシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)の体内への吸収率を改良した薬です。 デスロラタジン(デザレックス)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 デスロラタジン(デザレックス)は眠気等副作用が出にくいこと、いつ服用しても構わないことが特徴で使いやすい薬となっています。 セファレキシン(ケフレックス)は細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セファレキシン(ケフレックス)は古くから存在する第一世代のセフェム系抗生物質であり、グラム陽性菌に抗菌作用を発揮します。 セファクロル(ケフラール)は細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セファクロル(ケフラール)はセフェム系抗生物質の中でも第一世代セフェム系抗生物質に分類され、グラム陽性菌に抗菌作用を発揮しやすいという特徴があります。 ビラスチン(ビラノア)は2016年に発売された比較的新しい抗ヒスタミン薬です。 ビラスチン(ビラノア)は眠気、口の渇き(口渇)といった抗ヒスタミン薬に起こりやすい副作用が起こりにくいのが特徴で、効果は抗ヒスタミン薬の中では中程度です。 ベポタスチン(タリオン)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 ベポタスチン(タリオン)は第二世代抗ヒスタミン薬なので、眠気、口渇等の副作用は起こりにくいです。 効果の強さは抗ヒスタミン薬の中では中程度です。 アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)は主に単純疱疹、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹の治療に用いられる薬です。 アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)は副作用が比較的起こりにくい薬ですが、下痢、肝機能異常が副作用として起こることがあります。 トラネキサム酸(トランサミン)は鼻血など出血が起こった際の止血薬や抗炎症薬として使用される薬です。 トラネキサム酸(トランサミン)は古くから存在する薬で、小さな子供、妊婦、授乳婦が使用しても安全に使用できることが確認されている薬です。 スルタミシリン(ユナシン)は細菌感染症に用いるペニシリン系抗生物質です。 スプラタスト(アイピーディ)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性疾患の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 スプラタスト(アイピーディ)は他の抗アレルギー薬とは異なる作用機序で働く薬で、副作用が出にくいことが特徴です。 クレマスチン(タベジールなど)は蕁麻疹、湿疹、かゆみなどアレルギー性皮膚疾患、アレルギー性鼻炎の治療に用いられる第一世代抗ヒスタミン薬の1つです。 クレマスチン(タベジールなど)服用中には特に小児に痙攣の副作用が起こりやすくなったり、眠気が起こったりするので注意が必要です。 デキストロメトルファン(メジコン等)は中枢性非麻薬性鎮咳薬の一種で咳止めとして広く使用されています。 デキストロメトルファン(メジコン等)は麻薬性鎮咳薬と比べて、便秘、口渇などの副作用が起こりにくく、依存性もありません。 酸化マグネシウム(マグミット)は主に便秘の際に緩下剤として使用されますが、制酸剤や尿路シュウ酸カリウム結石の予防にも用いられます。 酸化マグネシウム(マグミット)を使用する際にはテトラサイクリン系抗生物質やニューキノロン系抗菌薬など併用薬との相互作用に注意が必要です。 ジメモルファン(アストミン)は咳止めとして使用される薬です。 この薬は延髄の咳中枢に作用することで咳を止めます。 比較的副作用の出にくい薬ですが、耐糖能異常を起こすこともあるので糖尿病の方はジメモルファン(アストミン)を服用する際にはより注意が必要です。 ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)は咳止めとして使用される薬です。 非麻薬性鎮咳薬に分類されるため、依存性、耐性は生じません。 また、ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)は抗コリン作用、局所麻酔作用を併せ持つ咳止めの薬です。 レスプレンは咳止めとして使用される薬です。 延髄の咳中枢に作用して咳を止めます。 また、レスプレンは痰を切れやすくする作用も有しています。 非麻薬性鎮咳薬なので副作用が起こりにくいです。 フスタゾールは咳止めとして使用される薬です。 有効成分のクロペラスチンが延髄の咳中枢に作用することで咳を起こしにくくします。 また、フスタゾールは気管支平滑筋弛緩作用、抗ヒスタミン作用も併せ持つ咳止めです。 ブロムヘキシン(ビソルボン)は去痰薬で、内服薬の錠剤、散剤に加え、吸入薬、注射薬が存在します。 ブロムヘキシン(ビソルボン)はネバネバした痰をサラサラにして、さらに線毛運動を促進することによって痰を切れやすくします。 ケイツーはビタミンK2製剤でビタミンKの補充のために用いる薬です。 ビタミンKが欠乏するとビタミンK欠乏性出血症になる恐れがあります。 この予防のために主に新生児、乳児に使用されます。 ピコスルファート(ラキソベロン)は主に便秘に使用する下剤です。 便秘の他、手術の後、造影剤服用後の排便促進や、大腸検査前の腸内容物の除去のためにも用いられます。 大腸刺激性下剤で耐性が生じることがあります。 タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は下痢に用いられる薬です。 腸の粘膜に穏やかな収れん作用を発揮することで、腸に起こる炎症を抑え、下痢に対して治療効果を発揮します。 また、タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は子供や妊婦も服用できる安全な薬です。 ガランターゼは乳糖不耐症の治療に用いられる薬です。 ミルラクトは乳糖不耐症による下痢や腹部膨満といった症状を改善する薬です。 オリザチームは乳糖不耐症に伴う下痢や消化不良などの消化器症状を改善する薬です。 カラシミーゼは乳糖不耐症に伴う下痢等の症状を改善する薬です。 ロペラミド(ロペミン)は下痢止めとして使用される薬です。 腸の蠕動運動を抑制することによって腸の内容物を腸に長くとどまらせて水分の吸収を促し下痢を改善します。 通常、ロペラミド(ロペミン)は非感染性の下痢に使用されます。 アセトアミノフェンは解熱鎮痛剤として広く使用されています。 特に小児の解熱鎮痛に用いることのできる貴重な解熱鎮痛剤です。 インフルエンザや水ぼうそうの際にも使用することができます。 12歳未満には通常使用されません。 クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)はマクロライド系抗生物質の一種で細菌感染症の治療に用いられます。 様々な種類の細菌に抗菌効果を発揮し、下痢などの消化器系の副作用が他の抗生物質よりも起こりにくいことが特徴です。 エリスロマイシン(エリスロシン)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられる薬です。 下痢などの消化器系の副作用が起こりにくいため、広く臨床現場で使用される抗生物質の一つとなっています。 アジスロマイシン(ジスロマック)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いる薬です。 効果の持続性に優れており、少ない服用回数で長期間効果が持続します。 ロキシスロマイシン(ルリッド)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられます。 他のマクロライド系抗生物質と比較して、他の薬との飲み合わせに問題が起こりにくいです。 ルパタジン(ルパフィン)は抗ヒスタミン薬の一種で、体内でヒスタミンの働きを抑制し、アレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみ、じんましんの症状を改善します。 さらに、抗PAF作用を併せ持ち、これもアレルギー症状の改善に有効です。 アゼラスチン(アゼプチン)は第二世代抗ヒスタミン薬でアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患、喘息の治療に用いられる薬です。 第一世代抗ヒスタミン薬と比べて眠気等の副作用が起こりにくいですが、第二世代抗ヒスタミン薬の中では起こりやすいです。 ゾフルーザ(バロキサビル)は抗インフルエンザ薬です。 1回服用するだけでインフルエンザの治療が完了する薬です。 副作用が起こりにくく安全性にも優れた抗インフルエンザ薬です。

次の

セフカペンピボキシル塩酸塩錠、毎食後に飲む物を7日分貰いました。3

セフ カ ペン ピボキシル 塩酸 塩 錠 副作用

フロモックスの効果 フロモックス(セフカペンピボキシル)はどのように効く? フロモックスの有効成分セフカペンピボキシルはセフェム系抗生物質です。 このセフェム系抗生物質は 細菌の細胞壁の合成を阻害することで効果を発揮します。 人の細胞には細胞壁という構造はありませんが、細菌には細胞壁が存在します。 よって、フロモックス(セフカペンピボキシル)は 人には作用せず、細菌だけに効くのです。 ちなみにフロモックス(セフカペンピボキシル)の効果は 殺菌的効果という強いものです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の抗菌スペクトル 抗菌スペクトルとは抗生物質がどういった種類の細菌に有効かということを指します。 抗菌スペクトルが広い抗生物質は幅広い細菌に有効であることを指し、逆に抗菌スペクトルが狭い抗生物質は有効な細菌が限られます。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の抗菌スペクトルは中程度と言えるでしょう。 グラム陽性菌、グラム陰性菌ともに有効ですが、どちらかと言えば グラム陰性菌の方が効果が出やすい抗生物質です。 フロモックス(セフカペンピボキシル)は時間依存性の抗生物質 抗生物質の効果を予測する上で、その抗生物質が時間依存性の薬か、濃度依存性の薬かを知ることは重要です。 抗生物質は血液中の濃度が一定以上になった時から抗菌作用を発揮します。 これをMICといいます。 時間依存性の抗生物質の場合は血液中の抗生物質の濃度がこのMICを超えている時間を長くすることでその抗生物質の効果を最大限発揮させることができます。 一方、濃度依存性の抗生物質の場合は血液中の抗生物質の濃度を高くすることでその抗生物質の効果を最大限発揮させることができます。 フロモックスは 時間依存性の抗生物質に該当します。 よって、抗生物質を服用する期間が薬の効果と深く関わっています。 つまり、 フロモックスは医師が処方した期間は飲み続けた方がよい抗生物質なのです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の組織移行性 抗生物質の効果を知る上ではその抗生物質の組織移行性も重要な材料となります。 組織移行性とは、薬が体内に吸収された後に、血液の流れに乗った後、鼻、耳、肺、膀胱などの末梢臓器に入っていきやすさの度合のことを指します。 組織移行性が高ければあらゆる末梢組織に起こる感染症に効果が出やすいことを意味します。 逆に組織移行性が低ければ、末梢組織に薬が届きにくいことを意味するため、薬の届きにくい組織の感染症では使えないことを意味します。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の有効成分の組織移行性は 中程度といったところです。 特別組織移行性が悪いわけでもなく、かといって組織移行性が著しく優れているとも言えません。 こういう人は飲めない。 フロモックスの禁忌 今までフロモックス(セフカペンピボキシル)を服用したことがあり、その際にを起こしたことがある場合には、フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用することができないこととされています。 (禁忌 ショック) ショックとは、血管拡張による血圧低下によって末梢組織に血液が送られなくなり、酸素を送ることができず、頻脈、呼吸困難、意識消失といった症状が現れることを指します。 薬物アレルギーでは、ヒスタミンによって血管が拡張し、ショックが起こることがあります。 また、 フロモックス(セフカペンピボキシル)や他のセフェム系抗生物質で過敏症(薬物アレルギー)を起こしたことがある場合には原則としてフロモックス(セフカペンピボキシル)が使用できないこととされています。 (原則禁忌) セフェム系抗生物質には以下の薬が代表例として挙げられます。 薬品名 有効成分名 ケフラール セファクロル ケフレックス セファレキシン バナン セフポドキシムプロキセチル セフゾン セフジニル トミロン セフテラムピボキシル メイアクト セフジトレンピボキシル フロモックス(セフカペンピボキシル)の副作用 下痢 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用することで下痢が起こることがあります。 下痢が起こる理由としては、フロモックス(セフカペンピボキシル)が 腸内に常に存在する腸内細菌も殺してしまい腸内環境が崩れてしまうことによって起こります。 もしフロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中に下痢が起こった場合には医師の診察を受けるようにしましょう。 その場合、ビオフェルミンRなど抗生物質投与中でも有効な 整腸剤が処方されることが多いです。 また、抗生物質が処方された際に副作用の下痢が起こることを見越して予防的に整腸剤が処方されることも多いです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)服用中に起こる下痢とその対処法に関しては、詳しくは、「」をご参照下さい。 また抗生物質による下痢も場合によっては 偽膜性大腸炎や 出血性大腸炎といった重篤な副作用である可能性もあります。 ですから医師の診察を受けることが適切です。 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中に起こる重大な副作用 薬物アレルギー あらゆる薬で起こり得ることですが、フロモックス(セフカペンピボキシル)服用中に 薬物アレルギーが起こることがあります。 薬物アレルギーでは、じんましん、皮膚の赤みや腫れ、頻脈、嘔吐といった症状が現れることがあり、場合によっては顔色が悪くなったり、呼吸困難、意識消失といった症状が現れたりします。 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中にこういった症状が現れた場合には早めに医師の診察を受けるようにしましょう。 特に呼吸困難や意識消失を伴う場合は処置が遅れると死に至ることもあります。 低カルニチン血症による低血糖 フロモックスの有効成分セフカペンピボキシルは抗菌力を有するセフカペンにピバリン酸という物質を結合させてあります。 セフカペンピボキシルが小腸から吸収されるとセフカペンとピバリン酸に分かれます。 ピバリン酸には血液中のカルニチンという物質の尿への排泄を促進する効果があります。 これによって血液にはカルニチンが不足した状態となります。 カルニチンは脂肪から糖を作る(糖新生)際に必須の物質であり、カルニチンが不足することで糖が不足して低血糖になります。 低血糖になると脳がエネルギー不足となり、 意識消失、けいれんが起こってしまうことがあります。 フロモックス(セフカペンピボキシル)を服用中に実際に低血糖を起こし、意識消失、けいれんを起こした事例もあり、 場合によっては麻痺、てんかんなどの後遺症が残ることもあります。 特に 1歳未満の小さな子供にはこの副作用が起こりやすいため注意が必要です。 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸 フロモックス(セフカペンピボキシル)服用中に肝機能の異常が起こることがあります。 肝機能障害が起こると、 体のだるさ、黄疸(肌が黄色っぽくなる)といった症状が現れます。 こういった症状が出た場合には医師に相談するようにしましょう。 その他フロモックスの服用で起こり得る重大な副作用 ここまで紹介してきた副作用以外に急性腎不全、無顆粒球症、血小板減少、溶血性貧血、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンジョンソン症候群)、間質性肺炎、好酸球性肺炎、横紋筋融解症といった重大な副作用が起こることがあります。 併用薬との飲み合わせ フロモックス(セフカペンピボキシル)はそれ以外の併用薬の作用を強めたり弱めたりすることはありません。 同じセフェム系抗生物質が併用薬になければ飲み合わせは問題ありません。 フロモックス(セフカペンピボキシル)は生後28日以降から服用可能 フロモックス(セフカペンピボキシル)は 生後28日以降から服用が可能な薬です。 よって小さな赤ちゃんにも処方されることのある抗生物質です。 こんな小さな赤ちゃんが抗生物質なんか飲めるの?と感じる方もいらっしゃるでしょうが、生後28日以降であれば処方することは可能な薬とされているのです。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の妊娠、授乳中の使用 妊娠中の使用 妊娠中のフロモックス(セフカペンピボキシル)の服用については「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 」と定められています。 つまり、使用できないことはないが、それは本当に必要な時に限られるということです。 特に妊娠後期(妊娠8か月以降)にフロモックス(セフカペンピボキシル)を服用した場合には、妊婦、および胎児に前述の低カルニチン血症に伴う低血糖が起こることがあり注意が必要です。 授乳中の使用 フロモックス(セフカペンピボキシル)は授乳中に服用しても特に問題はない薬です。 フロモックス(セフカペンピボキシル)の粉薬はイチゴ味の薬だが苦みもある フロモックス(セフカペンピボキシル)には子供用に細粒という粉薬が存在します。 この薬の表面は イチゴ味の甘いコーティングが施されています。 しかし、あくまでも甘いのは表面のコーティングだけで、 内部の有効成分は苦みがあります。 このことからフロモックス(セフカペンピボキシル)は 水やお茶などの水分に溶かしてしまわない方法が推奨されています。 ただし溶かさなければ問題はありません。 粉薬は水分と一緒にしないと飲めないというお子さんもいらっしゃるでしょう。 そういった場合には水分に粉薬を入れて軽くかき混ぜたら、溶けてしまう前に口に運ぶようにしましょう。 すると溶かしてしまう場合よりも苦みが軽減されます。 また、フロモックスは オレンジジュースなど酸味のあるジュースと混ぜると苦みが出やすいです。 水、お茶、牛乳に混ぜる場合は比較的飲みやすくなります。 ちなみに フロモックスの粉薬を水分に混ぜた場合は速やかに服用するようにしましょう。 水分に溶けると徐々に有効成分が分解していって効果が弱くなってしまいます。 関連ページ アレグラ(フェキソフェナジン)は主に抗ヒスタミン作用によってアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの症状を改善する薬です。 アレグラ(フェキソフェナジン)は眠気や痙攣といった抗ヒスタミン薬によくある副作用を起こしにくく安全性の高い薬です。 アレロック(オロパタジン)は第2世代抗ヒスタミン薬でアレルギー性疾患に使用されます。 アレロック(オロパタジン)は第世代抗ヒスタミン薬の中ではアレルギーを抑える効果は強力ですが、眠気や口渇といった副作用は比較的起こりやすいです。 ナウゼリン(ドンペリドン)は吐き気止めとして使用される薬です。 胃の中の内容物を腸へと送るのを促し、さらに下部食道括約筋を収縮させることで胃内容物の食道への逆流を防ぎます。 副作用は起こりにくいですが下痢、眠気、めまいを起こすことがあります。 アスベリンは咳止めとして古くから使用されている薬です。 そのため安全性も確立しており、0歳から使用が可能です。 副作用は起こりにくい薬ですが、まれに眠気、めまい、意識障害、吐き気、嘔吐、下痢といったことが起こることがあります。 イナビルはインフルエンザウイルス感染症の治療、及び予防のために使用される吸入タイプの薬です。 一度吸入すると持続的効果が得られるため、薬を1回使用するだけで済むことが特徴です。 タミフルやリレンザ同様に異常行動への注意は必要となります。 アモキシシリン(サワシリン、パセトシン、ワイドシリン、アモリン)はペニシリン系抗生物質で細菌感染症に用いられます。 アモキシシリンは古くからある薬で小さな子供や妊婦、授乳中の母親にも使用されることがある抗生物質です。 リレンザはインフルエンザの治療、感染予防に用いられる吸入薬です。 5歳から使用可能な薬で副作用も比較的起こりにくい薬ではありますが、場合によってはアレルギーや嘔吐、下痢などの副作用が現れることがあります。 異常行動にも注意が必要です。 オノン(プランルカスト)はロイコトリエン受容体拮抗薬で気管支喘息、アレルギー性鼻炎の治療に用いられます。 オノン(プランルカスト)は予防的効果に優れている薬ですが、出てしまっている症状を抑える効果は比較的マイルドです。 タミフルはインフルエンザの治療、予防に用いられる薬です。 内服タイプの抗インフルエンザ薬で、誰にでも使用しやすいというメリットがあります。 ただタミフル服用中に異常行動を起こす例が報告されており、注意が必要な薬でもあります。 ツロブテロール(ホクナリン、セキナリン、ベラチン)は気管支平滑筋を弛緩させることで気管支を拡張させ、呼吸困難、ぜんそく、咳といった症状を改善します。 内服薬の他、テープ剤もあります。 副作用として手足のふるえ、動悸、吐き気等に注意が必要です。 モンテルカスト(キプレス、シングレア)は気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる薬です。 副作用が出にくく予防的使用に適した薬ですが、出ている症状を速やかに抑えることには適さない薬です。 トスフロキサシン(オゼックス)は小児にも使用できるニューキノロン系抗生物質です。 幅広い細菌感染に効果が出やすい抗菌薬で、他の抗生物質が効きにくい場合によく使用されます。 トスフロキサシン(オゼックス)服用中には副作用で下痢が起こりやすくなります。 セチリジン(ジルテック)は花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる抗アレルギー薬です。 抗ヒスタミン薬といってヒスタミンの働きを抑える薬です。 抗ヒスタミン薬の中で効果は中程度で、副作用で眠気、口渇、めまいが起こることがあります。 レボセチリジン(ザイザル)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみを改善する抗ヒスタミン薬の一種です。 この薬は生後6か月から服用することができます。 レボセチリジン(ザイザル)服用中には眠気、口の渇きなどの副作用が起こることがあります。 エピナスチン(アレジオン)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 エピナスチンは脳に影響を及ぼしにくい抗ヒスタミン薬で眠気、痙攣等の副作用が起こりにくいです。 さらにエピナスチンは1日1回の服用で済む持続力の高い薬です。 メキタジン(ニポラジン、ゼスラン等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみの治療に用いられる第二世代抗ヒスタミン薬です。 メキタジン服用中には比較的副作用は起こりにくいものの、眠気、口渇、吐き気が起こることがあります。 ケトチフェン(ザジテン、ジキリオン等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いる抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬の中ではけいれんを起こしやすい薬なので小さな子供やけいれん性疾患を起こしたことがある方は注意が必要です。 オキサトミド(セルテクト、セルトミド等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、かゆみに用いる抗ヒスタミン薬です。 ドライシロップは甘く飲みやすいですが、小さな子供では副作用が起こりやすいので注意が必要です。 クロルフェニラミン(ポララミン)は第一世代抗ヒスタミン薬で、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみ、咳などの治療に用いられます。 緑内障を悪化させるリスクや尿閉のリスクがあるため注意が必要で、その他の眠気等の副作用も起こりやすい抗ヒスタミン薬です。 シプロヘプタジン(ペリアクチン)はアレルギー性鼻炎、感染症に伴う鼻水や咳、じんましん、かゆみの治療に用いる第一世代抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬の中では珍しく抗セロトニン作用をも併せ持っており、これはかゆみに有効です。 ロラタジン(クラリチン)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いられる第二世代抗ヒスタミン薬です。 眠気、口渇などの副作用が起こりにくいと言われている第二世代抗ヒスタミン薬の中でも最も副作用の起こりにくい薬の1つです。 ペミロラスト(アレギサール、ペミラストン)はアレルギー性鼻炎、気管支喘息の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 副作用が出にくく安全に使用できますが、効果は比較的弱く予防的な治療に用いられることが多いです。 トラニラスト(リザベン)は気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 抗アレルギー効果は比較的弱いものの副作用が起こりにくい薬です。 また、ケロイドや肥厚性瘢痕の治療に用いられる唯一の内服薬でもあります。 オラペネム(テビペネム)はカルバペネム系抗生物質で唯一の内服薬です。 肺炎、副鼻腔炎、中耳炎の治療に用いられます。 オラペネム(テビペネム)は各種耐性菌を含むあらゆる細菌に抗菌作用を発揮する薬で、主に他の抗生物質が効かない場合の最終手段的に使用されます。 セフジトレンピボキシル(メイアクト)はセフェム系抗生物質であらゆる細菌感染症の治療に用いられます。 セフジトレンピボキシル(メイアクト)はセフェム系の中では効く細菌の種類が多いです。 ただセフジトレンピボキシル(メイアクト)服用中は下痢が起こりやすいです。 セフジニル(セフゾン)は様々な感染症に用いるセフェム系抗生物質です。 セフジニル(セフゾン)は鉄、アルミニウム、マグネシウムと一緒に服用すると体に吸収されにくくなり効果が弱まります。 また、セフジニル(セフゾン)服用の影響で便や尿が赤色になることがあります。 セフテラム(トミロン)は様々な細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セフテラム(トミロン)はセフェム系の中では多くの種類の細菌に抗菌活性を発揮するタイプの薬です。 トミロン細粒小児用10%は抗生物質の中では比較的飲みやすい薬です。 セフポドキシムプロキセチル(バナン)は感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セフポドキシムプロキセチル(バナン)服用中に起こる主な副作用は下痢です。 またセフポドキシムプロキセチル(バナン)は妊娠中、授乳中でも服用でき子供は生後1か月から服用できます。 ファロペネム(ファロム)は様々な感染症に用いるペネム系抗生物質です。 ファロペネム(ファロム)はセフェム系やペニシリン系の抗生物質と同様に細菌の細胞壁合成を阻害する薬ですが、これらより多くの菌種に抗菌作用を発揮します。 またファロペネム(ファロム)は下痢を起こしやすい抗生物質です。 ホスホマイシン(ホスミシン)は細菌感染症に用いられる抗生物質です。 ミノサイクリン(ミノマイシン)は細菌感染症の治療に用いられる抗生物質です。 ミノサイクリン(ミノマイシン)は特にニキビ(ざ瘡)やマイコプラズマ肺炎の治療に用いられることが多いです。 ただ、歯や骨の形成に影響があるため、小さな子供や妊婦はほぼ使用されません。 バラシクロビル(バルトレックス)は単純疱疹(ヘルペス)、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹、性器ヘルペスの治療に用いられる抗ウイルス薬です。 バラシクロビル(バルトレックス)はアシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)の体内への吸収率を改良した薬です。 デスロラタジン(デザレックス)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 デスロラタジン(デザレックス)は眠気等副作用が出にくいこと、いつ服用しても構わないことが特徴で使いやすい薬となっています。 セファレキシン(ケフレックス)は細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セファレキシン(ケフレックス)は古くから存在する第一世代のセフェム系抗生物質であり、グラム陽性菌に抗菌作用を発揮します。 セファクロル(ケフラール)は細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 セファクロル(ケフラール)はセフェム系抗生物質の中でも第一世代セフェム系抗生物質に分類され、グラム陽性菌に抗菌作用を発揮しやすいという特徴があります。 ビラスチン(ビラノア)は2016年に発売された比較的新しい抗ヒスタミン薬です。 ビラスチン(ビラノア)は眠気、口の渇き(口渇)といった抗ヒスタミン薬に起こりやすい副作用が起こりにくいのが特徴で、効果は抗ヒスタミン薬の中では中程度です。 ベポタスチン(タリオン)はアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。 ベポタスチン(タリオン)は第二世代抗ヒスタミン薬なので、眠気、口渇等の副作用は起こりにくいです。 効果の強さは抗ヒスタミン薬の中では中程度です。 アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)は主に単純疱疹、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹の治療に用いられる薬です。 アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)は副作用が比較的起こりにくい薬ですが、下痢、肝機能異常が副作用として起こることがあります。 トラネキサム酸(トランサミン)は鼻血など出血が起こった際の止血薬や抗炎症薬として使用される薬です。 トラネキサム酸(トランサミン)は古くから存在する薬で、小さな子供、妊婦、授乳婦が使用しても安全に使用できることが確認されている薬です。 スルタミシリン(ユナシン)は細菌感染症に用いるペニシリン系抗生物質です。 スプラタスト(アイピーディ)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性疾患の治療に用いられる抗アレルギー薬です。 スプラタスト(アイピーディ)は他の抗アレルギー薬とは異なる作用機序で働く薬で、副作用が出にくいことが特徴です。 クレマスチン(タベジールなど)は蕁麻疹、湿疹、かゆみなどアレルギー性皮膚疾患、アレルギー性鼻炎の治療に用いられる第一世代抗ヒスタミン薬の1つです。 クレマスチン(タベジールなど)服用中には特に小児に痙攣の副作用が起こりやすくなったり、眠気が起こったりするので注意が必要です。 デキストロメトルファン(メジコン等)は中枢性非麻薬性鎮咳薬の一種で咳止めとして広く使用されています。 デキストロメトルファン(メジコン等)は麻薬性鎮咳薬と比べて、便秘、口渇などの副作用が起こりにくく、依存性もありません。 酸化マグネシウム(マグミット)は主に便秘の際に緩下剤として使用されますが、制酸剤や尿路シュウ酸カリウム結石の予防にも用いられます。 酸化マグネシウム(マグミット)を使用する際にはテトラサイクリン系抗生物質やニューキノロン系抗菌薬など併用薬との相互作用に注意が必要です。 ジメモルファン(アストミン)は咳止めとして使用される薬です。 この薬は延髄の咳中枢に作用することで咳を止めます。 比較的副作用の出にくい薬ですが、耐糖能異常を起こすこともあるので糖尿病の方はジメモルファン(アストミン)を服用する際にはより注意が必要です。 ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)は咳止めとして使用される薬です。 非麻薬性鎮咳薬に分類されるため、依存性、耐性は生じません。 また、ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)は抗コリン作用、局所麻酔作用を併せ持つ咳止めの薬です。 レスプレンは咳止めとして使用される薬です。 延髄の咳中枢に作用して咳を止めます。 また、レスプレンは痰を切れやすくする作用も有しています。 非麻薬性鎮咳薬なので副作用が起こりにくいです。 フスタゾールは咳止めとして使用される薬です。 有効成分のクロペラスチンが延髄の咳中枢に作用することで咳を起こしにくくします。 また、フスタゾールは気管支平滑筋弛緩作用、抗ヒスタミン作用も併せ持つ咳止めです。 ブロムヘキシン(ビソルボン)は去痰薬で、内服薬の錠剤、散剤に加え、吸入薬、注射薬が存在します。 ブロムヘキシン(ビソルボン)はネバネバした痰をサラサラにして、さらに線毛運動を促進することによって痰を切れやすくします。 ケイツーはビタミンK2製剤でビタミンKの補充のために用いる薬です。 ビタミンKが欠乏するとビタミンK欠乏性出血症になる恐れがあります。 この予防のために主に新生児、乳児に使用されます。 ピコスルファート(ラキソベロン)は主に便秘に使用する下剤です。 便秘の他、手術の後、造影剤服用後の排便促進や、大腸検査前の腸内容物の除去のためにも用いられます。 大腸刺激性下剤で耐性が生じることがあります。 タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は下痢に用いられる薬です。 腸の粘膜に穏やかな収れん作用を発揮することで、腸に起こる炎症を抑え、下痢に対して治療効果を発揮します。 また、タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は子供や妊婦も服用できる安全な薬です。 ガランターゼは乳糖不耐症の治療に用いられる薬です。 ミルラクトは乳糖不耐症による下痢や腹部膨満といった症状を改善する薬です。 オリザチームは乳糖不耐症に伴う下痢や消化不良などの消化器症状を改善する薬です。 カラシミーゼは乳糖不耐症に伴う下痢等の症状を改善する薬です。 ロペラミド(ロペミン)は下痢止めとして使用される薬です。 腸の蠕動運動を抑制することによって腸の内容物を腸に長くとどまらせて水分の吸収を促し下痢を改善します。 通常、ロペラミド(ロペミン)は非感染性の下痢に使用されます。 アセトアミノフェンは解熱鎮痛剤として広く使用されています。 特に小児の解熱鎮痛に用いることのできる貴重な解熱鎮痛剤です。 インフルエンザや水ぼうそうの際にも使用することができます。 12歳未満には通常使用されません。 クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)はマクロライド系抗生物質の一種で細菌感染症の治療に用いられます。 様々な種類の細菌に抗菌効果を発揮し、下痢などの消化器系の副作用が他の抗生物質よりも起こりにくいことが特徴です。 エリスロマイシン(エリスロシン)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられる薬です。 下痢などの消化器系の副作用が起こりにくいため、広く臨床現場で使用される抗生物質の一つとなっています。 アジスロマイシン(ジスロマック)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いる薬です。 効果の持続性に優れており、少ない服用回数で長期間効果が持続します。 ロキシスロマイシン(ルリッド)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられます。 他のマクロライド系抗生物質と比較して、他の薬との飲み合わせに問題が起こりにくいです。 ルパタジン(ルパフィン)は抗ヒスタミン薬の一種で、体内でヒスタミンの働きを抑制し、アレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみ、じんましんの症状を改善します。 さらに、抗PAF作用を併せ持ち、これもアレルギー症状の改善に有効です。 アゼラスチン(アゼプチン)は第二世代抗ヒスタミン薬でアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患、喘息の治療に用いられる薬です。 第一世代抗ヒスタミン薬と比べて眠気等の副作用が起こりにくいですが、第二世代抗ヒスタミン薬の中では起こりやすいです。 ゾフルーザ(バロキサビル)は抗インフルエンザ薬です。 1回服用するだけでインフルエンザの治療が完了する薬です。 副作用が起こりにくく安全性にも優れた抗インフルエンザ薬です。

次の