まじき ち そく ほ つ。 動詞の五段活用と音便をマスターしよう

【日本語の文法・例文】〜まじき|日本の言葉と文化

まじき ち そく ほ つ

「社会人としてあるまじき発言だ!」 「人としてあるまじき行為だ!」 このような「あるまじき」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 ニュースや新聞、雑誌などで使われることも多いです。 日常会話ではあまり使わないかもしれませんが、ビジネスシーンなどかたい言葉を使うような場では会話の中でも使うことがあるでしょう。 「あるまじき」は前後の文脈からも、ポジティブな意味ではなく、何かいけないこと、ダメなことだという悪い意味であることはわかると思います。 ですが、「あるまじき」とはどういう意味なのか、よくわからないという人もいるでしょう。 「あるまじき」とはどういう風に使う言葉なのか、「あるまじき行為」って一体どんな行為なのか、しっかり確認しておきましょう。 今回は、「あるまじき」の意味と使い方!「あるまじき行為」とは?【類義語・例文】についてご説明いたします! 目次• 「あるまじき」の意味 「あるまじき」は「あってはならない。 不都合である。 とんでもない」という意味です。 「あるまじき」という言葉だけを初めて聞いた時には意味がわからなかったかもしれませんね。 「あるまじき」は連語といって、二つの単語が連結して一つの単語になったものです。 「ある」と「まじき」に分けると意味がわかります。 「ある」は動詞「あり」の連体形で、いわゆる「~がある」、物事が存在するという「ある」です。 「まじき」は文語「まじ」の連体形です。 古文を勉強した人ならおなじみかもしれませんが、古典文法の「まじ」は打消し推量や打消し意思、打消し当然、禁止、不可能といった意味の助動詞です。 「〜してはいけない」「〜はずがない」などと訳せます。 現代語では音が変化して「まい」ということも多く、「~すまい」「~などあるまい」などと使います。 この「ある」と「まじ」が合わさったのが「あるまじき」で、 「あってはならない」「あるはずがない」といった意味になるのです。 「あるまじき」の使い方 「あるまじき」は 「あってはならない」という意味で使います。 連体詞的に、名詞を修飾して使います。 かなり文語的なかたい響きなので、あまり女性や若い人は使いませんが、改まった場やニュース、文中などではしばしば見聞きしますので、例文で確認しておきましょう。 【例文】• 社会人としてあるまじき態度だ。 市長としてあるまじき行為である。 武士にあるまじき卑怯さだ。 弁護士としてあるまじき発言が問題になっている。 「あるまじき行為」とは? さて、「あるまじき」は「あるまじき行為」という使い方をされることがとても多いです。 ニュースや新聞、雑誌などで様々な事件や問題に対して「あるまじき行為である」というような言い方をしているのをよく見聞きしますよね。 この「あるまじき行為」、よく聞く言葉ですが正確にはどういう意味なのでしょうか。 「あるまじき行為」とは、「あるまじき」の意味からも「あってはならない行為」という意味であることがわかると思います。 「あってはならない行為」、つまり「絶対にしてはいけない行為」ということです。 その立場にある人が絶対にしてはいけないようなことをしてしまった、不適切なことをしてしまったという時に、それは「あるまじき行為」である、と表現するわけです。 【例文】• 公私混同も甚だしく、経営者としてあるまじき行為だ。 生徒に体罰を加えてけがをさせるなど、教師にあるまじき行為だ。 勤務中にゲームに夢中になるなんて、社会人としてあるまじき行為だ。 「あるまじき」の類義語 「あるまじき」の類義語には次のようなものがあります。 あってはならない• ありえない• とんでもない• 不適切な• もってのほか• 目に余る• 断じて許容できない• けしからん いずれも「だめだ!」「ひどい!」というような意味の言葉で、中でも「あってはならない」は「あるまじき」と同じ意味だと考えて良いでしょう。 「あるまじき」は厳しい印象の言葉なので、書き言葉や報道などでよく用いられますが、もう少しくだけた会話の中なら他の言葉に置き換えても良いですね。 「あるまじき」の対義語 「あるまじき」の対義語は「ありがち」です。 「ありがち」は「世間によくあること」という意味です。 他にも、文脈に応じて反対の意味の言葉は「ふさわしい」「適切な」「申し分のない」なども考えられますね。 まとめ 「あるまじき」はあってはならないという意味の言葉でした。 古めかしい響きなので、これまで使ったことがなかったかもしれません。 叱咤したり非難したりする時に使われたりしますので、あまり人から「あるまじき行為だ!」なんて言われたくはないですね。 ですが、意味や使い方をしっかり理解して、聞いたときにもきちんと理解できるよう、この機会にぜひ覚えておきたい言葉です。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の

「あるまじき」の意味と使い方!「あるまじき行為」とは?【類義語・例文】|語彙力.com

まじき ち そく ほ つ

動物の体に付属したのための。 ,脚とも書く。 無の,ことに体節ごとに足をもつものでは変化して,腕,,などになることがある。 脊椎動物の肢はといい,魚類のから進化したと考えられ,魚類のと他の脊椎動物の,と の肢 はである。 肢のうち地面につく部分だけを足 foot,その他の部分を脚 legと区別する。 無脊椎動物では,環形動物のなかに体壁が左右に突出して いぼ 足となるものがある。 節足動物の肢はこのが発達したもので,外肢に分化し,いずれも歩行,に用いられる運動器官。 コケ植物,,種子植物のの柔組織の一部が配偶体に接した部分も足と呼ぶ。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 1 ㋐動物の、胴体から分かれ、からだを支えたり歩行に使ったりする部分。 ㋐物の本体を支える、突き出た部分。 また、地面に接する部分。 「照」の「灬(れっか)」、「志」の「心(したごころ)」など。 ㋒数学で、ある一点から直線または平面にをおろしたときの、その直線・平面と垂線との交点。 ㋓船の、水につかる部分。 3 ㋐歩くこと。 走ること。 また、その能力。 また、来ること。 乗りもの。 多く「おあし」の形で用いる。 また、借金。 10 (足)過去の相場の動きぐあい。 [補説]哺乳動物には2本の前肢と2本の後肢があるが、ヒトでは前肢を上肢(手)、後肢を下肢(足)という。 骨盤の下から足首までを「脚」(leg)、から先を「足」(foot)と書いて区別することがある。

次の

中国代表DF、日本代表MF橋岡に衝撃カンフーキックで公開初謝罪「あるまじき行為でした」 │ さかそく!

まじき ち そく ほ つ

動物の体に付属したのための。 ,脚とも書く。 無の,ことに体節ごとに足をもつものでは変化して,腕,,などになることがある。 脊椎動物の肢はといい,魚類のから進化したと考えられ,魚類のと他の脊椎動物の,と の肢 はである。 肢のうち地面につく部分だけを足 foot,その他の部分を脚 legと区別する。 無脊椎動物では,環形動物のなかに体壁が左右に突出して いぼ 足となるものがある。 節足動物の肢はこのが発達したもので,外肢に分化し,いずれも歩行,に用いられる運動器官。 コケ植物,,種子植物のの柔組織の一部が配偶体に接した部分も足と呼ぶ。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 1 ㋐動物の、胴体から分かれ、からだを支えたり歩行に使ったりする部分。 ㋐物の本体を支える、突き出た部分。 また、地面に接する部分。 「照」の「灬(れっか)」、「志」の「心(したごころ)」など。 ㋒数学で、ある一点から直線または平面にをおろしたときの、その直線・平面と垂線との交点。 ㋓船の、水につかる部分。 3 ㋐歩くこと。 走ること。 また、その能力。 また、来ること。 乗りもの。 多く「おあし」の形で用いる。 また、借金。 10 (足)過去の相場の動きぐあい。 [補説]哺乳動物には2本の前肢と2本の後肢があるが、ヒトでは前肢を上肢(手)、後肢を下肢(足)という。 骨盤の下から足首までを「脚」(leg)、から先を「足」(foot)と書いて区別することがある。

次の