おみくじ 順位。 おみくじの順位と意味。争事、待ち人は?引き直しても良い?

おみくじの意味と順位・順番【大吉・中吉・小吉・半吉・後吉・平】

おみくじ 順位

おみくじを引いたら気になるのは、そのおみくじがどの位良い・悪いものなのかですよね。 そこでここではおみくじの順位をランキング形式でご紹介します。 おみくじ良い順ランキング 早速ですが、おみくじの順位は良い順でこの様になっています。 神社によって12段階の場合と7段階の場合があります。 12段階のおみくじ順位表 順位 内容 1位 大吉 2位 中吉 3位 小吉 4位 吉 5位 半吉 6位 末吉 7位 末小吉 8位 凶 9位 小凶 10位 半凶 11位 末凶 12位 大凶 7段階のおみくじ順位表 順位 内容 1位 大吉 2位 中吉 3位 小吉 4位 吉 5位 末吉 6位 凶 7位 大凶 6段階のおみくじ順位表 順位 内容 1位 大吉 2位 吉 3位 中吉 4位 小吉 5位 末吉 6位 凶 なぜ神社によって、おみくじが12段階・7段階・6段階に分けられるのか 神社によって上記の12段階のおみくじと、7段階のおみくじ、6段階のおみくじがあります。 これらは特に決まりはないのですが、管理の問題上こうして3つに分かれていると考えられます。 12段階もあると管理やおみくじの内容を分けることに対して労力がかかってしまいます。 そのため12段階まで細分化する必要がないと判断する、多くの神社ではおみくじを7段階までとしています。 また、伊勢神宮を中心とした神社本庁では6段階のおみくじを採用しています。 この6段階のおみくじの場合は、吉が大吉の次に良い順位となっています。 そして7段階のおみくじの中から大凶がなくなっています。 一番良いおみくじは大吉.

次の

おみくじ 順位の真実!「吉」での最下位はまさかのあれだった!

おみくじ 順位

2種類 があるとされています。 どちらが上かということを断定はできないということですね。 おみくじの順番『半吉』は? 半吉 というものを知らないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。 この半吉はどの神社でも取り扱われているものではないからです。 半吉の意味は、基本的には 吉凶半々 である状態を指し示す運勢だといわれています。 吉の半分と捉える所もありますが、そうではないと捉えている神社も存在しているようです。 他のおみくじと同様に、神社によって解釈が違いますので、神社ごとで確認してみましょう。 おみくじの順位にある『平』ってなに? このくじも珍しいです。 おみくじの種類は神社によって違うのですが、ごくまれに『 平 』というものが入っています。 一般的に「平」は「たいら」と読み、場所によっては「へい」「ひら」と読む場合もあります。 「 平穏無事こそが尊い 」という神道の考え方からできたもので、『吉』と『凶』の中間ぐらいの運勢とされるものが多いです。 このことから、おみくじの順番は「 大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶 」が正式だと考えられていました。 そんな神社本庁の発表ですが、最近では少し 方針が変わってきている ようなのです。 近年ではこれまでの文章表現を『……その内容には吉や凶、または大吉・中吉・小吉・末吉という吉凶判断……』というように変化しています。 「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。 また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。 出典 神社本庁・おみくじについて と最後に書かれていることから、おみくじの順番にこだわるのではなく、あくまで今後の生活指針を大切にしようという考え方を広めたい為に、 あえて順番を表記するようなことをしなくなったと考えられます。 まとめ 神社ごとに、おみくじも様々な特色があることをお伝えいたしました。 もちろん、神社によっては順番がきっちり決まっているところもあれば、これよりも多くの種類がある場合もありますし、今挙げたものが無いところもあります。 17もの種類 があるところもあれば、吉・凶がなく、和歌のみが記されているおみくじがある神社もあります。 自分の近くにある神社はどんなおみくじがあるのか調べてみるのも楽しいかもしれません。 また、おみくじの内容もしっかり読んでみて、今後どうしていったら良いかじっくり考えてみるのも良いでしょう。 最後までお読み頂きありがとうございます。

次の

おみくじの吉凶の順位◎「末吉」「待ち人」の意外な意味&結び方

おみくじ 順位

おみくじの正しい順番が知りたいときありませんか?何が一番良いの?二番目は?その次は?一番良くないのは? 皆さん、おみくじってどういうときに引きますか?だいたいは、 お正月の初詣のときにお参りに行った神社やお寺で引くことが多いですよね。 また、初詣以外にも縁結びや恋愛成就、受験や仕事などのお願いごと、厄払いや七五三、願いごとが叶ったあとのお礼参りなどのお参りをするついでにおみくじを引くこともあるでしょう。 これからの運勢を占いたいと思っておみくじを引いたところ、 吉だった、小吉だった、末吉だった・・・そこでふと、疑問が浮かんだ人もいると思います。 どれがいいの?おみくじの順番ってどんなのだっけ?大吉が一番良いのはわかるけど、次は吉?それとも中吉だっけ?と曖昧な感じの人も多いのではないでしょうか。 それではここで、 おみくじの順番について紹介していきましょう。 おみくじの基本的な順位は? ご存知の通り、おみくじはお寺にも神社にも存在します。 お寺も神社も全国各地にありますが、その数は お寺7万以上、神社8万以上とも言われています。 その神社の内の7万9000社が加盟し、それを包括している団体があります。 それが 神社本庁と呼ばれるもの。 この神社本庁が発表しているおみくじの順番を見ると、 一番が大吉。 そして 二番目は「吉」。 そして 三番目に中吉がきて、小吉、末吉、凶となっています。 吉の場所が変動する その一つが 吉の順位の変動です。 中吉より良い場合もあれば、小吉よりも良くない場合もあるようです。 パターン1 大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶• パターン2 大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶、大凶 順番の覚え方 おみくじの順番を覚えるためのポイントをまとめてみました。 中吉と吉の順番は、神社によって変わる• 小吉と吉の順番は、神社によって変わる• 末吉と吉の順番は、吉のほうがよい 要するに、大>中>小>末の順序は変わらずに、吉だけがどこかの間に入るといった感じでしょうか。 家族や恋人、友達同士で行ったときに役立つかもしれませんので、ぜひ覚えておいてくださいね。 種類が豊富!平や大大吉などめずらしいおみくじもあり 神社の違いによって、順序が違ってくるのはもちろんですが、なかなか一般的な方には馴染みがない、めずらしいおみくじの種類も存在しています。 ここでは おみくじの種類について紹介していきましょう。 半吉、末小吉、半凶、末凶 おみくじには、沢山の種類が存在しています。 それが半吉や半凶といった 「半」という文字がついたもの。 そして、末小吉や末凶といった 「末」がついているものです。 これらを一般的な吉凶のものを合わせ、順番を決めると以下のようになります。 その分、その時の運勢の吉凶に真実味を感じる方もいらっしゃることでしょう。 末吉について詳しく書いています。 しかし、おみくじの種類の中には、 「平」といわれるものが存在しています。 これは、「たいら」とも「へい」とも呼ばれるものですが、京都の下鴨神社・石清水八幡宮、大阪の生國魂神社・住吉大社、埼玉の氷川神社、長野の戸隠神社、香川の金刀比羅宮のおみくじでお目に掛かれるそうです。 平はどのくらいの運勢なのかといえば、良くもないが悪くもない。 ちょうど真ん中という意味になります。 つまり、いつもどおり、平穏に日々を暮らしていくことが出来るということになります。 こちらの記事に詳しく書いています。 大吉に更に大がついているわけですから、すこぶる運勢が良い状態で、当然に大吉よりもランクは上になります。 これも前述までの珍しいおみくじと同様に、一部の神社でしかお目に掛かることが出来ません。 大大吉がある代表的な神社というと、東京にある靖國神社の桜みくじ、京都の伏見稲荷神社・護王神社・城南宮、石川の石浦神社などだそうです。 大大吉について詳しく書いている記事です。 それが卯吉や申吉と呼ばれるおみくじの種類。 それぞれ 卯吉(うきち)、申吉(さるきち)と呼びます。 実は前述に紹介した大大吉の上のランクであり、 卯吉は3番目に良い運勢。 その次が申吉になります。 なんと、石浦神社の大大吉は上から5番目なんですね!では、1番目と2番目に縁起が良いのは何なのか?気になりますよね。 まず 2番目は、「幸」(さち)になります。 おみくじでは想像できないかもしれませんが、幸せそのものという感じがしますね。 そして1番良いおみくじは、 「福福福」(みふく)といいます。 福が3つ!これはもう文句なしの幸福がやって来ることでしょう。 ちなみに、福福福が出る確率は1000分の1だそうです。 順序は、福福福(みふく)、幸、卯吉、申吉、大大吉、大大中、大吉、中吉、中中吉、吉、吉吉吉(みきち)、小吉、小小吉、末吉、末末末(みすえ)、凶となります。 大吉じゃ物足りないという方におすすめです。 その年により、追加されたり種類が変わったりするようなので、2019年がどんな形になるのか楽しみですね。 「吉凶未分」「吉凶相交末吉」読むことすらできない おみくじの種類として最後に紹介するのが、 「吉凶未分」や「吉凶相交末吉」などです。 ここまで来ると、もはやどういう風に読むのかすら不明です。 意味は漢字を一つ一つ見れば何となく分かりますね。 読み方は神社によって違います。 吉凶を「きっきょう」「きちきょう」「よしあし」と読んだり、未分を「まつぶん」「いまだわからず」「いまだわかれず」「すえにわかれる」と読んだりするようです。 「吉凶未分」とは、今の段階では吉凶どちらに転ぶか分からないという意味になります。 吉凶相交末吉ですが、これは「きちきょう あいまじわり すえきち」と読みます。 今はいい時も悪い時も繰り返しているが、後から少し良くなっていきますよという意味です。 厳島神社では、大吉、吉、末吉、向吉、平吉、平、吉凶末分、始凶末吉、凶。 生國魂神社は、大吉、吉、小吉、末吉、平(へい)、吉凶末分(よしあし いまだわからず)、凶吉向(きょうきちにむかう)、凶後平(きょうのちへい)、凶。 伏見稲荷大社は、大大吉、大吉、凶後大吉(きょうのちだいきち)、凶後吉(きょうのちきち)、末大吉(すえだいきち)、末吉、向大吉(むこうだいきち)、吉、中吉、小吉、小凶後吉(しょうきょうのちきち)、後吉(のちきち)、吉凶未分末大吉(よしあし いまだわからず すえだいきち)、吉凶不分末吉(きちきょう わかたず すえきち)、吉凶相半(きちきょうあいなかばず)、吉凶相交末吉(きちきょう あいまじわり すえきち)、吉凶相央(きちきょうあいなかばず) 3つの神社を紹介しましたが、ほかにも変わったおみくじがある神社は存在しています。 吉凶の順番なんて本当はどうでもいい!?その理由は? ここまでおみくじの種類や吉凶の順番について紹介してきました。 めずらしい種類があるということ以外に、凶の割合が多かったり、凶よりも悪いとされる 恐や大恐があったりします。 また逆に、初詣など一年のスタートになる日に訪れ、こういった悪い結果が出るといい気分はしないだろうということで、その時期だけ凶や大凶を 省いている所や、不安なことが多い世の中だからということで元から凶や大凶が 存在しない所も増えているそうです。 おみくじを引いた際、吉凶の良し悪しで一喜一憂したり、一緒に行った人と盛り上がったりするのも楽しいことの一つではありますが、吉凶の順番でどちらが上かということよりも実は大事なことがあります。 それは、 書かれている内容にあります。 究極なのは吉凶がないおみくじ。 参拝者が日本一多い明治神宮 そもそもおみくじは、政治や天皇を決めるときなどの大事な場面で使われており、 神仏からのメッセージとしていかに重要だったかが分かります。 また、漢字で書くと、 御御籤、御神籤、御仏籤など尊いものだというのが伝わってきますね。 つまり、その頃は吉凶などはなく、何かを決定するための手段であって、運勢を占うものではなかったわけです。 この時代には、くじ引きによって重要なことを決められていたという歴史があるのです。 ですから、日本国内に存在する神社の中でも、 日本一参拝者が多い明治神宮のおみくじは、 「大御心」といって吉凶は一切記されていません。 その代わりに明治天皇などの作られた詩文や和歌といったものが記されています。 本来のおみくじの形を考えても、やはり吉凶がない明治神宮のおみくじは、究極のおみくじといえるかもしれません。 ですので、吉凶の順番よりも、 神様や仏様のありがたいお言葉が書かれている本文に本当の意味があるのではないでしょうか。 おみくじの本文について詳しく書いている記事です。 おみくじといえば、運勢を占うものとして認識している方が多く、吉凶の順番で判断してしまうケースも多いのですが、あまり重要ではありません。 大切なのは、吉凶よりも和歌や運勢などに書かれている内容です。 大吉だったとしても、全てが万事上手くいくとは限りませんし、大凶であっても、これ以上悪くなることはないと思って、おみくじの内容を参考にしながら日々の生活に精進することが大事なのです。 おすすめの占いサイトはこちら おみくじよりもさらに細かい運勢を占ってほしい方はこちら。 プロの占い師による個人鑑定ができるので、具体的な質問にも向いています。 初めての方は占い師と10分無料で話せます。

次の