あじの干物 フライパン。 干物 冷凍やホッケを簡単にフライパンで焼く方法!アレンジレシピ!

開きあじの干物をフライパン・ホットプレートで焼いてみた。

あじの干物 フライパン

かくいう私も一人暮らしを始めたばかりの頃は、 やはり食事に関して一番悩んだものです(笑) そんな中、一品 これがあれば食卓が華やかになる! と気づかされたのは、 お魚 です。 ですが、暖流と共に日本周辺を回遊しているアジ。 対して秋冬は形も大きめで、旨みは若干劣ります。 ・身の面から焼く 中火より強い火で身の面を先に焼いていきます。 大体5~6分ほど火を入れていきましょう。 この際目がへこんでしまっていたら、 焼きすぎてしまったということになります(涙 ・皮面を焼く ひっくり返した段階ですでに、 7割くらいは火が通っています。 なので、皮面を焼く時間は3~4分程。 焦げ付かないようにたまに フライパンを揺すってやるとよいですね ! ・ひっくり返す グリルとは違い皮面から焼いていますので、 アジの目を見てひっくり返す方式が使えません。 もっと簡単に 、身の面の色で判断します。 焼き始め1分程から徐々に身の面が白くなっていきます。 火が通ってほとんど白くなるまでに、 大体6分程要します。 揚げ物をしているときと同様に、 音が細かく激しくなってきたら火が通った証拠です。 ・身の面を焼く ひっくり返した段階でほぼ火が通っています! 身の面を焼くイメージは、仕上げです。 2~3分程焼き、身の面に焼き色を付けていきます。 これで完成です! グリルで焼いたものと違い、焦げ色が目立つ仕上がりです。 栄養素もふんだんに含まれていますし、 何より朝しっかりタンパク質を摂ることができます。 アジに限らず、魚は本当に朝食におススメです。 油が重めのサバや鯛などは夜に、 アジやめざし、鮭などは朝におススメです。

次の

アジの開きの焼き方は?グリルでもフライパンでもできる?

あじの干物 フライパン

かくいう私も一人暮らしを始めたばかりの頃は、 やはり食事に関して一番悩んだものです(笑) そんな中、一品 これがあれば食卓が華やかになる! と気づかされたのは、 お魚 です。 ですが、暖流と共に日本周辺を回遊しているアジ。 対して秋冬は形も大きめで、旨みは若干劣ります。 ・身の面から焼く 中火より強い火で身の面を先に焼いていきます。 大体5~6分ほど火を入れていきましょう。 この際目がへこんでしまっていたら、 焼きすぎてしまったということになります(涙 ・皮面を焼く ひっくり返した段階ですでに、 7割くらいは火が通っています。 なので、皮面を焼く時間は3~4分程。 焦げ付かないようにたまに フライパンを揺すってやるとよいですね ! ・ひっくり返す グリルとは違い皮面から焼いていますので、 アジの目を見てひっくり返す方式が使えません。 もっと簡単に 、身の面の色で判断します。 焼き始め1分程から徐々に身の面が白くなっていきます。 火が通ってほとんど白くなるまでに、 大体6分程要します。 揚げ物をしているときと同様に、 音が細かく激しくなってきたら火が通った証拠です。 ・身の面を焼く ひっくり返した段階でほぼ火が通っています! 身の面を焼くイメージは、仕上げです。 2~3分程焼き、身の面に焼き色を付けていきます。 これで完成です! グリルで焼いたものと違い、焦げ色が目立つ仕上がりです。 栄養素もふんだんに含まれていますし、 何より朝しっかりタンパク質を摂ることができます。 アジに限らず、魚は本当に朝食におススメです。 油が重めのサバや鯛などは夜に、 アジやめざし、鮭などは朝におススメです。

次の

干物の美味しい焼き方

あじの干物 フライパン

干物は『冷凍』で保存してください。 冷凍の干物は解凍せずに凍ったまま焼く事をおすすめします。 解凍状態が悪いとドリップ(旨味成分)が流出してしまうからです。 (火加減を弱めにして、じっくり焼いてください。 身の厚いものを焼く場合や短時間で焼き上げたい場合、揚げ物にする場合は、冷蔵庫で解凍しておいてください。 (3~4時間くらいでほどよい解凍状態になります。 魚を焼く前に調理器具を良く熱しておきます。 干物の大きさや厚みなどにより、焼き時間は違ってきます。 開き 1.網にサラダ油もしくは酢を塗っておき、グリルをよく熱しておきます。 2.魚の身のほうを上にして焼く。 火加減は中火以上。 3.皮の方を上にして焼く。 火加減は弱~中火。 グリルを使用する場合は、弱火で焼いてください。 丸干し 1.網にサラダ油もしくは酢を塗っておき、グリルをよく熱しておきます。 2.片面を焼く。 火加減は中火以上。 3.もう片面を焼く。 火加減は弱~中火。 開き 1.温めたフライパンにクッキングシートをのせ、皮の方を下にして干物をのせます。 2.火加減は中火。 皮に焦げ目がついて、身が白くなったら裏返します。 3.身のほうに焼き色がついたら、できあがりです。 2.焦げやすいので、火加減は弱火。 皮に焦げ目がついてきたら裏返します。 3.身のほうに焼き色がついたら、できあがりです。 丸干し 1.温めたフライパンにクッキングシートをのせ、干物をのせます。 2.火加減は中火。 片面にほどよい焼き色がついたら裏返します。 3.もう片面にも焼き色がついたら、できあがりです。 小魚の丸干-グリルでは扱いにくい小魚にはフライパンがおススメ- 1.温めたフライパンに丸干を入れて、炒めるようにして乾煎りします。 2.程よい焦げ目がつき、焼けた香りがしてきたら、できあがりです。 (焦がしすぎると堅くなるのでご注意ください).

次の