一人暮らし マットレスのみ。 マットレスの値段相場はいくら?サイズ別の平均価格

一人暮らし、「ベッド」にするか「布団」にするか。

一人暮らし マットレスのみ

一人暮らしを始めるにあたり、ベッドは欠かせない家具のひとつです。 すでに一人暮らしをしており、布団からベッドへの買い替えを考えている人もいるでしょう。 今回は、一人暮らし用のベッドを探している人のために、ベッドを選ぶ際のポイントや具体的な選び方について紹介していきます。 住まいや自分に合うベッドを見つけ、毎日の快眠を目指しましょう。 一人暮らしにベッドがおすすめな理由とは? 一人暮らしではすべての家事を自分で行うため、布団を使っていれば上げ下ろしの手間がかかります。 この点、 ベッドなら布団の上げ下ろしも不要ですし、寝たいときにサッと横になることができます。 片付けや掃除、寝る準備に手間がかからず、時間の節約にもつながるでしょう。 また、下部に収納スペースがついた多機能ベッドなどもあり、家具を減らしてスペースを有効活用することもできるなど、メリットが多いのです。 一人暮らしにおすすめのベッドとは? 一人暮らしに最適なおすすめのベッドには、どのような特徴があるのでしょうか。 まずは、ベッドサイズの見極め方とベッドの種類について紹介します。 一人暮らしにおすすめのベッドサイズ 一人暮らしにおすすめのベッドサイズ選びには、「部屋のスペースに合わせて選ぶ方法」と、「自分の体格に合うものを選ぶ方法」の2種類があります。 スペースに合わせる場合、ベッドが空間を圧迫しすぎないサイズにすることが大切です。 たとえば、 6畳の部屋にはコンパクトなシングル、部屋が複数あって専用の寝室を確保できるならダブルにするなど、スペースとのバランスを考えて選びましょう。 体格に合わせる場合、小柄な人ならシングルで構いませんが、体格の良い人ならセミダブルやダブルにしたほうが安眠できる可能性が高いです。 シンプルベッド シンプルベッドは、その名の通り寝ることだけを目的として作られたシンプルなベッドのことです。 余計な装飾や機能などは省いているためスッキリとしたシルエットで、 一人暮らし用の狭い部屋に置いてもあまり圧迫感がありません。 軽量で動かしやすいものも多く、一人で模様替えしたいときや引越しをするときなども便利です。 多機能タイプ 多機能タイプは、フレームの下部に物を収納できるケースが設置されていたり、ヘッドボードにちょっとした棚やコンセントがあったりと、さまざまな機能を備えています。 ほかに家具を購入せずに済むなど省スペースを実現できるので、部屋が手狭になりがちな一人暮らしでは重宝します。 ソファベッド ソファベッドは、寝るときにベッドとしても使うことができるソファのことです。 一人暮らしでは専用の寝室を確保できず、来客にベッドを見られてしまうことも少なくありません。 この点、ソファベッドなら 寝具を片付けておけばベッドに見えにくいだけでなく、ソファとしても使えるので非常に便利です。 スペースの関係でベッドとソファの両方は置けないと諦めていた人も、ソファベッドを使い分けるようにすれば希望を叶えられるでしょう。 一人暮らしのベッド!選ぶ際の3つ注意点とは? 一人暮らし用のベッドを選ぶ際、注意しておきたいポイントが3つあります。 ベッド選びに後悔しないためにも、どのような注意点があるのか知っておきましょう。 スペースを考慮する ベッドは、あらゆる家具の中でも、設置する際にもっとも面積を要するものです。 一般的な一人用ベッドであるシングルサイズだったとしても、幅約100cm、長さ約195cmはあります。 部屋の広さとベッドのサイズによっては、ベッドを置いたらほかの家具が入らないというケースもあるでしょう。 一人暮らしでは、 ベッド以外に収納やテーブルなどさまざまな家具が必要です。 ベッドばかりを重視してサイズを選ぶと、ほかの家具が置けず快適な生活が送れないという事態にもなりかねません。 どうしてもベッドを優先したい場合は、多機能タイプのベッドを選んでスペースを確保する、または広い部屋に住むなど工夫しましょう。 目的を考える ひと口にベッドといっても、その種類に応じて使い道はさまざまです。 このため、ベッドを選ぶときはそれぞれの特徴を理解し、自分の目的に合っているかどうかを見極めるようにしましょう。 たとえば、「部屋には収納スペースが少ない」と感じているなら収納ケース付きの多機能ベッドが最適ですし、「部屋に来客用のソファも用意したい」と考えているならソファベッドがおすすめです。 デザインや価格を重視して選ぶと、実際に使い始めてから不便さを感じて後悔してしまうこともあります。 ベッドは簡単に買い替えられるものではないため、 目的を考えたうえで最適なものを選びましょう。 体のサイズを考える 一人で寝るときはシングルベッドを使うというイメージもありますが、すべての人にシングルサイズがぴったり合うというわけではありません。 同じ大人でも、小柄な人もいれば体格ががっしりしている人、背の高い人もいるなど、体格は人それぞれです。 シングルサイズでも、大柄な人は満足に寝返りもできないというケースもあります。 ベッドが体に合っていないと、良質な睡眠がとれず、疲れが取れにくくなる恐れもありますので注意しましょう。 部屋のスペースが狭くなりすぎない範囲で、自分の体のサイズに合うベッドを選ぶことが大切です。 正しいサイズを選ぶためにも、実際に各サイズのベッドに寝て感覚を確かめたり、 ベッド専門のアドバイザーに相談したりしてから購入することをおすすめします。 一人暮らしのベッド!具体的な選び方を紹介 一人暮らしにおすすめのベッドの種類や選ぶ際の注意点がわかったところで、次は具体的な選び方について見ていきましょう。 フレームの選び方 ベッドは、主に外枠である「フレーム」と、フレームの上に乗せて体を横たえる「マットレス」で成り立っています。 このうち、フレームの選び方については、まず長さ・高さを含む 全体のサイズ感をチェックすることから始めましょう。 部屋の広さや自分の体格に合うか、建物に問題なく搬入できるかなどを確認します。 次に、必要に応じて収納スペースの有無や備え付けの機能などもチェックします。 多少価格が高くても、自分が求める機能がそろっているものを選んだほうが使い勝手が良く、満足度の高い生活ができる可能性が高いです。 また、フレームにはさまざまなデザインがあるため、部屋のインテリアと合うかどうかという点にも注目して選ぶと良いでしょう。 フレームの種類 フレームには、チェストベッドやローベッド、すのこベッドや脚付きマットレスなどの種類があります。 チェストベッドは収納スペースが備え付けられているタイプで、中には押入れ1個分以上の収納力を保持するものもあります。 荷物の量が多い人や、部屋に収納があまりない人などに最適です。 ローベッドは、下部に収納スペースがない分、高さを抑えたシルエットをしています。 シンプルな造りなので価格も割安なものが多く、高さがないため空間を広く見せることができます。 荷物が少ない人や部屋を広く見せたい人などは、ローベッドにすると良いでしょう。 すのこベッドは、隙間の空いた木の板を並べ、その上にマットレスを置くタイプのベッドです。 収納スペースはありませんが、その分通気性が良く、カビの発生を防ぐ効果も期待できます。 カビを防ぎたい人やナチュラルな見た目のベッドが好きな人などにおすすめです。 脚付きマットレスは、フレームのないマットレスに直接脚が付いたタイプのベッドです。 フレームがない分スペースを節約でき、価格も割安なので シンプルなベッドを求めている人に向いているでしょう。 マットレスの選び方 ベッドで使うマットレスは、コイルスプリングを並べて作られたタイプが一般的です。 コイルスプリングは金属で作られたらせん状のバネのようなもので、強い弾力により体をしっかり支えてくれます。 コイルスプリングの種類や並べ方などによって寝心地や耐久性などが異なるため、慎重に選ぶ必要があります。 耐久性を考慮する場合、コイルの密度にも注目しましょう。 シングルサイズであれば、コイル数が450個以上のポケットコイルマットレスを選ぶのがおすすめです。 ポケットコイルとボンネルコイルとは? コイルスプリングには、「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」という2タイプが存在します。 ポケットコイルとは、不織布の袋にコイルスプリングをひとつずつ入れて並べたもので、袋はそれぞれが独立しています。 人が横になったときにコイルスプリングがピンポイントで体を支えるため、体の形に沿った柔らかい寝心地を得られるのが特徴です。 また、コイルスプリングが連結していないことで「きしみ」も起きにくく、 寝返りのたびに不快な音に悩まされるという心配も低いでしょう。 これに対し、ボンネルコイルはコイルスプリングがすべて連結しており、袋にも入っていません。 全体がつながってひとつのバネのようになるため、手で押してみると強い弾力を感じます。 袋詰めの手間がかからない分、 ポケットコイルよりも割安なものが多いです。 マットレスの種類 ベッドで使うマットレスについては、主にポケットコイルを使用したタイプと、ボンネルコイルを使用したものがあります。 ポケットコイルマットレスは、圧力がかかった部分をピンポイントで支えるため、体に沿った柔らかい寝心地を得られます。 ただし、袋で包まれている分、通気性には劣るのでカビには注意しましょう。 ボンネルコイルマットレスは、強い弾力のおかげで体圧を分散しやすく、寝ている間に体が痛くなるのを防ぎやすいです。 価格も割安なものが多いので、できるだけ安くマットレスを購入したい人もボンネルコイルにすると良いでしょう。 特に体格が良く体重の重い人には、「高密度連続スプリング」でできたマットレスがおすすめです。 1列が連続する1本のコイルで作られているため密度が非常に高く、ボンネルコイル以上の硬さを実現しています。 弾力や耐久性にも優れているため、体重の重い人が毎日寝ても劣化しにくく、快適な睡眠が期待できるでしょう。 なお、マットレスの中にはフレームとセットで選べるものもあります。 セットで購入すると、フレームに合うマットレスを見つけやすかったり、配送を同じタイミングにしたりすることもできるため、まずは セットのマットレスを検討してみると良いでしょう。 一人暮らしの方におすすめのベッド すのこベッド(木製).

次の

一人暮らし【ベッドvs布団】どっち?(両方かねそなえたマットレス)|あとうマネーブログ

一人暮らし マットレスのみ

20代・男性のサラリーマンで、一人暮らし。 独身という身軽さで、特に転勤は、つきもの。 家族がおられる方は、転勤によって、家族と離れるのが嫌で、会社を、辞めて、転職される方もいます、私の友人にもいました。 また、進学・就職で、一人暮らしをはじめる方も多いと思います。 でも、進学ならば、数年で、新社会人になり、会社に近い場所へ、引越すかもしれません。 就職しても、数年で転勤の可能性も。 また、どうしても、就職したものの、自分には合わずに転職するかもしれません。 すると、今、住んでいる部屋から引越しする可能性もある?! 引越しのする際には、身軽にしたいもの。 引越しを機会に、断捨離される方も多いでしょう。 いつか、使うだろうと置いてあるものって、ほとんど使わないもの、だから、スッキリと捨てれます。 一人暮らしで、引越しの際には、大型家電(冷蔵庫・洗濯機など)は、一人暮らし用で、どれだけの年数使用したかにもよりますが、引越し費用と比べてみましょう。 意外に使い込んでいるなら、この機会に、新たなものを買い替える方が、安くなるかもしれませんよ。 そして、大きいと言えば、ベッドですよね。 本日は、20代の男性、一人暮らしのサラリーマンが、転勤時にも困らない、スムーズに引越せるベッドをご紹介します。 転勤族おすすめベッドは引越しやすさ!20代一人暮らしサラリーマンへ 20代・男性で、一人暮らしのサラリーマン。 予期せぬ転勤時の引越しに、困らない便利なベッドは、「引越しやすさ」 近い将来に、転勤することを、考えてのベッド選び。 分解・組立しやすく引越しやすい。 さらに、リーズナブルな価格帯で、考えてみたいと思います。 フロアベッド、部材が少ない ロータイプで人気、フロアベッド。 人気の理由として、ロータイプ、低い位置にベッドを配置することで、自然と目線が下がります。 すると、天井と、フロアベッドとの間に、大きな空間が、生まれて、開放的な印象で、お部屋を広く見せてくれるのです。 また、マットレス付きフロアベッドでも、2万円~3万円以下で、購入できるリーズナブル価格も、大きな魅力。 さらに、人気のフロアベッドは、引越ししやすさにも繋がります。 脚がない箱型フレームなので、部材が、少ないのです。 部材が、少ないという事は、組み立ても簡単! 組立が簡単ということは、バラして、再び、組立るのも簡単というワケです。 フレームは、バラして、荷物のひとつとして。 また、折りたためるマットレスも、荷物として、引越し業者に持っていってもらえます。 でも問題は、スプリングマットレス。 マットレス付きの場合は、ぶ厚いスプリングマットレスになります。 車があり、引越しする家に向かうのなら、シングル、セミダブルぐらいなら、車に積んで、運べると思います。 ですが、シングルのスプリングマットレスで、約17kgほどの重量があるので、大人の方2人以上で、運びましょう。 スプリングマットレスを荷物として、引越し業者に持っていってもらうには、自力で梱包できれば、可能のようです。 もちろん、お金がかかりますが、引越し業者に依頼する!という手もあります。 ベッドの引越し依頼をすると、引越し業者によっても違いますが、梱包資材としてベッドマットカバー、ブルーシートのカバーで、ちゃんと梱包してくれます。 その点では、安心ですね。 自分たちだと、慣れない作業で、引越し中に、マットレスを汚れたり、傷をつけてしまう恐れもあります。 マットレスの大きさゆえに、自力で梱包するには、色々な方法があり、下記サイトのヒツコ執事で、紹介されています。 脚付きマットレスの分割式 分割型の脚付きマットレスは、真ん中の結合部分が、腰辺りに当たって痛いので、脚付きマットレスは、一体型と言う意見も、あります。 しかし、分割型の脚付きマットレスも、そのデメリットを、改良したものが、増えています。 ベッド本体は、分割型でも、その上に、布団・マットレスを、上に乗せる脚付きマットレスは、口コミも高評価です。 引っ越しの際には、ベッドの脚を取り外して、連結パーツを外せば、片手で持てるほど、コンパクトで、軽くて、持ち運び、移動させるには、便利です。 さらに、脚付きマットレスは、一般的なベッドよりも、安い価格のものが多いので、ベッドにかける費用も控えられます。 転勤などで、数年なら、分割型の脚付きマットレスは、おすすめです。 木製ベッド代表のすのこベッドなども、組み立て式ベッドで、分解も組み立ても簡単で、搬出・搬入も、容易にできるものあります この手の木製ベッドも、安い価格帯が多いので、出費を控えられます。 番外編:マットレスのみで引越し 2017年、フジTV系放送された、小栗旬、西島秀俊出演のドラマ「CRISIS クライシス 公安機動捜査隊特捜班」 このドラマ内で、小栗旬演じる稲見 朗の自宅では、男所帯らしく、物は、ほとんどない部屋。 その部屋には、ベッドではなく、マットレスが、無造作に置かれていました。 公安機動捜査隊特捜班のクライシスの捜査員たちですから、事件が起これば、自宅に帰れる日も決まってない。 CRISIS クライシス 公安機動捜査隊特捜班 だから、マットレスのみで、寝ていても、不思議ではないですよね 笑 日本テレビで、韓国ドラマ「ボイス」が、唐沢寿明、真木よう子で、リメイクされて好評でした。 ボイス110緊急指令室 日本TV 韓国では、その続編「ボイス2」も制作され、最近まで見てました。 韓国のケーブルテレビ OCN TVシリーズという事もあって、かなり、エグい場面もあり、でも、ナイフの刃先とか血とかは、ボカしてます。 すでに、韓国では「ボイス3」が、今年、放送されたところです。 私が見ていた「ボイス2」では、やはり、刑事の主人公が、マットレスで寝起きしてました。 警察官の独身は、やはり、家には、寝に帰るんだと、フムフムと・・・横道に逸れましたが 笑。 ベッドなし、マットレスだけインテリアという記事、このブログでも書きました。 特に、転勤族の方、一人暮らしの男世帯では、仕事のため生活のため、これから、まだまだ変化のある時です。 「マットレスだけでもいいんじゃない」 毎回、素敵なベッドを勧めている私が、言うのもなんなんですが 笑 でも、ロール式、二つ折り、四つ折りのすのこは、敷きませんか? 簡易のすのこベッドを、敷くだけ、かなり安心。 また、マットレスそのまんま!状態なので、たまに、壁に、マットレスを立て掛けると風通しになります。 マットレスのみは、あらわざですが、面倒なマットレスのメンテナンスも、出社時に、立てかけておけば、お部屋にスペースもできます。 寝る時には、マットレスに、枕・掛け布団で、十分。 マットレスに、ベッドパッドか、ベッドカバーしておくと、衛生的に、清潔もキープできます。 毎日、マットレスを、立てかけて出社すれば、マットレスに、こもった湿気を逃がすことになり、一石二鳥。 これならば、ベッドのフレーム不要で、マットレスだけの引越しなので、一般的なベッドの引越しと、比べると、かなり楽かと。 マットレス単体ならば、もちろんネットでも、ニトリ、IKEA イケア でも、持ち運びも便利なロール梱包で、リーズナブルな価格帯のものが、人気です。 また、今、使っているマットレスだけを持って引越す場合は、大きくかさばるマットレス。 前述通り、引越しの業者さんに、お任せする方が、安心だと思います。 節約!と自分たちで、マットレスを運ぶ際は、汚れや傷が付かないように、きっちりと梱包して、大人2人以上で、注意して運び出しましょう。 転勤!圧縮ロール梱包マットレスおすすめ 店舗で持ち帰っても、ネットのベッド通販でも、ベッド専用のスプリングマットレスであっても、圧縮ロール梱包のマットレスが便利です。 初めての転勤、転勤族でも、新しい住まいに、圧縮ロール梱包のマットレスは、搬入しやすい。 では、圧縮ロール梱包のスプリングマットレスもおすすめします。 圧縮ロール梱包:快眠ボンネルコイルマットレス 転勤!引越しやすいベッドおすすめ 転勤で、引越しやすいベッド! 部材が少ないフロアタイプのフロアベッド、ローベッド、分割型でコンパクトな脚付きベッド、折りたたみベッド、すのこベッドをおすすめします。 箱型フレームで、湿気が逃げずにカビ発生かもとデメリットのフロアベッドも、ここ最近、床板にすのこ仕様のフロアベッドが人気。 湿気・カビ対策されていれば、フロアベッドも部材も少なく、立派な引越しやすい~! ベッドフレームすのこ仕様は、要チェック! また「これもあり!」と思うのがソファベッド。 コンパクトなソファベッドは、学校・仕事から帰ってきてくつろげ、ベッドで眠れます。 棚コンセント付すのこモダンフロアベッド 広びろ座面ソファベッドの折りたたみ式ソファベッド。 まとめ いかがでしたでしょうか? 20代の男性、一人暮らしのサラリーマンの方は、転勤の辞令が、下るかもしれません。 なので、転勤で、引越す時のことも考えて、ベッドを選びましょう。 引越す時に、コンパクトで運びやすさを重視するならパイプベッド、折りたたみベッドなど。 ベッドの寝心地を、重視するのなら、脚付きマットレスのベース本体が分割型で、ベース本体に、マットレスや布団を上乗せできるタイプ。 転勤する方が、ベッドの何?に、重点を置くかを考えて、ベッドを選んでみて下さい!.

次の

一人暮らし【ベッドvs布団】どっち?(両方かねそなえたマットレス)|あとうマネーブログ

一人暮らし マットレスのみ

一人暮らしを始めるなら寝具一式を用意しなくてはいけません。 布団かベッドかで迷う人も多いですが、 マットレスのみで寝るってどうなの?アリなの?と考える人もいます。 マットレスは基本的にマットレスのみで使うのではなくて、ベッドの上に敷いて使ったり、敷き布団の下に敷いて(セットで)使うのが一般的です。 (本来の使い方です) しかし、荷物を増やしたくない一人暮らしの人は敷き布団の代わりとして、マットレス1枚で寝る人も多くなっています。 つまり、畳みやフローリングの上にマットレスだけを敷いて寝る感じですね。 実際僕も 一人暮らしでその経験があります。 (現在は普通の布団で寝ています) 今回はそのようにマットレスを使おうと考えてあなたに向けて、そのメリットデメリットなどを解説したいと思います。 今回はそのあたりについては特に詳しく触れていませんので、実際にマットレスを購入する際はそういった部分も確認しましょう。 湿気がこもりやすい 晴れた日にはこまめに干さないとカビやすいので注意が必要。 といっても簡単には干せないと思うので窓を開けた状態で壁などにマットレスごと立てかけるって方法が一般的ではないでしょうか。 僕もそうしていました。 重くて無理な場合はなんとかして、風が通るようにマットレスの下を少しでも浮かせるといいでしょう。 マットレスのみで寝るのは個人的にはアリだと思う 実際僕も2年間はそれで生活してましたし、 直接の敷布団よりは寝やすかった気がします。 ちなみにマットレスの上に敷布団は敷いていませんでした。 あと、僕のマットレスは実家でベッドとして使っていた「マットレス部分だけ」を一人暮らしのマンションに持って行った感じです。 けっこう分厚いやつです。 ただ次に引っ越したマンションは部屋が狭かったので、持って行かなかったですね。 なのでまあ住む部屋がそれなりの広さで、上記のメリットを感じた人はマットレスのみでもアリなんじゃないでしょうか。 ただしっかり商品は選びましょう。 布団やベッドで寝るメリットデメリットも紹介しておくので、興味ある方は読み続けてみてくださいね^^ 最初に、簡単にそれぞれの種類なども書いています。 布団で寝るメリットデメリット まず布団と一口に言っても 様々な種類があります。 「かけ布団」に「敷き布団」、「羽毛布団」や「肌掛け布団」、そして「毛布」や「タオルケット」などなど。 また、「かけ布団」と「敷き布団」にはそれぞれカバーが必要ですし、「敷きパッド」や「枕」、「枕カバー」なども必要。 寒い冬は「毛布」や「羽毛布団」をかけたり夏には「タオルケット」だけで寝たりと、布団の種類が多ければそれだけ季節ごとに調整できます。 ただ収納スペースも少ない一人暮らしのお部屋であれば、 まずは最低限必要な布団を揃えればオッケーでしょう。 布団で寝るメリット スポンサーリンク ベッドで寝るメリットデメリット ベッドもその種類は実に豊富です。 一般的な「木製の大きなベッド」や「パイプベッド」、「折りたたみベッド」や「収納付きのベッド」もあります。 他にも「ソファベッド」、「二段ベッド」に「ロフトベッド」など、生活スタイルやお部屋に合わせて いろんなタイプのベッドから選べます。 ただ狭い一人暮らしの部屋に大きなベッドが場所を占めてしまえば、他の家具が置けなくなったり 生活スペースが狭くなってしまいます。 「折りたたみベッド」や「ソファベッド」は、スペースが広く使えるので一人暮らしの人にも人気です。 または2階部分がベッドで下が有効活用できる「ロフトベッド」も限られたスペースが有効活用できるのでおすすめです。 ベッドで寝るメリット.

次の