シャイニング レビュー。 シャイニングフォース 神々の遺産 評価レビューや思い出 【ザッパ様と愉快な仲間たち】

シャイニング・フォース イクサ レビュー・評価・感想 (PS2)

シャイニング レビュー

コロラドの雪深い山中にあって冬期は閉鎖されている由緒あるリゾート・ホテルを舞台に、その管理にやって来た、ある親子三人に取り憑く怨念と狂気を描く恐怖映画。 製作総指揮はジャン・ハーラン、製作・監督は「バリー・リンドン」のスタンリー・キューブリック。 スティーヴン・キングの原作を基にキューブリックとダイアン・ジョンソンが脚色。 撮影はジョン・オルコット、音楽はベラ・バートク、編集はレイ・ラヴジョイ、美術はレス・トムキンズ、製作デザインはロイ・ウォーカーが各々担当。 出演はジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル、ダニー・ロイド、スキャットマン・クローザース、バリー・ネルソンなど。 オリジナル版は143分。 日本で公開されたのは119分の国際版。 あらすじ ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は、オーバー・ルック・ホテルで支配人と会い、そこに管理人として住み込む話を進めていた。 その頃、ジャックの家では、息子ダニー(ダニー・ロイド)が母親ウェンディ(シェリー・デュヴァル)と食事をしながら浮かない顔をしていた。 友だちのいない彼は、自分の中にトニーというもう一人の人間を育てており、そのトニーがホテルに行く事に賛成していないのであった。 その時、ダニーの目の前で幻想ともつかぬ恐ろしい光景がよぎる。 それはエレベーターの扉から滝のように流れ出る夥しい量の血と、その前に立ちつくす双児の少女の不気味な姿だった。 やがて、一家三人は大自然の中に建てられたオーバー・ルック・ホテルに到着し、一家三人だけの孤独な生活がはじまった。 ジャックの頭の中には、支配人が語ったある惨劇のことがちらついていた。 それは、ジャックの前任者の管理人グレイディ(フィリップ・ストーン)という男のことで、彼は、この生活のあまりの孤独のために気が狂い、妻と二人の娘を斧で殺し、自分も自殺したということだった。 その237号室の前の廊下をダニーが通る時、彼は決まって何か恐ろしい空気を感じていた。 一方、ジャックは、作家という仕事柄、静かなホテルの一室で書けることはこの上なく好都合だったが、いざ始めてみると苛立つばかりで進まない。 ウェンディは、そんなジャックの様子を見て不安になった。 そして、三人の緊張に満ちた不安定な生活が遂に惨事を生むまでにいたる。 237号に忍び込んだダニーが何者かに傷つけられ、作品を書いていると思われたジャックのタイプには一行のある言葉が何百枚もの用紙に書き綴られており、その用紙を目撃したウェンディをジャックが襲った。 必死で逃げるウェンディはまずダニーを部屋の窓から外に逃がした。 窓はウェンディが脱出するにはせますぎ、斧で扉をこわし始めたジャックの狂気の声を聞きながらウェンディは焦った。 そのころ、何か悪い予感を感じ猛雪の中をホテルに向かっていたハロランが到着し、一家を探して部屋の中に入ってきた。 そのハロランをジャックの斧が襲った。 ダニーの姿を目にしたジャックは、斧をかざして、庭にある迷路に逃げたダニーを追った。 複雑に交錯する迷路を巧みに逃げ通し、やがてウェンディとめぐり会ったダニー。 ニ人はハロランが乗ってきた車に逃げ込むと、恐ろしいホテルを後にした。 翌日、降り積った雪の中には、惨めに凍りついたジャックの姿があるのだった。 関連するキネマ旬報の記事 巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第2弾 1980年代外国映画ベスト・テン:ベスト20グラビア開設 外国映画紹介:シャイニング 外国映画批評:シャイニング グラビア:シャイニング 特集 「シャイニング」:1 スタンリー・キューブリックの映像は「音色」である 特集 「シャイニング」:2 家庭崩壊の悪夢・悪いは怪奇映画 特集 「シャイニング」:3 時代が感情を持った! 特集 「シャイニング」:プロダクション・ノート 特集 「シャイニング」:ストーリー概略 スペシャル・セレクション:シャイニング 80夏、アメリカ映画界レポート:1 S・キューブリックの大怪談映画「シャイニング」 海外情報:S・キューブリック「シャイニング」語る キネ旬試写室:シャイニング.

次の

HGBD ガンダムシャイニングブレイク レビュー

シャイニング レビュー

コロラドの雪深い山中にあって冬期は閉鎖されている由緒あるリゾート・ホテルを舞台に、その管理にやって来た、ある親子三人に取り憑く怨念と狂気を描く恐怖映画。 製作総指揮はジャン・ハーラン、製作・監督は「バリー・リンドン」のスタンリー・キューブリック。 スティーヴン・キングの原作を基にキューブリックとダイアン・ジョンソンが脚色。 撮影はジョン・オルコット、音楽はベラ・バートク、編集はレイ・ラヴジョイ、美術はレス・トムキンズ、製作デザインはロイ・ウォーカーが各々担当。 出演はジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル、ダニー・ロイド、スキャットマン・クローザース、バリー・ネルソンなど。 オリジナル版は143分。 日本で公開されたのは119分の国際版。 あらすじ ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は、オーバー・ルック・ホテルで支配人と会い、そこに管理人として住み込む話を進めていた。 その頃、ジャックの家では、息子ダニー(ダニー・ロイド)が母親ウェンディ(シェリー・デュヴァル)と食事をしながら浮かない顔をしていた。 友だちのいない彼は、自分の中にトニーというもう一人の人間を育てており、そのトニーがホテルに行く事に賛成していないのであった。 その時、ダニーの目の前で幻想ともつかぬ恐ろしい光景がよぎる。 それはエレベーターの扉から滝のように流れ出る夥しい量の血と、その前に立ちつくす双児の少女の不気味な姿だった。 やがて、一家三人は大自然の中に建てられたオーバー・ルック・ホテルに到着し、一家三人だけの孤独な生活がはじまった。 ジャックの頭の中には、支配人が語ったある惨劇のことがちらついていた。 それは、ジャックの前任者の管理人グレイディ(フィリップ・ストーン)という男のことで、彼は、この生活のあまりの孤独のために気が狂い、妻と二人の娘を斧で殺し、自分も自殺したということだった。 その237号室の前の廊下をダニーが通る時、彼は決まって何か恐ろしい空気を感じていた。 一方、ジャックは、作家という仕事柄、静かなホテルの一室で書けることはこの上なく好都合だったが、いざ始めてみると苛立つばかりで進まない。 ウェンディは、そんなジャックの様子を見て不安になった。 そして、三人の緊張に満ちた不安定な生活が遂に惨事を生むまでにいたる。 237号に忍び込んだダニーが何者かに傷つけられ、作品を書いていると思われたジャックのタイプには一行のある言葉が何百枚もの用紙に書き綴られており、その用紙を目撃したウェンディをジャックが襲った。 必死で逃げるウェンディはまずダニーを部屋の窓から外に逃がした。 窓はウェンディが脱出するにはせますぎ、斧で扉をこわし始めたジャックの狂気の声を聞きながらウェンディは焦った。 そのころ、何か悪い予感を感じ猛雪の中をホテルに向かっていたハロランが到着し、一家を探して部屋の中に入ってきた。 そのハロランをジャックの斧が襲った。 ダニーの姿を目にしたジャックは、斧をかざして、庭にある迷路に逃げたダニーを追った。 複雑に交錯する迷路を巧みに逃げ通し、やがてウェンディとめぐり会ったダニー。 ニ人はハロランが乗ってきた車に逃げ込むと、恐ろしいホテルを後にした。 翌日、降り積った雪の中には、惨めに凍りついたジャックの姿があるのだった。 関連するキネマ旬報の記事 巻頭特集 キネマ旬報創刊100年特別企画 第2弾 1980年代外国映画ベスト・テン:ベスト20グラビア開設 外国映画紹介:シャイニング 外国映画批評:シャイニング グラビア:シャイニング 特集 「シャイニング」:1 スタンリー・キューブリックの映像は「音色」である 特集 「シャイニング」:2 家庭崩壊の悪夢・悪いは怪奇映画 特集 「シャイニング」:3 時代が感情を持った! 特集 「シャイニング」:プロダクション・ノート 特集 「シャイニング」:ストーリー概略 スペシャル・セレクション:シャイニング 80夏、アメリカ映画界レポート:1 S・キューブリックの大怪談映画「シャイニング」 海外情報:S・キューブリック「シャイニング」語る キネ旬試写室:シャイニング.

次の

HGFCシャイニングガンダムレビュー

シャイニング レビュー

夢でみせてくれる 未来が見えることは秘密。 展望ホテルの秘密は 237号室 ハロランさんは全否定 一ヶ月後 植木迷路 ホテルには植木迷路のミニチュア 俯瞰で撮るの多いな 何もなくて火曜日 ダニーが237号室へ。 開かない、フラッシュバックする双子 執筆中はイライラするJニコルソン 出ていけ! 木曜日 雪、外ではしゃぐ家族をねめつけるJニコルソン 電話が不通 警察との無線は繋がる ダニーの前にまた双子少女 遊びましょと惨殺イメージ 人差し指でトニー 水曜日 外は吹雪ダニーはミニカー遊び 237号室の鍵が開いている! ママは機械室 うなされる旦那 夢で俺は君とダニーを切り刻んだ ダニーがよろよろと 首を絞められた跡が ゴールドルームはバーか 酒は白人の呪いだインディアンは知らん 息子に乱暴なんかしない、過去に何があった? 一度怪我させた、3年前 木のバット持ってママが 女の人がダニーの首絞めた ハロランさんの家の黒人娘のヌード 異音が凄い、うちのの猫もびびる 237号室のバスルーム。 こわーーー 無線を壊すJ いきなり飛行機。 ハロランさんか、つぎはもう車 バット奥さんがみた原稿 all work and no play makes Jack a dullboy. 最初に観たのは、自分が大学生だった頃…。 40年も経つのに、一気に、あの時の恐怖に引き込まれます。 原作者のスティーブン・キングが、原作に忠実でないことに対して、監督のスタンリー・キューブリックを批判したという曰付きの一本。 先日、本作の40年後のダニーを主人公に、あの忌まわしきホテルを舞台に公開されたのも記憶に新しいところ。 本作の魅力は、なんと言っても、ニコルソンのあの怪演、奇演。 薄気味悪い笑顔の中に潜む鬼畜としての闇。 他の誰にも真似できないし、本作の代名詞となった、斧で扉を破るシーンは、映画史に刻まれる名場面。 素顔でもジョーカーがそのまま務まるんじゃないか、と思うほど…。 (笑) また、恐怖がそのまま顔に現れた不思議な顔立ちの妻役・シェリー・デュヴァルと、シェリーとは真逆に、淡々と恐怖を演じる子役のダニーの、対照的なキャラクター設定も、ミステリアスな効果を生んでいます。 それに、なんと言っても、あのバイオリンによる『キン、キン、キン…』という効果音が、観る人に、より一層の怖さを与え、その後のホラームービーにも、大きな影響を与えたと思います。 そして、舞台となるホテルでの色彩や展開、その中にエロチシズムさえ盛り込む演出は、映像の魔術師と言われる、キューブリックならではと感じます。 ホラーといては充分すぎるほどスリリング。 キューブリックの長いカットと低視点カメラがこれでもかというほどホラーというジャンルとマッチしている。 この作品がホラー映画のカメラワークと音楽の革命を起こしたことは、明らかだ。 さて、作品にはホテルの孤立感によって狂っていくという設定になっているが実は違うと思う。 以下考察 ジャックを狂わせたのは小説をいつまでも書けない「自分への自己嫌悪」と、そんな自分をいつまでも優しくしてくれる妻への苛立ち 実は鞭を打って欲しかったと思う。 なによりジャックがサイコパスであることは確実だ。 サイコパスが子育てできるのか?子育てのストレス。 そして閉塞感。 これが原因なのかな?と感じた。 もっともホテルに1番問題あると思うけど ネタバレ! クリックして本文を読む 久しぶりに鑑賞。 冬の間ホテルの管理人を任された小説家志望の主人公。 家族三人が様々な怪奇現象に遭遇し精神が蝕まれ、 主人公の男が家族を惨殺しようとする恐怖を描いたスリルホラー映画。 独特なカメラワーク。 左右対称の描写。 心拍音や不協和音のBGM。 何とも言えない不気味さ。 徐々に、ではなく割りと早々と蝕まれていく主人公。 どうやらトイレのシーンの会話や最後の写真を見るに、 生まれ変わって何度も管理人をしているらしい。 原作とは大分改変されてるけど、 見る人によっていろんな解釈が出来そうで面白い。 監督は同じシーンを何十テイクも重ねて撮影していたらしい。 気が狂っているような演技は演技ではないのかも…笑 1980年公開の映画だけど今見ても充分楽しめる。 冬の間閉鎖されるオーバールックホテルで閉鎖中のメンテナンスを行う管理人の職を得た小説家志望のジャックは妻ウェンディと息子ダニーを連れてホテルにやってくる。 支配人からは過去に管理人が一家惨殺を起こしたことを知らされるも、誰も訪問者がない静かな環境は執筆活動に好都合と意に介さないジャック、ジャックの傍若無人さに逆らえない従順なウェンディ、そして不思議な霊能力を持つ内気な少年ダニーは広々としたホテルでの生活を楽しんでいたが、やがてじわじわと忍び寄る怪奇現象に翻弄されることになる。 上映当時はホラー映画が苦手だったので40年も未見のままでしたが、今の感覚で観るといわゆるホラー映画とは一味も二味も違う特殊な作品。 冒頭のゆらゆら漂うような空撮から漂う禍々しい雰囲気、不吉さを増幅する夥しいシンメトリー。 『2001年宇宙の旅』のように一切のナラティブな表現を排しているので特殊能力シャイニングもぼんやりとしていてとにかく薄気味悪い。 様々な映画でオマージュが捧げられているを浴びるほど観てきたので残念ながら大きなサプライズは感じませんでしたが、それでもジャックが一心不乱にタイプライターで打った文字には背筋がぞっとする狂気がくっきりと浮かび上がっていて、さすがは映画史上に残る傑作だと実感するとともに、原作者のキングが本作を毛嫌いした理由もなんとなく腑に落ちました。 これで準備が整ったので早く『ドクター・スリープ』が観たいです。 ネタバレ! クリックして本文を読む 久しぶりにTVにて観賞。 いやあ、ホラーは原作ももちろんだが、音楽から雰囲気、演技、メイク、セットや全ての環境が大事だなあ。 とても30年前の作品とは思えない、なんとも言えない味わい、ひたひたと迫り来る恐怖の迫力がありました。 エレベーターからの大量の血だとか不気味な双子の少女や腐った死体等この作品は後の全てのホラー作品に多大な影響を与えたと言える。 ジャック・ニコルソンのとりつかれた表情やドアから顔を出すシーンは余りにも有名過ぎて、特に言及する必要はないだろう。 個人的に好きなシーンは迷路の模型上で動く親子。 ラストシーンの暗示と斬新なカットです。 キングの原作と少し違っていて作者が大激怒したとか、いろいろ逸話が有りますがキングの長編作品を忠実に映像化するなんてドラマ化されないと無理だし、今でもキングの映像化No1はこの作品でしょう。 個人的にはペットセメタリーのリブートやトータルリコール これもリブートされたなあ なんかは好きなんだけどもやはりあまーりヒットせず製作者泣かせの原作者なんでしょうね。

次の