江戸 時代 女性 髪型。 江戸時代の髪型

江戸時代の女性の生活とは?実は自由で気楽な時代だった

江戸 時代 女性 髪型

江戸時代の子供の髪型とは? さて、まずは江戸時代末期の子供の髪型をご覧ください。 これは・・・ いかがでしょうか? もうなんかあまりにも 末期ですよね。 世紀末な感じがすごい髪型です。 特に左側なんて髪型だけみると みたいな感じはありますよね。 「水をよこせぇ!」 みたいな。 顔とセリフが全くあっていません。 どちらかというと弱そうですのですぐ「ぶべら」とか言って北斗神拳の餌食になるのでしょう。 右の角大師という髪型は別名芥子坊主とも呼ばれたそうです。 長屋に住む一般的な子供達は、寺子屋に通ったり奉公に出されるまではこの簡単な芥子坊主という髪型にしていました。 こんな感じですね。 もうこれはかなり末期の髪型と言えるでしょう。 この世の中の大人なんかみんな腐ってるとでも言わんばかりの目を見てください。 「俺は誰も信じない」 そんなセリフが聞こえてきそうです。 それ以外にも前髪だけ短く残しておくものや、前髪と後頭部を残すものなど結構様々だったみたいですね。 そのように周りを残すかどうかもだいたい親の趣味で決められました。 そう考えると今も昔もあんまり変わりませんよね。 右 なぜ一部を残すのかというと、子供が川遊びをしているときにもし溺れたとしても神様が残した髪をつかんで引き上げてくれるからという言い伝えがあったからだそうです。 その他にも、単純に親が我が子を見分ける手段でもあったとか。 確かにみんな同じ髪型だとわからないですもんね。 余談ですがインド人も身内がなくなった時は髪の一部を伸ばす風習があります。 多分全員ではない 女の子も6歳くらいまでは前髪、頭頂部などの5ヶ所だけは伸ばしていたそうですが、他は同じようひ全部剃っていたそうですね。 なんなら眉毛も剃っていたとか。 現代でそんなことやったら周りが黙ってなさそうですよね。 右から2番目の子とかもうなんかいろいろすごいですね。 古くは鎌倉時代とも言われていますが… その前の時代までは大垂髪(おすべらかし=髪を長くたらしたロングヘア)が主流でした。 百人一首に描かれている女性のように、美人の条件は「黒くてつやつやした超ロングヘア」だったのんですね。 それが江戸時代になり髪を結うようになったのです。 江戸時代初期には「髪結床」がすでに存在していました。 現代の美容室みたいなものではなく 当たり前だけど 、橋のところや道端でやっていたそうです。 屋台みたいなもんですね。 その後時代とともに屋内で髪を結うようになってきました。 そして「廻り髪結」とよばれた出張髪結を行う人も増えました。 ただ、それらを利用していたのは基本的には男だけです。 女性は昔からの風習のようなもので、鏡を見ながら髪を自分で結ってしまえないと一人前とは認めてもらえなかったそうです。 今も昔も、女性はファッションに気を使わなくてはいけなくて大変ですよね。 江戸時代前まではあまり髪型に変化はなかったのですが、江戸時代末期にもなると髪型は100種類以上にもなっていたそうです。 そのためそんな女性専用の「女髪結」が出てきたのですが、幕府は「それは贅沢だからダメ」と、禁止令を出したりしてたそうです。 今で言う結婚式のヘアセットをやってもらう的な感覚だったんでしょうかね。 それでも「女髪結」は隠れて出張したり、特例として吉原などの芸者の髪を結うことは許されていたそうです。 最後に気になる江戸時代のシャンプー事情を 一般庶民は髪を洗うのは大体1ヶ月に1回位だったようです。 平安時代の1年に1回から比べたら大きな進歩ですね。 でも月一でもかなりキツイのは簡単に想像できますよね。 夏とかかなりヤバそうですね…。 昔のフランスなんかでは香水を使っていたといいますが、江戸時代の人いろいろな匂いを隠すために油を使っていました。 裕福な家だと「伽羅油」「椿油」というものを使い、一般的なところでは「五味子」という匂いの強いものをつけていたそうです。 そもそもどうやって風呂に入っていたかというと、江戸の人々は風呂屋に行っていました。 火災が起きるととても広い範囲に火が広がってしまうため、防災ということで自宅にて火を使う風呂を作ることは禁止されていたそうです。 そんなこと言ったら料理だって・・・と思いますがそこはよくわかりません。 だいたい街に1つ風呂屋があり、みんなそこに通っていたんですね。 なんかみんな仲良しになりそうですよね。 その風呂屋でシャンプーしてOKだったかというと・・・ ダメでした。 お湯をたくさん使ってしまうから禁止だったそうです。 シャンプーはどこでやっていたかというと、自宅です。 タライに水をためて洗ったといいます。 その点では平安時代からまるで進歩してないんですね。 平安時代の女性は年に1回、 コメのとぎ汁をつかって洗っていたと言いますが、江戸時代の人々はなんと 海藻を使っていたそうです。 わかめみたいなクネクネしたやつじゃなくて、岩海苔を使うことで防臭効果があるだけでなくしっとりとツヤがでたそうです。 なんだかとても髪に良さそう・・・。 さらに代用品としてうどん粉とか、卵の白味とかでも洗っていたというから驚きですね。 現代の常識とはかけ離れていて当たり前だけど、こういったヘアケアや髪型の歴史を知ることもまた楽しいですよね。 以前書いた平安時代の髪型事情が好評だったので江戸時代バージョンを書いてみましたが、今後は縄文時代や戦国時代なんかも調べてまとめてみようと思います。

次の

江戸時代の男性の髪型について伺います。ドラマなどを見ていると様々な髪型を...

江戸 時代 女性 髪型

江戸時代の男性の髪型について伺います。 ドラマなどを見ていると様々な髪型を目にしますが、そもそも髪型にルールはあったのでしょうか?こういう身分の人はこの髪形をしては駄目、のような。 例えば新選組のドラマや映画だと、近藤勇は月代を剃らずに髷を結っている、土方歳三は月代を剃らずに後頭部で縛っている(ポニーテールみたいに)、沖田総司は月代を剃って土方のように縛っている…というようなものが定番に思います。 近藤勇は髷を結っている時の写真があるので納得できますが、身分に関係なく剣術に優れている者が集まった新選組においては、もしそういった常識的な髪型のルールが有ったとしても当てはまらなかったのかな…と。 だとしたら、個人の好みという事なり、その定番の髪型に定着した経緯は?と疑問に思います。 新選組以外にも、肖像画も写真も残っていないのに、この人物といえばこの髪形!っていう印象がついている人物が居ると思います。 これは何故なのでしょうか? 特にルールはなかったみたいですよ。 江戸の町人はきれい好きで、見だしなみにとても気を配っていました。 たとえば、江戸っ子は風呂好きで、大きな通りには必ず湯屋があり、昼でも銭湯に入っていました。 体臭や口臭に気を使い、襟足の汚れや鬢(びん・頭の左右の側面の髪)のほつれも嫌いました。 ひげも毎日剃り、無精ひげは敬遠されました。 髪形にも非常にこだわり、月代(さかやき)をいつもきれいに剃りあげようと、足しげく髪結床に通いました。 月代とは、前頭部から頭の中央にかけて髪を剃り落とした部分のことです。 戦国時代に武士が兜をつけたとき、頭が蒸れるのを防ぐために髪を剃ったことからはじまったといわれます。 町人が月代を剃ることを習慣するようになったのは、江戸時代の初期からです。 江戸っ子は、月代をどこまで剃りあげるか、どれくらいの幅でどういう形に剃るかなどにも、非常にこだわりました。 そんななか、江戸時代を通してももっとも結われた男性の髪形が、銀杏髷(いちょうまげ)です。 よく、「ちょんまげ」というのは、この髪形をさします。 銀杏髷は月代が狭く髷が長いです。 一方、月代を極端に広く剃り、髷を細く高く結い上げるのを本多髷と呼び、粋な商家の若旦那が好んでこれを結いました。 こうして、自分のお気に入りの髪形にしたとしても、月代は剃りあげたら、マメに手入れをしなければ、すぐに伸びてしまいます。 武士、町人とも、月代が伸びたままで見苦しいのは、無粋とされ、嫌われ者でした。 伸び放題なのは浪人か病人だけで、つねに月代をきれいに剃りあげておくのが、江戸っ子の粋な作法だったのです。 髪結床は湯屋に付設しているものもあって、湯に入ったあとに立ち寄る町人で繁盛しました。 店は土間で、客は通りに向いて腰掛けます。 はじめに水で濡らした月代を剃り、次に髪を解き、顔を剃ってから髷を結います。 代金は16文から28文くらいでした。 江戸中期ごろからは、道具を持って家々を回る出張専門の髪結も登場しました。 これを「回り髪結」といい、利用するのは商家の大店の主人や番頭が多かったようです。 月代が伸びたままなのは恥とされたので、なかには毎日のように、回り髪結を呼ぶ主人もいたほどだったといわれます。

次の

江戸時代 4 女性の髪型 1800年代

江戸 時代 女性 髪型

4em spinnaker,sans-serif; background-color:rgba 255, 255, 255, 1 ;color: 494848;border-style:solid;border-color:rgba 0, 0, 0, 0. style-jxeard8pnavContainer select. style-jxeard8pnavContainer select. style-jxeard8pnavContainer select:not. style-jxeard8pnavContainer select:not. style-jxeard8pnavContainer select:not. style-jxeard8pnavContainer select:not. style-jxeard8pnavContainer select:not. style-jxeard8pnavContainer select:not. style-jxeard8pnavContainer select:not. style-jxeard.

次の