ドロップ ダウン リスト 空白。 excelのプルダウンリストで邪魔な空白を削除する方法

エクセルでプルダウンリストの追加・削除に自動対応する方法

ドロップ ダウン リスト 空白

「空白を無視する」の動きを確認する 調査の準備 下のようなドロップダウンリストを作成する過程で説明します。 一覧のリストには、下のように用意した表を [元の値]として使用します。 この時の右側ですね。 [空白を無視する]のチェックが入っています。 こちらの動作を確認したいと思います。 チェックを入れた場合と入れなかった場合を比べてみる まず元のリストに空白を追加してみたいと思います。 元のデータの「総務部」を消したリストを用意しました。 このリストを新たに設定します。 そして、そのまま「空白を無視する」にチェックが入っている状態で [OK]。 きっと、リストの空白は無視されて、 文字が入力されている場所だけリストとして表示されるのでは? 試してみましょう。 では、逆に「空白を無視する」の チェックを外して試してみると・・・ あれ?やっぱり空白が表示されている。 違いがありません・・・。 どうやら 表示されるリスト一覧とは無関係のようですね。 エクセルのヘルプを参照すると、この場所に関しての説明があります。 文章が長いのでまとめてみると、 「定義された名前のセル範囲で、そのセル範囲に空白セルがある場合、オンにするとすべての値を許可します」と書かれてあります。 ん?「 すべての値を許可します」 ということは、リストに表示される一覧の話ではなく、 入力する値を許可するかしないかということ・・・。 リスト以外のデータ入力を試してみる では、試してみましょう。 チェックを入れた状態で設定して、 リスト以外のデータ 「経理部」と直接入力してみます。 すると、下の画面が表示され入力できません。 では、今度は チェックを外して、 同じように試してみると、 やはり、入力できません。 何も変わらないじゃないか・・・。 いや、ここで先ほどのヘルプの内容を思い出しましょう。 「定義された名前のセル範囲で、そのセル範囲に空白セルがある場合、オンにするとすべての値を許可します」 の最初の部分。 「 定義された名前のセル範囲で」 の場所です。 リストデータ範囲に名前を定義して試してみる では、先ほどのリスト用データ範囲に名前を付けます。 選択して、 左上の[名前ボックス]を使用して 「部署リスト」と名前を登録しました。 さっそく使用します。 [元の値]の部分に 「=部署リスト」と入力し、「空白を無視する」はチェックを入れた状態で [OK]。 前と同じように 「経理部」と入力すると・・・。 エラー画面は表示されず入力できました! では、「空白を無視する」の チェックを外してやってみましょう。 「経理部」と入力すると・・・。 入力できません。 これではっきりしました。 まとめてみましょう。 リスト範囲に空白がある• 定義された名前を使用してリスト範囲を設定する この2つの条件を満たしている場合に限り、 「空白を無視する」のチェックが入っていると、 リスト以外のデータが入力できるようになる。

次の

前の選択で次の選択肢が変わる連動ドロップダウンリスト【Excel・エクセル】

ドロップ ダウン リスト 空白

皆様、おはこんばんちは!まおすけです! みなさん、エクセルで プルダウンリスト使ってますか? 使ってない方はこの記事を見る前に、是非こちらの記事を見てください。 で、これだけでプルダウンリストを使うことはできます。 でも実は、この作り方だと項目が増えた時に 範囲の変更が必要になってしまうんです。 この記事では 項目に変更があってもそのまま使えるプルダウンリストの作り方を解説していきます。 これができれば、業務が短縮できる上に、うっかりミスも防げるようになりますよ! それでは説明していきます!• 結論 まず、結論から書いてしまいます。 わかる人にはこれだけでわかってしまうと思うので、 コレ見てわかった!という人は、後の記事は読まなくて大丈夫です。 今回の場合はこんな感じで指定してください。 結論で見ての通り、「 COUNTA」と「 OFFSET」という関数を組み合わせています。 まずこれらの関数について順番に説明します。 両方とも知ってるよ!って人は、もう少し下の 「可変範囲の指定」まで飛ばしてもらって大丈夫です。 COUNTA関数とは 日本語に翻訳すると、こんな感じ。 これは理解しやすいと思います。 OFFSET関数とは こっちはすごくわかり辛い関数ですが、一回理解すると他にも応用が効く関数なので、頑張って付いてきてください! OFFSET関数の構造と日本語訳は以下のとおりです。 省略した場合は両方とも「1」になります。 文字だけじゃすごくわかりにくいと思うので、3つほど具体例を出します。 ) 図で表すとこんな感じになります。 図で表すと下記のような感じになります。 図で表すと下記のような感じになります。 いままでの2つを組み合わせただけなので、パッと見でわからない人はゆっくり考えてみてください。 わけわかんなくなっちゃいますしね。 一応こういうこともできるよ!という解説のために載せています。 これが OFFSET関数です。 可変範囲の指定 やっと、ここからが本番です。 2つの関数を組み合わせて プルダウンリストの範囲が変化するように範囲を指定します。 今回の結論はこんな感じでしたね。 結論のOFFSET関数を色分けしてみるとこうなります。 これを日本語訳するとこんな感じになります。 となります。 ここで「 COUNTA(D:D)-1」 という意味わからないものが出てきましたが、すごく簡単です。 COUNTA(D:D)はD列の項目を数えてるだけです。 なので、「6 」です。 そこから、1を引いてます。 なので、今回の場合は「COUNTA(D:D)-1 = 6-1 =5」となります。 なんで-1するのかというと、実際の項目数は5なのに、COUNTA(D:D)のままだと 「クソゲーリスト」という項目名までカウントしてしまうからです。 これでOFFSET関数によって、下記の図の 青枠の範囲を指定したことになるので、リストもその通りに表示されます。 項目が増えた場合 では、項目が1つ増えたらどうなるかを見ていきます。 1つ項目が増えると、D列の項目数を数えているCOUNTA(D:D)が1つ増えます。 つまり「COUNTA(D:D)-1」は「7-1=6」を表します。 なので、結論の「=OFFSET(D4, 0 , 0 , COUNTA D:D -1 , 1 」が表す範囲は以下の通りになります。 どれだけ下に項目が追加されても、勝手にCOUNTA(D:D)が増えていくのでプルダウンリストの範囲も勝手に増えていくというスンポーです。 注意! COUNTAは空白を数えません。 なので、リストの途中で空白が入っちゃうと、OFFSET関数で表す範囲が一番下の項目まで伸びなくなります。 リストは 空白無しで詰めて入力してくださいね。 まとめ 今回はCOUNTA関数とOFFSET関数を使った、 可変範囲のプルダウンリストの作り方の解説でした! 今回はちょっと応用的な使い方なので、ぱっと見では難しいと思います。 でも、1つずつ理解していけば絶対に理解できるようになります。 ここで覚えてしまえば他にも応用が効く内容ですので、ぜひともマスターしてください! ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の

誰でもできるエクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)で空白を表示・削除する方法。

ドロップ ダウン リスト 空白

ohidekun さん、こんにちは。 Answers をご利用いただきありがとうございます。 作成されたドロップダウンリストに出てくる 「アイテムを選択してください」 の表示を印刷時に表示させない方法があるかという質問ですね。 こちらの環境で同じようにドロップダウンリストを作成してみました。 上記の画像と同じように [無選択] を選択しても印刷プレビュー時には 「アイテムを選択してください。 」 の文字が出て同じ結果となりました。 有効な方法であるかは解らないのですが、違う方法で試してみたところ印刷プレビュー画面に出てこなくなる方法がありました。 ドロップダウンリストのプロパティの 「表示名」 に何も入力せず、Space キーで 3 行ほど間隔だけを入れて追加してみました。 上記の方法ではプルダウンを押して空白部分を選択すると 「アイテムを選択してください」 の文字は出てこない状態になりました。 代替え案となるのですが、こちらの方法を試してみてはどうでしょうか。 試してみたところ、こちらの方法しか見当たらなかったのですが、もし不明点などがあれば再度の投稿お待ちしています。 大沢 孝太郎— Microsoft Support.

次の