映画 ドクトル ジバゴ あらすじ。 映画『ドクトル・ジバゴ』あらすじとネタバレ ロシア革命に翻弄された1人の詩人の愛の物語

ボリス・パステルナークの『ドクトル・ジバゴ / Doctor Zhivago』が宝塚にぴったりな理由

映画 ドクトル ジバゴ あらすじ

の混乱の中、誠実な医師が人間としての苦しみを妻や愛人への愛で、耐えながら生き抜こうとする姿を描く、製作、監督、主演、、、、、、他共演のドラマ。 そしてエフグラフは、ユーリが妻ラーラ を題材にした詩集や写真を見せながら、彼らの娘と思われる少女トーニャ・コマローヴァスカヤ に、語り始める。 両親を亡くした幼いユーリは、母の遺したを手に科学者アレキサンダー・グロムイコ とアンナ 夫妻に引き取られる。 成長して医学生となったユーリは、既に詩人として名声を得ていたが、それは趣味でしかなかった。 仕立屋の娘ラーラ は、結婚を考える革命運動家の学生パーシャ・アンティポフ が、街頭でビラ配りをして連行されかけているところを、兄だと言って助ける。 ラーラは、母アメリア と噂のある弁護士ヴィクトル・コマロフスキー とが出かけようとした際、発熱した母に代わり、彼と食事に出かけることになる。 高級レストランで食事をしたコマロフスキーは、若いラーラに魅力を感じ、彼女を誘惑してしまう。 その頃、パーシャも参加した労働者達の皇宮への請願行進を、政府が鎮圧して大通りは血に染まり、それをユーリは目撃してしまう。 通りに出て、負傷者の手当てをしていたユーリは、関わりあうなとアレキサンダーに説得される。 ユーリは、グロムイコの娘トーニャ と兄妹以上の仲で、から戻った彼女を歓迎する。 デモで怪我をしたパーシャが、ラーラの元に現れるのだが、彼は活動を止める気はなかった。 ある日、ラーラの母アメリアが、娘とコマロフスキーの関係を知り自殺を図る。 ユーリが、恩師ボリス・カート教授 と共にコマロフスキーに呼ばれる。 そして、ユーリはその場で、コマロフスキーとラーラの関係を知ってしまう。 パーシャに会ったコマロフスキーは、彼が災いの元だと言ってラーラから引き離そうとする。 そして、ユーリとトーニャの婚約も発表されるクリスマス・パーティーの席上で、ラーラはコマロフスキーを銃撃してしまう。 混乱する会場に、パーシャが現れてラーラを連れ出し、全てを知った彼は動揺するものの彼女を許す。 コマロフスキーの傷の手当てをしたユーリは、ラーラを捨てようとする彼から、自分達の関係を口止めされる。 1914年。 はに参戦し、に身を投じていたエフグラフは軍内部に入り込み、 革命のための組織作りを始めようとしていた。 ユーリは医師として従軍し、ラーラと結婚したパーシャは入隊して消息を絶ってしまう。 2年後、動かない戦況に、戦場を放棄した兵士達は革命に走り始める。 ユーリは、夫パーシャを捜しながら、戦場で看護師として働くラーラと出くわし、銃撃現場にいたことを彼女に伝える。 その頃、内戦が激化していたでは、が入りし、帝政が終わり労働者の国が誕生しようとしていた。 戦場で互いに助け合い生活するうちに、ユーリとラーラは惹かれ合うようになっていた。 やがて、ラーラと別れに戻ったユーリは、家族と共に飢えと物資不足に苦しむ生活を続ける。 ユーリは、革命軍の幹部になっていた義弟エフグラフに出会い、彼の協力で、家族を連れてヴァリキノの別荘に越す決意をする。 パーシャは、理想の高い青年から、狂信的な革命家へと変貌し、ユーリは、ラーラがユリアティンにいることを聞かされ解放される。 ヴァリキリに着いたユーリ達は、別荘が押収されていたため、隣接の小屋を手直しして住居にし、畑を耕して食料を確保しようとする。 やがて、厳しい冬を越し春を迎え、ユリアティンの図書館を訪ねたユーリは、そこでラーラと再会して愛を確かめ合う。 ユーリは、二人目の子供を身ごもった妻トーニャを気遣いながらも、ラーラとの情事を繰り返す。 ラーラと別れる決心をしたユーリは、それを彼女に伝えに行った帰りに、医師が必要なパルチザンに捕らえられてしまう。 月日は流れ、パルチザンから逃れてユリアティンにたどり着いたユーリは、家族がヴァリキリを離れたことを知る。 ユーリはラーラの元に向かい、から追放されるというトーニャの手紙を受け取る。 そこにコマロフスキーが現れ、ユーリの思想が反革命的であり、ストレルニコフの妻ラーラにも危険が迫っていることを伝える。 二人はコマロフスキーの援助を断り彼を追い払い、忠告を無視してヴァルキノの別荘で暮らし始める。 しかし、再び現れたコマロフスキーに、ストレルニコフが死んだことをユーリは知らされる。 ラーラと子供に及ぶ危険を考えたユーリは、自分の子を身ごもっている彼女らをコマロフスキーに託す決心をする。 8年後。 エフグラフの世話になっていたユーリは、市内でラーラを見かける。 ユーリはラーラの後を必死に追おうとするが、大通りで心臓発作を起こして倒れ息を引き取る。 エフグラフは、ユーリの葬儀でラーラに会い、生き別れとなった娘の捜索を依頼される。 その後ラーラは、強制収容所で死亡したことがわかる。 トーニャをダムで働く恋人が迎えに来たため、エフグラフは二人を見送る。 その場を去ろうとするトーニャが、を持っていることに気づいたエフグラフは、彼女にそれが弾けるのかを尋ねる。 *で刊行されたのは1987年。 * 簡略ストー リー 孤児として、裕福なグロムイコ夫妻に引き取られた幼いユーリ・ジバゴは、やがて詩人としての名声を得ながら医師となる。 そんなユーリは、実力者でもある弁護士のコマロフスキーに目をかけられている、仕立て屋の娘ラーラに惹かれるものを感じる。 ラーラはコマロフスキーに、恋人である革命家の学生で、危険人物のパーシャと別れるように言われ、彼を銃撃してしまう。 幼馴染である、グロムイコの娘トーニャとの結婚を決めたユーリは、母親の愛人のコマロフスキーと、パーシャとの関係で悩むラーラの存在が気になる。 その後、はに参戦して、ユーリは、トーニャと結婚後に従軍医師となる。 ラーラは、結婚後に入隊して消息を絶った夫パーシャを捜しながら看護師をしていたが、ユーリと戦場で出くわす。 そして、ラーラを以前から知っていることを伝えたユーリは、過酷な戦場での仕事を支えてくれる彼女に惹かれ、その後、二人には愛情が芽生えるのだが・・・。 では、作品賞をはじめ10部門にノミネートされて、脚色、撮影 カラー 、作曲、美術 カラー 、衣装デザイン賞 カラー を受賞した。 ・ノミネート 作品・監督 助演男優 編集・録音賞 参考: ドラマで登場する、をモデルにした山々などは、で撮影された。 同作の好演も記憶に残るは、生き延びる苦しみを、愛によって癒そうとする青年医師を見事に演じ、の主演男優賞を受賞した。 同年の「ダーリング」 1965 で、を受賞することになるの、結局は完結しない主人公への愛を含め、そのもの悲しい表情が印象的だ。 強かな実力者だが、主人公の二人を救おうとする弁護士、終始感情を表に出さずにいたが、姪を捜し出した際にみせる笑みが印象に残る将軍、理想高き青年から、革命のリーダーになる、ラーラ の存在を気にしながらも夫 ユーリ に尽くす、その父で幼い主人公を引取り育てる、妻、ユーリの恩師、ユーリとラーラの娘役、ラーラの母親、そして、貨物車の場面のみの短い出演で個性を見せるなどが共演している。

次の

『ドクトル・ジバゴ』をめぐるCIAの一大プロジェクトとは

映画 ドクトル ジバゴ あらすじ

ここでいう「あの本」とは一九五七年に母国ソ連ではなくまずイタリアで刊行されたボリス・パステルナークの『ドクトル・ジバゴ』である。 パステルナークにノーベル文学賞をもたらし、イタリア語版からロシア語版がつくられ、ソ連内でも広く読まれるようになった。 この出版のプロセスには、CIAが深くかかわっていた。 何年か前に、伝説の文芸誌「パリスレビュー」の創刊にCIAが深く関わっていたと知ってびっくりしたが、CIA、どうやらある時期の現代文学に力づくで関与していたようである(しかもかなりいい仕事をしていて、これをどう受け止めればいいのか混乱する)。 本書は、『ドクトル・ジバゴ』にまつわる史実にもとづく。 史実ではわからない部分をフィクションで補って、秘密裏にすすめられたCIAの一大プロジェクトをミステリに仕立てた。 重厚な恋愛小説でもあり、面白くならないはずがない。 東(ソ連)と西(アメリカ)のパートが交互に進行し、語り手は基本的に女性だ。 東は、ボリスの恋人で、彼に巻き込まれるかたちで収容所に送られ、数奇な運命をたどるオリガ。 西は、ロシア系アメリカ人で、CIAにタイピストとしてやとわれ、スパイ教育を受けるイリーナ。 オリガも、イリーナも、その他のタイピストたちも、歴史の中では忘れられた無名の存在である。 彼女たちが意思を持つとも想像せずせっせと秘密を運ぶ男たちが、彼女らの目にどう映るか、存分に語らせる手腕が冴える。 『ドクトル・ジバゴ』の小説も映画も知らないという人でも、映画の主題歌「ララのテーマ」を耳にしたことはあるのではないか。 ラーラという著者の名前は、映画の大ファンだった母親がヒロインの名からつけたそう。 『ジバゴ』をめぐる壮大な物語に登場する人々の列の最後に、著者自身もつらなるようである。

次の

ドクトル・ジバゴ

映画 ドクトル ジバゴ あらすじ

ストーリー [ ] 国境沿いのダムにて [ ] 第二次世界大戦後、の将軍、イエブグラフ・ジバゴは腹違いの弟の娘を探していた。 そんな中、の中にその娘がいると知らされ、との近くのの事務所でトーニャと名乗る少女に出会う。 トーニャは父と母の名前、顔、素性を知らず、イエブグラフが父と母の素性を明かしても狼狽するばかりであった。 イエブグラフは彼女に、ユーリ・ジバゴの生涯を語り始める。 ユーリの出生 [ ] 時は遡ること末、幼くして両親を亡くしたユーリは、に住む親戚のアレクサンドル・グロムイコ夫妻の家に引き取られる。 両親の遺品はという楽器ただひとつ。 寂しさを覚えながらも夫妻からの愛情を受け、ユーリは成長していく。 、となったユーリは教授からも認められ、研究者になることを勧められる。 しかし本人はを習得し、開業医になることを目指していた。 本業の医者以外にもとしても才能を開花させ、の新聞記事にも自身の詩が載った。 また、ユーリはグロムイコ夫妻のひとり娘のトーニャと婚約しており、順風満帆な生活を送っていた。 美しき娘、ラーラ [ ] 一方、同じくモスクワに住む17歳の少女、ラーラは洋品店を営む母、アメリアと暮らしていた。 ラーラにはに傾倒する青年、パーシャという恋人がいたが、母のであるのコマロフスキーもまた、アメリアの娘であるラーラを狙っていた。 ある日の夜、階級のパーティーが行われ、アメリアが出席する予定だったが、彼女はしてしまい、代わりに娘のラーラがコマロフスキーと共に出席することになった。 会場に到着し、ダンスを踊る二人。 そんな中、会場の外からが聴こえてきた。 革命運動の行進が起きたのだった。 その中にはラーラの恋人、パーシャの姿もあった。 彼らは群衆歌を一蹴し、パーティーの続きを楽しんだ。 そのパーティーの帰り道、コマロフスキーはラーラに接吻した。 一方のデモ隊は、の騎馬隊により蹴散らされてしまう。 家のバルコニーから様子を見ていたユーリは負傷者の手当てをしようとするが、に家に入るように命令され、仕方なく家に戻る。 翌日、ユーリの婚約者のトーニャがから帰国。 二人は再会を喜ぶ。 一方、パーシャが顔にを負ってラーラの前に現れた。 パーシャはから追われており、ラーラに銃を預ける。 その夜、ラーラはをコマロフスキーに奪われる。 そんな中、コマロフスキーとラーラの関係を勘ぐったアメリアが未遂を起こす。 コマロフスキーから隠密に依頼された医師のカート教授は教え子のユーリを連れ、治療に向かう。 そこでユーリはコマロフスキーとラーラの不貞関係に気づいてしまうのであった。 ラーラは母のこともあり、何も知らないパーシャと結婚するとコマロフスキーに話す。 そんな彼女を否定したコマロフスキーはラーラを強姦した。 ラーラはショックと怒りに燃え、パーシャから預かった銃でコマロフスキーを殺すことを決意する。 ラーラの向かったコマロフスキーがいるクリスマスパーティーの会場では、ユーリとトーニャの婚約が発表されていた。 その瞬間、同じくその場にいたコマロフスキーに向かってラーラが発砲。 ラーラは取り押さえられたが、コマロフスキーが「警察には突き出すな」と言った為、ラーラは駆けつけたパーシャと共にその場を逃れた。 一方、コマロフスキーは弾が急所を逸れた為、一命をとりとめ、ユーリが彼の手当てをした。 その中でコマロフスキーが彼女を軽蔑している事に対し、ユーリは不快感を覚える。 パーシャのお陰でその場から逃れたラーラはパーシャと結婚。 子を成した。 第一次世界大戦とロシア革命 [ ] 時は流れ、が勃発。 パーシャは軍に志願して前線に向かうが、帰ってこず、ラーラは看護婦として前線に向かい、夫を探していた。 そんな中で同じくとして来ていたユーリと再会。 ふたりで戦士らの治療にあたっていった。 負傷者が全員退院し、ラーラに恋心が芽生えたユーリ。 しかし、ラーラはそれを制止し、二人は別れる。 ユーリはに帰郷するが、が発生し、家の様子は一変していた。 一軒家だった家は共同住宅となっており、薪ですら配当制。 さらに、家の私有物まで没収されそうになる。 そこに、腹違いの兄、イエブグラフが来た。 員であった兄だったが、兄との初対面を喜ぶユーリ。 ユーリはを一定の評価はしつつも、入党は拒否した。 イエブグラフはユーリの詩が批判されていることを伝え、ユーリは落ち込む。 イエブグラフは一家の別荘があるベリキノへのを勧める。 トーニャの賛同もあり、疎開を決めた一家は夜のに乗り込む。 その汽車の中でストレリニコフという、の将軍が民衆を苦しめていると聞くが、その正体はパーシャだった。 汽車の停車中、事情聴取に呼び出されたユーリはパーシャと出会ったが、パーシャはラーラへの愛を失っており、ラーラがベリキノから遠くない、ユリアティン という街にいることも聞く。 二人の再会 [ ] ベリキノに着いた一家は、もともと所有していた大きな家も取り押さえられ、案内人の紹介で近くのボロボロの小屋に住み、の生活を始める。 そのなかで塞ぎがちになっていくユーリを心配した家族は町へ出掛けることを勧める。 ユリアティンのに向かったユーリはラーラと運命的な再会を果たす。 二人はラーラの家に向かい、愛し合った。 しかし、トーニャへの罪悪感からラーラと別れることを決め、ラーラもユーリの意思を尊重する。 ユーリはトーニャのお腹の子の薬を買うために街に向かう道中でに拉致され、活動協力を強要される。 しかし、彼らの活動はただの行為であり、危険を感じたユーリは活動から脱出。 身一つで戻るが、出迎えて介抱してくれたのは、ラーラであった。 トーニャやその家族はユーリが拉致されている間にに移っており、トーニャはラーラにユーリのバラライカを託していた。 その後、トーニャ達はへされた。 ラーラに看病してもらいながら、身を潜めていたユーリだったが、ある日突然、コマロフスキーが二人の前に姿を現した。 今や司法大臣となっていたコマロフスキーはユーリの言動や思想が反革命的であること、ラーラもストレリニコフの妻ということで、これにより狙われていることから国外脱出を勧めるが、二人はその申し出を断る。 そして、残り僅かな未来をベリキノで過ごす決意する。 取り押さえられていた例の家は放置され、氷の宮殿と化していた。 その家で新たな生活を始めた二人。 ユーリはラーラへの愛を詩に書き始めた。 「私たち、もっと前に早く出会っていたら・・・」「言うな。 むなしくなるだけだ」 しかし、彼らの幸せもそう長くは続かなかった。 ある日、再びコマロフスキーが姿を現した。 コマロフスキーはユーリにストレリニコフが失脚して殺害されたことを話す。 が消滅した今、ソ連にとってストレリニコフは、ただの邪魔者でしかなかったのだ。 そしてその余波がラーラに迫っていることも話し、国外脱出を強く勧める。 受け入れるユーリ。 支度を済ませ悲しそうにソリに乗るラーラ。 しかし、ソリの座席定員が足りず、ユーリはソリに乗らず、あとからついて来ると話してバラライカをラーラに託す。 一行を見送るユーリ。 すると突然、ユーリは家に戻り二階に駆け上がった。 窓ガラスを割り、その先の大雪原に消えるラーラを悲しく見つめるユーリ。 出発した汽車にユーリの姿はなかった。 「彼はあなたに助けられようなんて思わないわ」と言うラーラにコマロフスキーは「奴は馬鹿だ」と言うだけであった。 二人の最期 [ ] その後、モスクワに戻り、兄のツテで医者の仕事に就いたユーリ。 ある日、街中でラーラを見つける。 ひたすら呼ぼうとするが、声が出ず、持病により心臓が麻痺してしまい、ラーラに気付かれることなく、死んでしまった。 その後、ユーリの埋葬でラーラはイエブグラフと出会う。 ラーラは疎開先で生き別れてしまったユーリとラーラの間に生まれた子供を捜した。 二人は懸命に捜索したが、見つかることなく、ラーラはに連行され、亡くなったという。 両親の物語を聞いたトーニャは涙を流した。 「でも父とは、戦火の中ではぐれた」と言うトーニャにイエブグラフは「それは実の父ではなく、コマロフスキーだ。 だから手を放してしまった。 親なら絶対に離さない」と言う。 そして、トーニャに今後の協力を申し出る。 そこへ、ダムの操作をしているトーニャの恋人が迎えに来た。 二人を見送るイエブグラフは、トーニャの背中にバラライカがあることに気づく。 事務所からイエブグラフが、「トーニャ、バラライカが弾けるのか?」と聞くと、恋人が「えぇ、プロ顔負けです」と答えた。 「誰かに教わったのか?」「いいえ、誰にも」「遺伝だな」 外のには美しいが架かっていた。 日本テレビ版放映日:、「」• テレビ朝日版放映日:、「」 受賞 [ ]• - ジョン・ボックス、テリー・マーシュ、ダリオ・シモニ• - フィリス・ダルトン• - 撮影地 [ ]• () - と の境を流れるにある。 国内で映画公開されるのは、である。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の