スリクソン z785 アイアン。 「Z

スリクソン Z585/Z785/ZU85 アイアン ~コンボセットを組む楽しみ~

スリクソン z785 アイアン

今回は2018年9月22日に発売開始した、SRIXONのZ585アイアンとZ785アイアンの比較をした結果をまとめました。 「ハードヒッター向け」「上級者向け」の印象が強い、SRIXONシリーズですが、Z585はアベレージゴルファーも使いこなせる満足できるアイアンだと思います。 製品紹介 Z585 シャフトラインナップ 軽めのカーボンシャフトもラインナップに加わっています。 アベレージゴルファーやヘッドスピードの遅いゴルファーもスリクソンのアイアンを使えるようになっています。 dunlop. dunlop. dunlop. 番手は7番でシャフトは両方ともN.S.PRO950GH DST スチールシャフトです。 使用したボールはproV1です。 飛距離性能 Z585の方が1度立っている分、芯を喰った時の飛距離はZ785より出ます。 そして、芯を外した時は、1度立っている以上にZ585の方が飛距離が出ます。 Z585の方が芯を外しても飛距離が落ちにくいです。 方向性 明らかにZ585の方がつかまります(ひっかけます)。 これはの差でしょう。 Z585が3.5mmで、Z785が3.8mmです。 数値にするとたった0.3mmの差ですが、アドレスすると、顔のシャープさは共通しているのですが、フェースプログレッションは違いが分かるぐらいの差があります。 この0.3mmの差が影響してつかまり具合に差が出ています。 「グースネックの方が球がつかまる」と言われているのも納得ですね。 その他 先にも述べたように、顔はどちらもスリクソンらしいすっきりしていてシャープです。 Z585の方はシャフト次第でプロ、上級者でも使えるやさしめのアイアン。 Z785の方は、最近のスタンダードプロ上級者モデル、といった感じです。 スピン性能は、Z785の方がある、といえるのかもしれませんが、Z585のつかまりをシャフトの選択やその他の調整で抑える事ができれば、必要なスピン量は得られそうです。 筆者がどちらか選ぶとすればZ785、でしょうか。 SRIXONアイアン Z585とZ785をショップで見る Z585 参考価格:99,144円(6本セット・税込).

次の

スリクソン Z785アイアン の試打&評価/打感がいい、抜けがいい│楽しい GOLF LIFE

スリクソン z785 アイアン

目次 スリクソン SRIXON Z785アイアンの試打評価 スリクソン SRIXON Z785アイアンのデザイン スリクソン SRIXON Z785アイアンのデザインはこのような感じです。 よりも若干シャープになっていてカッコいいです。 そして前モデルのとは、また違ったデザインになっておりますね。 デザイン的にはZ5シリーズに近くなっているように感じます。 スリクソン SRIXON Z785アイアンのソールの印象 スリクソン SRIXON Z785アイアンのソールはこんな感じです。 中心に1本ラインが入ってるんですが、写真で見えますか?これがスリクソン SRIXON のZシリーズアイアンの特徴とするもの。 Z545アイアンから導入された抜けの良さを実現するための策が、この出っ張りに隠されております。 も同様の仕様となっております。 構えた時のスリクソン SRIXON Z785アイアンの印象 スリクソン SRIXON Z785アイアンのアドレスした際の感覚はこのようなイメージです。 よりも、ほんの僅かですが見た目がシャープですので、ではヘッドが少し大きかったり・分厚く感じる方にとっては、こちらのスリクソン SRIXON Z785アイアンは非常に良いデザインだと思います。 さて、早速打って見ましょう。 実際試打したスリクソン SRIXON Z785アイアンの感触 やはりこちらも打感が素晴らしく改善されているように感じました。 ただ、ここで1つ気になる事があります。 スリクソン SRIXON Z785アイアンよりもの方が打感が良いように感じた事です。 普通は逆でZ785アイアンの方が打感が良いはずなんです。 でも何度試打してもの方が打感も飛距離も抜群です。 抜け感は相変わらず抜群ですね。 これは他メーカーどれも太刀打ちできない技術です。 ウェッジでは、同じソールタイプは見たことありますが、アイアンではいまだにみたことないですね。 打感についてはマッスルバックアイアンのの方が若干良くなっておりますので、SRIXONの現在発売しているマッスルバックアイアンの最新モデルの試打記事もご覧ください。 >> スリクソンZ785アイアンが初心者ゴルファーにおすすめな理由とは 私なりに試打した感想を基に初心者ゴルファーにおすすめな理由をまとめてみましたので是非ご覧ください。

次の

曲がらず飛距離が毎回同じアイアン、SRIXON Z585/Z785 スリクソンやば!恵比寿ゴルフレンジャーコラボ【ゴルフ我流道番外編】

スリクソン z785 アイアン

スリクソンZ785アイアン 試打レビュー スリクソンZ785アイアンの概要 スリクソンメーカーホームページより、Z785アイアンの概要を調べました。 dunlop. html マイルドな打感と新溝設計で安定したスピン性能を実現した スリクソン Z785 アイアン。 シャフトは4種類ラインナップされています。 ダイナミックゴールド DST シャフト 中手元調子。 硬度X100で重さ116g、トルク1. 9です。 硬度S200は112g、トルク2. 1です。 ダイナミックグールドシャフト 手元調子。 硬度X100で重さ119g、トルク1. 硬度S200で重さ118g、トルク1. 2です。 ハードですね。 PRO 950GH DST スチールシャフト 中調子。 Sで95g、トルク2. Rで91g、トルク2. 私にはおなじみのスペックです。 Xで110g、トルク1. Sで105g、トルク1. 7です。 5番25度、6番28度、7番32度、8番36度、9番41度、PW46度です。 アスリートの用らしからず、そこまでロフトは寝てないですね。 試打クラブは7番のダイナミックゴールドDST、硬度S200モデルです。 シャフト重量116g、クラブ重量424gです。 いつも私が使っているクラブより10g以上重いです。 大丈夫でしょうか。 NS950で試打したかったんですが、ショップ店員に「このアスリートモデル様に950なんざねぇ」と一蹴されました。 (すみません。 誇張表現ありです。 ) このZ785、一言で言うとカッコいいー! 洗練されたバックフェース。 前作にあった謎のデザインがありません。 ハーフキャビティでも堀の深さが中級者向けにも懐の深さを感じます。 でもこのシャフト重い。 構えた感じもいいですね。 Z585よりもシャープで洗練されてます。 トップラインの薄さがアスリートモデルを物語ってます。 実際におっかなびっくり打ってみました。 意外と打てる。 真っすぐ飛ぶ。 球も結構あがる。 俺って上級者? 打感最高。 フェースに球が吸い付くって言うんですかね。 シュワ!って感じです。 芯を外すとビリビリきますが、そんなに飛距離も落ちませんね。 良いクラブです。 でも飛距離は139ヤード。 7番アイアンでロフト32度ならもっと飛ばそーぜ。 そう自分を鼓舞してあと何発か。 最長144ヤード。 中弾道。 ショップ店員曰く「やっぱりシャフト合ってないねー。 950だったら良かったのに。 私も「950試打して良かったら即買いだったのに。 」(誇張表現アリ)とやり返してやりました。 相変わらず性格悪い私。 ドライバーヘッドスピード42~43くらい、平均スコア100くらい。 典型的な月1アマチュアゴルファーの私でも、シャフトが合えばアリなアイアンだと思います。 何といっても、このZ785、所有欲がハンパない!.

次の