ディスク アップ ペラポン。 打ち方

パチスロディスクアップ 掲示板

ディスク アップ ペラポン

【ディスクアップ 】DUルーレット演出 リール上部パネルの消灯と共に「Stop it!」と言う派手なリール停止音が、「Stop it!Stop it!Stop it!」と第3リールまで続けばDUルーレットに発展します。 DUルーレットは上下の「2つの図柄」が揃えばチャンス、 「BまたはV」が揃えばボーナスというような演出です。 B・B揃い ボーナス確定!! V・V揃い BIG確定!! ルーレットが回転し始めて、例えば 「上=1つ目にB」・「下=4つ目にB」だったらB・B揃いでボーナス確定となるので、最後までルーレットを見なくても1枚掛けでボーナスを狙って大丈夫です。 ルーレットが逆回転であっても、この法則は当てはまります。 ちなみにルーレットを最後まで見なくても、「B・B」や「V・V」といったボーナス確定が先にわかるパターンもあります。 「時間短縮&次G無駄に3枚掛け」でメダルと時間をロスすることがないように、こちらの法則は覚えておきましょう。 レバーON時のDUルーレット DUルーレットの発生タイミングは第3停止時だけでなく、レバーON時にルーレットが始まるパターンもあります。 対応役を否定すればボーナス確定となり、対応役(9枚役・スイカ・チェリー)が揃った場合でも、ボーナス重複に期待できます。 小役だった場合には、出目だったり揃った次Gの演出にも注目してみましょう。 【ディスクアップ 】ラジカセ演出 こちらはレバーONにてラジカセが出てくる演出です。 ラジカセの 曲が流れたら「小役orハズレorボーナス」で、第3停止で演出発展しなければ「小役orボーナス」となります。 そして、ラジカセの 停止ボタンを押したら「ハズレorボーナス」となっています。 ラジカセ演出にはチャンスアップパターンも豊富にありますので、下記の法則を覚えておきましょう。 下記の表にある小役が揃わなければボーナスという、対応役矛盾が生じた時にボーナスとなるので、対応役はざっと目を通して覚えておきましょう。 通常スタート音 低音BGM変化 変化タイミング 対応役 第1停止 リプレイ・9枚役・スイカ・チェリー 第2停止 リプレイ・9枚役・スイカ・チェリー 第3停止 リプレイ・9枚役・スイカ 高音BGM変化 変化タイミング 対応役 第1停止 スイカ・チェリー 第2停止 スイカ・チェリー 第3停止 ボーナス確定 高音スタート音 低音BGM変化 変化タイミング 対応役 第1停止 9枚役・スイカ・チェリー 第2停止 9枚役・スイカ 第3停止 スイカ 高音BGM変化 変化タイミング 対応役 第1停止 スイカ 第2停止 スイカ 第3停止 ボーナス確定 第3停止までBGM変化無し(次G演出発展) 対応役 スイカorチェリー 【DUルーレット・ラジカセ演出】まとめ 今回はディスクアップでは期待度もそこそこ且つ頻度の高い、DUルーレットとラジカセ演出の法則についてお伝えしていきました。 やっぱりディスクアップは演出の法則が多くて奥が深いと思いますし、覚えれば覚えるほど楽しく打てるようになってきます。 そして演出法則を覚えれば、ボーナス察知が早くなり1枚掛けでボーナスを揃えることもできますので、フル攻略を目指すべき機械割にも多少なりとも影響してきます。 ディスクアップを完全攻略するためにも、是非覚えておいてください。 ディスクアップにはスロマガの設定推測ツールが最適 ディスクアップのように 設定判別項目が複数多くある機種は、スロマガの設定推測ツールがめちゃくちゃ使えます。 感覚的に設定推測するよりも、何%ぐらいで高設定なのかを明確に出してくれるので、次の台に移動するかどうかの瞬時な判断が可能になります。 朝イチやイベント時などは時間との勝負ですので、 素早い推測というのは勝率に大きく影響してきます。 設定差がある項目を入力すれば 期待設定までも教えてくれるので、その機種の機械割と照らし合わせれば『期待収支・期待値』も明確に分かります。 ディスクアップは意外と設定が分かりやすい機種なので、 2000Gもあれば高・低ぐらいの設定判別は大抵可能でしょう。 私の場合、上記画像のように設定2以上の可能性大という状況も何度も経験していて、 ディスクアップでも設定1を回避してプラス収支をあげています。 ですので、最初から「どうせ設定1だろ」とあきらめずに判別はしていった方がいいと思います。 月額500円(税抜)ですが、 1ヵ月たったのメダル28枚で素早い設定判別 ができる、その後の勝率が例え僅かでも上がるのであれば、すぐに取り返せる安い投資額だと思います。 しかもスロマガのサイトを利用しなくなったら、いつでも退会できますのでご安心下さい。 まだ使ったことなければ、あなたも一度試しに使ってみて下さい。 YouTubeにてパチスロ実践動画も配信中 自称プロの「MG」がガチ実践するYouTube動画も2019年5月より配信開始しました。 初期の頃はまだグダグダな実践ですが、日に日に成長していく姿を見て下さい。 (真面目に見えて、結構ふざけてます) ディスクアップ好きな方なら、間違いなく楽しめるはずです。 【ディスクアップ】ガチで設定狙いしたら勝てるのか?(パチスロ実践動画).

次の

第4回ディスクアップ実践 ペラポン連続外れの巻

ディスク アップ ペラポン

スベリ音演出【ペラポン】 対応役:3択9枚役・パンク1枚役・チェリーを除く全ての役 はずれも含む ディスクアップ遊戯において、レバーオン時に鳴る可能性のある演出のひとつ。 本演出が発生した際には、各ボタン押し時にそのリールが停止までにすべったコマ数を音で告知をしてくれる。 ビタ止まり…チュン! 1コマスベリ…ダン! 2コマスベリ…ダダン! 3コマスベリ…ダダダン! 4コマスベリ…ダダダダン! まず始めに僕自身スベリ音演出が発生した時に… ペラポンと聞こえたことは一度もありません。 しかし、それでも 「じゃあなんでペラポンで納得してるんだよ!」 と、聞かれた場合もしっかりと答えられます。 それは サミー公式がその聞こえ方を認めているから です。 とは言え、サミーが直接スベリ音演出のことをペラポンと表記している場面はないかと思います。 それならなぜ公式が認めていると言えるのか? その答えはにあります。 ・サミー公式ディスクアップページに載っている ・解説動画内にスベリ音演出時にペラポンと表記がある さすがにサミー公式ページに載せる動画を、サミー公式がチェックしていないはずもないでしょう。 いかがでしょうか? ペラポンはどこからともなく言われ始めたことというわけではなく、リリース当初からペラポンとして世に出ていたということです。 いままでスベリ音演出をペラポンと呼ぶことに違和感や抵抗があった方も、これで納得した上でペラポンと言えるのではないでしょうか? または、それを知った上でなお、ペラポンとは言わずスベリ音演出と言うのももちろんいいと思います。 ちなみに僕はスベリ音演出を初めて聞いた時は 「デレッデ…」 と聞こえてました。 他の方が言っていたものでは ・ペレラポン ・パラポンポン など、ひとによって聞こえ方はそれぞれですね。 ということで、聞こえ方というものは千差万別。 必要とされるのは統一されたひとつのシンボル。 であれば 公式が認めている聞こえ方のひとつであろうペラポンをスベリ音演出の代表として使うことは間違いではないのではないでしょうか。 ちなみにペラポン時の各スベリコマ数対応リール停止音だって、聞こえ方は人それぞれなので恐る恐る表記をしました。 ついでに言いますと、僕はビッグ中のビタ成功時の音を 「じゅわん」と聞こえたことも一度もありません。 個人的には 「ジョン!」です。 「ジョン!」。 ジャグラーの告知音 人の頭を一斗缶で叩く音を再現した音 とかも 「ガコッ!」って表記されたりしますが、個人的には 「ガィン!」です。 音が関係なくなってしまいますが、ジャグラーのGOGOランプが光ることを擬音化している「ペカッ」だって、本来「ピカッ」が正当でしょう。 ペラポンでもペレラポンでもパラポンポンでもなんでもいいんです。 皆がわかる代表的な呼び方にさえなっているならば! ペラポンの呼び方に関して疑問に思っていた方のひとつの解になれば幸いです。

次の

ディスクアップでスベリ音予告(ペラポン)発生時にどう打つと楽しいかを考える

ディスク アップ ペラポン

通常時 まずは通常時の演出期待度・信頼度です。 これはあくまでネットと経験から情報収集したものですので、完璧な数値ではありません。 その点はご了承ください。 ペラポン ディスクアップで調べると結構目にする「ペラポン」ですが、たぶん打ち始めたばかりの方は何を指してペラポンと言っているのか分からないと思います。 何故か?全くペラポンとは聞こえないからです。 ただし、「レバーオンでたまに鳴るいつもとは違う音」と聞けば、何となく想像がつくのではないでしょうか? 高音で少し長めに鳴ります かなり目立つ音で鳴りますし、他のレバーオン時の音変化は、出現頻度バリ高の消灯あるかもよ予告音と出現頻度激低のダブルスタート音くらいです。 しかもダブルスタート音はかなり聞き取り難いので、聞き分けることは容易です。 ペラポンはリールのストップ音も変化する予告ですね。 前置きが長くなりましたが、このペラポン。 信頼度は3割弱とやや強演出となっています。 対応役はチェリー、パンク1枚役以外の全役です。 全役ってことは? ハズレもあるんですね~。 はじめは知らずに当たったと思っていました。 お恥ずかしい。 印象としてはスイカが多く、スイカならほぼ種なし、9枚役ならワンチャンあるかも?リプレイなら結構当たるなって感じですね。 スタート音の遅れ こちらは色んな機種で良くある予告ですね。 ディスクアップの遅れはかなり分かり易い部類だと思います。 レバーオンいきなりルーレット 通常パターンは第3消灯を伴って発展しますが、たまにレバーオンでいきなりルーレットがスタートします。 初めて見た時は「激アツなんじゃない!?」と思いましたが、余裕でハズれます。 期待度は2割弱といったところでしょうか。 ダブルスタート音 通常時の確定系以外の予告では最強の予告です。 ただ、最強のくせに聞き取り難く、出現頻度も1日打ったら1回出るかな?程度ですので、意識する必要はないかと思います。 消灯を伴うラジカセ演出 ディスクアップのメイン演出である「消灯」と「ラジカセ」は単体だとほぼ期待できません。 が、 複合すると割と熱い演出になります。 信頼度的にはどうですかね? 5割もあれば良い方かと思います。 第1消灯チェリーや第2消灯スイカも出てくるので、消灯が最後まで続くことを祈りましょう。 ART中 ディスクアップで1番のレバーの叩き所は何と言ってもART中です。 通常時に引くと舌打ちしたくなるREGでもDTを上乗せしますし、同色BIGはノンストレスで上乗せ出来ます。 ボーナス連打をかまさないと大量獲得も難しくなりますので、気合いの入り方も変わってきますよね。 そこで演出を知っておくと興奮必至です。 スクラッチ演出 あまり派手な演出がないディスクアップの中で一際目立つ演出です。 「こすれっ!」ってやつですね。 周りも注目しますし、テンションの上がる瞬間です。 こちらの演出は台上のランプの色で信頼度が激変します。 白はチェリーやスイカだと諦めますが、9枚役とリプレイだとかなり熱いように思います。 赤だとチェリーやスイカでも種ありの方が多いですね。 キャラリンフラッシュ キャラリンフラッシュはスクラッチ演出と打って変わってヒッソリとした演出です。 リールの上にあるキャラクターが描かれているところ 消灯演出で消灯する場所 に影が走ります。 違和感があるのでまず気がつくと思いますが、この演出が発生するとチェリーかスイカが揃います。 ですので、チェリーとスイカを否定すれば矛盾当たりとなります。 私はバー狙いで消化していますので、バーが上段に止まった時が1番興奮します。 スイカは中段に揃わないので バシュン+キャラリンフラッシュ 台横が白くフラッシュして転落1枚役を示唆してくれる通称バシュン演出ですが、単体ではほぼ期待できません。 ほんとたま~に当たるくらいです。 が、 キャラリンフラッシュを伴えば、割と当たってくれます。 成立役示唆はチェリーで、チェリーが出れば一殺、チェリーが出なければ一確です。 スイカ第3消灯発展なし ディスクアップは通常時とART中で演出法則が変わります。 ART中はルーレットに発展した時点で当たり確定ですので、それが関係してるかもしれませんね。 最後に いかがでしたか? リーチ目マシンのディスクアップですが、演出は豊富です。 覚えておくと楽しさ倍増です。 最後に軽く私が興奮した画像をご紹介して終わりたいと思います。 ナビハズレの確定演出ですね。 おそらく重複した時にしか出てこないものだと思います。 たぶんその図柄のBIG確定 私はスクラッチ赤でリプレイ揃いした次ゲーム、スクラッチ白でスイカ揃いした次ゲームに出てきました。 有名なチェリー重複二確目です。 私は目押しがあまり得意ではないので記念に撮りました。 スイカはバー上段時は中段に揃わないのですが、バーBIGと重複した時に限り左リール下段枠下に赤七を押すと出現します。 これはART中のスクラッチ白で狙った時のものです。 白なので全く期待していませんでしたが、それだけにかなり嬉しかったです。 BIG11回、REG1回が怒濤の連チャンをかまして獲得したリザルトです。

次の