肉 豆腐 しらたき。 作りやすく野菜もうまい!肉豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

【電気圧力鍋】しらたきと豆腐にだし汁が染み込む!「肉豆腐」を作ってみた

肉 豆腐 しらたき

日本こんにゃく協会発表 「しらたき(糸こんにゃく)がすき焼きの肉を硬くする」は誤解だった !!!! どんな人でも1度は聞いたことがある「すき焼きのとき肉が硬くなるから、こんにゃくを近くに入れないように」という あの話は嘘だったということです。 衝撃的なはなしですよね。 私も2年前くらいから「すき焼き王になる」なんて口外していますが、その嘘を信じていました。 いわゆる神話として信じられていたわけですね。 日本こんにゃく協会が発表した内容 ———- <引用> 「しらたきが肉を硬くする」という誤解は、「しらたき」が水酸化カルシウム 等の凝固剤で 固められたこんにゃく製品であることから、こんにゃくに含まれ るカルシウムのアルカリ性が肉を硬くすると考えられたためです。 ———- 「こんにゃくに含まれるカルシウムのアルカリ性のせいで肉が硬くなる!」という誤解だった、というのです。 ———- !!!!!! 衝撃的すぎる内容ですね! この誤解の原因となっていたこんにゃくの「カルシウム成分」はじつは焼き豆腐のほうが2倍近く含まれている、と。 であれば、「焼き豆腐の近くに肉を置くと硬くなる」ということになります。 エンザイ!えんざい!冤罪すぎる!! あとは、しらたきがあんなにふにゃふにゃなのに、肉を硬くするなんて!というはなしとしての面白さみたいなものもあったんだと思います。 間違いなく。 すき焼きも、もちろんそうだし。 で、すき焼き以外に牛肉としらたきを使った料理で僕がよく作るオススメのレシピの中から1つだけ紹介します。 と言っても、牛丼なんだけど。 「なんだ牛丼かよ」と思った方、すいません。 ただの牛丼です。 冷まして温める、と肉に味がより一段と染み込みます! ちなみに僕は、ご飯と牛煮込みを別々の弁当箱にいれるセパレートタイプです。 (写真がなくてすいません。。 ) まとめ しらたきは、牛肉を硬く固く「 しない」!!•

次の

これは使える!豆腐としらたきで作る料理、レシピ25選

肉 豆腐 しらたき

一方 「 」とは、豆腐と、牛肉や の または 、ねぎ、玉ねぎ、白菜などの野菜、しらたきなど、 「すき焼き」と類似した具材を醤油、砂糖、酒などの調味料や割下で調味して煮込んだ料理です。 豆腐がメインになっていることと、調理済みの料理を に盛り付けて提供される「 料理」であることが、 「すき焼き」との大きな違いといえます。 調理中に を落とし一緒に煮込み、半熟玉子として添えられた 「肉豆腐」もありますが、溶いた生卵につけて食べることは多くありません。 調理済みの料理を器に盛り付けて提供される場合でも、肉がメインになっているものや、溶いた生卵につけて食べるものは、「すき焼き風」と呼ぶことや、 「すき焼き」に分類されることもあります。 「すき焼き」…牛肉、野菜などの具材を鉄鍋で焼き、生卵につけて食べる鍋料理 「肉豆腐」…豆腐、牛肉、野菜などの具材を煮込んだ煮物料理 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 133• 131• 100• 438.

次の

【取材】「しらたきですき焼きの肉が硬くなる」は誤解!なぜ風評が広がったのか?

肉 豆腐 しらたき

肉豆腐の下ごしらえ この肉豆腐は 26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。 はじめに木綿豆腐は 1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます。 水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。 置く時間は10分ほどでOKです。 玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。 椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。 Aの調味料(醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100ml)を合わせて箸で混ぜて軽く溶かし、フライパンを火にかける前に、切った玉ねぎを入れておきます。 フライパンを中火にかけて沸くのを待ち、煮汁が沸いたら 玉ねぎを端に寄せて牛肉を入れるスペースを作ります。 煮汁が出た空いたスペースに、牛肉を入れて箸でほぐしながら全体的に色が変わるまで火を通します。 火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します。 牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。 豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。 きのこを上にのせて少し煮るとしんなりしてくるので、 きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。 きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。 蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます。 10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってきます。 きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、 先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます。 これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

次の