ローズ マリー 寄せ 植え。 ローズマリーと相性のいいハーブの寄せ植えを作るときのポイント

【ローズマリー】育て方、効果・効能など|ハーブのホームページ

ローズ マリー 寄せ 植え

ラベンダーは寄せ植えにしない ラベンダーは大きな木になるものだし、根は弱く、いじれない。 蒸れに非常に弱い。 高温も弱い種類が多い。 管理が難しい植物で、寄せ植えに向いていないんですよね。 ラベンダーは寄せ植えに向いてないです。 ラベンダーを鉢植えで育てるだけでも枯らすことが多いのに複数の植物を一緒にした寄せ植えで長く楽しむのは無理。 割り切る 寄せ植えに大事なことは割り切ることです。 本来、植生の全く違う植物を一緒に植えてもうまくいかないし、植生が近いものを植えても、共生し続けることも難しいです。 繁殖力の強く植物に弱い植物が駆逐されて、最後は大抵、だけになります。 だから、 一時期、寄せ植えを楽しんだから廃棄する、そういうものと割り切るのも手です。 例えばは夏の暑さにも冬の寒さ(耐寒温度0度)にも弱いのですから、どこかで枯れるものです(寄せ植えじゃなくて単体の鉢でも枯れる)。 よく冬場にレースラベンダーが(耐寒温度マイナス5度)やと寄せ植えになってるんですよ。 ガーデン ・ビオラパンジーを植えているのですから戸外で管理しますよね。 でも戸外で0度になればレースラベンダーだけが枯れてしまいます。 でも、「そういうもの」だと割り切れば、まぁ、ギフトとしても庭のインテリアとしても悪くないのです。 寄せ植えは短期間で楽しんで、枯れてしまったら廃棄する…それでいいのだ!と割り切れない人もいるでしょうから解決策を提案しておきます。 ラベンダーを鉢ごと植える の違う植物を植えたり、根が広がりすぎる植物を制限するときに使う手法です。 鉢植えごと大きな鉢に植えてしまいます。 これならラベンダーの水はけを確保し、根を守ることができる。 寄せ植えで一緒に植えた他の植物が枯れたら、ラベンダーの鉢を取り出して別途管理すればいいです。 ただ、 実際にこれをやっている人を見たことないです。 鉢・プランターの中に仕切りを作る 鉢やプランターの中に板を入れて仕切りをして、その中にい複数の植物を植える。 ラベンダーにはラベンダー用の水はけの良い土を使う。 ただ、これも 実際にやっている人を見たことないです。 大体、仕切った一部を植え替えることになったとき、非常に面倒なことになる。

次の

鉢植えも地植えも楽しめる!ローズマリーの基本的な育て方

ローズ マリー 寄せ 植え

栽培環境・日当たり・置き場 日本の気候でよく育ち、霜にも比較的耐えますが、寒冷地では防寒が必要です。 日当たりと水はけのよい土壌を好み、真夏の日ざしや乾燥には強いのですが、低温期に水はけの悪い土壌では根腐れを起こしやすくなります。 日当たりがよくない場所では、花つきが悪くなります。 若い苗は高温多湿にも弱いので、注意が必要です。 水やり 鉢植えは、土の表面が乾いてから2~3日後にたっぷり与えます。 葉が堅くてしおれにくく、水切れに気づきにくいため、鉢の水切れには注意しましょう。 冬期は乾かし気味に管理します。 庭植えでは、根を深く張っていれば、水やりはほとんど必要ありません。 肥料 植えつけ時には、土に腐葉土や堆肥と元肥を施しておきます。 やせた土地に自生するハーブなので、その後はほとんど不要です。 花つきをよくしたい場合や耐寒性を高めるには、秋にリン酸とカリ分が多めの化成肥料か草木灰を追肥するとよいでしょう。 病気と害虫 病気:うどんこ病 新芽にうどんこ病が発生することがあります。 害虫:カイガラムシ、カミキリムシ、アブラムシ 庭植えは、カイガラムシや、幹の根元に入るカミキリムシの幼虫に注意します。 鉢植えにはアブラムシがつくことがあります。 通気性を上げるだけでなく、酸性土壌を嫌うローズマリーには用土の酸度調整(アルカリ化)にも役立ちます。 植えつけ、 植え替え 植えつけ:ポット苗は真夏や真冬の過ごしにくい時期を避けて植えつけましょう。 植え場所に腐葉土などをよく混ぜて水はけをよくし、根が深く張れるようにしておきます。 日当たりのよい斜面に植えたり高植えにしたりするとよく生育し、花つきもよくなります。 植え替え:木本なので生育が旺盛で、鉢植えでは、すぐに根が鉢いっぱいになりがちです。 1~2年を目安に根が詰まってきたら植え替えます。 年数を経た株は根の本数が比較的少ないため、根を切らないように注意しながら一回り大きい鉢に植え替えます。 3月から5月か10月から11月が適期です。 植え替えたばかりの鉢は半日陰で管理し、徐々に日なたに慣らしましょう。 庭植えの場合は、古株になると樹形が乱れやすく、移植も難しいので、4~5年を目安にさし木やとり木によって株を更新すると安心です。 ふやし方 受粉してできたタネには親株の形質(花色、葉の形・色、枝ぶりなど)がそのまま受け継がれるわけではありません。 親株と同じものをふやすには、タネまきよりさし木やとり木が適しています。 さし木:春や秋に、虫や病気がない健康な枝を10~15cmほど切り取り、下半分ほどの葉を取り除きます。 1時間ほど水あげをしてから、水を含ませた市販のタネまき用土など清潔な土にさし、ぐらつかないようにまわりの土を軽く押さえます。 土が乾燥しないように半日陰で管理すると、1か月ほどで発根してきます。 その後、徐々に日光に慣らします。 寒冷地では春、暑さが厳しい地域では秋がよいでしょう。 とり木:ローズマリーでは、枝垂れた枝をU字形に曲げた針金などで地面に固定し、枝の途中を地中に埋める「伏せ木法」が容易です。 若く曲げやすい枝で行い、十分に発根したあと(およそ2~3か月後)に親株から切り離します。 さし木より失敗が少ないので、初心者にもおすすめです。 主な作業 剪定:枝が伸びると枝垂れて樹形が乱れがちになるため、剪定が必要です。 大きくしたくない場合も、春から秋の生育期間中に収穫を兼ねてこまめに剪定します。 伸びすぎた枝を切ったり、混み合う枝をすかしたり、枯れ枝や下向きの枝、細く弱々しい枝などを切ります。 強剪定する場合は、梅雨前に刈り込むことができますが、必ず葉がついた部分が残るように剪定します。 木質化した枝だけになると、葉が出ずにそのまま枯れるおそれがあるので注意します。 収穫:春から秋にかけては、剪定を兼ねて適宜収穫できます。 生育が鈍る冬期は控えめな収穫ならば可能です。 低温で空気が乾燥する冬は、乾かしても葉の色がよく残るので、リースなどのクラフト用の収穫に適しています。 特徴 ローズマリーは、葉に爽快で力強い香りのある常緑低木で、古くから人々の暮らしに利用されてきました。 料理や香料に使われるばかりでなく、古代ギリシャ時代から記憶や思い出の象徴とされ、学生がこの枝葉でつくった花冠をかぶって学んだと伝えられます。

次の

ハーブの寄せ植え|相性の良い・悪い組み合わせは?

ローズ マリー 寄せ 植え

北海道のマンションのベランダで、 マーガレットの鉢植えと ローズマリーとタイムを一つの鉢に植えたものを育てています。 それぞれ 綺麗な花を咲かせて、毎日癒してくれますので、 できれば冬越しさせたいと思っているのですが、今年、マーガレットの鉢植えを買った時に お店の方からは「暖かい部屋で越冬させるのはダメだし、外で根が凍らないように出来るのなら冬越しも可能かもしれないが、安価な物だし秋まで花を楽しんだらそれで終わりにした方がいいかも」と言われました。 マーガレットについては、やはりそのようにした方がいいのでしょうか? ローズマリーは昨年から育てていて、冬は部屋に入れていました。 春には外に出して、6月ごろにタイムの苗を買って一緒に植えました。 知り合いの方は「冬もベランダに出しっぱなしだけど、春には元気になるよ」と言っていて、 それでも大丈夫なのかも知りたいです。 我が家のベランダは、鉢が埋もれるほどの雪は積もりません。 詳しい方がいらっしゃいましたら、良い方法を詳しく教えて頂けないでしょうか。 自分なりに色々と調べてみたのですが、調べ方が悪いのか聞きたい事の答えに辿り着く事が出来ませんでした。 どうぞよろしくお願い致します。 それとも、軒があるため、吹き込んでは来ない、ということでしょうか。 ローズマリーもタイムも、もっともっと北の極寒の国でさえ 庭に植えっぱなしになったまま冬を越えます。 耐寒性なら非常に強いと言えるのですが、それは雪に守られるから。 もし、豪雪地帯であるにもかかわらず、ベランダだけ雪がないなら、 雪を持ってきてでもかけておくと安心です。 うちも標高1,500mの、北海道のような気候の北関東に家がありますが 降雪が極端に少なかった年はいろいろな植物が傷みました。 そもそも雪が少ない土地、ということなら、そのままで大丈夫 (風や乾燥だけ、あんまりひどかったら、株元を腐葉土かなんかで覆ってください)。 ベランダで無事に春を迎えることができると思います。 水やりも、ほとんどしなくて大丈夫ですよ。 あ、タイムは、秋のうちに地上部のほとんどを収穫してしまって良いですよ。 春がくればすぐに元通りになるので。 マーガレットは、外ではまずだめですね。 お家の中にこんな場所があったら、そこで越冬を試みてください。 適当と思える場所で、水やりを控え目にして管理なさってくださいね。 ところで。 タイム、順調ですか?わんさか増えています? 私も、ローズマリーとタイムの混植が気になります。 ローズマリーには、根が近い植物の生育を弱める作用があります。 ローズマリー自体も、根が張らないと大きくならないですし (タイムの根は、なんというか、どえらいです・・・) 混植していては4年目5年目を元気に迎えられるか謎です。 何か思い当たるふしがあったら、今年の夏の終わりに別々にしてあげてくださいね。 双方の好む環境もそこそこに違うので、別になっているほうが管理も楽かと思いますよ。 植物の育て方に迷う時は 自分の住んでいる土地よりも過酷な土地を参考にすると良いです。 例えば、ロシアの冬を越えるものは北海道なんて大丈夫!って思えるでしょう? 環境が違うと隣家とさえ同じように育たないケースもありますが 「だいたい」のことはつかめると思います。 来年も元気に枝葉を伸ばしてくれますように。 ご回答ありがとうございました。 おっしゃる通り、ベランダは小さな軒もあり、吹きっさらしのような場所なので雪が積もらないのです。 タイムがグングン伸びて、ローズマリーが思ったよりも成長しませんでした。 一緒に植えた事が良くなかったんですね。 こちらもまだ30度近い気温が続いているので、もう少し涼しくなったら別々に分けようと思います。 秋になったら、短く切って、株元を腐葉土で覆うといいのですね! 冬のマーガレットに適した場所が… 室温が難しいですね。 諦めようかと思いましたが、ダメ元で室内で越冬させてみようかな 笑 親切にお答え頂き、ありがとうございました。 知りたい事を知る事が出来ましたし、アドバイスも参考になりました。 本当に助かりました。 家は狭くて、苗などを室内に入れて冬越しさせるのは無理なので野外で冬を越せるものを花壇に植えたいと思っています。 この寒さでも野外でも冬越しできる花にどんなものがありますか? 今まで植えて越せたのはなでしこ、ビオラ、パンジー、カスミソウ、ルピナスですが、これ以外のものでありましたら教えてください。 また寒冷地でのガーデニングについての情報が載っているサイトもしくは本があれば教えてください。 大概の本やカタログはもっと温暖な気候を基準にして書いてあるので、耐寒性強と書いてあってもここでは無理だったりしてあまり参考になりません。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こちらは北海道の札幌です。 雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。 うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ・芝桜・ジャ-マンアイリス・ジギタリス・しらねあおい・ストケシア・あ・から・わ・の忘れな草までまだまだたくさんありすぎて書ききれません。 お花の参考書では北海道新聞社から出ている、荒井道夫さんの書かれた「北海道の花づくり問答」「北海道四季の園芸なんでも相談」をお勧めします。 とても具体的に書かれているので、細かいところで迷わなくてすみます。 本州のカタログに載っている耐寒性強は、ひとつの目安になると思いますが、北海道の場合は寒冷地ではなく、厳寒地だそうでガッカリしました。 後は育ててみるしかないんですよね。 その年の冬の様子でダメになったりうまくいったり、それもまた楽しいから続けているのかもしれませんが・・・。 こちらは北海道の札幌です。 雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。 うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ... A ベストアンサー <下の方が木質化? これは、マーガレットの性質です。 葉も花もシュンギクに似ていて、株が古くなると下のほうが木化することから、和名を「モクシュンギク」といいます。 ホームセンタや花やさんにで売られれている苗のうち春先早くにでる苗は、前年9月に挿し木したもので、5月以降にでているものは、春先に挿し木したものです。 2年目以降は、株が大きくなると木化しやすいです。 <大きいわりには挿し木した苗よりも葉の色が濃く、勢いがありません。 原因は根詰まりか、嫌地がでているということでしょう。 」 春先に植えてから、肥料をたくさんあげてたくさん花をつけさせていると、今頃は、根が鉢の中でいっぱいになって、いわゆる根詰まりという症状がおきます。 根詰まりすると、花付きが悪くなって、葉の数も減ります。 対処方法は、植え替えです。 植え替えは9月の刈り込み時又は花の盛期が過ぎた5~6月ごろに行います。 古土を少しふるい落とし、一回り大きな鉢に植え替えます。 排水のよい用土を用います。 嫌地(同じ場所に育ち続けると自家中毒して生育が衰えたり枯れたりすること)も出やすいので、ポットで何年も育てたり、花壇の同じ場所に毎年続けて植えつけないようにします。 コンテナ、ポット、鉢でしたら、毎年土の入れ替えをおすすめします。 置き場所は、日当たりがよく、冬は霜があたらない温暖な所が良いです。 ただし、夏場高温にさらされると花が咲きづらくなったり変形したりします。 <来年綺麗に咲かせるには何か注意することはありますでしょうか? 霜にあてないで、水を少なめに暖かいところで、育ててください。 とはいえ、かなり水が必要な植物です。 <濃いピンクを選んで購入したのですが、後半は花の色が白くなってしまいました。 肥料を与えるときに、窒素分が多い肥料を与えていると葉ばかりになったり、花の色付きが悪くなります。 カリ分の多い肥料を与えてください。 web. infoseek. html <下の方が木質化? これは、マーガレットの性質です。 葉も花もシュンギクに似ていて、株が古くなると下のほうが木化することから、和名を「モクシュンギク」といいます。 ホームセンタや花やさんにで売られれている苗のうち春先早くにでる苗は、前年9月に挿し木したもので、5月以降にでているものは、春先に挿し木したものです。 2年目以降は、株が大きくなると木化しやすいです。 <大きいわりには挿し木した苗よりも葉の色が濃く、勢いがありません。 原因は根詰まりか、嫌地がでているということ... A ベストアンサー こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。 加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。 ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。 乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。 元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。 多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。 まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。 安価で100円ぐらいで売られています。 ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。 霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。 多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。 ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。 こちらも冬は室内に取り込んでください。 暖地なら戸外越冬可能です。 ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。 乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。 蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。 冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。 ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。 他の植物を侵食します。 また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。 成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。 蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。 刈り取った物はティーやバスに使えます。 ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。 yonemura. こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。 gunma-u. 2年に1度は植え替えが必要です。 また花も咲きます。 我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。 htm 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。 そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。 乾燥には相当強いです。 yasashi. 暖地なら越冬します。 yasashi. htm これらの花達は今は終りですので、売られていません。 またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。 中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。 それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。 また夏にある程度楽をしたいなら 1 西日には当てない 2 下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ などの対策が必要です。 特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。 こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。 加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。 ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。 乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。 元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。 多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。 まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら... A ベストアンサー 基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。 植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。 大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。 一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。 ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。 植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。 いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。 鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。 カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか? ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。 はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。 ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか? 基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。 植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。 大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。 一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。 ただ、根にはさみをいれるということは、植... A ベストアンサー こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。 とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。 日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。 花も咲きますが大きな花ではありません。 でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。 yasashi. 冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。 春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。 こちらも丈夫です。 yasashi. 暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。 yasashi. 様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。 チェリーセージは比較的コンパクトです。 丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。 グランドカバーといって芝生のような役割をします。 マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。 よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。 yasashi. 真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。 ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。 丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。 株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。 小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。 yasashi. 名前の通りつる性です。 yasashi. htm 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。 どれも育てやすいです。 こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。 とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。 A ベストアンサー トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。 元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。 トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。 ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。 今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。 また、カルシウム分が不足すると、 尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。 ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。 枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。 カビがでやすいので、取り除くといいですね。 A ベストアンサー こんにちは。 スィートアリッサムを育てていますので良かったら参考にして下さい。 アリッサムは本来宿根草(1年で枯れない植物)ですので、5月下旬か6月の中旬ぐらいで、花がそろそろ終わってきたかな?と思われる頃に切り戻しを行います。 この時割とガッチリすると良いです。 具体的には地上部から10cmぐらいです。 垂れ下がるように咲いていますので多分思い切りよくいく事になると思います。 夏は比較的涼しい所で管理すると新芽が伸びてきて秋にはまた花を咲かせてくれます。 具体的には出来るだけ西日には当てないように、またベランダでしたらコンクリートの照り返しがキツイので下から煮える事があります。 スノコやレンガを離して置いた上に鉢をおくなどして下からの熱をできるだけ避けるようにして下さい。 できたら午後からは日陰になって風通しが良い所なら最適です。 夏の間は肥料もやらずに水だけは乾いたらしっかりやって下さい。 ただし中の水が煮えるので朝早くか夕方涼しくなってから水やりを行って下さい。 秋(10月頃)から肥料を規定量与えます。 webry. こんにちは。 スィートアリッサムを育てていますので良かったら参考にして下さい。 アリッサムは本来宿根草(1年で枯れない植物)ですので、5月下旬か6月の中旬ぐらいで、花がそろそろ終わってきたかな?と思われる頃に切り戻しを行います。 この時割とガッチリすると良いです。 具体的には地上部から10cmぐらいです。 垂れ下がるように咲いていますので多分思い切りよくいく事になると思います。 夏は比較的涼しい所で管理すると新芽が伸びてきて秋にはまた花を咲かせてくれます。 具体的には出来るだけ西... Q 土作りの基本だと思うのですが、石灰と堆肥はどのようなタイミングで 撒けばいいのでしょうか? 本によって、「石灰と堆肥を一緒に撒いてはいけない。 石灰成分が化学 反応を起こし、アンモニアとして飛翔してしまうからだ」とか、「石灰 と堆肥を一緒に撒いてもよい」とか両極端な説明をしています。 お聞きしたいのは 1 石灰と堆肥は一緒に撒いてもよいのか 2 一緒に撒いてはいけないとき、どちらを先に撒き、残りをいつごろ撒 けばよいのか 3 ついでに肥料はいつ撒けばよいのか 教えていただけないでしょうか。 野菜も花も同じ土作りになると勝手に思っているのですが、もし違いが あるのであれば、その点について教えていただければ幸いです。 よろしくお願いします。 ただし、石灰資材の選択が大切です。 水溶性の石灰資材である消石灰、生石灰は流亡が激しいために中和効果は持続しにくく「安物買いの銭失い」になるため、お勧めできません。 カキ殻、苦土石灰そして過リン酸石灰がお勧めです。 石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。 生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減るのかもしれませんが、市販されている好気的醗酵のあと嫌気的醗酵を経た牛糞堆肥や豚糞堆肥では考えられないことです。 「完熟」とか「2次発酵済み」堆肥とはこれ以上急激な分解はしないことを意味します。 当然のことですが完熟堆肥にもアンモニアは含まれています。 しかし鶏糞を主要な元肥とするならば、野菜、花同じく堆肥、石灰資材、鶏糞そして少量の化学肥料、化成肥料を同時に施肥してかまいません。 多肥栽培する作物には追肥として化学肥料、化成肥料を数回与えます。 追肥なしの野菜栽培では、トレンチ(溝)に堆肥、石灰資材、鶏糞そして若干の化学肥料を入れ土で蓋し、トレンチとトレンチの間に播種します。 なお、鶏糞は堆肥処理は完全にされておらず、乾かしたものを醗酵鶏糞とか称して販売されています。 試しに水を加え数日後に匂いをかいでみてください。 kahma. ただし、石灰資材の選択が大切です。 水溶性の石灰資材である消石灰、生石灰は流亡が激しいために中和効果は持続しにくく「安物買いの銭失い」になるため、お勧めできません。 カキ殻、苦土石灰そして過リン酸石灰がお勧めです。 石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。 生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減るのかもしれませんが、市販されて...

次の