小倉あん 読み方。 なぜ「小倉」あんこ?由来や他のあんことの違い

【おうちコメダ】コメダ特製小倉あんを買ってみた!【トーストに最適】

小倉あん 読み方

歴史 [ ] 餡にはやを用いる系統と、やなどを用いる系統 がある。 豆や芋を用いる餡もが普及するまでは、塩味 のいわゆる塩餡であった。 「餡」はもともと詰め物の意であり 、『』ではの中の肉餡を指すとしている。 日本へはの時代に中国から伝来したとされ 、中国菓子で用いられる肉餡がその原形となっていると考えられている。 を用いた小豆餡が開発されたのはであるとされる。 当初は塩餡であったが、になって甘い餡が用いられるようになった とも、が用いられるようになったのは中期からで高貴な身分に限られていた とも言われる。 豆餡は、豆を水に浸して吸水させてから煮て、皮を剥き、それを潰して作る。 、(現在の)出身の北川勇作が煮炊釜や豆の皮剥き機、豆皮分離器を発明。 同郷人の内藤幾太郎とともに、現在に至る製餡機を使った製餡産業の原点を築いた。 興津地区北部の承元寺町にあるには「製餡発祥の地」であることを記した石碑が建てられている。 「餡」はでは「カン」、では「アン」である。 『』()では「カン」との発音を示した上で俗に「アン」というとしている。 甘味の餡 [ ] 豆餡・芋餡・栗餡などに代表される甘味餡は、小豆などを甘く煮て作る具材である。 主に菓子類、特にで多く用いられる。 豆類では小豆、、、など含有量が多いもの が使われ、小豆を煮詰めた小豆餡 が代表的である。 芋餡には(特に芋や、安納芋)などを用いる。 そのほか、餡、餡、餡、黒餡・白胡麻餡、、餡、餡、餡、餡などがある。 餡と同様に菓子に包み込まれる具でも、、やなど類、やなど類、など、西洋風味も餡と呼称する場合がある。 餡の分類 [ ] 原材料による分類 [ ] うぐいす餡• 小豆餡 - を用いた餡。 まんじゅうなどに入れられる最も一般的な餡。 を多く含む。 赤餡 - 小豆餡の別名。 また、赤インゲン豆など赤い種類の雑豆を用いた餡。 - 白インゲン豆など白い種類の雑豆を用いた餡。 粒餡とこし餡があるが、後者が一般的で特に白練餡という。 まんじゅうの皮などにも使用される。 他の味付けや色を加えられ、などの下地にされることも多い。 - を用いた餡。 - の餡。 宮城県と山形県の郷土料理。 緑豆餡() 加工度による分類 [ ]• 使う時は水分を加えて戻す。 練りあん - 生あんや乾燥あんに砂糖を加えて練り上げた餡。 少量の塩が入れられる場合もある。 製造法による分類 [ ]• つぶあん(粒餡) - 小豆をなるべく皮を破らないよう裏ごし等をせず豆の形を残した餡。 柔らかく煮上げて渋を切り、その生餡に甘味を加えて練り上げる。 つぶしあん(つぶし餡) - 小豆を潰すものの豆の種皮は取り除かないもの。 こしあん(漉し餡) - 小豆を潰し布等で裏ごしして豆の種皮を取り除いたもの。 小倉あん - つぶし餡やこし餡に蜜で煮て漬けたを加えて加工したもの。 煮崩れしにくい大納言種の小豆の粒餡と粒の小さい普通小豆のこし餡を混ぜたものが本来の小倉餡であるが、近年では粒餡の事を小倉餡とする場合もある。 小倉餡の名前の由来は頃にが中国から持ち帰った小豆の種子を、現在の嵯峨近辺で栽培し、和三郎という菓子職人が砂糖を加え煮つめて餡を作り御所に献上したのが発祥とされる (異説として小豆の粒がの斑紋に似ることから、鹿と言えば、モミジと言えば紅葉で有名な 小倉山(京都)との連想からというものもある)。 その後、小豆の栽培地が丹波地方などに移り品種改良も進み、古来の小豆「小倉大納言」はでわずかに残るだけとなっていたが、近年、嵯峨小倉山の畑で栽培も行われるようになった。 境内に「小倉餡発祥之地」の碑がある。 煮くずしあん• 村雨 - こし餡に米粉を加えてそぼろ状に仕上げたもの。 皮むき餡(かわむきあん) 砂糖使用量による分類 [ ]• 並あん - 生あん100に対して、精白・上白糖60 - 75、0 - 5のもの。 中割りあん - 生あん100に対して、精白・上白糖80 - 90、水飴5 - 10のもの。 上割りあん - 生あん100に対して、精白・上白糖90 - 100、水飴10 - 20のもの。 加合あん [ ] 餡以外の材料を練りこんだものを 加合あんという。 一般的に白餡が用いられる。 黄身餡 - 餡にを加えて作られるもの。 胡麻餡 - 餡にを加えて作られるもの。 味噌餡 - 餡にを加えて作られるもの。 主に白味噌を加える。 柏餅などに使われる。 抹茶餡 - 餡にを加えて作られる。 柚子餡 - 餡にを加えて作られるもの。 桜餡 - 餡に桜の葉を刻んだものを加えて作られる。 餡を使う食品の例 [ ] あん団子• 大部分の• (・・等)• - 、、()、、等• の一部• (大判焼きなど別称多数)• 、、、あんこあめ• (の土産菓子)• (の土産菓子)• (汁状にして利用する)• - 、、• - 加糖していない物を使用。 点心の餡 [ ] 中国の点心にも餡を使う料理は多いが、その基本は甘くない生餡の生鹹餡である。 牛肉餡 - (牛肉)など• 滑鶏餡 - 包子(若鶏)など• 山東包餡 - 包子(山東風包子)など• 天津生肉包餡 - 包子(天津風包子)など• 鍋貼餡 -• 水餃餡 -• 灌湯餃餡 -• 鶏絲餡 - (広東風春巻)など• 焼売餡 - (広東風焼売)など• 小籠包餡 -• 雲呑餡 - など 脚注 [ ]• 73 1990年• 272 2001年• 小林彰夫・村田忠彦編『菓子の事典』朝倉書店 p. 198 2000年• 『日本経済新聞』夕刊2018年8月9日(くらしナビ面)「【食紀行】静岡市興津 あん菓子根付く/甘さ控えめ あん配よく」解説記事「」(2018年8月11日閲覧)。 62 1998年• 豆沙餡(とうさあん)とも別称される。 74 2008年• 63 1998年• 205 2000年• [ ]• 62-63 1998年• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 山一産業株式会社.

次の

【おうちコメダ】コメダ特製小倉あんを買ってみた!【トーストに最適】

小倉あん 読み方

【この差】のポイント! 〇京都の「小倉山」の近くで栽培したので、「小倉あん」と呼ばれるようになった! 「つぶあん」と「小倉あん」の「あんぱん」を調査! 今回、都内の20軒のパン屋さんに協力してもらい「小倉あん」と「つぶあん」の「あんぱん」を調査! 調査の結果、「つぶあん」の「あんぱん」も、「小倉あん」の「あんぱん」も、「つぶつぶが残ったあんこ」だった!! 「つぶあん」と「小倉あん」、食べてみると全然違う! そこで、今回は、「あんこ」を作り続けて79年の老舗あんこメーカー「茜丸本舗」の工場でつくり方を調査! 関西地方では、CMで有名な茜会長が、直々に案内してくれた! 最初に見せてもらうのは、「つぶあん」の製造工程。 まず、洗った小豆を、圧力釜にいれ、1時間ほど煮ていく。 その後、砂糖と水を入れた鍋に、煮上がった小豆を入れる。 さらに煮詰めること90分。 「つぶあん」の完成。 続いて、出来立ての「小倉あん」も見せてもらった。 見た感じには、違いがわからないが、食べてみると全然違うことがわかる。 豆の味がしっかり分かると言うか、ほくほくした感じもある。 実は、「つぶあん」と「小倉あん」には、明確な差があり、生まれた歴史を見ればはっきりわかるという。 ちなみに、先に生まれたのが「つぶあん」で、後に生まれたのが「小倉あん」とのこと。 「つぶあん・小倉あん 誕生物語」とは 今からおよそ1400年前の「飛鳥時代」。 当時、「肉」を食べられなかった僧侶たちが、「肉」の代わりに、煮た「小豆」を食べたのが、「つぶあん」のはじまり。 その頃の「つぶあん」は、「砂糖」が入っていなかったので、甘くはなく、ご飯の「おかず」として食べられていた。 その後、「平安時代」。 当時、京都で繁盛していた、天皇御用達の「お菓子屋さん」に、 和三郎という男がいた。 この和三郎が、当時、「おかず」だった「つぶあん」に「砂糖」を加え、お菓子としての「つぶあん」を最初につくった。 「空海」が持ち帰った小豆「大納言小豆」 この頃、「天皇」に「地域の名産品」を献上する習わしがあった。 和三郎は、天皇に献上するのにふさわしい、見た目も良く、味も美味しい「つぶあん」を作れないものかと困っていた。 その時、ある人物が、和三郎に差し出してくれたのが、「大きくて立派」な「唐」から持ち帰った小豆。 実は、この「小豆」を差し出してくれた人物こそ、和三郎の知り合いで、「真言宗」を開いた、「弘法大師」こと、空海であった。 空海が「唐」から持ち帰ったこの小豆は、「大きくて立派」なだけでなく、煮ても、皮が破れにくい、という特徴があった。 のちに、この小豆は、普通の小豆と違って、煮ても皮が破れないことから、「切腹」を連想させないということで、 「切腹」の習慣が無い、公家の「役職名」にちなんで、「大納言小豆」と名付けられた。 なぜ「小倉あん」と呼ばれるようになったのか? その後、和三郎は、この「大納言小豆」を、地元の山で栽培し、甘い「つぶあん」を作った。 そして、その「大納言小豆」を栽培したのが、京都の「小倉山」の近くだったことから、「小倉あん」と名付けられた。 その証拠に、現在も「小倉山」付近にある石碑には、「小倉あん発祥の地」の文字が。 その後、「小倉あん」は、天皇に献上されることとなる。 つまり、本来は、普通の小豆で作ったのが「つぶあん」、「小倉山」付近で栽培した「大納言小豆」で作ったのが「小倉あん」だった! 江戸時代になると「小倉あん」にも変化が! しかし、その後、「江戸時代」になると、「大納言小豆」の値段が高過ぎるということで、 普通の「小豆」で作った「こしあん」に、少しだけ「大納言小豆」の甘煮を混ぜたモノを「小倉あん」として売り出す和菓子屋さんが現れた。 そして現在も、その名残で、「普通のこしあん」に少し「大納言小豆」を混ぜた物を、「小倉あん」と呼んでいる。

次の

下田天城路(20個入り)|下田あんぱんと和風ロールの平井製菓

小倉あん 読み方

「コメダ特製小倉あん」とは 名古屋発祥の喫茶店チェーン「コメダ」では、メニューに小倉あんがよく使われています。 やをはじめ、小倉あんが入ったドリンク「」なんてのも。 そんなコメダで使われる小倉あんを家庭用に販売しているのが、カップ入りの「 コメダ特製小倉あん」。 コメダ珈琲の店頭だけでなく、最近はスーパーでもたまに見かけるようになりました。 「コメダ特製小倉あん」の値段は? 「コメダ特製小倉あん」は、コメダ店頭で買うと1個 440円 税込 です。 スーパーだと、10〜20円程度安く買える場合もありますよ。 「コメダ特製小倉あん」を買ってみた 今回はよく行くコメダで、食パンやお菓子と一緒に購入しました。 このあと紹介しますが、とセットで買うのがおすすめですよ〜。 パッケージはプラスチックカップの上に、紙のスリーブがかかっています。 「パンに塗っておいしい」とのこと。 パン用のあんこって、ありそうでなかったかも。 パン以外にも使えますよ〜ってことで、小豆小町の宣伝付き。 賞味期限は、 購入日から約7ヶ月後でした。 (開封後は冷蔵庫に入れてお早めに) この小倉あん、作っているのは「遠藤製餡」という製餡所。 ゼロカロリー水ようかんなどで有名な、比較的大きな会社です。 さすがのコメダも、あんこまで自社製造ではなかったか〜。 こちらが中身。 プラスチックのフタの下に、さらにビニールで封がされています。 すくってみると、市販の粒あんより少し柔らかめ。 パンに塗りやすい、ちょうど良い固さです。 「コメダ特製小倉あん」のお味は? 今回はコメダの厚切り山食パンをトーストして、バターと小倉あんを塗っていただくことに。 市販の袋入りの粒あんなんかは、手で丸められるくらい固いのでパンに塗るとモソモソしちゃうんですが、コメダの小倉あんは口の中の水分が持ってかれなくていいですね〜。 おうちで気軽にコメダ風小倉トーストを楽しめる小倉あん、パン派の方には特におすすめ! 次回は「小豆小町」もおうちで再現してみようと思います。 「小豆小町 桜」のアイスがお気に入り 「コメダ特製小倉あん」のカロリーは? 「コメダ特製小倉あん」のカロリーは 100gあたり 286kcal です。 1パック300g入りなので、全体で858kcal。 ちなみにコメダのモーニングCに添えられる量だと、 92kcalとのことです。 「コメダ特製小倉あん」を買えるお店は? 「コメダ特製小倉あん」を買えるお店は以下の通り。 コメダ珈琲の店頭• イオン・西友などの大手スーパー• 遠藤製餡のネット通販 ネット通販を調べてみたら、遠藤製餡のオンラインショップを見つけました。

次の