モンスト とは。 多肉植物について

【モンスト】運極とは?作り方について解説|ゲームエイト

モンスト とは

もう別キャラといっていいほどの魔改造が施されました。 進化は「地雷」対応ができるようになり。 友情に 「超強スパークバレット」。 神化は 「重力」と 「ダメウォ」に対応できるようになり、友情は 「超強プラズマ」になりました。 どちらもかなり強力な性能に、注目があつまっているようです。 こちらも純粋にSSの威力が上がりそうですね。 まとめ というわけで、みなさんが今回の上方修正で注目しているキャラをご紹介しました。 チヨと西郷は「ダッシュ」がついたりと強化はされましたが、 やはり 「超AGB」での加速からの壁ドンSSでロマンあるダメージをみてみたいという人が多い模様。 そういった意味でも注目されていたのかもしれませんね。 上方修正まとめ.

次の

モンストの「禁忌の獄」とはどういったコンテンツですか?

モンスト とは

元ネタは古代ローマの皇帝。 今作では幼くして皇帝となった少年として描かれている。 進化と神化は対応ギミックが大きく変わるが、どちらも素の攻撃力のステータスが低めなのも相まって、なかなかに癖が強い。 進化は魔法陣とワープに対応。 戦型やSS性能から、癖のある友情コンボの超強フレアをどこまで活用できるかが鍵となっている。 神化は地雷とブロックのギミックに対応。 において活躍が見込める。 弱点を攻撃しづらい反射タイプでいかに直殴りするかが課題となる。 進化・神化比較• 高圧的な性格で、人も世界も何もかも自分の遊び道具に過ぎず、全ては自分の支配下にあって当然という考えを持っている。 頭脳明晰で人心掌握に長け、知略や軍略、さらには魔術の才にも秀でているカエサルは、ウェスタという名の炎の魔神を従えて自由に操り、自身に楯突く者たちを次々と滅していく。 進化後は退屈しのぎに世界を手中に収めようと、各国へ侵攻を開始したカエサル。 ありとあらゆる策を駆使して、掌の上で弄ぶように次々と敵国を制圧し、抵抗を見せる者達は魔神・ウェスタの聖なる炎で容赦なく焼き滅ぼしていく。 世界を舞台とした大いなる戦いの賽は、カエサルによって今まさに投げられたのだった。 神化後は世界を手中に収めるための、最後の戦いに臨むカエサル。 魔神・ウェスタが変形を遂げたまがまがしくも神々しい翼をその身に宿し、大空より大地に顕現。 真に支配者たる存在のみが扱うことができるという伝説の宝剣を手に、カエサルは大いなる勝利の一閃を放つのだった。 関連動画 紹介動画 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【モンスト】シンクロとは?ATフィールドの効果と所持キャラ一覧

モンスト とは

概要 かつてはSNS運営で知られていたの新たなる稼ぎ頭。 最大4人同時に楽しめる協力RPGである。 基本無料のアイテム課金で、推奨端末はiOS7. 0以降、iPhone、iPadおよびiPodtouchに 対応しており、iPhone5用に最適化済みである。 その他、他のソシャゲ同様、様々なコラボを行っており、一部凝った演出にはプレイヤーを唸らせている。 ゲームシステム 最大3体のモンスターをパーティーに入れて、クエストを選び ストライカーと呼ばれる助っ人を選択してクエストに挑む。 ルールは簡単で、モンスターを引っぱって敵に当てるだけ。 バトルやガチャでGetしたモンスターを合成して育ててチームを作ることが出来る。 クエスト クエストは大きく分けて、 「ノーマルクエスト」「イベントクエスト」「チケットクエスト」の3つに分かれている。 毎月月初め約2週間限定で出現するクエスト。 現時点では40階まであり、階級をクリアするたびに報酬が貰える。 ただし、後半部分はかなり難度が高い。 英雄の神殿 特定のモンスターが持つ「英雄の証」を持ったモンスターが食べられる わくわくの実がドロップするクエスト。 ランク50以上でないと出現しないので注意。 神獣の聖域 「聖域の狩人」と呼ばれるキャラクターを入手できる常設クエスト。 彼らとともに聖域の守り手である「神獣」を倒すのが目的。 しかし、難易度が非常に高いため、全てクリアするのは至難の業である。 閃きの遊技場 一定ターン以内にクリアを目指す、スタミナ0で挑戦可能なクエスト。 一手一手が非常に重要で、ミスしようものなら最悪クリア不可能となってしまうので、プレイヤーの思考能力が試される。 クリアすればオーブが手に入るが、ミッションの条件を満たせば追加でオーブやアイテムを入手することができる。 封印の玉楼 壱・弐どちらでも可 を制覇したものだけが挑戦できる、 超絶はもちろん、爆絶をも上回る超々高難易度クエスト。 詳細はリンクから。 追憶の書庫 一部の降臨クエストが1日5回 プレイヤーランクによって回数は増加 遊べた。 これにより神化素材の入手や運極作成がしやすくなった。 現在は「書庫ポイント」が導入され、スタミナと同時に消費することでプレイが可能になった 敗北しても消費したポイントは戻らない。 書庫ポイントが0になるとその日はプレイできなくなり、日付が変わるとリセットされる。 書庫ポイントはプレイヤーランクによって増加する。 今後のアップデートでクエストは追加されていく予定である。 訓練所 過去に実装されたクエストがスタミナ消費なしでプレイできる。 アイテムなしでコンティニューが可能。 ボスモンスターは入手できないが一度も復帰せずにクリアすると初回のみ一体入手できる 轟絶ボーナスも初回のみ入手可。 クエストに出現するギミック 主要ギミック• 重力バリア 触れるたびに減速するバリア。 敵やシールドから展開されている。 フィールドに展開されることもある。 ダメージウォール 壁に展開され、触れるとダメージを受ける。 壁に直接触れてなくても当たることがある。 ただしクエストによってはこれにわざとぶつかったりしないと敵にあまりダメージを与えられないようなものも存在する(ヴィーラのクエストなど)。 ワープ 触れると吸い込まれて別に展開されているワープホールから出現して立ち回りを邪魔する。 高難度クエストでは出現方向がランダムになるランダムワープもある。 地雷 フィールドに展開され、触れるかターンが経過すると爆発とともにダメージを受ける。 爆発した地雷の周りに味方がいるとまとめてダメージを受ける。 ブロック 触れると壁同様に反射して進行方向を妨害する。 ただしクエストによっては邪魔と言うわけでなく状況に応じて利用する場面もある。 ターン経過かドクロの発動で上下するからくりブロックもある。 ウィンド 吹き飛ばしたり、吸い寄せたりして配置を邪魔する。 魔法陣 触れると能力が著しく下がるひよこ状態になり、再度触れると元に戻る。 減速壁 無数の青色の矢印が壁に展開され、触れると減速する。 減速率がクエストによって異なる。 育成 レベル 他のスマホアプリ同様レベルはケンチーと呼ばれるモンスターを合成してレベルを上げる。 クエストをクリアしてもレベルは上がらないので注意。 戦型 キャラクターの性能を左右するシステム。 本作では「パワー型」「バランス型」「スピード型」「砲撃型」の計4つの戦型がある。 パワー型 文字通り攻撃力が高い戦型。 HPも高めに設定されており耐久性能にも優れる。 反面スピードが遅く友情コンボの威力が通常の0. 7倍と低い。 当時はその使いづらさから オワー型 オワコンと掛け合わせたもの と揶揄されており、かなり扱いが不遇だったが、近年では一定の攻撃力の高さが求められるクエストや一撃の高さが活きるクエストが増えており当時に比べ扱いが改善されている。 バランス型 もっとも基本的な戦型。 連れて行くクエストの幅を選ばない。 スピード型 スピード値が高い戦型。 道中のギミックを経由する必要があるクエストで活躍。 攻撃力もそこそこ高い。 反面HPが他より低い。 友情の倍率はバランス型と同様。 砲撃型 友情コンボの威力が高く設定された戦型。 他に比べパラメータが若干低い 例外あり。 撃種 敵に触れると跳ね返る「反射」と、敵の上をそのまま通過する「貫通」がある。 種族 神、魔王、妖精、亜人などそのキャラクターの生体を表す。 中には聖騎士、サムライ、鳥、聖域の狩人といった種族なのかとツッコミたくなるものまで混じっている。 また、一部コラボキャラには専用のこれが付いている(、、など)。 英雄の証 様々な効果を与えるわくわくの力が備わったわくわくの実をストックするシステム。 定期イベント 毎日「10日」「20日」「30日」はモンストの日! 毎月10日、20日、30日 2月は10日、20日、最終日 はモンストの日と題して「強化合成100%」「ラック引き換えに特別アイテム追加」「ラック99」といったキャンペーンが開催される。 一週間ごとに切り替わり、来週のモンスターはモンストニュースの最後に発表される。 2体:追憶の書庫ポイントが60追加• 3体:ラックボーナスに宝箱1つ追加 オーブ 本アプリの課金アイテム。 入手方法は以下。 クエスト制覇で入手 ノーマルクエスト、イベントクエストの各ステージクリア事にオーブが貰える。 基本的に1つ貰えるが、2016年3月前半開催のガチャイベント「剣豪烈風伝」からは2つに増えた。 顔合わせボーナス 初めてのプレイヤーとマルチプレイすることで貰える。 10人目まで5個貰え、11人目以降は1つになる。 友達招待 廃止 モンストをやってない人をSNS経由で招待することで5個貰えた。 廃止の理由は「Apple社の要請」。 これに変わって 初フレンドが実装された。 キャンペーンログインボーナス 原則的にログインボーナスでオーブは貰えないが、超獣神祭などのイベント開催を記念して貰えることがある。 課題 通算ログイン50日ごとに10個 初回は20個 、プレイ回数やクリア回数を重ねることで1個貰える。 アイテム• スタミナミン オーブの代わりにスタミナを全回復できるアイテム。 わくわくミン 所有しているわくわくの力の等級を1段階上げるアイテム。 一つの力に一度しか使用できない。 コンテニュミン オーブの代わりにコンテニューができるアイテム。 0コンテニュー専用ステージと表示されているクエストでは使用できない。 助っ人ミン クエストで使用したフレンド枠のモンスターを即再利用できる。 ミラクルミン 0コンテニュー専用ステージ専用アイテム。 HPが0になった時にHPを全回復してコンテニュー可能。 トラベルベル 24時間以内に降臨したクエストを1時間限定で復活できる。 フエ〜ルビスケット スタミナを2倍消費してスペシャル報酬を2倍にできる。 言い換えると2回分のクエストを1回で済ませることができるアイテム。 エラベルベル クエスト覧のキャンペーンから好きなキャンペーンを選ぶことができる。 紋章チェンジャー 魂の紋章の付け替えを魂気の消費なしで付け替えできる。 わくわくステッキ わくわくの力を他のモンスターに付け替えできる。 付け替え先に残ったわくわくの力は上書きされる。 使用すると英雄の神殿の排出一覧がリセットされてしまう。 英雄の書 わくわくの力を持ったわくわくの実を食べるのに必要な英雄の証を付与できる。 使用できるのは一体につき一回まで。 レベルの書 獣神化モンスターのレベル上限を99から120に解放できるアイテム。 戦型の書 獣神化モンスターの戦型を超戦型に解放できるアイテム。 その他メディア でもモンスト 正式名称は『モンスターストライク マルチバースト』。 との共同開発となっている。 …が、あまり評判が芳しくなかったのか僅か3年程でサービス終了となった。 ネット配信でもモンスト 詳細はへ でもモンスト 上記のテレビアニメ版同様、決算資料にてへの家庭用ゲーム機移植が発表された。 2015年12月17日発売。 アニメ版が本になっており、すれ違い通信にも対応。 3DSだけのオリジナルモンスターが登場する他、アプリ版おなじみのモンスターも登場。 モンストフェスティバル2015 2015年8月2日に幕張メッセで開催された。 入場無料。 モンスト初のビックイベントだけあって、多くの来場者が訪れた。 が、残念ながら運営の想定を遥かに上回る来場者数によって会場に入れない参加者が出たり、熱中症で倒れてしまう来場者が複数出てしまうなどの問題が続出するなど課題の多いイベントとなってしまった。 その反省は後述のXFLAGPARKに生かされている。 XFLAGPARK 2016年9月25日に幕張メッセで開催された。 完全事前応募制となっている。 まさにケタハズレのゲームイベント。 その後も1年に2日間開催されている。 キャラクター レッドリドラ、レチリード等の馴染み深いトカゲ系モンスターや、伝説系、偉人系、神話系などこのゲームは非常に広い幅からキャラクターが新登場してきており、今後もその方向性が期待されている。 しかしあくまで主人公はである。 どこぞのゲームやアニメ、アイドルに似たキャラがいる気がするが気にしてはいけない。 しても気にしたらいけない。 初期こそパロディ色の強い画風であったが、現在は独自性の高い精錬されたイラストも多くなってきた。 特に初期のアビリティを全く持たないキャラは上方修正すら行われないどころか、グッジョブなどにもされたりしない上にかつて配信されていたスピンオフ作品のモンパニでも拾われない等かなり悲惨。 そのためかピクシブに於いては投稿されているイラストの殆どが星5-6キャラばかりであり、星4-5キャラのイラストはあまりない。 ここピクシブ百科事典に於いても現在記事が作られた星4-5キャラはのみである。 関連イラスト 関連タグ コラボ一覧• 過去2回• 『』、『新・』、『』、『』、『』、『のび太の新恐竜』の6回• 過去4回• シリーズ 、の2回• 過去2回• 過去2回• 過去2回• 過去2回• スクリーン登場90周年記念コラボ• コラボに関する余談• に関しては最初に公開されたCMが不適切だった事で、銀さん達が謝罪をする事になると言う展開になったが……どう考えても、他の事例とは違って意図的な展開である。 ある意味でに近い• 一部コラボキャラはか ボイスが消えてしまう(特にドラえもんコラボは 半年しかボイスが持たない)。 ただし再コラボの際には期間限定ではあるが復活することも。 コラボ期間中はそのコラボ作品のアニソン(アニメ作品のみ。 ただしドラえもんコラボ除く)、もしくは劇中BGMが流れるというのがお約束のパターン。 しかしその中でコラボは アニソンや劇中BGMが流れずモンストオリジナルBGMのアレンジ曲が流れるという極めて異例な事になってしまった(厳密に言うとミッキーマウスコラボもモンストオリジナルBGMが流れていたが、が厳しいものなので仕方がないと言える)。 アニソンが流れなかった理由に関しては色々憶測が流れているが、明らかになっていない。 2019年に入ってから何故か作品とのコラボが殆どになっており、その2019年もガチャありコラボはプロメアを除くと全てジャンプ作品となっている。 ソシャゲではおそらく異例。 コラボキャラはSSボイスの後に「ストライクショット」と言うのがお決まりのパターンとなっている 人語を喋れる1000番台辺りまでのモンストキャラもこんな感じだった。 ただし前後が逆だったり ボイスの前や進化後など 、作品によっては言わなかったりする。 また、一時期「ストライクショット」と言わないコラボキャラに限りボイスが消えるという噂もあった(この事は完全なデマだったが)。 外部リンク 関連記事 親記事.

次の