スレッド 検索。 Outlook:スレッド表示(関連付け表示)の設定/解除方法

Outlook:スレッド表示(関連付け表示)の設定/解除方法

スレッド 検索

この記事の内容 [スレッド] ウィンドウでは、デバッグ中のアプリケーション内のスレッドを調べて操作できます。 In the Threads window, you can examine and work with threads in the application that you're debugging. [スレッド] ウィンドウの使用方法の手順については、「」を参照してください。 For step-by-step guidance on how to use the Threads window, see. スレッド ウィンドウを開く Use the Threads window [スレッド] ウィンドウには、各行がアプリケーションの個別のスレッドを示すテーブルが表示されます。 The Threads window contains a table where each row describes a separate thread in your application. 既定では、このテーブルにはアプリケーション内のすべてのスレッドが表示されますが、目的のスレッドのみを表示するように一覧にフィルターをかけることができます。 By default, the table lists all the threads in your application, but you can filter the list to show only the threads that interest you. 各列には、さまざまな種類の情報が示されます。 Each column describes a different type of information. 一部の列は非表示にすることもできます。 You can also hide some columns. すべての列を表示すると、次の列が左から右に表示されます。 If you display all the columns, the following columns appear, from left to right:• フラグ: ラベルが付いていないこの列では、特に注意する必要があるスレッドをマークできます。 Flag: In this unlabeled column, you can mark a thread to which you want to pay special attention. スレッドにフラグを設定する方法については、「」を参照してください。 For information about how to flag a thread, see. 現在のスレッド:ラベルの付いていないこの列で、黄色の矢印は現在のスレッドを示します。 Current thread: In this unlabeled column, a yellow arrow indicates the current thread. 枠線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドの、現在のデバッガー コンテキストを示します。 An arrow outline indicates the current debugger context for a non-current thread. [ID] :各スレッドの識別番号が表示されます。 ID: Displays the identification number for each thread. マネージド ID:マネージ スレッドのマネージ識別番号が表示されます。 Managed ID: Displays the managed identification numbers for managed threads. カテゴリ:スレッドの分類がユーザー インターフェイス スレッド、リモート プロシージャ呼び出しハンドラー、ワーカー スレッドのいずれであるかが表示されます。 Category: Displays the category of threads as either user interface threads, remote procedure call handlers, or worker threads. アプリケーションのメイン スレッドは特別なカテゴリによって示されます。 A special category identifies the main thread of the application. Name:各スレッドの名前が表示されます 名前がある場合。 名前がない場合は、 と表示されます。 Name: Identifies each thread by name, if it has one, or as. [場所] :スレッドが実行されている場所が表示されます。 Location: Shows where the thread is running. この場所を展開して、スレッドの呼び出し履歴全体を表示できます。 You can expand this location to show the full call stack for the thread. [優先度] :システムが各スレッドに割り当てられている優先度または優先順位を表示する高度な列 既定で非表示。 Priority: An advanced column hidden by default that displays the priority or precedence that the system has assigned to each thread. 関係マスク: スレッドごとにプロセッサ関係マスクを示す高度な列 既定で非表示。 Affinity Mask: An advanced column hidden by default that shows the processor affinity mask for each thread. マルチプロセッサ システムでは、関係マスクによって、スレッドを実行できるプロセッサが決まります。 In a multiprocessor system, the affinity mask determines which processors on which a thread can run. 中断カウント: 中断カウントを表示する高度な列 既定で非表示。 Suspended Count: An advanced column hidden by default that displays the suspended count. このカウントによって、スレッドを実行できるかどうかが決まります。 This count determines whether a thread can run. 中断カウントの詳細については、「」を参照してください。 For more information about suspended counts, see. プロセス名: 各スレッドが所属するプロセスを表示する高度な列 既定で非表示。 Process Name: An advanced column hidden by default that displays the process to which each thread belongs. この列のデータは、多くのプロセスをデバッグするときに役立ちます。 The data in this column can be useful when you're debugging many processes. プロセス ID: 各スレッドが属するプロセス ID を表示する高度な列 既定で非表示。 Process ID: An advanced column hidden by default that displays the process ID to which each thread belongs. トランスポートの修飾子: デバッガーが接続されているマシンを一意に識別する高度な列 既定で非表示。 Transport Qualifier: An advanced column hidden by default that uniquely identifies the machine to which the debugger is connected. 中断モードまたは実行モードで [スレッド] ウィンドウを表示するには To display the Threads window in break mode or run mode• Visual Studio がデバッグ モードの間に、 [デバッグ] メニューを選択して [ウィンドウ] をポイントし、 [スレッド] を選択します。 While Visual Studio is in debug mode, select the Debug menu, point to Windows, and then select Threads. 列の表示と非表示を切り替えるには To display or hide a column• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [列] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Columns. 次に、表示または非表示にする列の名前をオンまたはオフにします。 Then, select or clear the name of the column that you want to display or hide. フラグが設定されたスレッドを表示する Display flagged threads [スレッド] ウィンドウでスレッドをアイコンでマークすることによって、特に注目するスレッドにフラグを設定できます。 You can flag a thread that you want to give special attention by marking it with an icon in the Threads window. 詳細については、」を参照してください。 For more information, see. [スレッド] ウィンドウでは、すべてのスレッドを表示するか、フラグが設定されたスレッドのみ表示するかを選択できます。 In the Threads window, you can choose to display all the threads or only the flagged threads. フラグが設定されたスレッドのみ表示するには To display only flagged threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [フラグが設定されているスレッドのみを表示] を選択します Choose Show Flagged Threads Only in the toolbar at the top of the Threads window. 淡色表示されている場合は、最初にいくつかのスレッドにフラグを設定する必要があります。 If it's dimmed, you'll need to flag some threads first. スレッドの凍結と凍結解除 Freeze and thaw threads スレッドを凍結すると、利用できるリソースがあっても、そのスレッドの実行は開始されません。 When you freeze a thread, the system won't start execution of the thread even if resources are available. ネイティブ コードでは、スレッドを中断または再開するには、Windows 関数 SuspendThread および ResumeThread を呼び出します。 In native code, you can suspend or resume threads by calling the Windows functions SuspendThread and ResumeThread. または、MFC 関数 および を呼び出します。 Or, call the MFC functions and. SuspendThread または ResumeThread を呼び出すと、 [スレッド] ウィンドウに表示されている " 中断カウント" が変化します。 If you call SuspendThread or ResumeThread, the suspended count shown in the Threads window will be changed. ネイティブ スレッドを凍結または凍結解除した場合、中断カウントは変化しません。 The suspended count doesn't change if you freeze or thaw a native thread. ネイティブ コードでは、凍結が解除され、中断カウントがゼロになるまで、スレッドを実行できません。 A thread can't execute in native code unless it's thawed and has a suspended count of zero. マネージド コードでは、スレッドを凍結または凍結解除すると、中断カウントが変化します。 In managed code, the suspended count changes when you freeze or thaw a thread. マネージド コードでスレッドを凍結した場合、その中断カウントは 1 になります。 If you freeze a thread in managed code, its suspended count is 1. ネイティブ コードでスレッドを凍結した場合、 SuspendThread 呼び出しを使用しない限り、中断カウントは 0 になります。 When you freeze a thread in native code, its suspended count is 0, unless you used the SuspendThread call. 注意 ネイティブ コードからマネージド コードへの呼び出しをデバッグする場合、マネージド コードは呼び出し元のネイティブ コードと同じ物理スレッドで実行されます。 When you debug a call from native code to managed code, the managed code runs in the same physical thread as the native code that called it. ネイティブ スレッドを中断または凍結すると、マネージド コードも凍結されます。 Suspending or freezing the native thread freezes the managed code also. スレッドの実行を凍結または凍結解除するには To freeze or thaw execution of a thread• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [スレッドの凍結] または [スレッドの凍結解除] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Freeze Threads or Thaw Threads. この操作は、 [スレッド] ウィンドウで選択されているスレッドのみに影響します。 This action affects only threads that are selected in the Threads window. 別のスレッドに切り替える Switch to another thread 黄色の矢印は、現在のスレッド および実行ポインターの位置 を示します。 A yellow arrow indicates the current thread and the location of the execution pointer. 緑色の曲線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドが、現在のデバッガー コンテキストを持つことを示します。 A green arrow with a curly tail indicates a non-current thread has the current debugger context. 別のスレッドに切り替えるには To switch to another thread• 次のいずれかの手順に従います。 Follow either of the following steps:• 任意のスレッドをダブルクリックします。 Double-click any thread. スレッドを右クリックし、 [スレッドに切り替え] を選択します。 Right-click a thread and select Switch To Thread. スレッドのグループ化と並べ替え Group and sort threads スレッドをグループ化すると、グループごとに、見出しがテーブルに表示されます。 When you group threads, a heading appears in the table for each group. 見出しには、 ワーカー スレッドや フラグが解除されたスレッドなどのグループの説明、およびツリー コントロールが表示されます。 The heading contains a group description, such as Worker Thread or Unflagged Threads, and a tree control. 各グループのメンバー スレッドは、そのグループの見出しの下に表示されます。 The member threads of each group appear under the group heading. グループのメンバー スレッドを非表示にするには、ツリー コントロールを使用して、グループを折りたたみます。 If you want to hide the member threads for a group, use the tree control to collapse the group. グループ化は並べ替えよりも優先されるので、たとえば、カテゴリ別にスレッドをグループ化してから、各カテゴリ内で ID によってグループを並べ替えることができます。 Because grouping takes precedence over sorting, you can group threads by category, for example, and then sort them by ID within each category. スレッドを並べ替えるには To sort threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. 並べ替え順序を逆にするには、同じボタンをもう一度選択します。 If you want to reverse the sort order, select the same button again. 一覧の一番上に表示されていたスレッドが一番下に表示されます。 Threads that appeared at the top of the list now appear on the bottom. スレッドをグループ化するには To group threads• [スレッド] ウィンドウのツール バーで、 [グループ化] リストをクリックし、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the Threads window toolbar, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. グループ内でスレッドを並べ替えるには To sort threads within groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループ化] リストを選択し、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. [スレッド] ウィンドウで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. すべてのグループの展開または折りたたみを行うには To expand or collapse all groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループの展開] または [グループの折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand groups or Collapse groups. 特定のスレッドを検索する Search for specific threads [スレッド] ウィンドウでは、指定した文字列に一致するスレッドを検索できます。 You can search for threads that match a specified string in the Threads window. スレッドを検索すると、検索文字列がいずれかの列に含まれているすべてのスレッドがウィンドウに表示されます。 When you search for threads, the window displays all the threads matching the search string in any column. この情報には、 [場所] 列の呼び出し履歴の一番上に表示されるスレッドの場所が含まれます。 This information includes the thread location that appears at the top of the call stack in the Location column. 既定では、完全な呼び出し履歴は検索されません。 By default, the full call stack isn't searched. 特定のスレッドを検索するには To search for specific threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [検索] ボックスに移動し、次のどちらかの操作を実行します。 In the toolbar at the top of the Threads window, go to the Search box and either:• 検索文字列を入力し、 Enter キーを押します。 Enter a search string and then press Enter. - または - or -• [検索] ボックスの横にあるドロップダウン リストを選択し、以前の検索に使用した検索文字列を選択します。 Select the drop-down list next to the Search box and select a search string from a previous search. 省略可能 呼び出し履歴全体を検索の対象にするには、 [呼び出し履歴の検索] をクリックします。 Optional To include the full call stack in your search, select Search Call Stack. スレッド呼び出し履歴を表示し、フレームを切り替える Display thread call stacks and switch between frames マルチスレッド プログラムでは、各スレッドに専用の呼び出し履歴があります。 In a multithreaded program, each thread has its own call stack. [スレッド] ウィンドウには、これらの呼び出し履歴を表示する便利な手段が用意されています。 The Threads window provides a convenient way to view these stacks. ヒント 各スレッドの呼び出し履歴を視覚的に表現するには、 ウィンドウを使用します。 For a visual representation of the call stack for each thread, use the window. スレッドの呼び出し履歴を表示するには To view the call stack of a thread• [場所] 列で、スレッドの場所の横にある下向きの三角形を選択します。 In the Location column, select the inverted triangle next to the thread location. 場所が展開されて、そのスレッドの呼び出し履歴が表示されます。 The location expands to show the call stack for the thread. すべてのスレッドの呼び出し履歴の表示と非表示を切り替えるには To view or collapse the call stacks of all threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [呼び出し履歴の展開] または [呼び出し履歴の折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand Call Stacks or Collapse Call Stacks. 関連項目 See also• 関連記事.

次の

Outlook:スレッド表示(関連付け表示)の設定/解除方法

スレッド 検索

タップできる目次• 追加手順 1. Janeを起動する。 上部メニューのツール>設定の順にクリック。 コマンドをクリック。 コマンド名と実行するコマンドをコピペします。 コマンド名に、 スレッドタイトル検索をコピペ。 syoboi. Jane Styleの質問に誰かが答えるスレ Part26より引用 コマンド名は、任意で変更してOKです。 2ch. netで、スレッドタイトル検索をする方法もあります。 コマンド名は任意。 2ch. Jane Styleの質問に誰かが答えるスレ Part29より引用 5. 上手く貼り付けられたのを確認して、追加をクリック。 コマンドが追加されたのを確認して、OKをクリック。 これで右クリックメニューに、スレッドタイトル検索が追加されました。 使い方 パターン1 範囲選択をせずに、右クリック>スレッドタイトル検索の順にクリック。 検索窓が表示されるので、検索したい文字列を入力してOKをクリック。 ちょっと見ビューアに検索結果が表示されます。 (検索例:コルセア) 見たいスレッドをクリックすれば開くことが出来ます。 パターン2 範囲選択をしてに、右クリック>スレッドタイトル検索の順にクリック。 範囲選択された文字列が、検索キーワードになります。 【コルセア】 Corsair ケース総合 11のスクリーンショットを例として使用。 この場合、検索窓への入力は スキップされ、直接ちょっと見ビューアに検索結果が表示されます。 補足 上手く検索にかからない場合もあります。 Jane関連記事•

次の

JaneStyleスレッドタイトル検索出来ない問題

スレッド 検索

この記事の内容 [スレッド] ウィンドウでは、デバッグ中のアプリケーション内のスレッドを調べて操作できます。 In the Threads window, you can examine and work with threads in the application that you're debugging. [スレッド] ウィンドウの使用方法の手順については、「」を参照してください。 For step-by-step guidance on how to use the Threads window, see. スレッド ウィンドウを開く Use the Threads window [スレッド] ウィンドウには、各行がアプリケーションの個別のスレッドを示すテーブルが表示されます。 The Threads window contains a table where each row describes a separate thread in your application. 既定では、このテーブルにはアプリケーション内のすべてのスレッドが表示されますが、目的のスレッドのみを表示するように一覧にフィルターをかけることができます。 By default, the table lists all the threads in your application, but you can filter the list to show only the threads that interest you. 各列には、さまざまな種類の情報が示されます。 Each column describes a different type of information. 一部の列は非表示にすることもできます。 You can also hide some columns. すべての列を表示すると、次の列が左から右に表示されます。 If you display all the columns, the following columns appear, from left to right:• フラグ: ラベルが付いていないこの列では、特に注意する必要があるスレッドをマークできます。 Flag: In this unlabeled column, you can mark a thread to which you want to pay special attention. スレッドにフラグを設定する方法については、「」を参照してください。 For information about how to flag a thread, see. 現在のスレッド:ラベルの付いていないこの列で、黄色の矢印は現在のスレッドを示します。 Current thread: In this unlabeled column, a yellow arrow indicates the current thread. 枠線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドの、現在のデバッガー コンテキストを示します。 An arrow outline indicates the current debugger context for a non-current thread. [ID] :各スレッドの識別番号が表示されます。 ID: Displays the identification number for each thread. マネージド ID:マネージ スレッドのマネージ識別番号が表示されます。 Managed ID: Displays the managed identification numbers for managed threads. カテゴリ:スレッドの分類がユーザー インターフェイス スレッド、リモート プロシージャ呼び出しハンドラー、ワーカー スレッドのいずれであるかが表示されます。 Category: Displays the category of threads as either user interface threads, remote procedure call handlers, or worker threads. アプリケーションのメイン スレッドは特別なカテゴリによって示されます。 A special category identifies the main thread of the application. Name:各スレッドの名前が表示されます 名前がある場合。 名前がない場合は、 と表示されます。 Name: Identifies each thread by name, if it has one, or as. [場所] :スレッドが実行されている場所が表示されます。 Location: Shows where the thread is running. この場所を展開して、スレッドの呼び出し履歴全体を表示できます。 You can expand this location to show the full call stack for the thread. [優先度] :システムが各スレッドに割り当てられている優先度または優先順位を表示する高度な列 既定で非表示。 Priority: An advanced column hidden by default that displays the priority or precedence that the system has assigned to each thread. 関係マスク: スレッドごとにプロセッサ関係マスクを示す高度な列 既定で非表示。 Affinity Mask: An advanced column hidden by default that shows the processor affinity mask for each thread. マルチプロセッサ システムでは、関係マスクによって、スレッドを実行できるプロセッサが決まります。 In a multiprocessor system, the affinity mask determines which processors on which a thread can run. 中断カウント: 中断カウントを表示する高度な列 既定で非表示。 Suspended Count: An advanced column hidden by default that displays the suspended count. このカウントによって、スレッドを実行できるかどうかが決まります。 This count determines whether a thread can run. 中断カウントの詳細については、「」を参照してください。 For more information about suspended counts, see. プロセス名: 各スレッドが所属するプロセスを表示する高度な列 既定で非表示。 Process Name: An advanced column hidden by default that displays the process to which each thread belongs. この列のデータは、多くのプロセスをデバッグするときに役立ちます。 The data in this column can be useful when you're debugging many processes. プロセス ID: 各スレッドが属するプロセス ID を表示する高度な列 既定で非表示。 Process ID: An advanced column hidden by default that displays the process ID to which each thread belongs. トランスポートの修飾子: デバッガーが接続されているマシンを一意に識別する高度な列 既定で非表示。 Transport Qualifier: An advanced column hidden by default that uniquely identifies the machine to which the debugger is connected. 中断モードまたは実行モードで [スレッド] ウィンドウを表示するには To display the Threads window in break mode or run mode• Visual Studio がデバッグ モードの間に、 [デバッグ] メニューを選択して [ウィンドウ] をポイントし、 [スレッド] を選択します。 While Visual Studio is in debug mode, select the Debug menu, point to Windows, and then select Threads. 列の表示と非表示を切り替えるには To display or hide a column• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [列] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Columns. 次に、表示または非表示にする列の名前をオンまたはオフにします。 Then, select or clear the name of the column that you want to display or hide. フラグが設定されたスレッドを表示する Display flagged threads [スレッド] ウィンドウでスレッドをアイコンでマークすることによって、特に注目するスレッドにフラグを設定できます。 You can flag a thread that you want to give special attention by marking it with an icon in the Threads window. 詳細については、」を参照してください。 For more information, see. [スレッド] ウィンドウでは、すべてのスレッドを表示するか、フラグが設定されたスレッドのみ表示するかを選択できます。 In the Threads window, you can choose to display all the threads or only the flagged threads. フラグが設定されたスレッドのみ表示するには To display only flagged threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツールバーで、 [フラグが設定されているスレッドのみを表示] を選択します Choose Show Flagged Threads Only in the toolbar at the top of the Threads window. 淡色表示されている場合は、最初にいくつかのスレッドにフラグを設定する必要があります。 If it's dimmed, you'll need to flag some threads first. スレッドの凍結と凍結解除 Freeze and thaw threads スレッドを凍結すると、利用できるリソースがあっても、そのスレッドの実行は開始されません。 When you freeze a thread, the system won't start execution of the thread even if resources are available. ネイティブ コードでは、スレッドを中断または再開するには、Windows 関数 SuspendThread および ResumeThread を呼び出します。 In native code, you can suspend or resume threads by calling the Windows functions SuspendThread and ResumeThread. または、MFC 関数 および を呼び出します。 Or, call the MFC functions and. SuspendThread または ResumeThread を呼び出すと、 [スレッド] ウィンドウに表示されている " 中断カウント" が変化します。 If you call SuspendThread or ResumeThread, the suspended count shown in the Threads window will be changed. ネイティブ スレッドを凍結または凍結解除した場合、中断カウントは変化しません。 The suspended count doesn't change if you freeze or thaw a native thread. ネイティブ コードでは、凍結が解除され、中断カウントがゼロになるまで、スレッドを実行できません。 A thread can't execute in native code unless it's thawed and has a suspended count of zero. マネージド コードでは、スレッドを凍結または凍結解除すると、中断カウントが変化します。 In managed code, the suspended count changes when you freeze or thaw a thread. マネージド コードでスレッドを凍結した場合、その中断カウントは 1 になります。 If you freeze a thread in managed code, its suspended count is 1. ネイティブ コードでスレッドを凍結した場合、 SuspendThread 呼び出しを使用しない限り、中断カウントは 0 になります。 When you freeze a thread in native code, its suspended count is 0, unless you used the SuspendThread call. 注意 ネイティブ コードからマネージド コードへの呼び出しをデバッグする場合、マネージド コードは呼び出し元のネイティブ コードと同じ物理スレッドで実行されます。 When you debug a call from native code to managed code, the managed code runs in the same physical thread as the native code that called it. ネイティブ スレッドを中断または凍結すると、マネージド コードも凍結されます。 Suspending or freezing the native thread freezes the managed code also. スレッドの実行を凍結または凍結解除するには To freeze or thaw execution of a thread• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [スレッドの凍結] または [スレッドの凍結解除] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Freeze Threads or Thaw Threads. この操作は、 [スレッド] ウィンドウで選択されているスレッドのみに影響します。 This action affects only threads that are selected in the Threads window. 別のスレッドに切り替える Switch to another thread 黄色の矢印は、現在のスレッド および実行ポインターの位置 を示します。 A yellow arrow indicates the current thread and the location of the execution pointer. 緑色の曲線の矢印は、現在のスレッド以外のスレッドが、現在のデバッガー コンテキストを持つことを示します。 A green arrow with a curly tail indicates a non-current thread has the current debugger context. 別のスレッドに切り替えるには To switch to another thread• 次のいずれかの手順に従います。 Follow either of the following steps:• 任意のスレッドをダブルクリックします。 Double-click any thread. スレッドを右クリックし、 [スレッドに切り替え] を選択します。 Right-click a thread and select Switch To Thread. スレッドのグループ化と並べ替え Group and sort threads スレッドをグループ化すると、グループごとに、見出しがテーブルに表示されます。 When you group threads, a heading appears in the table for each group. 見出しには、 ワーカー スレッドや フラグが解除されたスレッドなどのグループの説明、およびツリー コントロールが表示されます。 The heading contains a group description, such as Worker Thread or Unflagged Threads, and a tree control. 各グループのメンバー スレッドは、そのグループの見出しの下に表示されます。 The member threads of each group appear under the group heading. グループのメンバー スレッドを非表示にするには、ツリー コントロールを使用して、グループを折りたたみます。 If you want to hide the member threads for a group, use the tree control to collapse the group. グループ化は並べ替えよりも優先されるので、たとえば、カテゴリ別にスレッドをグループ化してから、各カテゴリ内で ID によってグループを並べ替えることができます。 Because grouping takes precedence over sorting, you can group threads by category, for example, and then sort them by ID within each category. スレッドを並べ替えるには To sort threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. 並べ替え順序を逆にするには、同じボタンをもう一度選択します。 If you want to reverse the sort order, select the same button again. 一覧の一番上に表示されていたスレッドが一番下に表示されます。 Threads that appeared at the top of the list now appear on the bottom. スレッドをグループ化するには To group threads• [スレッド] ウィンドウのツール バーで、 [グループ化] リストをクリックし、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the Threads window toolbar, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. グループ内でスレッドを並べ替えるには To sort threads within groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループ化] リストを選択し、スレッドのグループ化に使用する基準を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select the Group by list, then select the criteria that you want to group threads by. [スレッド] ウィンドウで、並べ替えの基準とする列の最上部にあるボタンを選択します。 In the Threads window, select the button at the top of any column. スレッドがその列の値で並べ替えられます。 The threads are now sorted by the values in that column. すべてのグループの展開または折りたたみを行うには To expand or collapse all groups• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [グループの展開] または [グループの折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand groups or Collapse groups. 特定のスレッドを検索する Search for specific threads [スレッド] ウィンドウでは、指定した文字列に一致するスレッドを検索できます。 You can search for threads that match a specified string in the Threads window. スレッドを検索すると、検索文字列がいずれかの列に含まれているすべてのスレッドがウィンドウに表示されます。 When you search for threads, the window displays all the threads matching the search string in any column. この情報には、 [場所] 列の呼び出し履歴の一番上に表示されるスレッドの場所が含まれます。 This information includes the thread location that appears at the top of the call stack in the Location column. 既定では、完全な呼び出し履歴は検索されません。 By default, the full call stack isn't searched. 特定のスレッドを検索するには To search for specific threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [検索] ボックスに移動し、次のどちらかの操作を実行します。 In the toolbar at the top of the Threads window, go to the Search box and either:• 検索文字列を入力し、 Enter キーを押します。 Enter a search string and then press Enter. - または - or -• [検索] ボックスの横にあるドロップダウン リストを選択し、以前の検索に使用した検索文字列を選択します。 Select the drop-down list next to the Search box and select a search string from a previous search. 省略可能 呼び出し履歴全体を検索の対象にするには、 [呼び出し履歴の検索] をクリックします。 Optional To include the full call stack in your search, select Search Call Stack. スレッド呼び出し履歴を表示し、フレームを切り替える Display thread call stacks and switch between frames マルチスレッド プログラムでは、各スレッドに専用の呼び出し履歴があります。 In a multithreaded program, each thread has its own call stack. [スレッド] ウィンドウには、これらの呼び出し履歴を表示する便利な手段が用意されています。 The Threads window provides a convenient way to view these stacks. ヒント 各スレッドの呼び出し履歴を視覚的に表現するには、 ウィンドウを使用します。 For a visual representation of the call stack for each thread, use the window. スレッドの呼び出し履歴を表示するには To view the call stack of a thread• [場所] 列で、スレッドの場所の横にある下向きの三角形を選択します。 In the Location column, select the inverted triangle next to the thread location. 場所が展開されて、そのスレッドの呼び出し履歴が表示されます。 The location expands to show the call stack for the thread. すべてのスレッドの呼び出し履歴の表示と非表示を切り替えるには To view or collapse the call stacks of all threads• [スレッド] ウィンドウの上部にあるツール バーで、 [呼び出し履歴の展開] または [呼び出し履歴の折りたたみ] を選択します。 In the toolbar at the top of the Threads window, select Expand Call Stacks or Collapse Call Stacks. 関連項目 See also• 関連記事.

次の