生田武志。 生田武志

大学卒業時点で借金6百万…過酷な奨学金返済で貧困転落続出 貧困で路上生活の若者も

生田武志

イス取りゲームの果てにある貧困 「貧困を考えよう」(生田武志) 岩波ジュニア新書 以前にも書きました。 昨今、若者が就職できないのは、 本人の努力不足でも、 学校教育の問題でも、 会社と本人のミスマッチでもなく、 そもそも就職できる数が 少ないからなのではないか。 私は以前からそう思ってきました。 その実態を解説してくれる本が 見つかりました。 1ページ目からその現状を 「イス取りゲーム」になぞらえて 説明しています。 3つのイスの回りを 5人の人が回っている。 イスをとれるのは3人。 イスをとった人は イスをとらなかった人より 努力をしたからだ。 しかし、参加者全員が今の100倍の 努力で回ったらどうなるのか。 そして全員が今の100万倍の 努力で回ったらどうなるのか。 結果はやはり座れない者が 2人でてしまうのです。 そしてその先にあるのは 「貧困」なのです。 本書はさまざまな角度から、 その「貧困」を取り上げています。 野宿者、つまりホームレス。 その人たちは決して働く気がなくて そうなったのではなく、 日雇労働の賃金の異様な低さと 環境の劣悪さが原因となっていること。 母子家庭の貧困。 女性の働く能力の問題などではなく、 女性の正規雇用が低い、 そのため賃金が低い、 保育園等の子育て支援が少ないなど、 働けない状況、働いても 豊かになれない状況があること。 規制緩和等により終身雇用が崩れ、 企業が正社員を抑え、 非正規雇用を増加させたこと。 所得税や相続税の軽減等による 税制改革により、 所得の再配分が不十分になったこと。 「小さな政府」を目指したため、 社会保障が斬り捨てられていったこと。 福祉事務所が 生活保護申請者を追い返す 「水際作戦」が横行していること。 本書から拾い上げると 切りがありません。 今、学校では、キャリア教育として 職業体験をはじめとする 進路学習が盛んに行われています。 子どもたちは「なりたい職業」を 見つけることに 追い立てられているように感じます。 本当に子どもたちに 教えなければならないのは、 こうした「社会の現状」と、 「そうした社会の中でも たくましく生きる能力」なのではないかと 思うのです。 どうすれば正規雇用を獲得できるか、 正規雇用につけなかった場合に どう立ち回るか、 社会保障制度には どのようなものがあるか、 次の機会をどのように待ち、 どのように 自分のキャリアアップを目指すか。 そうしたことこそ、 本来大人たちが子どもたちに 伝えなければならないことだと 思うのです。 文科省が推し進める 「キャリア教育の充実」。 私には政府の弱者切り捨て政策の、 恰好の目隠しになっている気がして ならないのです。 進路を真剣に考えている 中学校3年生に読んで欲しい一冊です。 (2020. 20) さんによるからの写真 ご訪問ありがとうございます。 当ブログは 読書指導を考えている 中学校教員のみなさんへの読書指導案内、 そして本を読みたいけれども 何を読めばいいのか迷っている 中高校生への読書案内ができればと考えて 立ち上げました。 でも、当ブログを見た中学生が 当ブログで取り上げた本を読んでみる、 ということはあまり想定していません。 中学生がこんな文字だけの ブログを読むとは考えにくいのです。 むしろ当ブログをご訪問いただいた 中高生の子どもを持つ親世代の方に、 親子で読書を楽しむ 環境作りのお役に立てればという 気持ちを持っております。 そしてじわじわと 読書を楽しむ習慣を持つ人が 増えればいいなと、 そんな願いを込めて 毎日せっせと書き綴っています。 さらに、私と同じく 本が三度の飯より好きだという方の 本選びの参考になることがあるならば これ以上の幸いはありません。 基本的には 文庫本と新書本に限定しています。 図書館で読むことを想定せず、 購入して読むことを想定した 内容となっております。 私の住む地域の図書館利用が きわめて不便であることと、 人様に紹介する以上、 私自身が所有し読了していることを 前提条件としているからです。 どなたさまもどうかよろしく おつきあいください。 カテゴリー カテゴリー アーカイブ アーカイブ タグ.

次の

生田武志 おすすめランキング (11作品)

生田武志

生田 武志(いくた たけし、 - )は、の、である。 野宿者ネットワーク代表、「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」共同代表、有限責任事業組合(LLP)「フリーターズフリー」組合員。 経歴 [ ]• 、に生まれる。 、に転居。 専攻は。 大学在学中から、の・支援活動に携わる。 卒業後は釜ヶ崎キリスト教協友会の施設に就職。 自身も日雇い労働者として働く。 、「つぎ合わせの器は、ナイフで切られた果物となりえるか?」が評論部門の優秀作に選ばれる。 高校で野宿者問題の講義を担当するかたわら、雑誌「」の編集に携わる。 著作 [ ]• 『論』(2005年、)• 『ルポ 最底辺 不安定就労と野宿』(2007年、)• 『貧困を考えよう』(2009年、)• 『おっちゃん、なんで外で寝なあかんの? 『釜ヶ崎から 貧困と野宿の日本』(2016年、)• 『いのちへの礼儀』(2019年、) 外部リンク [ ]•

次の

おっちゃん、なんで外で寝なあかんの? こども夜回りと「ホームレス」の人たち|絵本ナビ : 生田 武志,下平 けーすけ みんなの声・通販

生田武志

【ジュンク堂 難波店】 人類による動物たちの扱いの問題は、今日、臨界点に達しています。 他方、ペットや家畜を商品として大量消費する社会は、労働者をはじめとする人間をも消耗品のごとく大量消費する文化を形づくっています。 労働者は使い捨ての「人材」やあるいは「社畜」となることを強いられ、震災の被災者たちは「廃用」となった家畜のように棄民され、外国人技能実習生は奴隷労働のような状態に追いやられています。 動物の生を徹底して管理し、その尊厳を否定するわたしたちの社会は、同時に人間の尊厳を否定する社会にもなっているのです。 そして、そのふたつは決して無関係ではありません。 こうした中、人間と動物の関係を問い直し、両者の尊厳をともに回復させようとする気運が世界で高まっています。 動物解放運動やビーガニズムの広まりは、その表われといえるでしょう。 動物「愛護」ではなく、動物の「解放」、人間の「解放」が問われているのです。 本トークセッションでは、野宿者支援活動の経験をもとに動物論『いのちへの礼儀』を著わした生田武志氏と、動物研究の最新作『現代思想からの動物論』(ディネシュ・J・ワディウェル著)を日本に紹介した翻訳家・井上太一氏をお招きし、人間と動物、双方の解放をめざす社会正義の展望について考えます。 【プロフィール】 生田武志(いくた・たけし) 1964年6月生まれ。 大学在学中から釜ヶ崎の日雇労働者・野宿者支援活動に関わる。 2000年、群像新人文学賞評論部門優秀賞。 野宿者ネットワーク代表。 「フリーターズフリー」編集発行人。 翻訳家。 動物倫理の関連書籍を紹介することに従事し、国内外で動物利用をテーマとする講演活動も行なう。 おもな訳書に『侵略者は誰か?』『ビーガンという生き方』『動物の権利入門』など。 電話予約可(06-4396-4771).

次の