セル スペクト。 セルスペクト株式会社

無料で血液測定、日本発ヘルステックが目指すもの:日経ビジネス電子版

セル スペクト

医療機器開発・製造販売のセルスペクト(本社盛岡市北飯岡、岩渕拓也代表取締役)は10日、感染拡大が続く新型コロナウイルスの抗体検査キットを発売したと発表した。 大学や医療機関向けの研究用製品で2時間で約100検体分の検査が可能。 ウイルス自体を検出するPCR法との併用で検査の精度が高まることが期待される。 発売したのは感染した際に血中からウイルスに対抗する抗体を検出するELISA(エライザ)法の検査キット。 検体に10種類の試薬を加えて2時間待つと、色の変化で抗体の有無などが分かる仕組みで、一度に96検体分、PCR法に比べ5分の1~10分の1のコストで検査できる。 同社によると、海外ではPCR法とエライザ法を組み合わせた判定で、陽性的中率が98%以上に上昇したという研究成果が報告されている。 国内では主にPCR法が活用されているが、抗体を検出するキットはほとんどが海外製で、世界で感染拡大が進む中で輸入が止まり、国内では使用できていないのが現状だ。 国産の抗体検査キットの安定流通が可能になれば、多くの研究者が研究を推進することで臨床での使い方が確立され、さらには今後の治療法や予防法の研究の進展が期待できるという。 抗体検査キットは1日当たり5000検体分の生産が可能。 今後、体外診断薬としての承認を目指し、岩渕代表取締役は「抗体検査キットは世界中で流通しているが、国産では少なくとも製品として流通しているものはない。 研究が進み、抗体検査が簡単にできるようになることでPCR検査を受けられず不安に思う人が少なくなれば」と話す。 同社は今後、今回のエライザ法による抗体検査を2時間から30分に短縮する迅速検査キット、抗体検査法でもインフルエンザ検査などに使われているイムノクロマト法により15分程度で抗体を検出する簡易検査キットも発売していく。

次の

セルスペクト株式会社

セル スペクト

盛岡市は微細な加工品を作るサプライヤーが多く存在し、医療機器にも通じるということで、2014年、同市にセルスペクトを創設。 医療機器に関する各許認可を取得して事業をスタートさせた。 メインのヘルステック事業は「未病と医療費」をテーマに健診サイクルを無料で回せるフリーミアムを目指しており、そのためのPOCT(迅速に検査と結果を出す仕組み)を開発、指先から自己採血で行う小型装置の「ケンパス」では、医療機関と同様の数値測定は10分で、唾液検査では5分で結果が得られる。 従来の検査との違いは、熟練スタッフ、検査所、大型装置、検体の郵送が不要なことであり、診断薬も極小ですむので徹底的な合理化が可能となる。 現在、東北地方で展開する薬王堂と提携、店舗で健康イベント等を通じて情報サンプリングの実証活動を行っているが、収益モデル化には、例えばグーグルのようにITプラットフォームをつくり、健康データを集めて付加価値を付けることが肝要だ。 ビッグデータとなって自治体はじめ各方面へ情報提供できれば、新しい予防医学、検査方法等に結びつき、医療費削減にもなるだろうと、岩渕氏は話す。 ヘルステック事業を成功させるには、検査機器の開発に加えダイアグノスティクス(診断学)も不可欠であり、数種類発見した臨床検査におけるバイオマーカー(病気を知るための生体内対象物)の実用化を、今まさに進めている。 一つは、子宮内膜症性腫瘍のがん化を判別するマーカーで、奈良県立医科大学産婦人科と共同研究、もう一つは、秋田大学医学部と行っている、がんの個別治療薬の診断方法最適化だ。 その他、JAXAや京都大学と共同実験しているストレスの定量的分析等、今後も医療機器からIT・ヘルステックへと、幅広く展開する予定だ。 番組を終えるにあたり講師は」これまで米国が主流だったバイタルデータを使った事業を、セルスペクトのような日本企業が世界へ伸びていく時が来ている。 講義タイムテーブル: スライド 時間 タイトル 00: 00: 00 最新医療機器ビジネス 00: 00: 44 シリーズ一覧 00: 01: 23 最新のバイオテック・メドテック(ヘルステック)分野の概念図(1) 00: 01: 52 最新のバイオテック・メドテック(ヘルステック)分野の概念図(2) 00: 02: 38 ゲストプロフィール 00: 03: 24 会社案内 00: 06: 55 当社の事業領域(1) 00: 07: 12 当社の事業領域(2) 00: 08: 14 サマリー 00: 08: 31 当社の事業領域(3) 00: 09: 03 医業パラドクス・考 00: 10: 36 医業パラドクス・考 -未病と医療費- 00: 13: 17 医業パラドクス・考「健康チェックをすれば公的歳費が減る」 00: 14: 40 医業パラドクス・考 00: 16: 24 健康ビッグデータ取得に用いる次世代POCTの開発と薬事申請に成功 00: 20: 32 MSA-2 Stick 00: 23: 43 ケンパスリーダーが実現させるプライマリケア無料化メカニズム 00: 24: 23 郵送型健診 vs ケンパス 00: 25: 42 健康ビッグデータで構築する産業利活用モデル 00: 28: 24 世界初の消費行動x健康情報プラットフォームによる健康ケアフリーミアムサイクル 00: 30: 22 健康データと医師との連携によるUserの行動変容と健康増進効果 00: 32: 14 決算書から推定されたユーザーデータの金銭的価値は10USD~100USD 00: 33: 09 SNSデータ vs ケンパス健康データ 00: 35: 23 世界初の消費行動健康情報プラットフォーム 00: 36: 48 健康ビッグデータを活用した収益化モデル 00: 37: 26 全国に広がる健康情報サンプリングネットワーク 00: 38: 22 2018年4月~ 健康チェック事業の風景 00: 38: 55 気づきによる健康寿命延伸サイクル 00: 40: 39 当社の事業領域(4) 00: 40: 46 プライマリケア分野における次世代POCTの世界的需要 00: 41: 11 MSA-2TMの流通戦略 00: 42: 13 MSA-2 Multi Simultaneous Analyzer 00: 42: 24 当社の事業領域(5) 00: 42: 28 臨床検査における低侵襲化への期待 00: 45: 19 平成29年度戦略的基盤技術高度化支援事業成業 PLS解析法による近赤外スペクトル定量法 00: 46: 36 TEAS Transvaginal Endometriotic cyst Analysis System 00: 47: 33 当社の事業領域(6) 00: 47: 40 プレシジョン・メディシン -どのお薬が、どのくらい効果的?- 00: 48: 27 セルスペクトx秋田県x秋田大学医学部 00: 50: 28 Biopyrrin is the stress marker that responses most quickly 00: 51: 53 医療機器単独事業からヘルステックIT事業へのシフト要因 00: 52: 42 セルスペクトのヘルステックベースドアプローチ 00: 57: 46 新時代のバイオベンチャー(4)まとめ 講師紹介: アシスタント:坂本 安代.

次の

新着情報: 従来の1/10の時間で大腸菌数を測定する手法を開発~早く・安く・簡単に多くの飲料水や食品の安全性を確認~(工学研究院 教授 佐藤久)

セル スペクト

盛岡市は微細な加工品を作るサプライヤーが多く存在し、医療機器にも通じるということで、2014年、同市にセルスペクトを創設。 医療機器に関する各許認可を取得して事業をスタートさせた。 メインのヘルステック事業は「未病と医療費」をテーマに健診サイクルを無料で回せるフリーミアムを目指しており、そのためのPOCT(迅速に検査と結果を出す仕組み)を開発、指先から自己採血で行う小型装置の「ケンパス」では、医療機関と同様の数値測定は10分で、唾液検査では5分で結果が得られる。 従来の検査との違いは、熟練スタッフ、検査所、大型装置、検体の郵送が不要なことであり、診断薬も極小ですむので徹底的な合理化が可能となる。 現在、東北地方で展開する薬王堂と提携、店舗で健康イベント等を通じて情報サンプリングの実証活動を行っているが、収益モデル化には、例えばグーグルのようにITプラットフォームをつくり、健康データを集めて付加価値を付けることが肝要だ。 ビッグデータとなって自治体はじめ各方面へ情報提供できれば、新しい予防医学、検査方法等に結びつき、医療費削減にもなるだろうと、岩渕氏は話す。 ヘルステック事業を成功させるには、検査機器の開発に加えダイアグノスティクス(診断学)も不可欠であり、数種類発見した臨床検査におけるバイオマーカー(病気を知るための生体内対象物)の実用化を、今まさに進めている。 一つは、子宮内膜症性腫瘍のがん化を判別するマーカーで、奈良県立医科大学産婦人科と共同研究、もう一つは、秋田大学医学部と行っている、がんの個別治療薬の診断方法最適化だ。 その他、JAXAや京都大学と共同実験しているストレスの定量的分析等、今後も医療機器からIT・ヘルステックへと、幅広く展開する予定だ。 番組を終えるにあたり講師は」これまで米国が主流だったバイタルデータを使った事業を、セルスペクトのような日本企業が世界へ伸びていく時が来ている。 講義タイムテーブル: スライド 時間 タイトル 00: 00: 00 最新医療機器ビジネス 00: 00: 44 シリーズ一覧 00: 01: 23 最新のバイオテック・メドテック(ヘルステック)分野の概念図(1) 00: 01: 52 最新のバイオテック・メドテック(ヘルステック)分野の概念図(2) 00: 02: 38 ゲストプロフィール 00: 03: 24 会社案内 00: 06: 55 当社の事業領域(1) 00: 07: 12 当社の事業領域(2) 00: 08: 14 サマリー 00: 08: 31 当社の事業領域(3) 00: 09: 03 医業パラドクス・考 00: 10: 36 医業パラドクス・考 -未病と医療費- 00: 13: 17 医業パラドクス・考「健康チェックをすれば公的歳費が減る」 00: 14: 40 医業パラドクス・考 00: 16: 24 健康ビッグデータ取得に用いる次世代POCTの開発と薬事申請に成功 00: 20: 32 MSA-2 Stick 00: 23: 43 ケンパスリーダーが実現させるプライマリケア無料化メカニズム 00: 24: 23 郵送型健診 vs ケンパス 00: 25: 42 健康ビッグデータで構築する産業利活用モデル 00: 28: 24 世界初の消費行動x健康情報プラットフォームによる健康ケアフリーミアムサイクル 00: 30: 22 健康データと医師との連携によるUserの行動変容と健康増進効果 00: 32: 14 決算書から推定されたユーザーデータの金銭的価値は10USD~100USD 00: 33: 09 SNSデータ vs ケンパス健康データ 00: 35: 23 世界初の消費行動健康情報プラットフォーム 00: 36: 48 健康ビッグデータを活用した収益化モデル 00: 37: 26 全国に広がる健康情報サンプリングネットワーク 00: 38: 22 2018年4月~ 健康チェック事業の風景 00: 38: 55 気づきによる健康寿命延伸サイクル 00: 40: 39 当社の事業領域(4) 00: 40: 46 プライマリケア分野における次世代POCTの世界的需要 00: 41: 11 MSA-2TMの流通戦略 00: 42: 13 MSA-2 Multi Simultaneous Analyzer 00: 42: 24 当社の事業領域(5) 00: 42: 28 臨床検査における低侵襲化への期待 00: 45: 19 平成29年度戦略的基盤技術高度化支援事業成業 PLS解析法による近赤外スペクトル定量法 00: 46: 36 TEAS Transvaginal Endometriotic cyst Analysis System 00: 47: 33 当社の事業領域(6) 00: 47: 40 プレシジョン・メディシン -どのお薬が、どのくらい効果的?- 00: 48: 27 セルスペクトx秋田県x秋田大学医学部 00: 50: 28 Biopyrrin is the stress marker that responses most quickly 00: 51: 53 医療機器単独事業からヘルステックIT事業へのシフト要因 00: 52: 42 セルスペクトのヘルステックベースドアプローチ 00: 57: 46 新時代のバイオベンチャー(4)まとめ 講師紹介: アシスタント:坂本 安代.

次の