おすすめクレジットカード比較。 クレジットカードは使い分けよう!利用者別おすすめの組み合わせとクレジットカードおすすめ比較ランキング

人気のクレジットカードから選ぶ!(2020年最新版)みんなの「おすすめクレジットカード」一覧!|クレジットカード比較|ザイ・オンライン

おすすめクレジットカード比較

2019年最新の情報をもとにした、クレジットカードの中でもおすすめの一枚を紹介するコンテンツです。 日本国内だけで発行されているクレジットカードは1000種類を超えています。 そんな中から、クレジットカードを選ぶというのは大変労力が必要です。 私の最初のクレジットカードはゆうちょ銀行(当時は郵便局)のキャッシュカードについたニコスカードでした。 結局ポイントがほとんど貯まらないだけでなく、有効期限の問題でポイントも失効してしまい、ちょっと残念な気持ちになりました。 そうならないために、マネーの専門サイトであるMoneyLifehackが自信をもってお勧めすることができるクレジットカードを厳選して紹介していきます。 2020年 おすすめクレジットカード ベスト3 まずは、私が特におすすめするクレジットカードをピックアップして紹介していきます。 持っていて損をすることのない、高スペックのクレジットカードです。 楽天カード(年会費無料。 楽天ポイントがモリモリ貯まる)• エポスカード(年会費無料。 決済よりも特典重視の一枚)• JCB CARD W(年会費無料。 20代~30代向けで見た目もOK) まずは、紹介するおすすめのカードはとにかく、他社のクレジットカードと比較して、汎用性が高くお得なカードをまずは紹介していきます。 楽天カード(年会費無料。 楽天ポイントがモリモリ貯まる) ご存知、楽天カード。 単体のクレジットカードとしては日本で最も多く発行されているクレジットカードの一つです。 特に、楽天系のサービスを利用している人にとってはその価値を何倍にも高めていくことができます。 楽天市場でお買い物をする人には特におすすめ。 また、ショッピングだけでなく、資産運用や投資に関しても力となるのが楽天カードです。 攻守両面でバランスが取れたおすすめのクレジットカードです。 エポスカード(年会費無料。 決済よりも特典重視の一枚) クレジットカードでの決済金額があまり大きくないという方は、ポイント還元を重視するよりもカード保有者向けの特典でカードを選ぶ方が得できます。 そうした特典重視の方におすすめなのがエポスカード(EPOS)です。 年会費は永久無料でありながら、1万店舗以上で利用できるエポトクプラザは飲食店やカラオケ店、映画館などを優待料金で利用できるサービスとなっています。 最短即日発行、即日受取も可能となっています。 また、海外旅行傷害保険も自動でセットされているので海外旅行のお守り代わりにも使えます。 JCB CARD W(年会費無料。 20代~30代向けで見た目もOK) JCB CARD WはJCBカードのスタンダードなクレジットカードです。 20代、30代向けのクレジットカードで39歳以下の方しか申し込みができないようになっています。 5%還元)。 カードフェイスも落ち着いているので社会人の方などが外で使う分にも全く問題ないはずです(楽天カードなどは外で使うことに抵抗感を感じる方が少なからずいらっしゃいます)。 JCBカードのオリジナルシリーズということでスタンダードかつポイント還元等もお得なクレジットカードとなっています。 目的別のおすすめクレジットカードの探し方 最初に紹介した3枚のおすすめクレジットカードは、万人におすすめできるお得なクレジットカードです。 その一方で、クレジットカードには様々な特典や優待があり、適用される条件も違います。 そのためあなたの目的や用途、考え方によってお勧めするカードは変わってきます。 また、現在よく利用しているサービス、買い物をする場所、貯めているポイントやマイルなどによっても選ぶべきカードは細かく変わってきます。 世の中には、そんないろいろなクレジットカードがあるわけです。 以下では、より細かく目的別や用途別などにおすすめのクレジットカードを紹介、比較していきます。 ポイント還元率が高いクレジットカード• おすすめのゴールドカード• 今すぐほしい人におすすめのクレジットカード• 海外旅行に行くのにおすすめのクレジットカード• ラグジュアリーな優待・特典で選ぶ、おすすめクレジットカード• マイルを貯めやすい、旅行におすすめのクレジットカード• 法人やビジネスにおすすめのクレジットカード ポイント還元率が高いクレジットカード まずは、皆さん気になるポイント還元率。 要するにカードでお買い物することで購入金額の何%分がポイント還元されるか?っていう話になります。 ポイント還元率でお勧めのカードを比較する場合、重要な要素はいくつかあります。 還元率(付与額)• ポイントの使いやすさ、最低利用、有効期限 この三つです。 還元率は分かりやすいですね。 5%とか1. 0%といったように%で表示します。 当然ですが、還元率が高い方が良いですよね。 また、それだけでなく気を付けたいのはポイントの使いやすさ、最低利用ポイント数と有効期限です。 いくらポイント還元率は高くても用途が限られていたり、使いにくかったり、有効期限が短かったりすると失効させてしまうリスクもあります。 楽天カード、JCB CARD Wは最初に紹介したおすすめ3枚にも含まれていますので、詳細な説明は割愛します。 公式サイトは「楽天カード」「JCB CARD W」のページから申し込みできます。 年会費無料で基本ポイント還元率は1. 0%と高め。 一般的なポイントはポイント利用分はポイント還元対象外になりますが、楽天ポイントの場合はポイント利用分もポイントが加算されます。 そのため同じポイント還元率でも楽天ポイントはポイント利用時の加算があるため、実質的な還元率は見た目よりも高いです。 楽天ポイントの使い道が豊富な点も強み。 クレジットカードの支払いにポイントを充当できるほか、楽天証券で投資信託の買付などのポイント投資にも利用できます。 リクルートカードに少し劣りますね。 ただ、JCB CARD Wの強みはJCBのプロパーカードであり、「JCBオリジナルシリーズパートナー特典」が使える点が大きな強みです。 加盟店にはセブンイレブン、Amazon、昭和シェル石油、ビックカメラ、タイムズパーキング、セシール、キッザニア、スターバックスなどがあり、こうした加盟店ではボーナスポイントが加算されます。 このようなパートナーでの利用も考えると、トータルではリクルートカード以上の還元率が期待できるクレジットカードです。 おすすめのゴールドカード 続いてはゴールドカード。 こちらは年会費が1万円程度で設定されているものが多いです。 年会費を払うことに抵抗感を感じる方も多いと思いますが、ゴールドカードになると、クレジットカードの付帯保険(保障)や優待、特典なども大きく拡充します。 また、クレジットカード(ゴールドカード)によってはかなりお得なものもあり、場合によっては年会費を実質的なお得さでペイできてしまうようなカードもあります。 dカードGOLD(ドコモユーザーなら年会費のモト取れる)• 楽天ゴールドカード(楽天市場ヘビーユーザーなら最強)• イオンゴールドカード(年会費無料ゴールド)• 三井住友VISAゴールドカード(ザ・スタンダードなゴールドカード) dカードGOLDはドコモユーザーなら年会費のモトが取れるハイスペゴールドカード ドコモユーザー限定となりますが、ゴールドカードの中でも特にオススメのカードがdカードGOLDです。 年会費1万円+税のスタンダードな年会費のゴールドカードになりますが、特典が半端ないです。 年会費は余裕でペイできます。 無料のケータイ補償(10万円分・3年間)• さらに、家族カード1枚無料で上記特典も受けられるので、夫婦、家族で使えば2倍お得になります。 これに加えて、一般的なゴールドカード特典である、充実した旅行傷害保険や空港ラウンジといった各種サービスももちろん使えます。 2019年で最も人気のあるゴールドカードと評価できる一枚です。 楽天ゴールドカードは楽天市場ヘビーユーザーなら最強の一枚 楽天ゴールドカードは年会費2000円+税のゴールドカードとは言っても年会費激安のゴールドカードです。 特典も一般的なゴールドカードと比較して見劣りする部分もあります(空港ラウンジの年回利用回数制限など)。 ただ、楽天ゴールドカードは楽天市場のヘビーユーザーであれば、通常の年会費無料の楽天カードよりも圧倒的にお得になります。 年会費差が2,000円ということは、ざっくりですが年間に10万円くらいのお買い物をするなら年会費負担を考えてもゴールドカードの方がお得ということになります。 イオンゴールドカードは年会費無料で取得可能なゴールドカード イオンゴールドカードは、イオンカードのゴールドカードとなります。 実はこちら年会費無料のゴールドカードとなります。 ただ、直接の申し込みはできず、通常のイオンカード(イオンカードセレクト)を利用して一定の実績を積んだ人にインビテーション(招待)されるゴールドカードとなっています。 ただ、ハードルはそこまで高くありません。 イオンを利用することが多い人であれば、1年~数年でインビテーションが届くはずです。 こちら年会費無料にもかかわらず、サービス(特典)は一般的なゴールドカード並みです。 イオンユーザーなら年会費無料の一般カードからイオンゴールドカードを目指しましょう。 三井住友VISAゴールドカードはザ・スタンダードなゴールドカード いや、自分はシンプルなゴールドカードが欲しいんだという方は、三井住友VISAゴールドカードでしょうか。 年会費は1万円+税となっていますが、WEB明細や自動リボ払いサービスを利用すれば年間で6,000円の年会費が節約でき、実質4,000円で維持可能です。 リボ払いサービスは抵抗感があると思いますが、三井住友VISAカードの場合、月々の返済額を上限にしておけば、実質1回払いとなり手数料(利息)はかかりません。 世界中で使えるVISAブランド(MasterCardブランドも選択可能)なので、これ一枚で世界中で利用できます。 国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険といった付帯保険も充実しています。 とにかく、ザ・ゴールドカードが欲しいというのであれば三井住友VISAゴールドカードがおすすめです。 クレジットカードが今すぐ必要な人におすすめ 今日、明日といった今すぐにクレジットカードが欲しいという人におすすめのクレジットカードを紹介していきます。 でも、今すぐほしいという人はネット申込からの店頭受け取りが可能なクレジットカードがおすすめです。 このタイプなら商業施設まで取りに行く必要はありますが、最短即日(数時間)でカードを手にすることができます。 エポスカード(マルイ受取・即日発行・即日利用可能)• セゾンカード(西友などで受取・即日発行・即日利用可能) 即日発行され、その日のうちに決済をすることも可能です。 エポスカードはおすすめランキングでも選抜したお得な特典付きのクレジットカードです。 ネット申し込みで店頭受け取りを選択できるので、それで申込をしてからマルイのカードカウンターに行けば、すぐに受け取れます。 セゾンカードも同様ですね。 いや、そこまで早くなくても大丈夫という方はJCBカードがオススメ。 最初のおすすめカード3選にも選んだJCB CARD WなどJCBオリジナルシリーズと呼ばれるカードは最短で申し込み翌日に自宅まで郵送するサービスを行っています。 エポスカードはマルイで即日受け取り可能 マルイのクレジットカードであるエポスカードは申し込み即日に発行、受け取りが可能な年会費無料のクレジットカードになります。 下記の公式サイトからネット申込をして、受け取りを郵送ではなくマルイのクレジットカードカウンター受け取りにしてます(店舗を選択)。 カード発行完了のメールが届いた後であれば、マルイ内のエポスカードカウンターで受け取れて、その日の内から支払いが可能です。 おすすめカード3選にも選んだようにエポトクプラザなどの特典はこちらでも利用可能です。 セゾンカードインターナショナルはセゾンカードカウンターで即日受取 セゾンカードのスタンダードなクレジットカードとなっています。 年会費は無料でポイント還元率は0. 5%ですが、有効期限無期限の「」を貯めることができるというのが強みのクレジットカードです。 ただ、クレジットカードとしてのスペック全体でみると、おすすめカードとして紹介しているカードの中ではやや低めです。 即日発行ができるという点を大きく評価しています。 JCBオリジナルシリーズは最短翌日受け取り JCBカードのオリジナルシリーズと呼ばれるプロパーカード(基本カード)は郵送での最短翌日受け取りに対応しています。 一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、JCB CARD Wなどの各種カードが対象となります。 特に、JCB CARD Wについてはおすすめカード3選でもチョイスしたようにスペックの高い年会費無料のクレジットカードとなっています。 今すぐカードが欲しいという方にもおすすめの一枚となっています。 海外旅行に行くのにおすすめのクレジットカード クレジットカードを作る理由の一つとしてよく聞くのが海外旅行に行くからという理由があります。 海外の場合、ホテルに泊まる際にもクレジットカードがないとデポジット(保証金)の支払いが必要だったり、現金払いが難しいお店もあります。 海外での利用を前提にするなら国際ブランドはVISAかMasterCardを強くお勧めします。 JCBやAmericanExpressなどのブランドは国や地域によっては加盟店が極端に少ないことがあるからです。 そのため、ワールドワイドに加盟店を持つVISAかMasterCardがおすすめです。 ただ、渡航先が中国の場合、圧倒的に強いのは「銀聯(ぎんれん)」というブランドです。 こちらは三井住友カードが同ブランドのカードを発行しています。 参考: また、せっかく海外にいくということであれば「」が充実したカードを選択することも重要です。 海外旅行傷害保険があれば、旅行中の事故やケガ、病気のほか、第三者への賠償責任や盗難などの補償も行われます。 海外では日本よりも医療費が高額化することが多いため、こうした保険に加入しておくことは重要です。 三井住友VISAゴールドカード• エポスカード• エムアイカードゴールド この辺りのクレジットカードがおすすめです。 三井住友VISAゴールドカードは銀聯ブランドもサブカード発行可能 三井住友VISAゴールドカードはおすすめのゴールドカードでも紹介したカードです。 世界で使えるVISA(またはMasterCardブランド)が発行可能です。 また、サブカードとして銀聯ブランドのカードも発行できるので中国に行く方にとってもうれしいですね。 海外旅行傷害保険は最高1000万円が自動付帯。 ただ、ホテル代や航空券代の一部を同カードで決裁すれば補償額は5000万円にアップします。 海外旅行の際に役立つゴールドカードといえそうです。 エポスカードは年会費無料で自動付帯の海外旅行傷害保険が魅力 おすすめカード3選でもチョイスしたエポスカードは海外旅行にもおすすめです。 理由は自動付帯(カードを保有しているだけで保険の対象となる)の海外旅行傷害保険です。 海外旅行傷害保険は設定されていても基本的に「利用付帯(ホテル代などをカード払いしたときに保険が適用される)」という事が多いです。 それが年会費無料のカードで、それでいて自動付帯というのは素晴らしいです。 海外旅行に行くならぜひお守り代わりにしたいクレジットカードですね。 ちなみに、海外旅行傷害保険のうち、病気やケガなどの補償、第三者への賠償責任などの補償部分は積み上げ方式となっています。 複数のクレジットカードの保険が適用されれば金額が上乗せされていきますので、すでに海外旅行傷害保険に入っている方もエポスカードを持っておくだけでさらに補償が乗る形になります。 楽天プレミアムカード 海外VIP空港ラウンジが使える 楽天カードの内、上位カードにあたる楽天プレミアムカード(年会費1万円+税)があります。 こちらの強みはこの年会費帯にあるにも関わらず、海外の空港におけるVIPラウンジを無料で使える「」が付帯している点が強みです。 参考画像のブランドはJCBになっていますが、VISA、MasterCardのブランドも選択可能です。 国際線のVIPラウンジは軽食やアルコール、シャワーなどが無料で利用できるようにっており、空港内での待ち時間などを有効に使うことができます。 海外旅行傷害保険は自動付帯となっており、補償額も最高4000万円(死亡・後遺障害)となっております。 ラグジュアリーな優待・特典で選ぶ、おすすめクレジットカード グルメ優待、ホテル優待、その他コンシェルジュサービスといった、よりラグジュアリーな特典や優待を希望する人向けのクレジットカードです。 提供する特典によっては年会費は高額になりますが、カードの特典を使いこなすことができるのであればかなり得をすることができますし、プライスレスな体験ができるという点も魅力です。 ラグジュアリーカード• アメリカンエキスプレス・プラチナカード こうしたカードは、基本的にお金を使うことが前提となっているサービスが多いです。 美味しいものを食べるのが好きで高級店に行くことに躊躇しない、ホテルや旅行などによく行くという方は、カード保有や利用で受けられるワンランク上のサービスで十分に年会費のモトをとることもできるでしょう。 逆に、節約志向の強い方にとっては年会費がバカ高いだけのカードですので、検討する必要はないと思います。 ラグジュアリーカード(金属製のプレミアムクレジットカード、グルメ優待が秀逸) ラグジュアリーカードはオール金属製のプレミアムなクレジットカードとして人気があります。 チタン(年会費5万円)、ブラック(年会費10万円)、ゴールド(年会費20万円・招待制)という3種類のカードがあり、いずれも年会費は高額となりますが、ラグジュアリーな特典が豊富に用意されています。 特に、都心部を中心にグルメ系の特典が豊富に用意されています。 レストランでの特別な優待ディナーやレストランまでの無料リムジン送迎のような特典があります。 東京・大阪・京都にサービスが集中しているので、地方の場合その強みを活かすのは難しい面もありますが、ホテルやグルメなどにお金を使う方であれば、ラグジュアリーカードを保有することで、より一層それらを充実したものにできるでしょう。 マイルを貯めやすい、旅行におすすめのクレジットカード 人気の高い航空会社のマイル(マイレージ)を貯めるほか、旅行好きな方にとって魅力度の高いおすすめのクレジットカードを紹介していきます。 ANAマイルやJALマイルといったマイレージはポイントプログラムの一つですが、使いみちによってポイント価値が大きく変わるポイントでもあります。 特に、特典航空券(無料航空券)との交換は交換価値が非常に高いため、人気の高いポイントとなっています。 ANAカード• JALカード• アメリカンエキスプレススカイトラベラーカード• SPGアメックス ANAかJALの特定の航空会社に乗ることが多いのであれば、それぞれのクレジットカードがおすすめです。 ANAならANAカード、JALならJALカードですね。 マイル還元率だけでなく、搭乗ボーナスや空港内や機内でのお買い物でも特典があるからです。 ANAカード、JALカードは非常にたくさんの種類がありますので、詳しくは以下の記事でどのカードを作るかを考えてみてください。 一方で国際線利用が多く、ANAやJAL以外の航空会社を使うことも多いというのであれば、アメリカンエキスプレススカイトラベラーカードがオススメです。 世界中の航空会社と提携しているアメックスならではで、航空券購入が特にお得になります。 また、同じアメックスのSPGアメックスはマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員が自動付帯したクレジットカードです。 ためたポイントはホテルの無料宿泊に使えるほか、航空会社各社のマイルと高レートで交換できるため、旅慣れた人におすすめです。 アメリカンエキスプレス・スカイ・トラベラー・カード アメックスの旅行者向けのマイル系クレジットカードです。 貯めたポイントは提携航空会社のマイルとも交換可能になっています。 年会費は高額ですが、マイル還元率はかなり高いです。 世界を飛び回り、色々な航空会社を利用するという方は、このカードかなりおすすめです。 SPGアメックスはホテル上級会員とマイルの貯めやすさがそろったカード アメリカンエキスプレスとマリオットが提携しているクレジットカードです。 年会費は31,000円+税とやや高めですが、旅行好きな方にとっては魅力的なクレジットカードです。 魅力はマリオットグループのエリート会員資格(ゴールドエリート)を無条件に取得することができ、ザ・リッツカールトンやマリオット、シェラトンといったホテルで客室の無料アップグレードやレイトチェックアウトといった優待を受けることができます。 また、カード更新時にはこれらのホテルの内、5万ptで宿泊可能なホテルに無償宿泊ができる特典もついています。 もう一つの特典はマイルです。 マリオットは世界中の航空会社と提携していて、マリオットのポイントを航空会社のマイルと交換することもできます。 ショッピングや宿泊で貯まるポイントはホテルの無料宿泊にも使えるし、マイルに交換して無料航空券(特典航空券)と交換してフライトを楽しむこともできます。 法人やビジネスにおすすめのクレジットカード クレジットカードは個人ユースだけでなく、法人やビジネス決済で利用するケースも多いと思います。 ビジネスの場合、決済金額も大きいですからポイント還元などの影響も大きいです。 また、経理処理場もクレジットカード決済なら記帳(データ入力)の手間を省ける機会も多いです(クラウド会計など)。 社長専用というカードでもいいでしょうし、規模感のある会社であれば購買担当者や出張が多い営業マンなどに従業員用のカードを発行して経費管理するというのも手です。 その他、接待の会場確保や出張の際のホテルや航空券予約などの際にも力を発揮します。 決済だけと割り切るか、それとも手厚い付加価値を求めるかは会社次第でしょう。 セゾンプラチナ・ビジネスカード• プラチナカードの中では年会費は抑えめで年間の利用金額が200万円以上だと半額となります。 ポイント還元率は0. 5%ですが、JALマイルへの交換を前提とした場合、1. 125%のマイル還元率となるため、JALマイルをためている経営者や個人事業主におすすめです。 プラチナカードとしてのサービスも豊富で、コンシェルジュサービスや空港ラウンジサービスなどが提供されています。 年会費2万円で利用金額次第で1万円にまでできるコストパフォーマンスの良いプラチナカードです。 オリコEX Gold for Biz 法人カードの中でもコスパに優れた一枚です。 年会費は2,000円(税別)とお手軽に持てる法人カード(個人事業主用のカード)です。 基本のポイント還元率は0. 6%ですが、年間利用額に応じて還元率はup• 年50万円未満:1倍(0. 6%還元)• 年50万円以上:1. 5倍(0. 85%還元)• 年100万円以上:1. 7倍(0. 95%還元)• 年200万円以上:2. 0倍(1. 1%還元) 法人、個人事業主のどちらも対象になります。 なお、オリコEX Gold for BizはMastercardブランドを選択すれば招待日和(対象レストランで2名以上のコース料理予約で1名無料)が利用できます。 一般的にはプラチナカードなどのハイステータスカード向けの優待ですが、オリコEX Gold for Bizの年会費はたった2000円という事を考えるとすごくお得度が高いです。 お気に入りのクレジットカードを作ろう 長々となってしまいましたが、いろいろな条件別におすすめのクレジットカードを紹介してきました。 クレジットカードの申込にかかる時間なんてWEB申し込みなら10分、長くても15分くらいで完了します。 気になる一枚が見つかったらぜひ、申込をしてみてください。 以上、マネーライフハックがおすすめするクレジットカードを2019年の最新情報を元に作成しました。

次の

おすすめのPontaクレジットカードは? 全11種類を徹底比較

おすすめクレジットカード比較

おすすめゴールドカードランキングの根拠と選び方 このページで紹介するゴールドカードは、以下の理由で選んでいます。 年会費 年会費を上回る特典付きでコスパがいいか。 家族カードやETCカードの年会費含む ポイント還元率 ポイントが貯まりやすいか。 貯めたポイントを使いやすいか 特典 会員限定イベントやプライオリティパス、提携ショップでの割引などの特典の充実度 旅行保険 国内・海外旅行保険の補償額。 自動付帯なら高評価 提携サービス マイルへの交換、他社ポイントへの交換、電子マネーへのチャージ、Apple Pay対応 補償 ショッピング補償、不正利用・盗難された際の補償、日本語対応のカスタマーサービス ゴールドカードは、付帯する特典が異なり、使う人によってメリット・デメリットがあります。 あなたがゴールドカードを選ぶ際も、これらの特徴をふまえて選ぶと最強の1枚がみつかります。 人気のおすすめゴールドカード 専門雑誌でも高い評価を獲得している人気カード。 知名度もあり、特典も満載。 迷ったら選びたいゴールドカードです。 携帯電話端末の紛失や修理でかかる費用を最大10万円まで補償してくれるdカードケータイ補償も付いています。 最高1億円の海外旅行保険や空港ラウンジ無料といった特典も充実。 dポイントを貯める最強にお得なカードです。 com、Booking. comなど)で還元率2. はじめてのゴールドカードにもおすすめです。 1位三井住友カード プライムゴールド 20代でも発行できるゴールドカード 三井住友カード プライムゴールドは、満20歳以上30歳未満の方でも申し込めるゴールドカードです。 満30歳を迎えると三井住友カード ゴールドにランクアップできます。 空港ラウンジ無料、ゴールド会員専用デスク、ドクターコール24、最高5,000万円の旅行保険と特典も充実。 年会費も安いので、はじめてのゴールドカードにおすすめです。 申し込み対象 満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方 特徴 20代でも発行できるゴールドカード 満30歳を迎えると三井住友カード ゴールドにランクアップ 空港ラウンジ無料。 5倍(還元率0. 利用金額に一律の制限なし カード会員だけの特別イベント 最高1億円の旅行保険 国際ブランド Diners Club 年会費 初年度:22,000円 翌年以降:22,000円 家族カード:5,000円 ETCカード:無料 ポイント還元率 ダイナースクラブ リワードポイント:基本還元率0. 5倍(還元率1. 正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください。 空港ラウンジもOK。 1位DELTA スカイマイル アメックス ゴールドカード デルタ航空「ゴールドメダリオン」付与!スカイマイルを貯めるならこれ! デルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン」が無条件で付帯。 世界のスカイチーム・ラウンジが無料で使える他、優先チェックイン、優先搭乗、無償アップグレードなど、デルタ航空のサービスが上質に。 また、カードでの支払い100円につき1スカイマイル貯まり、入会で8,000マイル、継続で毎年3,000マイルもらえます。 海外旅行保険も最大1億円付帯し、ゴールドカードとして申し分ないカードです。 25倍 ・デルタ航空への支払いで3倍 ・デルタ航空の航空券購入で1米ドルにつき8マイル ・入会で8,000マイル、継続で毎年3,000マイルもらえる ・デルタ航空ファーストフライトボーナス10,000~25,000マイル ・1年間のカード利用金額の合計が100万円毎に5,000マイル ・スカイマイル ショッピングでスカイマイルが貯まる 特典 デルタ航空ゴールドメダリオン付与(スカイチーム・ラウンジ無料、優先チェックイン・優先搭乗、優先荷物取扱い、キャンセル待ち優先、無償アップグレード、直接発券手数料無料)、空港ラウンジ無料、手荷物無料宅配サービス、無料ポーターサービス、京都観光ラウンジ無料など 旅行保険 海外:最高5,000万円(自動付帯)最高1億円(利用付帯) 国内:最高5,000万円(利用付帯) 提携サービス スカイマイル交換可(デルタ航空、スカイチーム加盟航空会社、スカイマークの特典航空券に交換)、Apple Pay対応 補償 ショッピング保険、キャンセル補償、返品補償、不正利用・盗難された際の補償、日本語対応のカスタマーサービスなど 特徴 入会ボーナスと継続ボーナスでスカイマイルがもらえる 普段の買い物でスカイマイルが貯まる 空港ラウンジ無料 国際ブランド VISA 年会費 初年度:18,000円 翌年以降:18,000円 家族カード:9,000円 ETCカード:無料 ポイント還元率 スカイマイル:基本還元率1. はじめてゴールドカードの発行を検討している方は、以下を参考にしてみてください。 ステータス ゴールドカードは、一般カードと比較して、審査が厳しい。 そのため、 持っているだけでも社会的信用の証明になることも 年会費 ゴールドカードの 年会費は、1万円~3万円が相場。 一般カードのように年会費永年無料のカードはほとんどありません ポイント還元率 同じカード会社が、一般カードと格上のゴールドカードを発行しているケースは多々あります。 ゴールドカードの方が、 ポイント還元率がアップする傾向にあります 特典 ゴールドカードは、 一般カードにはない特典が満載。 会員限定イベントやプライオリティパス、レストラン割引など年会費の元を取れるほど、充実しているカードも 旅行保険 ゴールドカードは、 補償額が5,000万円~1億円と高く自動付帯のカードもたくさんあります。 一般カードは、旅行保険が付帯していない、付帯していても補償額が安く利用付帯です 補償 ゴールドカードは、ショッピング補償などの補償額が高いです。 また、 カスタマーサービスがしっかりしていて、24時間通話無料で海外から日本語対応してくれるカードも。 一般カードで、満足な対応を得られないと感じれば、ゴールドカードを検討してみましょう。 プライオリティ・パス 例えば、プライオリティ・パスは、ゴールドカードやプラチナカードに付帯している特典として定番です。 国内外1,000ケ所以上の空港VIPラウンジを利用できます。 空港VIPラウンジでは、以下のようなサービスが受けられます。 利用方法は、搭乗券とカードを受付で提示するだけです。 上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるです。 座席数140席もあり、広々としたきれいなラウンジです。 ソフトドリンクは、コーヒー、オレンジジュース、ミルク、青汁、トマトジュースなどがフリードリンクで飲み放題です。 出発保安検査場通過後のエリアにあるので、出発までの間、ゆっくりと過ごせます。 電源コンセントもあるので、スマホを充電したり、パソコンで仕事をしたりすることもできます。 雑誌や新聞もあり、暇な時間も有意義に過ごせます。 空港ラウンジは、ラウンジによって特色があります。 上記は、羽田空港の第2旅客ターミナルにあるです。 出発保安検査場通過前のエリアにあるので、空港に早く着きすぎた場合でも休憩できます。 パソコンができるスペースもあります。 本来は有料の空港ラウンジを無料で使えるので、この特典は素晴らしいです。 私もよく利用しています。 レストランのコース料理が無料 には、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」という特典が付いています。 「ゴールド・ダイニング by 招待日和」は、国内外約200店舗のレストランで、 コースメニューを2名以上で予約すると1名が無料になります。 私も妻と招待日和を利用して、伊勢海老のコース料理を食べてきました。 大阪にある「活 伊勢海老料理 中納言」というレストランです。 伊勢海老と国産牛フィレ肉の石板焼が付いた「喝采」という一番人気のコース料理。 料金は、一人15,500円(税抜)です。 アメックスのゴールド・ダイニング by 招待日和は、1店舗につき半年に1回利用できます。 いろんなお店に、格安で何度も行けるので、めちゃくちゃお得です。 記念日やお祝い、接待、年に一度の贅沢で利用すれば、家族や友人を喜ばせられます。 ゴールドカードの注意点 申し込みの年齢制限や審査 ゴールドカードは、一般カードと比較してステータスが高いです。 そのため、申し込み基準が厳しいです。 申し込みの際は、以下をチェックしておきましょう。 チェックポイント 年齢:通常18歳以上の年齢制限が、ゴールドカードは20歳以上の場合が多い 職業:学生や専業主婦など安定した収入がない方は審査に通りにくい 利用履歴:過去のカードの利用における、支払いの延滞やトラブル なお、ゴールドカードの審査は、必ずしも年収が高くなければ、通らないわけではありません。 年収500万円前後でも審査に通ることはあります。 また、学生や専業主婦でゴールドカードを使いたければ、本会員と同等の特典が付帯された、家族カードを発行するといいでしょう。 ゴールドカードのメリットとデメリットを詳しく知りたい方は、以下ページも合わせてご覧ください。 ゴールドカードのメリットとデメリット.

次の

【2020年版】 おすすめクレジットカードはこれ!人気カードを比較してご紹介!

おすすめクレジットカード比較

買い物をする際に、キャッシュレスで便利なクレジットカード。 実はクレジットカードは、ただ買い物をするのに便利というだけではないこと、ご存知でしたか?クレジットカードのポイントを貯めたり使ったり、またカード会員限定のお得なサービスを利用することができ、クレジットカードを持つことでより豊かな生活を送ることができます。 クレジットカードは多種多様。 カードのよって、特徴や魅力は異なります。 「クレジットカードを作りたいけれど、どのカードを作ればいいか分からない。 」、「自分にあったクレジットカードを選びたい!」など迷われている方も多いかもしれませんね。 そこで、今回は『2020年 おすすめクレジットカード人気比較』と題して、人気のクレジットカードの特徴や魅力を徹底的に解説します!ご自身のライフスタイルに合ったぴったりのクレジットカード選びの参考にして下さいね! みんなにおすすめできるクレジットカード5選 今や1000種類を超えるクレジットカード。 いざ「カードを作ろう!」と思ってもどれを作ればいいか迷ってしまいますよね。 迷ってしまったら、「まずはコレ!」というおすすめのカード5選をご紹介します。 JCB W 日本が誇る国際ブランドのJCB。 そのJCBが発行する2017年に登場したカード JCB W。 永年年会費無料のクレジットカードなのに、通常のJCBカードと比べてポイント還元率が2倍の高還元率が魅力のカードです。 特徴別おすすめクレジットカード 「どのクレジットカードが自分に合っているの?」そんな風に迷われている方は、それぞれカードの特徴を知ることで、ぴったりのカードを選べることができますよ!ここでは、特徴別におすすめのカードを解説します。 年会費無料重視なら 年会費がかかるということは、クレジットカードを持つ上でも考慮しなくてはならないポイントの一つです。 年会費はクレジットカードの種類によって異なりますが、中には 永年年会費無料のクレジットカードもあります。 年会費無料のクレジットカードの中でもおすすめなのは、 JCB CARD Wです。 年会費無料のクレジットカードならJCB CARD Wがおすすめな理由• 永年年会費無料• ポイント還元率1%以上の高還元率クレジットカード• アマゾンやスターバックス、セブンイレブン等、加盟店では貯まるポイントが3倍! 年会費無料のクレジットカードのメリットと言えば、やはり「費用がかからない」ということではないでしょうか。 そんな中、JCB CARD Wは年会費無料な上に還元率1%以上の類まれない 高還元率なクレジットカード! ポイント還元率が常に1. 0%、Amazonなどでスターバックス、セブンイレブン、小田急百貨店、高島屋などでの利用は、貯まるポイントが3倍になります。 キャンペーン期間中に、入会すると入会後3か月間のポイントは4倍になります。 JCB CARD Wは、「クレジットカードに年会費はかけたくない。 けれど、ポイントは効率よく貯めたい」という方におすすめのクレジットカードです。 ポイント還元率重視なら クレジットカードを利用するごとに利用金額に応じて貯まるポイント。 そのポイントの還元率は、クレジットカードによって異なります。 一般的なクレジットカードの還元率は0. せっかくポイントを貯めるのであれば、たくさん貯まるクレジットカードの方がいいですよね。 ポイント還元率で選ぶならオリコ THE POINTがおすすめの理由• 通常ポイント還元率は1. 0%!• 入会後半年間は、還元率2. ネットショッピングモール『オリコモール』を経由するとAmazonや楽天市場でのお買い物に、更に0. 更に、 入会後の半年間は2. 0%のポイント還元率! 会員限定のショッピングモール「オリコモール」を経由することでネットショッピングでのお買い物が0. また、オリコカードTHE POINTは、100円単位からポイントを貯めることができます。 クレジットカードの中には、1,000円単位からでないとポイントを貯めることができないカードも多くあります。 同じ1%の還元率でも、100円単位と1,000円単位でポイントが貯まるのとでは、ポイントが貯まるスピードにも差が出ますよね。 オリコカード THE POINTは、効率よくポイントを貯めたいという方におすすめのカード。 特にAmazonや楽天市場などネットショッピングを活用する方にとっては、ポイントも貯まりやすいです。 ネットショッピングモール『オリコモール』を経由するとAmazonや楽天市場などのネットショッピングでのお買い物に、更に0. 入会後の半年間は、ポイントが2倍になるので、その期間を有効的に活用して効率的にポイントを貯めてもいいかもしれませんね! 海外旅行におすすめ クレジットカードの付帯サービスとして、 海外旅行保険というカードは海外旅行に行かれる方にとっては嬉しいメリットですよね。 エポスカードならなんとその海外旅行保険が 自動付帯になるんです。 海外旅行に行く方にエポスカードがおすすめの理由• 年会費永年無料のクレジットカードで豊富な海外旅行保険が自動付帯されている 海外旅行保険が付帯されているカードは他にもありますが、エポスカードは 年会費無料で 海外旅行保険自動付帯される数少ないクレジットカードです。 海外旅行保険がついているクレジットカードは数多くありますが、ほとんどは利用付帯といって旅行に関わる費用をそのクレジットカードで決済する必要がありますが、費用を一切決済していなくても勝手に海外旅行保険がついてくる自動付帯のクレジットカードで代表的なものがエポスカードです。 旅先で、万が一風邪を引いてしまった、ケガをしてしまった、また携行品の盗難や損害に対しても補償がされます。 病院の紹介から、宿泊先の紹介まで、日本語でサービスを受けられるのは安心ですよね。 ケガや病気の場合の緊急アシスタンス• 医師、医療施設の紹介、案内• 医療費キャッシュレスサービス• 患者の医療施設への移送• 患者の本国への送還 ケガや病気により亡くなられた場合の緊急アシスタンス• ご遺体の本国への移送• 現地での埋葬 その他• 救援車の渡航、宿泊手配• 遭難された場合の捜索や救助など 年会費無料のクレジットカードで、ここまで手厚い保険が自動付帯されているのは稀!海外旅行の際に、わざわざ自分で海外旅行保険に加入する必要がないのも嬉しいですよね。 海外旅行によく行かれる方は、エポスカードがおすすめです!• 「すぐにクレジットカードが欲しい!」と思っている方には 即日発行可能なクレジットカードを作ることを検討してみてはいかがでしょうか。 即日発行可能なクレジットカードでおすすめなのが VIASO カードです。 即日発行可能なクレジットカードでVIASOカードがおすすめな理由• 自宅にいながらインターネットで申し込みができ、最速で発行できるクレジットカード• 指定銀行口座の登録もネット上で楽々!面倒な郵送でのやり取り必要なし! 今やクレジットカードの種類は、1,000種類を超えますが即日発行ができるクレジットカードは限られています。 また、即日発行できるクレジットカードは大抵の場合、来店をしてクレジットカードを発行するというパターンが多く何かと手間がかかるのが事実。 そんな中、VIASOカードは自宅に居ながらクレジットカードを最速で発行することができるクレジットカードです。 オンラインで発行手続き• 年末年始はお休み 申し込みの際は営業日に注意しましょう。 通常のクレジットカードは申し込み後に、指定の銀行口座の情報を郵送でやりとりする必要がある場合が多々あります。 その分、時間がかかってしまいますよね。 それに対し、VIASOカードは支払い口座の設定をインターネット上で完了!無駄な手間も省けます。 「急いでクレジットカードを作りたい!」という方は、VIASOカードがおすすめです。 ETCカードがほしいなら 車を運転する方であれば、1枚は持っておきたいカード・ ETC カード。 ETCを持つ事で料金所をスムーズに通過できることは最大のメリットですよね。 ETC搭載のクレジットカードは数多くありますが、その中でおすすめなのは 三井住友クラシックカードです。 ETCカード搭載のクレジットカードなら三井住友クラシックカードがおすすめの理由• 年会費初年度無料、2年目以降も実質無料のクレジットカード• ETC利用分もポイントを貯めることができる• 国内発行のクレジットカードの中でもステータスの高いクレジットカード ETCカードを作るために「余計な出費はおさえたい。 」そんな風に考える方も多くいるのではないでしょうか。 そんな方で気になるのは、やはり年会費ですよね。 ETC年会費は500円と年会費有料のクレジットカードです。 毎月のリボ払いの金額を、カード利用限度額の全額に設定しておくことで、一回払いでのカードの利用が可能です。 三井住友クラシックカードでETCカードを利用することでクレジットカードのポイントを貯めることや、事前に『ETCマイレージ』に登録することで、貯まったポイントを有料道路の無料通行分に充てることもできます。 三井住友クラシックカードは、三井住友銀行が発行する日本国内発行のクレジットカードの中でも非常にステータスの高いクレジットカードの一つです。 またそのステータスだけでなく、ETCを含めた実用性も兼ね備えており様々な特典が付いているのも魅力ですよね。 クレジットカードには、年齢や学生限定などの一定の条件満たせば、年会費無料やポイント還元率が高いなどのお得な特典がついているものがあるのはご存知ですか?せっかく学生の内にクレジットカードを作るのであればそういった特典を利用しない手はないですよね。 学生の方におすすめのクレジットカードは、 三井住友 VISA デビュープラスです。 学生の方に三井住友デビュープラスがおすすめの理由• 入会後3か月間はポイント5倍!• 三井住友VISAデビュープラスであれば、ポイントの還元率は一般的なカードの2倍の1. 「クレジットカードだと使いすぎてしまうのではないか不安」などと考えられる方もいるかもしれませんが、学生向けのクレジットカードは限度額も低く設定されています。 その設定された金額の中でうまくやりくりする力を身に着けることもできますよ。 ポイントをうまく貯めて使いたいという学生の方は、三井住友VISAデビュープラスがおすすめです。 主婦におすすめ 「専業主婦だし、収入がないからクレジットカードは作れるのかしら。 」そんな風に思っている主婦の方もいるかもしれません。 実は、主婦の方でも安定した収入のある配偶者の方がいればクレジットカードは作りやすいですよ。 食料品や日用品を購入することができるイオンショッピングモールでお買い物をすることが多い主婦の方におすすめの イオンカードセレクト。 家計のやりくりが大変お得になるカードです。 主婦の方にイオンカードセレクトがおすすめの理由• 年会費無料• イオンやイオン系列のお店でのポイント還元率は1. 5%ですが、イオンをはじめイオン系列のお店でのお買い物時は常に1. 0%と高還元率なのは主婦の方には嬉しいですよね。 更に、CMでもお馴染みの「20日30日は5%off」もイオンカードセレクト会員限定です。 その他、年会費が永年無料、WAONへのチャージで2重にポイントが貯まるなど使い方次第でとってもお得なクレジットカード。 イオン系列でのお買い物が多い主婦の方は、イオンカードセレクトがおススメです! 個人事業主におすすめ 「個人事業主だとクレジットカードの審査で引っかかることがあるのでは…?」そんな風に思っている個人事業主の方も多いのではないでしょうか。 個人事業主の方におすすめのクレジットカードは、 アメリカン エキスプレス ビジネス ゴールドカードです。 個人事業主にアメリカンエキスプレスビジネスゴールドカードがおすすめの理由• 起業1年目からでも申し込み可能!取得しやすいカード• ステータスの高いクレジットカードで取引先との信用度が増す!• ビジネス場面で役立つ特典が満載• 法人カードでためたポイントを個人カードに移行可能! 法人カードは、個人カードと比べても経理事務がしやすい、ビジネスの場面で役立つ特典が多くあるのが魅力の法人カードです。 アメックスのカードと言えば、言わずと知れたステータスの高いクレジットカードの一つ。 一般的に、法人カードと言えば、起業1年目でまだ不安定な時期だと審査に引っかかるケースをよく聞きます。 なんアメックス法人とゴールドカードなら、 与信に法人よりも個人の情報が重要視されるため、設立して間もない起業1年目でも取得しやすいカードなんです。 アメックスの法人カードには、ゴールドカードの他に、アメックス法人グリーンカードもありますが、ゴールドカードにはグリーンカードにはない特典が付帯されています。 例えば、日本でトップクラスのホテルの一つである『帝国ホテル』にはアメックスゴールド会員専用のビジネスラウンジを利用することができます。 )ミーティングルームがオフィスに完備されていない方には嬉しい特典ですよね。 ビジネス相手の方にもステータスの高さを見せることができます。 その他にも、接待用のレストランをコンシェルジュの方が予約してくれるサービス『ビジネス・ダイニング by ぐるなび』などの利用も可能。 個人事業主の方でクレジットカード申し込みを検討されている方には、アメリカンエキスプレス法人ゴールドカードがおすすめです! コンビニでクレジットカードを使うなら ちょっとした買い物をするのに便利なコンビニ。 コンビニを頻繁に利用する方であれば、コンビニが発行しているクレジットカードがお得ですよ! 全国に17205店舗を構えるファミリーマート。 そのファミリーマートが発行している ファミマ T カードは、コンビニ利用が多い方におすすめのクレジットカードです。 コンビニのクレジットカードでファミマTカードがおすすめの理由• ファミマでのお買い物はいつでも1. 毎週 火 と 土 は、2. カード会員限定のポイントキャンペーンや割引サービスもあり! ファミマTカードで貯まるポイントは2種類。 通常の還元率は0. 200円ごと1ポイント貯まります。 ファミリーマートでの利用ではいつでも1. また、毎週火曜日と土曜日は、2. 女性の方限定で2倍のTポイントが貯まったり、会員限定の割引やキャンペーンポイントも貯まったりもあります。 ファミマで買い物を頻繁にする方は、ファミマTカードがおすすめです!• ガソリンスタンドでおすすめ 車を運転する方にとって、ガソリンスタンドは日常的によく通う場所ですよね。 ガソリンの高騰なんてニュースが飛び込んできた時はドキッとするのではないでしょうか。 そんなドライバーの方におすすめのクレジットカードは、 出光まいどプラスです。 出光まいどプラスがドライバーの方におすすめの理由• 入会後1か月間は、出光SSでのガソリン代が1㍑につき5円値引き!• 2か月目以降は、いつでも1㍑につき2円引き!• 年会費無料 出光まいどプラスのドライバーの方への魅力は、ガソリン代の割引サービスではないでしょうか。 入会から1か月間は1㍑につき5円、2か月目以降は1㍑につき2円の割引をうけることがきます。 年会費が無料のクレジットカードなので、ガソリンを給油する時のために持っておくだけでもおすすめのクレジットカードです! JRをよく使う方におすすめ 鉄道会社が発行しているクレジットカードも多くありますが、全国的広く使われているカードである ビュー・スイカカードは、JR東日本ユーザーにおすすめのクレジットカードです。 JR東日本ユーザーにビュー・スイカカードがおすすめの理由• 電子マネーSuica、定期券が一体となったクレジットカード• Suicaにチャージする度にポイントが貯まる• 定期券購入でもポイントが貯まる• 貯まったポイントはSuicaに交換可能! ビュー・スイカカードは、電子マネーSuica、定期券、クレジットカードが1枚に集約されたカード。 Suicaにチャージする度にポイントが貯めることができます。 オートチャージ機能を使えば、わざわざ発券機に並ぶ必要もありませんし、ポイント還元率1. JR東日本ユーザーの方は、ビュー・スイカカードがおすすめです。 私鉄をよく使う人におすすめ ToMeカード 東京都心で通勤・通学している方におすすめのクレジットカードは、東京メトロが発行しているカード To Me カードがおすすめです。 東京メトロに乗車するごとにポイントが貯まる『メトロポイントPlus』• クレジットカードを利用すると貯まる『クレジットポイント』• メトロポイントは、PASMOに還元もできる!• クレジットポイントは、メトロポイントに移行ができる! To Meカードのポイントプラグラムは2種類。 東京メトロに乗車するたけでポイントが貯まる『メトロポイント Plus 乗車ポイント 』とクレジットカード会社のクレジットポイントです。 To Meカードには電子マネーPASMOが搭載されています。 オートチャージ機能の登録をすれば、クレジットカード会社のクレジットポイントがチャージごとに0. 貯めたメトロポイントは、PASMOに還元することも可能!クレジットポイントも、メトロポイント移行することができます。 東京都内は、電車運賃も割高なのでこういったサービスは有難いですよね。 東京メトロで通勤、通学をしている方には、TO Meカードがおすすめです! ゴールドカードを探している人におすすめ ゴールドカードは通常のクレジットカードと比べると年会費が高いですが、その分ポイント還元率が高くサービスが充実しているのが魅力です。 数あるゴールドカードの中でもおすすめのカードは、 JCB ゴールドです。 ゴールドカードでJCBゴールドがおすすめの理由• 付帯サービスはゴールドカードの中でもトップクラス!• 優待が充実している• 付帯保険が手厚い!最高1億円!! JCBゴールドは、国内旅行、海外旅行の保険が付帯されています。 死亡・後遺障害の補償額は、クレジットカードで料金を支払っている利用付帯の場合は、一億円、支払っていない場合の自由付帯の場合は5000万円と、その他のゴールドカードに比べても手厚い補償内容です。 その他、ハワイホノルルや国内31空港にある空港ラウンジを無料で利用することができます。 日本のクレジットカードの国際ブランドJCBの発行する最高峰のクレジットカードであるJCBゴールドは、優待や手厚い保険の付帯されているゴールドカードをお探しの方におすすめです。 プラチナカードを探している人におすすめ ゴールドカードの上のグレード・プラチナカード。 ゴールドカードの上を行くサービス付帯が魅力のカードです。 そんなプラチナカードでおすすめなのが、 JCB プラチナです。 プラチナカードでJCBプラチナがおすすめの理由• プラチナカードなのに年会費が2万5,000円と割安• 招待なしで自分から申し込み可能• それなのに付帯サービスは他のプラチナカードと同様に充実 プラチナカードの年会費と言えば、カード会社にもよりますが高いものだと15万近いものも多くあります。 JCBプラチナの年会費は2万5,000円。 他のプラチナカードに比べても破格の年会費です。 またカード会社から一定の条件を満たした方のみに送られる招待状がないと作れないプラチナカードも数多くある中で、JCBプラチナは、審査さえ突破すれば自分で申し込むことができます。 一般的に、年会費の安いプラチナカードは、付帯サービスが充実していないというものも数多くありますが、JCBプラチナは特別!2万5,000円の年会費の上、コンシェルジュサービスや海外や国内の空港ラウンジが利用することができるプライオリティーパスが付帯されているなど文句のないサービスを利用できます。 コストパフォーマンスの良いプラチナカードを招待なしで作りたいなら、JCBプラチナがおすすめです! クレジットカードを作るメリット クレジットカードを作るメリットは具体的にどんなものがあるのでしょうか。 代表的なもの4つを解説していきます! たくさんの現金を持ち歩かなくてよい クレジットカードを作るメリットの一つ目は、 現金を持ち歩く必要がないということ。 クレジットカード払いを受け付けているお店は、今や日本全国に数多くあります。 最近では、東京オリンピックの影響もあり、現金のみ受付けの昔からある喫茶店などもカード払い可になってきました。 買い物をして現金で支払う際、小銭を探すのが面倒だからお札で支払うなんてことありませんか?結局おつりが来て、お財布は膨らむ一方です。 また、現金を引き出す際のATMの手数料、支払い時にお金を出すという細々した作業は一切必要なし!時間の節約にもなります。 現金で支払う方がより楽で、時間の節約にもなると言えますね。 急な出費にも対応できる 思いもよらず急な出費に慌ててしまったという経験はありませんか?貯金があれば切り崩して支払いも可能ですが、急な出費の場合は大抵が急ぎ。 銀行やATMに行ってお金をおろすというのも手間がかかります。 そんな予期せぬ出費が発生してしまった際に役立つのがクレジットカード。 クレジットカードでの支払いであれば、現金を持ち合わせてなかったとしても支払い可能。 また、銀行やATMに行く手間も省けます。 ポイントをためてお得に利用 クレジットカードを作るメリット3つ目は、支払い金額に応じて ポイントを貯めることができるという点です。 例えば、年間で100万円の支払いをクレジットカードでした場合。 カード会社にもよりますが、ポイント還元率が高いカードであれば、大体1万円分のポイントを貯めることができます。 その1年分のお買い物を現金払いした場合は、1万円分のポイントはなし。 ポイントの利用方法や交換先も、カード会社によって多種多様です。 マルイの発行しているエポスカードであれば、マルイでのお買い物にポイントを利用してショッピングすることができたり、JRが発行しているビュースイカカードなら、Suicaに還元することも。 また、旅行好きの方であれば、飛行機利用に使えるマイルに交換することもできます! 「ポイントならクレジットカード機能のついていない普通のポイントカードに貯めればいい」と考える方もいるかもしれません。 しかし、その他の場所ではポイントは貯めることはできませんよね。 クレジットカードであれば、JAL搭乗時以外にも、スーパーやコンビニ、ネットショッピングでの買い物や、レストランやカフェでの支払い時にもポイントを貯めることができます! 今や、日本全国にはクレジットカード払いをしているお店は多々あります。 現金払いとクレジットカード払いでどちらがお得かというと明確ですよね。 カードごとのサービス・優待特典 クレジットカードの付帯されている サービスや優待特典は、クレジットカード会員だけが受けられる恩恵。 カードやカードのグレードによっても受けられるサービスは異なります。 例えば、ゴールド会員以上JCBカード会員であれば、通常ではプレーすることが難しい全国の有名ゴルフコースの予約受付、有名コースでのゴルフコンペの開催などの特典がついています。 その他に代表的なもので、旅行保険などもあげられます。 海外旅行に行く際、わざわざ自分で海外旅行保険にお金を払って入会する必要もなし! 申し込みをされたクレジットカードによってサービスが異なるので、入会時にどんな特典がついているのがは確認してくださいね! クレジットカードの選び方 今や世の中には、1000を超えるクレジットカードが存在します。 クレジットカードを選ぶ際の指標となる4つのポイントを解説していきます。 国際ブランドの種類 クレジットカード本体に『Visa』や『JCB』と記載されているマーク。 これらは、クレジットカードのブランドで、国際的に流通しているブランドを 『国際ブランド』と言います。 この国際ブランドもまた、クレジットカードを作る際に大切なポイントです。 もし、間違った国際ブランドを選んでしまった場合、「使いたい時に使えない。 」などの事態に見舞われることも?!ここでは、代表的な国際ブランド5つ・ VISA 、 Mastercard 、 JCB 、 American Express 、 Diners Clubについて解説します。 VISAは取引件数世界一を誇る国際ブランドです。 日本でも、認知度は抜群ですよね。 VISAブランドの加盟店数は、世界に2,400万店以上。 また、海外観光地のショッピング施設には特典がついている場所も多く、日本国内に限らず海外での利便性があるといえます。 Mastercardは、VISAに次いで世界2位の取引件数があります。 発行会社を問わないMastercard会員限定の優待やキャンペーンが随時あるのも魅力の一つです。 VISA同様クレジットカードが使えるお店であれば大抵の場所はMastercardでの支払いは可能です。 日本で唯一の国際ブランドJCB。 海外の加盟店数は、VISAやMastercardに比べると少なくはなりますが、日本国内での加盟店数は多いでの日本国内で使用する分には問題国際ブランドです。 JCBカード共通の優待やキャンペーンも随時開催、東京ディスにーランド、ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンなどの抽選招待キャンペーンも随時開催されているのも魅力です。 日本人向けの海外旅行サービスも充実。 海外サービス窓口『JCBプラザ ラウンジ』や『JCBプラザ』の利用も可能です! アメックスの愛称で親しまれているAmerican Express。 高いステータスを誇る国際ブランドです。 加盟店数は、VISAやMastercardに劣りますが、JCBと提携しているため日本国内での利用も問題ないといえます。 また、付帯サービスが充実しているのが魅力。 ホテルやファインダイニングでの優待サービス、空港ラウンジが無料で使用でます。 アメックス同様、高いステータスで知られる国際ブランド。 世界発のクレジットカードです。 受けられるサービスも品質がよく、会員は富裕層の方が主です。 ただ、上記で紹介した国際ブランドのように利用できるお店は多くはありません。 カードの発行会社によって、選べる国際ブランドも異なってきますが、加盟店数の多いVISAやMastercardを選べば、国内外問わずに使い勝手は良いでしょう。 カードの利用が日本国内だけ、もしくは1枚目のカードにVisaもしくはMastercardを持っているという方であれば、JCBを選ぶのも良いと思います。 また、ステータスを重視したい、海外旅行の機会も多く充実した付帯サービス利用が目的であればAmerican Expressの選択が良いかもしれませんね! 発行会社とは 発行会社とはカードを発行している会社で、国際ブランドとは異なります。 例えば、楽天カードを発行しているのは、楽天グループのクレジットカード会社である楽天カード㈱。 エポスカードを発行しているのは、ファッションビルを運営しているマルイ。 発行会社によって、カードのサービスやと特典、特徴は異なってきます。 どこで買い物をすることが多いのか、どういったサービスを期待したいのかなど、カード利用の目的を絞って、発行会社を選ぶようにしましょう! カードのステータスとは クレジットカードのステータスとは、簡単に言うとカードのランクです。 また、普通カードやゴールドカードは、自分で申し込むことができますが、プラチナカード、ブラックカードになると基本的には、一定の条件を満たしたゴールド会員の方向けに送られてきた招待状がなければ申し込むことはできません。 クレジットカードの作り方 実際に「クレジットカードを作りたい!」と思った時、どのようにクレジットカードを作ればよいのでしょうか。 申し込みには、主にインターネット・店頭・郵送という方法がありますが、ここでは一番メジャーな方法である インターネットを使った申込みの流れについて解説します。 申込みの流れ• クレジットカード会社のホームページへアクセス! 申し込みに必要な情報を入力します。 主に必要な情報は、名前、住所、電話番号、勤務先、年収、指定の引き落としさき銀行口座です。 カード会社によって異なりますので詳しくは各カード発行会社のHPでご確認ください。 審査 申込内容をカード会社が審査をします。 審査内容は「過去にどれくらい融資を受けているか。 」や「支払い延滞はないか」などクレジットヒストリーを確認し、支払い能力がある人物かどうかを確認されます。 カードの郵送 審査が無事に通れば、カード会社からクレジットカードが郵送されます。 カードの発行期間は、即日のものから2-3週間のものまで様々です。 カードの名義を確認し裏面に直筆のサインをして完了です! クレジットカードを作るときの注意点 クレジットカードを作る時には、注意点もあります。 ここでは代表的な4つの注意点を解説します。 正しい情報で申し込む クレジットカードを申込む際は、 必ず嘘偽りない正しい情報で申し込むようにします。 「カードの審査が通りやすいのでは…?」と思い、年収を多く申告したり、勤務先を嘘をついて申し込んだりするのは、審査で引っかかってしまいます。 例えば、社会人になったばかりの方が多めの年収を記載し疑われるケースもありますし、カード会社の中には、勤務先に本人確認をする場合もあります。 もし審査に通る自信がないのであれば、事前に自分の身の丈に合った審査に通りやすいクレジットカードを選ぶようにしましょう。 同時にいくつものカードに申し込まない 「クレジットカードをお店ごとに使い分けたい!」などの理由から、クレジットカードを複数枚持ちたい方もいらっしゃると思います。 けれど、クレジットカードを複数枚所持するには 申込み時期に注意しましょう。 短期間で複数のクレジットカードに申し込みをすると多重申込みとなり審査に引っかかってしまうことがあります。 複数枚のカードを申し込む際は、最低でもカードを作ってから6か月以上は期間を置くことをおすすめします。 ちゃんと引き落としされるようにしよう クレジットカードの支払日には必ず引き落としができるように、指定の銀行口座の残高を前もって確認しておきましょう。 クレジットカードの支払日はカード会社によって異なりますが、請求書やWeb明細で確認することができます。 口座残高が不足していると、支払い遅延となります。 支払い遅延となると「カードの更新ができない!」、「新しいカードを申込みしたくても審査に通らない!」という不測の事態に見舞われることもあるので十分に注意しましょう。 リボ払いには注意 クレジットカードの支払い方法には、一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いがあります。 一括払いと2回までの分割払いの場合は、手数料は発生しないので、通常の現金払いと同じ感覚で使えます。 一方、リボ払いには金利手数料が発生するので注意が必要です。 手数料はカード会社によって異なりますが、一般的には年利15%に設定しているクレジットカード会社が多いです。 例えば、12万円の商品を毎月1万円ずつリボ払いで支払った場合、9,459円の金利手数料が発生し、総額支払いは、12万9,459円になります。 お金が今なくても、買い物ができる便利リボ払いですが、知らず知らずの内に手数料が莫大なことになり損をしている可能性も。 できることならリボ払いは最小限に抑えるようにしましょう。 クレジットカードの支払い方法 銀行引き落とし クレジットカードの支払いは、基本的に指定の銀行口座から引き落とされる 銀行引き落としです。 クレジットカード申込み時に、インターネットか郵送で引き落とし口座を登録するようになっています。 クレジットカードを作る際には必ず金融機関の口座が必要となりますので、持っていない場合は口座開設をして下さいね! リボ払い リボ払いは、月々の支払い額を決めて分割で支払う方法で毎月の支払いを一定におさえる方法です。 「お金がないけれど買い物がしたい!」という方が利用することも多いですよね。 前述した通り、手数料がかかるなどの注意点も必要ですが余裕がある時には前倒しして返済することも可能です。 また、月々の支払い額一定にできるので、家計を管理しやすいというメリットもあります。 ボーナス払い クレジットカードの支払い方法には、夏か冬のきまった時期にまとめて引き落としてくれる ボーナス払いという支払い方法もあります。 カード会社によっては、ボーナス1回払いと2回払いがあり、2回払いを選択すると夏と冬の時期に半分ずつ支払い代金が引き落とされます。 クレジットカードの支払い方法の中でも最も、支払い期間の猶予を伸ばすことができるのがこのボーナス払いで、働いている方であれば、自分のボーナス時期に合わせて一気に返済したいという方には適した支払い方法ですよね。 但し、注意が必要なのはボーナス払いを利用するとその支払いが完了するまではショッピング枠に空きがなくなります。 例えば、限度額30万円のクレジットカードで、25万円の商品をボーナス払いしたとします。 ボーナス払いで返済が終わるまでは、クレジットカードは5万円分しか使用できません。 まとめ いかがでしたか?クレジットカードは今や日本全国のお店やインターネットショッピングの際など利用の場は多岐に広がっています。 ご自身ライフスタイルや用途に合わせて、是非自分にぴったりのクレジットカード選びの参考にしてください!.

次の