キクラゲ 栽培。 きくらげの菌床での生産量と作り方!

きくらげの栽培をするには、温度は?難易度はどれくらい?

キクラゲ 栽培

夢成で栽培しています、キクラゲの品種についてご紹介します。 主に生産者・業者向けの内容です、大手種菌メーカー「」のパンプレット、説明記事が中心になっております。 アラゲキクラゲ89号の特徴 夏場の栽培で注目のアラゲキクラゲ• 大型で肉厚のきのこが発生する短期培養型の品種です。 簡易施設を利用した夏場の自然栽培が可能です。 非常に多収性の品種です。 高温に強く、夏場においても品質の良いきのこが収穫できます。 乾燥して保管できるため、販売の調整が可能です。 菌床シイタケ栽培に使用されるビニールハウスで栽培が可能です。 アラゲキクラゲ89号の菌床製造• デルトップを使用した菌床シイタケ用栄養体でも栽培可能です。 良質な天然穀類を主原料として、菌床栽培に必要な栄養素がバランスよく配合されています。 この培地に炭酸カルシウムを添加することで、さらに菌床の持ちがよくなります。 アラゲキクラゲ89号の培養• 培養期間は60日です。 自然培養では3月~4月に接種します。 アラゲキクラゲの発生• 安全、安心な夢成キクラゲ 夢成のキクラゲはの登録された品種「アラゲキクラゲ89号」を使用しています。 また、菌床に使用される、オガ粉、栄養体、ビニール袋も証明(産地証明)を出すことが可能です。 生産者、食品卸、商社、小売、飲食店 などで出処のしっかりしたキクラゲに興味がある方は遠慮なく、お問い合わせください。

次の

きくらげ栽培菌床 株式会社 和進 きのこ栽培用菌床販売

キクラゲ 栽培

NHK「あさイチ」でもキクラゲを紹介していましたが… 昨年初めて試してみた 「きくらげ栽培キット」を今年も設置してみました。 昨年は設置した時期が8月下旬と遅かったため2回ほどしか収穫できませんでしたが、本来は上手く栽培すれば5回程度は収穫できるそうですので、今年は早めの時期から挑戦してみたいと思います。 先日NHKの番組「あさイチ」でもキクラゲの調理法や乾燥キクラゲの効果的な戻し方などを紹介していましたが、中国産の乾燥キクラゲを手間をかけて水で戻すよりも、苗床から栽培してしまった方が絶対に美味しいキクラゲが手に入りますよ。 なんと言っても確実に国産です(苦笑) 前回の経験では収穫できるようになるまで少々時間がかかりましたが、成長がある程度進むと次から次に伸びてきて食べるのが追いつかないくらいでした。 調子よく伸びていたところで急に気温が下がったため成長が止まってしまったのが残念です。 実は昨年の苗床はもしかしたら復活できるかな~と思って冷蔵庫の中に保管していたのですが、先日取り出したら青カビだらけっていました。 カビの菌が勝っているということはもう苗床としては死んでますよね。 どうやら年越しできるような物ではなかったようです。 そこでこれを購入 今回購入したのはこれです。 両者の違いですが「おかわり君」の方は本当に苗床本体だけしかはいっておらず、下の「入門セット」の方は苗床の他に保湿用ビニールと取扱説明書が入っています。 私は前回入門セットの方を購入して取扱説明書はまだ手元にありますし、保湿用ビニールは無くても栽培は出来ます。 使い方さえ分かっていれば適当なビニール袋で代用したって構いませんしね。 とりあえずしばらくは水分を絶やさないようにしながら様子見です。 育つのが楽しみですね。 キクラゲは気温が下がると栽培できませんからね。 挑戦しようという方は温かくなる時期に始めるようにしましょう。

次の

きのこ栽培塾 ⁄ 家庭で簡単菌床栽培 ⁄ キクラゲ栽培キット

キクラゲ 栽培

明日香きくらげはオガクズなどの培地を利用した菌床で栽培しております。 国産と書かれたものでも菌床は輸入品を使用しているという農家さんもおられますが、当社が使用している菌床は、菌から培地となるオガクズまで全て国産のものを使用した純国産菌床です。 栽培方法は農家さんによって様々ですが、当社の明日香きくらげは栽培中ほとんど日光に当てずに育てます。 少し息苦しさを感じるほどのミストで足元も見えないほど真っ暗な中、懐中電灯で照らしながら慎重に作業を行っています。 柔らかいきくらげの収穫はスプーンなどでこそげ落とすように行います。 菌床のきくらげは成長が早いため、大きくなりすぎない内に程よいサイズのものを選定し、毎日収穫作業を行っています。 収穫後は丁寧に洗い、オガクズなどをキレイに取り除き、石づきの少し固い部分をカットしていきます。 最後にボイルして丁寧に湯切りをし、生はそのまま出荷し、冷凍品はプロトン凍結機で瞬間凍結させることで鮮度を保ちます。 白いきくらげは収穫後すぐにボイルをすることで、変色を防いでいます。 乾燥品はボイル後に乾燥の工程に入ります。 乾燥品は生のものとは少し食感が異なりますが、長期保存が可能なため家庭用に人気があります。 天日干しと乾燥機による乾燥工程を経てパック詰めされます。 常備しておくと大変便利な食材です。

次の