お年玉 相場 小学生。 お年玉の相場は小学生の場合いくら?包み方と気になる使い道を調べてみた

お年玉は小学生ならいくら妥当?低学年と高学年の平均金額の決め方

お年玉 相場 小学生

お年玉の相場は、小学生低学年と高学年で違う まず、一口に「小学生」と言っても6年も学年があるので、ひとまとめに「いくら」と言うことは出来ません。 一般的には、 小学校低学年(1~4年、又は1~3年)と、小学校高学年(5、6年又は4~6年)で区別して考えるようです。 小学校低学年のお年玉相場は? 大手企業の調査によると、低学年で最も回答の多い金額は「 3,000円」でした。 また、特に1年生、2年生には「1,000円」と答えた家庭も多く、低学年の中でも年齢が1桁か2桁かで金額を変えるのも一般的なようです。 もっともシンプルに考えるのであれば、 1、2年生には1,000円、 3、4年生には3,000円というのがいいですね。 小学校高学年のお年玉の相場は? スポンサードリンク 続いて小学校高学年ですが、こちらは年齢(学年)の増加とともに、平均金額も上がる傾向にあります。 こちらもとある調査によると、最も一般的なのは「 2,000円~3,000円」で、続いて二番目に多かったのが「 3,000円~5,000円」でした。 金額に幅があるので決めづらいかもしれませんが、この場合は 3,000円にするのが相場の真ん中で、失礼に当たらない金額になる、と考えてよいでしょう。 お年玉の金額の他の決め方 とはいっても、上の方法はあくまで最も一般的な方法で、ご家庭によっては 独自のルールで決めておられるところもあるようです。 ここでは、多くの家庭でも使うことが出来る比較的分かりやすいルールについて紹介しておきます。 この方法は、最も多くの家庭で取り入れられている方法のようで、マナーブックにも書かれている定番かつ鉄板の方法と言うことが出来ます。 ネックは、年齢が低い(小学校低学年)の時には相場より高めの金額となってしまうことでしょうか。 まだお金の価値が分かりづらい、あるいはお金があっても使い道が分からない年齢でしょうから、年齢が低い時にはあまり良い金額ではない、と言えるかもしれません。 一方で、高学年になればなるほど、金額の増加割合は減る(6年生で6,000円)ので、 学年が上がると相場に近い金額で落ち着く、というのが、この計算方法のメリットと言えますね。 例えば、小学校1年生だと1,000円で、6年生だと6,000円。 このほうが、いちいち年齢を考えずに済むので分かりやすいですし、年相応の金額をお年玉として渡せると考えることができますね。 この方法だと、小学校3、4年生だと3,000~4,000円となるので、 世間の相場と一致した金額となるのも魅力と言えます。 スポンサードリンク 血縁関係によって金額が上下する場合も 他には、自分の兄弟の子供なのか、それとも友人の子供なのかで金額が変わることも多いようです。 この場合は、自分の兄弟のほう、つまり繋がりが強い子供に対して、お年玉の金額は増えるのが一般的なようです。 まとめ:ルールを決めてお年玉を送れば大丈夫! 調べてみて思ったのは、一口に「相場」といっても、家庭でまちまちなんだなあ、ということでした。 ですが、世の中が平均的にどれくらいの金額を渡しているかを知っておくだけでも、変な失敗をするリスクは減りますし、恥をかかなくて済みますよね。 この方法を知っていれば、変に気を揉む必要もなくて負担が減りますね。 お年玉をもらう立場から渡す立場に変わると、今まで気づかなかったことも分かるようになりますね。 子供はみんな、お年玉を楽しみにしていますから、彼ら彼女らの笑顔を想像しながらお年玉を用意するのも、楽しみの1つになりそうです。

次の

2020年お年玉の相場 小学生はいくらなの?低学年と高学年ではいくら?

お年玉 相場 小学生

そんな子供の期待を裏切るわけにもいかないですよね? なのでお年玉の金額設定というのは、けっこう大事だったりします。 子供にガッカリされないためにも、少なくても子供が喜ぶようなお年玉の金額設定にしたいですよね。 ここでは、小学生のお年玉っていくらぐらいが相場なのかということと、低学年と高学年それぞれの平均金額や、お年玉の金額の決め方などをご紹介しています。 1位:3000円~5000円 2位:1000円~3000円 3位:5000円~10000円 です。 高学年は3000円と答えた方の多くは、中学生になった時に5000円にする予定です。 小学生のうちに金額を上げてしまえば、「中学生、高校生になった時に5000円以上をあげないといけなくなるのがキツい!」というふうに、先を見据えての金額設定なので、小学生高学年は3000円にする方が多いんでしょうね。 低学年と高学年の平均金額は? 低学年の平均金額は? 小学生のお年玉金額の決め方は? お年玉のルールが決まっているのなら、金額が多くても少なくても諦めるしかないんですが、これから決めなければいけない場合は悩みますよね。 自分が育った地域での常識や、相手の家の常識など、いろんな考えを考慮しないといけないので、お年玉の金額を決めることは簡単ではありません。 しかし、世間一般の相場というものがありますので、それを基準に、ご自身の現状 経済状況・独身はどうか・結婚して子供がいるかどうか・お年玉をあげる親戚の人数 にあった金額にしてあげればいいと思います。 お年玉の決め方例 世間のお年玉相場は、小学低学年が1000円~3000円、高学年が3000円~5000円でした。 この金額を基準に次の決め方を見ていきましょう。 例えば、上限金額が10000円で、大学生になったら10000円あげると決めていると、高校生は7000円or8000円、中学生は5000円、小学生高学年は3000円・・・というように逆算して決めることができるので、 「小学生の時に多くあげすぎた~…、中学生になったら金額を上げないと可哀そうかな…?」 というように悩まなくていいのでオススメです。 まとめ いかがでしたか?• 小学生低学年の相場は2000円。 小学生高学年の相場は3000円。 中学生で5000円を考えているなら小学生は3000円が妥当。 計算式どおりだと相場より多くなる。 上限を決めておくと金額を決めやすい。 参考にしてください。

次の

お年玉の相場 幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生の金額とは

お年玉 相場 小学生

お年玉の相場とは いざお年玉をあげようと考えたとき、気になるのはその金額ですよね。 お年玉は1回きりでなく毎年あげるものなので、計画的に考えたいものです。 基本的にお年玉は子供の年齢に比例して金額も上がっていくことになりますので、最初に高くしすぎるとあとで苦しくなってしまいますよね。 各年齢・学年ごとに、以下のような意見があります。 お年玉の相場 幼稚園の場合 こんな意見があります。 幼稚園で500円• 小学生までの子供には1000円• 園児2000円• 幼少は1000円~2000円• 就学前~小学校低学年は1000円• お金よりもおもちゃ又は1000円• 3000円程度のおもちゃ 金額は 500円~3000円くらいで、 1000円が多いです。 また、 おもちゃを贈るかたも多いようです。 幼児の場合はお金よりおもちゃやお菓子の方が嬉しいかもしれないですね。 この場合は小学校からお金をあげるようです。 赤ちゃんのころに10000円をあげるという方もいますが、その場合は子供でなく親へ渡すことになりますね。 大きくなってから子供へ渡すか、子供名義の口座へ貯金するか、ベビー用品の購入にあてるか、いろいろだと思います。 お年玉の相場 小学生の場合 こんな意見があります。 就学前~小学校低学年が1000円、小学校高学年が2000円• 小学3年生まで1000円、6年生まで2000円• 小学校低学年までは1000円、高学年で3000円• 小学生2000円• 小学生3000円• 小学校低学年までは2000円• 小学生高学年が2000円• 高学年3000円• 我が家では中学生までは3000円• 小学校低学年で3000円、高学年で5000円• 今五年生ですが、小学校1年からずっと3000円ですね。 小学1年生が千円、2年生が2000円、3年生が3000円として4~6年生も3000円• 小学3年生が5000円• 小学生、中学生は5000• 小学校1・2・3年5000円、4・5・6年10000円 金額は概ね 1000円~5000円くらいで、 3000円という意見が多いです。 学年で分けると、 低学年が1000円~3000円、 高学年が2000円~5000円、になります。 少数ですが10000円という方もいるようです。 低学年で5000円、高学年で10000円のようです。 お金を理解する年齢になると、毎年増えていくのは楽しみですよね。 ですがこの場合、3年生の9歳で9000円・・・ちょっと高めかもしれないですね。 お年玉の相場 中学生の場合 こんな意見があります。 我が家では中学生までは3000円• 中学生4000円• 中学生5000円• 双子ですし5000円ずつ• 中学1年生で10000円• 中学校で10000円• 1000~10000• 中学生20000円• 25000円 金額は 3000円~10000円くらいで、 5000円という意見が多いです。 中には少数ですが、20000円や25000円という意見もあります。 小学生から中学生まで金額が同じという方も結構いるようですが、多くの方は小学生より金額を上げています。 また、双子に5000円ずつあげているという方もいます。 だんだんと懐も厳しくなってきますね。 中高生5000円• 高校生5000円• 高校生8000円• 高校生10000円• 中学生と高校生は10000円• 高・大学生10000円• 中学・高校生20000円• 高校生30000円 金額は 5000円~10000円くらいで、 5000円という意見が多いです。 また、10000円という意見も結構多いです。 中には、20000円や30000円という方もいます。 中学生といっしょの方や、大学生といっしょの方もいます。 中学生の相場とあまり変わらない気もしますが、中学生と比べて10000円の方が多いです。 お年玉の相場 大学生の場合 こんな意見があります。 大学生10000円• 高・大学生で10000円• 大学生30000円• 大学生は20000円から30000円のプリペイドカード• 大学生以上は無し 金額は 10000円~30000円くらいで、 10000円という意見が多いです。 中には、プリペイドカードで渡すという方もいるようです。 また、大学生以上のお年玉は無し、という方も結構います。 アルバイトをするからなのでしょうか。 まとめ お年玉の相場をまとめると、• 幼稚園 最多: 1000円、範囲: 500円 ~ 3000円• 小学生 最多: 3000円、範囲: 1000円 ~ 5000円• 中学生 最多: 5000円、範囲: 3000円 ~ 10000円• 高校生 最多: 5000円、範囲: 5000円 ~ 10000円• 大学生 最多:10000円、範囲:10000円 ~ 30000円 という感じになります。 お年玉は小学校から、という方や、高校卒業でお年玉は終わり、という方もいます。 長くなってしまったので、金額を決めた理由については次回書きます。 お年玉の金額の参考になれば幸いです。

次の