妻が口をきいてくれないから家に帰りたくありません。 離婚すべき?しないべき??

離婚すべき?しないべき??

妻が口をきいてくれないから家に帰りたくありません

妻専業主婦49歳、長女30歳、長男16歳の家庭です。 私は月~金はフルタイムの仕事、週末はアルバイトをして家計をささえています。 週末のバイトは塾の講師で、平日仕事から帰って、それから採点をしたり、生徒や保護者とメールしたり、また週末授業の準備をしたり忙しく、休みの日曜日は疲れ果てて泥のように眠っています。 なぜこのようなことをしているかというと、2年前に妻のたっての希望で購入した家のローンが結構きついこと、そして娘は嫁の連れ子なのですが、私に相談もせず私の貯蓄で勝手にヘアサロンを開き、娘はまともに働かないのでお客さんは十分に来ず、といって普通の仕事をするのが嫌で、生活費は何とか自費で賄うように頑張っているようですが、ヘアサロンの高い賃貸料は私が支払って、大学入学から30歳になる今までずっと仕送りをし続けています。 何度も「30過ぎて仕送りは勘弁してほしい。 ヘアサロンを辞め、自分で生きていくぐらいの生活費と給料は稼げるような仕事を始めて欲しい」と言っていますが、嫁も娘もぜんぜん聞く耳を持たず、今は経済状況が悪いから他の仕事を初めても同じだとか言い、といってほおっておくと色んな人にお金の迷惑をかけるので、仕送りを続けています。 また妻は貯金ができない人で見栄っ張りなところがあり、洋服や貴金属、その他欲しいものにお金をどんどん使って使い果たすまでやめません。 現金がなくなるとクレジットカードにも手を出し、一時はクレカの支払いで家計がひっ迫しました。 10年ぐらいかけて、必死に働いてクレカの借金を半分ぐらい返し、娘の仕送りをし、嫁に貯金の重要性を訴えましたが、私の所得が1千万近くあるのに、いまだに家族の貯蓄は20~30万しかありません。 また息子の大学入学を控えているのに、教育の貯蓄は50万程度。 いったいどうするんだ、いらないものは買わず、コツコツ貯蓄して金を貯め、投資等をしなければだめだと話し合いをしても、奨学金があるから大丈夫とか、全く話し合いになりません。 こんな状況では老後も心配です。 私が何のために身を粉にして働いているのかわからなくなり、話をしようとしても私の話はほとんど無視されるか、またバカなことを言っているとまともに聞いてもらえないので、月に一回ぐらい感情を押さえられなくなって大声を上げてしまいます。 そのため、息子との関係は最悪でまともに口もきいてくれず、私が話をしても敵を見るような厳しい視線を向けられ、無視されています。 16歳の思春期なので仕方がないのですが、あまりにも親をバカにした態度が何度も続くと、ついつい声を荒げてしまいます。 私としては「これ以上はできない」というぐらい気を使って一生懸命やっているのですが、お金に対する価値観の決定的な違いで家族とのコミュニケーションが悪くなり、私が居間に行くと、家族が2階に上がり、一人で食事を作って食べていると悲しくなります。 結婚して20年が経ち、子供たちの事、嫁も私がいなくなったら経済的に相当ひっ迫するので、今更離婚する気もありませんが、どうしたらいいのかわからなくなり投稿しました。 いいアドバイスがあればお願いします。 11 20-06-29 12:28 通りすがりさん11 奥さまに全く頭が上がらないのですかね? わからないのが、娘さんは大学を出たのにヘアサロン?美容師なのですか?それなら高い賃料は払わず、どこかのヘアサロンで働けば解決しますよね。 別の職種で働いたことがなくとも。 あと息子さんには現状勘違いされてるのでしょうか。 忙しくてあまりコミュニケーションとってきませんでしたか?16歳は難しい年頃ですが、主さんはなにも家族を蔑ろにしていないし、寧ろ家族の為に身を粉にして働いている。 その現実は教えた方がいいですよ。 お金のことも、突然進学前に言うのはよくありません。 実際50万では大学受験だけで受験料や押さえ校への支払いで消えてしまいます。 息子さんも、母親の散財や姉の我が儘で自分が10年以上借金 奨学金 背負わされるとは思ってもいないでしょう。 同年代としては、あと数年でローンが終わるころなのに、2年前からのローンも驚きです。 今現在、家ローンとサロン賃料と子供がいて、年収1千万でよく回せてるなと思います。 現実的に考えて、妻を働かせるしかないのではないですか。 13 20-06-29 13:02 匿名さん13 子供のために今更離婚したくない、と言いますが、子供が大きくなった、今だからやっと出来ると考える人も多いです。 特に女性は、子供の手が離れるまでと我慢する人は多いけど、何故、男性 あなた はそこまでされて尚、ATMで居続けたいのか不思議です。 老後不安の原因になるほど金食い虫の奥さんが、経済的に困窮するのが可哀想だから? お人好しだし、甘すぎるし、現実に困るのは自分たちと子供なのに。 このまま貯蓄が出来なければ、老後、介護や生活費の負担が膨大で、子供が気の毒です。 貯蓄なしの親の老後なんて、子供にとっては恐怖でしょう? それすら愚痴でしかなく、現実を変える気がないなら仕方ないですね。 今は働けてるけれど、あなたが甘やかす限り、ツケは未来と次の代に残ること、考えた方がいいと思います。 これからどんどん、無理が利かなくなりますよ?• すべての回答 No. 別の職種で働いたことがなくとも。 あと息子さんには現状勘違いされてるのでしょうか。 忙しくてあまりコミュニケーションとってきませんでしたか?16歳は難しい年頃ですが、主さんはなにも家族を蔑ろにしていないし、寧ろ家族の為に身を粉にして働いている。 その現実は教えた方がいいですよ。 お金のことも、突然進学前に言うのはよくありません。 実際50万では大学受験だけで受験料や押さえ校への支払いで消えてしまいます。 息子さんも、母親の散財や姉の我が儘で自分が10年以上借金 奨学金 背負わされるとは思ってもいないでしょう。 同年代としては、あと数年でローンが終わるころなのに、2年前からのローンも驚きです。 今現在、家ローンとサロン賃料と子供がいて、年収1千万でよく回せてるなと思います。 現実的に考えて、妻を働かせるしかないのではないですか。 特に女性は、子供の手が離れるまでと我慢する人は多いけど、何故、男性 あなた はそこまでされて尚、ATMで居続けたいのか不思議です。 老後不安の原因になるほど金食い虫の奥さんが、経済的に困窮するのが可哀想だから? お人好しだし、甘すぎるし、現実に困るのは自分たちと子供なのに。 このまま貯蓄が出来なければ、老後、介護や生活費の負担が膨大で、子供が気の毒です。 貯蓄なしの親の老後なんて、子供にとっては恐怖でしょう? それすら愚痴でしかなく、現実を変える気がないなら仕方ないですね。 今は働けてるけれど、あなたが甘やかす限り、ツケは未来と次の代に残ること、考えた方がいいと思います。 これからどんどん、無理が利かなくなりますよ?• 勿論、そんなバカな奥さんや子供達の味方でもありません。 主さんみたいな男、そんな家族に振り回されて、なす術もなく言いなりになっている情けない男にしか思えません。 他人の不幸の上に自分の幸せは築けない??? では、人が幸せなら自分も幸せって事でしょうか? では主さんは幸せなのでしょうね。 奥さんや連れ子の娘さんは何不自由なく好きに暮らしているのだから幸せなはずです。 彼女達が幸せなら主さんも幸せでしょう。 主さんのその訳のわからない格言はそういう事です。 主さんは、何かを履き違えてますよ。 そこに気が付かないなら一生そのままでいるしかありません。 親のクレジットカードは1枚残して私が全てハサミで切りました。 親は離婚して結局一人になりましたよ。 そういう人は病気ですからお金を出してでも弁護士に相談して、 一番いいのは旦那さんが面倒を見ないで一人で生活させること。 一度自己破産するかCICにブラックの記録がつけばカードは作れませんから。 50歳なら貯金は1. 5千万くらいないと定年までに2kになりませんよ。 定年して少ない生活費でやりくりできないと一気に転落しますよ。 一旦離婚して奥様は改心させて、自分で貯金してその後に救ってあげればいいじゃないですか。 出すものがなければ二人で転落ですよ。 主さん。 頑張っておられますね。 尊敬します。 そして、私は女性の立場ですが、性別の差こそあれ同じ様な苦しみにある人がいるんだってビックリしました。 私達夫婦はバツイチ同士の再婚でした。 知り合った頃には夫の子供たちは成人して独立していました。 私自身の子供は、夫に養育費など負担させずに無事に最近成人させました。 主さんの奥様と私の夫がそっくりなんです。 貯金しなくて目の前のお金をドンドン使うんです。 知り合った頃、私は病み明けで退院して職場復帰したばかりでした。 小さな会社を経営している夫の口車につい騙されて結婚したのが運の尽き。 私や、私の両親から何百万も借金し、自分の友達にまで借金。 私のカードを使いまくる。 キャッシングする。 毎月の支払いが間に合わない。 本当に気が狂いそうです。 カードは取り上げて、リボやキャッシングは私がなんとか返済しました。 コロナで夫の会社もおそらくダメになるでしょう。 見栄っ張りで高級車を持ちたがり、そのくせどんなオンボロの家に住んでいても気にしないんですよね。 外食好きで、本当にいくら稼いでも手元に残らないんです。 戸籍が汚れるのが嫌で離婚してないけど私は逃げたい。 糖尿病だし、難病持っててだんだん仕事も出来なくなってる夫をこのまま世話するなんて自分が気の毒だと思う。 気弱になってる時は判断が鈍る。 もう結婚はこりごりよ。 ごめんね。 相談に乗るどころか自分の愚痴を書き込んでしまって。 なんだかなぁ。 他人の不幸の上に〜って言うけど、主はそんな人達に散々不幸な目に合わされてきてるわけじゃん。 しかも現在進行系で。 離婚したあとに奥さんと娘さんがどうなろうがそんなん彼女らの自業自得でしょ。 彼女らの選できた道が今なんだから。 主が気にすることない。 てか、どうしてもっと自分を大切にしてあげないんだ主は。 もういい加減自分のための幸せをとってくれよ。 なんかだんだん腹立ってきたし悲しくなってきたわ。 マジ幸せになってくれよ… とりま息子さんとは腹割って話そう。 幼稚園児や小学生じゃないんだし、ちゃんと話せば息子さんからの心の言葉も返ってくるよ。 生活費を奥様に渡す。 家族カードは解約。 もしくは上限の低いカードを作る。 奥様は奨学金で息子に苦労させるつもりですか? 奨学金を返して行くのってものすごく大変だと思いますよ。 奨学金が残ってるうちは結婚もできないって人もいますよね。 仕送りは絶対的に止めるべきです。 あなたが病気で働かなくなったらどうするのでしょう?その時急に仕送りがなくなるよりは、今から無くなると伝えて自分で生活するようにさせて行くべきだと思います。 あなたのその態度もダメですよ。 どーせ険悪ならそのまま厳しくしたらいいと思います。 それで向こうが離婚だと言うならそれでいいと思いますし。 あなたも情だけで離婚しないだけですよね? 離婚しても息子さんの養育費を払えば息子さんが苦労することはないでしょうし。

次の

妻の暴言や口の悪さがひどい!死ねなどの言葉は離婚理由になるのか?

妻が口をきいてくれないから家に帰りたくありません

こんにちは。 らむねです。 どんな言い訳をしても、不倫は不倫であり、許されるものではありません。 しかも夫婦に別の問題がある場合、不倫発覚でさらに泥沼化することも。 今回は多くの問題を抱えた夫婦に訪れた、最悪の結末のお話です。 10年間妻に無視をされつづけた夫が選んだ道……夫婦関係を修復するためにはどうしたらいい? 西川凛さん(44歳)は夫・光司さん(40歳)と結婚10年目。 小学校低学年の2人の子どもがいます。 2人目の子どもが産まれてから、凛さんは光司さんのことを生理的に受け付けなくなり、何かと強く当たるようになりました。 もちろん夫婦生活は拒否。 寝室も別にして、光司さんを空気のように扱うようになりました。 光司さんは凛さんに歩み寄ろうとしてくれていましたが、凛さんはそれを一切拒否。 しかし、子どもたちはパパのことが大好きで、光司さんも子ども達をかわいがり、家族のためにできることを精一杯してくれていました。 しかし、光司さんがいくら努力しても凛さんはそんな光司さんに対してさらにイラ付き、普段は完全無視。 時に八つ当たりのようにモノを投げつけたり、怒鳴ったりするほどまでになっていました。 いつの間にか、ひどい態度が日常に 光司さんは根気よく歩み寄る努力をしてきました。 しかし態度を変えない凛さんに、光司さんも次第に話しかけなくなっていきました。 そしてそんな光司さんに凛さんは子どものいないところで日常的に「無能な男」「お前、バイトでもしてもっと稼いでこいよ」と、罵声を浴びせるように。 さらに小遣いは月に2万円しか渡さず、光司さんを徹底的に無下に扱ってきました。 光司さんと凛さんの距離はどんどん離れ、気づけば子ども以外では全くつながりのない夫婦になっていました。 その頃、凛さんの父が亡くなりました。 お父さん子だった凛さんはかなりのショックを受けて、しばらく家事もできないほど落ち込んでいました。 光司さんはそんな凛さんのために、普段凛さんがしている子どもの送り迎えや、 休日の野球クラブのお弁当作り、家の家事全般を黙ってやってくれていました。 凛さんは、お礼を素直に言うことすら恥ずかしいと感じている自分に気が付き、今まで光司さんにしてきた自分の行動がどんなにひどいことか思い直していました。 しかし、なかなか素直になれず、お礼の言葉どころか「余計なことするなよ」と思ってもないことを口にして、光司さんに「お前はさっさと会社に行って仕事だけしてろ」と、またひどい言葉を言ってしまっていたのです。 光司さんは、あきらめたようにまた以前の日常に戻りました。 ある日、夜遅く仕事から帰って来た光司さんが、冷蔵庫に入っているおかずを食べずに買い置きしてあるカップラーメンを食べた形跡を発見した凛さんは「冷蔵庫にあるおかずを食べずにカップラーメンを食べたいなら、一生そうしろ」と、メッセージを送信。 「夜中にガタガタするのは悪いと思ってた」 「そういうつもりじゃなかったんだよ」 という光司さんの返信を一切無視しました。 晩御飯を作らないという意味ではありませんでしたが、その日から光司さんが家でご飯を食べることはなくなりました。 光司さんは夜遅く家に帰り、翌日朝ごはんも食べずに会社に行くようになりました。 月の小遣いは手渡しでしたが、それすらテーブルに置いてやり取りするようになり、夫婦の会話はほぼゼロになりました。 凛さんは光司さんに、作ったご飯を食べないことを謝ってほしくて「家族を無視するなら、洗濯も自分でしてください」とメッセージを送信……光司さんからは「分かりました」と一言だけ返信が来ていました。 凛さんは自分が「やりすぎている」と分かってはいましたが、どうしても自分から謝ることができませんでした。 知らぬ間に変わっていた夫 ある日、光司さんの洗濯物に見慣れないブランド物の下着が入って居るのを確認しました。 「小遣いはギリギリしか渡していないのにどうしてこんな下着!?」と思い、他の洗濯物を見てみると、凛さんが知らない下着やシャツも入っていました。 凛さんは直感的に「まさか!」と思い、すぐに光司さんの寝室へ行き持ち物や服をチェック……。 数年ぶりに入った光司さんの寝室には、必要最低限の物しかなく、妙な違和感を覚えました。 そしてその日以来、凛さんは光司さんの行動を気にするようになりました。 今まで気にも留めていなかった、持ち物や行動、帰宅時間をチェックし、何か気になることがあれば、罵声を浴びせて問い詰めました。 しかし、光司さんはなにも答えないまますぐに部屋に入ってしまうように。 凛さんは、食事もとらずに毎日終電で帰り、朝も黙って出かけていく光司さんが、どこで何をしているのかが気になって夜も眠れなくなりました。 月に2万円の小遣いで、毎日外食なんて無理だと、そのときにはじめて気が付いたのです。 きちんと話したいと思っても、素直になれず、遅く帰って来る光司さんを見るとイライラしてまた罵声を浴びせてしまう……。 凛さんは探偵に光司さんの行動調査を依頼することにしました。 調査の結果、光司さんは仕事の帰りにアルバイトをしていました。 また、アルバイトのない日は光司さんの関連会社のシングルマザーの部下と一緒に過ごし、終電までの時間を彼女の家で過ごしていました。 凛さんは、それを見て「あいつ、許さない」と、すぐに光司さんとその女性に慰謝料を請求……「払わないなら離婚する。 親権も渡さない」と伝えました。 すると、光司さんは、「そうしてください。 慰謝料、養育費は払いますが、この生活は限界です」と……。 凛さんはその返事を聞いて、目の前が真っ暗になったそうです。 そして 「そういうことなら絶対に離婚はしない」 と光司さんに伝えたそうですが、光司さんは「お任せします」と家にすら帰って来なくなったそうです。 光司さんに「好きにしてもらっていいから」と言われたことで、凛さんは自分が光司さんとは離婚したくないことに気が付いたそうです。 これから、光司さんの不倫を辞めさせて、仲が良かった頃のように戻るには夫婦2人が変わらないと難しいのは明らかです。 その第一歩として、まずは「凜さんが素直になること」も必要かもしれませんね。 2020.

次の

10年間妻に無視をされつづけた夫が選んだ道……夫婦関係を修復するためにはどうしたらいい?

妻が口をきいてくれないから家に帰りたくありません

好きなら離婚しなければいいのに…と思う人も多いかもしれませんが、いくら愛情があっても離婚したい気持ちの方が愛情を上回ってしまえば、結婚生活を続けるのは難しいですよね。 好きだけど離婚したくなるのには、何らかの理由があります。 これから、離婚を考えるきっかけとなる理由として代表的なものを挙げていきます。 「夫編」「妻編」「妻・夫共通編」に分けてご紹介しますが、いずれも誰にでも起こり得るものといえます。 人によって考え方はそれぞれ違いますので、「こんなことで?」と思うような内容でもその人にとってはとても重要だったりするのだと思いながら見ていきましょう。 妻の料理が好みに合わず食べるのが苦痛 結婚前にあまり一緒に食事をしたことがなかったりすると、食の好みがずれていることに結婚してから気付くパターンはよくあります。 本来は嬉しいはずの妻の家庭料理が口に合わない…というのは、男性にとってとてもつらいことです。 せっかく作ってくれた料理に口出ししたり自分で用意しなおしたりすると、妻を傷つけてしまう…。 そんな思いから、好みに合わないことを妻に伝えられないまま我慢し続け、限界をむかえてしまうという人は意外と多いのです。 自由になりたいから 妻のことは好きだけど妻がべったり甘えてくるタイプで束縛されているように感じると、自由になりたいという気持ちが膨らんでいきます。 好きだけど妻と一緒にいるのはもうお腹いっぱいという状態になってしまうのですね。 お互いほどよい距離感を保ちながら、一人の時間も尊重し合える関係なら離婚したいとまでは思わないはずです。 でも、妻が寂しがり屋で夫に依存するタイプだと、結婚生活で自由時間を作るのは難しいでしょう。 口うるさくて気が休まらないから 結婚すると、ついあれこれ口うるさくなってしまう女性は少なくありません。 それが苦痛な男性も多く、妻を好きだけど家に帰りたくない…と思ってしまうのです。 家ではゆっくりしたいのが本音だけど、妻は話を聞いてほしいしあれこれ気になって言わずにいられないのでしょう。 妻が口をきいてくれなくて悩んでいる男性もいますが、うるさくてキツイと悩んでいる男性もいるのです。 嫌いになったわけではなくても、家庭が休まらないと思うと離婚がよぎってしまうのも納得です。 妻の金遣いが荒い 結婚して揉める原因の一つがお金です。 金遣いの荒い妻に頭を抱えて離婚したいとまで追い詰めれられる男性も少なく在りません。 もちろん、夫の金遣いが荒いというパターンもあります。 夫が悩むパターンとしては、専業主婦の妻が自分が稼いだ給料で散財するのが耐えられないというものが多いようです。 結婚していなければ自分が使っているはずのお金なのに…という思いがあるのでしょうね。

次の