スバル xv il eyesight。 XV 2.0i−S アイサイトの中古車を探すなら【グーネット中古車】|スバルの中古車情報

【スバル新型XV】「E型」2020年10月マイナーチェンジ日本発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

スバル xv il eyesight

webcg. アルミ独特の光沢がさらに引き立っています。 大きなホイールと薄めになったタイヤががスポーティを強調。 扁平率は40と低めで、接地面積が広く、ステアリング操作に対する車体の応答性も高い。 スポーツ走行を意識した設定です。 その反面、路面状態をより伝えるので、乗り心地は16インチ、17インチより悪くなります。 6i-L EyeSight、2. 0i-L EyeSightと比べると走行性能、見た目のかっこよさを重視したホイールと言えるでしょう。 スポンサーリンク 2. subaru. html まず印象に残る点はホイールの大きさでしょう。 6i-L EyeSightは16インチ、2. 0i-L EyeSightは17インチを採用しているのですが、2. 0i-S EyeSightは18インチを採用しています。 これはただホイールが大きいだけではありません。 18インチホイールには アクティブ・トルク・ベクタリングというシステムが搭載されているのです。 これはコーナリングを検知して、内輪に自動的にブレーキを入れる代物です。 内輪というのは、少しわかりづらいかもしれません。 これは右に曲がる場合は運転席側の右のホイールだけにブレーキがかかるという意味です。 片方だけにブレーキがかかる、ということは、 相対的に外輪の駆動力が強くなるということ。 これがどういう効果を生むのかはコンパスが円を描く光景を想像すると分かりやすいかもしれません。 内輪側の動きを小さくすることで、コンパスの軸に近い役割を内輪に与えています。 それによって、スリップや、ロールといった コーナリングのブレを小さくすることに成功しています。 このアクティブ・トルク・ベクタリングに高いコーナリング性能を実感するユーザーも多く、思ったように曲がるという感動を与えてくれます。 スポンサーリンク 2. subaru. html エクステリアも2. 0i-S EyeSightのみの装備が存在しています。 ここもスポーティを意識したことが伺える仕様となっている模様。 まるで純正品でカスタムしたような サイドシルスポイラー。 材質は樹脂製です。 地味な違いだと思われるかもしれませんが、貧弱になりがちなドア下のボリュームがかなり豊かになっています。 インプレッサスポーツのデザインとの整合性もバツグンです。 もし、ドアにメッキの加飾があったら…と想像してみてください。 インプレッサスポーツには合わないと感じませんか? 派手なメッキよりもスマートな充実感がこのモデルには合っていますね。 subaru. html 上位グレードの証と言える部分。 あまり目立たないところですが、潜在的な上質感を醸し出します。 ちなみにサイドシルスポイラーや光輝ウインドウモールは後付けが可能です。 予算が厳しい場合、2. 0i-L EyeSightで抑えて、後で予算が出来たら装着するということも可能。 しかしディーラーの在庫の有無やディーラーごとの対応が違うので確認が必要です。 工賃も余計にかかってしまいます。 >きぼう339さん サイドスポイラーの需要は結構あると思いますね。 今回のSのは地味で、あるのかないのかよくわかりませんが、大抵カッコイイですからねw 他メーカーでも、メーカー装着モノと別物をディーラーオプションで用意してるところも多いです。 標準で装備されてないグレードはそちらを選べばいいので、 そうすると、メーカー装着物を外して、ディーラーオプションものに交換する人とかも出て来ます。 で、余ったものはオークションに出てくるとか。 kakaku. 0i-S EyeSightを選ぶ方が最終的にはお得です。 subaru. html こちらはオプションとして1. 6i-L EyeSightと2. 0i-L EyeSightにも装備できますが、標準という点が重要。 上級グレードであることをアピールしていますね。 ランプの性能は夜間の快適な走行を左右します。 ステアリング操作に連動して照射方向が変わる仕様、ウォッシャー付き、オートでハイローの変更と至れり尽くせり。 ビジュアルもブラックベゼル(ランプのふちが黒い)で渋く、重厚なイメージ。 見た目だけでなく、 性能がいいランプは安全装備の延長として大事にしたいもの。 どうせオプションとして設定するなら、2. 0i-S EyeSightにしてみるのもアリでしょう。 2000ccのみの標準装備 2. 0i-S EyeSightにはもちろん、2. 0i-L EyeSightにも標準装備されており、1. 6i-L EyeSightには存在しないものを紹介。 上記の2. 0i-S EyeSight専用標準装備が存在しない分、2. 0i-Lは2. 0i-S EyeSightに比べると物足りない感じがしますね。 subaru. html 2. 0i-L EyeSight,2. 0i-S EyeSightにはSI-DRIVEが搭載されています。 インプレッサスポーツのSI-DRIVEには2つのモードが存在。 市街地のようなパワーがあまりいらない場面で、最大出力を落とし、燃費に貢献するIモード。 逆に高速道路のような、回転数を必要とする場面で、パワーを上げるSモード。 しかし、実際に運転すると、モードを変えるような場面はあまりないというのが実情です。 モードを変えなくても特に問題はなく、Iモードのままでも、高速走行に特別支障はありません。 このSI-DRIVEが本領を発揮するのは、出力調整の幅が広いXVやレガシィといったパワーがあるモデルの話です。 インプレッサは価格が安い分、XVやレガシィよりもパワーが劣るので、SI-DRIVEによる恩恵も大きくありません。 よってSI-DRIVEの有無で、1600ccか2000ccか迷う必要性はないでしょう。 パワーがないモデルにはSI-DRIVEを搭載する意味があまりない、と考えると、1600ccである1. 6i-L EyeSightにSI-DRIVEが設定されていない理由も自明というものです。 subaru. html 上の画像は2. 0i-L EyeSightと2. 0i-S EyeSightのカップホルダー、下は1. 6i-L EyeSightのそれです。 2000ccは各部にメッキの縁取りがあって、 高級感があります。 スピーカーもフロントに4つあり、1600ccの倍の個数。 リヤのスピーカー数は2つで1600ccと同じです。 遮音ガラスとの相乗効果で、ダイナミックな音響を楽しめます。 外からの騒音や、逆に内から漏れる音も軽減してくれるでしょう。 遮音ガラスも2000ccのみに標準装備ですね。 subaru. html エアコンは運転席と助手席の温度を独立して設定できる仕様です。 1600ccは左右連動しているため、やや自由度が低いです。 ドライバーとじっとしている同乗者は体感温度が違う場合もあるため、左右別個に温度管理できるメリットは意外と大きいでしょう。 0i-SとLの違いはカンタンに言えば装備の違いです。 SはLの上位互換で、Lの装備に加えてさらに充実したラインナップとなっています。 インプレッサスポーツ2. 0i-SとLの違いをまとめる 2. 0i-SとLの違いをまとめるとこのようなかんじになりますね。 0i-S EyeSightはここで紹介した全ての性能を持っているため、価格も高めです。 しかし2000㏄の3ナンバークラスと考えるとお手頃で、 アイサイトも標準装備されると考えるとかなりいい買い物ですね。 この点も評価が高い由縁でしょう。 徹底して上質な走りと性能を求める人は多く、特にアクティブ・トルク・ベクタリングによるコーナリング性能は好評。 新プラットフォームによるボディ剛性も相まって、高い安定性が実現されています。 インプレッサスポーツの真の性能を感じるなら、2. 0i-S EyeSight一択となるでしょう。

次の

新型 スバル XV 1.6i

スバル xv il eyesight

見えないところが変わった 富士重工の、じゃなくって、 といっても、カタチは変わっていない。 識別点は、リアライトが切れ長になったことだが、素人目に新旧の違いはわからない。 こんなに変わらなくて大丈夫なのかと、ひとごとながら心配になるほどである。 ボディーサイズもほとんど変わっていない。 立体駐車場に収まる1550mmの全高は同一だ。 「」「」「」といったライバルと比べると、もともとXVはちょっと大柄だから、これ以上、大きくする必要はないということだろう。 しかし、カタチや大きさは変わらなくても、車台は新世代のSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)に刷新された。 新たに1. 6リッターが加わり、メインの2リッターエンジンも直噴化された。 見えないところで変わったのが、今度のXVといえる。 6リッターとの2本立てになり、新型の月販目標台数は2200台に増えた。 このところ路上でXVが目立つようになったなあと思ったら、「インプレッサ」シリーズとそう変わらない計画台数である。 ちなみに、アメリカのNo. 1スバルは「フォレスター」で、月に1万5000台近く売れる。 「XVクロストレック」(XVの北米名)はその半分とはいえ、大したものだ。 今回試乗したのは、2. 0i-S EyeSight。 本体価格267万8400円の一番高いXVである。 乗れば「新しくなった」とわかる 先代からインプレッサとは独立したモデルになったとはいえ、XVは5ドアハッチ「インプレッサスポーツ」の4WDをリフトアップしてSUV化したクルマには違いない。 新プラットフォームで生まれ変わった新型インプレッサは、半年ほど前に4WDの「2. 0i-S EyeSight」に試乗して好印象を受けた。 今回乗ったXVもあのときのデジャビュかと思わせる出来である。 ボディーやサスペンションの剛性感が上がった。 特に足まわりは、動きがかろやかになり、乗り心地もより上質になった。 なんというか、乗り味から雑味がなくなっているのだ。 3割パワーアップ! みたいなことと違って、派手さはないが、走りだしたとたん、あっ、新しくなったなとわかる違いである。 直噴化された2リッター水平対向4気筒も、そうした洗練度の深化に呼応している。 最高出力も最大トルクも、それぞれの発生回転数もインプレッサ用と同一。 車重は同じ2. 0i-S EyeSightのインプレッサスポーツより50kg増えているが、特に重くなった印象はない。 なめらかに回るエンジンに対し…… スバルは国産CVT車のパイオニアで、1984年にオランダのヴァンドールネからスチールベルトを調達して電磁クラッチ付きのCVTを自製し、リッターカーの「ジャスティ」に採用している。 決して具合のいい自動変速機とはいえなかったが、進取の気性に富むスバルらしかった。 新型XVの変速機もおなじみのリニアトロニック。 7段マニュアルモード付きのCVTで、シフトパドルも備わる。 デフォルトは、省燃費指向のインテリジェントモードである。 だが、アバルトのスポーツモードのようにドライブ特性が激変するわけでもなく、メーターが赤くなるわけでもない。 インテリジェントモードでも、アクセルを深く踏み込めば、スポーツモード同様、レッドゾーン手前の6300rpmに張り付いて回る。 山道ではスポーツを使ったが、戻し忘れて、高速道路もそのままで走った。 これがなければ、11. 6リッター車、2リッター車ともに、トランスミッションにはチェーン式CVTの「リニアトロニック」が組み合わされる。 誕生当初はセンターコンソールのダイヤル式コントローラーで操作する方式だった、走行モード切り替え機構「SIドライブ」。 現在はステアリングスイッチ(写真下部)で操作する方式となっており、また一部のスポーツモデルを除き、走行モードも「S」と「I」の2つに整理されている。 新型「XV」は悪路走破性能も考慮されており、ベースグレードの「1. 6i EyeSight」を除く全車に、下り坂での車速を一定に保つ ヒルディセントコントロールや、パワープラントの制御をオフロード走行向けに切り替える「X-MODE」などが装備されている。 エンジンビートにスバルを感じる XVには「アイサイト」のver. 3が全車に標準装備される。 さらに試乗車にはオプションの「アドバンスドセイフティパッケージ」が付いていた。 このなかには「後退時支援」という機能がある。 一度高速SAの駐車場からバックで出ようとすると、ピピッと電子音が鳴って、左からクルマが来ていることを教えてくれた。 運転席からはまったく見えないクルマだった。 非常に有用な運転支援装置である。 エンジンはなめらかに回るが、例えば高速道路で軽く踏み込んでジワジワと加速するようなとき、フラットフォー特有のザワザワしたビートをかすかに感じて、あっ、スバルだ! と思う。 同じ2. 0i-S EyeSightのインプレッサスポーツ4WDは、259万2000円。 それプラス8万6400円で同じ装備のSUVが手に入るのだから、XVの高い人気も納得がいく。 日本車離れした中間色のすてきなボディーカラーが多いのもXVの魅力である。 いま乗っている人が、無理して新型に乗り換える必要はないが、いまからXVを求めるなら、絶対新型だ。 (文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資) テスト車のデータ スバルXV 2. 3km 使用燃料:48. 1リッター(レギュラーガソリン) 参考燃費:11.

次の

新型スバルXVはどのグレードを買ったら良いのか?【3代目XVベストグレード】

スバル xv il eyesight

インプレッサ スポーツから派生したクロスオーバーモデル新型XVが フルモデルチェンジをして、2017年5月、スバルから新発売されましたね。 ただ、この新型モデルは 先代モデルよりもさらにSUVらしいデザインになっているように感じました。 そんな新型XVですが、今回は1. 6リットルモデルが新たに追加されて、 2. 0リットルモデルあわせて4つのグレードをラインナップしています。 グレードによってエンジンの排気量、外装や内装の装備・機能が異なるため、 どのグレードを選択するか悩ましいところですが、どのグレードが一番おススメ なのでしょうか? 私が一番おススメだと思うグレードを理由とともに紹介したいと思います。 私もこのスバル リヤ ビークルディクテーションを搭載したインプレッサを 試乗した事があるのですが、やっぱり便利。 車線変更をする時の安心感が全く違いました。 この事を考えると、新型XVの最廉価グレードの1. 6i アイサイトは、 他のグレードよりも若干見劣りをするのかなと思いました。 0i-Sと2. 0i-Lの乗り出し価格の差 2. 0i-Sの乗り出し価格 :3,519,558円 2. 0i-Lの乗り出し価格 :3,409,359円 2台のモデルの乗り出し価格差: 110,199円 この2台のモデルの価格差は約12万円。 もし新型XVの中間グレードの2. まだ発売日前なので、私はこのクルマを試乗していないのですが、 さんに話を聞くと、街中を運転する分には1. 6リッターでも ストレスなく運転をする事が可能のようです。 ただ、山道や高速道路を運転すると、2. 0リットルと1. 6リットルモデルでは 加速力やパワーに明らかな差が生じるようです。 また、私はこのクルマのベースとなっているインプレッサ スポーツの 2. 0リットルモデルと1. 6リットルモデルを試乗した時に同じように感じました。 なので、長距離ドライブや山道で運転する事を考えると、1. 6リットルより 2. 0リットルモデルの方が心強いのかなと感じました。

次の