奏で 歌詞。 SUPER BEAVER「ラヴソング」歌詞の意味やテーマを探る!

奏でて星歌の歌詞・楽曲情報

奏で 歌詞

正式なものが発表され次第修正させていただきますのでご了承ください。 SUPER BEAVER「ラヴソング」のテーマとは? 「ラヴソング」のテーマになっているのは『音楽で繋がる喜び』なのだそうです。 少し歌詞を見てみることにしましょう。 知りたかった最高も 知ってしまえば最低限に どうしたって満足は 出来ないようになってるみたいだ 一つ欲望を叶えると、やがてそれが当たり前になって「もっともっと」と感じてします人の性が歌われている部分ですね。 この「ラヴソング」を聴いて強く感じられることの1つに、 歌詞がシンプルであるけども、「幸せ」についてとても突き詰めて考えられているということが挙げらると思います。 大事だって思うのは 何が大事か忘れないこと 「忘れてはいけないもの。 」例えばそれは、 あぁ 人知れぬ涙のその悲しさとか あぁ 差し出された手の優しさだとか ということを言おうとしているのでしょう。 「相手を思いやる気持ち」、自分のことを気にかけてくれる「相手からの気持ち」。 人によって定義の異なる「幸せ」ですが、その根底には相手への思いやりがあって、 一つも逃げずに向き合えば 行きつく先の思いはただ シアワセになってほしいとか 共にシアワセでいたいとか 突き詰めて考えると、あなたに幸せになってほしい。 そして、幸せな時間を一緒に過ごしていたい。 これ以上でも、これ以上でもないよ。 というメッセージが強く伝わって来ます。 そして、この歌詞から見て取れる自分を曲げない一貫した姿勢もSUPER BEAVERらしさが滲み出ている部分でしょう。 誰かが何かを言おうとも 誰が何を言うかならば 飛び切りの愛をこめて言おう あなたがシアワセでありますように 誰がなんといっても関係ない、綺麗事とか、子供だとか言われたってこの姿勢は曲げない。 「あなたが幸せでありますように」というメッセージさえ受け取ってくれればいい、というなんとも温かい言葉が詰まった曲になっていますよね。 テーマである、『音楽で繋がる喜び』が爽やかに、そして熱く表現されているこの「ラヴソング」。 本当にハートフルという言葉がピッタリな一曲です。 instagram. バンド名の由来は、ギター・柳沢さんが動物の名前をつけたいということで『ビーバー』が決まり、それに語呂が良い『スーパー』が付き、2つを繋ぎ合わせて『スーパービーバー』となっているそうです。 現在は[NOiD]というレーベルに所属しているSUPER BEAVERの4人ですが、2009年に1度メジャーデビュー(2009年 — 2011年)を果たした後、事務所を離れてインディーズへ戻るという道のりをたどっています。 メジャーデビューした頃には、大人気アニメ『NARUTO -ナルト- 少年篇』のテーマソングとなったこともあり、すぐにSUPER BEAVERの名前を覚えた方も多いのではないでしょうか。 周りから見ると順風満帆そうに見えた当初のSUPER BEAVERの活動ですが、メジャーレーベルでの楽曲制作方法などに疑問を感じ、事務所と折り合いが付かなくなったことから、2011年に離脱。 メジャーでの活動期間中にはストレスによってボーカルの渋谷さんが倒れたり、メンバーの仲が険悪になって解散の危機に直面するなど、非常につらい時期を経験したそうです。 ですが、そんな苦しい時代をメンバー全員で乗り越えてきた彼らだからこそ奏でられる真っ直ぐな音楽、シンプルな温かい言葉は多くの人の心に届き、現在は武道館ワンマン公演のチケットを販売直後にソールドアウトさせてしまう程の人気バンドに。 この人気が、「自分たちの納得できる形を追求」してきたこのビーバーの魅力を物語っているのではないでしょうか。 instagram. 今回は明るいメロディーで真っ直ぐな想いをストレートに感じることができるSUPER BEAVERの温かいナンバー、「ラヴソング」を紹介してみました。 紆余曲折を経た彼らだからこそ紡げる言葉、そして妥協のない音楽が魅力の彼ら。 その魅力がよく伝わる一曲なのではないでしょうか。 これからもライブに重き走り続けるSUPER BEAVER4人。 その活躍に今後も期待しましょう。

次の

スキマスイッチ「奏」という曲の歌詞についての考察

奏で 歌詞

歌詞を直接書き写すわけにはいかないので、まずは、本文から読み取れる情報を整理します。 舞台は駅。 遠くの地で新生活を始めようとしている「君」と、それを駅まで見送りに来た「僕」という設定です。 春の旅立ちですかね。 今の季節にぴったりですね。 新生活を始めるのは「君」だけで、「僕」はこれまでと同じ場所で同じ生活を続けるようです。 「君」は「僕」よりだいぶ年下みたいですね。 これまで「僕」は「君」の成長を見守り支える存在でしたが、「君」は「僕」の手の届く場所から離れ、別々の道を歩むことになります。 「僕」は別れの覚悟をある程度は決めているつもりのようですが、やはり寂しく思う気持ちが強く、見送りの駅まで来た段階で、まだいろんな言葉を使って自分を納得させようとします。 わたしが不安に感じるのは、「この二人、一体どういう関係なの?」ってことなんですね。 そして、「今後はどういう関係で再出発するつもりなの?」というのもちょっと心配です。 この歌のことを調べてみると沢山の人がいろんな考察をしていてネット上でも色々意見が別れています。 「君と僕」が恋人同士だという解釈が主流ですが、一部に「親子」説もあります。 おそらく「親子」説を考えついた人はわたしと同じようにちょっと二人の関係性に違和感を抱いて、余分に深読みをしてしまった同志だと思われます。 やっぱり、違和感は「僕」から「君」への圧倒的な上から目線というところから来ているような気がするんですよね。 上から目線っていっても嫌な感じのやつではなくて、きっと「君」にとっても素直にありがたい、あたたかな眼差しであっただろうとは思うんですが、だとしたらそれってやっぱり「恋人」とは違うんじゃないかという気がします。 一方で、駅まで手を繋いで来たり、いよいよ別れの瀬戸際に及んで抱きしめたりする行為は非常に「恋人」的で、その辺のギャップがわたしを不安にさせているものと思われます。 いろんな恋愛の形があるとは思いますが、圧倒的な力の差がある保護・被保護の関係のままでは、安定したパートナーシップは築けないような気がします。 もしこの歌の二人が大方の解釈の通り恋人同士であって、この先遠距離恋愛になっても関係を続けたいと思うのであれば、「僕」は早めにその保護者気分から卒業するべきでしょう。 大人になった「君」にとってはもう保護者は必要ないんですから。 …… ああ、なるほど。 そういう意味でいくと、この歌が表す切なさというのは、そんな関係性の変化にまつわる切なさが元になっているのかもしれませんね。 今までみたいに圧倒的な保護者じゃなくなっても、「君」は「僕」を慕ってくれるだろうか、なんてね。 うんうん、たしかにちょっと心配ですよね。 あくまでもひとつの解釈と感想に過ぎませんが、ちょっと考えてみてスッキリしました。

次の

エレファントカシマシ、4人が奏でた“今の歌” 下北沢シェルター公演レポート

奏で 歌詞

「近江八幡市精神障がい・発達障がい当事者・家族の会」馬場 功さんからいただいた原詩、またご本人講演時の手記をもとにつくらせていただきました。 発達障害の啓発として、教員の方に聴いてほしい。 馬場さんがよく口にされる 「ファンタジー」に深く共感しました。 アイディア力、創造性、一点に集中して成し遂げる力をもとにして、 新しいモノを作り出し、皆を新しく楽しい世界に連れていくことができる。 発達特性をプラスに活かすことができる。 そのような想いを込めています。 また、一つの分野の知識に長けている 特にASDでしょうか 職人気質のような特性を、音楽に例えたいなと考えた時、楽器の研究を重ね、どんどん演奏の腕が上がっていかれる様子が目に浮かびました。 好き・極められる分野は皆それぞれ。 ということで、 十人十色のイメージで、「一人ひとりが持つ オリジナルの楽器」としました。 こだわりが強い、世間話が苦手かもしれないけど、一方で、 一つのことをとことん極められる。 それって素敵じゃないかという、肯定のメッセージが、発達障害でない方にも伝わればと願って入れています。 その楽器の音色、一人ひとりの個性が響く クラス中、こどもたち、また合唱部の皆さまの間で ことで生まれる、素敵なハーモニーの広がりをイメージしてサビを作りました。 また、 「ありのままでそのままで輝く」馬場さんの想いの中で一番大切と感じた部分をサビにしました。 ) 【2番】は、 LDの方の苦手さ 計算・書字・識字など は、クラスの皆にとっても学びが深まる。 【3番】は、ASDにより空気が読むことが難しいことに関して、 「困った人ではなく、本人が困っている」という馬場さんの強いメッセージを感じて、歌詞に込めました。 そして、ストレートに、腹を割って思ったことを言いあえる関係は、発達障害以外の方にとっても絶対にプラスになる。 その想いを込めて作りました。 最後は、馬場さんの手記を読ませていただいたときに書かれていた詩に感銘を受けて、創りました。 馬場さんが、 持ち前のエネルギッシュさで、周りの方も巻き込みながら、大きなコンサートを実現されたこと。 夢が叶うよう、毎日毎日まっすぐ出来ることを積み重ねられていること。 障害があってもなくても、得意なことを活かし合って支え合えれば夢は叶う。 この歌は、当事者で自己肯定感がもてない子どもや大人が多い中で、あなたも社会というハーモニーをつくる大切な存在。 との思いで書きました。 中には、発達障がいは必ず治ると善意で思っておられる方がます。 しかし、先天的なもので治りません。 私も今でも思い立ったらすぐ口にするし、動きます。 でも、謝ったりフォローする術を身につけました。 でも、口に出さずに怒り続けてる人がいます。 だから、真摯に受けとめるからストレートに伝えてなんです。 私なりの工夫や成長をといつも心がけています。 私は9月に長年の音痴を克服して独唱にチャレンジしますが、けっしてyukaさんのようには上手く歌えないと思います。 しかし、私なりの味が出せたらと思っています。 ありのままでそのままでを理解しあい助け合い、その人らしく生きられる、ゆとりのある社会は誰もが住みやすい社会になっていくと思って頑張っています。 馬場功.

次の