うたう 大竜 宮城。 ドラマ『うたう!大龍宮城』の動画まとめ

うたう!大龍宮城

うたう 大竜 宮城

しかしカツオはシンクロナイズドスイミングのコーチをしているシンコちゃん(若松恵)のパパ(中沢青六)に目を付けられ、家に連れて行かれてしまいました。 カツオを助けるためにタローくんは乙姫の秘密をキヨシたちに話して協力を仰ぎます。 世界中の暖かい海を泳ぐ。 鰹節の原料となる。 今回はカツオのお話。 乙姫が電話をしており、カツオのアルバイトの相談を受けていた。 カツオは乙姫のところでアルバイトの相談に来ており、乙姫が電話をした時間給720円の仕事を断る。 今の世の中不景気だと嘆きながら求人誌を見ては時間給1,500円以上の土木作業員の仕事を目にする。 けれども、お金はいいけど土木作業員だと断るカツオ。 カツオは乙姫に自分のアルバイトの心配までさせて悪いなぁと思うなか、これも乙姫の仕事だからと応える乙姫。 乙姫も時々、乙姫の仕事が嫌になるときがあると話すとそんなときは歌うのと教え乙姫は「美しい心」を歌いだす。 そんななか、タローがキヨシ達を連れて帰宅するとタローたちにカツオを紹介する乙姫。 タローたちをカツオに紹介するとタロー達はカツオをジロジロと見るためカツオは気持ち悪がる。 乙姫が『大丈夫よ、思ってる程気持ち悪い子たちじゃないから』と言うなか、タローは乙姫に午後から外出するんじゃないのかと確認。 乙姫は生活に苦しむ魚介類の会合に出る約束をしていたのだった。 けれどもカツオのアルバイトの相談もある…。 するとカツオは乙姫に生活に苦しむ魚介類の会合を優先するように言うため乙姫は会合に行く事に。 そんななか、タロー達は1回10円でカツオの匂いを嗅ぐというアルバイトを提案し匂いを嗅ぐのでカツオは気持ち悪い子たちよとドン引きする。 すると、カツオから太平洋の海の匂いがするとタロー達は言うと、カツオは懐かしく思い出し、もう一度太平洋を泳いでみたいと言うのでタロー達はカツオの水着姿を想像するのだった。 そして、タロー達はカツオの水着姿を見たいので、泳いでくればと言ってはカツオにプールに行くのを勧める。 けれども、カツオは泳ぎたいけど今は水着を持っていないと言うのでキヨシが乙姫のがあるよなと言ってみんなは乙姫の水着を捜すことに。 咄嗟にタローは止めるも、悩みながらも乙姫の部屋から乙姫の水着を差し出すのだった。 それからタロー達は亀山のタクシーでプールに向かう事に。 タローが亀山に音楽を頼むと、亀山はカセットテープを入れ自ら「シーラカンスは昔」を歌う。 しかも、いつもより妙にテンションが高い! けれどもみんな自分が歌うのかと呆れてしまうのだった。 そうこうしているうちにプールに着くと早速屋内に。 タロー達は水着姿のカツオを楽しみにしながら着替えるのを待つと、まだかまだかと気持ち悪く妄想しながら待ち続ける。 そんななか、シンコが現れると慌てて逃げ出すタロー達。 一方でプールサイドではカツオがアクロバティックな泳ぎを披露し、それを見たシンコは『上手いっ!』と驚き慌てて家に帰宅。 シンコは父親である東正夫を連れてくるとシンコのパパもカツオの泳ぎを見て凄いと思う。 その後、泳ぎを堪能したカツオにシンコのパパが近寄るとカツオに名刺を渡すのだった。 実はシンコのパパはシンクロナイズドスイミングのコーチで大学時代は選手だったとシンコはタローの家でタロー達に説明する。 タローは『シンクロナイズドスイミングって男がやっていいの?』と聞くと、やるのは自由だと言われる。 けれどもオリンピックは女だけなので、だからシンコのパパは女に生まれてオリンピックに出たかったと嘆いていたそう。 それでせめてコーチになってオリンピックを目指すようにさせたいという事で、プールで女の子をスカウトしたと話すシンコ。 まるでカツオみたいだったという話を聞いたタローは、それはカツオだと知ると、このままだとシンコの家にカツオが連れていかれてしまうと慌てるのだった。 その頃、シンコのパパはカツオをスカウトして自宅に連れていった。 けれどもカツオは暖簾に書かれた「鮨」の字を見て寿司屋だと知ると気絶してしまう。 一方でタローは乙姫との約束で、乙姫が本物の龍宮城の乙姫であることを内緒にしているためどうしたらいいかと悩む。 『タローくん、私が本物の龍宮城の乙姫だってこと、みんなには内緒よ』と約束した事を思い出してはやっぱり言えないと悩むタローだが、一人ではカツオを助けられない。 そんな様子が変なタローを尻目にキヨシ達は帰ろうとするためタローは慌ててキヨシ達を止める。 その頃、カツオはシンコの家の中で寝かされている。 そんななか、キヨシ達に乙姫の秘密を話すと驚くキヨシたち。 するとタロー達は《この世にまさしく神様に 誓える事がひとつある 嗚呼 乙姫 我が心 結婚を前提に 友達になろう 、少年ジャンプを 読むよりも ゲームボーイを するよりも 嗚呼 乙姫 我が命 Hな事など ほとんど望まない 》と、「この世にまさしく」を歌いカツオを助けなくっちゃと言いカツオを助けに行くのだった。 一方でシンコのパパはカツオが空腹だと思って、カツオの寿司を出すが、カツオは共食いだと再び失神してしまう。 『きっとパパの作ったお寿司があまりにも美味しそうだったから感動して失神しちゃったのよ』とシンコが言う中、タローがシンコの家に来ると、シンコのパパにシンコをお嫁さんにくださいと言い貰っていきますと言って連れ出す。 慌ててシンコのパパは追いかけて家を出るとキヨシ達がその隙にカツオを助けようとする。 その頃、シンコは連れられながら、タローに本当に結婚したいのか聞くが、タローは結婚は冗談だと言うため怒るシンコはタローを捕まえる。 そこにシンコのパパが追いつくとタローのお尻をペンペン叩くのだった。 そんななか、カツオはタローの家で寝かされているとそこに乙姫が帰宅する。 キヨシ達がカツオがシンコの家のお寿司屋さんに連れられ気絶した事を報告すると、どうしてカツオがお寿司に弱い体質なのか知っているのかを聞く。 ねえ、どうしてなのと問い詰める乙姫は、タローが教えたことに気づきタローが約束を破ったことを知るとしばらくダンマリ状態に。 それからしばらくして乙姫はカツオの右手中指にミネラルの指輪をはめるとカツオは目を覚まして気づくのだった。 それから、タローはお尻を抑えながら帰宅すると乙姫に見つかる。 乙姫はタローに『カツオの事、助けてくれてありがとう』と、カツオを助けたお礼を言うと、タローは乙姫の秘密を喋ってしまった事に顔を落とす。 すると乙姫は、秘密を喋ったことはもういいのと言い、みんな待っていたのよと言うとみんなで夕食を作ることにするのだった。 その頃、鯨大王と珊瑚女王は中華料理店で食事。 2人は何を食べるか決めている中、何を食べたいか決まっている鯨大王はアレだってと言って「哀しみと空き缶」 と歌う。 そして『ああブロッコリーが食べたい』ということで珊瑚女王はブロッコリー1つと酢豚を注文するのだった。 それから、「最後にシンコんちの親父のシンクロナイズドスイミングをお楽しみください。 」とタローのナレーションが入るとシンコのパパのシンクロナイズドスイミングが披露されるのだった!! ということで、今回はカツオのお話! カツオは前回乙姫が映画を一緒な見に行ったカツオでしょうか?お金に困ってアルバイトを探しているようですが、今の世の中不景気だと言っていた乙姫とカツオの言葉が辛いですね。 90年代始めのバブル崩壊後でもありますが、30年近く経った今も不景気なのは変わらない(泣) 時給700円代が当たり前な時代だったでしょうが1000円行くか行かないかの時代。 物価も違えば必要経費も税金も違うので何だかなぁ〜といったところ。 そんな現代の悩みとあんまり変わらない悩みを持つカツオですが、一流の泳ぎを認められてシンコのパパにシンクロナイズドスイミング(現在ではアーティスティックスイミングに変更)に誘われるがシンコの家がお寿司屋さんと知り気絶。 そんなカツオを助けるためにタロー達が活躍するのですが、1人ではどうにもできないため、乙姫が龍宮城の乙姫である事をキヨシ達に言ってしまうという。 結果、無事にカツオを助け出せるも、タローはお尻をペンペンされ乙姫にも約束を破った事がバレてしまいますが、カツオが無事だったので特にお咎めもなく最後はみんなで料理作りに落ち着くというお話でした。 ちなみに、劇中でシンコのパパは自分が男でシンクロナイズドスイミングの大会に出れないためコーチをしているというのが今回の大きなポイントなわけですが、実は2015年の世界選手権では男女のミックスが導入。 選手権以外では女子と組んで大会に出場して優勝を果たした男子選手がいたり、2017年の日本選手権シンクロ競技においてはフリーコンビネーションで女子選手8人に交じって男子選手1人が史上初めて出場した事もあり時代は変わるものだと分かります。 つまり今の時代ならシンコのパパもシンクロナイズドスイミングができるという事ですね!! それから、今回タローくん達による『この世にまさしく』が初披露されましたが、少年ジャンプやゲームボーイといった固有名詞はCD版では変更されているのでこのバージョンが聞けるのは本編のみです。 なお、今回使用された楽曲は、 『美しい心』乙姫の歌唱 『シーラカンスは昔』亀山の歌唱 『この世にまさしく』タロー、キヨシ、トオル、マサヒコの歌唱 『哀しみと空き缶』鯨大王の歌唱 でした。 次回は『サンマ』.

次の

ドラマ『うたう!大龍宮城』の動画まとめ

うたう 大竜 宮城

しかしカツオはシンクロナイズドスイミングのコーチをしているシンコちゃん(若松恵)のパパ(中沢青六)に目を付けられ、家に連れて行かれてしまいました。 カツオを助けるためにタローくんは乙姫の秘密をキヨシたちに話して協力を仰ぎます。 世界中の暖かい海を泳ぐ。 鰹節の原料となる。 今回はカツオのお話。 乙姫が電話をしており、カツオのアルバイトの相談を受けていた。 カツオは乙姫のところでアルバイトの相談に来ており、乙姫が電話をした時間給720円の仕事を断る。 今の世の中不景気だと嘆きながら求人誌を見ては時間給1,500円以上の土木作業員の仕事を目にする。 けれども、お金はいいけど土木作業員だと断るカツオ。 カツオは乙姫に自分のアルバイトの心配までさせて悪いなぁと思うなか、これも乙姫の仕事だからと応える乙姫。 乙姫も時々、乙姫の仕事が嫌になるときがあると話すとそんなときは歌うのと教え乙姫は「美しい心」を歌いだす。 そんななか、タローがキヨシ達を連れて帰宅するとタローたちにカツオを紹介する乙姫。 タローたちをカツオに紹介するとタロー達はカツオをジロジロと見るためカツオは気持ち悪がる。 乙姫が『大丈夫よ、思ってる程気持ち悪い子たちじゃないから』と言うなか、タローは乙姫に午後から外出するんじゃないのかと確認。 乙姫は生活に苦しむ魚介類の会合に出る約束をしていたのだった。 けれどもカツオのアルバイトの相談もある…。 するとカツオは乙姫に生活に苦しむ魚介類の会合を優先するように言うため乙姫は会合に行く事に。 そんななか、タロー達は1回10円でカツオの匂いを嗅ぐというアルバイトを提案し匂いを嗅ぐのでカツオは気持ち悪い子たちよとドン引きする。 すると、カツオから太平洋の海の匂いがするとタロー達は言うと、カツオは懐かしく思い出し、もう一度太平洋を泳いでみたいと言うのでタロー達はカツオの水着姿を想像するのだった。 そして、タロー達はカツオの水着姿を見たいので、泳いでくればと言ってはカツオにプールに行くのを勧める。 けれども、カツオは泳ぎたいけど今は水着を持っていないと言うのでキヨシが乙姫のがあるよなと言ってみんなは乙姫の水着を捜すことに。 咄嗟にタローは止めるも、悩みながらも乙姫の部屋から乙姫の水着を差し出すのだった。 それからタロー達は亀山のタクシーでプールに向かう事に。 タローが亀山に音楽を頼むと、亀山はカセットテープを入れ自ら「シーラカンスは昔」を歌う。 しかも、いつもより妙にテンションが高い! けれどもみんな自分が歌うのかと呆れてしまうのだった。 そうこうしているうちにプールに着くと早速屋内に。 タロー達は水着姿のカツオを楽しみにしながら着替えるのを待つと、まだかまだかと気持ち悪く妄想しながら待ち続ける。 そんななか、シンコが現れると慌てて逃げ出すタロー達。 一方でプールサイドではカツオがアクロバティックな泳ぎを披露し、それを見たシンコは『上手いっ!』と驚き慌てて家に帰宅。 シンコは父親である東正夫を連れてくるとシンコのパパもカツオの泳ぎを見て凄いと思う。 その後、泳ぎを堪能したカツオにシンコのパパが近寄るとカツオに名刺を渡すのだった。 実はシンコのパパはシンクロナイズドスイミングのコーチで大学時代は選手だったとシンコはタローの家でタロー達に説明する。 タローは『シンクロナイズドスイミングって男がやっていいの?』と聞くと、やるのは自由だと言われる。 けれどもオリンピックは女だけなので、だからシンコのパパは女に生まれてオリンピックに出たかったと嘆いていたそう。 それでせめてコーチになってオリンピックを目指すようにさせたいという事で、プールで女の子をスカウトしたと話すシンコ。 まるでカツオみたいだったという話を聞いたタローは、それはカツオだと知ると、このままだとシンコの家にカツオが連れていかれてしまうと慌てるのだった。 その頃、シンコのパパはカツオをスカウトして自宅に連れていった。 けれどもカツオは暖簾に書かれた「鮨」の字を見て寿司屋だと知ると気絶してしまう。 一方でタローは乙姫との約束で、乙姫が本物の龍宮城の乙姫であることを内緒にしているためどうしたらいいかと悩む。 『タローくん、私が本物の龍宮城の乙姫だってこと、みんなには内緒よ』と約束した事を思い出してはやっぱり言えないと悩むタローだが、一人ではカツオを助けられない。 そんな様子が変なタローを尻目にキヨシ達は帰ろうとするためタローは慌ててキヨシ達を止める。 その頃、カツオはシンコの家の中で寝かされている。 そんななか、キヨシ達に乙姫の秘密を話すと驚くキヨシたち。 するとタロー達は《この世にまさしく神様に 誓える事がひとつある 嗚呼 乙姫 我が心 結婚を前提に 友達になろう 、少年ジャンプを 読むよりも ゲームボーイを するよりも 嗚呼 乙姫 我が命 Hな事など ほとんど望まない 》と、「この世にまさしく」を歌いカツオを助けなくっちゃと言いカツオを助けに行くのだった。 一方でシンコのパパはカツオが空腹だと思って、カツオの寿司を出すが、カツオは共食いだと再び失神してしまう。 『きっとパパの作ったお寿司があまりにも美味しそうだったから感動して失神しちゃったのよ』とシンコが言う中、タローがシンコの家に来ると、シンコのパパにシンコをお嫁さんにくださいと言い貰っていきますと言って連れ出す。 慌ててシンコのパパは追いかけて家を出るとキヨシ達がその隙にカツオを助けようとする。 その頃、シンコは連れられながら、タローに本当に結婚したいのか聞くが、タローは結婚は冗談だと言うため怒るシンコはタローを捕まえる。 そこにシンコのパパが追いつくとタローのお尻をペンペン叩くのだった。 そんななか、カツオはタローの家で寝かされているとそこに乙姫が帰宅する。 キヨシ達がカツオがシンコの家のお寿司屋さんに連れられ気絶した事を報告すると、どうしてカツオがお寿司に弱い体質なのか知っているのかを聞く。 ねえ、どうしてなのと問い詰める乙姫は、タローが教えたことに気づきタローが約束を破ったことを知るとしばらくダンマリ状態に。 それからしばらくして乙姫はカツオの右手中指にミネラルの指輪をはめるとカツオは目を覚まして気づくのだった。 それから、タローはお尻を抑えながら帰宅すると乙姫に見つかる。 乙姫はタローに『カツオの事、助けてくれてありがとう』と、カツオを助けたお礼を言うと、タローは乙姫の秘密を喋ってしまった事に顔を落とす。 すると乙姫は、秘密を喋ったことはもういいのと言い、みんな待っていたのよと言うとみんなで夕食を作ることにするのだった。 その頃、鯨大王と珊瑚女王は中華料理店で食事。 2人は何を食べるか決めている中、何を食べたいか決まっている鯨大王はアレだってと言って「哀しみと空き缶」 と歌う。 そして『ああブロッコリーが食べたい』ということで珊瑚女王はブロッコリー1つと酢豚を注文するのだった。 それから、「最後にシンコんちの親父のシンクロナイズドスイミングをお楽しみください。 」とタローのナレーションが入るとシンコのパパのシンクロナイズドスイミングが披露されるのだった!! ということで、今回はカツオのお話! カツオは前回乙姫が映画を一緒な見に行ったカツオでしょうか?お金に困ってアルバイトを探しているようですが、今の世の中不景気だと言っていた乙姫とカツオの言葉が辛いですね。 90年代始めのバブル崩壊後でもありますが、30年近く経った今も不景気なのは変わらない(泣) 時給700円代が当たり前な時代だったでしょうが1000円行くか行かないかの時代。 物価も違えば必要経費も税金も違うので何だかなぁ〜といったところ。 そんな現代の悩みとあんまり変わらない悩みを持つカツオですが、一流の泳ぎを認められてシンコのパパにシンクロナイズドスイミング(現在ではアーティスティックスイミングに変更)に誘われるがシンコの家がお寿司屋さんと知り気絶。 そんなカツオを助けるためにタロー達が活躍するのですが、1人ではどうにもできないため、乙姫が龍宮城の乙姫である事をキヨシ達に言ってしまうという。 結果、無事にカツオを助け出せるも、タローはお尻をペンペンされ乙姫にも約束を破った事がバレてしまいますが、カツオが無事だったので特にお咎めもなく最後はみんなで料理作りに落ち着くというお話でした。 ちなみに、劇中でシンコのパパは自分が男でシンクロナイズドスイミングの大会に出れないためコーチをしているというのが今回の大きなポイントなわけですが、実は2015年の世界選手権では男女のミックスが導入。 選手権以外では女子と組んで大会に出場して優勝を果たした男子選手がいたり、2017年の日本選手権シンクロ競技においてはフリーコンビネーションで女子選手8人に交じって男子選手1人が史上初めて出場した事もあり時代は変わるものだと分かります。 つまり今の時代ならシンコのパパもシンクロナイズドスイミングができるという事ですね!! それから、今回タローくん達による『この世にまさしく』が初披露されましたが、少年ジャンプやゲームボーイといった固有名詞はCD版では変更されているのでこのバージョンが聞けるのは本編のみです。 なお、今回使用された楽曲は、 『美しい心』乙姫の歌唱 『シーラカンスは昔』亀山の歌唱 『この世にまさしく』タロー、キヨシ、トオル、マサヒコの歌唱 『哀しみと空き缶』鯨大王の歌唱 でした。 次回は『サンマ』.

次の

☆【うたう!大龍宮城】感想記事17『第17話「カツオ」』

うたう 大竜 宮城

第1話 カメ• 第2話 タコ• 第3話 イカ• 第4話 サバ• 第5話 アジ• 第6話 ウニ• 第7話 フグ• 第8話 タイ• 第9話 サメ• 第10話 ブリ• 第11話 カキ• 第12話 エイ• 第13話 シャコ• 第14話 マグロ• 第15話 クラゲ• 第16話 サヨリ• 第17話 カツオ• 第18話 サンマ• 第19話 アサリ• 第20話 ヒラメ• 第21話 アワビ• 第22話 イワシ• 第23話 ナマコ• 第24話 ウツボ• 第25話 カサゴ• 第26話 ヒトデ• 第27話 マンボウ• 第28話 イセエビ• 第29話 ヤドカリ• 第30話 アイナメ• 第31話 トビウオ• 第32話 カワハギ• 第33話 ハマグリ• 第34話 ヒラマサ• 第35話 アカガイ• 第36話 イシモチ• 第37話 タチウオ• 第38話 フジツボ• 第39話 ホタテガイ• 第40話 コバンザメ• 第41話 ウミタナゴ• 第42話 ホタルイカ• 第43話 ムツゴロウ• 第44話 タラバガニ• 第45話 スズメダイ• 第46話 シーラカンス• 第47話 スケトウダラ• 第48話 プランクトン• 第49話 イソギンチャク• 第50話 タツノオトシゴ• 第51話 リュウグウノツカイ.

次の