コイキング 育成 論。 【はねろコイキング】模様の種類と捕獲率一覧表

コイキング|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

コイキング 育成 論

模様の種類と捕獲率一覧表 No. 1『ノーマル』 通常のコイキングとなります。 捕獲率は 30%ぐらいです。 『ノーマル』は、もっとも釣り上げることができる模様となります。 2『とげとげ』 『とげとげ』は、骨のような模様があるコイキングです。 捕獲率は 10%ぐらいです。 もしかすると、金のコイキングよりゲットしづらいかもしれません。 3『ニシキ(赤白)』 『ニシキ(赤白)』は、ニシキのスタンダードな色です。 捕獲率は 20%ぐらいです。 ちょっとおめでたい色のコイキングですね。 4『ニシキ(赤白黒)』 『ニシキ(赤白黒)』は、3色が混ざったコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 本物のコイの色に近いかもしれません。 5『ニシキ(白赤)』 『ニシキ(白赤)』は、白い部分が多いコイキングです。 捕獲率は 20%ぐらいです。 人によっては、スタンダードより釣りやすいかもしれません。 6『ニシキ(赤金)』 『ニシキ(赤金)』は、体に金色があるコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 金のコイキングになりきれなかった個体なのかもしれません。 7『ツートン(赤)』 『ツートン(赤)』は、お腹が白いコイキングです。 捕獲率は 20%ぐらいです。 ツートンカラーのスタンダードとなります。 8『シャチ(赤)』 『チャチ(赤)』は、お腹が白いだけではなく、目の横に白い模様があるコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 説明文にある通り、珍しい模様となります。 9『ウェーブ(赤)』 『ウェーブ(赤)』は、お腹の白い部分がウェーブに見える模様となっています。 捕獲率は 20%ぐらいです。 ちょっとオシャレな模様ですね。 スポンサーリンク No. 10『ツートン(ピンク)』 『ツートン(ピンク)』は、ピンク色をしたコイキングです。 捕獲率は 20%ぐらいです。 また、お腹が白いのも特徴です。 11『シャチ(ピンク)』 『シャチ(ピンク)』は、目の横に白い模様があるピンク色のコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 なお、ピンク色は『すごいつりざお』で釣れるようになります。 12『ウェーブ(ピンク)』 『ウェーブ(ピンク)』は、色も模様も可愛いコイキングです。 捕獲率は 20%ぐらいです。 女性に人気がありそうなコイキングですね。 13『グレー(みずたま)』 『グレー(みずたま)』は、深海魚のような色をしたコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 『きれいなボロのつりざお』を入手すれば釣れるようになります。 14『グレー(ひしがた)』 『グレー(ひしがた)』は、その名のとおり『ひしがた』の模様があるコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 グレーは最後に手に入る模様ですが、捕獲率が他の模様と大きく違うわけではありません。 15『グレー(ジラフ)』 『グレー(ジラフ)』は、模様が『ひしがた』と似ていますが、いびつな形をしています。 捕獲率は 15%ぐらいです。 グレーの色に合っている模様は、ジラフかもしれません。 16『パープル(みずたま)』 『パープル(みずたま)』は、パープルのスタンダードな模様です。 捕獲率は 15%ぐらいです。 『みずたま』がパープルの色に1番似合っているかもしれません。 17『パープル(ひしがた)』 『パープル(ひしがた)』は、パープルと『ひしがた』の組み合わせのコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 ダイヤに見えなくもない模様となります。 18『パープル(ジラフ)』 『パープル(ジラフ)』は、色も模様も奇抜なコイキングです。 捕獲率は 15%ぐらいです。 魅惑的な色合いですが、美味しそうではありませんね。 99『きんぴか(色違い)』 『きんぴか』は、正統な色違いのコイキングです。 捕獲率は 10%ぐらいです。 意外と捕獲率は高めなので、10世代に1匹はお目にかかることができます。 まとめ 現在はアップデートが行われ、『たてじまオレンジ』『たてじまチョコ』『あたま赤』『あたま黒』『せなか青』『せなかすみれ』の模様が登場しています。 コンプリートを目指すのが、『はねろコイキング』の1つの目標となりそうです。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

コイキング|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

コイキング 育成 論

コイキングとしては凄く性能いいと思いますけど。 鯉に負けたら精神的にもダメージ与えられるので対友人なんかだったら十分使えるのでは。 て言うか「コイキング」ってポケモンには、この戦法くらいしかまともに戦える戦法はないとおもいます。 それをネタだとか、育成論じゃないだとかちょっと失礼なのではないでしょうか。 本来このポケモンというゲーム その他のRPB系の戦闘も含め 「運」が必要です。 たとえばドラクエで強い敵キャラが出てきてそれにやられた。 これも「運」ですよねww もう一度言いますが「ネタ」だの「運」だの蔑むのだったらこのサイトに来ないで下さい。 私達まともに見たい人たちが気分を悪くするので。 コイキングに確実性と実用性がある運ゲができるのですか? 答えはNOです。 低確率な麻痺に頼っているのですから当たり前です 一撃必殺は外れても見せることで相手を牽制させることが出来ます。 対処できない相手を問答無用でつぶせます。 一撃必殺とコイキング(笑)を比べることがナンセンスです。 コイキングはネタと言われても普通のことですから。 最後にネタにはノータッチでお願いします。 この育成論では鉢巻なのが問題なのですが、 タスキであれば十分コイキングの育成論としては 成り立っています。 それは当然の話です。 というより、なぜコイキングに実用性を求めるのでしょうか? あと、 特にBWにおいてですが、強い語調は御控えください。 使う使わないで無く、比べる対象を間違っているということに気づいてもらいたいのです。

次の

コイキング「ポケモン史上最弱」しかし愛されるコイキングの最新情報、そして金のコイキングで殿堂入りまで、すべてのコイキング情報がここに! まとめ

コイキング 育成 論

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すこと... ギャラドスおすすめ育成 特性 「 」・・・戦闘に出た時相手の攻撃を1段階下げる。 「 」・・・相手を倒すたびに、攻撃が1段階上がる。 どちらも優秀ですが、通常特性であるいかくがより人気です。 性格 攻撃の高さに特徴のあるポケモンですので、特攻を下げる方向で。 そこから、さらに攻撃を上げるか素早さを上げるかはお好みで。 「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN) 「ようき」(素早さUP、特攻DOWN) 努力値・個体値 ギャラドスというポケモンは育成に個性が現れやすく、これがベストという努力値の振り方はありません。 ただその中でもHPや攻撃、素早さに多めに振るのが人気です。 個体値はこの3項目でVを狙いましょう。 技 :こうげき、すばやさを1段階上げる。 :高威力の物理みず攻撃。 アクアテールと二択になりそう。 威力を取るならこっち。 :高威力の物理みず攻撃。 命中の高さ、ひるませ効果を狙うならこっち。 :フェアリー(主にカプ系)対策として需要が増しているはがね対策に。 もちろん、4倍弱点であるでんき対策にも。 攻撃技しか出せなくなる「 」も面白そう。 メガシンカを検討しているなら、タイプ一致となるあく攻撃(かみくだくなど)も入れましょう。 アイテム ・・・ポケモンに持たせるとすべての状態異常を回復する ・・・持たせるとメガシンカが可能になる アイテムは無難にラムのみで。 メガシンカでステータス的には大幅にパワーアップしますが、弱点が増える点には注意しましょう。 関連ポケモン.

次の