荒野 行動 ゲリラ 立ち回り。 セダンスキンの書き換え性能

【イヤホン推奨】マダム・ホト子のオネエ口調ドッキリ 【荒野行動】 │ 荒野行動まとめ

荒野 行動 ゲリラ 立ち回り

荒野行動での勝敗の条件 荒野行動での勝敗の条件は基本的に 最後の1人になるか最後の1チームになるまで生存していることが条件となります。 (チーム戦の場合自分がやられてしまっていてもチームの誰かが最後の一人になれば同じく優勝になります) そのため10人キルをした人が安全エリアに入れずにやられてしまい一人もキルをしていない人が優勝して1位になってしまうということも多々あります。 を倒すことによるメリットとしてはのが奪え、弾や防具、などを入手できることです。 それ以外のメリットはキルの爽快感とキル上げですので見つからずに行動するというのも1位を取りに行くには有効な手になります。 今回は 荒野行動で勝つためのコツの紹介や様々なテクニックをご紹介いたします。 戦闘を始める前に確認すること 荒野行動のマッチを開始する前に行っておきたいのが の特性の把握との確認です。 荒野行動では一応ランクごとに近いランクの方とするようにしているようですがどうしても人数の都合で強い人ともしてしまうことが多いです。 そのためまずはにあるの欄から の確認をしておきましょう。 の簡単な性能まとめはこのようになっています。 小銃(アサルトライフル) (通称)は威力が高く、近距離から遠距離まで全ての距離に対応できるになっています。 使用する弾は黄色い形の5. 56弾と赤い7. 72弾をごとに決まったものを使用します。 基本的にはこちらの を集めることがで降りてすぐにやるべきことの1つです。 威力は高く遠くまで飛ぶことが特徴ですが反動があるため最初の間は各ごとの反動のクセをコントロールする練習が必要になります。 短機関銃 短機関銃は威力はやや低めで遠くまで届きませんが 低い反動と連射速度の速さを持ち味にしたの種類になっています。 弾の出だしがなどと比べて早いようになっており、近距離では威力が低いものの連射速度と当てやすさで を超える事もあります。 序盤の家の中での戦いなどでも強力で、まず 最初に拾っておくと一安心できる種です。 こちらは緑の9mm弾を使用するため弾を入手しやすいのもありがたい仕様になっています。 後半になると中距離~遠距離戦が多くなってくるためとの入れ替え候補になりますが接近戦では十分使えるでしょう。 散弾銃 は射程距離も少なく、連射も遅い、装填できる弾数も少ないですが近距離の射程距離内であたれば 一撃でをキルできる威力を持った銃です。 連射が遅いため上記の短機関銃と比べると外した際のリカバリーが遅い点、の弾が重さがあり、を圧迫する点がデメリットといえます。 ですが 待ち伏せによる使用感はかなり強く、一発ヘッドショッドが当たればほぼ確定で倒せるため使い方次第で化けるです。 連射は遅いですが初期装備の拳よりは圧倒的に強いため最初に見つけたら拾っておきましょう。 残念ながら荒野行動では早めの交換になるため、 短機関銃やと交換しましょう。 狙撃銃 (通称スナイパーライフル)は遠距離のを狙うためのになります。 特性としてはダメージが大きく、遠くまで飛びますが連射が遅かったり、反動が大きかったりします。 こちらのですが セミオート式(スナイパーライフルの中でも連射可能ですが威力が低いもの)と ボルトアクション式(連射はできないが威力が高いもの)があります。 一概にスナイパーライフルといっても性能がセミオートとボルトアクションでは使い方が違うため、まずはそれの違いを覚えておくことでの持ち味を活かせるようになります。 初心者が撃ち合いに勝てないワケ ひとことで撃ち合いといっても様々なパターンがあります。 そのどれかで負けたかを分析することによってするべき行動が変わってくるためここではどのパターンで自分がやられているかをハッキリとさせましょう。 の方が勝てない原因として先制攻撃をされてしまっているケースが非常に多いため、 索能力を上げることが一番撃ち合いに勝てるようになる近道です。 屋内の場合 屋内での戦闘の場合では が画面右上のミニマップに表示されているはずです。 このミニマップと扉がすでに開いたままか閉まっているかにより、がいるのかどうか大まかに判断をつけます。 扉が開いていたり、マークやが聞こえる場合は注意をしながら侵入するか、装備が整っていない場合は建物に近づかず、2階などから狙撃されないようにして逃げましょう。 戦う場合では屋内に陣取っている方が有利になっており、待つ側がが来る方向が1カ所に対して侵入側は小部屋やソファ裏、階段に登ってすぐにいることを想定するからです。 屋内での戦闘ではおすすめ位置として窓などから撃たれにくく、が来る方向も決まっている 2階にいることがおすすめになります。 逆に言ってしまうと相手が明らかに2階で陣取っていることが分かればを投げる、あらかじめ階段横すぐと決めながら撃ちをしながら侵入することで勝ちやすくなります。 屋外の場合 屋外の場合ではまず どこから攻撃されたかハッキリしているかどうかが大きなポイントになります。 の方の動きに多いパターンとしてから攻撃された事に対して過剰に反応してしまい、動かずにいきなり攻撃された方向のを探してしまうことです。 これをしてしまうとこちらがを探している間にはこちらを狙いたい放題ですのであまりに至近距離でハッキリとしている以外ではまずは遮蔽物に隠れることがおすすめです。 遮蔽物には岩や木などが有効でダメージがなくなったり、がしなくなったりすることを確認したのちに回復や索を開始しましょう。 また逆のパターンでこちらが先にを見つけたのにからの反撃に遭うことや他のが銃声を聞いてこちらに向かってくることもあります。 基本的にはスナイパーライフルの場合はヘッドショッドで素早く決め、の場合には勝てるだろうという距離まで近づいてから戦闘することがおすすめです。 降下のコツ のコツとしてまず覚えておきたいのが現在最速で降りることができるといわれている 1200m降りというものです。 こちらはマップを開き、飛行経路を確認し降りたい位置にピンを立て、そのピンとの距離が1200mを切った所でを開始し、両スティックを前に倒せば1200m降りができます。 この降り方が現在簡単に 安定して最速で降りる降り方となっており、早く降りることによって他のプレイヤーよりも先にを手に入れやすいです。 例えば同じポイントにしても先に降りたプレイヤーが銃を取ってしまえば後に降りたプレイヤーは丸腰となり、逃げるしかできなくなります。 なんとなく気分でをせずにしっかりと1200m降りを行ってを手に入れて最低限の戦闘準備をしましょう。 おすすめ降下ポイント 時になんとなく適当な場所で降りるのではなく、なるべく町や家のあるところを狙い、 まずはを手に入れましょう。 都心部や大きな町にはや強いなどがあるため、そこに降りることがベストなのですがの方にはおすすめできません。 理由としては上級プレイヤーが特に都心部にすることが多く、こちらがを取れてもプレイスキルで返り討ちに合うこともあります。 ですのでする際は人気はあまりないけれどがしっかりあるところや開始してすぐにできる町を避け、少しヘリに乗ったあとのポイントがおすすめです。 今回のご紹介ポイントでは安全エリアが遠すぎるという危険性のないものを選びましたが自分だけのおすすめポイントを見つけてみましょう。 武器・装備を集めるコツ やアイテムを集める方法としてはをキルして奪うか、家などから集めるか 補給から入手するかの3つになります。 中でも補給には非常に強力なや防具が入っているため積極的に拾っておきたいところです。 しかしは別名ホイホイとも呼ばれており、から発せられる赤い煙を目印に スナイパーを構えているプレイヤーがいることも多いです。 ですのでまずは無難な家からのアイテム収集を心がけましょう。 効率的にアイテムを集めるためには人と被らない上記のようなポイントにすると効率的です。 まずは集めておきたい目安アイテム の方におすすめなとしてでは と、短機関銃では とがあげられます。 このは決して強いランキングには入りにくいではありますがをオンにしておくことにより、が特に強くかかるになっています。 ですのでに自信がなくても銃の方である程度自動でをアシストしてくれるのでの胴体に当たりやすく、キルがしやすいです。 銃を入手できたら今度はとして、包帯、医療キットの入手をしておくと戦闘時でダメージを負ったときでも安心になります。 包帯などの通常のではHPは75までしか回復しませんがは上限の100まで回復できるため、ダメージを負いやすい のうちは特に重要です。 あればあるだけ有利になりますので戦闘前に準備段階として包帯、医療キット、と・防弾衣をしっかりと入手しましょう。 撃ち合いで勝つコツ 撃ち合いで勝つためにはまずはをきちんと覚えておくことが重要です。 撃ち合いには大きく分けてスコープやサイトを覗いて撃つADS撃ちと覗かずに撃つの2種類が存在しています。 ADS撃ちでは遠距離でも簡単に当たりやすく反動コントロールもしやすいですが視界が狭まる点があり、では命中精度が少し落ちるというメリット・デメリットがあります。 これら2種類の撃ち分けでは中距離~遠距離をADS撃ち、 近距離をという風に割り切って使用するのが基本です。 を覚えたら今度はとにかく索をうまくするように練習し、最低でも同時の状態から撃ち合えるか慣れてきたら先制攻撃しましょう。 腰撃ちテクニック 荒野行動では で撃ち合いをする場面がどうしても多くなってきます。 の中でも全弾連射をするフルオート撃ちと反動を制御しつつ撃つ指切り撃ち、タップ撃ちが存在しています。 フルオートでは最も火力が出ますが反動コントロールが難しく、に弾が当たらなくなると撃ち負けやすく、撃ち尽くすとリロードによるタイムロスがあります。 指切り撃ち、タップ撃ちでは当てやすいですががフルオート撃ちをしてくると瞬間火力で負けてしまい、を倒しきれずに負けてしまうこともあります。 どちらも一長一短がありますが至近距離にはフルオート撃ち、少し距離が離れている場合や反動が強い銃では指切り撃ちをすると良いでしょう。 簡易的な銃ごとの使い分けとしては距離にもよりますが短機関銃はフルオート、では 指切り撃ちやタップ撃ちが有効です。 強ポジション 強ポジションはマップごとに色々あるのですが基本的には狙撃されず見つかりにくい場所であり、 が1方向からしか現れないポジションが強ポジションといわれています。 例えば通常の民家の場合入り口が2カ所以上あるほか窓が存在しているため、そこからも銃撃や侵入を警戒しなければならないため強ポジションとは言えません。 ですが2階にいくことで階段下の相手のを聞くことができるほか、ガス弾や以外の襲撃を受けにくいためかなり強いと言えます。 代表的な強ポジション 強ポジションとして 代表的なのはマンションが上げられ、こちらでは多くのクリアリングを相手に要求させることができ、ミニマップのも縦のベクトルで混乱させられます。 マンションはいざとなれば飛び降りて逃げることもできますし、窓などから外も狙撃できるため場所として選ばれやすい事には注意が必要です。 新マップポイントとして一番始めにある豊の町や都心のマンションには必ず何人か降りることが予測されるためのうちはマンションには近づかない方が良いでしょう。 また都心などにあるベランダでは伏せると姿が見えなくなり、弾も貫通しない場所があるのでそこも強力なポイントです。 まとめ 今回は荒野行動の立ち回りについてのまとめをしました。 の方はまずは動き方を覚え、五分五分の状況を作り出して勝利できることを目指してみましょう。 そのためにまずは最低限の銃の知識とアイテムを集めることが重要になってきます。 まずは戦闘を避けつつアイテムを集め、ある程度集まったら戦ってみることをはじめ、慣れてきたら人気地帯の都心などにしてみて撃ち合いの練習をするのがおすすめです。 荒野行動では運が良ければ最後の2人の状態から先に相手を見つけて胴体撃ちフルオートでも当たれば勝ててしまうゲームです。 その分上手い人は索が上手ですがまずは撃ち合いに持ち込めることがうまくなる1歩となってきます。 ぜひ今回ご紹介したテクニックや知識を活かしてみてください。 関連記事 【シーズン12で限定スキンを無課金でゲット!】 荒野行動でシーズン12がついに開催され、限定スキンが続々と登場! 限定スキンでは 車両スキン:魔笛Plや イタチザメ衣装が新登場! 特にシーズン12限定金色車両はゲットして他のユーザーに自慢したいです! 「絶対なんとしてでも欲しい!」と思うほどクオリティが高いです! しかし!限定スキンを手に入れる為には課金をしなければならない ガチャを簡単に引けるような金券が欲しい! と思ったことはないですか! そんなとき、最新の限定スキンを大量に持っている知り合いに聞いてみたところ 「 じゃあ裏ワザで課金せずに金券買えば良いじゃん!」との答えが! こちらのリンクで無課金で金券をゲットする裏ワザの詳しいやり方をご説明しているので「課金はしたくない!」という方は必ずチェックしておきましょう!.

次の

【荒野行動】どうしても撃ち合いに勝てない時は立ち回りを見直そう|強ポジション

荒野 行動 ゲリラ 立ち回り

撃ち合いに勝てない理由 撃ち合いに勝てない理由は単に相手のほうがエイムや射撃が上手いからというだけではありません。 むしろその他の部分で相手のほうが上回っている場合のほうが多いのです。 撃ち合いになる前の重要なポイントは以下の通りです。 出会いがしら 出会いがしらは技術が大事なのは言うまでもありませんが、出会う以前に常に相手が出てきそうな場所に常にエイムを合わせて置くことが重要です。 相手も同じ出会いがしらという条件ならば撃ち勝てる確立は上がりますね。 ちょっと慣れが必要ですが「 出会いがしら伏せ撃ち」という小技を使えばさらに勝率はアップします。 屋内に侵入する時 無防備に屋内に突っ込んでしまうと、待ってましたとばかりに敵が突然出てきて打たれることがよくあります。 一見撃ち合いに負けてしまったような感覚になりますが、実は相手が有利なポジションで待っていたという場合が非常に多いです。 こういった時に大事なのはクリアリング。 もしも屋内で敵が待っているようなら一旦その場から離れて手榴弾を使って炙り出すか、退散して少し離れたところから狙撃しましょう。 無視してそのまま遠くに移動してしまうのもありです。 後述する強ポジションを参考に、敵がここにいるかもしれないなどと考えながらクリアリングしてみてください。 屋内で待っている時 屋内で待っている場合もやはり待つポジションが非常に重要になります。 強ポジションについては後ほどご紹介しますが、逆に変なポジションで待っていた場合には相手にクリアリングされて五分以下の条件になっているなんてこともあるので是非見直してみて下さい。 こちらが待っているのがバレていないのがベストですが、バレている場合でも強ポジションで待っていればかなりの確立で勝つことができます。 屋外 屋外で撃ち負けてしまう時というのは実は先に相手に見つかっていたという場合が多いです。 重要なのは常に索敵をしながら移動すること。 乗り物で移動する場合は見つかってもいいので降りる場所を家の真横など、すぐに隠れることができる場所にすること。 (隠れたら強ポジションをとりながら索敵する) 遮蔽物もなく、さらに目立つ場所でうろうろするのは絶好のカモになってしまうので意味もなくフラフラしないのが吉です。 強ポジション ちょっと有利程度ではなく、かなり有利な位置を強ポジションといいます。 荒野行動には待ち構えると非常に強い家がいくつかありますが、そんな強ポジションがある家をいくつかご紹介します。 EastPier3階建て(激戦野原マップ) 3階の階段部分 マンションといえば3階の階段踊り場がおすすめの強ポジションです。 クリアリングされない、狙撃されない、飛び降りることができる、と3拍子揃った場所です。 おまけに左右の部屋からの索敵や、屋上にもすぐに出ることができるというメリットもあります。 ただ敵が登ってくる時は大体走っているので即エイムを合わせられるように練習しておきましょう。 クリアリング クリアリングのコツはどこに相手がいるかを予測することです。 状況的に敵がいてもおかしくないような家にはすぐに侵入せずに外から中を覗いたりしてみましょう。 足跡マークが表示されなければ家の中には敵がいない確立が高いです。 前述の強ポジションのような場所、または部屋の隅っこなどで待ち構えていないかだけ注意しながら侵入しましょう。 もしも家の中に敵がいたら・・・ もしも家を覗いている段階で足跡マークが表示された場合はじっとしているのではなく敵の位置を探りながら動き回ったほうが相手も混乱するものです。 (どのみちこちらの場所はバレているのですから) まだこの時点では勝敗は5分に近いのでできるだけ相手の位置を予想しながら動いてください。 暫くして足跡マークが消えたら相手が待ち構えている可能性が高いので、その時は手榴弾を使うか無理をせずに隠れながら家から離れましょう。 このような状態の時にやけになってここで突っ込むとかなりの確立で負けてしまいます。 関連記事• 人気記事• 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に jony99 より• に ひろ より• に chianti より• に 荒木 韻貴 より• メタ情報•

次の

セダンスキンの書き換え性能

荒野 行動 ゲリラ 立ち回り

チーム戦で心がけること 常に報告する 状況把握と報告はチーム戦の醍醐味であり難しい部分。 細かい情報でも味方にとっては有益なものとなるので、敵の位置や物資量の報告は必ずしよう。 チャット入力するよりも、遥かに早く伝えられるため、連携が非常にしやすくなる! 【重要】SCボイスも使える! マルチモードでは、SCボイスがメンバー全員に伝わるようになる。 落ちている物資の内容を位置情報と一緒に伝えたり、見つけた敵のいる方向をわかりやすく伝えられるので、非常に便利! 味方の近くに降下する チーム戦では2対1や4対1の状況を作られてしまうと非常に危険。 味方の位置を常に意識して、パラシュート降下ではなるべく味方の近くに降りよう。 チーム戦では、 お互いがお互いをカバーできる位置で物資を集めるのが理想だ。 敵を見つけたら同時に狙う 相手が気づいていない状態で、相手の位置が分かった場合は、すぐに撃つのではなく 味方と同じターゲットを同時に撃つと良い。 複数人で撃つことで、1人で撃つよりも戦闘不能にできる可能性が上がる。 チーム連携のお手本! 仲間にアイテムを渡したい時は、インベントリ画面右下の 「捨てる」ボタンを押せばOK。 長押しで個数の指定ができるので、弾薬や回復アイテムを落とす際に役立つ。 装備・回復薬の所持数を確認しよう チーム戦で重要なのは、チームメンバー全員が最低限戦えるだけの物資を持つこと。 特に弾薬や回復アイテムは戦闘時の立ち回りに大きく影響する。 ボイスチャットを使って、物資量は常に報告しよう。

次の