花子 くん つかさ。 【花子くん】つかさの声優に賛否両論!ネットの反応は?

【地縛少年花子くん】花子くんの過去や死んだ理由は?弟つかさを殺した理由についても

花子 くん つかさ

ですが、廊下で夏彦が手にしたのはまさかの水槽だったのです。 そして後ろからつかさが、バケツに入った水を寧々に振りかけます。 2人は寧々が魚になってしまうことを知っており、 魚にした状態で境界に連行するつもりだったようです。 寧々が連行された境界では、お菓子が用意されており、 桜やつかさ、夏彦たちとお茶会をすることになります。 最初こそ警戒していた寧々でしたが、同じ境遇である桜と話が盛り上がりガールズトークをしてしまっていたのでした。 その相手がつかさです。 そしてつかさは花子くんの双子の弟である、と寧々に明かしました。 そこは 寧々が生きている時代ではなく1969年の7月だったのです。 花子くんが傷だらけで泣いていたため寧々が、どうしたの?と問い詰めます。 泣いていたところで見つかった花子くんは、急いで教室から出て行ってしまいましたが、走っている途中で ロケットのキーホルダーを落として行ってしまいます。 その鍵を寧々が拾ったのでした。 花子くんに返すために追いかける間も無く白状代が寧々を見つけ、寧々は寧々の生きている時代に帰ってきてしまいます。 謎要素の一つですし、アニメではどのように回収するのか気になるところですね。 次回はミツバ登場ですね。 つかさくんのダークな感じが全開に出ていて、嬉しいです。 しかも桜さんが声もぴったりだし、動きも可愛いしでもう…w ところでもう9話ですが、内容的に2期ありそうな予感がしませんか? もしそうだったらものすごく嬉しいですが、どうなのでしょうね。 ネタバレを文字だけで読んでも、 なかなか情景や表情が想像できないところもあるかと思います。 声も楽しむ要因の一つですし。 寧々が夏彦に呼び出され廊下でつかさに魚にされる• 連行された先で寧々が目を覚ますとお茶会の準備がされており、服もしようが変わっていた• 桜と楽しくガールズトークをしていた寧々だったが、つかさの命令により夏彦とともに「どこでもない場所」に連れて行かれてしまう• なんとか知っている扉を見つけたが、そこは1969年7月で中学生の花子くんと遭遇し、花子くんの落とした鍵を拾う• 白状代の助けにより元いた時代に帰ってきた• つかさの最後の言葉は「ミツバ」 こんな感じです! それでは最後までご覧いただきありがとうございました! 10話のネタバレ感想は ・花子くんグッズを取り扱っている場所一覧はから ・花子くんの作画崩壊についてはから ・花子くんのセリフに関してはから.

次の

【花子くん】七峰桜の正体とは?桜ってそもそも生きてる?

花子 くん つかさ

おまじないが大好きな少女・八尋寧々(CV:鬼頭明里)が、ドSな幽霊・花子くん(CV:緒方恵美)とさまざまな怪談に巻き込まれていくストーリーだ。 第8話に引き続き、3月5日より順次放送中の第9話「お茶会」にも花子くんにそっくりな少年・つかさ(CV:緒方恵美)が登場した。 表情豊かで無邪気な性格のつかさに、Twitter上では「つかさくん可愛すぎませんか」「今回もつかさくんがかわいかった…(満足)」「無理つかさくん可愛い」との声が相次いだ。 一方で、つかさが衝撃的な表情をするシーンもあり、視聴者からは「つかさ怖い…」「つかさホント所々怖すぎる…」といった声も上がった。 また、怖さと可愛さのギャップからか、つかさは視聴者の心をガッツリと掴んだようで「つかさくん怖い!でも、そこが大好き!」「そういうつかさくんが好きですけどね」「つかさ推しになっちゃうかも…笑」「や、やばい…つかさくん好きかも…」などのツイートが続出していた。 第九の怪「お茶会」 【あらすじ】 謎のイケメン・日向夏彦に誘いを受けた寧々は、猛烈に舞い上がっていた。 夏彦に口説かれ身をよじらせる寧々。 だが、夏彦は寧々が水に濡れると魚になってしまうことを知っていた!魚にされ気を失った寧々が目を醒ますと、そこは見たことのない洋館。 そして目の前には以前出会った美少女・七峰 桜と花子くんにそっくりの少年つかさがいた。 C あいだいろ/SQUARE ENIX・「地縛少年花子くん」製作委員会 アニメ「地縛少年花子くん」つかさ(CV:緒方恵美)は怖い? 可愛い? ギャップから目が離せない! 《AbemaTIMES》.

次の

【花子くん】裏切り者の正体とは!?ネタバレ考察!

花子 くん つかさ

どのくらいの間走ったのだろうか 書斎服を着た男の子、つかさくんにキスされて、体の力が抜けて気が付くと見知らぬ部屋にいた つかさくんの部屋だと思うと怖くなって 鍵のかかってない部屋から出てきたのだ 「はっ、はっ、はっ、はっ」 胸が痛い、息ができない、血の味がする これ以上はむり.... ! 私はスピードを落として座り込んだ その時だった 「あれぇ?もう終わり??」 「っ!?」 つかさくんの声が聞こてた 寧々ちゃんに暴力を振ろうとした男の子の声が まさか私も寧々ちゃんみたいになっちゃうの... ? やだ!そんなの..... ! 「絶対に.... いやっ!!!」 震える足で必死に走った 足がもたついて転びそうになっても走った そしてぱっと見るとそこには理科室と書いてあった、後ろを見てもつかさくんはいない 隠れられるかもしれない 私は急いで理科室に入ると一番奥の机にしたに隠れた ガラガラ きた.... ! 「あっれ〜?ここに入ったと思ったんだけどなぁ、」 可笑しいなぁと言いながら理科室を徘徊するつかさくん 来ないでっ!と心の中で叫んだ 「隣かな?」 そう言うとつかさくんは理科室を出てった 今のうちにここを出よう そう思い立ち上がろうとした時だった 「みーつけた」 「あっ............ 」 後ろの方から声が聞こえた なんで?さっき出てったはず..... 「んもーかくれんぼ好きなの??」 俺と一緒だね!とくすくすと笑っていた 「なんで、、?どうして追いかけて来るの!?」 思わず叫んでしまった はっと気づいて口元に手を置く 怒られると思いぱっとつかさくんの方を向いた 「..... ?」 気が付くと目の前につかさくんの顔があった 唇に何かが重なる感触 キス.... されたんだつかさくんに 「んむぅ....... ぃやっ..... !」 くちゅくちゅと水音がする 腰がかくんとなって体を支えきれなくなった つかさくんは力の入らなくなった私を膝の上に乗せてしゃがみ込んだ それでもキスは止まらない 「ぷはぁ...... !」 「はぁはぁはぁはぁ.... げほげほっ!!」 つかさくんが満足した時、私の息はたえたえだった 「ふふ、やらしーかおしてるね!」 「俺のキスでこんなになっちゃうなんて、そんなに気持ちよかったの??」 きもちいい、顔がかぁーと熱くなった つかさくんの胸板を押そうと思ったが 力が上手く入らず押せなかった 「その顔すっごいそそられるなぁ」 つかさくんは私の頬を撫でてきた 背筋がゾクゾクする なに、この感覚 「これ.... 以上はだめ、!おかひくなっちゃうから..... 」 「ふふ、いいよ?おかしくなっても受け止めてあげるよ」 そして今度は私の右目にキスを落とすと 唇に手を当てて撫でてきた 「じゃあもう1ラウンド開始... ね?」 そしてまた唇が重なった 少女 気が付くと放送室にいた、このまま居ると殺されてしまうかも知れない そう思い逃げようとしたが結局あと一歩の所で捕まってしまった 少年 放送室の鍵を開けていたのはわざと あとちょっとだった所を捕まえて絶望する顔が見たかったらしい いい趣味してんなこのやろう.

次の