尽力を尽くす。 2020年6月号致知「鞠躬尽力」を読んだ感想

「尽力」と「努力」の違いとは?意味を詳しく解釈

尽力を尽くす

Contents• 「尽力」の意味とは? 「尽力(じんりょく)」とは漢字の通り 「力を尽くす」といったことです。 「目標のために 力を出し尽くす、 努力する」 という意味です。 また、 「ご尽力」というのはいいなれていないと「ご」をつけると おかしい使い方なのではないかと一瞬迷います。 「ご尽力」は 「助ける」を 敬語に変換する際に使われます。 ですので 「ご尽力」は、 相手を敬っている言葉にあたるため 失礼にはあたりません。 むしろ 「努力」という言葉より 「尽力」という言葉を使うほうが、 ビジネスシーンにはふさわしいといえます。 『尽力をつくす』といった使い方は間違いなのか? 「尽力をつくす」という使い方も よくされます。 しかし、「尽力を尽くす」と漢字にするとなり、 正しい使い方なのかと気になるところです。 これは、「尽力」がという言葉だけでが、 「力を尽くす」といった意味だとすると 「尽力をつくす」となると 「力を尽くす」を「尽くす(つくす)」 といったことになり、 同じような 意味の言葉を二回続けているといったことになります。 ですので、「尽力をつくす」は 間違った使い方です。 「頭 痛が 痛い」 「 馬に乗 馬する」 と同じ 重言表現ですね。 ですので、 『尽力する』 というのが、が正しい使い方です。 また、 「ご尽力させて頂きます」は、 自分でする行為に「ご」をつけることになるので、 これも 使えない表現です。 「今後も尽力を尽くしたい」といった言葉づかいも ついやってしまいがちな 間違った言葉遣いのひとつですが、 これも 「尽力したい」 だけで 十分できる限りのことをして極める といった熱意が伝わる言葉 として成立しています。 「尽力を~」「尽力に~」という言い回しというがいいということであれば、 「尽力を惜しまない」、 「尽力に努めたい」といった風にかえてみてもいいですね。

次の

「尽力」と「努力」の違いとは?意味を詳しく解釈

尽力を尽くす

ここまで「尽力を尽くす」についての例文や類語について紹介していきました。 「尽力」「尽くす」の言葉のニュアンスについて理解いただけたでしょうか。 自分や他人の努力などについて伝える言葉である「尽力を尽くす」ですが、しかし実は日本語として正しくない表現方法であると言う指摘がされている事をご存知でしょうか。 「尽力を尽くす」がなぜ正しくない日本語であるのかについては、 「動詞の重複」と「意味の重複」が理由として挙げられます。 「動詞の重複」と言う点で間違いである 「尽力を尽くす」と言う言葉は先ほども紹介したとおり、「動詞」「意味」の二つの観点から指摘する事が可能です。 ここでは、「動詞の重複」と言う点から理由を紹介します。 まず努力や献身さを意味する「尽力」と「尽くす」ですが、「尽くす」が動詞である事はまず明白でしょう。 そして名詞・主語である「尽力」の動きを表すために「尽くす」が付属したと言う事が推察されます。 ここまでは日本語のセオリーとしては間違いではない事が理解できたでしょうか。 「尽力」は動詞「尽力する」と変換できる しかし、「尽力」は単独で動詞変換する事ができ、「尽力する」と変える事ができるのに注目してください。 つまり、「尽力を尽くす」は「尽力するのを尽くす」と述べているのと同じことになります。 違和感の例としては、「お祝いを祝う」や「不安感を感じる」などのような重複が「尽力を尽くす」でも発生していると言えるでしょう。 つまり、「尽力」を相手に伝えたいのであれば「尽力する」と簡潔にすれば日本語のゆがみがなく伝わると言う事です。 「意味の重複」と言う点で間違いである 「尽力する」と「尽くす」が両立できないと言う点で「動詞の重複」が問題である事がわかりました。 次は、「意味の重複」と言う視点から「尽力を尽くす」についてを指摘していきます。 最初に、「尽力」と「尽くす」の意味について見ていきましょう。 まず「尽力」の方ですが、「尽力」は「力を尽くすこと」や「ほねおり」を意味しています。 そして「尽くす」は「ある限りを出し切る」や「他者のために努力する」事を意味しています。 重言である「尽力を尽くす」を使いたい時は、重言や言葉の間違いなどに注意しながら言い換えていかなければなりません。 気の置けない人との会話なら良いですが、目上の人の前や大勢の人の前で発表する時などは、適切な変換が求められます。 社会人の方は特に、重言を回避する方法などについて学んでおくと良いでしょう。 ここからは、重言の代表例でもある「尽力を尽くす」を正しく言い換えるとどうなるのかについて紹介していきます。 尽力する 「尽力を尽くす」を単純に言い換えるのであれば、「尽力」を単純に動詞にした「尽力する」と言う言葉で十分に伝わるでしょう。 回りくどく言い換えたり長々と述べたりするよりも、簡潔で相手にも伝わります。 丁寧な言葉にしたいのであれば「尽力します」「尽力いたします」などのように、です・ます言葉にするだけで相手に失礼のない言葉となるでしょう。 頑張る 適当な口語良いのであれば、誰にでも簡単に通じる「頑張る」と言う言葉でも、尽力したい事を伝える事が可能です。 特に子供に対しては「尽力しなさい」よりも「頑張りなさい」と言う方が伝わりやすいでしょう。 しかし、ビジネスなどのお堅い場ではあまり適していないので、親しい間柄の人以外には使わないようにしてください。 子供がいる職場や仲の良い人だけで結成された組織内などでは使ってもよいでしょう。 尽力に努める 「尽力」の後に続く言葉を言い換えて使用したい場合は、「努める」と言う言葉を後続につけて「尽力に努める」と言う言葉を使用しても良いでしょう。 「力を尽くすことを努力する」と言うニュアンスになるため、違和感はありません。 ちなみに「努力に努める」と言う言葉を使用する人を見かける事も少なくないですが、この場合は「努力する事を努力する」と言う重言になるため日本語としては不適切です。 言い換える際には重言や動詞の重複に気をつけなくてはならないでしょう。 尽力を惜しまない 躊躇や遠慮・出し惜しみをすることなく尽力する事を伝えたい場合は、「尽力を惜しまない」と言うような表現でもよいでしょう。 尽力する側の誠意などがニュアンスで伝わってくる良い表現だと言えます。 他に言い換えを行いたい場合は、類語のセクションで紹介したような言葉を使っても構いません。 言葉のリズムや場・文章の雰囲気に合わせて、適宜妥当なものを見つけていくとよいでしょう。 「尽力を尽くす」と「尽力を注ぐ」の違いは? メールで取引先と連絡を取る時や上司に理由があってメールを出す際、「尽力」を使う機会も少なくないでしょう。 「尽力を尽くす」と送るのは目上の人に対して失礼なのであまりおすすめできませんが、適切な変換をすれば大丈夫です。 「尽力する」「尽力に努める」などのような言葉を利用してメールを出すようにしましょう。 また「頑張る」と言う言葉を目上の方に伝えたい場合も「尽力」と言う言葉を使う事が可能なので、変換に困らないよう覚えておいてください。 敬語 敬語で「尽力を尽くす」を述べる場合は先ほど紹介したように、自分が尽力を尽くす時は「尽力します」や「尽力に努めます」「尽力を惜しみません」のような、です・ますなどの言葉を語尾につければよいでしょう。 方法はさほど難しくはありません。 また自分の上司や目上の立場の人が尽力する場合であれば「ご尽力」のように「御」をつけるとよいでしょう。 「ご尽力いただき~」とすれば、次にくる言葉にスムーズに繋げる事ができます。 ビジネス ビジネスの場での「尽力を尽くす」は、上記で紹介したメールでの方法や敬語などでの丁寧な使用方法を応用すれば問題ありません。 文章でもメールや電話などの連絡でも使用できるので、特に問題はないでしょう。 ただ、「尽力を尽くす」は丁寧な言葉に変換しても不適なので、「尽力します」「努力を尽くします」と言うように、「尽力」「尽くす」を同時に使わないように気を付けてください。 社会人の言葉の正しい使い方として覚えておきましょう。 正しい日本語で「尽力」を使おう! 今回は「尽力を尽くす」の意味や使用してはいけない理由、適切な変換の方法などについて紹介していきました。 「尽力」の言葉の使い方について理解できたでしょうか。 何度も言うように、重言は場合によっては日本語として適さない言葉を生んでいる事があります。 「あらかじめ予定を決める」「今の現状」のようなものが日本には溢れています。 「尽力を尽くす」と言う言葉と同じように意味が重複し、くどい言い回しに聞こえてしまう事もあるので、気付いた時に修正するなど意識づけをして改善した方がよいでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「尽力」と「努力」の違いとは?意味を詳しく解釈

尽力を尽くす

「お力添え」と「ご尽力」はどちらも「助ける」という意味です。 ただ、ニュアンスが異なるため、まずはそれぞれの正しい意味をご紹介します。 力を貸すこと。 援助」という意味の言葉です。 「お力添え」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、力を貸してくれるようお願いする言葉です。 「ご尽力」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、かなりの労力をかけて助けてくれること指す言葉です。 「お力添え」……軽め。 手を貸してもらう・助言してもらうという程度 「ご尽力」……重め。 助けてもらう・実現のために走り回ってもらうという程度 相手からの手助けに対してどちらを使うかは、助けてもらった人の主観で判断します。 客観的に、このくらい手伝ったから「お力添え」を使う、などという基準があるわけではありません。 「ご尽力」と言えるほど助けてもらったのか、「お力添え」が適切な程度に助けてもらったのかを、助けてもらった人が判断します。 「お力添え」が適切な場合 ・プロジェクトメンバーではないが、軽く仕事のアドバイスをもらった ・商品宣伝のために、自主的にSNSで発信してくれた ・イベント主催者ではないが、参加して集客に貢献してくれた 成功のために手は貸してくれたが、外部からの軽い協力程度であれば、気にせず「お力添え」を使いましょう。 ここで「ご尽力」を使うと「もっと手伝ってくれればよかったのに」という嫌味と受け取られるリスクがあります。 「ご尽力」が適切な場合 ・上司がプロジェクト成功のために全面的に協力してくれた ・イベントのために出資してくれた ・寝る間も惜しんで一緒に仕事をしてくれた 成功のために、できる限りの力を貸してくれたなら、「ご尽力」が適切です。 一生懸命協力してくれた相手に「お力添え」を使うと、相手は軽視されたように感じて不快になってしまうかもしれません。 意味は同じでも、失礼な印象を持たれる危険があると意識するだけで、正しい選択ができる言葉です。 お礼編 ・日頃からお力添えを賜り、心より感謝しております。 ・この度はSNS拡散施策にお力添えを賜り、誠にありがとうございました。 ・今後とも、より一層のお力添えをいただけますと幸いに存じます。 お礼編 ・ この度のプロジェクト完遂にあたり、関係各位の皆様のご尽力には心から感謝申し上げます。 ・ 平素よりご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・ このプロジェクトが無事終わりを迎えられたのも、皆様のご尽力あってこそでした。 本当にありがとうございます。 ・プロジェクト完遂に向けて、尽力して参ります。 ・精一杯尽力させていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 自分に対して使う「尽力」は、 「力を尽くします」「がんばります」というニュアンスをスマートに伝える言い回しとして、とても便利な言葉です。

次の