生理 中 体重 減る。 生理前後のダイエットは痩せ期に体重が落ちる

女性に質問☆生理の時の体重増加について皆さん生理の時って体重...

生理 中 体重 減る

生理前にいつも1~2kg太ってしまうと悩んでいませんか? 生理中・前に体重が増えて太ってしまう、という悩みを抱えている女性は多くいます。 生理に関連して体重が増加する原因は、ホルモンバランスの変化など色々と紹介されます。 しかし、 本当の原因はほとんど知られていません。 そのせいで、「豆乳を飲むと良い」など、効果がないどころか逆効果の方法が紹介されたりします。 生理前に体重が増える本当の理由を知っていれば、その対応策も簡単に分かります。 この記事で、生理で体重が増えるメカニズムと、効果的な対応方法を紹介します! この記事は、科学的な知見と医師やトレーナーへの指導経験も持つ、Plez(プレズ)のコンサルタントが作成しました。 (ダイエットの結果には個人差があります) 目次• 生理前・中に体重が増加して太る理由 生理前に体重が増えて太る原因としては、ホルモンバランスの変化・基礎代謝の低下など、さまざまな理由が言われます。 しかし、本当の理由を説明できている情報はほとんどありません。 まずは、よく目にする情報の真相をお伝えします。 1ホルモンバランスの変化 生理前に太る理由として、「プロゲステロンやインスリンといったホルモンが増加して、脂肪を貯えようとする」というものがよく紹介されます。 だいたいの情報で、【ホルモンバランスの変化が原因】という説明がされます。 しかし、 生理前に体重が増えるのは、ホルモンバランスの変化によって太るからではありません。 「ホルモンバランスで太りやすくなる」と言われる時に、「具体的にどれぐらい影響があるか」ということは、ほとんど紹介されません。 実は、説明する方も、具体的な影響を知らずに言っているのです。 ダイエットでは、いい加減な情報、間違った情報があふれています。 本物の情報を見つけるポイントの1つは、「具体的な影響・効果を説明しているか」ということです。 女性は、生理周期によって、ホルモンの影響などで基礎代謝が変化します。 根拠論文: 成人女性の基礎代謝の平均は、1,100kcalぐらいです。 そのため、 生理中・前の1日の基礎代謝の低下は、100kcal程度なのです。 具体的な影響は、 体脂肪たった15g分程度なのです。 消費カロリー全体でも、100~200kcal程度です。 ホルモンバランスの変化による消費カロリーの減少はありますが、実際の影響はかなり小さいのです。 参考記事: 1. 2生理前は栄養を吸収しやすい? 「生理前は、ホルモンの変化によって栄養を吸収しやすくなり、脂肪を溜めやすい体になる」と言われることがあります。 これも同様に、具体的な影響を見ると、間違っているということが分かります。 普段から、食事で摂ったものをほぼ全て体に吸収しているのです。 そのため、生理前に栄養の吸収率が上がって太る、ということはないのです。 3生理前は食欲が増える 生理前になると、食欲が増えて、特に甘いものが食べたくなるということがよくあります。 それが原因で、摂取カロリーが増え、体脂肪が増えやすいというのは事実です。 ただ、少し食べたからといって、 短期間で体脂肪が1~2kg増えたりしません。 体脂肪は、1kgで7,000~7,500kcalのカロリーを持ちます。 太るのは、摂取カロリー>消費カロリーになり、余った脂質が体脂肪に合成されるからです。 そのため、体脂肪を1kg増やすには、摂取カロリーを消費カロリーより約7,000kcal多く摂らないといけないのです。 もちろん食べ過ぎには注意ですが、少し食欲が増えたからといって、短期間でこんなに摂取カロリーが増えることはほとんどありません。 せいぜい、1日に+200kcal程度です。 200kcalだと、 影響は体脂肪25gぐらいです。 消費カロリーの低下と併せても、影響は50gちょっと程度しかありません。 生理前は、1日で1kgぐらい体重が増えることもあります。 ただ、1日で1kg体脂肪を増やそうと思ったら、ステーキ1kgと米12合ぐらい食べる必要があります。 ダイエットを頑張っても食べ過ぎても、 体脂肪は多くて1日に100g程度しか変動しません。 生理前に増える体重は、ほとんどが体脂肪以外の影響なのです。 生理前に体重が増えるメカニズム 生理前に体重が1~2kg増えるのは、体脂肪が増えて太ったからではありません。 ほとんどが 水分の影響なのです。 水分は体脂肪よりもはるかに変動しやすいものです。 体脂肪は多くても1日に100g程度しか変わりません。 一方、 水分は簡単に1~2kg変動します。 食品も約8割が水分で、1日に2~4kg水分を摂っています。 そして、 生理前は体が水分を溜めやすくなります。 その影響で、体重が増加するのです。 体脂肪計で測ると、体脂肪率・量も増えているかもしれませんが、それは体脂肪計の誤差です。 体脂肪計は誤差が大きく、体重以外、全然正確な数値を測れないのです。 Plez(プレズ)のダイエット方法では、体脂肪計は体重計として使います。 生理前に体重が増加するのは、水分が増えることが本当の原因です。 そして、生理後が痩せ期というわけでもありません。 生理後に体重が落ちるのも、生理前に増えた水分が抜けるからです。 生理前後に水分で体重が変化しても、それは太ったわけでも痩せたわけでもないのです。 Plez(プレズ)の女性のクライアントさんからは、ダイエットの経過をチェックするときに、「生理が終わって、体重が落ちてからお願いします!」なんて依頼も来たりします。 見かけの数字が変わるだけなので、残念ながらそれは却下しますが 笑 生理前後の体重の変化というのは、単に水分が変化しているだけなのです。 参考記事: 3. 生理前・中に太る対応策 生理前に水分で体重が増えることの対応策は、簡単です。 気にしないことです。 体重は増えても太ったわけではなく、水分は自然に増えるものなので、特に気にする必要がないのです。 ダイエットの目的は、 体脂肪を落とすことです。 キレイなスタイルや健康な体を作るために、体脂肪を落とすことが、ダイエットの目的です。 体重を気にするのは、体脂肪の目安となるからのはずです。 もし、重力がなくなって体重がなくなったとすれば、誰も体重を気にしなくなります。 そうなったとしても、スタイルを良くするために、体脂肪を落としたいと思うはずです。 体重は、あくまでも目安に過ぎません。 そして、その目安が水分で動いても、体脂肪が増えていないなら、特に気にする必要はありません。 大切なのは、体重ではなく体脂肪です。 体重ばかり気にすると、ムダな方法や、むしろスタイルが悪くなる方法を実践してしまうこともあります。 体重はあくまでも目安と考えて、水分による変動を気にしすぎないようにしましょう。 参考記事: 3. 2生理前・中の豆乳が効果的? 生理前に太る対策・生理後に痩せる方法として良く紹介されるのが、豆乳です。 豆乳を飲むと、イソフラボンが摂れて女性ホルモンが増え、痩せやすくなると言われます。 しかし、これは間違った情報です。 豆乳に特別なダイエット効果はありません。 根拠論文: そして、実は 豆乳は100gで46kcalと、コーラとほぼ同じカロリーがあります。 ダイエットに効果的と思って豆乳をたくさん飲むと、逆効果になってしまうのです。 そもそも、生理前に体重が増えるのも、生理後に体重が減るのも、体脂肪ではなく水分の変動です。 そのため、変に体重を増やさない・減らす方法を実践しても、残念ながらムダに終わってしまうのです。 そして、生理前に体重が増加することを特に気にする必要はありません。 ダイエットの本当の目的と、体重の正しい意味を知っていれば、数字の変化や間違った情報に惑わされなくなります。 参考記事: 生理と体重増加まとめ いかがでしたでしょうか? 生理前の体重の増加は、特に気にしなくて大丈夫です。 少々食べ過ぎたとしても、体脂肪は短期間で大きく増えないので、気にしすぎる必要はありません。 もちろん、食べすぎには注意しましょう。 ただ、食欲が増えたり甘いものが食べたいなら、少々食べても大丈夫です。 トータルのカロリーが大事なので、他のものを減らして甘いものを食べたり、生理が終わってから節制するという方法もあります。 短期間での体重の変動を気にしすぎると、間違った方法・逆効果のない方法を実践してしまいがちです。

次の

生理前に体重が減少した!考えられる理由は?

生理 中 体重 減る

こんにちは、ネコおやじです! 今朝の体重が驚愕すぎて 3回量り直しました。 2キロ。 身長・155㎝ MAX体重・66キロ 現在の体重・56. 6キロ 前日比・-1. 2キロ MAX比・-9. 身体は温まるし クエン酸で疲労回復できるし ビタミンCで美肌効果もあるし 他にも色々効能はあって もう最の高。 そして驚異の体重減少!!! まだ生理2日目なので痩せ期ではないはずだし、生理前のむくみが一気に解消されたのかな?と思い調べてみたら、 まったくもってその通りでした。 生理前~生理中は、ホルモンの関係で食欲が増したり甘いものが欲しくなったりするので、体重を増やさないに気をつけなければなりません。 3時間半のリレーマラソンは完走無理なので出場したことないです。 前回コメで、ちらっと1km6〜7分で走れればーと書き込みましたが、リレーマラソンだとそれでは間に合わないかもです ToT 出場されるリレーマラソンの制限時間をチェックしておいた方がいいかもしれませんー。 ちなみにうちは旦那がたくさん走ってくれたのと子供たちが私より早いので完走できましたが、私だけのタイム2km11分では単純に計算したら4時間で完走できないため、私は絶賛足引っ張り要員でした(笑).

次の

【ダイエット146日目】生理2日目なのに体重がガクっと減少!その理由とは…

生理 中 体重 減る

生理前や生理中には、ほとんどの方がカラダに何かしらの変化を感じています。 なかでも、カラダの変化のひとつに「太りやすい」をあげる人は少なくありません。 お腹がぽっこりと出てきたり、体重計に乗ると、気のせいではなくしっかりと重くなっていたり。 ダイエット中には特に気になるこの体重増加はどうして起こるのでしょうか? 今回は、生理前、生理中の体重増加に焦点を当て、見ていきます。 生理前、生理中に体重が増える 4つの原因 生理のサイクルを通して変動するホルモンレベルの影響により、生理の前後で体内ではさまざまなことがおきています。 体重増加の原因として考えられているものを以下にみていきましょう。 体内の水分量の増加 生理前に顔や足がむくんでいるように感じたことはありませんか? 生理前、生理中の体重増加の主原因としてあげられているのが、体内に含まれる水分量の増加です。 生理と体内の水分量を調べた研究結果では、生理の初日が水分保持量のピークとなり、卵胞期の半ばがもっとも低いことが明らかになっています。 水分量の増加は、ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌量の変化によって引き起こされると考えられています。 腸の働きの弱まり 生理前は、腸の働きが弱くなることも知られています。 ガスが溜まり、おなかが膨らみ、不快感を感じる人も多いでしょう。 さらに、便秘をしやすくなり、これも体重増加の原因です。 また、腸の働きの弱まりは、上記の水分量増加を引き起こす原因にもなるといわれています。 食欲の増加 生理前は食欲が出て困るという人は少なくありません。 血糖値をコントロールしているインスリンは、プロゲステロンによって効き目が悪くなるという性質があります。 生理前の プロゲステロンが多量に分泌されている時期にはより多くのインスリンの分泌が促され、血糖値が上下し、結果として過剰な食欲につながるとされています。 マグネシウムの不足 生理前には、体内のマグネシウムのレベルが低下します。 これは、生理前に収縮し始めた子宮の筋肉を緩めるためにマグネシウムが多く使われるからといわれています。 マグネシウムにはインスリンの分泌を抑制する働きがあるためで、 マグネシウムが不足することによっても血糖値のコントロールが不安定になり、甘いものが食べたくなったり、過剰な食欲につながったりします。 また、マグネシウム不足は細胞への水分の取り込みを促すためで、体内の水分量増加の原因ともなります。 体重増加の時期は?何キロ増えるのが普通? 体重が増えやすいのは、プロゲステロンの分泌量が多い黄体期と呼ばれる期間です。 排卵から生理がはじまるまでの間であり、PMS(生理・月経前症候群)がみられる時期でもあります。 体重の増加は個人差がありますが 、1~3kgくらいの増加がみられることが多いようです。 通常は、生理が終わるとこの増加分は元に戻るとされています。 生理前、生理中に太らないための対策法 もちろん、食欲にまかせて食べ過ぎれば、残念ながら増えた体重は戻りません。 また、生理が終われば元に戻るとはいえ、生理前のむくみやお腹がぽっこりするのも気になりますよね。 そこで、それらを改善、解消する方法をご紹介しましょう。 むくみ(体内の水分量の増加)には? むくみの緩和には、塩分を控え、水分不足にならないようにすることが大切です。 アルコールとカフェイン、ファストフードなども控えるとよいでしょう。 お腹がぽっこり(腸の働きが弱い)には? 欧米では、起床後、何か食べる前に常温あるいは温かい水にスプーン 1、 2杯のレモンあるいはライムジュースを加えたものを飲むとよいといわれています。 消化を助け、腸の動きを改善するとされているため、試してみてはいかがでしょうか? また、食物繊維が豊富な食事で便秘の解消に努めるようにしましょう。 食欲を抑えるには? 「この食べたくてたまらなくない状態をどうにかして!」と思ったことはありませんか? チョコレートなどに含まれているカカオには、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎ、空腹感を抑える効果が期待できますので、食前にココアを飲んでみましょう。 ココア(ピュアココアや純ココアと呼ばれているもの)を大さじ1杯、お湯、あるいは低脂肪乳や豆乳に混ぜて。 甘くないと飲みにくいという人は、砂糖ではなく、オリゴ糖シロップなどを用いるとよいでしょう。 マグネシウム不足には? マグネシウムが多く含まれている食品を積極的に摂りましょう。 玄米、ナッツ類、大豆製品、海藻、抹茶やバナナなどがおすすめです。 エクササイズもこころがける 黄体期はカラダを動かすのが億劫に感じることも多いものです。 しかし、ウォーキングやヨガなど、なるべくカラダを動かすようにしましょう。 思い切ってカラダを動かしてみると、だるさや重苦しさも和らぐでしょう。 また、気分転換になり、ストレス解消にもなります。 ダイエットの効果が感じられるのはこの時期! 生理終了後、排卵までの約 1週間はエストロゲンの分泌量が増加する時期であり、脂肪の代謝も盛んになる時期です。 したがって、この時期にダイエットをすると、効果が得られやすいでしょう。 ただし、急激なエクササイズや過激な食事制限はしないようにしてください。 急激なダイエットは健康を損なうこともあり、また、リバウンドすることが多いことも知られています。 生理周期に合わせて、太りにくい状態を保っていくためにも、日々のカラダの変化を確認していくことが重要です。 有料版のルナルナベーシックでは、365日内容が変わるお告げであなたをサポートします。 体重を記録しながら、健康でスリムなカラダを手に入れよう! 生理の前後の体重増減には個人差があるため、週に一度、同じ時間帯に同じ体重計で体重測定して、体重の変化を把握するとよいでしょう。 生理のサイクルを通して一定量の増減がみられる場合には、「太った!」と心配する必要はないでしょう。 おおよその体重増加量を把握していると、体重増加期にそれを超えた増加がみられたときに、食生活やエクササイズ量を見直すことができます。 ダイエットは結果を焦らずに、自分の体重を記録しながら、長い目で健康でスリムなカラダを目指しましょう。

次の